どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/21

バリ島の空港に市内送迎はある?ラウンジや免税店、2019年最新閉鎖情報

バリ島は、インドネシアのリゾート地。
タナロット寺院などの美しい建造物も多く、「神々の住む島」と称され日本からの観光客も多いことで知られています。

2018年6月にバリ島のアグン山が噴火したことを受け、デンパサール空港(ングラ・ライ国際空港)が閉鎖されるという心配なニュースもありました。
そこで今回は、バリ島のデンパサール空港の現在の発着状況や空港内ラウンジ情報などをご紹介します。

Large bady qb 312696 unsplash  1

バリ島にあるデンパサール空港(ングラ・ライ国際空港)はどんなところ?空港コードは?

バリの空港
デンパサール空港(ングラ・ライ国際空港)は、インドネシアバリ島の玄関口として知られ、インドネシア首都ジャカルタのスカルノハッタ国際空港とスラバヤのジュアンダ国際空港に次ぐ3番目に規模の大きいことで知られている国際空港です。

日本から直行便で約7時間、午前中日本を出発すると、夕方にはバリ島に到着できると日本人旅行者も多く利用しています。

2013年にはAPEC(アジア太平洋経済協力)がバリ島で開催されたことで新国際線ターミナルが開業し、以前国際線として利用されていた所は、現在国内線として利用されるなど、リニューアルされたことで以前よりも利用しやすいと旅客数も上々。

デンパサール空港からジョグジャカルタやロンボク、コモド島などへ乗り継ぎをする際も便利な空港で、以前は老朽化も進んでいましたが、現在は土産物店や待合スペースも広がりがあり、ワイドウィンドーからは滑走路が見渡せるようになりました。

また軽食を提供しているカフェやフードコートも改装し、広々とした新しい空港に生まれ変わりました。

空港コードは「DPS」です。
覚えておくと便利ですね。

<下に続く>

バリ島に到着!入国の流れは?

入国
あらかじめ機内で「税関申告書」が配られるため、きちんと記入をしておきましょう。
到着後、入国審査カウンターでパスポートを提出。

その後、預けた荷物を受け取り、税関申告が必要な場合はの矢印へ進み、不要な場合はの矢印に進み、税関申告書を渡します。
またインドネシアのビザ取得条件が変更になりました。
インドネシアでは2015年6月から観光目的の入国滞在30日以内の日本人観光客はビザの取得は免除になっています。

観光で30日以内の滞在の際には、観光ビザ取得窓口には立ち寄る必要はありません。
ガイドブックの古いものには、インドネシアに短期滞在者は観光ビザ取得が必要」と記載されているものもありますので注意が必要です。

<下に続く>

バリ島の空港ではポーターや客引きに気を付けよう!

金を取る

デンパサール空港で観光客を悩ませるのが悪質なポーター客引きの存在です。
本来ポーターは、空港職員が仕事として行うものですが、悪質なポーターは荷物を受け取るターンテーブルの付近にいて、まるで空港職員のように荷物を受け取り、荷物を取っただけなのに法外なチップを要求してきます。

場合によってはそのまま両替所まで連れていかれ、両替した金額の中からチップを受け取るものまでいますので十分気を付けましょう。
対処法としては、荷物を持たれる前に「NO」と意思表示をして、荷物の管理をすることが大切です。

また空港を出たところには、タクシーなどの客引きも多くこちらも注意が必要です。
空港を出た瞬間に多数の客引きが半強制的に荷物を持っていこうとしたり、腕をつかんで連れて行こうとする場合もあります。

この場合も決して荷物を渡してはいけません。
「NO」と断り立ち去りましょう。

<下に続く>

バリ島の空港から市内へのアクセスは?

アクセス方法

デンパサール空港から市内までは、ツアー会社の送迎ホテルの送迎サービスタクシーレンタカーのいずれかになります。
それではそれぞれ見ていきましょう。

タクシー

タクシー
デンパサール空港から利用できるタクシーは、エアポートタクシーのみです。それ以外のタクシーは違法に業務を行っているので決して利用しないように注意をしましょう。

日本人に人気の高いブルーバードタクシーは乗り入れはしていませんので注意しましょう。
タクシーの外観を似せている悪質な違法タクシーもいます。

違法タクシーはライセンスを持たずに、空港に出入りしており、観光客に声をかけ法外な料金を請求される場合もあり危険です。
エアポートタクシーは行先までの料金が決まっていますので安心です。

料金は街の中よりは高いですが、違法タクシーよりは安いのでこちらを利用しましょう。
またエアポートタクシーが良くわからない場合は、すぐにチケットカウンターへ向かいましょう。

チケットカウンターには正規の値段が記載された料金表が提示されています。
必ず料金表を確認してからタクシー券をチケットカウンターで購入しましょう。

ツアー会社の送迎サービス

送迎
ツアー会社での送迎も安心です。事前に支払いをしていることもあり、両替もすることなくそのままホテルに向かうことができます。

またツアー会社の送迎の際には、日本語が堪能なガイドか運転手が送迎をしてくれることが多いので言葉の心配がある場合も心強いですね。
おすすめの観光地やレストラン、おいしい料理などバリ島のローカルな情報も教えてもらえるなどその点も嬉しいですね。

ホテルの送迎サービス

送迎サービス
バリ島のホテルでは送迎サービスを行っているところも多いです。
ホテルの従業員が送迎をしてくれる安心感もあります。

またホテルの送迎の場合はツアー会社の送迎よりも安価だったり、無料の場合もあります。
事前の予約が必要なことがほとんどなので必ず確認をして予約をしましょう。

レンタカー

車
デンパサール空港にはレンタカーのお店もあります。

しかし、バリ島はバイクが非常に多く、日本のように交通マナーを守る事が少なく、3人乗りや4人乗りでバイクに乗っているそんな光景もめずらしくありません。

万が一事故を起こした際にも自賠責や任意保険に加入していることの方が少ないのであまりレンタカーはおすすめできません。

<下に続く>

バリ島の空港のラウンジはどんなところ?

ラウンジ

ひときわ目立つ外観の豪華さが印象的なガルーダ・インドネシア航空のラウンジを忘れてはいけませんね。
この空港を拠点としているガルーダ・インドネシア航空のラウンジはイメージカラーのブルーを基調とした落ち着きのある静かな雰囲気でリラックスできます。

ファースト、ビジネスクラス利用客の他、ガルーダマイルズのプラチナ、ゴールド会員、スカイチームエリートプラスの利用もラウンジ利用は可能となっています。

ラウンジ内ではフリーwifi環境を完備、シャワーやフットマッサージも使用できる他、軽食のビュッフェスタイルでサービスを利用できます。
ドリンクもビールなどのアルコールのオーダーも出来、至れり尽くせりです。

またプライオリティ・パスで利用可能なT/Gラウンジもあります。
バーカウンターでアルコールを利用できる他、ホットミールやフルーツのビュッフェも利用できます。
パスタバーではその場でパスタを目の前で作ってもらえるサービスもありますので、こちらを利用するのもおすすめです。

<下に続く>

バリ島の空港の設備や施設は?両替や喫煙所、wifiは?

タバコ

デンパサール空港はリニューアルをしてから以前よりも快適に利用できるようになりました。
以前は土産物店や飲食スペースも少ない印象でしたが、ショップやカフェ、レストランも増え種類も豊富になりました。

その他の両替所や喫煙スペースも新しく移動しました。
最近はwifiはなくてはならない必須アイテムですが、デンパサール空港はどうでしょう。
両替や喫煙所、wifi環境など詳しくみていきましょう。

デンパサール空港の両替

財布とお金
バリ島では両替の金額を騙されたという方が多いので十分旅行の際には気を付けたいものです。
日本でも前もって両替ができるのですが、ルピアは日本国内のレートが悪いのでおすすめできません。
デンパサール空港の入国ゲート付近にも両替所があります。
レートの表示されている電光掲示板があるので確認が必要ですが、こちらもあまりレートは良いとは言えません。
タクシーなどを利用する場合には少額を両替しておく必要があります。

街中はレートが良いので両替は街の両替所ですることをおすすめします。
しかしここで注意が必要です。
間違えたふりをして少額を渡してくる悪質な両替所もあります。
日本円は相手の目の前で必ず2回数えて見せてそれから日本円を渡しましょう。
計算機を見せられたら確認をして、もらった金額が少ない場合は必ず指摘をする勇気も必要です。

デンパサール空港の喫煙所

タバコ イメージ喫煙スペースですが、空港リニューアルに伴い以前は免税店を進んだ右側にありましたが移動しました。
デンパサール空港内の喫煙スペースは一カ所です。
ゲート2と3の間のカフェや飲食店のある辺りのちょうど向かい側にあります。
この場所からは飛行機の離発着を見ることができ、見晴らしが良いです。

デンパサール空港のwifi

スマホの環境
デンパサール空港内のWifi環境は良好をいえます。
無料で利用できるフリーWifiが完備されているので問題なくスマホやタブレットを利用することができます。

飛行機を降りて、空港に入るとすぐに接続ができます。
注意が必要なのが入国審査付近はwifiがつながらないようになっています。

<下に続く>

バリ島の空港にある免税店はお土産探しにも最適!おすすめのお土産5選!

バリ空港土産

観光やエステ三昧で気が付いたらお土産買い忘れた!という経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは?
ご安心を。
デンパサール空港内には免税店やショップがたくさんあります
それではデンパサール空港内で買えるおすすめのおみやげを集めてみました。

おすすめのバリ島お土産①:石鹸

バリ島では可愛いせっけんがたくさん販売されています。
香りもプルメリアやココナッツ、ベリーなど色とりどりのソープが女性に喜ばれます。
ココナッツオイルが配合されているものが多いのでしっとり洗いあがります。
一つ一つの金額も300円前後で購入できるものも多いのでバラマキ用でもいいですね。
こちらは免税店や空港内のショップでも購入できます。

おすすめのバリ島お土産②:podのチョコレート

Podのチョコレートはバリ島土産として大変おすすめです。
Podのチョコレート工場はバリ島のウブドからおよそ車で30分のところにあるエレファントキャンプ内の敷地で作られており、チョコレートの原材料のカカオ豆は全てバリ原産。
このカカオ豆は厳選されたクーベチュールチョコレートの原料になる有機栽培の厳選されたカカオ豆です。
南国らしいココナッツやシナモン、ベリーなどのフレーバのチョコレートがおすすめです。
またパッケージのデザインがオシャレでスタイリッシュと大人気。
バラマキ用のおみやげ品としても、ご自分のご褒美としてもおすすめの一品です。
Podのチョコレートはデンパサール空港内免税店でも購入できます。

おすすめのバリ島お土産③:ellips ヘアトリートメント

バリ島で大人気のellipsのヘアトリートメントもデンパサール空港の免税店で購入できます。
香りも色々で、パッケージも可愛らしいので女性に人気のお土産です。

モロッカンオイルやビタミンも配合されていてしっとりとまとまるのでおしゃれが敏感な女子にも喜ばれること間違いなしです。

おすすめのバリ島お土産④:パサールバック

パサールバックはバリ島でメジャーなバックで市場へ行くときに持っていくバックという意味で、日本で使用されているエコバックのようなものです。
小銭入れのような小さめのポーチもあり、お土産にもぴったりです。

色もとてもカラフルで素材がビニールで作られているので用途も色々使えます。
プールで水着を入れたり、ピクニックバックとしても利用できるので便利です。
こちらのパサールバックも免税店で購入できます。

おすすめのバリ島お土産⑤:コーヒー

バリ島はコーヒーが名産と言われており、コーヒー農園も多くあります。
空港でもコーヒーが購入できます。

価格帯もおよそ5ドルくらいと言われているのでお土産として金額的にも丁度よいのではないでしょうか。
また世界で最も高価なコーヒー豆と言われているコピ・ルアクがあります。

産出量が非常に少なく大変貴重で高級だとか。
こちらもデンパサール空港の免税店にありますのでコーヒー好きの方にぜひ。

<下に続く>

バリ島の空港にはホテルもある!

空港ホテル
バリ島のデンパサール空港にはなんとホテルもあります。
ノボテル バリ グラーライ エアポートはバリ島内唯一のトランジットホテルです。

ノボテルホテルグループは、世界規模で展開するホテルグループで明るく心のこもったおもてなしが自慢の4つ星ホテルです。
ノボテル バリ グラーライ エアポートはデンパサール空港の国際線、国内線に直結しているホテルなので大変便利で飛行機の乗り継ぎを行う際にもスムーズに行え、遅い到着でもチェックインを気兼ねなくできます。

無料Wifiも完備されており、タブレットやスマホ、PCの利用も問題なく行えると好評です。
緑の豊富な庭園にはプールもあり、ラウンジにてアルコールも味わえます。

レストランはカジュアルな雰囲気でバリの伝統料理の他インターナショナルな料理を楽しめます。
ホテルの客室はキングサイズのベッドルーム、シングルベッド2つのツインルーム。

シャワーソファベッド、テレビ、ドライヤー、金庫、コーヒーとお茶を完備。
客室内はシンプルで清潔なモダンな雰囲気です。

他にスウィートルームも完備しており、フィットネスジム、プレミアラウンジが無料で無制限利用可能となっています。

<下に続く>

バリ島の空港周辺のおすすめホテル3選!

周辺のホテル
バリ島にはプライベートビーチやスパ、プールのついたおしゃれなホテルが多くありますが、今回はデンパサール空港周辺の便利でおすすめのホテルを紹介します。

  1. ザ パトラ バリ リゾート&ヴィラス
  2. ヒルトン ガーデン イン バリ ングラ ライ エアポート
  3. ハリス ホテルトゥバン バリ

ザ パトラ バリ リゾート&ヴィラス

空港のそばにあり、立地が大変良いことで知られているザ パトラ バリ リゾート&ヴィラスはヴィラタイプのプライベートな大人の雰囲気漂うオシャレなリゾートホテルです。
ホテルの敷地面積も広大でトランジットの宿泊にはもったいないほどのホテルです。

ホテルの前からの眺望も素晴らしく、夕暮れ時には夕日がまぶしい中を上空が飛行機を飛んでいる様を見られる素晴らしいロケーション。
空港までの送迎も無料で、スタッフの対応も誠実で温かいと評判です。

また屋外プールも広々としていてプールサイドではゆったりとリラックスできるようにパラソルにチェアを完備。
館内には日本食レストランもあり、目の前の鉄板で調理もしてもらえるので贅を尽くした一品を味わえます。

ザ パトラ バリ リゾート&ヴィラス
住所:Jl.Ir. H. Juanda South Kuta Beach Kuta, Tuban, Kuta, Badung Regency, Bali 80361 Indonesia
電話番号:62 361 9351161
営業時間:24時間
定休日:無休
URL:http://www.thepatrabali.com/

ヒルトン ガーデン イン バリ ングラ ライ エアポート

空港から無料の送迎サービスもあり5分ほどで到着するホテルです。
世界規模のヒルトングループのホテルだけあり、大変広々とした落ち着きのある豪華なホテルです。

ホテル内にはコンビニエンスストアもあり便利です。
朝食も種類が豊富でその場で調理してもらえるオムレツは絶品。

クタエリア、レギャン地区にも近いのでショッピングにも便利です。
レセプションの対応も親切と好評です。

屋外のプールも広々としていて子供連れのファミリー層にも人気の高いホテルです。
空港の近くのホテルなので、トランジットのための宿泊も多いですが、乗り継ぎの宿泊にももったいないホテルです。

ヒルトン ガーデン イン バリ ングラ ライ エア
住所:JI.Airport Ngurah Rai no.7,Tuban,Kuta 80361,Indonesia
電話番号:010-62-361-8976100
URL:https://www3.hilton.com/en/hotels/indonesia/hilton-bali-resort-DPSBAHI/index.html
営業時間:24時間
定休日:無休

ハリス ホテルトゥバン バリ

ハリスホテルトゥバン バリは、デンパサール空港からおよそ5分の大変立地の良いホテルです。
近隣にはスーパーマーケットやショッピングモールもあり、お買い物にも便利です。

館内はフリーwifiの設備も整っており、屋外にはプールやスパも完備されています。
また24時間空港への送迎サービスも行っており、無料のトランスファーは好評。

客室内は清潔でシンプルにまとめられており、エアコン、テレビ、コーヒーとお茶のドリンクセット、バスルームも完備されております。
併設されたショップもあり、土産品コーナーやカフェでの食事はバリの伝統料理の他アジアンフードも味わえ、バーラウンジにて新鮮なフルーツを使ったジュースやアルコールも堪能できます。

朝食もたっぷり用意されているのでゆったりとした時間を過ごせます。
館内のスパでは15分間の無料マッサージも提供。

またホテル内でオプショナルツアーやレンタカーの手配も可能。
スタッフの爽やかで温かい対応も評価を得ている人気のカジュアルホテルです。

*ハリス ホテルトゥバン バリ *
住所:JI.Dewi Sartika,Tuban,Kuta 80361,Indonesia
電話番号:62-361-9365-255
営業時間:24時間
定休日:無休
URL:https://www.harrishotels.com/Tuban

<下に続く>

バリ島の空港は噴火で閉鎖することも!対処法は?

噴火の様子
2017年9月にアグン山から噴煙が上がったため、最高警戒レベル4を発表。
次いで翌年2018年6月28日夕方頃、バリ島のアグン山で中規模の久しぶりに噴火したためデンパサール空港は6月29日3時から一時的に閉鎖を余儀なくされました。

噴火は一時的なもので、空港は翌日14:30には閉鎖が解除されました。
一部の航空便にはフライトスケジュールに影響が出た便もありましたが以降、噴火爆発はしていないので現在も問題なく通常通り営業をしております。

空港が閉鎖になる原因として挙げられるのが、火山灰です。
火山灰が航空エンジンに影響を与えたり、視界不良になりフライトに影響が出るなど。

デンパサール空港の閉鎖は今回に始まったわけではなく、度々近隣の島々での噴火により、止むを得ず閉鎖になったケースはあります。
2015年11月にジャワ島火山噴火、2015年7月ロンボク火山噴火の際に1~3日間の空港の閉鎖がありました。

ほとんどの今までのケースを見る限りでは、1日から長くて3日の閉鎖で済むようです。
この場合フライトはキャンセルになります。
一体どうしたらいいのか、不安になりますよね。

政府も噴火の際の混乱回避のため、振り替えフライトや送迎バスを用意する他、宿泊施設の用意と金銭面のサポートを行うとアナウンスがありました。

旅行者側の対処法として、振り替えフライトに乗れる場合は乗りましょう。
もしくは便が遅れるのが分かった時点で空港周辺のホテルを抑え、飛行機が飛ぶのを待ちましょう。

<下に続く>

バリ島の空港の発着状況を調べる方法は?

フライトスケジュール
ニュースやWEB上での情報収集も大切ですが、本当の情報か真偽が問われる情報も多いので、混乱せず確かな情報が得られるようにしたいものです。

空港が閉鎖されてしまうと状況が分かりにくくなります。
デタラメな情報に振り回されないように、航空会社空港職員からのアナウンスや連絡で確実な情報を入手するようにしましょう。

その際に大切なこととして、自分の利用する航空会社へ電話連絡かカウンターなどで状況を確認し、その時点で次の便への振り替えができる場合は、確実に座席を抑えてもらえるようにしましょう。

電話や航空会社の窓口での手続きの場合は念のため座席番号の確認をしておくことも大切です。
直接空港カウンターで手続き確認をすることができるのであれば時間が掛かっても確実ですので空港にいきカウンターへ向かいましょう。

<下に続く>

新しく生まれ変わったデンパサール空港

空港の様子

今回はリニューアルしたバリ島デンパサール空港をご紹介しました。
以前とは見違えるほど様変わりし、レストランやショップも充実しましたね。

空港の随所にはバリの雰囲気漂う神像やバロンやランダなどのバリの神話に出てくる聖獣などが華を添えてバリ島らしさが空港いっぱいに広がっています。
今度のお休みにぜひデンパサール空港を拠点に旅を計画されてはいかがでしょうか。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line