どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/03/15

永井食堂でもつ煮を食べよう!絶品メニューや独特の店内ルールを紹介

群馬県渋川市の周りに何もない国道沿いで連日行列ができるもつ煮の名店が永井食堂です。

永井食堂では、ココでしか食べられない絶品メニューのもつ煮とサイドメニューが提供されています。

数多くのメディアに取り上げられるなど連日行列のできるもつ煮の名店永井食堂の絶品メニューや独特の店内ルールなどご紹介します。

Large alex hu 1182017 unsplash  1

絶品もつ煮店・群馬の「永井食堂」とは?

群馬の永井食堂
絶品もつ煮が食べられる永井食堂は、群馬県の国道沿いにポツンと建っている飲食店です。
数多くのメディアに取り上げられるなど、連日行列を作る名店です。

永井食堂の店内の様子

1965年に群馬県渋川市で創業された永井食堂は、多い時には1日で600杯以上売り上げるほど多くの人が遠方からも集まる人気店です。
お店は長い歴史を感じられる店構えになっています。

店内に入ると、一般的な食堂のようなボックス席はなく、建物に合わせるように長く続くカウンター席が広がっています。
カウンターの幅は狭く長く広がっているため、店内は狭いですが、回転率が高いためあまり気になりません。

ランチタイムの永井食堂は常に混雑

テレビや雑誌など数多くのメディアに取り上げられるなど、かなり知名度が高いお店です。
地元の人はもちろん、遠方からも多くの人が訪れるなど行列ができることも多くあります。

特にランチタイムはピークともいえ、常に混雑しています。
特に混雑しやすい時間は11:00前~お昼過ぎ頃までは行列ができています。

オープン直後から10:00頃までは比較的空いており、混雑時間を避けることがおすすめです。

行列のできる永井食堂では事前に注文を決めておこう

建物の造り上あまり広くない店内となっている永井食堂では、一般的な食堂のように注文に時間をかけることは好まれません。
ランチタイムともなれば、多くの人が一気に訪れるため早くオーダーを決める必要があります。

提供されているメニューは事前にオフィシャルサイトなどでも確認できるため、店内で時間を要しないためにも、事前に何を注文するのか決めておくことがおすすめです。

永井食堂の暗黙のルールとは

永井食堂では細長いカウンタースタイルの店内、注文システムの都合上暗黙のルールがあります。
明確に言われているわけではありませんが、守らなければ店員さんに厳しめに指摘されることもあり注意が必要です。

料理は長方形のトレーに乗って提供されます。
長方形の場合、一般的に横に向けたくなりますが、暗黙のルールとしてカウンターの席は隣との距離も近いため、縦向きの状態のまま食べる必要があります。

永井食堂では名物女将も有名

永井食堂は早い、安い、うまいの3拍子揃った名物のもつ煮が有名なだけではありません。
スタッフやお客さんなど、お店を仕切っている名物女将も有名です。

名物の女将は、お店の外でお客さんが待っている状態で注文を聞き取り、店内に入り座るとすぐに注文した商品を提供してくれます。
行列ができる名店なので、慌ただしさはありますが、キレキレに仕事をこなす女将さんファンも多くいます

永井食堂の店舗情報・アクセス方法

数多くのメディアに取り上げられ、多くの人が連日行列を作る永井食堂は、群馬県の国道沿い緑が広がる場所にあります。
国道17号線沿いにあるお店は、基本的に車でのアクセスがおすすめです。

関越自動車道赤城ICから車で10分の場所にあり、それなりの台数が駐車できる駐車場が完備されています。
車以外にもバスでのアクセスも可能です。

渋川駅からバスでアクセスする場合は、関東交通バスで約20分の暮沢バス停へ向かい、そこから約5分歩くとお店に到着します。
永井食堂
住所:群馬県渋川市上白井4477-1
電話番号:0279-53-2338
営業時間:平日9:00~18:00土曜日9:00~15:00
定休日:日曜祭日
URL:永井食堂

<下に続く>

永井食堂の人気メニューを紹介!大盛りの絶品料理も

永井食堂のメニュー
もつ煮が看板メニューの永井食堂は、メニュー数は豊富ではありません。
しかし、絶品の料理は複数のパターンがあり、人それぞれお好みの楽しむ方ができます。

お店で人気No.1のメニューがもつ煮定食です。
もつ煮定食はごはん、コクと旨みの詰まったもつ煮、お味噌汁、漬物がセットになっており、ボリューム満点ながら普通が590円もつ大770円という食べごたえ十分でリーズナブルです。

もつ煮は普通サイズ、大盛りサイズがありお好みに応じて選ぶことができます。
もつ煮と相性抜群でよく進むごはんは、一般的なお店の半ライスほどのレディースサイズ、他店の普通ほどの半ライス、他店の大盛りの普通があり、他のお店基準より多めに盛られています。

看板メニューのもつ煮以外にも、黄身と白身が絡み合う目玉焼き定食540円、ごはんによく合う納豆定食490円、平打太麺のラーメン320円があります。
サイドメニューには、目玉焼き、奴、納豆、おひたしも用意されており、お好みで購入可能です。

コクがあり旨みの強いもつ煮は、ごはんともよく合いますが、お酒とも相性抜群です。
お酒は、ビール大瓶、日本酒1合が用意されています。

このように永井食堂では、他の食堂と比べるとラインナップは多くないですが、1つ1つの料理がどれも絶品です。

<下に続く>

永井食堂ではお土産商品「もつっ子」も買える!

もつっこ
永井食堂では、名物のもつ煮が店内で堪能できますが、「もつっ子」という商品はお土産として購入することができておすすめです。

永井食堂には「もつっ子」の自動販売機も

永井食堂で購入できるお土産のもつっ子は、売店で購入することができます。
他にも購入したい場合には、お店の敷地内にある自動販売機で購入することが可能です。

もつ煮のもつっ子を販売している自動販売機は、お店の方面を向いた時左側にあります。
自販機に1,070円を入れて、購入ボタンを押すと商品が出てきます。

自販機は営業時間内に来ることができないという方でも購入可能で、一人でも多くの人に食べてもらいたいという気持ちから設置されています。
そのため、営業時間内は売店で購入して、時間外は自販機で購入することがおすすめです。

「もつっ子」の上手な温め方

自販機や売店で購入したもつっ子は、冷蔵なので持ち帰り時はクーラーボックスなどで冷やした状態で持ち帰ります。
実際に美味しく食べる時には、上手な温め方があります。

上手な温め方は、鍋でお湯を沸騰させて、沸騰後は1度火を止めて、袋ごと入れて再度加熱します。
再度沸騰したら、火を止めて余熱で5分間温めます。

袋から出し鍋などに移し替え、弱火で20分間温めた後、器に移してネギなど薬味をかけると美味しく食べられます。

永井食堂の「もつっ子」は通販でも買える!

元祖もつ煮の永井食堂もつっ子は、永井食堂のオフィシャル通販サイトで購入することもできます。
ネットで気軽に購入できるため、自宅用や贈答にもおすすめです。

もつっ子は1つ1,070円で1回の注文で3個~14個まで購入できます。
また、単品以外にもギフトが贈答用のギフトセットも用意されており、贈り物にもぴったりです。

<下に続く>

永井食堂周辺の観光スポット4選!

トッピング
では、永井食堂周辺の観光スポットをみていきましょう。
永井食堂周辺には、以下の観光スポットがあります。

  1. 伊香保温泉
  2. 伊香保神社
  3. 赤城自然園
  4. 上州物産館

続いて、永井食堂周辺の観光スポットを、それぞれ詳しくみていきます。

永井食堂周辺の観光スポット①:伊香保温泉

永井食堂の周辺には、全国的にも知られている伊香保温泉があります。
伊香保温泉は約12㎞ほどの場所にあり、標高650m~800mの斜面に温泉がある眺めのいいスポットです。

温泉街のメインストリートは、400年の歴史を抱える石段になっており、両側には旅館やお土産物店、飲食店があります。
歴史ある旅館に宿泊することはもちろん、日帰り入浴を楽しめる場所もあり、様々な方法で温泉を堪能することが可能です。

伊香保温泉
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保
電話番号:なし
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:施設によって異なる
URL:伊香保温泉

永井食堂周辺の観光スポット②:伊香保神社

永井食堂から約13㎞の場所にある伊香保神社も人気の観光スポットです。
伊香保温泉の石段街を365段登った場所に鎮座している、街でも有数のパワースポットです。

伊香保温泉を守護しており、医療、縁結び、子授け、安産などにご利益を授かることができます。
近年人気の御朱印も授かることができ、集めているためにはおすすめです。
伊香保神社
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保1
電話番号:0279-72-3151
営業時間:参拝自由
定休日:参拝自由
入場料や利用料:参拝自由
URL:伊香保神社

永井食堂周辺の観光スポット③:赤城自然園

永井食堂から約5㎞の場所にある、赤城自然園は豊かな自然に触れられる、幅広い世代が楽しめる場所です。
花々が咲く春、緑あふれる夏、木々が色づく秋、野鳥の鳴き声が響く冬というように、1年を通して違う雰囲気が楽しめます。

日本の四季の自然を肌でダイレクトに感じられる場所になっており、野鳥ウォーク、施設内のガイドツアーなど様々な体験プログラムが用意されています。

自然の多い群馬県でも特に自然の多く残るエリアで、自然との共存を感じられるスポットです。

赤城自然園
住所:群馬県渋川市赤城町南赤城山892
電話番号:0279-56-5211
営業時間:9:00~16:30
定休日:要問合せ
入場料や利用料:大人1,000円小中学生500円
URL:赤城自然園

永井食堂周辺の観光スポット④:上州物産館

永井食堂から約10.5㎞の場所にある、上州物産館は、地元のお土産物が豊富にそろっている観光地です。
お土産に迷った際には、創業20年を超える上州物産館がおすすめです。

伊香保温泉へ向かう道路沿いにあり、地元群馬の名産品が数多く取り揃えられています。
群馬県外から訪れる多くの観光客で連日賑わっており、旅の思い出を揃えられるようになっています。

お土産物以外にも、湯の花まんじゅうの製造直売、名物の水沢うどんが食べられる、お食事処など地元の食材を使った名物グルメを堪能することも可能です。

上州物産館
住所:群馬県渋川市明保野3695-2
電話番号:0279-24-3808
営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
入場料や利用料:
URL:上州物産館

<下に続く>

永井食堂で絶品もつ煮を堪能

数多くのメディアに取り上げられるなど、辺鄙な場所にありながら連日多くのお客さんで賑わっている永井食堂。
名物のもつ煮は、日本一との呼び声が高くリーズナブルでボリューム満点です。

名物女将のいる長いカウンター席で、絶品もつ煮食べるだけでなく、お土産用も販売されています。
周辺には、伊香保温泉や伊香保神社など観光スポットも充実しているため、観光とグルメを同時に楽しむことができおすすめです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line