どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/04

スーパーでも買える市販のおすすめ甘酒15選!効果的な飲み方や選び方  

甘酒といえば夏の暑い時期に冷やして飲むのもおいしいですし、冬の寒い時期に生姜を加えてのんびりしながら飲むのも最高ですよね。
ところで甘酒にはどのような歴史があって、どのような種類があるかご存知でしょうか?

今回は甘酒の歴史と、スーパーでも買える甘酒についてご紹介します。

Large david mao 7091 unsplash

夏バテにもおすすめの甘酒ってどんな飲み物?歴史は?

甘酒とは

甘酒と言えば、寒いお正月や夏バテ予防に飲んだり、ホッと一息つきたい時に飲んだりしたい、甘い飲み物というイメージですよね。
甘酒とは米麹とご飯、そしてお水を使用して作られる発酵食品です

砂糖を使用しなくても甘い甘酒は、ダイエットをしている人や、健康志向の方にもおすすめの飲み物です。
また「飲む点滴」と呼ばれている甘酒は美容に気を使っている人にもおすすめですよ。

さらに甘酒は、ご飯を発酵させて作られているので、ごはんが分解されて体内で消化吸収しやすくなっており、体調があまり良くないと感じる時や、食欲が湧かないという時にもおすすめです。
今では家庭で自分好みの甘酒を作る人が増えており、また簡単に作ることが出来るので、発酵食品を作ってみたいと考えている人におすすめですよ。

甘酒の歴史

ご飯本来の甘さを引き出した甘酒の歴史は、平安時代にまで遡ります。
もともと甘酒は和歌のなかで冬の季語として使われていましたが、江戸時代に入って甘酒を販売する人々の登場により、夏の季節にも甘酒を飲む人々が増えていきました。

江戸時代の人々にとって甘酒は、質素な生活の中でも手軽な値段で買うことが出来る飲み物として人気を集めていました。
お米の栄養素が詰まった甘酒は、夏バテ予防として、また甘さを堪能できる飲み物として、親しまれていたのです。

やがて現代では甘酒を自作してより気軽に飲むことが出来るようになりました。
飲む以外にも甘酒を使用したスイーツや料理が増えていき、昔と変わらず甘酒は人々に愛されています。

<下に続く>

ダイエット効果も?甘酒は用途によって使い分けるのがおすすめ!

酒粕甘酒

酒粕甘酒は、酒を造る時に出来る酒粕を使用して作られた甘酒です
そのためアルコール分を含んでおり、飲酒年齢に満たない子どもにはおすすめできません

酒粕甘酒を飲むとアルコールの成分が体に回って、体がぽかぽかと暖かくなってきます。
なので、酒粕甘酒は冬の寒い時期に飲むのがおすすめですよ。

もちろん酒粕甘酒を冷やして、甘くてとろとろとした冷酒として楽しむのもおすすめです。
酒粕甘酒にはアルコールが含まれているので、飲み過ぎには注意をしてくださいね。

また料理に使用するのもおすすめですよ。
もともと酒粕にはビタミンやミネラル、たんぱく質が豊富に詰まっているため、料理に加えると手軽に栄養価がアップするだけでなく、料理の味に深みを出してくれますよ。

米麹甘酒

米麹甘酒は米麹とご飯を使用して作られている発酵食品なので、アルコールは含まれていません
そのため小さなお子さんにもおすすめの飲み物です

清涼飲料水などのジュースはぶどう糖果糖液糖や砂糖が大量に含まれており、体に良いとは言えませんが、米麹甘酒であればご飯の甘みを引き出して甘くしているので、ジュースの代わりに飲むのもおすすめです。
また、米麹甘酒は消化吸収されやすい形になっているので、おなかの調子が悪くなりやすいという人にもおすすめですよ。

消化吸収されやすい形になっているということで、夜遅くまで働いた後や勉強している時の夜食にも甘酒はおすすめです。
消化吸収されやすい形になっているということは、消化にかかる時間を減らしてくれるので、朝起きたら胃もたれしているという感覚がありませんし、脳にぶどう糖を届けやすくしてくれますよ。

玄米甘酒

玄米甘酒は玄米を使用しているので、見た目は薄い茶色をしています。
近年は玄米に含まれている栄養に着目し、玄米を積極的に食べる人が増えていますね。

しかし玄米は食物繊維が多いことから、歯が弱い人は食べづらく、高齢者にとっては消化に悪いという欠点がありました。
ですが玄米を使用して甘酒を作れば、玄米に含まれている栄養素を手軽に摂取できるだけでなく、柔らかくなっているので歯が弱い人や高齢者でも食べることが出来るのでおすすめです

ホルモンの働きや筋肉の量の問題により、女性が便秘になりやすいですが、男性も年を取るごとに厳秘になりがちです。
ところが玄米甘酒は食物繊維やオリゴ糖を含んでいるため、善玉菌や便のかさを増やして腸内環境を整えることが出来るので、男女問わずおすすめですよ

<下に続く>

いつ飲んだら効果的?甘酒のおすすめの飲み方は?

甘酒は栄養を豊富に含み、美肌や腸内環境に良い飲み物として多くの人がおすすめしている飲み物ですが、いつ飲めばいいのか疑問に思いますよね。
甘酒はご飯を使用して作られているので、もちろんカロリーはあります。

そのため、体や美肌に良いからと甘酒をお茶のようにごくごくと飲むのはおすすめできません。
豊富な栄養が含まれており、消化吸収されやすい形になっていることをうまく利用するには、目的に合わせた飲み方をおすすめします。

例えばあなたがダイエットを目的として甘酒を飲むのであれば、朝食や夜ご飯などの食事を甘酒に置き換えてみましょう
1杯200mlがおすすめです。

エネルギー補給を目的としているのであれば、朝食や空腹のときに飲むことをおすすめします
ぶどう糖が素早く吸収されて、体を動かすエネルギーとなってくれますよ。

小腹が空いて何かを食べたい時にもおすすめです。
素早く血糖値を上げてくれるので、空腹感を抑えてくれますよ。

消化吸収されやすい形になっているので、夜に飲んでも胃もたれを起こすことが少ない食べのもとしておすすめします。
しかし日中の体を動かす時間帯に比べて、夜はエネルギー消費率が落ちているので、肥満に気を付けて飲みましょう。

<下に続く>

スーパーで手軽に買える!市販のおすすめ甘酒15選!

おすすめの甘酒①:永谷園 「「冷え知らず」さんの生姜甘酒」

永谷園 「冷え知らず」さんの生姜甘酒
1190円

おすすめの甘酒①はお茶漬けのメーカーとしても有名な永谷園が出している、「冷え知らず」さんの生姜甘酒です。
体を温める作用のある生姜を使用し、女性が不足しがちな栄養素のうちのひとつである鉄が入った、とくに女性におすすめの甘酒です。

国産の酒粕や米麹を使用しており、ホットやアイスとしてもおいしく飲むことが出来ます。
甘酒はご飯を使用して作られているので、おなかにも優しい飲み物としておすすめです。

あたたかい甘酒は満腹中枢を刺激しやすく、永谷園の「冷え知らず」さんの生姜甘酒は、一袋あたり35キロカロリーと低めなことから、ダイエットをしている人にもおすすめですよ。
手軽に甘酒を飲みたい、と考えている人はぜひ一度、永谷園の「冷え知らず」さんの生姜甘酒を飲んでみてください。

おすすめの甘酒②:森永製菓「甘酒」

森永製菓 甘酒
2430円

おすすめの甘酒②は、森永製菓が製造している「甘酒」です。
砂糖と酒粕が原材料に入っているので、甘みとコクがプラスされた深みのある、おすすめの甘酒です。

森永製菓の甘酒はもともと瓶での販売でしたが、のちに多くの人が見覚えのある缶での販売になりました。
そのまま飲むのもおすすめですが、すりおろしリンゴを加えてアレンジしたすりおろしリンゴ甘酒や、ココアを加えてアレンジしたココア甘酒もおすすめですよ

甘酒は飲む以外にも料理に使うことが出来、森永製菓の甘酒を味噌と合わせ、それを豚ロースに漬けて焼いた料理もおすすめです。
味噌に甘酒の風味が加わり、濃厚なソースとなって豚ロース肉に絡まります。

そのまま飲むだけでなく、他の飲み物や料理に加えて、自分好みのおすすめアレンジレシピを生み出しましょう。

おすすめの甘酒③:国菊甘酒「あまざけ」

国菊甘酒 あまざけ
4500円

おすすめの甘酒③は国産米と麹だけを原料に使った国菊甘酒の「あまざけ」です。
くせが少なく、さらりと飲むことが出来る甘酒としておすすめです。

モンドセレクションのなかでも「ダイエット食品&健康食品部門」にて金賞を受賞しており、ダイエットをしている人や健康を意識して生活をしている人におすすめします。
ノンアルコールタイプの甘酒なので、アルコールに弱いという方でも安心して飲むことが出来ますね。

若干お値段が高くなっていますが、阿蘇山系の伏流水で仕込み、糖類をはじめとしたさまざまな添加物は使用していないので、小さなお子さんから高齢者の方まで、多くの人におすすめの甘酒です。
保存料が利用されているものは、保存が効きますが、国菊甘酒は添加物が使用されていないので、開封したら早めに飲むことをおすすめします。

おすすめの甘酒④:森永製菓「森永のやさしい米麹甘酒」

森永製菓 森永のやさしい米麹甘酒
2550円

おすすめの甘酒④は、甘さが控えめに作られている森永製菓の「森永のやさしい米麹甘酒」です。
米麹と食塩を原材料として使用しており、おすすめの甘酒②で紹介した甘酒のように砂糖と酒粕が加えられていません。

そのため普段、森永製菓の甘酒を飲みなれている人が飲むと甘さが足りないように感じられますが、米麹のほんのりとした甘さや、優しい香りを楽しむことが出来るのでおすすめです。
砂糖と酒粕が加えられた濃厚な甘酒が苦手という人でも、森永製菓の「森永のやさしい米麹甘酒」であれば甘さが控えめに作られているのでおすすめですよ

アルコール0%で砂糖が入っていない甘酒なので、忙しい日々のなかダイエットをしている人でも、手軽に取り入れることが出来るおすすめの甘酒です。

おすすめの甘酒⑤:大関「甘酒」

大関 甘酒
2928円

おすすめの甘酒⑤は搾りたての酒粕の風味を新鮮な内に閉じ込めた、大関の「甘酒」です。
酒粕をベースに砂糖以外にも蜂蜜を加えており、深みのある味わいが特徴です。

生姜の風味をプラスさせてコクを出しており、濃厚な味わいの酒粕甘酒が飲みたいという人におすすめします
なめらかな喉ごしが特徴的で、温めて飲んでも冷やして飲んでもおいしく飲むことが出来ておすすめですよ。

カップ型の容器を使用しているので、飲みやすいというのも嬉しいポイントですね。
大関の甘酒は、使用する酒粕を1枚1枚チェックしており、おいしい甘酒を作るために手を抜きません。

衛生管理を徹底して行っている会社で作られており、こだわりが詰まったおすすめの甘酒です。

おすすめの甘酒⑥:マルコメ「米糀から作った糀甘酒」

マルコメ 米糀からつくった糀甘酒
2201円

おすすめの甘酒⑥は、米糀を使用したマルコメの「米糀から作った糀甘酒」です。
米糀とは、蒸した米に麹菌を付着させて発酵したものを指し、米の表面をまるで白い花が覆っているような状態を「糀」という漢字で表しています。

「麹」も「糀」も“こうじ”と呼びますが、前者が中国から伝わった漢字で、後者が日本で作られた漢字となります。
マルコメでは米糀を使用して甘酒が作られており、砂糖やアルコールを使用していないため、妊婦や授乳中の母親、そして小さなお子さんでも安心して飲むことが出来るおすすめの甘酒です。

また、マルコメが製造する「米糀から作った糀甘酒」は食塩の量を調整しているので、甘酒に含まれる食塩を気にしている人にもおすすめですよ

おすすめの甘酒⑦:マルコメ「糀甘酒豆乳ブレンド」

マルコメ 糀甘酒豆乳ブレンド
2283円

おすすめの甘酒⑧は、おすすめの甘酒⑥でも紹介したマルコメが製造している「糀甘酒豆乳ブレンド」です。
甘酒を豆乳と割って飲むという人も多いと思いますが、この「糀甘酒豆乳ブレンド」なら最初から豆乳と甘酒が入っているので、コップを使用して洗い物が増えることがありません

また、甘酒の甘みを使って製造されているので、砂糖は使用していません。
アルコールが含まれていない分、小さなお子さんや妊婦さんでも安心して飲むことが出来るおすすめの甘酒です。

豆乳のたんぱく質や脂質と、甘酒のぶどう糖が合わさり、栄養価の面でもバランスの取れたおすすめの飲み物になっています。
紙製のカップで作られているので、蓋のシールをはがせば電子レンジで温めることが出来、おなかを冷やす心配がないのも嬉しいおすすめポイントですね。

おすすめの甘酒⑧:遠藤酒造「造り酒屋の甘酒」

遠藤酒造 造り酒屋の甘酒
1080円

おすすめの甘酒⑦は米麹とご飯だけで作られたノンアルコールタイプの遠藤酒造「造り酒屋の甘酒」です。
長野県の遠藤酒造場にて製造された「造り酒屋の甘酒」は、すべて国産の原材料を使用しており、上品な甘さと優しい口当たりに虜になる人が続出しています。

余分な材料が入っていないので、開封したら早めに飲むことをおすすめします
夏は冷やして冷たい甘酒を、冬は温めてぽかぽかと温まりながら飲むと至福の時を味わうことが出来ます。

また少量の生姜を加えて飲むとコクがプラスされ、そのまま飲む時とはまた違った味わいを楽しむことが出来るのでおすすめですよ。
また、好みによって豆乳や牛乳、ヨーグルトに加えたりすると、優しい甘さで食べることが出来るので、砂糖を加えるよりもおすすめです。

小さなお子さんでも安心して食べることの出来る、「造り酒屋の甘酒」はいかがですか?

おすすめの甘酒⑨:月桂冠「甘酒」

月桂冠 甘酒
2360円

おすすめの甘酒⑨はお酒を販売しているメーカーとしてお馴染み、月桂冠が製造した「甘酒」です。
月桂冠で製造された酒粕と米麹を使用した、贅沢な甘酒です。

甘酒が好きな人が満足して飲めるように、米麹の他に砂糖を使用して甘さを調整しています。
また、甘酒の程よいつぶつぶとした食感や喉ごしが堪りません。

酒粕を材料に加えている甘酒は栄養価の高い飲み物ですが、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整える効果もあります。
そして月桂冠の甘酒には食物繊維が入っており、腸内環境をさらに整えやすくしていますよ

月桂冠の甘酒には1本で2.8gの食物繊維が入っているので、腸内環境が気になる人や、美肌を目指している人におすすめの甘酒です。

おすすめの甘酒⑩:マルコメ「甘酒りんごブレンド」

マルコメ 甘酒りんごブレンド
2060円

おすすめの甘酒⑩はりんご果汁がブレンドされた、マルコメの「甘酒りんごブレンド」です。
原材料はりんご果汁と米、米こうじ、食塩となっており、添加物や砂糖が入っていないおすすめの甘酒になります。

甘酒の優しい甘みとりんごのフルーティーな甘みが合わさって、小さなお子さんでも飲みやすい甘酒です。
付属のストローで飲めるように出来ており、手軽に飲むことが出来るおすすめの商品です。

クセがなく、さっぱりとした口当たりが好評で、お子さんのおやつ代わりとして購入する人もいます
ほかの甘酒は豆乳や牛乳で割って飲む人も多いですが、マルコメの「甘酒りんごブレンド」は既にりんご果汁で割ってあるので、洗い物も少なく飲みやすい甘酒としておすすめですよ。

おすすめの甘酒⑪:メロディアン「酒粕甘酒」

メロディアン 酒粕甘酒
3769円

おすすめの甘酒⑮は、国産米100%の酒粕を使用して作られた、メロディアンの「酒粕甘酒」です。
酒粕が使用されていますが、アルコールは1%未満となっており、酔いづらい甘酒の仕様になっています。

そのまま飲んでもおいしいですが、おすすめの食べ方はフローズンヨーグルトにして食べたり、パイナップルのスムージーにして食べたりする方法です
また、スイーツに加えてパンケーキや甘酒寒天にするのもおすすめですよ。

ほかの材料と組み合わせると案外おいしいということがあるので、自分なりにおすすめの食べ方を見つけてみるのも良いですね。
カート缶タイプの甘酒なので、気軽に購入してさっと飲めるのもおすすめポイントです。

おすすめの甘酒⑫:森永製菓「フリーズドライ甘酒」

森永製菓 フリーズドライ甘酒
6450円

おすすめの甘酒⑫は森永製菓の「フリーズドライ甘酒」です。
ほかのおすすめ甘酒でも紹介した森永製菓の甘酒ですが、こちらはフリーズドライタイプの甘酒になっています。

持ち運びに便利で、お湯で溶かすだけでいつでもどこでも甘酒を楽しむことが出来ます
そのためキャンプの際に甘酒を持って行って、星空を眺めながら甘酒で温まるというのもおすすめですよ。

使用するお湯の量を減らして濃厚な甘酒にしても良いですね。
またフリーズドライの甘酒なので、非常食としてストックしておくという手もあります。

水分が抜けているので持ち運びに苦労しないですし、栄養が偏りがちな災害時に、甘酒の栄養を取り入れ、ホッと心休まるひと時を作るだけでも心身ともに楽になるのでおすすめです。

おすすめの甘酒⑬:マルサン「あまざけ」

マルサン あまざけ
2474円

おすすめの甘酒⑬は、砂糖を使っていないマルサンの「あまざけ」です。
栄養価が高く、腸内環境を整える効果があると人気の甘酒ですが、マルサンのあまざけは砂糖を使用していないので飲みやすく、手軽に栄養補給が行えるとあっておすすめの甘酒です。

ちょっと一息入れたい時や、豆乳と割って朝食代わりとして飲むなど、飲み方はいろいろあります。
紙パックで販売されており、1本あたり200mlと飲みきりサイズなのもおすすめポイントのうちのひとつです。

瓶で販売されているものの賞味期限は、開封してから1週間ほどと毎日飲む必要がありますが、マルサンの「あまざけ」であれば、飲みたい日に飲むことが出来るので、経済的にもおすすめです。

おすすめの甘酒⑭:宝来屋本店「冷やしあま酒」

宝来屋本店 冷やしあま酒
2468円

おすすめの甘酒⑭は国産米を使用して作られた米糀が原材料の宝来屋本店「冷やしあま酒」です。
ペットボトルに入ったストレートタイプの甘酒で、アルコールやカフェインが入っていません。

小さなお子さんでも安心して飲むことが出来ますね。
冷やして飲む甘酒ということで、夏の暑い日や、入浴後の水分補給におすすめです。

宝来屋本店の「冷やしあま酒」は甘さが控えめな甘酒なので、すっきりとした風味を堪能することが出来ます。
おすすめの食べ方として、そのまま飲むのもおすすめですが、フレンチトーストに浸して食べるという方法もおすすめですよ

宝来屋本店の「冷やしあま酒」を使用した卵液がフランスパンにしみ込み、やさしい甘さに病みつきになることでしょう。

おすすめの甘酒⑮:メロディアン「しょうが入り甘酒」

メロディアン しょうが入り酒粕甘酒
3769円

おすすめの甘酒⑮は、高知県産の生姜が入ったメロディアンの「しょうが入り酒粕甘酒」です。
国産米100%の酒粕を使用しており、アルコール分が1%を満たないものの、生姜を使用しているために体がぽかぽかしてきます。

メロディアンの「しょうが入り酒粕甘酒」にはすでに生姜が入っているので、わざわざ生姜をすりおろす手間がいらないというのがおすすめポイントです
また、バランスよく生姜が含まれているので、温めても冷やしてもおいしく飲むことが出来る、おすすめの甘酒です。

電子レンジで温めることが出来るカート缶を使用しているので、寒い冬にはメロディアンの「しょうが入り酒粕甘酒」で温まって、元気に過ごしたいですね。
濃厚でコクのある甘さなので、甘酒の中でも特に甘党の人におすすめします。

<下に続く>

体にも優しい甘酒をおいしく飲もう

甘酒はおすすめ

日本人にとって昔から馴染みの深い甘酒ですが、甘酒には酒粕が使用された酒粕甘酒や、米麹が使用された米麹甘酒、玄米が使用された玄米甘酒など、種類が豊富にあることが分かりました。
また、メーカーによっては希釈するタイプのものや、豆乳で割ってある物まで幅広くあるので、おすすめの甘酒を見つけて堪能しましょう。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line