どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/09/10

福島で人気のおすすめ観光地&名所20選!

全国で3番目に面積が広い福島県。
太平洋に面した雄大な海を眺める浜通り、農産物がいっぱいの中通り、歴史ある名所が点在する会津地方の3エリアに分かれています。

今回は、福島で人気のおすすめ観光地を20件厳選しました。
気候、風土、文化も違う魅力で感動を与える、見どころいっぱいの福島観光地を紹介していきましょう。

Large %e7%a6%8f%e5%b3%b6

福島で人気のおすすめ観光地20選!

福島は雄大な自然とおいしいグルメが自慢の観光地で、特色ある3エリアにはそれぞれ魅力的な観光スポットがたくさんあります。
海に面した見事な眺望が広がる浜通り、豊かな自然と温泉地がある中通り、武家の精神が伝わる会津地方と福島観光の見どころが満載です。

では、福島の観光地をみていきましょう。
福島には、以下の観光地があります。

  1. 若松城(鶴ヶ城)
  2. スパリゾートハワイアンズ
  3. 大内宿
  4. 五色沼
  5. アクアマリンふくしま
  6. 野口英世記念館
  7. 猪苗代湖遊覧
  8. 会津さざえ堂
  9. あぶくま洞
  10. 塔のへつり
  11. 三春滝桜
  12. 飯坂温泉
  13. 二本松城
  14. 白水阿弥陀堂
  15. 郡山カルチャーパーク
  16. 白河小峰城
  17. 伊佐須美神社
  18. 喜多方ラーメン館
  19. SLばんえつ物語
  20. 東山温泉

続いて、福島の観光地をそれぞれ詳しくみていきます。

\福島観光でおすすめのスポットマップ/

福島の観光地①:若松城(鶴ヶ城)【奥州支配の要となった福島の名城】

若松城は、奥州支配の要の城となり鶴ヶ城とも呼ばれる福島の観光地。
豊臣秀吉の命で黒川城に入った蒲生氏郷が7重の天守を築き若松城と改名し、戊辰戦争では籠城戦を経験しました。

福島初の天守、寒さに強い赤瓦、2つの時代の石垣が観光スポットで、福島でドラマチックな幕末を過ごした歴史を観光客に紹介しています。
会津地方の基盤となり日本100名城に数えられる福島の観光地です。

\鶴ヶ城への行き方/

鶴ヶ城

福島の観光地②:スパリゾートハワイアンズ【いつでも楽しく遊べる常夏の楽園】

スパリゾートハワイアンズは、6つのテーマパークで1日中遊べる福島の観光地。
高低差と長さが日本一のボディスライダー「ビッグアロハ」、椰子と水に覆われた「ウォーターパーク」、水着で温泉浴できる「スプリングパーク」が特に福島観光で人気です。

自然と温泉を同時に楽しむ「スパガーデンパレオ」、エクササイズの「ウイルポート」、江戸情話与市「大露天風呂」も多くの観光客が利用しています。
常夏ハワイアンの温泉大陸で遊べる福島の観光地です。

\スパリゾートハワイアンズへの行き方/

スパリゾートハワイアンズ

福島の観光地③:大内宿【懐かしい福島の故郷でぶらり旅】

大内宿は、会津西街道の宿駅の役割を担った旅の要衝だった福島の観光地。
当時の整然とした屋敷割が残る国の重要伝統的建造物群保存地区で、茅葺き屋根の家並みにショップや飲食店がある福島必見の観光スポットです。

福島観光の人気グルメ「ネギそば」は箸の代わりに1本のネギを使って食べるのが特徴で、出汁と辛味大根の愛称が抜群
江戸時代にタイムスリップした気分を味わえる福島の観光地です。

\大内宿への行き方/

大内宿

福島の観光地④:五色沼【インスタ映えする絶景スポット】

五色沼は、裏磐梯と呼ばれる磐梯山北側にある福島の絶景観光地。
緑、青、赤など色彩豊かな大小30の湖沼があり、神秘的な沼を巡るトレッキングコースとしても人気があります。

秋になるとエメラルドグリーンやコバルトブルーに輝く湖面と紅葉のコントラストは、福島おすすめのインスタ映えする観光スポット。
季節、天候、時間帯、見る角度によって姿が変わる福島の観光地です。

\五色沼への行き方/

五色沼

福島の観光地⑤:アクアマリンふくしま【人気動物に出会えるワクワクドキドキの体験型水族館】

アクアマリンふくしまは、太平洋の潮目をテーマに800種の生き物を展示する福島の観光地。
三角トンネルの水槽が福島の潮目を表し、カツオやマイワシなどが力強く泳ぐ姿を観光客は間近で見られます

エサやり、バックヤードツアー、釣り、缶詰づくりなど体験型の観光イベントが好評で、親子で貴重な経験ができるのが福島観光のおすすめポイント。
見る、触る、食べる、遊ぶことで海の生き物とふれある福島の観光地です。

\アクアマリンふくしまへの行き方/

アクアマリンふくしま

福島の観光地⑥:野口英世記念館【野口英世の生涯がわかる】

野口英世記念館は、世界で活躍した福島出身の野口英世の生涯を紹介する福島の観光地。
生家が保存され、1歳半の時に落ちて火傷を負い左手の自由を失った囲炉裏もそのままです。

福島を離れる際に決意した床柱に刻んだ言葉もそのままで、黄熱病研究でその名をとどろかせた業績を観光客が楽しく学べます。
野口英世の一生、細菌の世界をゲーム感覚で学べる福島の観光地です。

\野口英世記念館への行き方/

野口英世記念館

福島の観光地⑦:猪苗代湖遊覧【湖上から福島の自然を満喫】

猪苗代湖遊覧は、福島最大の湖上を船で遊覧できる福島の観光スポット。
華麗な「はくちょう丸」、ユーモアある「かめ丸」、小さい「天神」の3種で猪苗代湖を遊覧観光でき、四季折々の福島の自然を満喫できます

毎日運航している翁島めぐりは冬も乗船できるので、夏も冬も快適な湖上観光できるのが観光客に人気のポイント。
福島自慢の磐梯高原を湖上から眺めて優雅な船旅ができる福島の観光スポットです。

\磐梯観光船長浜営業所への行き方/

磐梯観光船 長浜営業所

福島の観光地⑧:会津さざえ堂【世界的にも珍しい奇想天外な螺旋建築】

会津さざえ堂は、高さ16.5mの六角三層の仏堂である福島の観光地。
上りと下りが別通路の一方通行の螺旋構造で、観光客はすれ違うことなく上り1回転半、下り1回転半、合計三回転しながら観音様に参拝できます

建築様式は世界的にも珍しい福島観光代表の建物で、その存在価値が評価され国の重要文化財に指定されました。
福島観光必見でメディアも注目する、観音様をお参りできる福島の観光地です。

\会津さざえ堂への行き方/

会津さざえ堂

福島の観光地⑨:あぶくま洞【スピリチュアルな大地の造形美】

あぶくま洞は、8000万年の歳月が創り出した大自然がある福島の観光地。
600mの洞窟には大きく垂れ下がる鍾乳石や堆積した石筍など神秘的な光景が広がり、福島観光に訪れた人の心を魅了します。

洞内最大の滝根御殿は高さ29mのホールになっていて、ここにしかないさまざまな形をした貴重な鍾乳石をたくさん見られるメインの観光スポット。
ワクワクしながら洞窟探検を満喫できる福島の観光地です。

\あぶくま洞への行き方/

あぶくま洞

福島の観光地⑩:塔のへつり【岩壁が続く大川ライン最大の天然記念物】

塔のへつりは、奇岩や怪石が塔のように連なって見事な景観を見せている福島の観光地。
「へつり」は福島の方言で川に迫った険しい断崖を意味し、100万年の歳月を浸食と風化を繰り返してできた岩壁が福島観光の見どころです。

初夏は藤の花と、秋は紅葉とのコントラストが最高で、福島では名画のような写真が撮れると話題の観光スポットになりました。
つり橋から眺める岩肌と自然の景観が美しい福島の観光地です。

\塔のへつりへの行き方/

塔のへつり

福島の観光地⑪:三春滝桜【春の観光名所では福島ナンバーワン】

三春滝桜は、日本5大桜に数えられる福島ナンバーワンの花見観光地。
推定樹齢1000年以上のベニシダレザクラが滝のように見えることが名前の由来で、薄紅色の小さな花が枝いっぱいに咲き誇る光景は福島観光客を楽しませます。

正面から見る花と幹に観光客は圧倒され、夜の優麗なライトアップも福島の名物
生きているうちに一度は見ておきたい滝のような桜の花見ができる福島の観光地です。

\三春滝桜への行き方/

三春滝桜

福島の観光地⑫:飯坂温泉【福島有数の古湯で温泉を満喫】

飯坂温泉は、秋保温泉、鳴子温泉と並んで奥州3名湯に数えられる福島の温泉観光地。
日本武尊が発見し、松尾芭蕉が『奥の細道』で訪れた福島の老舗温泉観光地です。

9つの共同浴場と3つの足湯があり、湯めぐりながら福島地元民と観光客が交流できます。
現在は『温泉むすめ』のキャラクター「飯坂真尋」が飯坂温泉を盛り上げる活動を行っていて、観光客が増加中。

福島自慢の果物を味わいながら温泉を楽しめる福島の観光地です。

\飯坂温泉への行き方/

飯坂温泉観光協会

福島の観光地⑬:二本松城【中世と近世の2つの顔がある石垣の名城】

二本松城は、戊辰戦争時は新政府軍に攻められ1日で落城した福島の観光地。
中世の山城と近世の城郭が混在する石垣が観光の見どころで、本丸の天守台、二の丸の大石垣と三の丸の高石垣が注目の観光スポット。

天守台からの眺めは福島屈指の絶景観光です。
福島では、兵力不足で12歳の少年も召集された二本松少年隊の悲劇でも知られています。

合戦の舞台で大きな石垣が印象的な日本100名城である福島の観光地です。

\二本松城への行き方/

二本松城

福島の観光地⑭:白水阿弥陀堂【国宝建造物と古代ハスが見どころ】

白水阿弥陀堂は、徳姫が夫を供養するために建立されたと伝わる福島の観光地。
平安時代を代表する阿弥陀堂は国宝に指定されていて、堂内の阿弥陀三尊や持国・多聞天王は重要文化財になっているなど、国宝建造物や文化財を見られる福島の貴重な観光スポットです。

7月中旬から8月中旬は古代ハス、10月下旬から11月下旬は紅葉が見頃を迎え、四季の草花が境内を彩ってくれます。
現存する国宝建築とハスや紅葉が美しい福島の観光地です。

\白水阿弥陀堂への行き方/

白水阿弥陀堂

福島の観光地⑮:郡山カルチャーパーク【楽しく遊んで思い出に残るレジャースポット】

郡山カルチャーパークは、親子で出かけたい福島の観光スポット。
21haの広大な敷地に遊園地、体育館、屋内遊び場などがある福島で人気の複合レジャー観光施設です。

子供との観光にはドリームランドがおすすめで、観覧車やジェットコースターなど11種類のアトラクションがあり、芝生でピクニックもできます
屋内遊び場もあるので雨の日でも家族連れで観光できるのがうれしいポイント。

親子で夢中になって遊べる福島の観光スポットです。

\郡山カルチャーパークへの行き方/

郡山カルチャーパーク

福島の観光地⑯:白河小峰城【数多の歴史を見つめた名城】

白河小峰城は、戊辰戦争の白河口の戦いで激戦地だった福島の観光地。
新政府軍と奥羽越列藩同盟が激しい争奪戦を展開し、数百人の戦死者を出して新政府軍に渡り、会津攻めの突破口になりました。

江戸時代に丹羽長重が築いた総石垣造りが観光の見どころで、本丸の高石垣や桜門跡前の石段は福島でも類を見ない観光スポット。
白河市歴史民俗資料館や白河集古苑では貴重な資料を観光客に公開しています。

武家終焉の歴史が伝わる福島の観光地です。

\白河小峰城への行き方/

白河小峰城

福島の観光地⑰:伊佐須美神社【福島で信頼されている開運パワースポット】

伊佐須美神社は、2000年以上会津に鎮座する福島の観光地。
ご祭神は4柱を合祀して伊佐須美大明神と呼ばれ、迷いごとに方向性を示してくれ、願っていることを叶えてくれる開運に絶大な効果があります

福島観光の記念に「強運御守」が人気で、日常生活におけるすべての災難凶事を取り除くパワーがあるお守りです。
必ず叶えたい願いごとがある人にイチオシの福島の観光地です。

\伊佐須美神社への行き方/

伊佐須美神社

福島の観光地⑱:喜多方ラーメン館【全国のラーメン通が集まる喜多方ラーメンの拠点】

喜多方ラーメン館は、福島名物の喜多方ラーメンを販売する観光地。
喜多方自慢の水、酒、醤油を用いたコクのあるスープと太い縮れ麺が特徴の喜多方ラーメンは、市内に120店舗もあります。

人気商品を試食できる屋台、福島の観光土産があるショップ、ラーメンミニ工場見学があり、福島に行って食べたい喜多方ラーメンを多くの観光客に毎日提供。
みんなに愛されるラーメンがある福島の観光地です。

\喜多方ラーメン館への行き方/

喜多方ラーメン館

福島の観光地⑲:SLばんえつ物語【乗って楽しいSL列車旅】

SLばんえつ物語は、磐越西線の会津若松駅と新津駅を結ぶ福島の観光列車。
平成11(1999)年にC57-180号機が復活し、木目調の内装とレトロな雰囲気が観光客に人気です。

休日を中心に定期運行され、「森と水とロマンの鉄道」として沿線の四季折々の景色を楽しみながらSL旅を満喫できます。
往路は3時間半、復路は3時間15分の長旅ですが、昔ながらのゆっくりした鉄道観光ができるのもいい気分。

SLで福島と新潟をつなぐすてきな観光列車です。

\SLばんえつ物語への行き方/

SLばんえつ物語

福島の観光地⑳:東山温泉【著名人も愛した会津の名湯】

東山温泉は、奈良時代に行基が発見し奥羽3楽郷に数えられる福島の温泉観光地。
豊臣秀吉、竹下夢二、与謝野晶子などもこの地を訪れ、会津の湯治場として発展してきました。

泉質は硫酸塩泉のサラサラした単純泉で、体の芯まで温まります
日帰り入浴できる温泉観光施設が多いので、昔を思い出しながら湯めぐりするのもおすすめ。

湯けむり絵図を片手に散策して福島観光の疲れを癒やしたい福島の温泉観光地です。

\東山温泉への行き方/

東山温泉観光協会
<下に続く>

福島で人気のおすすめ観光地&名所20選!のまとめ

今回は、福島で人気のおすすめ観光地20選をまとめて紹介してきました。
歴史があり自然が豊かな福島は観光客を喜ばせるスポットが多く、絶対に外せない名所ばかりです

果物や名物グルメもおいしいので、福島の観光地巡りのときには味わいたいものです。
福島観光を予定されている方がいましたらぜひ参考にしてみてくださいね。

まっぷる 福島 会津・磐梯'20
972円

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line