どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/06/25

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット13選!【スポットごとの見頃紹介!】

あじさいは、気分までどんよりしがちな梅雨の時期を盛り上げてくれる素敵なお花。
鎌倉には、そんなあじさいが綺麗に咲き誇るスポットが数多く存在します。

今回は、鎌倉で人気のあじさいおすすめスポットを13か所紹介していきます。
各スポットごとの見頃も載っていますので、あじさい観光の参考にしてください。

Large photo 1520690214124 2405c5217036

鎌倉のあじさいは5月下旬~7月上旬が見頃!

鎌倉のあじさいの見頃は、ほとんどの場合6月中旬頃であることが多いです。
しかし、咲く場所や品種によっても見頃は大きく変わってきますので注意してください

ヤマアジサイなど早いものでは5月下旬~見頃を迎えます。
また、遅いものではアナベルなどが挙げられ、一般的な手まり状のあじさいが見頃を過ぎた6月下旬頃~が見頃となります。

見頃のあじさいを事前に分かっておくと、訪れる場所などを決定しやすく便利です。

<下に続く>

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット13選!【スポットごとの見頃紹介!】

では、鎌倉で人気のあじさいおすすめスポットをみていきましょう。
鎌倉の人気あじさいスポットには、以下の13か所があります。

  1. 明月院
  2. 長谷寺
  3. 御霊神社
  4. 光則寺
  5. 東慶寺
  6. 稲村ケ崎公園
  7. 成就院
  8. 建長寺
  9. 極楽寺
  10. 浄智寺
  11. 浄妙寺
  12. 亀ヶ谷坂
  13. 安国論寺

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット①:明月院

明月院は、あじさい寺と呼ばれるほど鎌倉のあじさいスポットの定番。
あじさいはヒメアジサイという品種で、日本古来のものです。

なんと約2500株ものあじさいが境内の参道に咲き誇ります。
あじさいは、その土地の土の環境によって色が変わると言われていますが、明月院のあじさいは淡くきれいな青。

参道一面を埋め尽くす青い絶景から、「明月院ブルー」と名がついています。
そんな明月院のあじさいの見頃は5月下旬~6月下旬までです。

明月院

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット②:長谷寺

長谷寺は花の寺と呼ばれ、年間を通してさまざまな花が見頃を迎えることで有名。
梅雨の時期にはもちろんきれいなあじさいが見頃となり、咲き誇ります。

長谷寺にはあじさい路と呼ばれる眺望散策路があり、約130段の階段を歩きながら約2500株もの見頃のあじさいを眺めることができます。
そこに咲くあじさいは40種類以上の品種で色も青・紫・ピンクなどさまざま。

あじさい路以外にも見ていただきたいのが、鎌倉建長寺で命名された新種のあじさい「長谷の祈り」です。
鉢に入って、名前の札が立ててあるのですぐに見つけることができますよ。

珍しい品種なので訪れた際はぜひご覧ください。
長谷寺の見頃は6月上旬~6月下旬です。

長谷寺
  • 住所
  • アクセス
    JR 横須賀線鎌倉駅下車 →バス長谷観音下車徒歩5分
    または →江ノ電長谷駅下車徒歩5分
    小田急線藤沢駅下車 →江ノ電長谷駅より徒歩5分
  • 電話番号
  • 営業時間
    8:00~17:00(3月~9月)
    8:00~16:30(10月~2月)
  • 公式サイト

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット③:御霊神社

鎌倉市内には御霊神社が2つ存在しますが、あじさいスポットとしておすすめしたいのが江ノ電沿線にある別名権五郎神社。
境内の中でも、本殿の横から後ろをぐるっと取り囲むように見頃のあじさいが美しく咲きます。

また、見頃のあじさいに囲まれながら走っている江ノ電の姿を見られるスポットとしても有名で、見頃のシーズンには多くの人で賑わいます。
鳥居をくぐったすぐ先に踏み切りと線路があるので、電車が来るタイミングに遭遇した時は必見です。

そんな鎌倉御霊神社のあじさいの見頃は6月上旬~中旬頃です。

御霊神社

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット④:光則寺

鎌倉市の江ノ電長谷駅から徒歩8分の場所にあるお寺。
こちらは、通常思い浮かべる手まり状のあじさいとは別に、花が小ぶりで葉が尖った「ヤマアジサイ」が多く咲くことで有名。

その他にも、「エゾアジサイ」・「ガクアジサイ」が合計約200種類鉢で並べられます。
鉢に植えられたあじさいたちは、早くて5月中旬~からが見頃

その他ほとんどは5月下旬~6月上旬に見頃を迎えます。
また、本堂の周りに咲く手まり状のあじさいの見頃は6月中旬頃です。

光則寺

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑤:東慶寺

北鎌倉駅から徒歩3分の場所にある東慶寺は、その昔女人救済をする駆け込み寺(縁切り寺)でした。
現在は、春には梅、梅雨にはあじさいが見頃を迎え咲き誇る、北鎌倉の花の寺として知られています。

山門・参道・本堂周辺の至る所で見頃の綺麗なあじさいを見ることができます。
見頃は6月初旬~中旬にかけて。

見頃シーズンの終盤には、白いアジサイ「アナベル」が綺麗に咲きます。
青や紫とはまた違った印象の白いあじさいも必見です。

東慶寺

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑥:稲村ケ崎公園

鎌倉であじさいといえばお寺や神社のイメージが強いですが、ちょっと違った景色を見たい方にはこちらがおすすめ。
どこまでも広がる海をバックに、見頃のあじさいを眺めることができます。

角度によっては湘南のシンボルである江の島と見頃のあじさいを一緒に写真に収めることも可能です。
見頃は6月上旬~6月中旬頃です。

稲村ケ崎公園

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑦:成就院

鎌倉市、江ノ電極楽寺駅から徒歩5分の場所にある寺院です。
こちらは、参道から見えるたくさんの見頃のあじさいと海の景色が有名なスポットでしたが、2015年~17年の間に改修工事が執り行われました。

その際、多くのあじさいは震災復興の一環で宮城県南三陸町に送られ、現在残っているあじさいは100株ほどになってしまいました。
その代わり、以前あじさいが咲いていた場所には同じく宮城県から送られたハギが植えられています。

今後は、海と見頃のあじさいとハギを眺められるスポットとして生まれ変わります。
そんな鎌倉成就院のあじさいの見頃は6月中旬頃です。

成就院

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑧:建長寺

日本最古の禅宗寺院として知られる建長寺も、あじさいが綺麗に咲くことで有名です。
境内はいろい敷地を有していますが、その至る所で見頃のあじさいを眺めることができます。

近くにはあじさい寺として有名な明月院があるため、見頃のシーズンでもそこまで混雑しないのが特徴。
一か所に咲くあじさいの数は明月院には勝てませんが、ゆっくり広い境内を回りながら見頃のあじさいを眺めたい方にはおすすめのスポットです。

建長寺のあじさいの見頃は6月初旬~6月下旬頃です。
見頃の時期にはあじさい祭りも開催されるので、是非チェックしてください。

建長寺
  • 住所
  • アクセス
    JR横須賀線北鎌倉駅よりバス5分江ノ電バス「鎌倉駅」行き「建長寺」下車)または徒歩約15分
    JR横須賀線鎌倉駅よりバス10分(江ノ電バス 各種「大船方面」行き「建長寺」下車) または徒歩約30分
  • 電話番号
  • 営業時間
    8:30~16:30
  • 公式サイト

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑨:極楽寺

鎌倉市、江ノ電極楽寺駅から徒歩2分のお寺。
極楽寺には約10種類のあじさいが見頃の時期に花を咲かせます

その中でもこちらで見ていただきたいのが「ジュウニヒトエ」という品種。
花や花びらが重なり合って咲く様子から、着物の十二単にたとえられて名付けられた名前です。

極楽寺の見頃は少し遅めで、6月中旬~7月上旬が例年の見頃です。

極楽寺

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑩:報国寺

竹の庭として、国内だけでなく外国人観光客にも有名な報国寺。
こちらも毎年6月中旬頃からあじさいの見頃を迎えます。

辺り一面のあじさいを楽しむのとはまた違い、竹が生い茂る幻想的な空間に咲く見頃のあじさいもまた見ものです。
竹庭の奥にはお抹茶がいただける「休耕庵」があり、竹林と見頃のあじさいのコンビネーションをお抹茶とお茶菓子一緒にゆっくり味わえます。

報国寺

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑪:浄妙寺

浄妙寺は、境内の裏山にある「石窯ガーデンテラス」の前が最大の見どころ。
小道に沿って見頃の白い「アナベル」が咲き誇ります。

小道の途中にはベンチも置かれていて、あじさいに囲まれながら一息つくことができます。
さらに、山あじさい小径と呼ばれる散策では、色とりどりの見頃のヤマアジサイを楽しむことが可能。

ヤマアジサイの見頃は5月下旬頃~、そのほかあじさいの見頃は6月中旬頃~です。

浄妙寺

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑫:亀ヶ谷坂

その昔、山を切り開いてつくられた道のうちの一つ亀ヶ谷切通しにある坂です。
「鎌倉七口」と呼ばれ、物資運搬などで重要な役割を果たしてきたこの古道にも見頃の時期には綺麗なあじさいが咲きます。

あじさいは急な坂に沿って咲きますが、車両は入ってこられない道のためゆっくりと散策が可能。
また、地面も舗装されているので比較的歩きやすいです。

あじさいの咲く場所は斜面になっているので、奥行きを感じられて存分に見頃のあじさいを楽しめます。
見頃は6月初旬~下旬頃までです。

亀ヶ谷坂

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポット⑬:安国論寺

梅・桜・あじさい・紅葉と、年間を通して見頃の季節の植物を楽しめるお寺
門の前から、参道、本堂に至るまで、たくさんの場所にあじさいが植えられています。

静かで落ち着いた雰囲気のお寺のためか、あじさい寺などと比べるとそこまでの混雑はありません。
しかし至る所に咲く見頃のあじさいは見ごたえたっぷり。

鎌倉のあじさいスポットの隠れた名所といってもよいでしょう。
見頃は6月中旬~下旬頃です。

安国論寺
<下に続く>

鎌倉のあじさい見頃シーズンの混雑状況

あじさいが見頃になる梅雨の時期の鎌倉は、通常より多くの人で賑わいます
特に全国的にも有名な「明月院」・「長谷寺」は大混雑が予想されます。

明月院は、見頃のピーク時の土日には最寄りの北鎌倉駅を出る改札から行列ができてしまうほど。
長谷寺は、混雑緩和のためあじさい路のみ入場が規制されることがあります。

その際は整理券が配られて、順番に入場ができる形式がとられます。
見頃の時期の特に土日には高確率で規制が入りますので、確実にあじさい路に訪れたい方は朝早くから整理券を手に入れておきましょう。

なお整理券を持っていれば当日中なら、再入場が可能です。
その他のスポットも見頃の時期以外と比べると混雑していることが大きく予想されます

ある程度混雑や行列を予想して予定を立てるのが一番ですが、どうしても空いている時を狙って訪れたいという方は平日の参拝時間開始直後の訪問がおすすめです。
寺院や神社でない稲村ケ崎公園や亀ヶ谷坂においても、朝早くの訪問が空いていると言えるでしょう。

ただ、亀ヶ谷坂は住宅街の近くですので、早朝の訪問は特に騒いでしまわないように注意してください

<下に続く>

あじさいの名所鎌倉で見頃の花を楽しんで

鎌倉で人気のあじさいおすすめスポットを紹介してきました。
同じあじさいと言っても、品種や周りの風景で大きく印象が変わります

車での訪問は移動が楽な反面、駐車場が少なかったり、駐車料金が高かったりとデメリットもあります。
バスや江ノ電、JR横須賀線を駆使すれば日帰りでもたくさんの場所を回ることができるのおすすめです。

今回ご紹介したスポットを参考に、気になる場所をピックアップして見頃のあじさいスポット巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line