どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/12

格安航空会社LCCを徹底比較!国内・国外を賢くお得に旅しよう

近年、よく耳にする「LCC」。
LCCをうまく活用して航空券をなるべく安く購入すれば、浮いたお金で旅行をさらに楽しいものにすることができます。

この記事では、国内外問わず、LCCを使って賢くお得に旅行をするためのヒントをご紹介します。
それでは、LCCについて見ていきましょう。

Large aeroplane aircraft airplane 1004584  1

【比較の前に】最近よく聞くLCCって何?

travel

ここ数年で一気に耳することが増えた「LCC」。これはLow Cost Carrier(ローコスト・キャリア)、つまり格安航空会社のことです。

アメリカの航空自由化を機に登場したLCCは、世界中で航空規制緩和が進む流れとともに、着実にシェアを伸ばしています。日本では1980年代後半に行われた航空規制緩和を機に、1996年から国内線でのLCCが登場しました。

LCCの最大の武器は、何と言ってもその安さにあります。

<下に続く>

LCCがFSCと比較して安い理由

flightbluesky

LCCの安さは、無料サービスの有料化や廃止、機内設備の簡素化など、徹底したコスト削減により実現しました。ここでは、FSC=Full Service Carrier(フルサービスキャリア)と呼ばれる、大手航空会社と比較しながら、LCCの安さの理由をいくつか見ていきます。

まずは、サービスの簡略化が挙げられます。LCCでは、機内食やドリンクは有料サービスとなっています。

機内サービスは、k必要最低限でも意外と困らないものです。これらを必要としない人は安く航空券を購入することができます。

また、駐機時間を短縮していることも安さの理由の一つです。これは、到着後短時間で離陸することで、効率的な飛行機の運用を実現しているのです。

<下に続く>

LCCのメリットとデメリットを比較!

fly

LCCのメリット①料金が安い

こちらは先述の通りです。一般に、FSCと比べ20%〜50%安いと言われています。

LCCのメリット②片道航空券が安価である

通常は片道航空券だけ購入すると割高になってしまうことが多い中、LCCでは片道ごとに価格を設定しているため、比較的安価な料金で片道航空券を購入することができます。これにより、滞在日数に制限がなくなり、より自分の希望に沿った航空券を見つけやすくなっています。

LCCのメリット③期間限定セールがある

LCCでは、期間限定でセールを行うことがあります。「 先に安いチケットをおさえてからスケジュールを組もう!」と思っている人は、定期的に購入サイトをチェックするとよいでしょう。

LCCのメリット④詳細なスケジュールを購入時に知ることができる

FSCの場合、航空券購入時にはフライトの便名などの詳細がわからない場合が多いですが、LCCはスケジュールや便名を確認することができます。旅行のプランを考える際にはとても役に立ちます。

LCCのメリット⑤燃油サーチャージが割安

航空券を購入する際に意外と見落としがちなのが燃油サーチャージです。燃油サーチャージとは、運賃以外に発生する追加費用のことです。

LCCによっては、燃油サーチャージがもともと運賃に含まれているため徴収されなかったり、割安な場合が多くなっています。

LCCのデメリット①予約変更・払い戻しの自由度が低い

LCCは予約の変更や払い戻しの際の手数料が割高で、場合によっては予約変更ができなかったり払い戻しに非対応の場合があります。予約の際は是非とも確認しておきたいポイントです。

LCCのデメリット②マイレージがつかない

LCCではマイレージがたまりません。その点では、マイレージを集めている人には向いていないかもしれません。

LCCのデメリット③荷物サービスが有料

チェックインカウンターで預ける荷物の料金設定には、以下の3つの種類があります。

  1. 運賃と手荷物料金が別体系になっているもの
  2. 受託手荷物がある場合とない場合それぞれの運賃を用意しているもの
  3. 一定の手荷物料金が運賃に含まれているもの

荷物サービスの下調べをせず、チェックイン当日の規定の重量をオーバーしてしまった場合、割高な追加料金が発生するので、事前の確認が不可欠です。

LCCのデメリット④シートピッチが狭い

LCCはシートの前後間隔を狭くし、なるべく多くの座席を配置するように設計されています。FSCと比較して約5cm狭くなっているものがほとんどです。

飛行時間が短ければ支障はありませんが、中長距離の移動の際は、シートピッチの狭さが疲労の原因になってしまうこともあるため、注意が必要です。

LCCのデメリット⑤欠航時の保証がない

FSCの場合は、欠航になった際は振替便の手配や宿泊の手配が保証されていますが、LCCではこのような際の保証がありません。フライトがキャンセルになった際は、自己負担での対応が必要となります。

<下に続く>

徹底比較!国内線のLCC9選

mtfuji

では、国内線のLCCをみていきましょう。国内線のLCCには、以下のものがあります。

  1. ジェットスター
  2. ピーチ・アビエーション
  3. バニラエア (VNL)
  4. 春秋航空日本(スプリングジャパン)
  5. AIR DO (ADO)
  6. ソラシドエア (SNJ)
  7. スターフライヤー (SFJ)
  8. エアアジア・ジャパン
  9. スカイマーク (SKY)

続いて、それぞれ詳しくみていきます。

国内線のLCC①ジェットスター

日本最大手LCCとの呼び声も高いジェットスター
。2019年1月現在、国内線22路線を運行しています。

国際線も多数運航しています。主な国内路線は以下の通りです。

  • 東京(成田)-大阪(関西)、札幌(新千歳)、福岡、沖縄(那覇)、大分、鹿児島、熊本、宮崎、長崎、宮古(下地島)、松山、高松、高知
  • 大阪(関西)-札幌(新千歳)、福岡、沖縄(那覇)、熊本、高知
  • 名古屋(中部)-札幌(新千歳)、福岡、沖縄(那覇)、鹿児島

国内線のLCC②ピーチ・アビエーション

ピーチ・アビエーションは、関西国際空港を中心に国内線・国際線ともに運航する日本初のLCCです。2019年1月現在、国内線16路線国際線15路線を運航しています。

主な国内路線は以下の通りです。

  • 大阪(関西)-札幌(新千歳)、釧路、仙台、新潟、東京(成田)、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄(那覇)、石垣
  • 東京(成田)-福岡
  • 沖縄(那覇)-福岡
  • 福岡-札幌(新千歳)
  • 仙台-札幌(新千歳)

国内線のLCC③バニラエア (VNL)

バニラエアは、2011年7月にエアアジアと全日空(ANA)が共同出資したエアアジア・ジャパンが名前を変更したLCCです。現在は、ANAが100%出資しています。

成田空港を中心に、リゾート路線に特化したサービスを提供しているのが特徴です。2019年1月現在、国内線7路線を運航しています。

国際線も多数運航しています。主な国内路線は以下の通りです。

  • 東京(成田)-札幌(新千歳)、函館、奄美大島、沖縄(那覇)、石垣
  • 大阪(関西)-奄美大島
  • 沖縄(那覇)-石垣

バニラエアは、奄美大島での就航を機に一躍有名になりました。「1つの島を変えたLCC」とも言われています。

国内線のLCC④春秋航空日本(スプリングジャパン)

春秋航空日本は、中国を拠点とする春秋航空が運航するLCCです。関東・九州間の本数が多くなっています。

2019年1月現在、国内線7路線を運航しています。国際線も多数運航しています。

国内線の本数こそ多くはありませんが、中国国内の路線網が強いのが特徴です。主な国内路線は以下の通りです。

  • 東京(成田)-佐賀、広島、札幌(新千歳)

国内線のLCC⑤AIR DO (ADO)

AIR DOは、北海道資本のLCC北海道国際航空として登場し、現在はANAの傘下に入りAIR DOという名前で知られています。北海道を拠点としており、2019年1月現在、国内線10路線を運航しています。

主な国内路線は以下の通りです。

  • 札幌(新千歳)-東京(羽田)、仙台、名古屋、神戸
  • 函館-東京(羽田)、名古屋
  • 旭川-東京(羽田)
  • 女満別-東京(羽田)
  • 釧路-東京(羽田)
  • 帯広-東京(羽田)

AIR DOではその由来の通り、北海道との行き来に便利なサービスを提供しています。機内の無料サービスでは、水やお茶に加え、珈房サッポロ珈琲館のブレンドコーヒーや北海道北見地方産玉ねぎを使用したオニオンスープ、上川町の天然水など北海道の味を楽しむことができます。

国内線のLCC⑥ソラシドエア (SNJ)

ソラシドエアは、宮崎県を拠点とするLCCです。九州を中心に運航しており、2019年1月現在国内線11路線を運航しています。

主な国内路線は以下の通りです。

  • 宮崎-東京(羽田)、沖縄(那覇)
  • 長崎-東京(羽田)
  • 大分-東京(羽田)
  • 熊本-東京(羽田)
  • 鹿児島-東京(羽田)、沖縄(那覇)、名古屋(中部)
  • 神戸-沖縄(那覇)
  • 名古屋(中部)-沖縄(那覇)
  • 石垣-沖縄(那覇)

ソラシドエアは、バーゲンの種類の豊富さと、カケコミWEB割が特徴です。カケコミWEB割では、搭乗日6日前から前日までにWEB予約・決済をすると割引が受けられます。

キャンセル料が発生する場合、航空券の75%と高額になるため、確実に搭乗する場合にはオススメの割引制度です。

国内線のLCC⑦ スターフライヤー(SFJ)

スターフライヤーは北九州から生まれたLCCです。2019年1月現在、国内線6路線国際線2路線を運航しています。

主な国内路線は以下の通りです。

  • 北九州-東京(羽田)、沖縄(那覇)
  • 大阪(関西)-東京(羽田)
  • 福岡-東京(羽田)、名古屋(中部)
  • 山口(宇部)-東京(羽田)

スターフライヤーは、LCCの中でも高級感のあるサービスが特徴です。漆黒の機体と革張りの座席に加え、タリーズコーヒーが提供するコーヒーを無料で振舞われるなど、LCCとは思えないサービスを受けることができます。

国内線のLCC⑧エアアジア・ジャパン

エアアジア・ジャパンは、2014年に設立された日本のLCCです。中部国際空港を中心に、国内線は中部-札幌(新千歳)の1路線のみです

国内線のLCC⑨スカイマーク (SKY)

スカイマークは、2015年に一度経営破綻しましたが、機種の統一など運航の効率化やサービスの向上などにより現在は業績が回復しています。2019年1月現在、国内線21路線を運航しています。

主な国内路線は以下の通りです。

  • 神戸-東京(羽田)、茨城、仙台、札幌(新千歳)、鹿児島、長崎、沖縄(那覇)
  • 福岡-東京(羽田)、茨城、札幌(新千歳)、沖縄(那覇)
  • 札幌(新千歳)-東京(羽田)、名古屋(中部)、茨城
  • 茨城-沖縄(那覇)
  • 名古屋(中部)-鹿児島、沖縄(那覇)
  • 長崎-東京(羽田)
  • 鹿児島-東京(羽田)、奄美大島
  • 沖縄(那覇)-東京(羽田)
<下に続く>

徹底比較!国際線のLCC6選

world

では、国際線のLCCをみていきましょう。国際線のLCCには、以下のものがあります。

  1. Jeju Air (済州航空)
  2. SCOOT (スクート)
  3. Jin Air(ジンエアー)
  4. Cebu Pacific Air(セブパシフィックエア)
  5. HK Express(香港エクスプレス)
  6. Tway航空(ティーウェイ)

ここでは、海外から日本へ参入しているLCCを取り上げます。もちろん、日本のLCCでも国際線を運航しているものはあるので、先述のURLからぜひチェックしてみてください。

続いて、それぞれ詳しくみていきます。

国際線のLCC①Jeju Air (済州航空)

Jeju Air韓国のLCCです。日本と韓国を直行便で結んでいます。

日本との航路は以下の通りです。

  • 東京(成田)-ソウル(仁川国際空港)、釜山(金海国際空港)
  • 大阪(関西)-ソウル(金浦国際空港)、ソウル(仁川国際空港)、釜山(金海国際空港)
  • 札幌(新千歳)-ソウル(仁川国際空港)
  • 名古屋(中部)-ソウル(仁川国際空港)
  • 福岡-ソウル(仁川国際空港)、釜山(金海国際空港)
  • 沖縄(那覇)-ソウル(仁川国際空港)、釜山(金海国際空港)

国際線のLCC②SCOOT (スクート)

SCOOT シンガポールのLCCです。日本との主な航路は以下の通りです。

  • 東京(成田)-台北(台湾桃園国際空港)、バンコク(ドンムアン空港)
  • 大阪(関西)-高雄(高雄国際空港)、バンコク(ドンムアン空港)、ホノルル
  • 札幌(新千歳)-台北(台湾桃園国際空港)

国際線のLCC③Jin Air(ジンエアー)

Jin Air(ジンエアー)は、大韓航空の子会社である韓国のLCCです。日本との主な航路は以下の通りです。

  • 東京(成田)-ソウル(仁川国際空港)
  • 大阪(関西)-ソウル(仁川国際空港)、釜山(金海国際空港)
  • 福岡-ソウル(仁川国際空港)
  • 札幌(新千歳)-ソウル(仁川国際空港)、釜山(金海国際空港)
  • 沖縄-ソウル(仁川国際空港)、釜山(金海国際空港)
  • 北九州- ソウル(仁川国際空港)、釜山(金海国際空港)

国際線のLCC④Cebu Pacific Air(セブパシフィックエア)

Cebu Pacific Air(セブパシフィックエア)フィリピンのLCCです。マニラセブ島を中心に運航しています。

日本との主な航路は以下の通りです。

  • 東京(成田)-マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)セブ(マクタン・セブ国際空港)
  • 大阪(関西)-マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)
  • 名古屋(中部)-マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)
  • 福岡-マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)

国際線のLCC⑤HK Express(香港エクスプレス)

HK Express(香港エクスプレス)は、香港のLCCです。香港を中心に、東南アジアで運航しています。

日本との主な航路は以下の通りです。

  • 東京(羽田)-香港(香港国際空港)
  • 東京(成田)-香港(香港国際空港)
  • 大阪(関西)-香港(香港国際空港)
  • 名古屋(中部)-香港(香港国際空港)
  • 福岡-香港(香港国際空港)
  • 広島-香港(香港国際空港)
  • 高松-香港(香港国際空港)
  • 熊本-香港(香港国際空港)
  • 鹿児島-香港(香港国際空港)
  • 石垣-香港(香港国際空港)

国際線のLCC⑥Tway航空(ティーウェイ)

Tway航空韓国のLCCです。事前にオンラインで座席指定できず、当日早く空港に到着すると席を選べる点が特徴的です。

日本との主な航路は以下の通りです。

  • 東京(成田)-ソウル(仁川国際空港)、 済州(済州国際空港)、テグ(大邱国際空港)
  • 大阪(関西)-ソウル(仁川国際空港)、テグ(大邱国際空港)、済州(済州国際空港)、、釜山(金海国際空港)、グアム(グアム国際空港)
  • 名古屋(中部)-ソウル(仁川国際空港)、グアム(グアム国際空港)
  • 札幌(新千歳)-ソウル(仁川国際空港)
  • 福岡-ソウル(仁川国際空港)、テグ(大邱国際空港)
  • 北九州-光州(務安国際空港)
  • 大分-ソウル(仁川国際空港)
  • 佐賀-ソウル(仁川国際空港)
  • 熊本-ソウル(仁川国際空港)
  • 沖縄(那覇)-ソウル(仁川国際空港)、テグ(大邱国際空港)
<下に続く>

LCCの航空券をよりお得に!航空券の比較サイトおすすめ4選

reserve

では、航空券の比較サイトをみていきましょう。航空券の比較サイトには、おもに以下のものがあります。

  1. skyticket(スカイチケット)
  2. skyscanner(スカイスキャナー)
  3. トラベルコ
  4. Expedia(エクスペディア)

続いて、それぞれ詳しくみていきます。

航空券の比較サイト①skyticket(スカイチケット)

skyticket(スカイチケット)は、国内外問わず、24時間オンライン予約可能なサイトです。航空会社が非常に豊富で、便によっては出発日3時間前まで予約が可能です。

ですが、キャンセル時には各航空会社で発生するものとは別にスカイチケットの事務手数料も発生するので、予約の際は注意しましょう。

航空券の比較サイト②skyscanner(スカイスキャナー)

skyscanner(スカイスキャナー)は、世界1200以上の航空会社の扱う航空券情報を検索できるサイトです。価格フライト時間乗り換え時間など、様々な表示順を選択できるため、自分のプランに合わせた検索がしやすい点が特徴です。

航空券の比較サイト③トラベルコ

トラベルコは、700以上の予約サイトを比較できるサイトです。特徴として、まとめやクチコミが充実している点が挙げられます。

他にも、旅行のガイドとなるような基本情報も豊富にあることも人気の理由の一つです。情報量の多さはもちろん、その細かさにも定評があり、例えばホテルを予約した際、1泊あたりの料金に加え、連泊時の金額や内訳などが表示されるようになっています。

また、カスタマーサポートが日本語非対応の海外サイトに移動する場合は、その旨を伝えるメッセージが表示されるなど、ユーザー目線に立ったサービスが行き届いています。

航空券の比較サイト④Expedia(エクスペディア)

Expediaは、約400の航空会社の航空券情報を扱うサイトです。航空券以外にも、人気のホテルやツアーなどの検索もできます。

エクスペディアには、「AIR割」というサービスがあります。これは、ホテルと一緒に航空券の予約をすると、ホテル代が最大全額オフになるものです。

宿泊先も同時に探したい場合は、是非とも利用したいサービスです。

<下に続く>

安いだけじゃない!LCCを比較しながら上手に使って賢く旅行を

ひとことにLCCと言っても、それぞれ独自のサービスを展開していることがお分りいただけたかと思います。それぞれの特徴を理解した上で利用するLCCも選ぶと、よりお得に充実した旅行をすることができることでしょう。

この記事が皆さんの旅行を彩るお役に立てれば幸いです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line