どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/08

お台場でトヨタに無料試乗!クルマテーマパーク、メガウェブで遊ぼう!

ショッピングやグルメ、観光とアミューズメント施設が集まるお台場。

トヨタの「メガウェブ」は、単なるショールームではなく、運転する楽しさや車の魅力をあらゆる角度から実体感できるテーマパークになっています。
免許のない人でも運転体験OK。街歩きのついでに気軽に立ち寄ってみましょう。

Large yu kato 1249952 unsplash
目次

お台場にあるトヨタのメガウェブとは?料金は?

メガウェブは「見て、乗って、感じる」トヨタがプロデュースする車のテーマパーク。お台場のシンボル、大観覧車があるパレットタウンの一角にあります。

施設は大きく分けて以下の3つ。

  • トヨタ車のあらゆるモデルが体感できる「トヨタ シティショウケース」
  • 歴代の名車実物大コレクションルーム「ヒストリックガレージ」
  • 免許のない人でも運転する楽しさを体験できる「ライド スタジオ」

それぞれのテーマに合わせた展示や体験ゾーンなどが用意されています。

当初は10年間限定の営業として、パレットタウンなどとともに東京都から土地を借りて営業スタート。2010年5月に閉鎖される予定でした。

その後、貸与されていた土地をトヨタと森ビルで購入。もともと池袋にあった「アムラックス東京」というトヨタのショールームを引き継ぐ形で、メガウェブがオープンし、現在に至ります。

2017年9月には大幅リニューアル。トヨタが支援するパラスポーツ等が体験できる「TOYOTA×スポーツゾーン」、スポーツカーの世界を楽しめる「GRゾーン」、本格電動カートの屋外コース「e-カートライド」が加わりさらにパワーアップしています。

一部のアトラクション等を除き、入場や各種体験は原則無料。車好きな人なら1日いても存分に楽しめるアミューズメント施設になっています。

<下に続く>

お台場でトヨタのニューモデルを試乗できるトヨタシティショウケース

トヨタが発表したニューモデルを、どこよりも早く見て、触れることができるのがココ。車や音楽、スポーツなどのイベントがよく開催されている「メガステージ」もあり、新車の記者発表などもよく行われています。

トヨタラインナップゾーンで試乗体験

1~2階を占める巨大なスペース、ラインナップゾーン。トヨタ最新モデルが常時約80台も展示され、一度に比較・検討できるのは嬉しい限りです。

他にも以下のようなコーナーがあります。

  1. トヨタハートフルプラザ
  2. GR ゾーン
  3. TOYOTA×スポーツ ゾーン
  4. テクノロジーゾーン

トヨタハートフルプラザ

ここでは、体に障がいがある方でも楽々運転できるユニバーサルデザインの車をフルラインナップ。普段目にする機会が少ない福祉車両が、ずらりと展示されています。

例えば、小さなリモコンスイッチを操作するだけで、車椅子をルーフ上に取り付けた格納ユニットに自動で収納できるタイプ。座席がそのまま車椅子になるタイプなど、目からウロコのアイデアが詰まっています。

GRゾーン

カーレース好きにはたまらないTOYOTA GAZOO Racingスポーツ車両展示やPS4の最新ソフト「グランツーリスモSPORT」を体感できるシミュレーターコーナー、パーツ展示コーナーがあります。

TOYOTA×スポーツ ゾーン

2階に上がると、ボッチャや車いすバスケットボール、フロアホッケー等の体験ができるコーナーへ。VR技術を使った「車いす陸上」では、トヨタ自動車所属・鈴木朋樹選手と競争することもできます。

ここでは迫力あるパラスポーツの世界を実体験できるのが魅力です。

テクノロジーゾーン

トヨタの取り組みや将来につながる技術について遊びながら学べるコーナー。環境技術、安全技術、人工知能を使ったドライブ体験など、人気のコーナーになっています。

人気の「ウィングレット」は、パーソナルモビリティのひとつ。人の動きを察知したロボットが自在に方向展開し、スムーズな移動を可能にします。

ウィングレットを乗りこなせるようになったら、パレットタウンをめぐる屋外ツアーにでかけるのも楽しいですね。すべて無料で楽しめます。

ライドワンで試乗体験

ショウケースで気になるトヨタ車を見つけたらココへ。1.3㎢の試乗コースで実際の乗り心地や運転のフィーリングを、1回300円でじっくり確かめられれます

普段乗る機会のない「ウェルキャブ」車両の試乗も可能。こちらは無料で体験ができます。

しかもライドワン、できるのは車の試乗だけではありません。車の運転に自信がない方や運転技術を向上させたい方のためのドライバースクールもあります。

インストラクターが同乗して、苦手な車庫入れや縦列駐車などを練習できるペーパードライバー講習。安全技術が学べるトヨタドライバーコミュニケーションなど、すべて1回300円で参加可能です。

こちらの利用はすべて事前予約が必要。お出かけ前に、ホームページから予約してでかけるとスムーズですよ。

ドライバーズワークアウトでゲームを楽しむ

遊び感覚で動体視力を図れるのが「ドライバーズワークアウト」。光るボタンを正確にタッチする、いわば”モグラたたきゲーム”のようなものです。

動体視力は、歩行者や他の車の動きを把握するもので、安全運転には欠かせません。20歳ぐらいをピークに年々衰え、56歳を過ぎると極端に低下します。

トレーニングである程度取り戻すことができるといわれているので、心配な方はぜひチェックしてみては?

メガシアターで迫力ある走行体験

380インチの大スクリーンに映し出される映像に合わせて座席が動き、ドライバー目線で迫力満点のドライビング体験が可能な「メガシアター」

「TOYOTA GAZOO Racing」活動として行われた「ニュルンブルクリンク24時間耐久レース」や「FIA世界耐久選手権(WEC)」、世界5大陸の道を走る「TOYOTA 5大陸走破プロジェクト」など、普段体験できないような過酷な走りをバーチャルに楽しめる人気のアトラクションです。

料金は無料で約7分の体験時間。ただし、身長120cm以上の利用条件がありますので、お子様連れの場合は要注意です。

グローバルディスカバリーゾーンで未来の車技術を体感

トヨタ シティショウケース2階にある「グローバルディスカバリーゾーン」。ヨーロッパや北米、アジアなどの名所をテーマに、世界の街並みを走るトヨタ車をイメージしたディスプレイが人気です。

フェア開催時にはテーマに関連したショップの出展もあり。大画面アトラクションゲーム「グローバルディスカバリーツアーズ」では、各大陸の代表的な名所を巡りながらハイウェイドライブが楽しめます

トヨタの新スポーツブランド「GRゾーン」で気軽に体験

「クルマを持つ」「クルマで走る」「クルマを語り合う」楽しさが体感できる「ワクドキゾーン」が、2017年に「GRゾーン」へリニューアル。

未発売モデルも含めたGRシリーズのヴィッツやプリウスPHV、ハリアーなどのスポーツカーの他、実際のレースを戦ったレーシングカー・パーツなども展示されています。

ドライビングシミュレータ「グランツーリスモSPORT」が、無料で体感できるコーナーは外国人観光客にも大人気。身長135㎝以上からは1人で、それ以下のお子様は保護者と一緒に同乗することで体験できます。

<下に続く>

お台場でトヨタなど世界のヒストリックカーが展示のヒストリーガレージ

世界の名車やトヨタの旧モデルなどを、時代背景とともに展示した「ヒストリーガレージ」。ミニカーショップやカフェ、メモリアルラウンジもあり、ゆっくりとその世界観に浸れます。

1階にはトヨタのモータースポーツ歴史がたどれる展示スペース。ラリーに実際に参戦したモデルカーや実車もあり、自動車の再生工房「レストアピット」では、名車がよみがえるプロセスも見学できます。

世界のヒストリックカーの展示

2階へ足を運ぶと、1950~1970年代を中心とした世界のヒストリックカーが当時の街並みとともに展示されているスペース。中でも、1960年代の東京の街並みとともに国内外の名車が展示されているスペースは、郷愁を誘います。

ワインセラーを改造したコレクションルームという設定の「コリドー」。約30mの通路に高さ3mの棚にずらりと並べた、国内外の書籍や各メーカーのモデルカーが圧巻です。

カーマニアのコレクション世界を、壮大なスケールで表現したディスプレイで見ごたえ十分。車の歴史がたどれるとともに、ノスタルジックな雰囲気でインスタ映え間違えなしです。

<下に続く>

子供だって自分で運転!お台場でトヨタなど試乗体験ができるライドスタジオ

小さいお子様から18歳まで運転体験が楽しめる「ライドスタジオ」。楽しく車を動かしながら交通ルールも学べます。

免許を持っていないお子様が運転の楽しさを体感できる屋内コース

小学生で身長135㎝以上のお子様と保護者で一緒に楽しめるのが「カマッテ」。身長115㎝以上の小学生が1人で乗れる「ピウス」もあります。

まずは初心者講習(約15分・300円)を受けて免許を取得(普通自動車運転免許保持者は免除)した後、本格的な屋内コースを走行体験(2週・200円)できます。

小さなお子様も楽しめるプチライドワン

未就学児でも車の運転を体験(10分・無料)できるのが「プチライドワン」。3歳~5歳のお子様で、保護者の補助付きで楽しめます。

よくあるおもちゃの車とは一線を画す本格派。お子様もリアルな運転体験に心を躍らせるのでは?

電動カート「e-kart ride(イーカートライド)」で本格的なレース体験

モータースポーツの楽しさを気軽に体験できる「FUNカートライド」。惜しまれつつも2016年6月で終了してしまいました。

現在は、本格電動カートを使った「イーカートライド」が屋外にオープン。200mコースをレーサー気分で走り抜ける、爽快な体験が楽しめます。

小学生から18歳までがエントリーできる「ジュニアカート」と、18歳以上の「大人カート」の2種類。ジュニアカートが初めての方は、初心者講習を受けた後、走行体験が可能です。

タイムに応じてランクアップできるので、上級者でも楽しめます。参加費用は1回300円(約15分)で当日先着順で受け付け。

<下に続く>

お台場にあるクルマのテーマパーク、トヨタの「メガウェブ」まとめ

ヴィーナスフォートや大観覧車など、さまざまなアミューズメント施設が終結するお台場パレットタウン。その中にあるトヨタのテーマ―パーク「メガウェブ」は、ショールームというだけではなく、運転する楽しさや魅力がいっぱいに詰まった車の玉手箱のような施設です。

子ども連れや家族連れ、デートスポットとしても遊びごたえ十分の施設。原則無料で、有料のアトラクションでも300円前後とかなりリーズナブルです。

お台場へ足を運んだついでに、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。雨の日でも楽しめますよ!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by
国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!
関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line