どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/05

羽田空港でしか買えない!おすすめの限定お土産20選【お菓子/雑貨】

日本の玄関口の一つ羽田空港は、世界でも上位に位置する旅客数を誇っています。
正式名称は「東京国際空港」ですが、開港当時は周辺が「羽田町」と呼ばれていたことから私たち日本人には「羽田空港」としての呼び名で親しまれている場所。

そんな歴史ある羽田空港には限定お土産がたくさんあり、お菓子類などのスイーツは特に必見です。
今回はそんな空港限定お土産をピックアップし、選りすぐりの20選をお届けします。

Large josh sorenson 1244025 unsplash  1

限定グッズも色々!羽田空港ってどんなところ?

羽田空港ってどんな空港?

羽田空港の様子

「羽田空港」は、アクセスの良さとコンパクトさが利点の空港だとアナリストの間では言われています。
ヨーロッパやアジア路線が拡充したことで、中長距離路線が昼間も離発着するようになったため、利用者がフライトスケジュールに左右されることなく個人の都合に合わせて発着便をチョイスできることがそれまでとは大きな違いだそうです。

また羽田空港はイギリスのSKYTRAX(スカイトラックス社)が毎年実施する“Global Airport Rating”(グローバル・エアポートランキング)では、2018年までの過去5年間に連続して世界最高水準の「5スターエアポート」を獲得
利用者の多様化が進む中で、店舗・設備の拡充、利便性、快適性を常に追求し、利用しやすい空港、きれいな空港としてシンガポールのChangi Air Port(チャンギ国際空港)等と共に高い評価を得ています。

羽田空港にはターミナルが3つある

夜の羽田空港

羽田空港には国内線の2つのターミナル(第1・第2旅客ターミナル)と、国際線旅客ターミナルと合わせて3つのターミナルから構成されています。
数年前に新しくなった羽田には、飲食店をはじめ多くのお土産ショップや免税店なども拡充され、飛行機を利用しないカップルにもデートスポットとして大人気。

第1ターミナルでは天気が良ければ富士山まで見渡せる展望デッキ、また第2ターミナルの北側デッキには「虹のオーロラのステージ」、南側には「星屑のステージ」と、それぞれ夜になるとライトアップされロマンチックな展望スポットに早変わりしています。

羽田空港各ターミナルでお土産が買えるお店の営業時間

気になる時間

羽田空港内のお土産店は、店舗によってそれぞれ営業時間が違うので要注意です。
とは言うものの、飛行機を利用する方は特に気にする必要はなく、通常のお土産店は飛行機の離発着時間に合わせて開店・閉店をするため、利用者にとってはとても便利。

第1ターミナル・第2ターミナル共に、ゲート内のお店は朝6時から20時までの営業が多く、また羽田空港限定のお菓子などを多く取り扱っているお土産店も朝6時には開店しています。

<下に続く>

お土産にもぴったり!羽田空港限定のおすすめスイーツ15選!【お菓子編】

では、羽田空港限定スイーツのお土産をみていきましょう。
お菓子のお土産には、以下のものがあります。

  1. 鼓翼(三本コーヒー)
  2. カマンベールチーズスフレ(タント・マリー)
  3. 羽雲(叶匠壽庵)
  4. N.Y.キャラメルサンド(東京玉子本舗)
  5. ホーニッヒアッフェルバウム(カールユーハイム)
  6. 東京ばな奈(はちみつバナナ味)
  7. 胡麻団(御麻所・無汸庵)
  8. メープルフィナンシェ(ザ・メープルマニア)
  9. メルショコラ(ラ・メゾン白金)
  10. 鎌倉きゃらめる半月(鎌倉五郎本店)
  11. 空港限定小形羊羹(とらや)
  12. 絹ごしフルーツ杏仁マンゴー(千疋屋総本店)
  13. 東京ティラミスクランチ(青山通りのプリン屋さん)
  14. 黒豆ちょこまぶし(うちわや)
  15. 羽田ロール(ARINCO)

続いて、限定スイーツのお土産を、それぞれ詳しくみていきます。

鼓翼(三本コーヒー)

2018年10月から、羽田空港と三本コーヒーとでコラボしたオリジナルスイーツが販売されています。
世界中から厳選したコーヒー豆を使用し、素材を活かした和菓子・洋菓子をそれぞれラインナップ。

和菓子には、挽きたてのコーヒーの風味が特徴の「翼もなか」とブラジル豆を使用した生地とみずみずしい粒あんを合わせたどら焼き「鼓かさね」の二種類です。
洋菓子には、チョコレートそのものに粗びきと細びきの2種類のコーヒーを練りこむことでコーヒー本来の香りが楽しめる「The Coffee Chocolat(ザ・コーヒーショコラ)」、粗びきコーヒーの苦みがアクセントとなる「The Coffee Chocolat Cake(ザ・コーヒーチョコラケーキ)」など、どれもコーヒーそのものの味わいが感じられるスイーツです。

羽田スタースイーツ
場所:第1旅客ターミナル2階・マーケットプレイス18
電話番号:03-5757-8125
営業時間:6:00~20:00
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/296/

カマンベールチーズスフレ(タント・マリー)

「Tante Marie(タント・マリー)」は、東京湯島に本店を持つチーズケーキが美味しいお店として知られています。
フランス・ノルマンディ地方のAOP(Appellation d'Origine Protégée;原産地名称保護)カマンベールチーズをたっぷりと使用した、甘さ控えめのコクのある味わいが特徴です。

羽田空港ではこのカマンベールチーズケーキがふんわり食感に進化した、濃厚なチーズの味わいが楽しめる「カマンベールチーズスフレ」が大人気。
空港限定のチーズスフレはワインともよく合い、冷やして食べると美味しさが増す逸品です。

Tante Marie(タント・マリー)
場所:第2旅客ターミナル2階・マーケットプレイス13
電話番号:03-5757-6010
営業時間:6:30~20:00
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/327/

羽雲(叶匠壽庵)

「叶匠壽庵(かのう・しょうじゅあん)」は、日本古来の「和」の趣を工芸菓子で表現した和菓子専門店です。
今や直営店・取扱店を合わせるとその規模は全国に広がり、ここ羽田空港でも限定スイーツとして「羽雲(はねぐも)」はお土産品にぴったり

空港お土産らしくどらやき生地はふわふわでモチモチの食感、丹念に炊き上げた北海道産の小豆をやさしく包んだ逸品は、日持ちも15日程度。
羽田空港では各ターミナルに店舗が設置されているので、利用しやすいお土産品です。

N.Y.キャラメルサンド(東京玉子本舗)

「N.Y.キャラメルサンド」は、とあるニューヨークのお菓子店で販売されていた「バナナサンド」をもとに開発されたお菓子です。
オリジナルは、キャラメルソースにブラウンシュガーを加えてトロトロに煮込んだソースをクッキーで挟み、チョコレートでコーティングしたもの。

人気のキャラメルサンドは、生クリームと黒糖をトロトロのキャラメルに混ぜ込み、口どけのいいクーベルチョコレートで包み込んだソースを、サクサクの香ばしいクッキー生地でサンドしたものです。
羽田空港限定のパッケージに入ったキャラメルサンドは、一口頬張ればサクサクとした食感と共に、チョコレート、キャラメルが一気に溶け込み、今までに味わったことのないハーモニーが口いっぱいに広がります。

第1ターミナルでは「東京食賓館」、第2ターミナルでは「SMILE TOKYO(スマイル東京)」等でそれぞれ取扱いがあります。

N.Y.キャラメルサンド 12個入
2560円

ホーニッヒアッフェルバウム(カールユーハイム)

「ホーニッヒアッフェルバウム」は、まるごとりんごが入ったバウムクーヘン
バウムクーヘンの生地には香り高いはちみつを使用し、りんごのシロップ煮をまるごと包んで焼き上げた羽田空港限定のスイーツです。

しっとりとした生地とりんごのシャリシャリ感は絶妙で、多くの人を魅了しています。
今でこそバームクーヘンで有名な神戸の人気洋菓子店Juchheim(ユーハイム)を知らない人はいませんが、その昔、第一次世界大戦中に捕虜となったドイツ出身の菓子職人Karl Joseph Wilhelm Juchheim(カール・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・ユーハイム)が立ち上げたお店こそユーハイムで、日本で初めてバームクーヘンを作った人物でもあります。

特選洋菓子館
場所:第1旅客ターミナル2F・マーケットプレイス17
電話番号:03-5757-8127
営業時間:6:00~20:00
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/101/

東京ばな奈(はちみつバナナ味)

「東京ばな奈」は誰もが大好きなバナナ味をメインに、スポンジ生地はふんわりとしたソフトな食感が特徴の東京お土産
今では年間の売り上げは約40億円にも上り、1991年に「東京ばな奈・見ぃつけたっ」シリーズが販売され、現在までさまざまなフレーバーが誕生しています。

羽田空港限定の東京ばな奈は、スポンジそのものをミツバチに見立てたシマ模様が特徴で、中は「はちみつバナナカスタード」がたっぷりと入っています。
4個入り、8個入り、12個入りとあるので予算や人数に合わせてチョイスでき、第1ターミナルでは「特選洋菓子館」他多数の店舗で取り扱いがあります。

空とぶ東京ばな奈はちみつバナナ味、「見ぃつけたっ」4個入り
1560円

胡麻団(御麻所・無汸庵)

「御麻所・無汸庵(ごまどころ・むほうあん)」は、羽田空港限定ショップでこちらの人気お土産はその名も「胡麻団(ごまだん)」です。
蓋を開けてみると、白い団子が見当たらないくらい一面真っ黒なゴマで覆われたこの一品。

お団子そのものはモチモチとし、噛めば噛むほどお米の甘味とゴマの香ばしさが口いっぱいに広がり、ほのかに残る塩味がクセになるほどの美味しさなのだとか。
あまりのゴマの多さに余ってしまった場合には、アイスクリームにかけたり、ゆでたほうれん草と和えても違った美味しさを味わえ、二度楽しめるお土産品です。

フードプラザ
場所:第2旅客ターミナル3F・マーケットプレイス1
電話番号:03-6428-8750
営業時間:8:00~19:30
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/249/

メープルフィナンシェ(ザ・メープルマニア)

「MAPLE MANIA(メープル・マニア)」は、その名のとおりメープルお菓子の専門店です。
古きよき時代のアメリカを舞台に、明るく活気のある夢に満ちた時代に育った「メープル坊や」はメープルお菓子といたずらが大好きという、ブランドイメージ。

遊び心と子供のころに描いた冒険心やいたずら心が現れた懐かしいパッケージと共に、幼い頃に味わったお菓子を食べる前のワクワク感がよみがえってくるような一品です。
バタークッキーをはじめフィナンシェやバームクーヘンが人気で、フィナンシェは表面はカリッと中はふんわりとした食感と共に、羽田空港限定パッケージが話題を呼んでいます。

メープルマニア メイプルマニア The MAPLE MANIA フィナンシェ 12個 焼菓子
3099円

東京食賓館・時計台3番前
場所:第2旅客ターミナル2F・ターミナルロビー8
電話番号:03-6428-8716
営業時間:5:45~20:30
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/221/

メルショコラ(ラ・メゾン白金)

高級住宅街で知られる白金のフレンチレストラン「La Coupe d’Or(ラ・クープ・ドール)」より誕生した洋菓子ブランド「ラ・メゾン白金」は、ショコラや焼き菓子などが有名です。
そんな人気店と羽田空港がコラボし作った「Haneda Chocolatory(羽田ショコラトリー)」は、産地の違うカカオやナッツ、フルーツなどの素材を活かしたラインナップが人気を呼んでいます。

「メルショコラ」はカカオの名産地エクアドル、ベネズエラ、ガーナ、そしてベトナムのカカオを組み合わせたもので、違った素材が溶けあい混ざりあうショコラは、異国の文化が交差する空の玄関、羽田空港にふさわしい逸品。
また滑らかな口どけが特徴の「リッスショコラ」はストロベリー、ミルクナッツ、柚子抹茶と3つのフレーバーがあり、ナッツやフルーツをチョコレートでコーティングした「ナッツ&フルーツショコラ」もあります。

東京食賓館・Eゲート前
場所:第1旅客ターミナル2F・ターミナルロビー北19
電話番号:03-5757-8133
営業時間:5:45~20:30
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/107/

鎌倉きゃらめる半月(鎌倉五郎本店)

鎌倉の銘菓と言えば「鎌倉半月」が有名で、サクっとした口当たりと甘くないクリームが上品な味わいを奏でる逸品です。
鎌倉や東京羽田のお土産としても使えるアイテムが、羽田空港限定「鎌倉きゃらめる半月」。

通常の鎌倉半月は、抹茶クリームをはさんだ抹茶風味と小倉クリームをはさんだ小倉風味の二種類ですが、空港限定は中も外もキャラメル味となっています
外はパリっと中のクリームはほのかな甘さと香ばしさが特徴で、ヤミツキになってしまう美味しさです。

PIER1(ピア1)
場所:第1旅客ターミナル2F・ターミナルロビー南6
電話番号:03-5757-8131
営業時間:5:45~20:30
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/85/

空港限定小形羊羹(とらや)

和菓子専門店「とらや」は、室町時代後期に京都で創業した老舗中の老舗店です。
人気の羊羹をはじめ、最中や焼き菓子、お饅頭などさまざまな和菓子を取り扱い、伝統と文化を後世に伝える役目もしています。

そんな有名なとらやは羽田空港の3ターミナル全てに販売店があり、空港限定として飛行機の絵柄が入った化粧箱入りの小形羊羹がお土産にも大人気。
しかも化粧箱にも一工夫あり、春夏は青色・秋冬は赤色と二種類あるので季節を感じるお土産品でもあります。

絹ごしフルーツ杏仁マンゴー(千疋屋総本店)

千疋屋総本店の「絹ごしフルーツ杏仁マンゴー」は、CAもおすすめする羽田空港お土産ランキングでも上位に位置する逸品です。
ジューシーな完熟マンゴーを使用した果肉ソースと杏仁豆腐の味わいは、濃厚でみずみずしく滑らかな口当たりは他にはない絶品の美味しさ

パイナップルとナタデココがいいアクセントにもなり、スイーツ好きにはおすすめです。
通販での取り扱いはなく店頭販売のみのため地方の方には手土産として喜ばれますが、あまりの人気商品だけに売り切れになることもしばしばです。

千疋屋総本店
場所:第2旅客ターミナル2F・マーケットプレイス11
電話番号:03-5708-8818
営業時間:6:30~20:00
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/325/

東京ティラミスクランチ(青山通りのプリン屋さん)

洋菓子店「青山通りのプリン屋さん」は、卵を使用せず豆乳と生クリームで仕上げた「とうふプリン」や焼き菓子が人気のお店です。
店舗限定商品も多く、羽田空港では「ティラミスクッキー」と「東京ティラミスクランチ」の2点が限定商品となっています。

ティラミスクッキーは、シンプルながらもさっくりとした食感が特徴でティラミスの味わいが口いっぱいに広がるクッキー。
また東京ティラミスクランチは、マスカルポーネと薄焼きクレープ生地をホワイトチョコレートに混ぜ合わせたサクサク食感と、ほんのりと香るコーヒーが絶妙の美味しさです。

第1・第2ターミナル共に、東京食賓館で購入できます。

黒豆ちょこまぶし(うちわや)

粒の大きさが日本一で知られる「丹波種黒大豆」を使用したお菓子が有名な「うちわや」。
素材そのままの味を活かしたお菓子は合成着色料や保存料は一切使用せず、大豆本来の甘味を感じられる逸品ばかりです。

中でも「チョコまぶし」は、丹波種黒大豆を焙煎しお菓子の表面をコーティングするベルギー産のクーベルチュールチョコレートを使用するというこだわりぶり。
通常のチョコまぶしは純・桜・抹茶・柚子・シソの5種類ですが、羽田空港限定パッケージには「東京そだちキャラメル」が入っていて、空港でしか購入できないフレーバーとなっています。

羽田ロール(ARINCO)

「ARINCO(アリンコ)」はロールケーキ専門店として有名で、羽田空港限定お土産がその名も「羽田ロール」
スポンジ生地は真っ白でモチモチした食感とサワークリームのさっぱり感は、大空に浮かぶ雲を表現したような逸品です。

ロールケーキの中に入っている甘酸っぱいオレンジピールは、太陽のようなきらめきで空港限定ロールとしてはぴったり。
濃厚な味わいの中にもさっぱり感と爽やかさが残り、手が止まらなくなるスイーツで空港内では至るところで販売しています。

<下に続く>

食べ物以外も!羽田空港限定のおすすめ雑貨5選!【雑貨編】

では、羽田空港限定の雑貨お土産をみていきましょう。
雑貨のお土産には、以下のものがあります。

  1. Haneda Airport Toys Sweets Can(童心 Juveniland TOKYO)
  2. オリジナルトートバック(KINOKUNIYA entrée)
  3. ネイルオイル(Ukaネイルサロン)
  4. 羽田空港ふきん(中川政七商店)
  5. Fliegenリングノート

続いて、限定雑貨お土産を、それぞれ詳しくみていきます。

Haneda Airport Toys Sweets Can(童心 Juveniland TOKYO)

「Haneda Airport Toys Sweets Can(ハネダ・エアポート・トイズ・スイーツ缶)」は、ブリキおもちゃの第一人者として知られる北原氏と羽田空港のコラボ商品。
パッケージには北原氏の実際のコレクションが描かれ、缶の中身は一口サイズのかりんとうが入っています。

フレーバーは缶の種類ごとに異なり、黒糖・野菜ミックス・柚子・ねぎ味噌・きんぴらごぼう・シナモンの6種類。
全部集めたくなるスイーツ缶は、食べた後も楽しめる羽田空港限定お土産です。

童心 Juveniland TOKYO
場所:第1旅客ターミナル3F・マーケットプレイス8
電話番号:03-5757-8361
営業時間:9:00~19:30
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/142/

オリジナルトートバック(KINOKUNIYA entrée)

羽田空港内にはクオリティにこだわった紀伊国屋ショップもあり、チーズやワインをはじめ食べ物以外の雑貨等さまざまなアイテムがそろい利用者にとっては便利な一軒です。
お出かけ前にかさばる荷物をまとめたり、旅先であると便利なのがエコバックやトートバック。

紀伊国屋ではオリジナルトートバックなど種類豊富なサイズがそろい、飛行機の絵柄入りグッズは空港お土産としてもぴったりです。
普段使いとしても丈夫なので、お土産として贈ると喜ばれる一品ですね。

KINOKUNIYA entrée
場所:第1旅客ターミナルB1F・マーケットプレイス6
電話番号:03-5757-9068
営業時間:7:00~21:00
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/292/

ネイルオイル(Ukaネイルサロン)

「uka(ウカ)」は、マニキュアをはじめとしたトータルネイルケアの専門店です。
2018年には「uka red study one4/1」というアイテムがネイル部門で1位に輝くなど、オーガニック原料を含むナチュラルコスメが注目される化粧品ブランド。

ukaの人気アイテムの一つ・ネイルオイルはbasic(ベーシック)をはじめ、「7:15(ナナイチゴ)」・「13:00(イチサンゼロゼロ)」・「18:30(イチハチサンゼロ)」・「24:45(ニイヨンヨンゴ)」の全部で5種類あり、香り別と一日のうちで使用する時間帯に合わせてチョイスすることができます
2014年にukaイセタン羽田ストアレディスのオープンを記念して販売された“takeoff(テイクオフ)”は、流れ星や一番星など、4種の星空がデザインされた空港限定パッケージ。

人気の「24:45」はラヴェンダーと甘いバニラを重ねた上に、フレッシュなオレンジが香る優雅で爽快感を感じる香りに仕上がっています。
寝る前用のしっかり保湿にぴったりなアイテムです。

イセタン羽田ストア(レディス)
場所:第1旅客ターミナル2F・ゲートラウンジ南8
電話番号:03-5757-8780
営業時間:8:00~20:00
URL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/shopsandrestaurants/store/405/

羽田空港ふきん(中川政七商店)

「中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)」は、1716年奈良に創業した手積み手織りの麻織物専門店です。
一般的な麻は糸が細く織りが詰まっているものほど上質とされており、中川政七商店のものは手で積んだ糸を使用しているため糸の細さにも若干のバラつきはありますが、生地の品質を測る目打ちは通常の60~70本よりも多い85本を超えるものしか使用していないのだとか。

お店の代表格とも言えるのが「花ふきん」で、大判薄手なため吸水性と速乾性にすぐれた特徴を持っています。
花ふきんはその名のとおり花の名前がそれぞれつけられ上品なたとう紙で包まれていますが、空港限定の「羽田空港ふきん」には飛行機の絵柄が散りばめられていてお土産にもぴったりです。

遊・中川・日本市
住所:東京都大田区羽田空港3-4-2・東京モノレール羽田空港第2ビル駅B1F
電話番号:03-3747-0460
営業時間:8:00~20:00
定休日:なし
URL:https://www.nakagawa-masashichi.jp/Page/shoplist.aspx

Fliegenリングノート

羽田空港限定雑貨として人気なのが、フリーライド社製の「Fliegenリングノート」。
「Fliegen」はドイツ語で「フライト」を意味し、フリーライド社が立ち上げたエアラインブランドです。

飛行機の絵柄は日常生活でも「旅」を感じ、ノートの中身は5ミリ方眼になっているので書きやすさ使いやすさに定評があります
ゴムバンドもついているので、バックに放り込んでも開かない設計がうれしいところ。

第1・2の両ターミナルのお土産店で取り扱いがあります。

<下に続く>

羽田空港は期間限定商品も豊富!

空港の様子

羽田空港には空港限定お土産と共に、期間限定ショップやお土産品もさまざまです。
特にスイーツなどのお菓子類に限定品が多く、パッケージのデザインや限定味など空港の利用者が手に取りたくなるような魅力なアイテムがたくさんあります。

2018年に人気だった限定商品と言えば、「両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)」から販売された手のひらサイズの可愛らしい和菓子「ささらがた」。
透明感のあるスイカやレモンを使用したゼリー状の和菓子はインスタ映えし、涼やかで爽やかな味わいが大人気となりました。

またシリアルスイーツ専門店でもある「シュガーバターの木」からは、「塩キャラメルショコラ」が販売となり注目の的に。
サマーデザインボックスとして、爽やかなキャラメルリボンストライプのパッケージは「スイート&クール」な印象で見た目も可愛らしく、手土産としてももちろん自分へのご褒美として購入するなど大人気となったアイテムです。

さらに予約の取れないレストランで有名な「AU GAMIN DE TOKIO(オー・ギャマン・ド・トキオ)」の「とうもろこしムースサンド」も大人気で、6月から9月まで販売された三ヶ月間のみの限定商品。
冷凍状態で販売されていたムースサンドは、冷凍のまま食べるとアイスのような食感を、解凍して食べるとふんわりとしたムースがクセになる美味しさでお酒にも合うと好評の逸品です。

<下に続く>

羽田空港の限定お土産を制覇したい

空港内の様子

羽田空港には限定お土産が、たくさんあります。
特にスイーツはチェックしきれないほど、期間限定・パッケージ限定などのアイテムがズラリ。

仕事やプライベートでも利用する頻度が多い羽田空港で、あなたはどんな限定お土産を手にするのでしょうか。
友人や会社の同僚へのお土産も大切ですが、自分へのご褒美も忘れずに。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line