どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/05

三軒茶屋で人気のおすすめ観光スポット15選【買い物/カフェ/ランチ】

江戸時代に三軒の茶屋があったという「三軒茶屋」は、繁華街と住宅地が混在しており、芸能人が多く住んでる町です。
おしゃれで洗練されたカフェが多くあります。

その一方で古着屋巡りやディープな三角地帯など散歩で巡るスポットも多く観光にも楽しめるでしょう。
今回はそんな三軒茶屋の魅力、観光のおすすめを紹介します。

Large %e4%b8%89%e8%bb%92%e8%8c%b6%e5%b1%8b
目次

【観光の前に】三軒茶屋ってどんなところ?

三軒茶屋とは東京世田谷区の中心にある町の名前です。
「三茶(さんちゃ)」との異名を持ち、住みたい街のランキングに常に登場し、芸能人が多く住んでいる一方、おしゃれな繁華街としての顔が似合い、観光にも最適です。

新宿や渋谷の様な完全な繁華街でもなければ、自由が丘や吉祥寺の様な住宅がメインでもない、ちょうど良いバランスなのが三軒茶屋の特徴でしょう。
ところで地名の由来は、元々このあたりに三軒の茶屋があったからです。

江戸中期ごろには、当時の観光旅行として社寺を参詣することが流行っていました。
そんな中、相模国(神奈川県)の大山に向かう大山街道と多摩川の登り戸の渡しに通じる登戸道(世田谷通り)の分岐(追分)がこの場所にありました。

そこに、信楽(石橋楼)、田中屋、角屋の三軒の茶屋が、並んでいたことから三軒茶屋の名前がつくようになります。
つまり、江戸時代から茶屋という名前のカフェがあって、観光客の相手をしていた歴史があったのです。

三軒茶屋はおしゃれなカフェが並ぶイメージが強いですが、実は三軒茶屋にはレトロな景色も残っており、意外な観光の穴場スポットといえるでしょう。

<下に続く>

ディープな街を満喫!三軒茶屋でおすすめの観光スポット5選!

では、三軒茶屋の観光地をみていきましょう。
三軒茶屋には、以下の観光地があります。

  1. 大山道道標
  2. 世田谷公園
  3. 太子堂八幡神社
  4. 平宝山最勝寺(目青不動)
  5. 三角地帯

続いて、三軒茶屋の観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

三軒茶屋の観光地①:大山道道標

大山道標は、三軒茶屋の発祥のような観光スポットです。
三軒茶屋交差点の横にひっそりと道標が残っています。

かつて、江戸時代の観光といえる、相模の国にある大山神社に向かう大山詣で通る街道がありました。
ここから大山道が2つに分かれる場所で、旧大山道と新大山道に分かれました。

ちょうど分岐点となったところで、当時のカフェである三軒の茶屋が観光客相手に営業することとなりました。
ついつい見落としがちですが三軒茶屋の観光を語るうえで避けてはならないスポットです。

大山道道標
住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13
電話番号:なし
営業時間:24時間
定休日:無休
入場料や利用料:無料
URL:なし

三軒茶屋の観光地②:世田谷公園

世田谷公園は、三軒茶屋観光でもぜひ訪れたい公園といえるでしょう。
公園内にはミニSLが走行していて、週3日間運行しています。

園内には実際に運用されていた本物のSLや車掌車が保存されているので観光に来た鉄道ファンはたまりません。
その他自由に遊べるレーパークや交通公園など、ファミリーで観光に来たときなどで遊ぶのには最適でしょう。

繁華街と住宅地が混在する三軒茶屋のオアシスは、観光の散策でもバッチリです。

世田谷公園
住所:東京都世田谷区池尻1丁目5-27
電話番号: 03-3412-0432
営業時間:施設により異なる
定休日:施設により異なる
入場料や利用料:施設により異なる
URL:http://www.kanko-setagaya.jp/

三軒茶屋の観光地③:太子堂八幡神社

太子堂八幡神社は、三軒茶屋のパワースポットなので、ぜひ観光でも訪れましょう。
主祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)と八幡神(応神天皇)が祀られています。

正確な創建時期は不明ですが、平安時代後期に源頼義と義家が、東北の安倍氏討伐の最中に休息を取りました。
安土桃山時代には八幡宮が祀られ、昭和の時代に社殿が建てられました。

境内に入ると三軒茶屋の雰囲気とは全く違った空気が流れ、不思議なパワーを感じます。
ぜひ観光でパワーをもらってください。

太子堂八幡神社
住所:東京都世田谷区太子堂5丁目23-5
電話番号:03-3411-0753
営業時間:24時間
定休日:無休
入場料や利用料:無料
URL:http://taishido-hachiman.jp/

三軒茶屋の観光地④:平宝山最勝寺(目青不動)

平宝山最勝寺は、三軒茶屋の観光スポットの一つで目青不動と呼ばれている寺院です。
寺院の本尊は阿弥陀如来ですが、冷所本尊として不動明王があり、これが江戸五色不動の一つ「目青不動」です。

しかし、目青不動は秘仏とされ、観光で行っても公開されていません。
創建は1311年とされ、元々江戸城紅葉山付近に創建されましたが、その後各地を転々し、最終的は明治時代に現在地に落ち着きました。

目青不動は見れませんが、三軒茶屋観光の散策で、訪れてみたいスポットの一つです。

平宝山最勝寺
住所:東京都世田谷区太子堂4丁目15-1
電話番号:記載なし
営業時間:記載なし
定休日:記載なし
入場料や利用料:記載なし
URL:なし

三軒茶屋の観光地⑤:三角地帯

三角地帯は、三軒茶屋の交差点のあたり世田谷通りと玉川通りに挟まれた東に広がる一角です。
ここにはディープな飲み屋街が軒を並べる所なので観光の〆に使いましょう。

ちなみに隠れ家的なカフェもあるので、観光の休憩にも最適でしょう。
三角地帯のどの店もおすすめですが、特にイチオシなのが、三角地帯の中心にある「いざかやほしぐみ」です。

昔ながらの雰囲気が残る居酒屋で、カウンターとテーブル席と座敷があります。
おすすめはワインで、ディープな雰囲気で安いワインを飲むのは、観光にも取り入れておきましょう。

いざかや・ほしぐみ
住所:東京都世田谷区三軒茶屋3丁目13-1
電話番号:03-3487-9840
営業時間:17:30-25:30
定休日:無休
入場料や利用料:注文内容により異なる
URL:https://ameblo.jp/izakaya-hoshigumi/

<下に続く>

三軒茶屋の観光は買い物も楽しい!三軒茶屋でおすすめのショッピングスポット5選!

では、三軒茶屋観光でおすすめのショッピングスポットをみていきましょう。
三軒茶屋には、以下のショッピングスポットがあります。

  1. キャロットタワー
  2. 三軒茶屋銀座商店街
  3. Café de la Poste 三軒茶屋
  4. VILLAGE VANGUARD 三軒茶屋店
  5. 古着屋巡り

続いて、観光にも最適な三軒茶屋のショッピングスポットを、それぞれ詳しくみていきます。

キャロットタワー

キャロットタワーは三軒茶屋の真ん中にあるビルで、三軒茶屋の象徴・ランドマークとされます。
地上27階のビルで、最上階は無料の展望スペースとレストランになっているので観光に来たらぜひ訪れましょう。

ビルはツタヤなどの商業施設の他にも文化施設や行政窓口も入居しています。
タワー内にはパブリックシアターもあり、観光やショッピングのついでに劇場の芝居を観ることもできます。

ちなみにビルの名前は公募により選ばれました。

キャロットタワー
住所:東京都世田谷区太子堂4丁目1-1
電話番号:店舗で異なる
営業時間:店舗で異なる
定休日:店舗で異なる
URL:なし

三軒茶屋銀座商店街

三軒茶屋銀座商店街は、「三茶しゃれなあど」との異名を持つ三軒茶屋にある伝統的な商店街なので観光で訪問しましょう。
三軒茶屋駅から北西方向の茶沢通りにつづく商店街で、100を超えるお店が並んでいます。

三件茶屋観光でこの商店街をショッピングをしながら散策するのも楽しいでしょう。
商店街の中を見ると、古くから続いている老舗と、新しくオープンしたお店が混在しています。

三軒茶屋にはほかにも世田谷通り共和会や栄通りなど、個性豊かな商店街が残っているので、三軒茶屋観光で散策の時間を撮っておきたいところです、

三軒茶屋銀座商店街
住所:東京都世田谷区太子堂2丁目19−3 301 仙田ビル 3F
電話番号:03-3412-6554
営業時間:店舗で異なる
定休日:店舗で異なる
URL:http://sancha.or.jp/

Café de la Poste 三軒茶屋

Café de la Poste 三軒茶屋は、三軒茶屋の商店街の一角にあるアトリエ兼雑貨店です。
店主はフランス帰りで、オリジナルのアクセサリーを制作し、販売しています。

オリジナルなので三軒茶屋の観光のお土産にもなるでしょう。
そしてこのお店は雑貨の販売だけでなく占いを受けることができます。

ステラマリス・アドリアーナさんがフランスのカード「タロット」「ノストラダムス」「プチルノルマン」などを使って占いをしてくれます。
とくに占ってもらう必要が無くても、三軒茶屋観光に来たならぜひ立ち寄りたいお店といえるでしょう。

Café de la Poste 三軒茶屋
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1丁目20-5
電話番号:070-4005-0203
営業時間:12:00-20:00
定休日:月・金
URL:https://laposte.shopinfo.jp/

VILLAGE VANGUARD 三軒茶屋店

名古屋が本社の書店「ビレッジバンガード」は三軒茶屋にもあります。
三軒茶屋観光・散策にちょっと立ち寄ってみましょう。

奇抜な書店として人気のあるヴィレッジバンガードのも三軒茶屋のおしゃれな雰囲気と違和感なくあって、ちょっとした暇つぶしには最適でしょう。
マニアックな本はもちろんのこと、見てるだけでわくわくするような変わったおもちゃやグッズを眺めるのも楽しいものです。

観光のお土産には、意外にこのお店が重宝するかもしれません。

VILLAGE VANGUARD 三軒茶屋店
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1丁目34-12
電話番号:03-5779-8852
営業時間:10:00-24:00
定休日:無休
URL:https://www.village-v.co.jp/shop/detail/681

古着屋巡り

観光に取り入れたい、古着屋巡りは、三軒茶屋では人気があります。
おしゃれな古着を扱っているお店が駅の周辺に何軒かあるので、休日や観光に古着屋巡りをするのも楽しいでしょう。

かわいい古着屋の中でも、おすすめなのが三軒茶屋駅に近く、ファッション業界でも有名な「BANK」です。
24時まで営業しているので、平日の仕事帰りや飲み会の帰りに酔い覚ましを兼ねても立ち寄れるでしょう。

おしゃれなレディース&メンズの古着を取りそろえています。
毎日のコーディネートで使えそうな服があったり、靴も中々のものがあります。

三茶に観光で来たなら、夕方から営業してますので帰りに立寄りましょう。

BANK
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1丁目1-36-3
電話番号:03-3795-0770
営業時間:16:00-24:00
定休日:無休
URL:http://twovirgin.com/

<下に続く>

観光の後はカフェランチ!三軒茶屋でおすすめのカフェ5選!

では、三軒茶屋観光でおすすめカフェをみていきましょう。
三軒茶屋には、以下のカフェがあります。

  1. ニコラ
  2. エーブリッヂ三軒茶屋店
  3. セブン
  4. レイン オン ザ ルーム
  5. かみむら食堂

続いて、三軒茶屋のカフェを、それぞれ詳しくみていきます。

ニコラ

ニコラは三軒茶屋観光でもおすすめな夜遅くまで営業しているカフェです。
深夜零時まで営業していますので、残業で帰りが遅くなったときでも、ちょっとしたリラックスタイムが過ごせるでしょう。

苦味ののバランスがちょうど良い焙煎コーヒーとハイレベルなスィーツとの相性は抜群です。
その他のドリンクメニューやフードメニューが豊富なので、観光で遅くなったときの夕食や夜食利用にも最適です。

ニコラは三軒茶屋にはなくてはならないカフェといえるでしょう。

ニコラ
住所:東京都世田谷区太子堂4丁目28-10 鈴木ビル
電話番号:03-6804-0425
営業時間:16:00-24:00
定休日:火曜日
URL:http://www.nicolasnicolas.com/

エーブリッヂ三軒茶屋店

エーブリッヂは、三軒茶屋の三角地帯の一角にあるビルの最上階にあるカフェです。
観光で来たら最初はちょっと躊躇(ちゅうちょ)したくなりますが、入ってしまえば店内には長居したくなるソファーなどがあります。

またビルの上にあるため、開放的なテラス席がありますので、そこで観光した三軒茶屋の町の風景が堪能できるでしょう。
特に夕暮れ時はおすすめです。

自家製にこだわったメニューが多く、自家製のリコッタチーズや自家製のパンで焼いたトーストなどが人気です。

エーブリッヂ三軒茶屋店
住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14-12 三元ビル
電話番号:03-3418-5013
営業時間:12:00-1:30
定休日:無休
URL:http://www.a-bridge.jp/

セブン

セブンは、三軒茶屋の駅前にある昔ながらの喫茶店です。
外観から昭和の香りがただようので、観光のスポットでも楽しめます。

特に、陳列する食品サンプルにも懐かしさを感じるでしょう。
メニューは「これぞ喫茶店」というオーソドックスのものが揃い、昔ながらのピラフやオムライスも食べられます。

重すぎないコーヒーの味わいも、どこか安心感を感じるでしょう。
半世紀以上営業し続けている店内のレトロな雰囲気は年配者には懐かしく、若者には新鮮に感じるであろう雰囲気なので、観光の一休みに最適です。

セブン
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1丁目32-13
東京都世田谷区三軒茶屋1丁目32-13
電話番号:03-3410-6565
営業時間:11:00-21:00
定休日:無休
URL:なし

レイン オン ザ ルーフ

レインオンザルーフは、三軒茶屋の三角地帯の古民家カフェで、観光に立ち寄りたいスポットです。
大衆居酒屋だったところをリノベーションしました。

店内はかつての居酒屋の雰囲気は見事になくなり、ちょっとした「隠れ家」の雰囲気に満ち溢れています。
ドリンクやスィーツのほか、てごねアボガドハンバーグやトマトと枝豆のリゾットなどのカフェめしが頂けます。

「おじいちゃんから孫娘の夢が詰まった」というコンセプトを持つお店なので観光で来た際などコーヒーを飲みながら思い思いの夢を語ってみましょう。

レイン オン ザ ルーフ
住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14-22 2F
電話番号:03-3487-8811
営業時間:11:30-23:30
定休日:無休
URL:http://renovationplanning.co.jp/portfolio_page/rain-on-the-roof

かみむら食堂

かみむら食堂は、三軒茶屋駅のすぐ、三角地帯と呼ばれるエリアにあるカフェです。
レトロな雰囲気漂う店内はやや暗めの照明で、ランプが高い天井から長くぶら下がっていて、観光で立ち寄りたいような落ち着いた雰囲気です。

カレーライスや生姜焼きおにぎりセットなど定番の料理があるので時間を気にせずいただきましょう。
カフェスクールに通い、チェーンのコーヒーショップなどでで実務経験を積んだ店主が出すコーヒーの旨さは温かみが違います。

かみむら食堂は観光などで休日に来て、のんびり過ごすのに適しているでしょう。

かみむら食堂
住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14-22
電話番号:03-5787-5898
営業時間:12:00-16:00
       18:00-22:30
定休日:月曜日
URL:なし

<下に続く>

おしゃれな三軒茶屋は観光でも十分すぎるほど楽しい

繁華街と住宅地が混在した町「三軒茶屋」は、芸能人も多く住んでる町で、おしゃれで洗練されたカフェも多くあります。
その一方で観光に行っても楽しめる古着屋巡りやディープな三角地帯など散歩で巡るのは、想像以上に楽しいでしょう。

象徴でもあるキャロットタワーを中心に、観光で三茶散歩をするとまだまだ未知の発見があるかもしれません。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line