どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2018/10/17

金沢でインスタ映えするフォトジェニックなカフェ&スポット20選

石川県の県庁所在地である金沢市は、近年北陸新幹線が開通したこともあり、今や全国的にも注目されている観光都市となりました。
そこで今回ご紹介する内容は、「金沢に行ってみたけど、どういうところに行けばいいの?」「せっかくだから、インスタ映えするような場所やグルメを見てみたい!」といった皆さんに向けて、金沢に訪れたら、一度は行くべき観光スポットをご紹介します。

Large japan 2902290 960 720
目次

美味しくてかわいい金沢でインスタ映えするフォトジェニックなカフェ

では、金沢のカフェを見ていきましょう。
金沢には、以下のカフェがあります。

  1. むらはた
  2. コラボン
  3. cafe たもん
  4. ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA
  5. 自家焙煎 東出珈琲店
  6. サンニコラ 香林坊店
  7. Patisserie Ofuku Hirosaka
  8. カフェ・アルコ スタツィオーネ
  9. 謎屋珈琲店
  10. 茶房 素心

それでは、先ほど挙げたオススメの金沢のカフェを詳しく見ていきます。

金沢のカフェ①:フルーツパーラーむらはた

ビルの1Fではフルーツの加工や販売を本業としていますが、2Fではフルーツパーラーも経営しています。
地元金沢ではもちろん、全国的にも非常に有名な喫茶店で、なんといってもこのお店の最大のウリは、季節の果物をふんだんに使用したパフェです。

そのパフェの特徴は、これでもかと言わんばかりに贅沢に使われてる果物の量で、その見事な盛り付け方は、正にインスタ映えすること間違いなしです!
もちろん盛り付けだけじゃなく、フルーツ店を営んでいるだけあって、その果物の味は言うまでもありません。

季節ごとに一度は訪れてみたい、オススメの喫茶店です。

フルーツパーラーむらはた
住所:金沢市武蔵町2-12 本店第一ビル2F
電話番号:076-224-6800
営業時間:10:00~19:00(L.O 18:30)
定休日:無休
URL:https://www.murahata.co.jp/

金沢のカフェ②:コラボン

古民家風の雰囲気が漂う、ほっこりとした空間が特徴のある喫茶店です。様々な雑貨を販売しており、店内を見回っているだけでも時間を忘れてしまいます。
この喫茶店の一番の看板メニューが、「二三味(にざみ)珈琲」です。

この特徴的な名前は、このコーヒーを焙煎・販売しているオーナーさんの名前なのですが、口コミで話題となり、様々なメディアでも取り上げられているほどの人気があります。
ちなみにコラボンの公式HPのアイコンに犬を使用していますが、ここには看板犬であるdango君が出迎えてくれます。

是非、旅の途中で1枚、記念撮影してみてはいかがでしょうか。

コラボン
住所:石川県金沢市安江町1−14
電話番号: 076-265-6273
営業時間:11:00~20:00 
定休日:火・木定休
URL:http://www.collabon.com/

金沢のカフェ③:cafe たもん

東茶屋街の宇多須神社目の前にある、和風情緒あふれた落ち着きのある喫茶店です。
非常に多くのメニューを揃えており、飲み物はコーヒーから紅茶、日本茶に加え、地サイダーや地ビールなども取り揃えています。

自家製のケーキ屋プリンも人気がありますが、なんといってもここの人気はパンケーキ!
とってもふわふわに仕上がっており、優しい口当たりながら、デザートとしてもランチメニューとしも食べられるほど食べ応えも十分な一品です。

このパンケーキを目当てにわざわざ訪れる人も少なくなく、中には誕生日専用のメニューもある等、多くの観光客で賑わっています。

cafe たもん
住所:石川県金沢市東山1丁目27−7
電話番号: 076-255-0370
営業時間:9:00~17:00
定休日:第一・第三火曜日
URL:https://cafetamon.jp/

金沢のカフェ④:ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

世界的にも有名なパティシエである辻口博啓氏が手がけた、美術とスイーツを融合させた美術館が、辻口博啓美術館ル ミュゼ ドゥ アッシュです。
この美術館では、アートを楽しむことはもちろんですが、辻口氏が手がけた様々なスイーツも楽しむカフェが併設されています。

とにかく見た目の美しい芸術的なスイーツが目を引きますが、特に地元の名産品を使うことにこだわりを持ち、能登の牛乳・卵・大納言を始め、季節によって柚子やイチジクも使用し、多くの観光客を魅了しています。

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA
住所:石川県金沢市出羽町2−1 県立美術館内
電話番号: 076-204-6100
営業時間:10:00~19:00
定休日:年中無休
URL:https://le-musee-de-h.jp/

金沢のカフェ⑤:自家焙煎 東出珈琲店

様々な金沢の喫茶店の中でも、ほぼ必ずオススメの店に挙げられる喫茶店です。
とにかくコーヒーにかなりのこだわりを持っており、一粒一粒確認し、欠損しているコーヒー豆は取り除いた上、自家焙煎するというこだわり。

更に、取り扱っているコーヒー豆は約20種類に上り、産地等によってその焙煎方法まで変えているので、コーヒーの味には絶対の自信があります。

また、そのこだわりのコーヒーに合うスイーツもまた絶品で、特に自家製プリンがかなり人気があり、売り切れることもしばしばあります。

自家焙煎 東出珈琲店
住所:石川県金沢市 十間町42
電話番号: 076-232-3399
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
URL:http://higashidecoffee.amsstudio.jp/

金沢のカフェ⑥:サンニコラ 香林坊店

サンニコラは様々な洋菓子を扱うスイーツ専門店なのですが、オーナーである藤田雅秋氏は、チョコレートの本場であるベルギーにて修行した経験を持つだけあって、特にチョコレートを使用したスイーツに定評があります。

見た目の美しさや味のレベルの高さはもちろんですが、ハロウィンイベント等、季節のイベントに応じて様々な期間限定商品も取り扱っているので、インスタ映えにはうってつけの場所となっています。
 
サンニコラ 香林坊店
住所:石川県金沢市 香林坊2丁目12−24
電話番号:076-264-8669
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日・第3火曜日
URL:http://www.st-nicolas.co.jp/

金沢のカフェ⑦: Patisserie Ofuku Hirosaka

季節の旬の果物を使用することに強いこだわりを持っている洋菓子店で、季節ごとに提供している洋菓子が変わります。
更に、他の店では見たことの無いオリジナリティあふれるスイーツを作ることをコンセプトとしており、特にその素材感を出すことを大切にしているので、とても自然な味わいが楽しめる点も定評があります。

そのオリジナリティのあるスイーツは、インスタ映えすることうってつけです!
特にクリスマスのようなイベント限定のスイーツは、他には見られない見た目も楽しいスイーツを提供しています。

是非一度、ご賞味してみてはいかがでしょうか。

Patisserie Ofuku Hirosaka
住所:石川県金沢市広坂広坂1丁目2−13
電話番号:076-231-6748
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日・隔週火曜日
URL:http://www.patisserie-ofuku.com/index.html

金沢のカフェ⑧: カフェ・アルコ スタツィオーネ

金沢駅コンコース西口という好立地な場所にある喫茶店です。
喫茶店ながら、ランチメニューやディナーメニューも充実しているので、取り扱っているメニューが非常に豊富にあります。

地元の食材を使用したプリンやタルトも人気がありますが、カフェメニューの中で一番ん人気があるのがワッフルメニューです。
1枚1枚丁寧に焼き上げられている、ふわふわとした食感が特徴のワッフルで、フルーツ盛りだくさんのベリー&ベリーワッフルや、和風にアレンジした抹茶&小倉ワッフルなど、多くの方々に人気があります。

カフェ・アルコ スタツィオーネ
住所:石川県金沢市木ノ新保町1−1 金沢駅百番街くつろぎ館1F
電話番号:076-224-0141
営業時間:6:00~23:00
定休日:年中無休
URL:http://campagne.jp/stazione/index.html

金沢のカフェ⑨: 謎屋珈琲店

店名からして期待せずにはいられない喫茶店ですが、ここは日本で初めて「ミステリーカフェ」の商標権を得ている場所でもあります。
お客様を楽しませる要素がたくさん詰まっており、期間限定で様々な謎解きメニューを用意していますので、インスタ映えはもちろんのこと、ツイッターやブログでの話題作りにも事欠きません。

ただ、定評があるのはそのコンセプトだけでなく、自家焙煎にこだわったコーヒーの味も非常に評価が高く、その味はブラックが苦手な人でも飲めるほどです。
1Fは喫茶店なのですが、2Fはなんとレンタルスペースとなっています。

様々な目的で利用できるのも嬉しい点ですね。

謎屋珈琲店
住所:石川県金沢市安江町19−6
電話番号:076-208-3728
営業時間:7:00~22:00
定休日:火曜日
URL:http://nazoyacafe.jp/

金沢のカフェ⑩: 茶房 素心

金沢の花町と呼ばれている東山の一角にある、和の雰囲気を大切にしているおもてなしカフェです。
古い町並みに上手く調和している味わい深い建物が印象的で、名前のとおり抹茶等も取り扱っていますが、このお店のコンセプトは、この和風情緒あふれる町並みに、珈琲店をという下で開業したとのことです。

コーヒーだけでなく、かき氷や抹茶パフェといった自家製スイーツも定評があり、観光客には居心地のよい空間となっています。
またこのお店からは東山の町並みを眺めることができ、インスタ映えにはもってこいの風景を撮影することができます。

茶房 素心
住所:石川県金沢市東山1丁目24−1
電話番号:076-252-4426
営業時間:10:00~18:30
定休日:水曜日
URL:https://www.krf.co.jp/hpgen/HPB/entries/14.html

<下に続く>

インスタで火がついたスポットも!金沢でインスタ映えが狙えるフォトジェニックな街並みやスポット

では、金沢のスポットをみていきましょう。
金沢には、以下のスポットがあります。

  1. 兼六園
  2. 金沢城公園
  3. ひがし茶屋街
  4. 近江町市場
  5. 金沢21世紀美術館
  6. 湯涌温泉
  7. 金沢海みらい図書館
  8. 妙立寺
  9. 金沢市立安江金箔工芸館
  10. 金沢駅

続いて、それぞれの「スポット」について詳しくみていきます。

スポット①:兼六園

もはや金沢と言えばここ、兼六園でしょう。
日本三名園を始め、国の特別名勝に指定されている等、日本を代表する一大観光地であることは言うまでもありません。

兼六園はその広大で美しい日本庭園の風景が一番のウリで、それだけでも十分インスタ映えするのですが、ただ淡々と庭園風景が広がっているわけではなく、噴水や灯篭、時雨亭といったスポットが存在します。
春夏秋冬で違う顔を見せるのも魅力的で、金沢は北陸地方ということもあり、特に冬は雪化粧を纏った美しい風景を見ることができます。

道中屋台や金箔のソフトクリームが食べられる等、グルメにおいてもインスタ映え間違いなしの観光スポットです。
金沢に来たら、まずは兼六園に行って間違いは無いです。

兼六園
住所:石川県金沢市兼六町1
電話番号:076-234-3800
営業時間:3月1日~10月15日  7:00~18:00 (退園時間)、10月16日~2月末日 8:00~17:00 (退園時間)
定休日:年中無休
URL:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

スポット②:金沢城公園

兼六園からほど近い場所にある観光地で、兼六園とセットで観光する人が多いです。
金沢城は過去幾度となく火災に見舞われ、現在の金沢城は復元されたものです。

金沢城は周辺の景観が特に美しく、特に歴代藩主が憩いの場として整備した「玉泉院丸庭園」は、兼六園とはまた違った独創的な庭園風景を楽しむことができ、特に池と島を上手くマッチさせた景観は圧巻です。
また金沢城は「石川門」「河北門」「橋爪門」の3つの立派な門があり、これらは「金沢城三御門」と呼ばれるほど重要な門となっています。

これらの門がかなりインスタ映えするほど立派な造りとなっていますので、周りの美しい風景と一緒に記念撮影してみましょう!

金沢城公園
住所:石川県金沢市丸の内1−1番1号
電話番号:076-234-3800
営業時間:3月1日~10月15日  7:00~18:00 (退園時間)、10月16日~2月末日 8:00~17:00 (退園時間)
定休日:年中無休
URL:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/index.html

スポット③:ひがし茶屋街

ひがし茶屋街は金沢を代表する城下町で、昔ながらの建物や石畳の敷かれた道は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているほどで、とても風情を感じます。
伝統工芸品、雑貨、お茶屋など様々なお店が多く並び、それらを見ているだけでも時間を忘れてしまいます。

その風景だけでもインスタ映えは間違いないですが、お茶屋遊びや金箔を使ったスイーツなど、つい写真に収めたくなる光景が多く見られる、オススメスポットです。

ひがし茶屋街
住所:石川県金沢市東山1丁目13
電話番号:076-220-2194
営業時間:常時開放
定休日:年中無休
URL:https://www.hot-ishikawa.jp/spot/6320

スポット④:近江町市場

金沢の台所とも呼ばれている、活気あふれる市場です。
数え切れない程の実に様々な店が立ち並び、様々な食材を買い揃えたり、定食屋やお土産屋などつい立ち寄りたくなる店も多く見られます。

その活気あふれる市場の様子だけでも十分インスタ映えしますが、一番の狙い時はマグロの解体イベントの時です!
テレビではよく見ると思いますが、やはり実際に目の前で巨大なマグロを捌いているシーンを見ると、その迫力に釘付けになります。
 
目も舌もお腹も満足できること間違いナシのスポットです。

近江町市場
住所:石川県金沢市上近江町50
電話番号:076-231-1462
営業時間:9:00~17:00
定休日:お店による(水曜日が多め)
URL:http://ohmicho-ichiba.com/portal/servlet/ohmicho.index?tm=105526032

スポット⑤:金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館は、名前の通り近代的、近未来的な作りとなっている現代美術館で、その歴史はまだ浅く、2004年10月にオープンしました。

コンセプトにもあるように、地域密着型の美術館を目指しており、様々なイベントや参加型の展示品が多く、大人から子供まで楽しめるようになっています。

例えば、プールそのものをアートにして、水中の中を歩いているような雰囲気にさせるものや、物語に出てくるような植物のトンネルなど、インスタ映えするだけでなく、参加するだけでもワクワクするようなアートが揃っています。 

金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1丁目2−1
電話番号:076-220-2800
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日、年末年始
URL:https://www.kanazawa21.jp/

スポット⑥:湯涌温泉

北陸の一大都市である金沢は、駅前を始め、茶屋街や庭園、美術館やビル群等が織り成す観光都市の面を見せていますが、そんな金沢もバスで山間に移動してみると、実は温泉街があります。
今回紹介する湯涌温泉は、「人里離れた憩いの湯」を謳っており、観光で疲れた心身をほっこりと癒してくれる温泉地です。

 
湯涌温泉最大のイベントは、温泉街の夜が幻想的なぼんぼりの明かりに包まれる、その名も「ぼんぼり祭り」です。
こまめに公式HPをチェックして、旅の思い出の一つとして、その素敵な光景を写真に収めてみてください。

湯涌温泉観光協会
住所:石川県金沢市湯涌田子島町イ30−1
電話番号:076-235-1040
営業時間:7:00~22:00
定休日:火曜日(ただし祝日の場合は開館)
URL:http://yuwaku.gr.jp/

スポット⑦:金沢海みらい図書館

金沢市4番目の図書館として、この図書館は設立されました。
この図書館のコンセプトとしては、金沢の様々な伝統工芸や産業にまつわる蔵書を保管・閲覧できるようにするという目的があります。

その特徴的な外観やデザインから、建築物としての評価も高く、国内外問わず非常に多くの賞を受賞しているほどです。
数ある図書館の中でも、これだけインスタ映えしそうな図書館はそうそう無いですね。
 
金沢海みらい図書館
住所:石川県金沢市寺中町イ1−1
電話番号:076-266-2011
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日
URL:https://www.lib.kanazawa.ishikawa.jp/?page_id=151

スポット⑧:妙立寺

一見趣のあるお寺かと思いきや、このお寺は別名「忍者寺」と呼ばれており、その内装は、さながらからくり屋敷のような構造になっています。
普通の階段に見えるところが落とし穴になっていたり、床板を外すと隠し階段が出てきたりと、ここがお寺であることを忘れてしまいそうになります。
 

ちなみにこのお寺は忍者と縁があったわけではなく、いざという時の出城の役目を果たすために、内部構造を複雑にしているとのことです。
予約制ですが観光ツアーを実施しており、その際案内していただける住職の方がとてもユニークで評判がよく、リピーターとなる観光客も多いとか。

インスタ映えのみならず、その不思議な空間を体験してみるのも面白いですよ。

妙立寺
住所:石川県金沢市野町1−2−12
電話番号:076-241-0888
営業時間:9:00〜16:00(平日)、9:00〜16:30(土日祝日。ただし冬期は平日と同時刻)
定休日:1月1日
URL:http://www.myouryuji.or.jp/

スポット⑨:金沢市立安江金箔工芸館

金沢といえば金箔の街としても有名ですが、国内で使用されている金箔のほとんどがこの金沢で生産されています。
非常に取り扱いが難しく、指定伝統的工芸材料にもなっている金箔のことをもっとよく知ってもらいたい、職人達の技法や努力の歴史を見てもらいたいという思いで、こちらの博物館が創設されました。
 
館内には金箔を使用した貴重な歴史的美術品の他、様々な展示イベントも随時開催されているので、こまめに公式HPをご確認いただき、この時でしか見られない展示品にも目を向けてみてください。

金沢市立安江金箔工芸館
住所:石川県金沢市東山1丁目3−10
電話番号:076-251-8950
営業時間:9:30~17:00
定休日:年末年始。他、イベント準備期間も休館する場合あり。
URL:http://www.kanazawa-museum.jp/kinpaku/index.html

スポット⑩:金沢駅

今回の紹介記事を締めくくるのは、まさに金沢の顔とも呼べる場所、金沢駅です。
「金沢駅は、出発地ではなく、目的地です」のコンセプトがあるように、その生まれ変わった駅舎の姿は、なんと「世界で最も美しい駅」の一つにも認定されているほどです。

特徴的なもてなしドームと鼓門だけでも、十分すぎるほどインスタ映えしますが、あまりにもフォトジェニックな撮影スポットが多すぎて、この駅舎だけでも何枚の写真を撮ることになるか分からなくなります。
こんな美しすぎる駅から金沢の旅行がスタートできるだけでも、とてもワクワクしますよね。

金沢駅
住所:石川県金沢市木ノ新保町1番1号
電話番号:0570-002-486
営業時間:4:40~23:30(中央口)、5:30~23:30(乗換口)
定休日:年中無休
URL:http://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0541449

<下に続く>

金沢でインスタ映えするフォトジェニックなカフェ&スポットまとめ

金沢は観光のスタート地点でもある金沢駅にも見られるように、正にインスタ映えするフォトジェニックなスポットが満載の場所です。
今回ご紹介した箇所はもちろんですが、他にも紹介しきれなかったスポットはたくさんあります。

金沢に旅行に行こうか迷っている際は、是非今回ご紹介したスポットも参考にしていただきながら、たくさんのフォトジェニックなスポットを探してみてください!
それでは、良い旅を!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by
国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!
関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line