どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/03/26

コンビニプリン最強ランキング30選!定番から限定まで種類ごとに紹介!

コンビニのスイーツメニューの中でも定番中の定番といえるプリン。
一口にプリンと言っても定番のカスタードプリンからミルクプリン、ショコラプリンと様々な種類のプリンがコンビニのスイーツコーナーでは場所を争っています。

そんなコンビニプリンのおすすめメニュー30選を「定番」から「こだわりメニュー」まで紹介していきます。

Large pudding 1107 1280  1

コンビニスイーツの定番!世界のプリンはどんな種類や味があるの?

コンビニのデザートコーナーには洋菓子から和菓子までいろんな種類のスイーツメニューが並んでいます。
その中でも定番中の定番といえば、シュークリームとプリンがあげられるでしょう。

かつてはシュークリームもプリンも洋菓子専門店で購入するスイーツメニューでしたが、コンビニで手軽に購入できるようになり、一気に身近なデザートメニューになりました。
ケーキなどの洋菓子メニューと違い、プリンは加工品であるため保存しやすく、素材もシンプルで値段も比較的安価であったため、手に入りやすく、洋菓子専門店と味に極端な差がつきにくいことも、コンビニデザートとして普及していった一因と言えます。

プリンと言えば、一般的には卵を使用したカスタードプリンが思い浮かぶでしょう。
プリン=カスタードプリンという図式が成り立つほど最も定番のプリンがカスタードプリンと言えますが、カスタード以外にも「ミルクプリン」「ショコラプリン」「抹茶プリン」「ストロベリープリン」「マンゴープリン」「かぼちゃプリン」など、素材を変えることで様々な種類のプリンを楽しむことができます。

また、定番といえるカスタードプリンも卵をしっかり使用し、濃厚な味わいに仕上げた濃厚系のプリンから、あっさりした軽い味わいのあっさり系プリンまで、卵を使っていることは同じでも種類ごとに驚くほど味わいに変化があり、選ぶのに迷ってしまうほどです。

<下に続く>

どれを基準に選ぶ?コンビニプリンの特徴!

コンビニプリンには広いとは言えないコンビニのデザートコーナーに所狭しと様々なプリンメニューが並んでいます。
コンビニプリンの大きな特徴は、大手メーカー系とコンビニチェーン店の独自開発系に分かれます。

大手メーカーのプリンは、特定のコンビニに偏らないため、いろいろなお店で購入することができるのが安心感につながります。
もう一方のコンビニチェーンの独自開発系のプリンは他チェーン店のプリンを扱うことはないため、セブンイレブンの開発しているセブンプレミアムブランドであれば、セブンイレブンでしか購入することができません。
気に入ったコンビニプリンが、コンビニチェーン独自開発系の場合は、そのコンビニチェーン店が近くにあることが購入するための第一条件となります。

独自開発ということで、味も大手メーカーと比べると素材に特にこだわってみたり、味わいやサイズ感を大きく特徴づけてみたりと、変化に富むことが多い傾向にあります。
コンビニプリン30選として紹介するプリンメニューを見るときには、メーカーが大手なのか、コンビニチェーンなのかも着目点としてみてください。

<下に続く>

限定商品や変わり種も!コンビニプリン最強ランキング30選!

では、様々なコンビニにならぶ様々プリンメニューから最強の30選を紹介していきます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング①:ファミリーマート「窯出しとろけるプリン」

かつてサークルKサンクスで販売されていた力作「窯出しとろけるプリン」がファミリーマートの定番プリンとなりました。
名前が示すように専用の窯でじっくり蒸すことで口に入れるととろける食感を作り出しているそうです。
バニラビーンズが香り、ビターなカラメルソースのコクとともに満足度の非常に高いプリンに仕上がっています。

サイズの大きな「大きな窯出しとろけるプリン」もありますが、大容量のため通常サイズと比べると取り扱っているお店はそんなに多くないようです。
通常サイズで気に入った方は、大きなサイズを見つけた時は買っておくことをおすすめします。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング②: セブンイレブン「窯焼きとろ生カスタードプリン」

パティシエの声から生まれた「エグロワイヤル」という素材の味を引き立てる卵を使用した「とろ生カスタードプリン」です。
特別なたまごを使用しているため、味わいは非常に濃厚で満足度がかなり高いプリンですが、その食感も特筆もののプリンになっています。

見た目やスプーンを入れた時はしっかり固めのプリンのように感じますが、食べ進めると中はトロトロになっており、固めとトロトロの両方の食感を楽しむことができます。
固め派、トロトロ派どちらも満足でき、どっちも好きで選ぶときに迷うという方も迷わず選ぶことができるプリンです。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング③:森永「卵が濃いとろ~りプリン」

シンプルな外観のプリンですが、たまご感がアップしていて、濃厚なたまごの味わいが口いっぱいに広がります。
とろ~りと銘打っていますが、柔らかすぎず、硬すぎずちょうどいいなめらか食感になっています。

量が少なめのため、もっとたくさん食べたいと感じてしまいますが、次も楽しみにするか、2つ食べて贅沢感を味わうかはその日の気分次第という楽しみ方もできます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング④:セブンイレブン「濃厚たまごのなめらかプリン」

たまごは卵黄のみを使用することでコクのある濃厚な味わいに仕上がったプリンです。
硬さはちょうどいいなめらかな食感で、材料を丁寧に混ぜながら濾していることできめ細かさとなめらかさを生んでいるとのことです。

濃厚なたまごの味わいにまけないコクのあるカラメルソースをどのタイミングで一緒に食べるかも悩んでしまうプリンになっています。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑤:ファミリーマート「くちどけ贅沢プリン」

ファミリマートのプライベートブランドでも一段上の「ファミマプレミアム」シリーズのプリンです。
六甲山麓牛乳と北海道産の純生クリームを使用するという素材にこだわったプリンで、「モンドセレクション」の最高金賞を3年連続で受賞しているというのだから、美味しくないはずがありません。

口に入れるとすっと広がって溶け、ミルク感のつよい味わいが卵の濃厚さに主眼を置いたプリンとは別の美味しさを楽しませてくれます。
ミルクプリン好きなら必ず食べてみるべきですし、カスタード強めの方が好きという方も一度は食べてみるべきプリンです。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑥:森永「タニタ食堂の100kcal カスタードプリン」

健康食に定評のある「タニタ食堂」が監修したプリンで、カロリーを気にしてプリンを我慢する方にも100Kcalに抑えてくれていることで、食べやすいプリンになっています。

健康面に配慮しているからといって味わいを二の次にしているわけではなく、しっかり固めの食感のカスタードプリンに黒糖を隠し味に加えることで優しい味わいとコクを感じさせてくれるプリンになっています。
美味しさと健康を両立させてくれるプリンとしておすすめです。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑦:ファミリーマート「とろけるなめらか絹ごしプリン」

絹ごしのようななめらかでとろける食感のプリンに北海道産純生クリームをあわせた優しい味のプリンです。
食感と甘さのバランスがよく、値段もプレミアムラインのプリンと比べて安価に設定されているため、コストパフォーマンスがよく、日常のデザートにちょうどいいプリンと言えます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑧:森永「おいしい低糖質プリン」

低糖質でも「おいしいプリンを食べてもらいたい」ということを目指した商品名のプリンです。
毎日の健康に配慮して、低糖質と低カロリーを実現し、同じ森永の焼きプリンとくらべると糖質を75%もカットしているそうです。

カロリーも100Kcalを切っており、ダイエット中でも罪悪感なく食べることができます。
カロリーが抑え目になっているため、濃厚とまではいきませんが、「おいしい」と銘打っているため、味の方もたまごの味わいとバニラの薫りをしっかり感じることができます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑨:ローソン「和三盆のプリン」

ローソンのUchiCafeシリーズのプリンで、「きよらのグルメ仕立て卵」というブランド卵を使用したプリンです。

卵黄のみを使用しているという卵の味わいがしっかり感じられる濃厚なプリンで、商品名にもあるように和三盆を使用しており、上品で控えめな甘さになっています。
カラメルソースを入れていないプリンになっていて、プリンのたまごの味わいを存分に味わってくださいというメッセージを感じさせます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑩:ファミリーマート「ミルクとたまごのプリン」

ミルクとたまごのシンプルなおいしさを優しい甘さとなめらか食感にした定番シリーズのプリンです。
卵の濃厚さや、生クリームなどの味わいを強めた特別感のあるプリンと比較すると、普通のプリンと言えますが、気軽に購入できる王道プリンという感じに仕上がっています。

ミルクとたまごのどちらが強いかというと、あえて言えばミルクの方が強めに感じられるため、優しい味わいになっています。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑪:栄屋乳業「こだわり極プリン」

香料・着色料・保存料を使用せずに「卵のみで固めた」プリンで、素材の美味しさを引き出すことを目的とした「極」という言葉がぴったりのこだわりプリンです。
濃厚な乳を素直な卵味でまとめ、熱のかけ方にもこだわることで絶妙な「やわらかさ」を実現していると自信を見せてくれています。

カラメルソースももちろんこだわりの自家製ソースでプリンの甘さに奥行を加えてくれるどう食べても満足度の高い「極」のプリンです。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑫:雪印メグミルク「とろける2層のプリン」

表面にたっぷりクリームを乗せ、プリン本体もやや硬めのプリンの層トロトロプリンの2層構造になっているプリンです。
クリーム部分もあわせると3層構造になっているとも言えるため、食べ進めながら味わいが変わっていくのを楽しむことができます。

たっぷりのクリームからかなり甘いプリンかと思えば、クリーム部分はまろやかなコクを与えてくれるにとどまっていて、しつこい甘さにはなっていません。
とはいえ、最後まで食べ進めると甘さは弱くないため、甘さ控えめが好みの方はコーヒーなどとあわせて食べるとちょうどいい甘さになります。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑬:森永「黄金カラメルクリーミープリン」

カラメルソースが別添えのプリンは時々見かけますが、袋を開ける手間がかかってしまうことが多くなっています。
しかし、「黄金カラメルクリーミープリン」は一体成型されたソース容器がプリンの横につくという非常にユニークな形になっています。
そのため、別添えであることと、ソースをかける手間がかからないということを両立させたスグレモノのアイディアになっています。

プリン自体はソースをかけずに食べると甘さがかなり勝ってしまいますが、焦がし方にこだわった甘さと苦さのバランスが絶妙な黄金色カラメルソースをかけることで、キャラメル感が増すことで非常にコク深い味わいを楽しむことができます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑭:ローソン「焦がしはちみつのカスタードプリン」

カラメルに焦がしたはちみつを加えることで、香りのよいカラメルソースとなめらかカスタードプリンのたまご感強めのしっかりした味を楽しむことができます。
カラメルソースにはちみつの味を期待しすぎると、やや空振り感を感じてしまいますが、少し多めのカラメルソースは焦がしはちみつによるほろ苦いコクとカスタードの甘さとの相乗効果はしっかり出ているため、満足できる味わいになっています。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑮:ファミリーマート「濃厚卵のカスタードプリン」

「濃厚卵」と銘打っているだけにたまご感を強めたカスタードプリンになっています。
卵の味が強いため、サイズの割にしっかりした味で食べごたえを感じられます。

ボリューム自体は少ないため、食べている間は満足感が高いものの、食べ終わってしまうと少し寂しさを感じる方もいるかもしれません。
カラメルソースはカスタードの強さの割にサラサラしていてあまり濃くないため、あっさり食べることできます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑯:森永「濃いリッチプリン」

「伝えたくなる、おいしさ」とラベルにかかれた「濃いリッチプリン」は濃厚でなめらかな食感と味わいにほろ苦いカラメルソースがしっかり主張し、バランスのとれたリッチな味わいと楽しむことができます。
食べている間は濃厚な味わいを楽しみ、食べ終わった後は「伝えたくなる、おいしさ」に思わず納得してしまうリッチテイストのプリンに仕上がっています。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑰:ファミリーマート「濃厚とろ~りプリン」

北海道産純生クリームのコクを味わうとろ~りとした濃厚なプリンで、名前の通りの味わいを楽しめるプリンになっています。
カラメルソースをつけていないタイプのプリンですが、生クリームのコクが強く、カラメルがないことで物足りないということは感じさせない味わいになっています。

カラメルソースのほろ苦さは苦手という方であれば、思わずリピート買いしてしまうぐらいかなり気に入るプリンになっています。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑱:ファミリーマート「窯焼きとろけるプリン」

サークルKサンクスのスイーツはかなり定評があり、ファミリマートのスイーツメニューに組み込まれていったものも多いですが、「窯焼きとろけるプリン」もそんなサークルKサンクスの名物メニューだったプリンの1つです。
固さは「濃厚とろ~りプリン」とよく似ていますが、たまご感をより強くした感じで、より甘さを感じさせるプリンになっています。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑲:ファミリーマート「くちどけ贅沢プリン 香るショコラ」

チョコレート系のプリンでかなり濃厚な味わいのプリンが「くちどけ贅沢プリン 香るショコラ」です。

プリンというよりも濃厚なチョコクリームのようでもあるため、単品でもチョコレートの味わいに十分満足できますが、トッピング用のアーモンド&クレープをかけることで違った食感や味わいを楽しむことができます。
おすすめは、まずはそのまま食べてチョコレートの濃厚さを楽しみ、途中からトッピングを使用して二度おいしいという楽しみ方がいいでしょう。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング⑳:ローソン「たまごとミルクのなめらかプリン」

シンプルな見た目ながらたまごと牛乳の味わい、バニラの香りが広がる満足感のあるプリンです。
ボリューム感も少し多めになっていて、食べ終わった後の満足感もわりとある方です。

たまご感よりミルク感のほうが強めになっていて、甘さ控えめになっているため、たまご強めの濃厚さよりミルクの優しい味わいの方が好きという方は気に入る方が多いでしょう。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング21:セブンイレブン「とろけるクリームプリン」

表目にしっかり生クリームをのせたセブンイレブンの「とろけるクリームプリン」は、まず生クリームの控えめな甘さを楽しみ、続けてとろけるプリン、そして最後にカラメルソースと順番に異なる味わいを楽しむことができます。
途中でそれぞれの味わいの混ざった部分も楽しめるため、1つで何度も違った楽しみを感じることができ、セブンイレブンに生クリームの乗ったプリンを求めるために通う人も中にはいるほどです。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング22:セイコーマート「たっぷりたまごの濃厚プリン」

北海道のコンビニ、セイコーマートの商品「たっぷりたまごの濃厚プリン」は地元北海道産の牛乳を使っており、ミルクの味がしっかりしたプリンです。
だからといってミルクプリンというわけでもなく、「たっぷりたまごの濃厚プリン」という名前の通り、たまごのコク、味も強めで素材の味を最大限活かしたプリンと言えます。

地方のコンビニでこのレベルのスイーツメニューが出てきてしまうとケーキ屋さんにとってはかなり強力なライバルと言えるでしょう。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング23:メイトー「メイトーのなめらかプリン」

口に中でなめらかに溶けていってしまう食感が「メイトーのなめらかプリン」です。
名前の通りなめらか食感で風味の豊かな牛乳と卵をたっぷり使い、ミルク色のミルキーな牛乳の美味しさがたっぷりつまっています。

やや甘さが強いですが、サイズが小さいためしつこく感じることなく、最後まで飽きずに食べることができます。
たっぷり食べたい場合には量が足りないかもしれませんが、味の方は満足できるプリンになっています。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング24:グリコ「とろ~りクリームプリン」

やわらかい食感のプリンの表面にたっぷりのクリームがかかっていて、クリーム、プリン、カラメルと3層構造のボリュームたっぷりのプリンです。
最初にミルキーなクリームの味わいを楽しみ、次にたまごの風味をしっかり感じるプリン、そしてカラメルソースのビターな味わいと素直に順番に楽しんだり、それぞれの味が混ざり合った部分を楽しんだり、食べ方によって楽しみ方を変えることができます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング25:雪印メグミルク「栗原さんちのおすそわけ おもわずもっとカスタードプリン」

くちどけの良いカスタードが口の中に入れるととろけていくなめらか食感を楽しむことができる「栗原さんちのおすそわけ おもわずもっとカスタードプリン」は、卵とミルクの味わいに加えて、リニューアルされてほろ苦いカラメルソースを加わり、何度も食べたくなる味わいのプリンになっています。

特に濃厚とか、際立った味わいの強さというものはありませんが、癖がなくしつこくない甘さで飽きが来ない味わいという特徴のプリンに仕上がっています。
カップにメモリ線がついていて、食べ終わった後は計量カップとして使えるさりげないエコ仕様も好ましいですね。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング26:明治「プリン超BiG」

昔懐かしいぷるんとした食感と甘さの強いプリンが明治の「プリン超BiG」です。
「超BiG」というだけあって大容量でかつ子ども向けの甘さのプリンなので、甘いものが苦手な方だとちょっと苦戦するかもしれませんが、昔懐かしい甘さのプリンでたまに食べると子供のころを思い出してしまいノスタルジーに浸れるという味以外にも楽しめるプリンとも言えます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング27:ファミリーマート「俺のプリン」

ファミリーマートの「俺のプリン」は「俺の」というだけあって「男性」をターゲットにしたプリンです。
小さなプリンでは食べた気がしないという男性のために、これでもかというぐらい大容量にしたプリンになっているため、物足りないという気持ちを感じることはまずないでしょう。

小食な方であればむしろ食べきれないというリスクすらあり得ます。
食べるときは気合を入れて食べてほしい「俺のプリン」です。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング28:ファミリーマート「たっぷり食べたい!丼プリン」

ファミリーマートの「俺のプリン」と同様にインパクト重視の大容量プリンが「たっぷり食べたい!丼プリン」です。
名称から「たっぷり食べたい!」時に選んでもらうべきという、コンセプトがわかりやすすぎるプリンです。

形状もどんぶり状になっていて、小さなプリンを食べて物足りないときに「いっそのこと丼でプリンが食べれれば」と考えたことがある人は少なくないはずですが、実際に商品になるとかなりのインパクトを感じます。
たべやすいように甘さはそれほど強くありませんが、一人で食べるにはかなり気合が必要なプリンです。
友人とシェアして食べるのがこのプリンのもっともいい楽しみ方と言えます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング29:メイトー「メイトーのカスタードプリン」

「メイトーのカスタードプリン」は、フタを開けると卵の風味豊かな匂いが漂ってきて、食べる前からカスタードの濃厚な美味しさが想像できるプリンです。
小ぶりながらカスタードの濃厚な美味しさだけではなく、ミルクの風味も豊かでシンプルながら素材の美味しさを活かしたプリンで口の中に入れるとなめらかな食感と濃厚なカスタードとミルクの味わい、それにビターなカラメルソースとの組み合わせを楽しむことができます。

コンビニプリンのおすすめ人気ランキング30: グリコ「ビッグプッチンプリン」

昔懐かしい「プッチンプリン」のビッグ版が「ビッグプッチンプリン」です。

プリン好きな方であれば誰もが食べたことがあるといっても言い過ぎではない「プッチンプリン」は、かなり甘さも強いため、現代のプリンの主流とは違った味わいとなりますが、時折食べたくなる味であることも否定できません。
疲れた時、懐かしい気持ちを思い出したくなった時に食べてみてはどうでしょうか。

<下に続く>

コンビニプリンでプチ贅沢なスイーツ体験を楽しみましょう

コンビニのスイーツコーナーが充実してくるまでは洋菓子店等、専門店にいかないと楽しむことができなかった本格的なプリンが手軽に手に入れることができるという非常にいい時代になりました。
甘いものが食べたくなった時、疲れた時、なにかを達成した時など自分にご褒美をあげたくなった時など、手軽に手に入るコンビニプリンでプチ贅沢気分を味わってみてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line