どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/03/28

御殿場&周辺の人気キャンプ場16選!おしゃれコテージや安い宿泊所も

御殿場は富士山のすそのにある場所で、富士山を一望できる素晴らしい景色を楽しめるスポットです。
また明かりが少ないので夜は満点の星空を堪能できます。

そんな御殿場にはたくさんのキャンプ場があり、それぞれ特徴も異なります。
今回は富士山の景色を楽しめる御殿場のキャンプ場の、特徴や料金などについてお伝えしていきます。

Large adventure camping grass 1687845  1

御殿場にはおすすめのキャンプ場が豊富!

キャンプ

御殿場ってどんなところ?

御殿場とは静岡県の富士山近くにある市で、富士山の雄大な景色や自然を楽しめる場所です。
絶好のロケーションと豊かな自然があるので、キャンプ場も多くあり多くのキャンパーが訪れます。

また御殿場はキャンプ場のほか牧場や温泉といった観光スポットも多く、観光地としても楽しめます。
御殿場アウトレットも有名なので、ブランド品のアウトレットをお得に購入することも可能です。

都心からも近いので、車で気軽に訪れることもできます。
連休や長期休暇でなくても、週末など天気が良いときにお出かけできるのもうれしいポイントです。

御殿場ではどんな種類のキャンプが楽しめる?

御殿場キャンプで一番の特徴といえば、やはり富士山の景観です。
富士山のふもと近辺にキャンプ場が集中しているため、迫力満点の富士山を間近で眺めることができます。

富士山の豊かな自然が周囲にあるので、自然の中でキャンプを楽しめるというメリットもあります。
そのほか夜は人工の明かりがほとんどないので、天気が良ければ満点の星空を眺めながらのキャンプも可能です。

また複数あるキャンプ場は、それぞれ独自のサービスを展開しています。
ほとんど手ぶらでキャンプを楽しめるところもあれば、テントを持ち込んで自分たちですべて用意する場所もあり楽しみ方はそれぞれです。

<下に続く>

御殿場のキャンプ場で必要な持ち物を確認!

キャンプ

御殿場のキャンプ場で必要な持ち物一覧!

御殿場でキャンプをするとき必要なものは、キャンプ場やどんなキャンプをするかによっても異なります。
キャンプ場でテントも貸し出してくれる場合もあるので、手ぶらで行きたい場合は道具やテントの貸し出しをしてくれるところを選ぶと良いでしょう。

一般的にキャンプをするときは、テント泊ならテント、寝袋(シュラフ)、テントマット、シュラフマット、バーベキュースタンドや焚火スタンドなどが必要です。
また食材を持っていくなら、クーラーボックスも必要になります。

またキャンプ場についてテント設営などが終わってしまうと、残りの時間が意外と暇になります。
暇なときに時間がつぶせる本や映像などを持っていくと、時間を持て余すこともないでしょう。

一気に買いそろえるのは大変なので、キャンプに少しずつ慣れていく過程で必要なものを買い足していくのがベターです。
キャンプで色々な道具を使ってみるのも、キャンプの楽しみのひとつでもあります。

御殿場の各キャンプ場近くに買い出しスポットはある?

キャンプ場にもよりますが、キャンプ場の近くには買い出しができるスーパーもあります。
ただし車で行く距離にある場合もあるので、事前に買い出しを済ませておくとスムーズでしょう。

また食材を用意してくれるキャンプ場もあるので、買い出しが面倒な場合は食事つきのキャンプ場を予約してください。
キャンプ場内の売店に食料や飲料を販売しているキャンプ場もありますが、種類も限られているので食べたいものがあるなら事前に用意していく方が安心です。

<下に続く>

御殿場&周辺で人気のキャンプ場16選!テント・コテージ・グランピングやペットOKの施設も

では、御殿場のキャンプ場をみていきましょう。
御殿場には、以下のキャンプ場があります。

  1. 乙女森林公園第1キャンプ場
  2. 乙女森林公園第2キャンプ場
  3. 田貫湖キャンプ場
  4. 朝霧高原オートキャンプ場
  5. 御殿場欅平ファミリーキャンプ場
  6. 西富士オートキャンプ場
  7. 表富士グリーンキャンプ場
  8. 大野路ファミリーキャンプ場
  9. 白糸オートキャンプ場
  10. 芦ノ湖キャンプ場
  11. やまぼうしオートキャンプ場
  12. カントリーベアーファミリーキャンプ場
  13. 御殿場まるびオートキャンプ場
  14. キャンピカ富士ぐりんぱ
  15. ながおねオートキャンプ場
  16. 富士すそ野ファミリーキャンプ場

続いて、御殿場のキャンプ場を、それぞれ詳しくみていきます。

乙女森林公園第1キャンプ場

乙女森林公園第1キャンプ場は金時山のふもとにあるキャンプ場です。
テントサイトのほか、ロッジや大小のバンガローもあるので、テントがない人でもキャンプを楽しめます。

バーベキュー棟や管理棟もあり、快適なキャンプが可能です。
周辺にはごてんば市温泉会館があるので、お風呂も快適に入れます。

なおお風呂からも富士山が大迫力で見えるので、富士山の景観を楽しみたいなら温泉にも入りましょう。
お食事も楽しめるので、バーベキューはやらないという場合も便利です。

料金はキャンプサイトなのか、ロッジ、バンガローかによっても変わります。
1例として、ロッジは5名収容で1泊13,370円、テントサイトは駐車場付きで1張2,050円となっています。

乙女森林公園第1キャンプ場
住所:〒412-0023 静岡県御殿場市深沢2190
電話番号:0550-82-2090
営業時間:24時間営業
定休日:なし
URL:http://gotemba-otome.jp/camp1/

乙女森林公園第2キャンプ場

乙女森林公園第2キャンプ場は乙女森林公園第1キャンプ場よりも山側に移動した場所にあります。
金時山の森の中にあるので、より山深い自然を味わうことができます。

オートキャンプサイトとコテージがあり、キャンプ初心者でも気軽にキャンプを楽しむことが可能です。
管理棟もあるので、何か必要になったときなども相談に乗ってくれます。

コインシャワーとトイレがありますが、お風呂に入りたい場合はキャンプ場外の温浴施設を利用してください。
料金はコテージの大きさなどによって変わりますが、例としてコテージ1棟1泊で16,450円、オートキャンプサイト1区画1泊で5,140円です。

乙女森林公園第2キャンプ場
住所:〒412-0023 静岡県御殿場市深沢2696−2
電話番号:0550-82-7870
営業時間:24時間営業
定休日:なし
URL:http://gotemba-otome.jp/camp2/

田貫湖キャンプ場

田貫湖キャンプ場は田貫湖の湖畔にあるキャンプ場です。
キャンプ場の北側がデイキャンプ場で、南側がテントを張るテントサイトになっています。

デイキャンプではサイトのほか、バーベキューの道具などもレンタルできます。
南側のサイトは芝生になっていて、好きなところにテントを張ることが可能です。

料金はデイキャンプかテントサイト利用かで変わってきますが1例として、南側テントサイトは1区画2,500となっています。
利用には予約が必要ですが、南側はネット予約もできるので便利です。

田貫湖キャンプ場
住所:〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭2929−10
電話番号:0544-27-5240
営業時間:24時間営業
定休日:なし
URL:https://tanukiko.com/

朝霧高原オートキャンプ場

朝霧高原オートキャンプ場は朝霧高原にあるキャンプ場です。
持ち込みのテントサイトのほか、トレーラーハウスやバンガロー、ミニトレーラーなどがあります。

設備はお風呂やコインランドリー、炊事場、自動販売機などがあり便利です。
広々としたキャンプ場には焚火サロンや木製のブランコもあり、キャンプ場の雰囲気を楽しめます。

料金は利用する宿泊場所によって異なりますが、1例としてテントサイト1区画は駐車場こみで4,860円です。
キャンプ場の利用には予約が必要で、電話で受け付けています。

予約開始は3月1日で、利用可能期間は3月23日~11月30日です。
冬季は使用できませんのでご注意ください。

朝霧高原オートキャンプ場
住所:〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭2071
電話番号:0544-52-0096
営業時間:24時間営業
定休日:冬季は使用不可
URL:http://www13.plala.or.jp/asagirikougen/

御殿場欅平ファミリーキャンプ場

御殿場欅平ファミリーキャンプ場は富士山にふもとにあるキャンプ場です。
全面芝生で好きな場所にテントを張ることができます。

炊事場やバーベキューの施設は屋根があるので、雨が降っていても使用可能です。
富士山のふもとを切り開いて作られたので、空が広くて解放感が抜群、星空も見えます。

使用料は1家族5,250円で、2泊目以降は1,000円引きです。
50家族分の収容が可能ですが、オンシーズンは込み合うので早めの予約がおすすめです。

御殿場欅平ファミリーキャンプ場
住所:〒412-0008 静岡県御殿場市印野696−1
電話番号:0550-88-3575
営業時間:24時間営業
定休日:要問合せ
URL:なし

西富士オートキャンプ場

西富士オートキャンプ場は富士山の西側のふもとにあるキャンプ場です。
周辺には田貫湖やまかいの牧場などがあります。

キャンプ場は約100家族の収容が可能です。
テントサイトのほか、バンガローもあります。

テントやタープの貸し出しもしているので、手ぶらでキャンプを楽しむことも可能です。
料金はテント1区画4,800円、バンガローは広さにもよりますが4人で10,800円となっています。

西富士オートキャンプ場
住所:〒418-0104 静岡県富士宮市内野1687
電話番号:0544-54-1947
営業時間:24時間営業
定休日:要問合せ
URL:http://www.nishifuji.com/

表富士グリーンキャンプ場

表富士グリーンキャンプ場(PICA表富士)は富士山の2合目、標高1,200メートルの場所にあるキャンプ場です。
富士山自然休養林に囲まれているため、豊かな自然に囲まれた場所でキャンプを楽しむことができます。

宿泊場所はテントサイトのほか、コテージなども用意されています。
特にアドバンスエリアは手付かずの自然の中キャンプを楽しむことができるのでおすすめです。

道具やテントも貸し出ししているので、手ぶらでキャンプを楽しむことができます。
また食材も頼めば用意してくれるので、バーベキューも手ぶらで楽しむことが可能です。

料金は宿泊する施設やシーズンによって異なりますが、フリーのテントサイトは1区画2,300~6,000円です。
コテージなどはまた料金が違うので、ホームページでチェックしてから予約してください。

なお、予約はインターネットでできるので、電話予約が面倒だと感じる方にもおすすめです。

表富士グリーンキャンプ場
住所:〒418-0011 静岡県富士宮市粟倉2745
電話番号:0544-58-6881
営業時間:24時間営業
定休日:冬季は営業していません
URL:https://www.pica-resort.jp/omotefuji/

大野路ファミリーキャンプ場

大野路ファミリーキャンプ場は裾野市にあるオートキャンプ場です。
広い芝生の敷地内には、自由に設営できるテントサイトのほか、ロッジやトレーラーハウスもあります。

富士山のふもとにあるので、富士山を一望でき、空も開けていて星空を見ることができます。
温浴宿泊施設がすぐ近くにあるので、大きなお風呂を楽しむことも可能です。

テントや道具などもレンタル可能なので、手ぶらでキャンプを楽しめます。
料金はテントサイトが5,000円、トレーラーハウスとロッジが10,000円です。

大野路ファミリーキャンプ場
住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山2934−3
電話番号:055-998-1616
営業時間:24時間営業
定休日:要問合せ
URL:http://oonoji.co.jp/camp-2/

白糸オートキャンプ場

白糸オートキャンプ場は富士山の西側にあるキャンプ場です。
他のキャンプ場に比べると規模が小さいので、こじんまりとした空間でキャンプを楽しめます。

周辺には田貫湖やまかいの牧場などがあります。
キャンプ場では、テントサイトのほかバンガローが利用可能です。

テントサイトは電源ありと電源なしのサイトがあり、それぞれ12区画、33区画が利用できます。
料金はテントサイトの電源ありが6,000円、電源なしが5,000円、バンガローが12,000円となっています。

白糸オートキャンプ場
住所:8HGF+Q5 富士宮市、静岡県
電話番号:0544-54-2554
営業時間:24時間営業
定休日:冬季は休業中
URL:http://www.sto.co.jp/member/autocamp/

芦ノ湖キャンプ場

芦ノ湖キャンプ場は芦ノ湖の湖畔にあるキャンプ場です。
テントサイトのほか、ケビン棟でのキャンプも楽しむことが可能です。

施設やバーベキュー場のほか、共同浴場やファイヤーリングなど色々な施設が提供されています。
バーベキューの食材も提供されているので、食材を用意することなくバーベキューも楽しめます。

料金はテントサイトやケビン棟、レンタル用品の利用いかんによって変わりますが、1番お手頃なテントサイトで2,000円ほどです。
本格的なバーベキューからレストランでの夕食まで、色々な形態でキャンプを楽しめるキャンプ場です。

芦ノ湖キャンプ場
住所:〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
電話番号:0460-84-8279
営業時間:24時間営業
定休日:要問合せ
URL:http://campmura.com/facility_campsite/

やまぼうしオートキャンプ場

やまぼうしオートキャンプ場は富士山の東側のふもとにあるキャンプ場です。
広い芝生のサイトに自由にテントを張って、キャンプを楽しむことができます。

設備や炊事場が2か所と、トイレ、シャワー、売店があります。
キャンプ用の電源はありますが、夜間の照明はありません。

料金はオートキャンプで1泊5,000円、バイクの場合は1泊2,000円です。
デイキャンプも受け付けていて、デイキャンプの場合は車で2,500円、バイクで1,000円となっています。

やまぼうしオートキャンプ場
住所:〒412-0048 静岡県御殿場市板妻630
電話番号:090-3588-2923
営業時間:24時間営業
定休日:要問合せ
URL:http://g-news.jp/yamaboushi/

カントリーベアーファミリーキャンプ場

カントリーベアーファミリーキャンプ場は富士山のすそのにあるキャンプ場です。
キャンプ場にはアスレチック遊具などがあるので、ファミリーでのキャンプに向いています。

宿泊場所はテントサイトのほか、バンガローもあります。
キャンプ場利用は4月から可能で、冬季は利用することができません。

料金はオートキャンプサイトで5,400円、ログキャビンで16,200円、バンガローが11,880円です。
予約は電話予約のみなので、受付の開いている8:00~16:00の間に電話する必要があります。

カントリーベアーファミリーキャンプ場
住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山字 大野2646
電話番号:055-998-2570
営業時間:24時間営業
定休日:冬季は休業
URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~cbfcg/framepage9.html

御殿場まるびオートキャンプ場

御殿場まるびオートキャンプ場は富士山のふもとにあるキャンプ場です。
芝生の1区画70平米という広々としたサイトに、テントを張ってキャンプを楽しむことができます。

温泉会館が歩いてすぐの場所にあるので、広くて快適なお風呂に入ることも可能です。
オートキャンプのほか、デイキャンプやバーベキューも楽しめます。

電源や道具などもレンタルできて、洗濯機は無料で使用可能です。
料金はオートキャンプで5,000円、デイキャンプで2,500円となっています。

御殿場まるびオートキャンプ場
住所:〒412-0008 静岡県御殿場市印野1379−1
電話番号:0550-88-5335
営業時間:24時間営業
定休日:要問合せ
URL:http://marubi.main.jp/index.html

キャンピカ富士ぐりんぱ

キャンピカ富士ぐりんぱは富士山のふもとにあるキャンプ場です。
周辺にはぐりんぱや富士急といった施設もあり、家族連れで存分に楽しめます。

宿泊場所はテントサイトのほかトレーラーコテージ、ロッジなど多彩です。
電源のありなしが選べたり、ドッグランが設置してあったりと、それぞれの楽しみ方ができます。

料金は宿泊場所やシーズンによって異なるので、ホームページで確認してから利用してください。
予約はネット予約が可能なので、電話であれこれ予約するのが面倒に感じる方にもおすすめです。

キャンピカ富士ぐりんぱ
住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山字藤原2427
電話番号:055-965-1331
営業時間:24時間営業
定休日:要問合せ
URL:https://www.pica-resort.jp/campica-fuji/

ながおねオートキャンプ場

ながおねオートキャンプ場は富士山の東側のふもとにあるキャンプ場です。
全面芝生のキャンプ場で、混雑時以外は好きな場所にテントを張ってキャンプを楽しむことができます。

日蔭になるような場所がないので、日差しをよけるのにタープなどが必要です。
富士山が目の前なので眺めがとてもよく、夜は満点の星空を堪能することができます。

料金は1泊5,250円円で、電源の使用料金は1,050円です。
キャンプ場内にある小さい池で魚のつかみ取りができます。

ながおねオートキャンプ場
住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山3406−2
電話番号:055-998-2888
営業時間:24時間営業
定休日:冬季は休業
URL:http://www.af08.com/camp-site/09-sizuoka/053-nagaone.html

富士すそ野ファミリーキャンプ場

富士すそ野ファミリーキャンプ場は裾野市にあるキャンプ場です。
広い敷地全面の芝生の上にテントを張って、キャンプを楽しむことができます。

宿泊場所はテントサイトのみで、キャビンやコテージなどはありません。
広々として眺めが良いので富士山が一望でき、夜には満点の星空を眺めることが可能です。

主な設備はトイレ、炊事場、洗濯機、水場、コインシャワーなどがあります。
料金は電源なしの区画で8,000円、電源ありだと9,000円です。

富士すそ野ファミリーキャンプ場
住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山字大野2653
電話番号:055-998-1514
営業時間:24時間営業
定休日:冬季は休業
URL:http://www.fsfc.jp/

<下に続く>

御殿場には個性豊かなキャンプ場がたくさんある!

キャンプ

御殿場は富士山が目の前にあるので、絶好のロケーションのもとキャンプを楽しむことができる場所です。
富士山山ろくの自然とともに、開放的な空や癒される雑木林などが堪能できます。

キャンプサイトの特徴もそれぞれ異なり、目的や用途に合った場所を選べます。
都心からもほど近い御殿場で、富士山を眺めながらのキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line