どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/04/24

埼玉の自然を感じられるスポット15選【公園/博物館/テーマパーク】

埼玉県には何にもない!
というのが若干ネタ化していて、ついには漫画や映画にもなっていますが、実は埼玉県には隠れた名所はいっぱいあります。

その1つが豊かな大自然です。
東京から近く、アクセスも良い場所にトレッキングやアクティビティに最適な観光スポットが満載です。

今度の休みは、少し遠出をして、埼玉県に遊びに行きましょう!

Large %e5%9f%bc%e7%8e%89

デートにもぴったり!自然が豊富な埼玉ってどんなところ?

埼玉 デート

埼玉県南部は東京のベットタウンとして、北部は近郊農業地として東京へ出荷する農作物の栽培をしています。
西部は丘陵地帯ですが、それ以外は関東平野の平坦な地域で、全国で最も川が多い県でもあります。

また歴史も古く、古墳時代の遺跡や平安時代の武士の屋敷、戦国武将の城跡など様々な史跡もあり、2024年に新1万円札になる「渋沢栄一」のゆかりの地でもあります。

埼玉県内には国立公園と国営公園、10の県立自然公園があり、自然を大切にしている県です。
埼玉の大自然は東京の隣の県とは思えないほど神秘的で、多くの観光客が訪れます。

大自然へ東京からも電車でも車でもアクセスできる事も、埼玉県の自然の中へ多くの観光客が訪れる理由の一つです。

<下に続く>

森林公園や氷柱!埼玉の自然を感じられるスポット10選!

埼玉 風景
自然あふれた埼玉県で、デートにもおすすめな観光スポットの紹介です。

  1. 三峯神社
  2. 国営武蔵丘陵森林公園
  3. 鳩峯公園
  4. 長瀞渓谷
  5. 巾着田
  6. 狭山湖
  7. 鎌北湖
  8. 尾ノ内渓谷
  9. 三十槌の氷柱
  10. あしがくぼの氷柱

三峯神社

埼玉県の奥秩父を中心に、東京都・山梨県・長野県に跨っている「秩父多摩甲斐国立公園」は、日本を代表する大自然の景観を国が保護管理している国立公園です。
三峯神社はその国立公園内にあります。

埼玉県で最も格式の高い神社の1つで、神話の時代からあります。
参道や後ろの山には大昔の大自然が多く残っていて、トレッキングコースにもなっています。

三峯神社
住所:埼玉県秩父市三峰298-1
電話番号:0494-55-0241
営業時間:24時間開放(駐車場は8:00~18:00)
定休日:年中無休
入場料や利用料:無料 (駐車場は普通・軽510円)
URL:http://www.mitsuminejinja.or.jp/index.htm

国営武蔵丘陵森林公園

日本初の国営公園です。
国立公園は日本の景勝地の中でも特に傑出している場所を、環境省が指定し、都道府県が自然のままに管理・保護している「自然公園」ですが、国営公園は国土が管理する「都市公園」です。

その広さは東京ドームの65倍もあり、日本最大のエアトランポリンやアスレチックコースの外、サイクリングロードや園内バスも運行し、自然の中で思いっきり体を動かせます。

国営武蔵丘陵森林公園
住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
電話番号:0493-57-2111
営業時間:
3月~10月 9:30~17:00
11月  9:30~16:30
12月~2月 9:30~16:00
定休日:年末年始 1月の第3・第4月曜日
入場料や利用料:
高校生以上450円 65歳以上210円 中学生以下無料
(無料入園日あり)
URL:https://www.shinrinkoen.jp/

鳩峯公園

鳩峯公園はスタジオジブリの代表作「となりのトトロ」の舞台となった埼玉県の森の1つです。
コナラやクヌギなどのドングリが成る木が生えていて、絵に描いたような自然の中を歩いていると不思議な出会いが訪れるような気分になります。

自然の森の中には「鳩峯八幡神社」があり、埼玉県指定有形文化財になっています。

鳩峯公園
住所:埼玉県所沢市久米2295-1
電話番号:04-2998-9192(所沢市街づくり計画部都市計画課)
営業時間:24時間開放(ライトアップなし)
定休日:年中無休
入場料や利用料:無料
URL:https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/jutaku/keikan/mijikanakekan/keikanshigen/ichiran/shiteiichiran/hatominekouenseseragihiroba.html

長瀞渓谷

埼玉県立長瀞玉淀自然公園内にある渓谷で、渓谷を形成する全長600mの石畳は、なんと1つの岩でできています。
川の流れで削られてできた岩肌からは、地球内部の「地殻」が見て取れるので「地球の窓」と言われ、この珍しい地形は国の天然記念物になっています。

渓谷ではライン下りが開催されていて、春は桜、夏は納涼、秋は紅葉の埼玉の自然を楽しみながら、スリル満点の川下りが体験できます。
冬には船上にコタツが用意されていて、防寒対策もバッチリです。

長瀞渓谷
住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞
電話番号:0494-66-3311(長瀞町観光協会)
営業時間:施設による
定休日:施設による
入場料や利用料:施設による
URL:https://www.nagatoro.gr.jp/

巾着田

巾着田は、川の流れが「ひ」の字のように蛇行している部分の内側にあり、巾着に似ている所から名づけられた地名です。
昭和50年代に大規模な草刈をしたところ、ヒガンバナが大量に咲くようになり、日本一のヒガンバナの自然名所として有名になりました。

ヒガンバナの季節は9月~10月ですが、春には桜、夏にはあじさいやハス、秋はコスモスも見られます。
自然も多く残っていて、カワセミやムササビなど埼玉の自然の生き物観察もできます。
巾着田
住所:埼玉県日高市巾着田
電話番号:042-982-0268(巾着田管理事務所)
営業時間:24時間開放
定休日:年中無休
入場料や利用料:無料
URL:http://www.kinchakuda.com/

狭山湖

狭山湖は正式名称を「山口貯水池」といい、近くの多摩湖(村山貯水池)と合わせて「村山・山口貯水池」という人造湖です。
湖の周辺には公園が整備されていて、埼玉の自然が多く残り、鳩峰公園でも紹介した「トトロの森」として指定されている自然の景観はこの周辺に集中しています。

狭山湖
住所:埼玉県所沢市勝楽寺
電話番号:なし
営業時間:24時間開放
定休日:年中無休
入場料や利用料:無料
URL:https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/meisho/murayama.html

鎌北湖

鎌北湖も人造湖ですが、周辺は美しい自然の景観が保たれていて、春は桜のピンク、夏は緑、秋は紅葉の赤と、装いを変える自然をお洒落な少女に見立てて「乙女の湖」とも呼ばれています。

春から秋の土日祝日は貸ボートも営業していて、湖の上の埼玉の大自然を満喫できます。

鎌北湖
住所:埼玉県入間郡毛呂山町大谷木字鎌北
電話番号:049-295-2112(毛呂山町役場産業振興課)
営業時間:24時間開放
定休日:年中無休
入場料や利用料:無料
URL:http://www.town.moroyama.saitama.jp/www/contents/1290728264829/

尾ノ内渓谷

夏は渓谷の水遊び、冬は氷柱と四季折々の埼玉の自然を楽しめる渓谷です。
特に氷柱は「埼玉三大氷柱」と呼ばれ、多くの観光客が訪れます。

一番の見どころは吊り橋からの風景で、滝の水が凍っている様子は大自然の神々しさも感じます。

尾ノ内渓谷
住所:小鹿野町河原沢996-1
電話番号:0494-79-1100(小鹿野町役場おもてなし課)
営業時間:24時間開放(ライトアップなし)
【百景氷柱開催期間】毎年1月上旬~2月下旬
8:00~16:00 土曜日に20時までライトアップ
定休日:年中無休
入場料や利用料:無料(百景氷柱開催期間中 中学生以上200円)
URL:https://www.pref.saitama.lg.jp/chokotabi-saitama/spot/sq999.html

三十槌の氷柱

埼玉三大氷柱の一つです。
岩から垂れる「石清水」が作る自然の氷柱で、水墨画のような自然風景が広がります。

この会場は、氷柱祭りのために個人所有の私有地を開放しているので、マナーを守って冬の埼玉の自然を楽しみましょう。

三十槌の氷柱
住所:
埼玉県秩父市大滝4066-2(ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場)
埼玉県秩父市大滝4011-1(槌打キャンプ場)
電話番号:0494-55-0707(秩父観光協会大滝支部)
営業時間:毎年1月上旬~2月下旬
【平 日】17:00~19:00 【土・休日】17:00~21:00
定休日:期間中無休
入場料や利用料:中学生以上200円
URL:https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1403/

あしがくぼの氷柱

埼玉県三大氷柱の一つで、最寄り駅の芦ヶ久保からはなんと徒歩10分の駅近大自然です。
電車で行ける氷柱祭りとして、規模も一番大きいものとなっています。

近くの道の駅でも地元産のイチゴや紅茶も販売していて、埼玉の幻想的な美しい冬の自然を目でも舌でも味わえます。

あしがくぼの氷柱
住所:埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保
電話番号:0494-25-0450(横瀬町ブコーさん観光案内所)
営業時間:毎年1月上旬〜2月下旬 9:00~16:00 
金~日・祝に20時までライトアップ
定休日:無休
入場料や利用料:中学生以上300円
URL:http://www.yokoze.org/shisetsu/hyoutyuu/

<下に続く>

博物館やテーマパーク!埼玉の自然を感じられるスポット5選!

博物館

大自然がいっぱいの埼玉県ですが、広大な自然の中を散策するだけが、埼玉の自然の楽しみ方だけではありません。

自然の中でアトラクションを楽しんだり、博物館などの屋内施設で、雨の日にも自然を堪能できます。

  1. 埼玉県立自然の博物館
  2. 埼玉県立川の博物館
  3. 埼玉県環境科学国際センター
  4. 東武動物公園
  5. ムーミンバレーパーク

埼玉県立自然の博物館

長瀞渓谷の近くにある埼玉県唯一の自然史博物館で、化石・鉱物・植物などの「自然物」を展示しています。
館内には埼玉の自然を再現している原寸大のジオラマが見どころで、屋内にいながら自然散策ができます。

埼玉県立自然の博物館
住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話番号:0494-66-0404
営業時間:
9:00~16:30 (入館は16:00まで)
7月・8月 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
定休日:
月曜日(祝日・7月、8月・GW県民の日は開館)
12月29日~1月3日
9月2日~9月9日(館内消毒)
1月14日~2月10日(展示改修)
入場料や利用料:一般 200円、高校生・大学生 100円、中学生以下 無料
URL:http://www.shizen.spec.ed.jp/

埼玉県立川の博物館

「川と水と人々のくらし」をテーマにした、埼玉の河川系の自然博物館です。
水の力を利用したアスレチックや、荒川の源流から東京湾までの流れと自然の地形を1000分の1で再現した巨大な模型や、日本一大きな「大水車」などがあります。

屋内では、大画面に合わせて座席が動く疑似川下りシアターや、川沿いの自然を再現した展示など、雨の日でもゆっくりと自然散策ができます。

埼玉県立川の博物館
住所:埼玉県大里郡寄居町小園39
電話番号:048-581-7333
営業時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
【夏休み期間】
【平日】9:00~17:30(入館は17:00まで)
【土日祝日・8月11日~8月15日】9:00~18:00(入館は17:30まで)
定休日:
月曜日(祝日・振替休日・県民の日・7月・8月は開館)
年末年始(12月29日~1月3日)
入場料や利用料:一般 410円、高校生・大学生 200円、中学生以下 無料
わくわくランドとアドベンチャーシアターは別料金
URL:https://www.river-museum.jp/

埼玉県環境科学国際センター

環境学習施設と環境研究所が一体となっている施設で、埼玉県の自然だけでなく地球の自然について「見て」「触って」体験学習ができます。

屋外には「生態園」という、埼玉の野生生物が暮らしやすい自然環境を整えている空間(ビオトープ)があります。
生態園を自然散策することもできますが、展示館の2階の展望室から見下ろす事もできます。

研究室は普段は公開されていませんが、県民の日(11月14日)だけ公開されるので、自然環境研究に興味のある人は要チェックです。

埼玉県環境科学国際センター
住所:埼玉県加須市上種足914
電話番号:0480-73-8363
営業時間: 9:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日:
月曜日(休日、県民の日は開館)
開館した月曜日の翌日(県民の日の翌日は開館)
年末年始(12月29日~1月3日)
入場料や利用料:展示館のみ有料
一般 300円、高校生・大学生 200円、中学生以下 無料
URL:https://www.pref.saitama.lg.jp/cess/index.html

東武動物公園

動物園と遊園地が合体した、埼玉県の誇るハイブリッド・レジャーランドです。
自然の景観を生かした園内にはには珍しいホワイトタイガーや、世界初1年中蛍が楽しめるホタリウム、ふれあい動物園や、わんこ・にゃんこハウスもあってデートでもゆっくり回れます。

遊園地も観覧車や迷路など、雨の日でもカップルで遊べるアトラクションが多数あります。

東武動物公園
住所:埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
電話番号:0480-93-1200
営業時間:時期による
定休日:6月の水曜日、1月の火・水曜日、2月火・水・木曜日
入場料や利用料:中学生以上 1700円、3歳以上 700円、60歳以上 1000円
URL:http://www.tobuzoo.com/

ムーミンバレーパーク

2016年3月16日にオープンしたばかりの自然を生かした新しいテーマパークです。
元々「メッツァ」という、埼玉県飯能市の北欧に似た自然の景観を生かした北欧系の商業施設があり、北欧雑貨や北欧料理のレストランが並んでいました。

そこに新しく加わったのが、北欧の代表的児童文学作品「ムーミン」のテーマパークです。
本拠地であるフィンランドから初の海外進出を果たしました。

埼玉県の自然の景観でムーミン谷の世界を再現し、ファンにはたまらない空間です。

ムーミンバレーパーク
住所:埼玉県飯能市宮沢327‐6
電話番号:0570-001-630
営業時間: 10:00~20:00(入館は19:00まで)
定休日:年中無休
入場料や利用料:中学生以上 1500円、4歳以上1000円
(別途有料アトラクションあり)
URL:https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/

<下に続く>

埼玉で大自然を感じよう

パナマの自然
埼玉県は都心近くにありながら、昔のままの自然が残っている貴重な場所です。
都心に近いゆえに、電車や道路が整備されているのも魅力の一つです。

週末にサクッと自然を満喫しに、埼玉へ行きませんか?

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line