どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/11

平塚観光で人気のおすすめスポット9選【時間つぶし/お散歩】

神奈川県平塚市は有名な茅ケ崎市と大磯町に挟まれたところに存在します。
両隣が有名であるために、ちょっと影が薄いように感じられる街ですが、実は様々な観光スポットが存在します。

では平塚市内の観光スポットについて、見ていくことにしましょう。

Large harli marten 142655 unsplash
目次

【観光スポットの前に】平塚ってどんなところ?

平塚市について考える女性

神奈川県の「平塚市」は、サザンオールスターズの桑田佳祐さんの出身地、そして徳光和夫さんが住んでいる茅ケ崎市の隣に位置しています。
また西隣には避暑地として有名な大磯町があり、城下町である小田原市まではJR東海道本線に乗れば、乗り換えなしで行くことができます。

平塚市内にある電車の駅は「JR平塚駅」のみですが、上り線に乗れば「横浜駅」、「品川駅」、「新橋駅」、そして「東京駅」まで乗り換えなしで行くことができます。
そのため都心へのアクセスは容易です。

駅前には駅ビル「ラスカ」、「梅屋」といったビルがあり、北口を真っ直ぐ進むとショッピングモール「ららぽーと」があります。
このように商業施設も充実しています。

そして「平塚総合公園」の中には平塚競技場があり、ここはプロサッカーチームの「湘南ベルマーレ」のホームスタジアムとなっています。
平塚の海岸では大きな波の立つ場所もあり、多くのサーファーが訪れるところとなっています。

このように平塚市はスポーツも盛んな都市なのです。
また毎年夏には恒例の「七夕祭り」があり、全国から大勢の人が集まります。

<下に続く>

平塚観光でおすすめの人気スポット9選【総合公園/美術館】

平塚の観光スポットを写真に収めている人

では、平塚市の観光スポットについて見ていくことにしましょう。
代表的な観光スポットは以下の通りです。

  1. 平塚総合公園
  2. 平塚市美術館
  3. 平塚市博物館
  4. 八幡山の洋館
  5. 湘南平
  6. .湘南ひらつかビーチパーク
  7. 花菜ガーデン
  8. 金目親水公園
  9. 平塚八幡宮

ではそれぞれの観光スポットを、詳しく見ていきましょう。

平塚の観光スポット①:平塚総合公園

平塚総合公園

「平塚総合公園」は温水プール、テニスコート、そしてジムなど、様々なスポーツ施設のある公園です。
しかしそれらを使用するには予約が必要です。

それでもこの公園には様々なスポットがあるために、スポーツ施設を利用しなくても楽しむことができます。
たとえば園内の「ふれあい動物園」では、全部で37種、約760頭の小動物園を見ることができます。

またポニーに100円で乗馬することもできます。
このエリアはいつも家族連れで賑わっています。

そしてこの公園には日本庭園もあります。
「山」「森」「水」の3つのゾーンに分かれており、季節によって異なる美しさを表現します。

ちなみに日本庭園に滞在できる時間帯は9時から17時までで、6月から9月は9時から19時までとなります。

住所:神奈川県平塚市大原1-1
電話番号:0463-23-1111
営業時間:入園は24時間
定休日:無し
入場料や利用料:入園は無料
URL:総合公園|平塚

平塚の観光スポット②:平塚市美術館

平塚警察署のすぐ近くにある「平塚市美術館」は程よい大きさであり、アートを楽しむにはもってこいの場所です。
また美しい中庭もあり、館内だけではなくその周辺を見て楽しむこともできます。

毎年たくさんの企画展示を行っているために、来るたびに異なるアートを鑑賞することができます。
またレストランが併設されており、ここでご飯を食べたり、お茶を飲んで一休みすることも可能です。

平塚駅からのルートは決して複雑ではありませんが、歩くと2、30分程かかるかもしれません。

平塚市美術館
住所:神奈川県平塚市西八幡1-3-3
電話番号:0463-35-2111
営業時間:9:30〜17:00
定休日:月曜日、年末年始 (12月29日〜1月3日)
入場料や利用料:特集展・一般200円、高大生100円・企画展の料金は展覧会ごとに異なる。
URL:平塚市美術館

平塚の観光スポット③:平塚市博物館

「平塚市博物館」は「相模川流域の自然と文化」をテーマに展示を行っています。
相模川は平塚市を流れており、地域の歴史に大きな関りを持つ川でもあります。

そのためこの博物館を訪れれば、平塚市の歴史について学ぶことができます。
またここにはプラネタリウムもあり、200円で美しい星空の映像を眺めることができます。

そしてこの博物館の目玉は、外に展示されている蒸気機関車です。
この蒸気機関車を見るために、博物館を訪れる人も大勢います。

場所は美術館のすぐ向かいの道を、少し進んだところにあります。

平塚市博物館
住所:神奈川県平塚市浅間町12-41
電話番号:0463-33-5111
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日、年末年始 (12月29日〜1月3日)
入場料や利用料:無料
URL:平塚市博物館

平塚の観光スポット④:八幡山の洋館

平塚郵便局の前の道を歩いていると、ふとヨーロッパを思わせるおしゃれな建物が現れます。
これは「八幡山の洋館」です。

「旧横浜ゴム平塚製造所記念館」の異名を持つこの建物は、日本初の火薬製造会社「日本火薬製造株式会社」のイギリス人支配人のために建てられたものです。
その後、日本海軍、米軍、横浜ゴム株式会社の準に持ち主が代わっていきます。

そして最終的に平塚市が譲り受け、現在まで大切に保存されているのです。
街の雰囲気とは全く異なる建物ですが、薄緑の屋根とピンクの壁のおしゃれな洋館は、観光にぴったりのスポットです。

ちなみに内部も一般開放されており、入館は無料です。
美術館、そして博物館から歩いて行ける距離にあるために、ここも一緒に訪れるようにしましょう。

八幡山の洋館
住所:神奈川県平塚市浅間町1-1
電話番号:0463-35-7114
営業時間:9:00~21:30
定休日:月曜日、年末年始 (12月29日〜1月3日)
入場料や利用料:無料
URL:八幡山の洋館

平塚の観光スポット⑤:湘南平

平塚市と大磯町の境にある「湘南平」は、桜の名所としても有名です。
そのためお花見シーズンになると、多くの人で混み合います。

また平塚市を一望できるために、夜に来ると美しい夜景を楽しむことができます。
展望台にはレストランがあるために、そこで食事を取ったり、休憩することも可能です。

また今では使用されていないものの、以前にテレビの電波を送る役割を果たしていた、テレビ塔が現在も残っています。
ここにはたくさんのロックが取り付けられています。

ロックをカップルで一緒に取り付ければ、幸せになれるという噂が広がって以来、遠方からも人が集まるようになりました。
しかしテレビ塔からの視界を妨げるために、これらの除去作業が定期的に行われます。

そのためロックをせっかく取り付けても、それはいずれ外されてしまいます。

湘南平
住所:神奈川県平塚市万田790
電話番号:
営業時間:24時間
定休日:無し
入場料や利用料:無し
URL:高麗山公園(湘南平)

平塚の観光スポット⑥:.湘南ひらつかビーチパーク

「湘南ひらつかビーチパーク」はビーチスポーツを楽しむための施設が充実しています。
ビーチバレーコート(10面)、ビーチサッカーコート(1面)、ビーチラグビーコート(1面)、3on3コート(1面)、そして多目的広場(1面)があります。

基本的にコートが空いている場合は自由に使用することができますし、ビーチバレーボール等を無料で貸出しているために、何も持って行かなくてもスポーツを楽しむことができます。
しかし使用に際しては身分証明書の提示が必須ですので、免許証などを持って行く必要があります。

その他にもきれいな散歩コースなどもあるために、誰もが楽しめるところとなっています。

.湘南ひらつかビーチパーク
住所:神奈川県平塚市高浜台33-1
電話番号:0463-23-4781
営業時間:基本、9:00~18:00(季節により変更有り)
定休日:月曜日、10月~3月、12月28日~31日、1月2日、1月3日
入場料や利用料:更衣室使用料100円
URL:湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonanzoen

平塚の観光スポット⑦:花菜ガーデン

「花菜ガーデン」は、神奈川県立の植物園です。
敷地内には様々な花が咲いており、非常に美しい光景を目にすることができます。

園内は花をメインとした「フラワーゾーン」、野菜と果物の観察や農業体験もできる「アグリゾーン」、そして農業、自然、食などについて学べる「めぐみの研究棟ゾーン」に分かれています。

ちなみにおすすめの来園シーズンは、バラが咲く季節です。
また園内には「キッチンHana」という名前のレストランがあり、ここでは神奈川県産の農水産物を使用した料理を食べることができます。

バラエティーに富んだメニュー、そしてここで提供されるスイーツは人気があります。

花菜ガーデン
住所:神奈川県平塚市寺田縄496-1
電話番号:0463-73-6170
営業時間:基本9:00~17:00(シーズンにより異なる)
定休日:220円~880円(シーズンにより異なる)
入場料や利用料:
URL:花菜ガーデン

平塚の観光スポット⑧:金目親水公園

「金目親水公園」の特徴は、湧き水を利用して造られた人工の川や池のある自然型公園であるといことです。
美しい緑に囲まれたこの公園では様々な昆虫を見ることができ、晩春から初夏にはゲンジ蛍が現れます。

ゲンジ蛍の鑑賞は周りの人の迷惑とならないよう、最小限の灯りの使用が求められています。
蛍シーズンの夜にこの公園を訪れる場合、この点には注意すべきです。

金目親水公園
住所: 神奈川県平塚市北金目3-39
電話番号:0463-21-9852
入場料や利用料:無料
URL:金目親水公園

平塚の観光スポット⑨:平塚八幡宮

「平塚八幡宮」は380年に創建された、歴史ある神社です。
かつて一帯を襲った大地震を鎮めるために建てられ、今では七五三詣や初宮詣に時期になるとたくさんの人が訪れる、有名神社となっています。

毎年恒例の「ぼんぼり祭り」では、湘南に住む著名人や画家、そして学生などが描いたぼんぼりが飾られます。

平塚八幡宮
住所:神奈川県平塚市浅間町1-6
電話番号:0463-23-3315
URL:平塚八幡宮

<下に続く>

平塚観光ではイベントへの参加もおすすめ【七夕まつり/花火大会】

新潟インスタ映えする花火

平塚市の夏は、様々なイベントで盛り上がりを見せます。
たとえば全国的に有名な「七夕まつり」は、各地から観光客が訪れるほどの人気を見せています。

以前に比べると祭りの期間は短縮されましたが、商店街は様々な飾りによって賑わいます。
もちろん昼間の祭りもいいのですが、夜になると飾りがライトアップされます。

そのため日中と夜とでは、異なる雰囲気を楽しむことができるのです。
またたくさんの出店もあるために、お祭り気分を満喫できます。

七夕祭りの他にも、平塚市の夏の夜空を輝かせる「湘南ひらつか花火大会」を忘れてはなりません。
花火を見る観客は毎年10万人を超えると言われており、見物できる場所は人でいっぱいになります。

それでも花火は海岸で打ち上げられるために、鑑賞できる場所はたくさんあります。
国道1号線の馬入橋には歩道があり、その上からでも美し花火を見ることができます。

もちろん歩道ですので、歩行者の邪魔をしないようにすべきですが、ここは花火鑑賞の穴場スポットです。

<下に続く>

平塚観光で人気のおすすめスポット9選のまとめ

恐らく多くの人は平塚市と聞くと、サッカーの湘南ベルマーレを思い浮かべることでしょう。
しかしこの街はサッカーだけが有名なのではなく、様々な観光スポットの存在するところでもあるのです。

神奈川県の他の観光地に比べると比較的人も少なく、ゆっくりと楽しめるところが多いために、平塚市はちょっとした穴場スポットとも言えるでしょう。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line