どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/08/04

長崎市で人気のおすすめ観光スポット25選!オランダ通りやグルメも

長崎市の観光といえば、ペリー来航や軍艦島など様々なイメージを持った方が多いはず。
港町ならではの、長崎市でお楽しみいただける、人気の観光スポットを一挙ご紹介いたします!

Large 5  13

長崎観光の魅力とは

長崎市観光

長崎市の観光と聞いて、出島や、長崎港、軍艦島など様々なイメージがあるはず。
観光スポットも観光グルメも盛りだくさんの長崎市は、コンパクトな街なので車がなくても路面電車、バス、船で観光を堪能していただけるのも嬉しい特徴です。

四季折々の表情を見せる長崎市の街は一度観光したら、また観光したくなる情緒あふれる観光スポットが満載です。
美しい海と山などの長崎市ならではの観光地も多く、日本三大夜景とを見られると観光客から人気を集めているのも、その地形が理由の一つです。

長崎市の観光地を見ていきましょう。

<下に続く>

長崎市内で人気のおすすめ観光スポット20選

長崎市観光スポット20選

では、長崎の観光スポットをみていきましょう。
長崎の観光には、以下のスポットがあります。

  1. ハウステンボス
  2. 稲佐山 山頂展望台
  3. グラバー園
  4. 出島
  5. 大浦天主堂
  6. オランダ坂
  7. 九十九島パールシーリゾート
  8. 出島ワーフ
  9. 平和公園
  10. 長崎原爆資料館
  11. 長崎新地中華街
  12. 長崎孔子廟 中国歴代博物館
  13. 黒崎教会
  14. 長崎ペンギン水族館
  15. 風頭公園
  16. 伊王島海水浴場 コスタ・デル・ソル
  17. 長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館
  18. 眼鏡橋
  19. 長崎県美術館
  20. 祈りの丘絵本美術館

続いて、それぞれの「観光スポット」について詳しくみていきます。

ハウステンボス

長崎市内から車、もしくは直行バスで1時間30分ほどの場所にある観光地が、「ハウステンボス」。
「長崎観光といえばここ!」と思い浮かべる方も多いはずです。

「ハウステンボス」(Huis Ten Bosch)は、オランダ語で「森の家」という意味で、パーク内はオランダの街並みが再現されています。
園内には、アトラクションや季節ごとのイベントがあり、長崎らしいお土産も購入できまるおすすめ観光地ですよ。

家族・友達・恋人、誰と訪れても楽しい1日遊べるテーマパークですよ。

ハウステンボス

稲佐山 山頂展望台

長崎市内にある「稲佐山 山頂展望台」からの眺めは、世界新三大夜景に認定された日本が誇る絶景です。
観光には絶対に外せません。

“鶴の港”と称される長崎市内の長崎港を中心に、山々が囲む美しい夜景が広がります。
山頂展望台へはロープウェイで移動します。

観光へ訪れた方を満足させること間違いなしの、長崎市おすすめ観光ポイントです。

稲佐山 山頂展望台

グラバー園

長崎市内の定番観光地の一つが、「グラバー園」。
16世紀に長崎市にやってきた偉人たちの一人、トーマス・ブレーク・グラバー氏の3つの国指定重要文化財の住宅や、長崎市内の貴重な洋風建築を見学することができます。

長崎市外国人居留地であったグラバー園。
江戸時代の鎖国期に賑やかな国際貿易港へと発展した長崎市の情景を彷彿とさせる、美しい洋式建築の数々は観光で訪れた方々を魅了しています。

まるで映画のセットの中に入り込んだかのような、わくわくする観光地ですよ。

グラバー園

出島

長崎市を訪れる上で、欠かせない観光地が”出島”。
長崎市内観光をされる際は是非訪れて欲しい、国指定史跡として2016年10月に建物6棟が復元され、観光客などへの一般公開が始まっています。

鎖国時代の約200年間、日本で唯一西洋との貿易窓口であった出島が復元されて、観光地になっているなんて、感激ものですよ。
明治から幕末そして江戸へとタイムスリップしたかのような、長崎市の楽しい観光スポットです。

出島

大浦天主堂

現存するものでは国内最古の、中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の教会「大浦天主堂」は、聖堂内の美しいステンドグラスが印象的です。
1864年末に竣工し100年以上の歴史があり、1933年に国宝となりました。

2018年にユネスコの世界文化遺産に登録された”長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産”の貴重な資産のひとつとして、観光客に人気の長崎市内の観光スポットです。

大浦天主堂

オランダ坂

次にご紹介する観光地は「オランダ坂」。
長崎市の東山手に位置しており、東山手洋風住宅群など、異国情緒感じる雰囲気のあるエリアです。

開国後に長崎市民が「オランダさんが通る坂」という意味で、このエリアの坂をオランダ坂と呼んでいました。
まるでタイムスリップしたかのような観光が楽しめ、美しい街並みは観光客を魅了しています。

オランダ坂

九十九島パールシーリゾート

長崎市内から電車で約2時間ほどの場所にあるのが「九十九島パールシーリゾート」。
遊覧船や水族館、海を見渡せる公園など長崎の自然を楽しむことができる、おすすめの観光スポットです。

お子様連れ観光しても、飽きることなく楽しめる観光地ですよ。

九十九島パールシーリゾート

出島ワーフ

長崎市内の港でひと際目を引く観光地が、「出島ワーフ」です。
長崎港が目の前に広がる商業施設で、アウトドアショップ・美容室・アパレル・飲食店が入っているので、観光の休憩にお茶やお食事を楽しむのもおすすめです。

夜は建物がライトアップされるので、景色も綺麗で観光の合間にお散歩してもいいですね。

出島ワーフ

平和公園

長崎市を訪れたら、一度は足を運んでいただきたい観光地が「平和公園」です。
平和祈念像は、の彫刻家・北村西望氏の作品で、「右手は原爆を示し、左手は平和を、顔は戦争犠牲者の冥福を祈る」との作者の思いが込められています。

平成31年1月から平和祈念像の塗り直しの修復作業を行い、同年3月末に完了し、今までとはまた一味違った表情となりました。
長崎市内を訪れた方は、是非平和を願う空間を訪れてくださいね。

平和公園

長崎原爆資料館

「長崎原爆資料館」では、1945年8月9日長崎市への原子爆弾投下に関する資料を取り扱った長崎市立の資料館。
「原爆による被害の実相」や「核兵器のない世界を目指して」などのテーマ別に、資料・写真・解説などが展示されています。

空からの光が館内に降り注ぐ美しい建築も話題になっています。
日本全国からだけではく、世界各国より観光客が訪れる資料館です。

長崎原爆資料館

長崎新地中華街

長崎市観光の食べ歩きにぴったりなのが、「長崎新地中華街」。
横浜中華街・南京町中華街と並び、日本三大中華街と呼ばれています。

毎年2月には、長崎ランタンフェスティバルが開催されるのも有名で、多くの観光客で賑わっていますよ。
長崎で本格中華を味わえる、注目の観光スポットです。

長崎新地中華街

長崎孔子廟 中国歴代博物館

「長崎孔子廟(ながさきこうしびょう) 中国歴代博物館」は、1893年(明治26年)、清国政府と在日華僑が協力して建立した貴重な建物。
長崎市にあるこの建物が日本で唯一の本格的中国様式で、中国から取り寄せられた、賢人石像が伝統美を彩っています。

2階には北京から提供された宮廷文化財、3階には中国の歴史博物館提供の出土文化財を展示しています。
長崎市で中国の歴史や文化に触れることができる、人気の観光地です。

長崎孔子廟 中国歴代博物館

黒崎教会

次にご紹介する長崎観光のスポット、黒崎協会は、1920年に完成したカトリック教会。
隠れキリシタンの里として知られている、黒崎教会は、遠藤周作氏の小説『沈黙』の舞台にもなったことで有名です。

赤レンガ造りが印象的な、美しい外観は観光スポットとしても人気で、多くの観光客が訪れています。
聖堂内の美しいステンドグラスも魅力の一つですよ。

長崎市観光を訪れた際には、是非訪れてみてくださいね。

黒崎教会

長崎ペンギン水族館

「長崎ペンギン水族館」は、その名の通り長崎市内でペンギンと触れ合える水族館。
お子様連れの家族で訪れるのに、オススメの長崎市内の観光地です。

9種類ものペンギンがいることや、ペンギンパレード発祥地、そしてペンギンの繁殖にも力を入れているのが特徴で、連日多くの観光客で賑わっています。
かわいいペンギンに会えば、癒されること間違いなしですね。

長崎ペンギン水族館

風頭公園

坂本龍馬之像があることでも有名な「風頭(かざがしら)公園」は、坂本龍馬ファン必見の長崎市の観光スポットです。
長崎の港を見下ろす風頭山に位置しており、春は桜、初夏にはあじさいが咲き誇ることでも有名です。

毎年季節ごとに多くの観光客が訪れており、夜には長崎市の美しい夜景が楽しむことができますよ。

伊王島海水浴場 コスタ・デル・ソル

続いての観光地は、夏の限定開催「伊王島海水浴場 コスタ・デル・ソル」。
長崎市伊王島にある大人気の観光スポットです。

長崎市の自慢である美しい伊王島の海に、広がる海上アスレチックは大人も子供も楽しめ、夏の思い出になること間違いなしですね。

伊王島海水浴場 コスタ・デル・ソル

長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館

「長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館」は、幕末の長崎に明治25年開設しました。
長崎市内に存在する石造りの最大級の洋館です。

幕末から長期にわたり長崎市の外国銀行として、長崎市を活気付けてきました。
2014年4月に「長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム」を併設し、リニューアルオープンして以来、長崎市の観光スポットととして多くの観光客が訪れていますよ。

長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館

眼鏡橋

次にご紹介する観光地「眼鏡橋(めがねばし)」は、江戸時代につくられた、長崎市の中島川に架かる石造のアーチ橋です。
1960年、国の重要文化財にも指定された、長崎市の観光地となっています。

水面に映し出された姿が、まるでメガネのように見えることからこの名前で親しまれるようになりました。
また、眼鏡橋の近くの護岸に埋め込まれた岩の中には、ハート型の石が存在することから長崎市のパワースポットとしても、多くの観光客で賑わいます。

レトロな雰囲気が漂う、オススメ観光スポットですよ。

眼鏡橋

長崎県美術館

長崎市内の観光地の中でも、ひと際目を引く美しい建築物が「長崎県美術館」。
美しさのあまり思わず「何の建物だろう?」と、立ち寄ってしまうような外観です。

長崎市の中心部、そして長崎港に面する場所に位置しており、連日多くの観光客で賑わっています。
季節ごとに変わる展示と、一階にはミュージアムショップもあり大満足の美術館。

長崎市を訪れた際には是非、訪れてほしい観光スポットですよ。

長崎県美術館

祈りの丘絵本美術館

最後にご紹介する観光地「祈りの丘絵本美術館」は美しい西洋建築が立ち並ぶ、長崎市南山手のグラバー通りに位置しています。
前庭を備えた煉瓦造の建物を一歩中へ入ると、1階はこどもの本専門書店・ミュージアムショップ、2・3階が美術館展示室となっています。

絵本好きなら一度は訪れたい、長崎市内の観光スポットです。

祈りの丘 絵本美術館
<下に続く>

長崎市内で人気のおすすめ観光の島2選

長崎の島観光

では、長崎の観光スポットをみていきましょう。
長崎の観光には、以下のスポットがあります。

  1. 端島(軍艦島)
  2. 伊王島

続いて、それぞれの「観光スポット」について詳しくみていきます。

端島(軍艦島)

「軍艦島」の名前ですっかり親しまれている、長崎市の大人気観光スポット「端島」。
長崎港から船で18.5kmの距離に浮かぶ、小さな海底炭坑の島は映画の撮影地としても有名ですよね。

2015年7月に世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 ~製鉄・製鋼、造船、石炭産業~」として正式登録されたことでも話題を呼びました。
長崎市を訪れた際には絶対に訪れてほしい、おすすめの観光スポットです。

伊王島

2011年3月に長崎市本土と伊王島地区を橋で結ぶ伊王島大橋が開通したことから、フェリーだけではなく、車など陸移動でも訪れることができるようになりました。
伊王島の観光の魅力は何といっても、美しい海と大自然。

長崎市を代表するリゾート地でもあることから、夏休みなどは多くの観光が訪れる人気観光地にもなっています。

<下に続く>

長崎市内で人気のおすすめ観光グルメ3選

長崎カステラ

では、長崎の観光グルメスポットをみていきましょう。
長崎の観光グルメには、以下のスポットがあります。

  1. 四海樓「ちゃんぽん」
  2. 福砂屋「カステラ」
  3. プリムローズ「トルコライス」

続いて、それぞれの「観光グルメスポット」について詳しくみていきます。

四海樓「ちゃんぽん」

長崎といえばやはり「長崎ちゃんぽん」!
四海樓では、元祖長崎ちゃんぽんを、美しい長崎港の眺めとともに堪能できます。

観光客に大人気なので、週末や祝日は行列覚悟ですよ。
観光の醍醐味でもあるご当地グルメを是非、四海樓でお楽しみください。

絶対に裏切らない長崎を味をご堪能ください。

四海樓

福砂屋「カステラ」

長崎市を訪れたらお土産に買いたいのが、福砂屋の「カステラ」です。
ふわふわのカステラはコーヒー・紅茶にも日本茶にも合う、まさに絶品。

観光のお土産に買っても喜ばれること間違いなし。
長崎市民のソールフードとして、ふつくより老若男女から愛されていますよ。

福砂屋

プリムローズ「トルコライス」

あまり知られていませんが、長崎市のソールフードとして親しまれているのが「トルコライス」です。
「トルコライスって一体なに?」と思う方もい多いかもしれませんが、ライス・スパゲティ・カツがワンプレートに入れた欲張りメニューのことです。

”大人のお子様ランチ”の名前でも親しまれています。
長崎らしいグルメを是非、観光された際には味わってみてくださいね。

ボリューム満点のプレートは、観光客にも好評ですよ。

プリムローズ
<下に続く>

長崎市で人気のおすすめ観光スポット25選!オランダ通りやグルメものまとめ

長崎観光のまとめ

長崎市の観光スポットをたっぷりとご紹介いたしました。
ヨーロッパや中国へ唯一開港されていた長崎市の長崎港の歴史などから、今でも異国情緒あふれる観光スポットが満載です。

美しい海の眺めや夜景など、長崎市の土地を活かした観光を楽しめるのも、長崎市観光の大きな魅力です。
長崎市を観光される際は、是非ご参考にされてくださいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line