どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/04

岡山名物えびめしのおすすめ店10選!カルディでも買える?

岡山県民に長らく親しまれているB級グルメ「えびめし」。
チャーハンのようでピラフのようで、それでいて独特な味わいのある、えびめしの魅力について紹介します。

えびめしの成り立ちや、美味しいえびめしの食べられる評判のお店も紹介。
自宅で作ってみたい人のための、えびめしレシピなど、岡山名物えびめし情報満載でお届けします。

Large prawns 1239307 1280

東京生まれの岡山ご当地グルメえびめしってどんな食べ物?

えびめし渋谷

1960年代から岡山県内で親しまれているソウルフードです。
しかし意外なことに、発祥は岡山ではなく東京。

渋谷・道玄坂にあるカレーショップ「いんでいら」で、1955年の創業当時から販売されている「えびめし」が発祥です。
当時の岡山県出身の店員さんが、暖簾わけする形で岡山に「いんでいら」を開店し、「えびめし」が大ヒット。

以来岡山県民に長く親しまれる、ソウルフードとして発展していったのです。
「えびめし」とはその名のとおり、えびをふんだんに使用した、ピラフのような焼き飯のようなメニューで、黒々としたインパクトのある色彩が特徴的。

ケチャップやデミグラスソース、カラメルソースなどをベースとした特製のソースで絡めた、独特の風味を楽しめます。
えびめし単体はもちろん、ハンバーグやエビフライなどと合わせたり、オムライスにくるんだりと、えびめしメニューはバリエーションが豊富な点も特徴的です。

えびめしを提供するお店も、レストランだけではなく、喫茶店やラーメン屋さんでも名店があるので、食のジャンルやメニューの形態を超えた、かなり自由度の高い料理と言えるでしょう。

<下に続く>

岡山のえびめしの特徴とは?チャーハンやピラフとの違いは?

えびめしピラフ

えびめしについて語る前に、まずはチャーハンとピラフの違いを整理しておきましょう。
チャーハンは、炊いたご飯を様々な具財と共に炒めたもの。

最初にとき卵を投入することも特徴ですね。
一方ピラフは、炊く前のお米を、具財と共に炒めてから、スープと共に炊くもの。

いわば洋風の炊き込みご飯です。
チャーハンとピラフでは、ご飯や米を「炒める・炊く」の順番が異なります。

えびめしは、ジャンルとしては洋食のカテゴリーに入るので、ピラフの一種と思われているようですが、ピラフではありません。
えびめしは炊き込みご飯ではなく、炊いたご飯と具財を炒めて、特性のソースと絡めて作るものです。

また、えびめしはとき卵を使用しません。
つまりえびめしは、チャーハンでもピラフでもない料理ということになります。

東京渋谷で発祥し、岡山で様々な料理と組み合わせることが可能な、独自のメニューとして発展したえびめしは、ピラフやチャーハンといった既存の料理の範疇には収まらない、唯一無二の料理と言えそうです。

<下に続く>

「えびめしや」に「いんでいら」!岡山のえびめしおすすめ店10選!

null

では、岡山で美味しいえびめしを食べられる評判のお店を、10店舗チョイスしてみていきましょう。

  1. えびめしや万世店
  2. ラーメン西本
  3. 洋食カフェもみじ堂
  4. キッチンかいぞく
  5. うなりや
  6. いんでいら
  7. カフェレスト杏
  8. 道草
  9. ランチ&ビアSUN
  10. 吉備サービスエリア上り

続いて、岡山でえびめしが評判のお店を、それぞれ詳しくみていきます。

えびめしや万成店

1966年創業の老舗洋食店。
東京で修行をした創業者が、故郷の岡山に戻って、えびめしを広めていった元祖的存在のお店です。

大ぶりなえびがゴロゴロと入った漆黒のご飯は、スパイシーで旨みもたっぷり。
創業以来守り続けてきた、本物のえびめしの味を楽しめます。

メニューの種類は豊富で、なおかつリーズナブル。
えびめしは単品で667円、サイズは3種類あってスープ付も選べます。

その他にもハンバーグやチキンカツとのプレートメニューや、オムえびめし、えびめしのドリアまである充実ぶり。
さらに普通のメニューでも、プラス250円でライスをえびめしに変更できるというサービスもあります。

いかに岡山でえびめしが愛されているかが、うかがい知れるメニューですね。
えびめしやは万成店の他にも、南区の青江店、倉敷市の笹沖店も営業していて、どこの店舗でも充実したえびめしメニューを楽しむことができます。

えびめしや万成店
住所:岡山県岡山市北区万成西町2-53
電話番号:086-251-6221
営業時間:11:00~22:00
定休日:火曜日
URL:えびめしや万成店

ラーメン西本

岡山電軌線県庁通り駅に程近い、赤いレンガの歩道がおしゃれなオアランダ通り沿いにあるラーメン店。
ラーメン屋さんなので、メインのメニューは塩や醤油のラーメンなのですが、こちらのえびめしもかなりの評判です。

普通のえびめしだけではなくオムえびめしもありますし、えびクリームコロッケやハンバーグとのセットもあります。
なかでも人気なのが、お好みのラーメンと組み合わせる「えびめしセット」。

プラス100円で頼める、塩野菜ラーメンとのセットなら、えびめしとラーメンと野菜を存分に楽しめます。
小粋なラーメン店で味わうえびめしも、また格別ですよ。

ラーメン西本
住所:岡山県岡山市北区表町2-3-63
電話番号:086-234-1755
営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00
定休日:不定休
URL:ラーメン西本

洋食カフェもみじ堂

県道21号線の妹尾川沿いに、ポツンと佇むカフェレストラン。
吹き抜けのある店内は、開放感があっておしゃれな雰囲気。

いつでもお客さんで溢れていますが、居心地がよく、時間を気にせず寛げそうです。
えびめしは単品で700円。

その他にも、オムえびめしとえびめしドリアがあります。
もみじ堂では、4つの料理を同時に味わえるプレートメニューが人気なのですが、えびめしプレートとオムめしプレートも楽しめます。

プレートの料理はハンバーグ、エビカツ、クリームコロッケ、ミルフィーユカツ、チキン南蛮の5つの料理から選べるので、さらに楽しみが広がりそうです。
小さなお子様には、お子様ランチが150円で食べられるのも魅力。

家族連れでも女子会でも、リーズナブルに居心地よく寛げる、地元で人気のお店です。

洋食カフェもみじ堂
住所:岡山県岡山市南区箕島1317-1
電話番号:086-250-1361
営業時間:9:00~22:00
定休日:不定休
URL:洋食カフェもみじ堂

キッチンかいぞく

牛窓の港からほど近くにある、海風を感じられる老舗のレストラン。
店頭にある「木彫りの船長」が、温かく出迎えてくれます。

マスターは若い頃に、岡山のいんでいらで修行した経験があるそうで、名物メニューはやっぱりえびめし。
1978年に開店して以来、地元の人々に愛され続けています。

えびめし単品は710円。
えびめしオムライスやカツえびめしもあります。

またハンバーグやエビフライなど、トッピングできる料理が7種類もあり、色々なバージョンのえびめしを、リーズナブルに楽しめる点も魅力です。
恋人達の聖地・牛窓の、海辺のレストランでえびめしを食べれば、幸せな気分になれること間違いないでしょう。

キッチンかいぞく
住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4173
電話番号:0869-34-4741
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日
URL:キッチンかいぞく

うなりや

山陽新幹線の新倉敷駅から南へ車で約5分、溜川のほとりに佇むラーメン店です。
なかなかアンティークな雰囲気の外観ですが、店内には川に面したテラス席もあり、湖のように穏やかに広がる溜川を眺めながら、ラーメンやえびめしを楽しめます。

メニューはラーメンとえびめしと、いたってシンプル。
うなりやのえびめしは、一際黒々としていて、頂上にすり下ろしたゆで卵がトッピングされています。

そしてサイドにはコールスローサラダ。
彩りも味わいも抜群のコントラストです。

玉島地区にある、美味しいラーメンとえびめしと、穏やかな景色を楽しめるお店です。

うなりや
住所:岡山県倉敷市玉島阿賀崎1-11-30
電話番号:086-522-8705
営業時間:11:30~20:00
定休日:水曜日

いんでいら

えびめし発祥の東京渋谷・いんでいらの名前を継ぐレストラン。
新見駅から7~8分、新見往来沿いの「にいみプラザ」の中にあります。

東京の「いんでいら」から岡山にえびめしを持ち込んで広めた、出井氏の一番弟子がオープンしたお店です。
本来のえびめしの味を、心ゆくまで味わうことができます。

店頭にある、ガラスケースに入ったサンプルのディスプレイが、なんとも懐かしい雰囲気。
パフェにクリームソーダにエビフライ、そしてもちろん、えびめしもあります。

単品のえびめしは620円で、その他にはハンバーグとのセットと、カニクリームコロッケとのセットも楽しめます。
ビジュアルは、とても濃厚。

でも味はあっさりとしていて、それでいて後を引く感じで、いくらでも食べられそうです。
懐かしい雰囲気の店内で、岡山のソウルフードの元祖を、ぜひ味わってみてください。

いんでいら
住所:岡山県新見市高尾2477-1 にいみプラザ1F
電話番号:0867-72-1808
営業時間:9:00~20:00
定休日:なし
URL:いんでいら

カフェレスト杏

倉敷美観地区にあるお食事処。
手焼き煎餅屋さん・杏の隣に併設されています。

お母さんが手焼き煎餅を、娘さんがカフェを切り盛りしている、ファミリーなお店です。
古民家を改造した店内は趣があり、いかにも倉敷といった、とてもいい雰囲気。

そばやうどん、デミカツといったバラエティーに富んだメニューの中に、もちろんえびめしもあります。
えびめしは単品で880円。

その他にはエビフライとのセットと、韓国冷麺とのセットがあります。
杏のえびめしの色は薄め。

ゆで卵がアクセントとして乗っていて、単品メニューでもサラダとスープが付いてくるのが嬉しいですね。
美観地区の古民家でえびめしを味わえば、たっぷりと岡山を満喫できそうですよ。

カフェレスト杏
住所:岡山県倉敷市本町5-7
電話番号:086-422-2046
営業時間:10:00~17:30
定休日:不定休
URL:カフェレスト杏

道草

笠岡駅から西、国道2号線沿いの笠岡市民病院の向かいにある、レトロな雰囲気のレストラン。
店頭に大きく「えびめし」と書いてあるとおり、一番人気のメニューはえびめし。

いんでいらで修行した店主が、伝統の味を守っています。
実際に、店に訪れるお客さんの半分以上が、えびめしを注文するそうです。

えびめしは単品で500円と、非常にリーズナブル。
その他にもエビフライやハンバーグ、焼肉などとのセットメニューもあります。

黒々としたえびめしは、ほのかにカレーとバターの香り。
脇に添えたオイル漬けのキャベツとの相性も抜群です。

ラーメンや焼きそばなど、その他のメニューもとてもリーズナブルなので、独自の組み合わせで、えびめしを楽しめそうです。

道草
住所:岡山県笠岡市笠岡5891-2
電話番号:0865-63-0404
営業時間:11:00~16:00
定休日:金曜日

ランチ&ビアSUN

岡山駅構内のサンフェスタ岡山1Fにあるダイニングバー。
駅構内をぶらぶら歩きながら立ち寄れるので、買い物の途中でも仕事の行き帰りでも、いつでも気軽に訪れることができます。

店内は落ち着いたバル風。
おしゃれな雰囲気です。

おしゃれなバルでも、えびめしはやはり人気メニュー。
黒々としてて、錦糸卵がアクセントとして添えられています。

ランチメニューでは、えびめしの他に日替わりでトッピングも楽しめます。
夜ならビールと共に味わうのも一興です。

駅から直結で味わえるえびめし。
余裕のある時でも、時間のない時でも、どんな時でもえびめしに出会えるお店です。

ランチ&ビア・サン
住所:岡山県岡山市北区元町1-1 サンフェスタ岡山1F
電話番号:086-801-0060
営業時間:11:00~22:30
定休日:無休
URL:ランチ&ビア・サン

吉備サービスエリア上り

車移動で岡山の町中へは立ち寄れない場合でも、えびめしを楽しめる所があります。
それは吉備サービスエリアの上り線。

フードコートの方ではなく、岡山プラザホテルが運営しているレストランで、えびめしを食べることができます。
エビフライが1本乗っている、えびめしセットが1,130円。

スープとサラダ、香の物が付いてきます。
ほんのりカレーの風味がして、上品な仕上がりです。

旅の途中でも出張の合間でも、サービスエリアで食べられるというのは嬉しいところ。
えびめしがいかに岡山のソウルフードとして定着しているか、わかりますね。

吉備サービスエリア上り
住所:岡山県岡山市北区今岡705-1
電話番号:086-284-8822
営業時間:平日11:00~21:00 土日祝7:00~22:00
定休日:無休
URL:吉備サービスエリア上り

<下に続く>

カルディで岡山のえびめしができるソースが新発売!

えびめしを食べるのには、岡山まで行かなければならないと思う人もいるかもしれませんが、駅前やショッピングモールでよく見かける、カルディ・コーヒーファームで、えびめしの素となるソースが発売になりました。
商品名は「えびめしができるソース」

ストレートですね。
つまりカルディでこのソースを購入すれば、自宅で簡単にえびめしを楽しめることになります。

価格は2食分入っていて189円。
とてもリーズナブルで家計にも安心です。

ただし、えびやその他の具財は入っていないので、別途自分で用意する必要があります。
作り方は簡単で、具とご飯を炒めて、えびめしができるソースを絡めるだけ。

お好みでエビフライやコロッケを添えれば、お手軽えびめしセットの完成です。
カルディに立ち寄る機会があれば、えびめしができるソースを探してみてはいかがですか?

<下に続く>

岡山のえびめしを自分で作ってみよう!簡単レシピ!

えびめしレシピ

カルディのえびめしができるソースがなくても、自宅でえびめしを作ることは可能です。
ここで簡単に作れる、えびめしのレシピを紹介しましょう。

材料

  • ご飯200g
  • むきえび70g
  • たまねぎ1/4個
  • マッシュルーム1個

調味料

  • デミグラスソース大さじ1
  • ウースターソース大さじ1.5
  • ケチャップ小さじ1
  • カレーパウダー少々
  • バター小さじ2

作り方

  1. たまねぎをみじん切りに、マッシュルームをざく切りにしておきます
  2. フライパンを火にかけ、バターを入れ、玉ねぎとマッシュルームを中火で炒めます
  3. 火が通ったらえびを入れます
  4. えびに焼き色が付いたら、ご飯を入れて炒めます
  5. ご飯によく火が通ったら、デミグラスソース・ウースターソース・ケチャップを入れてよく混ぜます
  6. ご飯の色が黒っぽくなってきたところで、仕上げにカレーパウダーをふりかけます
  7. 器に盛ったら完成です

付けあわせとして、コールスローサラダを添えたり、アクセントとしてゆで卵や錦糸卵などをかけてもいいですね。

<下に続く>

岡山のソウルフート「えびめし」を堪能しよう!

null

B-1グランプリをはじめとして、近年では盛んに全国各地のB級グルメが取り上げられるようになってきています。
そんななかでも、えびめしは半世紀以上も前から、岡山県民に愛され続けているソウルフードです。

地元のレストランも、作り手によって味や趣が異なるので、様々なお店を食べ歩くのも楽しいかもしれません。
岡山に訪れた際には、ぜひ気になるお店に立ち寄って、岡山名物えびめしを味わってみてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line