どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/06/07

名古屋で人気の子供と一緒に楽しめるおすすめ観光スポット20選

日本のほぼ真ん中あり、経済を牽引する都市、名古屋。観光分野では、東京、大阪と比べると地味な存在ですが、実は家族連れで楽しめるスポットがたくさんあ流のをご存知ですか?
この記事では、子供連れで楽しめる観光スポットや、家族で楽しめるショッピングスポットなどご紹介します!

Large pexels photo 1688253

【観光の前に】名古屋周辺には子供と一緒に楽しめるスポットがたくさんある!

走る子供

名古屋は本州のほぼ真ん中にあり、商業、産業、歴史の3分野で日本をリードする都市の一つです。

名古屋市は、横浜市・大阪市に次いで、人口が全国第3位(東京特別区部を除く)。
東海3県(愛知、岐阜、三重)の玄関口として、重要な役割を果たしています。

そんな名古屋に子供連れで楽しめる、観光スポットがたくさんあることをご存知ですか?
この記事では、家族で楽しめる観光名所や、幼い赤ちゃんを連れでも無理なく過ごせるスポットなどをご紹介します!

<下に続く>

小学生以下の子供連れ観光に!名古屋周辺でおすすめの観光スポットランキング8選

名古屋には、世界的に有名な施設や、動物園、歴史を学べる場所など、子供も大人も楽しめる観光スポットがたくさんあります。

では、その中でもおすすめ観光スポットは以下の通りです。

  1. レゴランド・ジャパン
  2. 東山動植物園
  3. 名古屋城
  4. ディノアドベンチャー
  5. シートレインランド
  6. とだがわこどもランド
  7. 東谷山フルーツパーク
  8. 名古屋港ワイルドフラワーガーデン

各観光地は、それぞれに子供が楽しめる特色があります。
詳しくご紹介しましょう。

① レゴランド・ジャパン

レゴブロックで有名な、レゴランド。
2017年、日本初のレゴランドとして名古屋市港区にオープンしました。

館内は、7つのテーマに分かれており、いたるところにレゴブロックで作られたキャラクターや有名な建物、日本の名所を鑑賞することができます。

想像力を刺激するレゴブロックは、子供の年齢に関係無く楽しめるおすすめスポットです。
併設されたホテル(レゴランドジャパンホテル)もあり、遠方からお出かけの際は利用すると便利です。

レゴランド・ジャパン
住所:〒455-8605 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2−1
電話番号:050-5840-0505
営業時間:10:00 - 17:00(1月〜3月22日)、10:00 - 18:00(3月23日〜4月4日)
閉園日:4月 9日(火)、10日(水)、5月 7日(火)、8日(水) 5月以降の閉園日は公式Webで要確認
入場料や利用料:オフピーク料金/おとな (13歳以上):5,000円 こども (3歳~12歳): 3,700円 
ピーク料金/おとな (13歳以上):6,900円 こども (3歳~12歳): 4,500円
URL:レゴランド・ジャパン公式ウェブサイト

② 東山動植物園

全国的にも有名な観光地、「東山動物園」。
上野動物園、旭山動物園と並ぶ、人気の動物園です。

この動物園の見所は、コアラ、ぞう、こども動物園、そしてなんと言っても、イケメンゴリラで有名な「シャバニー」です。

動物園を堪能した後は、植物園をゆっくり回りましょう。
5月下旬から6月、10月から11月はバラが咲きほこり、大人も子供も見惚れるバラ園になります。

天気がよければ、ガーデンテラス東山でゆっくりランチを取るのも良いでしょう。
入園料がお安く設定されているので、家族連れには助かりますね。

東山動植物園
住所:〒464-0804 愛知県名古屋市千種区東山元町3丁目70
電話番号:
営業時間:9:00 - 16:50
定休日:毎週月曜(月曜が祝日または振替休日の場合、その直後の休日でない日が休園となります。)年末年始12月29日〜1月1日
入場料や利用料:大人500円 子供(中学生以下):無料
URL:東山動植物園公式ウェブサイト

③ 名古屋城 金シャチ横丁

言わずと知れた、名古屋で最も有名な観光地です。
間近に見るお城は、子供にとってもインパクト大ですね。

残念ながら、名古屋城・天守閣は耐震性強度と木造復元のため、2022年まで閉館しています。

しかし、2018年に名古屋城敷地内にオープンした「金シャチ横丁」では、名古屋のお土産屋や老舗飲食店が並び、とても賑わっています。

週末には、公式おもてなしキャストが歴史人物に扮しショーなどのイベントが企画され、子供も大人も楽しめるスポットとなっています。

名古屋城 金シャチ横丁
住所:〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2
電話番号:052-973-9011
営業時間:義直ゾーン(正門)10:30~17:30 宗春ゾーン(東門)10:30~22:30
店舗によって営業時間は異なります。
定休日:各店舗により異なる
入場料や利用料:金シャチ横丁は無料
URL:金シャチ横丁公式ウェブサイト

④ ディノアドベンチャー

緑に囲まれた、緑区大高緑地にある、「ディノアドベンチャー」。
恐竜の模型が自然とマッチして展示されているので、とても迫力があります。

恐竜好きの男の子にはたまらないスポットでしょう。
お土産も恐竜グッズが盛りだくさんで、お友達へのプレゼントに最適です。

屋外での展示のため、歩きやすい格好で行くことをお勧めします。

ディノアドベンチャー
住所:〒459-8001 愛知県名古屋市緑区大高町文根山 大高町文根山1−1
電話番号:052-693-8798
営業時間:平日10:00 - 17:00 土日祝 9:00 - 17:00 夏期 9:00 - 17:30
定休日:月曜日(祝日等の場合は翌平日)/ 年末年始:12月29日〜1月3日
入場料や利用料: 大人:800円 子供(中学生以下):600円 2歳以下は無料
URL:ディノアドベンチャー公式ウェブサイト

⑤ シートレインランド

名古屋港にある、遊園地「シートレインランド」。
園内にある大観覧車が、名古屋港のランドマークとなっています。

晴れた日には、名古屋市内を見渡すことができ、週末には観光を楽しむ家族連れで賑わっています。

幼児から大人まで、幅広く楽しめるアトラクションが揃っており、利用する際に料金を支払うシステムなので、無駄がありません。
お得なフリーパスもあるので、都合にあったプランを利用するようにしましょう。

シートレインランド
住所:〒455-0034 名古屋市港区西倉町1-51
電話番号:052-661-1520
営業時間:閑散期、夏期と変動するので、公式ウェブサイトを確認ください。
定休日:毎週月曜日*祝日を除く:夏期(7月〜9月は無休)
入場料や利用料:無料 アトラクションによって利用じに料金を支払う
URL:名古屋港 シートレインランド公式ウェブサイト

⑥ とだがわこどもランド

港区戸田川緑地公園隣にある、名古屋市が運営する児童センター「とだがわこどもランド」。

屋外で、体を思いっきり使って遊べる遊具がたくさんあります。
夏には池や川で水遊びができ、雨の日や、冬の寒い時期には、屋内のプレイハウスで遊ぶことができます。

有料のゴーカート(1回50円)・サイクルモノレール(1回1人100円)などのアトラクションもあります。
季節によって子供が楽しめるイベントが企画されています。

とだがわこどもランド
住所:〒455-0873 愛知県名古屋市港区春田野1丁目3616
電話番号:052-304-1500
営業時間:9:00~18:00 (4月~9月)9:00~17:00 (10月~3月)
定休日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は直後の平日)12月29日~1月3日
入場料や利用料:無料
URL:とだがわこどもランド公式ウェブサイト

⑦ 東谷山フルーツパーク

守山区東谷山にある果樹園・公園、「東谷山フルーツパーク」。
珍しい植物や果物の成長を観察することができるので、とても良い経験になるでしょう。

5月下旬から11月ごろまで、果物の収穫体験ができます。

東谷山フルーツパーク
住所:〒463-0001 愛知県名古屋市守山区守山区上志段味字東谷2110
電話番号:052-736-3344
営業時間:9:00~16:30
定休日:毎週月曜日(休日と重なった場合はその直後の平日)
年末年始 ( 12月29日 〜 1月3日 )
入場料や利用料:無料*イベント期間中のみ有料
URL:東谷山フルーツパーク公式ウェブサイト

⑧ 名古屋港ワイルドフラワーガーデン

港区にある野生的植物や草花が鑑賞できる、「名古屋港ワイルドフラワーガーデン」。

中部電力50周年の事業として、新名古屋火力発電所の一部を整備され、様々な種類の庭園を楽しめるようになっています。

子供が遊べる遊具はありませんが、園内をハイキングしたり、季節の花をスケッチしたりと穏やかに過ごすことができます。

園内には、テラス席でお花を眺めながら食事ができるレストランがあり、キッズメニューも用意されています。

名古屋港ワイルドフラワーガーデン
住所:〒455-0028 名古屋市港区潮見町42番地
電話番号:052-613-1187
営業時間:3月1日~11月30日/9:30~17:00
12月1日~12月23日/9:30~16:00
営業時間を延長する場合がございます。
詳しくはお問い合わせください。
定休日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は翌日)
名古屋みなと祭開催日
12月24日、冬季(12月25日~翌2月末日)
入場料や利用料:大人:300円 小・中学生:150円 幼児(6歳未満):無料
URL:名古屋港ワイルドフラワーガーデン公式ウェブサイト

<下に続く>

雨の日や寒い冬の日にも!名古屋周辺で子供と遊べる室内観光スポットやイベント8選

寝そべる子供

貴重な家族のお出かけを、雨や寒さなどの理由でキャンセルしたくないですよね。
天候に振り回されない、子供が屋内で遊ぶ・楽しめる観光スポットをご紹介します。

  1. 名古屋港水族館
  2. 名古屋市科学館
  3. トヨタ産業記念館
  4. リニア鉄道館
  5. JICA名古屋地球ひろば
  6. アサヒビール名古屋工場
  7. 電気の科学館
  8. 名古屋市博物館

① 名古屋港水族館

名古屋港ガーデンふ頭にある、「名古屋港水族館」。
美ら海水族館(沖縄)、海遊館(大阪)に次ぎ、全国3位の入場者数を誇り、名古屋の人気観光スポットです。

館内の展示のほとんどが屋内のため、外に出る必要がありません。
人気のイルカのパフォーマンスは屋外ですが、屋根のある席で鑑賞ができます。

雨の日は、念のためレインコートや折りたたみ傘があると良いでしょう。
前方の席は、イルカの水しぶきなどで濡れる可能性があるので注意しましょう。

大きな荷物などは、コインロッカーに預けることができます。
(有料:大300円・小200円)

名古屋港水族館
住所:〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1−3
電話番号:052-654-7080
営業時間 : 通常 9:30~17:30 *GW、夏休みなどは20:00まで延長
定休日:毎週月曜日 ※祝日の場合は翌日
GW・7月〜9月・年末年始・春休みは無休
入場料や利用料:大人:2000円 子供(小・中学生以下):1000円 幼児(4歳以上):500円
URL:名古屋港水族館公式ウェブサイト

② 名古屋市科学館

プラネタリウムが人気の「名古屋市科学館」。
「みて、ふれて、たしかめて」をテーマに、子供が実際に触れて体験するコーナーが多くあります。

子供も大人も遊びながら学ぶことができ、有意義に過ごすことができます。

プラネタリウムの観覧券は当日午前9時30分から売り出されます。
週末や、学校のお休み時期などは、売り切れる事もあるので早めに購入するようにしましょう。

名古屋市科学館
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目17−1 芸術と科学の杜・白川公園内
電話番号:052-201-4486
営業時間:通常 9:30~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は開館し、直後の平日を休館します。)
第3金曜日(祝日の場合は開館し、第4金曜日を休館します。)
年末年始(12月29日から1月3日)
入場料や利用料:展示室とプラネタリウム/ 大人:800円 学生(大学・高校生):400円 子供(中学生以下):無料
URL:名古屋市科学館公式ウェブサイト

③ トヨタ産業記念館

名古屋を代表する企業、トヨタグループのミュージアム「トヨタ産業記念館」
車の歴史はもちろん、日本の産業の基盤を支えた繊維機械の展示など、貴重な展示物を見ることができます。

館内は映像や本物の機械の展示が多くあり、子供でも分かり易くなっています。
特に、テクノランドは繊維機械や自動車に利用されている機械を取り入れたアトラクションがあり、遊んで学べる観光スペースとなっています。

土日祝日などの混雑が予想される日は、テクノランドへの入場制限がされ、事前受付の必要があるので注意しましょう。

トヨタ産業記念館
住所:〒451-0051 愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1−35
電話番号:052-551-6115
営業時間:午前9時30分~午後5時
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
入場料や利用料:大人:500円 中高生:300円 小学生:200円
URL:トヨタ産業記念館公式ウェブサイト

④ リニア・鉄道館

名古屋市に本社を置くJR東海の鉄道博物館「リニア・鉄道館」

電車大国日本の歴史や、未来の高速鉄道の紹介などを、実際にJR東海で利用された車両を見ながら、学ぶことができます。

本館には運転シュミレーターがあり、電車好きな子供や大人にはたまらないスポットです。
(シュミレーター利用は別途料金がかかります。)

軽食のとれる「デリカステーション」では、子供用の限定弁当ボックスや、復刻された駅弁を食べることができます。

リニア・鉄道館
住所:〒455-0848 愛知県名古屋市港区金城ふ頭3丁目2−2
電話番号:052-389-6100
営業時間:10:00~17:30
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)年末年始 12月28日~1月1日
入場料や利用料:大人:1000円 小中高生:500円 幼児(3歳以上未就学児):200円
URL:リニア・鉄道館公式ウェブサイト

⑤ JICAなごや地球ひろば

政府実地機関であるJICA中部が、名古屋市に設立した「なごや地球ひろば」。
2005年に開催された万博、「愛・地球博」から発展した国際協力の和を絶やさないよう設立された、体験型施設です。

4つのゾーン(体験・食・買い物・活動)と2つのコーナー(情報・パネル)を体験し学ぶことで、途上国で起きている問題などをリアルに知ることができます。

JICAなごや地球ひろば
住所: 〒453-0872 愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60−7
電話番号:052-533-0121
営業時間:ゾーンによって開館時間は変わります。
定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
入場料や利用料:無料
URL:JICAなごや地球ひろば公式ウェブサイト

⑥ アサヒビール名古屋工場

お店やレストランなどで目にするアサヒビールの製造工場「アサヒビールなごや工場」
工場内を見学できるツアー(約75分)があり、事前予約が必要です。

ツアーでは、ビールの製造工程を生で見ることができます。
環境への取り組みコーナーでは、子供が触って学べるコーナーもあるので、大人だけでなく家族で楽しめるスポットです。

ツアーの最後にはビールの試飲ができます。子供用やお酒が飲めない方用に、たくさんの種類のソフトドリンクが用意されています。

アサヒビール名古屋工場
住所:〒463-0089 愛知県名古屋市守山区西川原町318
電話番号:052-792-8966
営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始・指定休日
入場料や利用料:無料(予約制)
URL:アサヒビール名古屋工場公式ウェブサイト

⑦ 電気の科学館

中部電力が運営する、電気に関する科学館「電気の科学館」。
館内は7つのゾーン(電気の発見、サイエンスプラザ、電気の旅、地球とエネルギー、オームシアター、ふしぎのくに、学習ひろば)に分かれています。

ゾーンによって、実際に体験して学べるので、小さな子供でも分かり易くなっています。
毎日シアターで実験プログラムが企画されているので、見逃さないようにしましょう!

電気の科学館
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目2−5
電話番号:
営業時間:9時30分~17時
定休日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
第3金曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
春休み、夏休みは無休
入場料や利用料:無料
URL:電気の科学館公式ウェブサイト

⑧ 名古屋市博物館

名古屋市が運営する、歴史博物館「名古屋市博物館」。
尾張の歴史をはじめ、世界の歴史を感じることのできる、展示物を見ることができます。

ロビーには「ロダンの考える人」があり、世界的に有名な美術品が鑑賞できます。
夏休みなどには、子供が楽しめるイベントがたくさん企画されています。

名古屋市博物館
住所:〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1丁目27−1
電話番号:052-853-2655
営業時間:9時30分~17時
定休日:月曜日(ただし祝日の場合は開館し、直後の平日を休館します。)
第4火曜日(ただし祝日の場合は開館します。)
年末年始(12月29日から1月3日)
入場料や利用料:大人:300円 大学生・高校生:200円 中学生以下:無料
URL:名古屋市博物館公式ウェブサイト

<下に続く>

【観光以外も紹介】赤ちゃんや小さい子供連れでも楽しめる!名古屋周辺でおすすめのショッピングスポット4選

子供と遊ぶ

子供を連れてショッピングに行くと、子供が退屈して騒いでしまい、結局何も買えずに帰宅した経験はありませんか?

名古屋のデパートや、ショッピング街には子供が遊べるスポットが併設しています。
ショッピングの途中で、子供が退屈してきたら便利ですよね。

では、いくつかご紹介しましょう!

  1. タカシマヤゲートタワーモール あそびのせかい 
  2. 松坂屋名古屋店 屋上遊園
  3. 名古屋栄三越 お子様遊園地
  4. ナディアパーク 名古屋市・子供支援センターキッズステーション

① タカシマヤゲートタワーモール あそびのせかい 

JR名古屋駅にある高島屋ゲートタワーモールは、高級ブランドからカジュアルブランドまで取り揃える、名古屋屈指のデパートです。

7Fにある、「あそびのせかい」では、6ヶ月の赤ちゃんから、12歳の子供まで利用できる室内遊び場があります。

清潔なプレイルームに、年齢に合わせた遊具などが取り揃えられており、安心して遊ばせることができます。

料金は最初の30分600円、その後10分ごと100円です。
大人は500円(大人は延長料金なし)です。

タカシマヤゲートタワーモール
住所:〒450-6690 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−3
電話番号:052-566-2202
営業時間:午前10時〜午後9時まで
定休日:年中無休(休館日を除く)
URL:タカシマヤゲートタワーモール

② 松坂屋名古屋店 屋上遊園

中区栄にある老舗デパート、松坂屋
デパートならではの、幅広い商品が取り揃えられています。

本館(8F)には昔懐かしい屋上遊園地があり、小さなお子さんが乗れる乗り物がたくさんあります。
屋上庭園(ソラテラス)も併設されているので、ショッピングの合間に一休みできます。

松坂屋名古屋店
住所:〒460-8430 愛知県名古屋市中区栄3丁目16−1
電話番号:052-251-1111
営業時間:館によって営業時間が変わります
定休日:年中無休/1月1日は除く
URL:松坂屋名古屋店公式ウェブサイト

③ 名古屋栄三越 お子様遊園地

中区栄にある老舗デパート、名古屋栄三越

7Fにはおもちゃ売り場があり、幼児用のおもちゃから、スマートフォンを利用したアプリ機能のあるおもちゃなど、幅広く取り扱っています。

屋上には、お子様遊園地があり、乗り物やゲームなどを利用することができます。
現在、改装のため休業中ですが、2019年2月中にリニュアルオープン予定となっています。

女性/50代

2019年1月に行きました。
ここは子どもの頃から何回も行っています。
目的は主人が行きたがっていた石原裕次郎展を見るために行きました。
石原裕次郎の衣装や時計などが展示してあって、お土産にどら焼きも買って、満足して帰りました。
名鉄と地下鉄、とよたおいでんバスで、一時間くらいかかりました。
おすすめはどら焼きです。

名古屋栄三越
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目5−1
電話番号:052-252-1111
営業時間:午前10時〜午後7時30分
定休日:不定
URL:名古屋栄三越公式ウェブサイト

④ ナディアパーク 名古屋市・子供支援センターキッズステーション

中区栄のナディアパークは「ロフト名古屋」、衣料やインテリアなどを取り扱う「クレアーレ」があります。

ナディアパーク6Fにある、名古屋市が運営する「758キッズステーション」には、子供が遊べるプレイルームがあり、無料で利用できます。

子育て支援ネットワークオフィスでは、子育てコンシェルジェに育児等の相談もできます。(予約制)

ナディアパーク
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市栄3丁目18−1
電話番号:052-265-2199
営業時間:店舗によって変わります
定休日:店舗によって変わります
URL:ナディアパーク公式ウェブサイト

<下に続く>

【観光以外も紹介】名古屋駅周辺で子供メニューが充実しているおすすめのレストラン、カフェ5選

せっかくのお休み、子供と一緒でも気兼ねなく食事が取りたいですよね。
名古屋駅周辺のファミリーフレンドリーなレストランやカフェをご紹介します。

  1. ラケル名古屋スパイラルタワーズ店
  2. モクモク 名古屋JRセントラルタワーズ
  3. Louis(ルイス)ジェイアールタカシマヤ
  4. サンマルク名古屋ラシック店
  5. YURT 大名古屋ビルヂング店

① ラケル名古屋スパイラルタワーズ店

名古屋駅地下直結の、「ラケル 名古屋スパイラル店」。
子供が大好きな、オムライスや豊富なデザートが売りのお店です。

店内は広々しており、子供連れでもゆったり過ごすことができます。

ラケル名古屋スパイラルタワーズ店
住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目
電話番号:052-551-7080
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~21:30
定休日:ビル休館日に準じる
URL:ラケル名古屋スパイラルタワーズ店

② モクモク 名古屋JRセントラルタワーズ

名古屋駅に直結した駅ビル、セントラルタワーズ13Fにある「元気になる農場レストランモクモク」。

野菜料理が、ビッフェ形式で楽しめます。
農家から直送されたお野菜を使った料理なので、安心して楽しめます。

2歳以下は無料なので、小さなお子さん連れには助かりますね。

モクモク 名古屋JRセントラルタワーズ
住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−4 JRセントラルタワーズ
電話番号:052-587-0909
営業時間:ランチ10:30~16:00(平日) 10:30~16:30(土日祝)、ディナー17:00~23:00
定休日:不定休(JRセントラルタワーズの定休日に準じます)
URL:モクモク 名古屋JRセントラルタワーズ 公式ウェブサイト

③ Louis(ルイス)ジェイアールタカシマヤ

JRタカシマヤ8Fの赤ちゃん服売り場近くにある、「Louis(ルイス)」。
ボリュームのあるハンバーガーが売りのレストランです。

ミニバーガーとポテトなどのお子様メニューもあり、子供連れでも気兼ねなく利用できます。

Louis(ルイス)ジェイアールタカシマヤ
住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−4 ジェイアール名古屋タカシマヤ8F
電話番号:052-566-8893
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:JRタカシマヤの定休日に準ずる
URL:Louis(ルイス)ジェイアールタカシマヤ

④ サンマルク名古屋ラシック店

栄「ラシック」7Fにある、ベーカリー「サンマルク名古屋ラシック店」。
店内は広く、ベビーカーを折りたたむ必要はありません。

店内で焼きたてのパンを楽しむことができます。
子供メニューがあり、離乳食持ち込み可なので、家族連れには助かります。

サンマルク名古屋ラシック店
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目6−1
電話番号:052-238-1812
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休日あり
URL:サンマルク名古屋ラシック店

⑤ YURT 大名古屋ビルヂング店

名駅前、大名古屋ビルヂング2Fにある、アメリカンレストラン「YURT」。
店内はゆったりとした席配置になっているので、子供連れでも気兼ねなく食事ができます。

おしゃれなドリンクバーや、素敵なカフェスィーツを楽しめます。

YURT 大名古屋ビルヂング店
住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目28−12 大名古屋ビルヂング 2F
電話番号:052-433-1540(予約専用番号)050-5590-4754
営業時間:11:00~23:00
定休日:ビル休館日に準ずる
URL:YURT

<下に続く>

【子供観光以外も紹介】東京や大阪方面から名古屋までのアクセス方法は?

日本の中央に位置する名古屋。
東京や大阪方面から、電車やマイカーなどで手軽に訪れることができます

では、アクセス方法をご紹介しましょう。

東京 〜名古屋のアクセス

東京ー名古屋間のアクセス方法は以下の通りです。

  1. 新幹線
  2. 高速バス
  3. マイカー

では、詳しく見ていきましょう。

① 新幹線

新幹線は東京ー名古屋間をアクセスする上で、最も便利な方法です

所要時間もおよそ1時間40分ほどなので、特にお子さん連れの方には、移動時間が短いのは魅力ですね。

料金は普通自由席が片道大人10,360円〜です。(2019年2月現在)

② 高速バス

東京〜名古屋間は、たくさんの高速バスが運行しています。
料金は1人1500円〜と移動手段としては最も安いでしょう。

ただし、所要時間が5時間から10時間と長いため、子供連れには向きません。

③ マイカー

家族で旅行する場合、マイカーで移動するのが最もお手軽です。
車での所要時間は、東名高速を利用すると約4時間ほどになります。

途中、ドライブインなどで休憩もできますし、小さなお子さん連れには良い移動方法でしょう。
高速料金(普通車)は 7,090円(2019年2月現在)です。

大阪方面〜名古屋のアクセス

比較的、大阪ー名古屋間は距離も近く、移動時間も東京ほどかかりません。
では、アクセス方法をご紹介します。

  1. 鉄道利用(新幹線、JR在来線、私鉄)
  2. 高速バス
  3. マイカー

では、大体の所要時間と料金は以下の通りです。

① 鉄道利用(新幹線、JR在来線、私鉄)

大阪ー東京間は鉄道利用が便利です

新大阪から名古屋駅までを、新幹線利用で約1時間ほどで移動できます。
料金は利用する新幹線にもよりますが大人4,200円〜です。

JR在来線(普通・快速列車)を利用した場合、所要時間は2時間40分から3時間、料金は大人片道3,350円〜です。

私鉄(近鉄)を利用した場合、所要時間は約2時間〜3時間、料金は大人片道2,360円〜です。

② 高速バス

大阪ー名古屋間は高速バスが運行しています。
料金は1400円〜と最も安いでしょう。

所要時間はバスのルートによっても変わりますが、約3時間〜5時間かかるでしょう。
狭いバス移動になるので、小さな子供連れには向きません。

③ マイカー

吹田ICから名古屋ICまでの移動時間は約2時間、高速料金は3,980円(2019年2月現在)です。
子供連れや、人数が多い場合は車移動が便利ですね。

<下に続く>

名古屋は子供も大人も楽しめるスポットだらけ!

母と娘

東京や大阪と比べて、地味なイメージのある名古屋。
実は、子供連れに優しいスポットが多いので、家族全員が楽しめる観光地です。

東京・大阪からも気軽にアクセスできるので、週末や祝日などの観光旅行にぴったりです。
商業・産業が発達した名古屋らしい観光施設もたくさんあり、お子さんの自由研究にもおすすめです。

ぜひ、次のお休みには名古屋旅行を計画してみてはいかがでしょうか?

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line