どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/11

金沢土産に人気!甘納豆かわむらのおすすめ商品7選!お取り寄せは?

石川県に遊びに行ったことはありますか?観光と言えば楽しみの一つにお土産選びですよね。金沢のお土産は色々あって迷ってしまいますが、最近甘納豆が人気になっているんです。甘納豆かわむらというお店をご存知ですか?甘納豆が苦手な人も食べることができると噂のかわむらの秘密に迫ってみましょう。

Large %e7%94%98%e7%b4%8d%e8%b1%86 %e3%81%8b%e3%82%8f%e3%82%80%e3%82%89
目次

金沢にし茶屋街にある甘納豆かわむらってどんなお店?

金沢にはにし茶屋街とひがし茶屋街がありますが、今回紹介していく甘納豆かわむらはにし茶屋街にある甘納豆専門店です。

茶屋街特有の町家造りの一軒家を改装して作られた店舗は2001年にオープンしました。
和モダンな雰囲気が来た人を迎えてくれ、日本の良さを感じさせてくれます。

初めは芸子さんや女将さんたちのお土産として茶屋街の人たちに愛されていたかわむらの甘納豆でしたが、常連のお客さんからの人気が高まり今では人気のお店です。

通常甘納豆といえば、たっぷりのお砂糖がまぶされたものを想像するかと思いますが、かわむらの甘納豆は砂糖のコーティングはせずしっとりと炊きあがっています。

優しいその味わいは幅広い年代の方に愛されている理由の一つです。

女性にも人気の理由は味ももちろんですが、パッケージにもあります。かわむらの女将さんがデザインされているパッケージはどれもとても可愛らしく並んでいるだけで絵になります。

<下に続く>

甘納豆かわむらの営業時間や定休日は?

では、甘納豆かわむらの営業時間や定休日を紹介していきたいと思います。

平日・土曜日の営業時間は9:30〜18:00日曜日の営業時間は9:30〜17:00までとなっています。
日曜日のみ閉店時間が異なっているので注意してくださいね。

定休日は第一火曜日ですが、1年の中で忙しい時(年末年始・お盆・ゴールデンウィークなど)は変更があるのでその際は確認が必要です。

休みの日などの情報は公式ホームページにも記載されていますので、不安な時はこちらで事前に確認してみてください。

甘納豆かわむら 公式ホームページ

定休日は通常月に1回しかないので金沢に遊びに行った時は是非行ってみてください。にし茶屋街をぶらぶら観光するのもおすすめです!

<下に続く>

甘納豆かわむらへの行き方は?駐車場はある?

次は甘納豆かわむらへの行き方です。

公共の交通機関で行く際は、JRの各線「金沢駅」へ行っていただき、そこから北鉄バスに乗ってください。

「広小路」のバス停で下車していただき、そこから徒歩2分となっています。
バスを下車してからも比較的近いので訪れやすいのも嬉しいですよね。

また、「金沢駅」から乗り換えをして北陸鉄道石川線の「野町」という駅からは徒歩5分で行くことができます。

車で行く際には、駐車場を利用することになるのですが甘納豆かわむらの駐車場は4台分用意されています。

ただし、2階に併設されているカフェを利用する時は使うことができないので注意してください。

たくさんの人が来る人気店の甘納豆かわむらなので長時間の駐車の際は近くのコインパーキングを利用しましょう。

<下に続く>

大納言甘納豆に羊羹も!甘納豆かわむらのおすすめ商品7選!

では、ここまで紹介してきた甘納豆かわむらのおすすめ商品を紹介していきたいと思います。

  1. 大納言甘納豆
  2. 大浜の緑豆
  3. ひよこ豆
  4. 栗甘納豆
  5. 羊羹
  6. フルーツの甘納豆
  7. 豆みつ

おすすめの商品①:大納言甘納豆

甘納豆の代表格の一つとも言える大納言豆の甘納豆です。

北海道産の大納言豆を使用していて、甘納豆かわむらの人気商品です。甘納豆かわむらの特徴であるふっくら・しっとりした口当たりに仕上げられた甘納豆は単品では可愛い小ぶりの袋に入っています。

食べ切りやすい量のパッケージで、1度食べ始めるとなくなるまで食べ続けてしまいます。

他の甘納豆とは違った甘納豆かわむらの大納言甘納豆は是非1度試してみてほしい商品ですね!ここの甘納豆の美味しさがわかりやすい商品です。

袋のデザインも可愛らしくお土産でも喜んでもらえること間違いありません。他とはなかなか被らないところも選んでみたいポイントです。

おすすめの商品②:大浜の緑豆

緑色の綺麗な甘納豆は、この大浜の緑豆です。少し歯ごたえを残した甘納豆は食べてみるとしっかりとした味に病みつきになります。

能登の大浜の緑豆を使っているので、この土地の美味しいものを最大限に生かされた甘納豆になっています。

無添加で作られているので豆の味を引き出されていて甘納豆が苦手という人も食べることができる味になっていて素材本来の美味しさを楽しむことができるのも甘納豆かわむらの甘納豆が人気な理由の一つです。

こちらも1袋は小ぶりなサイズでパッケーされているので、自分へのご褒美としても人気で砂糖コーティングが普通の甘納豆よりかなり少ないので1袋食べてしまっても罪悪感が少ないですよ!

おすすめの商品③:ひよこ豆

海外の料理などでよく目にするひよこ豆も甘納豆かわむらでお菓子として甘納豆になり販売されています。

コロンと可愛らしいフォルムと綺麗な黄色のひよこ豆の甘納豆はみているだけでとても可愛いのでこちらもお土産にぴったりの商品になっています。

大納言などよりふっくらとしたひよこ豆はほっくりとした食感がとても美味しく豆が好きな人はもちろん、豆があまり好きでない人にも喜んでもらえること間違いなしです。

スープや煮込み料理に入ってるひよこ豆とは全く違い、ぽそぽそした舌触りもないこちらのひよこ豆の甘納豆も是非試してみたい商品です!

ひよこ豆の豆としての味をしっかり味わうことができるので、素材の味を確かめてみてください。

おすすめの商品④:栗甘納豆

ごろっとした栗を甘納豆にしたかわむらの栗甘納豆です。栗の甘納豆は他にも渋皮のついた栗の甘納豆と2種類から選ぶことができます。

甘納豆かわむらの甘納豆の特徴であるしっとり・ふっくらと仕上げられた栗の甘納豆は砂糖のジャリジャリ感は極力少なく栗本来の美味しさを楽しむことができます。

和菓子でよく取り扱われている栗の甘納豆ですが、ここでの無添加で作られた甘納豆は栗の味もしっかり楽しむことができるので栗のホクホク感とともに楽しんでみてほしい商品です。

3 粒で450円と少し高めの気もしますが、食べてみると納得できる価格です。甘納豆かわむらが丁寧に作った他のどれとも違う美味しさを味わってみてください。

おすすめの商品⑤:羊羹

こちらは見た目は羊羹と想像するのが難しいほどおしゃれなものになっています。筒状に作られたこちらの羊羹は味も少し変わっていて3種類を楽しむことができます。

フランスいちご羊羹と奥能登揚げ浜塩羊羹・地中海レモン羊羹と加賀の紅茶羊羹・フランボワーズ羊羹と能登島オリーブ羊羹です。

羊羹にしてはめずらしくフルーツの羊羹と、石川県の名産を使った羊羹が1つで2種類の味を楽しむことができます。

筒の形をした羊羹は輪切りにしてお皿に並べるととっても可愛らしいですよ!

甘さも比嘉w目に作られているのでしつこくなくてとても食べやすいのもポイントです。甘納豆かわむらの甘納豆もどれも美味しいですが、可愛らしくお土産にもぴったりな羊羹も是非試してみてください。

おすすめの商品⑥:フルーツの甘納豆

甘納豆かわむらには豆の甘納豆だけでなくフルーツを使ったものもあります。

オレンジ・レモン・いよかん・柚子などを使った甘納豆は皮を使っているでレモンなどは特に酸っぱい雰囲気はありますが砂糖がまぶされてあるので美味しく食べることができます。

甘納豆でフルーツというのは少しピンとこないかもしれませんがかわむらに行った時には試してみてほしいと思います。

他にもピーカンナッツやくるみを甘納豆にした商品もありサクサクカリカリとした食感を楽しむことができます。

甘納豆かわむらには新しい甘納豆がたくさんあります。普通の甘納豆も砂糖を少なく今までの甘納豆とは少し違ったものです。

これからもどんな甘納豆が出てくるのか楽しみです!

おすすめの商品⑦:豆みつ

こちらも他ではなかなか見ない商品です。

豆を炊く時に使われる蜜を商品化したもので、そのとろとろした食感と味はとても優しいものに仕上がっています。

はちみつやメープルシロップなどのどの甘味料とも違う優しい甘さを是非味わってみてください。ヨーグルトなどにかけてみるのもいいですし、甘さがほしいものには使ってみるのがおすすめです。

お豆を炊く時に使っているので使用するとなんとなく和風な風味に変化してくれます。おやつに使うのももちろんいいですが、料理に砂糖のかわりに使うのもいいかもしれません。

煮物などに使うと砂糖よりも優しい甘さで仕上がり和風の風味がますこと間違いなしです。

今までなかなかない豆みつも甘納豆かわむらに行った際には是非試してみてください!

<下に続く>

甘納豆かわむらの季節限定商品もおすすめ!

甘納豆かわむらにはもちろん季節限定のあります。

12月初旬から翌年の1月の上旬ごろにはその年の干支をあしらった干支袋が登場します。中の甘納豆は基本的には大福甘納豆がはいっており、かわむらの主人の奥様が描かれる可愛いイラストが特徴です。

1月上旬から2月下旬にはしたたりもちと言われる商品が登場します。柔らかいお餅である求肥であんを包んだ生菓子で、季節によって中のあんはこしあん・桜・黒あんなどに変わります。

1月の上旬から節分にかけては鬼ハ外・福ハ内という鬼のお面付きの煎り大豆・お多福のお面がついた大福甘納豆が販売されます。

1月上旬から3月中旬には合格祈願という名前の商品が出ます。可愛らしいだるまのかぶったひよこのデザインのパッケージが受験生を応援しています。豆はひよこ豆です。

1月中旬から2月14日のバレンタインの時期はかわむらでもチョコレートが販売されています。甘納豆屋さんのかわむらのチョコレートらしくお豆が入ったものや販売されている柚子ピールが入ったものもありますよ!

このように冬だけでもたくさんの季節限定の商品が販売されています。他にもたくさんあるので是非探してみてください。

<下に続く>

甘納豆かわむらのテイクアウト専門店MAMEノマノマも!

そして、かわむらの奥にひっそりとやっているのがテイクアウト専門店のノマノマです。季節のフルーツやかわむらの商品をたっぷり使ったもなかやソフトドリンク、季節限定の商品を楽しむことができます。

テイクアウト専門店だからこそ出せるものもたくさんあり、ここで販売されているもなかはなんと賞味期限が5分や6分なんです!

サクサクのもなかを楽しんでもらうための時間なんだとか・・・できたてのもなかを是非サクサクの皮が楽しめる間に食べ切りたいですね。

夏にはかわむらの豆みつを使ったかき氷も販売されています。優しい甘さの豆みつが氷を優しいかき氷に仕上げています。今までになかったかき氷なんので夏になったら食べてみてほしい商品です。

ノマノマはの営業時間は9:30〜16:30ですが、不定休にお休みがあり季節限定の商品もたくさんあるのでかわむらを訪れた際にはこちらも外せません。

あとは材料がなくなってしまった場合にも営業終了してしますので、早めに行ってみてくださいね!

<下に続く>

甘納豆かわむら2階にサロン・ド・テ・カワムラがオープン!

金沢でも人気の甘納豆かわむらにカフェがオープンしたのは2018年の5月のことです。かわむらの2階部分に作られたカフェはかわむらの甘納豆はもちろんたくさんのメニューを楽しむことができます。

甘納豆を少しずつ色々な種類を楽しむメニューもあり、ここで食べて美味しかったものを自分のためや人人へのお土産に購入するのもおすすめです。

アイスや珈琲ゼリーのパフェなどのかわむらが作った甘納豆以外の甘味を楽しむことができ、モダンなカフェの雰囲気がとてもおしゃれです。

こちらの営業時間は平日が10:30〜17:00(L.O16:30)、日曜祝日が10:30〜16:00(L.O16:00)となっています。

駐車場はないので近くのコインパーキングを利用するようにしてください。

かわむらの駐車場はテイクアウトや販売品を購入目的の方専用の駐車場になるので、間違えて停めてしまわないようにしましょう。

<下に続く>

甘納豆かわむらの商品は本店以外でも買える?

甘納豆かわむらの商品は百貨店や他のお店に卸していないので本店以外で購入することはできません。

しかし、一部商品のみひがし茶屋街の桃組金沢21世紀美術館で販売されているのでそちらで購入できる商品もあります。金沢の中でも、本店以外でかわむらの甘納豆が購入できるのは現在ここだけです。

本店以外で買うことができるのも金沢のほんの一部なので金沢に観光に来た際には是非本店に立ち寄ってみましょう。

他の都道府県で買うことができないものなのでレア感も申し分なく本当にかわむらの甘納豆はお土産に最適な商品です。

<下に続く>

甘納豆かわむらの商品はお取り寄せできる?

本店以外では金沢の2箇所でしか購入することができないかわむらの甘納豆ですが、お取り寄せは可能です。

ただし、生菓子と要冷蔵の商品のお取り寄せはできないので注意してください。

お取り寄せについては、商品代+送料+代引き手数料(300円)が必要となります。代引きでの発送になるのでこちらも注意してくださいね。

商品の選び方については公式のホームページにあるパンフレットから確認することができます。その他にも送料や支払い方法についても記載されているので確認しておいてください。

パンフレットは単品商品と贈答用の商品のパンフレットがあるのでプレゼントやご自分用にも購入できます!

キャンセルはお届け予定日の5日前までになっているのでそれ以降のキャンセルはできませんので注意して下さい。

他にも問い合わせはかわむらが電話で対応してくれるそうなので気になることがあれば直接問い合わせてみてください。

甘納豆かわむら公式ホームページ お取り寄せ

<下に続く>

金沢に観光の際には是非甘納豆かわむらへ

金沢といえば、観光地がたくさんありますが茶屋街もはずせませんよね。

町屋が並んだ独特な街並みの中にひっそり佇む甘納豆かわむらに是非立ち寄ってみてください。

他ではなかなか味わうことができない無添加で優しい味わいの甘納豆を食べてみて下さい。その時にはテイクアウト専門店のノマノマや2階にあるサロン・ド・テ・カワムラも訪れてみてください。

かわむらのこだわりがたっぷり楽しむことができること間違いなしです。

甘納豆かわむら
住所:石川県金沢市野町2丁目24
電話番号:076-282-7000
営業時間:平日・土曜日9:30〜18:00 日曜・祝日9:30〜17:00
定休日:第一火曜日
URL:甘納豆かわむら

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by
国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!
関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line