どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/21

プーケットの雨季の楽しみ方8選!夏休みから10月下旬の天気は雷雨中心?

人気のアジアンリゾート、プーケット。
常夏の島なので、雨季と乾季に気候が分かれています。

夏休みにぜひ訪れたいプーケットですが、ちょうど夏休みの7月から8月のプーケットは雨季真っただ中。
せっかくの休みなのに雨季では楽しめないかなと思われた方もご安心ください。

雨季でもプーケットは十分楽しめますよ。
今回はプーケットの雨季でも存分に楽しめるおすすめスポットを交えてご紹介します。

Large andaman sea beach beautiful 459252

雨季と乾季があるプーケットはどんなところ?

プーケットの海

プーケットは南部に浮かぶタイ最大の島と言われており、青い海と白い砂浜が美しいことから「アンダマン海の真珠」と称されています。

以前はヨーロッパやオセアニア地域の避暑地や長期滞在先としてとして知られていましたが、近年アジア系のLCC格安航空会社がアジア諸国とタイを結ぶ路線を就航したことで日本や台湾、近隣アジアの国々から観光客がプーケットを訪れるようになりました。

プーケットは主に観光産業で栄えた都市で、ビーチが美しのでシュノーケルやダイビングなどのマリンレジャーやマッサージなどを行う施設も多いです。
また年間を通して旅費が比較的安価で物価も安いことから若い旅行者も旅行しやすい場所と言えます。
プーケットは南に位置することから一年中常夏の島。

熱帯モンスーン気候の為、雨季と乾季、暑季に季節が分かれるのが特徴です。
乾季は11月~2月。

プーケットの乾期は、毎日良い天気が続き、気温も最高30度前後、最低が26度くらいと非常に過ごしやすい時期と言えます。
またこの時期はプーケットの美しい蒼い海を堪能でき、透明度が高いのでシュノーケルやダイビングなどのアクティビティも穏やかな海で楽しめます。

暑季は3月~5月と短い季節です。
乾季とは違い、この時期は非常に蒸し暑く、日中のレジャーや観光の際にはこまめな水分補給などを行い、日陰や室内で休むなど気を付けましょう。
気温は35度前後と非常に暑い時期です。

<下に続く>

プーケットの雨季はいつ?

雨季の様子

プーケットの年間平均気温/降水量量(mm)

項目 最高気温(度) 最低気温(度) 降水量
1月 32.4 23.9 23.3
2月 33.3 24.3 25.8
3月 33.8 24.9 59
4月 33.7 25.3 137.8
5月 32.5 25.1 269.8
6月 32.1 25.0 236.98
7月 31.7 24.6 284.1
8月 31.7 24.8 282.8
9月 31.2 24.2 386.5
10月 31.4 24.1 295.9
11月 31.3 24.3 173.7
12月 31.5 24.0 61.9

雨季は6月下旬あたりから10月ごろです。

平均気温は25度から30度くらいです。

8月下旬から9月は特に雨が降ると言われているプーケットですが、平均気温は27度、最高気温も30度くらいです。
しかし、この時期は乾期の時期に比べトラベラーが少ないのでゆったりとした観光やビーチでものんびり休めるのでこの時期も静かに過ごしたい方にはおすすめかもしれません。

<下に続く>

プーケットの雨季は雷雨?気候や天気、ビーチの様子は?

雨季のビーチ

雨季のプーケットは、雨季の時期は、日本の梅雨のように一日中雨が降り続くなど長雨ではなく、プーケットの雨季は短時間にザーッと雨が降り出しますが、すぐにカラッと雨が上がることが特徴です。
雨は、バケツをひっくり返したような雨量なので初めてプーケットを訪れる方は驚くかもしれませんが、雨が降り出したと言っても1,2時間程度で上がります。

ビーチの西側は波が高くなることも多いので、遊泳禁止になることもあります。
赤い旗の場合は遊泳は禁止で、緑色は遊泳が可能なので注意をしてみましょう。

この頃サーファーにとってはハイシーズン。
プーケットの波は初心者にもおすすめなので体験されるには良い時期です。

<下に続く>

雨季のプーケットでおすすめの服装や持ち物は?

服装Tシャツ
雨季の時期も、気温が急激に下がり冷えることはありませんので、リゾート地のようなTシャツに短パン、ノースリーブのワンピースなどで問題ありません。

ホテルやレストラン、デパートなどは冷房が効いているので冷房対策に一枚は織物のカーディガンやジャケットなどは用意しましょう。
雨季の時期に注意が必要なのは、紫外線です。

雨雲に一日中雨雲に覆われていることはなく、スコールが短時間に降った後はカラッと晴れて太陽の強烈な日差しが照らします。
雨季だからと思い、日焼け止めを塗らなかったり、UV対策をしないのは危険です。

日焼け止めなどの対策を忘れずにしましょう。
またスコールの心配事としてタイでは傘をそれほど使用しません。

あらかじめ折りたたみ傘を準備するのも良いでしょう。
小さな子供にはポンチョやレインコートなどが便利ですね。

<下に続く>

雨季のプーケットは夏休み中でも旅行代金が安い?

夏休みの子供

プーケットの旅行代金はハワイやモルディブなどの人気リゾート地に比べて比較的旅行代金は安いものの、乾期のベストシーズンのクリスマスや年末年始、日本のお盆の時期は料金が高くなります。
雨季の時期はちょうど日本の夏休みシーズン。

夏休みのツアー旅行代金は3泊5日でおおよそ5万円~です。
この時期のプーケットの旅行代金は安く済みます。

理由として、ホテルがオフシーズンの為10月末までは非常に安く宿泊でき、航空代金も乾期の時期よりも安くなります。
また近年はLCC格安航空会社も日本に就航したことで度々行われるバーゲンでは片道10000円を切る航空代金でプーケットまで行ける便も。
リーズナブルにプーケットを楽しみたい方にはおすすめです。

<下に続く>

ピピ島にコーラル島!雨季のプーケットで離島ツアー?

ピピ島の様子

プーケットの周辺には美しい離島がいくつかあります。
どの島々もスピードボートや船で15分から1時間ほどで行けるので日帰りでツアーに参加できると好評です。

その中の一つのコーラル島は、プーケットのチャロン湾から南へスピードボートで15分弱で行ける非常に近い離島です。
その名の通りコーラル島はサンゴ礁に囲まれた非常に美しい島です。

またプーケットの東にあるので年中波が穏やかで、プーケットが雨季の際もこちらの島は雨季の影響がほとんどありません。
この島にはバナナビーチとロングビーチの2つのビーチにあり、一年中シュノーケリングを楽しめる絶好のスポットになっています。

またプーケット滞在中にはぜひ一度訪れてほしいのが「ピピ島」です。

この島は映画「ザ・ビーチ」でロケ地として使用されたことにより、今なお多くの観光客が訪れています。
プーケットからは船で約1時間少しのところにあり、ピピドン島と言われる有人島とピピレイと言われる無人島の二つの島から成っています。

エメラルドグリーンの透明度の非常に高い海と断崖絶壁の岩に囲まれたビーチは神秘的で一見の価値ありです。
ピピドン島には宿泊できる施設やホテルもあるのでプーケットの雨季の間にここに滞在するのもまた違った楽しみ方ができるのでおすすめです。

<下に続く>

雨季のプーケットではどんな楽しみ方ができるの?

雨の海

プーケットはビーチ、というイメージが強いリゾート地ですが、それでは雨季のプーケットではどのようにたのしめるのでしょうか。
これから楽しみ方を紹介していきますね。

雨季のプーケットでおすすめの過ごし方①:スパで美の追求

プーケットのスパ

タイといえばタイ古式マッサージなどスパが豊富なことで知られています。

日本よりも物価も安く、雨季のシーズンにあえてスパ三昧の旅行も女性にとっては嬉しいですね。
またカップルで同室で受けられるメニューもありおすすめです。

雨季のプーケットでおすすめの過ごし方②:雨季だけの限定マリンスポーツを楽しもう

シーカヤック

マリンスポーツも雨季の時期に楽しいものがあります。
シーカヤックの洞窟内ツアーは、巨大洞窟の中をシーカヤックで通るという日本ではなかなか体験できない楽しいアクティビティです。

他にも1キロ続く白い砂浜とビーチの美しさが有名なカタビーチでは日本人の経営するサーフショップでのサーフィンスクールが体験でき、雨季の時期の波の高さを利用するため、雨季限定で楽しめるとあり好評です。

常夏屋
住所:Patak Soi 8, Tambon Karon, Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket 83100 タイ
電話番号:66-076-284-176
営業時間:9時~18時
定休日:不定休
URL:http://www.tokonatsuya.com/

雨季のプーケットでおすすめの過ごし方③:ビーチだけじゃない、ショッピングも楽しいプーケット

プーケットにはいくつかショッピングモールがあり、実はお買い物も楽しめる島なのです。

中でも「ジャン・セイロン」は、プーケット島のパトンビーチ近くの巨大ショッピングモール。
広々としたモールの中には300店舗以上のショップが入店していて観光客にも地元の方にも人気のスポットです。

ジャン・セイロン
住所:Tambon Patong, Kathu District, Chang Wat Phuket 83150 タイ
電話番号:+66 76 600 111
営業時間:11時~22時
定休日:無休
URL:http://www.jungceylon.com/

雨季のプーケットでおすすめの過ごし方④:豪華ホテルをリーズナブルに

プーケットの雨季の時期はハイシーズンと言われる乾期の時期はなかなか手が届かない高級ホテルの料金が雨季の時期だけ値下がりするので、ラグジュアリーなホテルで贅沢に旅行されたい方にはおすすめです。
プーケットには世界的に有名な5つ星ホテルもたくさんあります。

高級ホテルのスパでゆったりしたり、プライベートな雰囲気のプールでのんびり過ごすのも良いですね。
次にご紹介するホテルは16歳未満は宿泊出来ない大人のリゾートホテルです。
ゆったり落ち着いたホテルで過ごしたい方におすすめのホテルです。

ザ・パビリオンズ・プーケット
住所:31/1,Moo6,Choeng Thale,Phuket 83110
電話番号:+66 76 317 600
営業時間:24時間
定休日:無休
URL:https://www.pavilionshotels.com/phuket/

雨季のプーケットでおすすめの過ごし方⑤:パワースポットで観光を

プーケットにはタイ国内から参拝に訪れるパワースポットがあります。
プジョーと呼ばれるお寺で子宝に恵まれたり、運気が上がるといわれています。

また金運にも効果があると言われ熱心に参拝される方も後を絶たないと言われている有名なお寺です。

プジョー
住所:289 Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket 83000 タイ
営業時間:9時~17時
定休日:無休

雨季のプーケットでおすすめの過ごし方⑥:雨季の時期は南国フルーツの食べごろ

暑季の終わりから雨季にかけて南国フルーツが大変おいしい時期になります。
雨季の時期は最もおいしい時期と言われており、日本でも人気のマンゴーやマンゴスチン、においが気になるけれど食べると大変おいしいと評判のドリアンなど。

雨季の時期には多く収穫され、スーパーマーケットでもお安く手に入ります。
ぜひ旬の時期のフルーツを堪能してみては。

雨季のプーケットでおすすめの過ごし方⑦:雨季の時は離島へ行こう

プーケットの周辺の島々は雨季の影響が少ないので特にこの時期はおすすめです。
プーケットから20分で行けるカイ島は遠浅のため小さな子供連れのファミリーや泳ぎに自信のない方でも楽しむことができるポイントです。

雨季のプーケットでおすすめの過ごし方⑧:水族館へ行こう

プーケットのパンワ岬には、雨季の時期にも天候に左右されずに楽しめる「プーケット水族館」があります。

南国ならではの美しいカラフルな魚たちや珊瑚、ヒトデなど100種類を超える海の生き物を見ることができます。
また一部の生物には触れることもできるので、子供連れに人気のスポットです。

プーケット水族館
住所:51 Sakdidet Rd., Wichit, Mueang, Phuket 83000
電話番号:+66-7639-1126
営業時間:8:30〜16:30
定休日:
URL:https://phuketaquarium.org/en/

<下に続く>

雨季のプーケットのデメリットは?

困る様子の人
ここまでメリットが続くと、それほどデメリットはないかなと感じますよね。

デメリットとして挙げられるのはやはり雨の影響で雨季の時期はいつも大変美しく透明度の高いプーケットのビーチですが、どうしても海が濁ります。
他にも高波の影響でビーチが度々遊泳禁止になることがあります。

美しいエメラルドグリーンの海を存分に楽しみたい方はあまりこの時期は向いていないと言えます。
他にも、離島ツアーやマリンスポーツなどのオプショナルツアーの申し込みをした際に、天候不良のため突然ツアーが欠航されることもあります。

船が欠航する原因としてあげられるのが高波の影響によるものです。
しかし高波のための欠航は年に数日と頻度はおおくないものの起きる時は雨季の時期ですので注意が必要です。

<下に続く>

雨季のプーケットでおすすめのホテル5選!

リゾートホテルの外観
プーケットには素敵なホテルがたくさんあります。

バックパッカー向けのゲストハウスやショッピングやビーチにアクセスしやすいカジュアルなホテル、ゆったりと過ごしたいラグジュアリーなホテルなど。
ご自身の旅の希望に合わせたホテルはどのタイプのホテルでしょう?

では、プーケットにはどのようなホテルがあるのでしょう。
プーケットには、以下のホテルがあります。

  1. トリサラ
  2. グランド メルキュール プーケット パトン
  3. クレストリゾート&プールヴィラズ
  4. モム トリズ ヴィラ ロイヤル
  5. プーケットマリオットリゾート&スパメルリンビーチ

続いて、それぞれのホテルを詳しくみていきます。

トリサラ

エレガントでモダンな客室にはリビングとベッドルームがセパレートで分かれており、屋外デッキもあります。

また空港への送迎も無料。
ビーチの見える朝食は絶景絶品です。

トリサラ
住所: 60/1 Moo 6, Srisoonthorn Road, Cherngtalay, Talang, Phuke
電話番号:66-76-31-0100
営業時間:24時間
定休日:無休
URL:https://trisara.com/

グランド メルキュール プーケット パトン

パトンビーチの中心部にもパトンエリアにも近いので大変便利な立地です。
プールに隣接するバーも開放的で、屋外プールは広々としていて、お子様連れのファミリー層にも人気です。

グランド メルキュール プーケット パトン
住所:1 Soi Ratuthit 200 Pi 2 Road, Patong Beach, Kathu District, Phuket 83150
電話番号:66-76-23-1999
営業時間:24時間
定休日:無休
URL: http://www.grandmercure.com/ja/GRAND-MERCURE-PHUKET-PATONG

クレストリゾート&プールヴィラズ

パトンエリアから車で10分の場所に位置するホテルで、シャトルバスも無料で利用できるので大変便利です。

ヨガ教室やフィットネスジムも利用できます。
インフィニティプールやプールバーも好評です。

クレストリゾート&プールヴィラズ
住所:95, Muen-Ngern Road, Tri Trang, Patong Beach, Kathu District, Phuket 83150
電話番号:076 310 088
営業時間:24時間
定休日:不定休
URL:https://www.crestphuket.com/

モム トリズ ヴィラ ロイヤル

プーケットの美しいビーチの中でもとりわけ美しいと言われる方の意ビーチの岬の上に位置するホテルです。

ヴィラスィートの全室27客室となっており、隠れ家的ホテルです。
空港やパトンビーチからは離れ、大自然を堪能できる静かな空間を提供してくれます。

モム トリズ ヴィラ ロイヤル
住所:12 Kata Noi Road, Kata Noi Beach, Phuket 83100
電話番号:66-0-76-333-568
営業時間:24時間
定休日:無休
URL:https://www.villaroyalephuket.com/

プーケットマリオットリゾート&スパメルリンビーチ

世界的にも有名なマリオットグループのラグジュアリーホテルです。

パトンとカロンのちょうど中間地点の岬にあるため、森林に囲まれた優雅な雰囲気を味わえます。
プールは海を見渡すことができ、大変広大で、レストランはオープンエアになっています。

プーケットマリオットリゾート&スパメルリンビーチ
住所:99 Muen-Ngoen Rd.Tri Trang Beach, Patong, Kathu, Phuket, 83150
電話番号:66-76-29-4300
営業時間:24時間
定休日:無休
URL:https://www.facebook.com/phuketmarriottmerlinbeach/

<下に続く>

雨季も楽しい!プーケットへの行き方

タイの飛行機

プーケットと日本は2000年代後半は直行便が就航していましたが、現在は日本から経由をしてプーケットに向かうのが一般的です。
日本からバンコク経由が最も最短でバンコクからプーケットまでの国内線はおよそ80分で近距離です。

また日本から韓国、台湾、中国、マレーシア、シンガポールを経由してプーケットへ向かうことも可能です。
最近ではLCC格安航空会社を利用すると非常に安くフライトチケットを購入できるようになりました。

またバンコクとプーケットは長距距離バスを利用することで片道3000円ほどと非常に安い料金で済むのがメリットですが、デメリットとして所要時間がおよそ14時間掛かるので体力に自信があり、リーズナブルに済ませたい方には問題にならないかもしれませんね。

<下に続く>

雨季を活かしてプーケットを楽しんでみては?

プーケットの休暇
今回は雨季でも満喫できるプーケット情報をお伝えしました。
南国の雨季はどちらかというと嫌煙されがちですが、雨季でも楽しめるスポットがたくさんあるので退屈せずに楽しめそうですね。

ビーチ以外にもショッピングや観光スポットなど楽しさ満載のアジアンリゾート。
ぜひ今年の夏休みは気心知れた友達や家族みんなでプーケットを訪れてみるのはいかがでしょうか。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line