どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/18

鬼怒川のおすすめグルメ15選!【ご当地/ランチ/食べ歩き/お土産】

鬼怒川といえば、温泉というイメージだと思います。
温泉旅館やホテルもたくさんあり、観光客でにぎわう温泉街です。

温泉以外にも、鬼怒川にはおすすめしたグルメが盛りだくさん。
ご当地グルメ、食べ歩き、お土産など鬼怒川のおすすめを紹介したいと思います。

Large photo 1489823480956 0204142cfebd

ご当地グルメがいっぱいある鬼怒川ってどんなところ?

イチゴ

鬼怒川温泉に遊びに来たら、ご当地グルメも楽しみたいですよね。
温泉駅周辺にレストランや食べ歩きできるグルメもあります。

鬼怒川駅を降りると、「鬼怒太の湯」という足湯があり、すぐに温泉気分を味わうことができます。
営業時間は9時から18時までなので、ホテルにチェックインしたあとでも間に合います。

そんな鬼怒川温泉は、江戸時代に発見され日光詣でにくる大名や僧侶のみが入ることのできた温泉です。
一般開放されたのは明治以降となり、それからは観光客で大賑わいとなりましたとのを機に側渓谷沿いに旅館が立ち並び、眺めもいい温泉街です。

ウェルカムベビー宿もあり、小さな子供や赤ちゃんも大歓迎なので、小さなお子さん連れのご家族にも人気。

鬼怒川のお湯はアルカリ性単純温泉で、柔らかいお湯なので肌にも優しいです。
下記のような効能があります。

  • 神経痛
  • 五十肩
  • 疲労回復
  • 健康増進

また、鬼怒川周辺には、子供と一緒に楽しめる観光スポットも多いので、三世代での温泉旅行にも人気。
少し離れますが日光東照宮があり、秋になるといろは坂の紅葉をみるお客さんで賑わいます。

車で鬼怒川温泉を音連れたら、ぜひ日光東照宮まで立ち寄りたいですね。

<下に続く>

たろう餃子や湯波!鬼怒川のおすすめご当地グルメ5選!

鬼怒川観光へ来たら、テレビでも話題になった「たろう餃子」日光名物の生湯葉などのご当地グルメも堪能しましょう。
ここでは、後藤寺グルメが楽しめる5つのレストランを紹介します。

では、順番におすすめご当地グルメを見ていきましょう。

おすすめのご当地グルメ①:らーめん 八海山

らーめん八海山では、「たろう餃子」が有名です。
テレ東のバラエティー番組モヤモヤさまーずで2回も取り上げたらえたことで有名になりました。

周りはカリカリで、中の餡はとってもジューシーな餃子です。
さまーずの2人も美味しと食べていたようですね。

お店のオーナーが鬼怒川太郎という演歌歌手で、そのオーナー手作りの餃子。
お店の2階はカラオケボックスになっているのは、演歌歌手のオーナーならではですね。

鬼怒川温泉駅を降りて歩いて2分なので、分かりやすい場所にあります。
車の場合でも、駐車場もあるので安心して車で行く事も可能。

餃子だけではなくラーメンも、懐かしのしょゆラーメンやタンメンなど種類も豊富に揃っています。

らーめん 八海山
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1403−11
電話番号:0288-76-8500
営業時間:11時00分~15時00分
18時00分~22時00分
定休日:月曜

おすすめのご当地グルメ②:石挽手打ち蕎麦 浜一

鴨南つけめんと大きな看板が目印の、お蕎麦屋さん。
栃木県産のそば粉を使用している、本格手打ちそばのお店です。

お昼時になると、お客さんが絶えず来るほどの人気店で、繁忙期は並ぶそうなので、早めのランチがおすすめです。
麺は、コシのある締まりがなく、少し柔らかめのタイプのようです。

石挽手打ち蕎麦 浜一
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398
電話番号:0288-77-0298
営業時間:10時00分~16時00分
定休日:木曜

おすすめのご当地グルメ③:カフェサロンドテオカ

温泉街とは思えないほど、大人の雰囲気の漂うおしゃれなレストランのカフェサロンドテオカ。
地元の人からの人気も高く、観光客のリピーターも多いようです。

カフェサロンドテオカの人気メニューは、なんと言ってもとちぎ県産のお肉を使ったランチです。

  • とちぎ霧降高原ビーフカレーランチ(サラダ、デザート付) 1,500円
  • とちぎ和牛大田原産ハンバーグランチ (サラダ、デザート、コーヒー付) 2,100円

また、自家製ケーキセットも人気です。
引きたてのコーヒーは、マイセンロイヤルコペンハーゲンのカップで提供されるので、リッチな気分も味わえそうですよね。

食事以外でも、休憩に立ち寄っておしゃれな雰囲気を楽しむのもいいですよね。

カフェサロンドテオカ
住所:〒321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝525
電話番号:0288-77-0657
営業時間:11時30分~15時00分
     18時30分~21時00分
定休日:木曜

おすすめのご当地グルメ④:つるや

駅周辺のアケード内にある「つるや」はお土産屋さん。
つるやのお饅頭は、栗おこわ饅頭という珍しいお饅頭です。

お土産も充実していて、お店の2階は食事処も人気となっています。
この食事処で食べらえるのが日光名物の湯葉入りの「きぬラーメン」

せっかく鬼怒川へ来たのですから、湯葉を食べたいですよね。
ラーメン以外にも、カツカレーや天丼、かつ重などメニューも充実しているお店です。

お土産屋さんは9時から17時の営業となっています。

つるや
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398−6
電話番号:0288-77-1423
営業時間:10時00分~16時00分
定休日:無し
URL:kinugawa-tsuruya.com

おすすめのご当地グルメ⑤:ゆば御膳みやざき

鬼怒川温泉駅から車で3分にあるお食事処です。
ゆば御膳みやざきでは、日光名物の生湯葉が使われた御膳を堪能することができます。

ランチタイムには、限定でお得なメニューを楽しむことができ、生ゆばミニ膳は、漬物以外はすべて湯葉が使われたメニューになっています。

豪華な生湯葉ランチで、お値段なんと1,570円。
ゆばのお刺身は、口に入れるとトローリ溶ける食感で、ゆばの味をそのまま堪能することができます。

ゆば御膳みやざき
住所:〒321-2521 栃木県日光市藤原1

電話番号:0288-77-1155
営業時間:11時00分~20時00分
定休日:不定休

<下に続く>

子連れランチにも!鬼怒川のおすすめグルメランチ5選!

鬼怒川旅行には、子連れ訪れる方も多いですよね。
ここでは、子供OKのレストランを紹介したいと思います。

おすすめのグルメランチ①:トラットリア・カミーノ

鬼怒川駅から歩いて10分少し離れている、緑の中にある住宅街にあるイタリアンレストラン。
おすすめは、薪窯で焼いた本格的なピザです。

地元の方からも、観光客からも愛されるファミリーイタリアンレストラン。
お子様用の椅子もあります。

トラットリア・カミーノ
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1430−2
電話番号:0288-76-0867
営業時間:11時30分~14時30分
     17時30分~21時00分
定休日:水曜
URL:tcamino.com

おすすめのグルメランチ②:レストラン八家

バームクーヘンで人気のはちやの2階にあるレストラン「八家」。
産地地消で栃木の食材を使ったメニューが豊富にそろっています。

  • 日光湯葉
  • 日光まいたけ
  • 日光HIMITSU豚
  • 日光の地たまご
  • 栃木コシヒカリ
  • 栃木若鶏

これらの食材が使われた、子供が大好きな親子丼やトンカツなどが楽しめます。
もちろん、デザートにはちやのバームクーヘンも!

レストラン八家
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396−10 2F
電話番号:0288-77-1453
営業時間:11時00分~16時00分
休日:水曜木曜
URL:hachiya-nikko.jp

おすすめのグルメランチ③:琲茶屋 珈香和‐COCOWA

鬼怒川温泉駅から歩いて2分と、近い場所にあります。
食事とをとるというよりも、軽い朝食や休憩におすすめ。

人気メニューは、子供の大好きなフワフワさっくりのホットケーキ
歩き疲れた子供のご機嫌も取れそうです。

大人は美味しいコーヒーでほっと一息。

琲茶屋 珈香和‐COCOWA
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396‐18 金子ハイツ101
電話番号:0288-25-7555
営業時間:9時00分~17時00分
定休日:火曜
URL:shipepeminmin.wixsite.com

おすすめのグルメランチ④:ピッツェリア・ディ・サポーレ

食材にこだわった本格イタリアンの「ピッツェリア・ディ・サポーレ」。
鬼怒川温泉駅から徒歩1分と、立地も最高です。

天然酵母100%で、国産とイタリア産の小麦粉をブレンドして作ったピザ生地は、もっちりさっくりの食感が楽しめる本格ピザ。

栃木日光産の地元食材を使用した、田舎風パスタやお肉料理も人気です。
こちらのお見せも子供歓迎、子供用の椅子もあるので安心です。

ピッツェリア・ディ・サポーレ
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396−7
電話番号:0288-77-1387
営業時間:10時30分~17時00分
定休日:木曜
URL:http://www.di-sapore.com/

おすすめのグルメランチ⑤きっかぶ

鬼怒川駅からも近く、安くておいしい焼きそばお好み焼きの「きっかぶ」。
30年以上も続く、地元の方にも愛されているお店。

人気は焼きそばで、午前中には売り切れてしまうそうです。
注文が重なると待つこともあるので、予約しておくといいかもしれません。

焼きそばは300円~で、100円単位で増量可能です。
子供向けに200円のミニサイズもあります。

きっかぶ焼きは、お好み焼きのような感じだけど、ケチャップとマヨネーズでいただきます。
子供も大好きな味ですよね。
値段も300円とリーズナブルなのも嬉しいですよね。

*きっかぶ *
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1413−13
電話番号:0288-77-2644
営業時間:10時00分~16時00分
定休日:日曜~火曜

<下に続く>

食べ歩きやお土産に!鬼怒川のおすすめスイーツグルメ5選!

鬼怒川には、食べ歩きできたり、お土産にピッタリなおすすめスイーツもたくさんあります。
ここでは、おすすめグルメを5つご紹介します。

おすすめのスイーツ①:バームクーヘン工房はちや

バームクーヘン工房はちやは、鬼怒川駅のすぐ前にあるお店。
はちやのバームクーヘンは、作っている工程をその場で見ることがで、近くを通るといい匂いが漂っています。

こだわった材料が使われており、日光の国立公園で育った「地たまご」、幻のバターとも呼ばれる「カルピス(株)バター、北関東産小麦を使っています。

バウムクーヘンは下記の定番にくわえて、季節限定などもはんばいされたりします。

  • 「はちやバウム」一層一層焼き上げた定番のバウム
  • 「ロックバウム」鬼怒川の渓谷美をイメージしており、ごつごつしたバウム
  • 「はちやバウム いちご」栃木県産のとちおとめをたっぷり使ったいちごのバウム

店内には、とちおとめソフトクリームや、バームクーヘン入りのソフトクリームも販売しているので、食べ歩きも出来ます。
はちやのバームクーヘンはおみやげにも人気。

バームクーヘン工房はちや
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396−10
電話番号:0120-183-922
営業時間:9時00分~17時30分
定休日:無し
URL:hachiya-nikko.jp

おすすめのスイーツ②:すみ屋

すみ屋はお土産屋さんで、あさやの温泉饅頭が購入できます。
温泉饅頭と言ったら、あさやと言われるほどお土産に人気なので、夕方には売り切れてしまうことも。

あさやに宿泊したお客さんも、手荷物が増えるのが最後になるように、駅前のすみ屋で購入して帰る方も多いようです。
上品なあんこで、皮はしっとりもっちりしているので、ついつい手が止まりません。

当日作られて、当日には完売するほどの人気のお饅頭です。

金額
12コ入り 1,080円
8コ入り 780円

すみ屋
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396−8
電話番号:0288-77-0821
営業時間:8時00分~17時00分
定休日:無し
URL:asaya-hotel.co.jp

おすすめのスイーツ③:きぬ太茶屋

庶民派テイクアウト店と言われているきぬ太茶屋。

きぬ太茶屋で食べ歩きして欲しいのが、鬼怒川のマスコット鬼怒太の形をした「きぬ太焼き」
中のあんこは、いちごと粒あんがあります。

鬼怒川で人気の、「たろう餃子」もここで食べられます。
手羽先のから揚げ、ソフトクリームなどの販売しているので、ちょっとお腹が空いたら立ち寄りたいお店ですね。

きぬ太茶屋
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398−13
電話番号:0288-25-3873
営業時間:9時00分~16時00分
定休日:月曜

おすすめのスイーツ④:Rマート 鬼怒川店

鬼怒川温泉駅の近くにあるコンビニだけど、イートインも出来るのでカフェのようなお店。
栃木で人気のレモン牛乳のカップアイスを購入して、ここで食べることができます。

また、焼きたてのパンも売っているので、コーヒーと一緒にここで朝食やおやつに食べる人も多いです。

Rマート 鬼怒川店
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398−15

電話番号:0288-77-1180
営業時間:日曜日 7時00分~22時00分
定休日:無し
URL:https://r-convenience-store.business.site/

おすすめのスイーツ⑤:一楽

一楽は、鬼怒川駅からすぐ近くのお土産屋さんです。
金谷ホテルベーカリーのパンが販売されているので、朝食や軽食に食べる方も多いです。

また、人気のパンなので帰りにお土産にする方も。

一楽
住所:〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1389−28

電話番号:0288-77-0822
営業時間:8時00分~16時30分
定休日:不定休

<下に続く>

鬼怒川・川治温泉観光情報センターにはグルメマップも!

鬼怒川温泉についたら、まずは観光情報センターでグルメマップをゲットしましょう。

鬼怒川温泉の駅を降りると、鬼怒太像が目に入ります。
鬼怒太像の後ろにみえる建物が、観光情報ンセンターなので、鬼怒太像を通り越して進んでいきます。

観光情報センターでは、各観光スポットのパンフレットや割引券ももらえます。
番外編で紹介する、鬼怒川周辺のおすすめ観光スポットの割引券もありますからチェックしてみて下さい。

ここでは、鬼怒川・川治・龍王峡・三依の4つの地区に分かれたグルメマップをもらうことができます。
グルメマップをゲットしたら、食べ歩きスタートですね。

<下に続く>

【番外編】グルメだけじゃない!鬼怒川周辺のおすすめ観光スポット5選!

鬼怒川周辺には、おすすめの観光スポットがたくさんあります。
では、鬼怒川周辺のおすすめ観光スポットをみていきましょう。

鬼怒川周辺には、以下の観光地があります。

  1. 日光猿軍団
  2. 東武ワールドスクエア
  3. 日光江戸村
  4. 日光東照宮
  5. 鬼怒川ライン下り

続いて、鬼怒川周辺の観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

鬼怒川周辺の観光地①:日光猿軍団

日光猿軍団には、たくさんのおさるさんがいて、劇場でのショーや、おさるのサッカーなどを楽しむことができます。
おさるさんたちの劇場では、おさるさんたちが大喜利やダンスなどをみせてくれます。

おさるさんの頑張る姿に感動したり、時には爆笑したりと小さい子供も楽しめるショーです。
また、おさるさんとのふれあいもあり、一緒に写真を撮ったり、おみくじを引いてもらうなどのイベントもたくさん。

可愛いおさるさん達に癒されに行きましょう。

料金
大人(中学生以上) 2,000円
小人(4歳以上) 1,000円
障がい者大人 1,200円
障がい者小人 500円
シニア割引(65 歳以上) 1,500円

日光猿軍団
住所:〒321-2524 栃木県日光市柄倉763
電話番号:0288-70-1288
営業時間:平日10時~16時
     休日・祝日 9時~16時
定休日:無し
URL:osaruland.jp

鬼怒川周辺の観光地②:東武ワールドスクエア

東武ワールドスクエアには、世界遺産47を含む世界の建築物102点をめぐることができるテーマパークです。
ミニチュア版とはいえ、本格的に再現されているので、世界旅行をしたような気分になれます。

また、小さな世界遺産と一緒に写真を撮ると、面白い写真が取れて盛り上がりそう。
東武ワールドスクエア内にもレストランがあるので、ランチ時間までゆっくり見学しても安心です。

前売り券 料金
大人(中学生以上) 2,500円
小人(4歳以上) 1,200円
当日券 料金
大人(中学生以上) 2,800円
小人(4歳以上) 1,400円

東武ワールドスクエア
住所:〒321-2593 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209−1
電話番号:0288-77-1055
営業時間:日曜日 9時30分~19時30分
定休日:無し
URL:tobuws.co.jp

鬼怒川周辺の観光地③:日光江戸村

日光江戸村は、東京ドーム11個分もの敷地にある江戸時代をテーマにしたテーマパークです。
中に入ると江戸時代にタイムスリップしたかのような、街並みが広がります。

自分も衣装チェンジして、江戸時代の人になりきって街歩きを満喫。
お芝居などを見て江戸を楽しんだり、江戸の職業体験もできます。

各場所では、楽しいイベントもいっぱいあるので、友達同士や家族で楽しみましょう。

1日手形 午後手形
大人(中学生以上) 4,700円 4,100円
小人(小学生以上) 2,400円 2,100円
未就学児 無料

日光江戸村
住所:〒321-2524 栃木県日光市柄倉470−2
電話番号:0288-77-1777
営業時間:9時30分~16時00分
定休日:水曜日
URL:edowonderland.net

鬼怒川周辺の観光地④:日光東照宮

「見ざる言わざる聞かざる」で有名な日光。
日光東照宮は、1617年に徳川家康公をご祭伸に祭った神社で、家康公が亡くなったあと、遺言によってここ東照宮に移されてきました。

日本の代表ともいえる世界遺産の一つですから、子供の社会科見学にもおすすめです。

日光東照宮から中禅寺湖までのいろは坂は、紅葉の時期になると真っ赤に染まりとても美しい景色になります。
いろは坂はくねくね道なので、車酔いする方は要注意です。

料金
大人(高校生以上) 1,300円
小中学生 450円
未就学児 無料

日光東照宮
住所:〒321-1431 栃木県日光市山内2301
電話番号:0288-54-0560
営業時間:4月1日 ~ 10月31日 午前8時~午後5時
     11月1日 ~ 3月31日 午前8時~午後4時
定休日:無し
URL:toshogu.jp

鬼怒川周辺の観光地⑤:鬼怒川ライン下り

名物となっているのが鬼怒川ライン下りで、鬼怒川の奇岩や怪石をかき分けて、スリル満点で川を下っていきます。
ラフティングとは違い、自分で漕ぐのではなう船頭さんにすべてお任せ。

景色を見ながら川下りを楽しむことができます。
川水の量や流れによっては、水しぶきがかかる事もあり、それが楽しさを倍増さえてくれます。

暖かい時期になると、得に人気なので混雑することもあります。

料金
大人(中学生以上) 2,800円
小人(4歳以上) 1,800円
幼児(1歳から3歳) 600円

鬼怒川ライン下り
住所:1414番地 大原 鬼怒川温泉, 日光市 栃木県 321-2522
電話番号:0288-77-0531
営業時間:日曜日 9時00分~15時45分
定休日: なし
URL:linekudari.com

<下に続く>

鬼怒川には温泉以外にも楽しいことがたくさん

ライン下り

鬼怒川温泉の楽しみは、温泉だけではありません。
他の地域の温泉のように、温泉街はないのですが、鬼怒川駅周辺でグルメを楽しむことができます。

ご当地グルメ、子供も一緒のランチ、食べ歩き、お土産を満喫しましょう。
鬼怒川周辺には、人気の観光スポットもあります。

遊びを楽しめる日光江戸村、おさるさんが可愛い日光猿軍団で、鬼怒川旅行も盛り上がりますね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line