どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/11

江東区で人気のおすすめ観光地12選!デートや名物情報も【豊洲/亀戸】

江東区はららぽーと豊洲だけではありません!東京都心よりも東側に位置し、隅田川の向こうまで広がっている江東区は、海の見えるおしゃれな街として実は魅力がたくさんある観光スポットです。ここでは、ちょっとした観光にピッタリの「江東区(豊洲・亀戸付近)」のおすすめを詳しくご紹介します。グルメや観光スポットをお探しの方・ファミリーやカップルの方もぜひ参考にしてみてくださいね。

Large kameido tenjin 2457712 640  1
目次

【観光スポットの前に】江東区ってどんな街?イベントエリアも充実!

イベント

ではまず、江東区はどのような街なのでしょうか?

江東区は海の近くに立ち並ぶ高級タワーマンションエリアの「豊洲や東雲」から、富岡八幡宮など下町の情緒あふれる歴史のあるお店が並ぶ「門前仲町・亀戸」まで、様々な顔を持つ街です。

そんな、海の自然と商店街などの人間模様に囲まれた場所はイベントエリアとしても有名です。

隅田川の向こうに広がる豊洲では、「豊洲市場マルシェやアイススケートリンク」、東京ビッグサイトでは「ギフトショー」など広々としたスペースでの大きなイベントが開催されています。

他にも亀戸天神の「梅まつり」や、門前仲町の富岡八幡宮では「節分祭り」など、同じ区内でも季節によって違った雰囲気のイベントを楽しむことができるのが特徴となります。

<下に続く>

江東区では2種類の観光シャトルバスが運行中!

シャトルバス

実は、江東区には「深川シャトルバス」と「城東シャトルバス」の2種類の観光シャトルバスがあることをご存知でしょうか?

「深川シャトル」では、森下駅前から日本科学未来館を終点とした海側を巡るルートとなっているので、景観がキレイな豊洲や門前仲町の観光に便利なシャトルバスとなっています。

バスの時間は午前8時~午後8時まで25分に1本となります。

どのバスか迷った際は、「急行06」の表示を覚えておくと便利です。

「城東シャトル」では、錦糸町駅前から日本科学未来館を終点とした区内の歴史ある街並みを巡るルートとなっているので、亀戸天神や夢の島の観光に便利なシャトルバスとなっています。

バスの時間は午前8時~午後8時まで35分に1本です。

どのバスか迷った際は、「急行03・急行05」の表示を覚えておくと便利です。

どちらのシャトルバスも運賃は、大人は現金で210円(ICで206円)で、土・日・祝日限定の運行となります。

どちらのシャトルバスも江東区を観光する上ではおすすめできますが、お祭りや紅葉など季節ごとのイベントは「深川シャトル」、神社やお寺巡りの際は「城東シャトル」など、目的別に分けた使い方がおすすめです。

<下に続く>

江東区で人気のおすすめ観光スポット12選!

観光

ではここで、江東区で人気のおすすめ観光スポットを豊洲・亀戸を中心に厳選して12個ご紹介します。

  1. teamLab Planets TOKYO
  2. 日本科学未来館
  3. アーバンドック ららぽーと豊洲
  4. キッザニア
  5. 豊洲市場
  6. 富岡八幡宮
  7. 亀戸天神社
  8. 大江戸温泉物語
  9. 東京都夢の島熱帯植物館
  10. 木場公園
  11. ガスの科学館 がすてなーに?
  12. 清澄庭園

江東区の観光スポット①:teamLab Planets TOKYO

「他者と共に、身体ごと、圧倒的に投入する」をコンセプトに、光と音の異次元の空間を体験することができる豊洲の新しいスポットです。

こちらでは、最新のデジタルテクノロジーによって作り上げられたテーマの違う作品に触れることができるアミューズメントパークです。

例えば、水面を裸足で歩いたり連続した視覚効果によって身体全体を使って作品にのめりこむことができます。

テーマはそれぞれ、宇宙・水面・花・アンバランス・光の滝・ブラックホールなどに分かれており、作品とコラボしたレストランもあるのでデートにもおすすめです。

予約はネット予約が可能ですが、当日になると人気のため受付できない可能性もあるので注意です。

観光の日にちが決まっている方は、できれば早めの予約をおすすめします。

19時以降のお得なナイトパスもおすすめです。

teamLab Planets TOKYO
住所:東京都江東区豊洲6丁目1-16
電話番号:0570-088-335
営業時間:平日10:00~22:00
     休日9:00~22:00
定休日:不定休
入場料や利用料:大人2700円
URL:https://planets.teamlab.art/tokyo/jp

江東区の観光スポット②:日本科学未来館

江東区の有名な観光スポットの一つであるのが「日本科学未来館」です。

一見すると子供向けだと思われがちですが、大人も夢中になれる最先端科学を見ることができるので、恋人とのデートや友人とのお出かけにもおすすめなスポットです。

1階はこのスポットのシンボルでもあるリアルな地球儀「ジオ・コスモス」があります。

直径はなんと6mもあり、1万枚以上の有機ELパネルで再現された地球儀は、まるで自分が宇宙にいると錯覚するような迫力があります。

未来型の最先端のロボット展示に興味がある方は3階にどうぞ。3階にはまるで人間の動きそのものであるヒューマノイドロボットの「ASIMO」やかわいいセラピーロボット「パロ」など、思わず目を見張るようなロボットを見学することができます。

国際宇宙ステーションに興味がある方は5階へ。ここでは、宇宙の神秘や地球環境など、地球規模で未来や今を体験することができるゾーンとなっています。

ショッピングだけではなく、楽しみながら今の最先端科学を見学することができます。

日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2丁目3−3−6
電話番号:03-3570-9151
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日
入場料や利用料:大人620円/18歳以下210円
URL:https://www.miraikan.jst.go.jp/

江東区の観光スポット③:アーバンドック ららぽーと豊洲

「豊洲と言えばららぽーと豊洲」と言われるほど、アーバンドックららぽーと豊洲は有名な観光スポットとなっています。

元々は豊洲の再開発のシンボルとして映画館やテーマパーク・多くのグルメが味わえる飲食店が立ち並びます。

中には、子供が1日中遊ぶことができるアミューズメントパークから、より臨場感あふれる4DXの映画館などカップルのデートにもおすすめできるスポットがたくさんあります。

また、ペット同伴可能なおしゃれカフェやドッグラン、海や桟橋を眺めることができる公園もあるので、ペットのお出かけにも最適です。

もちろん1階にはファッションショップも豊富にあるので、時間を忘れて買い物を楽しむことも可能です。

その上、冬になるときらびやかなクリスマスツリーが飾られるガーデンテラスには、ステージでのイベントも定期的に開催されます。

1日いても時間が足りないスポットなので、昼から出かけるも良し、ロマンチックな夜の眺めを楽しむも良しです。

アーバンドック ららぽーと豊洲
住所:東京都江東区豊洲2-4-9
電話番号:03-6910-1234
営業時間:10:00~21:00(レストランは23:00まで)
定休日:不定休
入場料や利用料:無し
URL:https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/toyosu/

江東区の観光スポット④:キッザニア

ファミリーにおすすめな豊洲の観光スポットと言えば有名なのが「キッザニア」です。

ここでは、3~15歳までのこどもを対象としたこどもが主役の夢の国です。

館内に入るとまず「お仕事3点セット」というアクティビティの受付を行います。

次に約100種類ある中から仕事を選んで仕事体験をしたらキッゾという通貨をもらうことができます。体験して作ったものはほぼすべて思い出として持ち帰ることができます。

キッザニアは休日になると大変混雑するので、事前の予約をおすすめします。ネットから受付可能なので、観光の日にちが決まっている方はぜひ早めに予約して行きましょう。

キッザニア
住所:東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドックららぽーと豊洲 ノースポート3階
電話番号:0570-064-646
営業時間:9:00~15:00 / 16:00~21:00
定休日:不定休
入場料や利用料:メニューによります
URL:http://www.kidzania.jp/tokyo/

江東区の観光スポット⑤:豊洲市場

江東区の豊洲で一番新しい観光スポットと言えば、2018年10月11日から開場した「豊洲市場」になります。

豊洲市場は80年以上の歴史を持つ築地市場の老朽化や衛生管理上の問題から解体が決定し、2004年から計画されてきてようやく完成した市場となります。

市場内の見どころは豊洲市場の詳しい内容が盛り込まれた「展示コーナー」や「水産仲卸場棟見学ギャラリー」があります。

見学ギャラリーでは、季節によって違う旬の魚を展示しているパネルや市場でよく見るターレなどが展示されており、より市場の臨場感を感じることができます。

また、迫力ある水産卸売場棟のマグロの競りや青果棟の見学者デッキは市場で働く人の卸売場を一望することができるスポットとなります。

見学だけではありません!築地市場から移転してきた約39店舗のグルメも一度に味わうことができます。

広々とした眺めも良く新鮮なお寿司などグルメも堪能できる新しい観光スポット「豊洲市場」で癒されてみませんか?

豊洲市場
住所:東京都江東区豊洲6-6-1
電話番号:03-3520-8211
営業時間:5:00~17:00
定休日:水・日・祝日
入場料や利用料:
URL:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/facility/

江東区の観光スポット⑥:富岡八幡宮

江東区の門前仲町にある江戸最大の八幡宮と言われているのが「富岡八幡宮」です。

この神社は夏になると深川八幡祭りが行われ、赤坂の山王祭・神田祭に並んで江戸三大祭の一つとも言われるほど大きいお祭りが開催されます。

ここでは「必勝祈願」や「病気平癒」・「金運向上」・「縁結び」などのご利益があります。

また、ここは「江戸歓進相撲発祥の地」とも言われ、境内には横綱力士像があり、多くの相撲ファンも参拝していることが特徴です。

江戸三大祭りに興味のある方や相撲ファンの方もぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

富岡八幡宮
住所:東京都江東区富岡1丁目20−3
電話番号:なし
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

江東区の観光スポット⑦:亀戸天神社

賑やかな街も良いけれど自然あふれる幻想的な風景を楽しみたい方には「亀戸天神社」がおすすめです。

ここは、名所江戸百景の一つにも加えられた「藤まつり」が開催される有名な観光スポットです。

特に4月下旬~5月上旬にかけて開花する藤まつりは毎年開催され、薄紫色のキレイな藤がカーテンのように垂れ下がっている幻想的な風景を楽しむことができます。

他にも藤の名所は都内にいくつかありますが、こちらは都内随一とも言われる観光スポットとなっています。

もちろん、春の季節だけではなく「梅まつり」や「菊まつり」など季節によって違った楽しみ方ができるのも見どころの一つです。

「学問の神様」でもあるので、受験シーズンの学生さんの観光スポットとしてもおすすめです。

亀戸天神社
住所:東京都江東区亀戸3-6-1
電話番号:03-3681-0010
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:http://kameidotenjin.or.jp/

江東区の観光スポット⑧:大江戸温泉物語

都会にいながら天然温泉を満喫できるのが「大江戸温泉物語」となります。

海外からの外国人も多く訪れるこちらの温泉施設では、自分の好みの浴衣を着用して江戸時代の下町の雰囲気を楽しめる施設が魅力の一つです。

泉質はナトリウム塩化物強塩泉(弱アルカリ性温泉)で、神経痛や慢性消化器病・冷え性など多くの効能を持っているお湯になります。

また、館内は温泉だけではなくかき氷や本格的な江戸前寿司・鉄板焼き・かつ丼などを堪能できるグルメレストランもあります。

温泉の後にうれしいリラックスルームも完備しているので1日ゆったりくつろぎたい方におすすめできるスポットです。

大江戸温泉物語
住所:東京都江東区青海2-6-3
電話番号:03-5500-1126
営業時間:11:00~翌朝9:00
定休日:なし
入場料や利用料:大人(平日)2,380円 / (休日)2,580円
URL:https://daiba.ooedoonsen.jp/

江東区の観光スポット⑨:東京都夢の島熱帯植物館

「せっかくの観光なのに、雨で残念・・・」そんな日ってありますよね?る江東区のおすすめスポットが「夢の島熱帯植物館」です。

こちらは、世界の熱帯・亜熱帯地域の植物が集まった植物館となっており、湿度や気温の管理がされたドーム型の室内でゆっくり見学することができます。

前面ガラス型のドーム内には「Aドーム」「Bドーム」「Cドーム」の3つにドームが特徴的です。

Aドームはマングローブなど熱帯の水辺の涼しげな空間を楽しむことができます。

Bドームは大きなヤシの木が特徴の南国の景観を取り入れたルームとなっています。

かわいらしい休憩所もあるので、歩き疲れた時に利用することができます。

Cドームでは小笠原の熱帯植物を集めたルームになっており、小笠原固有の貴重な植物の展示も行っております。

3つのドームを抜けると熱帯植物を大きな窓から眺めることができるカフェが登場します。

ロコモコやドライカレーなどランチも味わえます。

雨でも都内で自然を楽しむことができる都会のオアシスを体験してみませんか?

東京都夢の島熱帯植物館
住所:東京都江東区夢の島2丁目1-2
電話番号:03-3522-0281
営業時間:9:30~17:00
定休日:月曜日
入場料や利用料:大人250円 / 中学生100円
URL:http://www.yumenoshima.jp/

江東区の観光スポット⑩:木場公園

門前仲町と亀戸の間にある木場公園は、広大で大型のイベントが開催される観光スポットとなっています。

例えば、手作り体験やラーメンバーガーなど屋台が豊富な「江東区民祭り」や「フリーマーケット」・「ヨガイベント」などの人気のイベントが開催されます。

また、イベントだけではなく紅葉やお花見など季節によって変化する景観も見どころ満載です。

また、公園近くには多数のおしゃれカフェがあるのでランチ散策することもおすすめです。

園内にはバーベキューをしたりワンちゃんを遊ばせることができるドックランなどの施設もあるので、季節問わず楽しめるのんびりできる公園です。

天気の良い日や行楽日和はぜひ訪れてみてくださいね。

木場公園
住所:東京都江東区木場4丁目
東京都江東区木場4丁目
電話番号:03-5245-1770
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index020.html

江東区の観光スポット⑪:ガスの科学館 がすてなーに?

日常生活に欠かすことのできないガスの役割や特徴・これからのことなどを楽しく学ぶことができるスポットが「ガスの科学館」です。

こちらは子供の体験学習のような場所に思われがちですが、ガスの仕組みやエネルギー環境のことを知ることができるので、カップルや友人と一緒大人も楽しむことができるのです。

館内には、身体を使って楽しめる体験型展示物や実は知らないことが多いサイエンスショーやクイズ大会など、大人の今だからこそ知っておきたいことまで学ぶことができます。

豊洲駅から徒歩6分ほどで到着することができるので、ぜひ訪れてみてください。

ガスの科学館 がすてなーに?
住所:東京都江東区豊洲6-1-1
電話番号:03-3534-1111
営業時間:9:30~17:00
定休日:月曜日・年末年始・施設点検日
入場料や利用料:なし
URL:https://www.gas-kagakukan.com/

江東区の観光スポット⑫:清澄庭園

都会の喧騒から離れてゆっくり観光したい方におすすめなのが「清澄庭園」です。

下町の観光スポットである門前仲町からちょっと足を延ばせば、歴史的な建造物と自然豊かな古き良き庭園オアシスが広がります。

清澄庭園は、大泉水・築山・枯山水を主体とした回遊式庭園となっており、時間をかけてゆったり回ることができます。

桜の季節や紅葉の季節になると、水面に映る自然がどこを撮ってもキレイに映るようになっています。

おすすめは、水面に映る日本の四季を眺めることができる泉水という3つの中島のある広い池ですが、建造物では「東京都選定歴史的建造物」に指定されている涼亭も必見です。

都会にいながら水の音が聞こえる静かなオアシスにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

清澄庭園
住所:東京都江東区清澄3丁目3−9
電話番号:
営業時間:9:00~16:30
定休日:12月29日~1月1日
入場料や利用料:一般150円 / 65歳以上70円
URL:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html

<下に続く>

江東区の観光名物!七福神めぐりに出かけよう!

江東区の神社と言えば七福神めぐりが有名です。

七福神めぐりとは「7つの災いを取り払い、そのかわり7つの幸福を与える」という福運を巡る行事のことです。

七福神めぐりの始まりは江戸時代ですが、都内各所で広まったのは「明治末年から昭和の初め頃」と言われています。

1つ目の「恵比寿神」は漁業の神・商売繁盛の神のことです。2つ目の「大黒天」は台所の守護神と言われる仏神で、金運や財産にゆかりの深い神様です。

3つ目は「寿老神」で中国の老子の神と言われ、延命長寿の神となります。4つ目の「毘沙門天」はインド・仏教の神で勇気授福・悪魔降伏として知られています。

5つ目の「福禄寿」は人望福徳を授ける神で長寿と幸福を与えてくれる神です。6つ目の「弁財天」は音楽を司る神で芸術富有と言われます。

7つ目は「布袋尊」は楽天的な和尚であり、平和安穏や家庭隆盛と言われています。

江東区の深川・亀戸エリアを刊行する際は、七福神を意識しながら周ってみるとさらに楽しめるのでおすすめです。

<下に続く>

江東区のおすすめ観光スポットまとめ

まとめ

江東区は豊洲などキレイな海エリアから、下町感あふれる門前仲町・亀戸エリアまで幅広く観光できるスポットが満載です。

ぜひゆったりと流れる時間を楽しみながら過ごしてみてはいかがでしょうか?

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by
国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!
関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line