どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2018/11/07

集中力8秒以下のあなたへ!”コワーキングサウナ”でサウナと仕事の両立が可能に!

あなたは仕事中、何かに気が散り、集中できなかった経験はありませんか?
マイクロソフト社の2015年のレポートによれば、現代人の集中の持続時間はわずか8秒だそうです。

そんな集中できない現代人におすすめなスポットとして注目を集めているのがコワーキングサウナです。
コワーキングサウナとは、サウナとコワーキングスペースが合体したスポットで、集中力を高め、仕事の効率をあげることを目的としています。

今回はこのコワーキングサウナについて詳しくご紹介します。

Large pool 3001208 1920
目次

サウナ愛好家「サウナー」など今アツいサウナ

null

今、リフレッシュできる場所として、サウナが人気を集めています。
なぜサウナが今人気なのか。その主な理由は以下の3つがあげられます。

  1. 血流を良くして疲れを癒してくれる
  2. ダイエットなど美容に良い
  3. 「ととのう」感覚が快感

次にこれらの理由を詳しく見ていきます。

1、血流を良くして疲れを癒してくれる

熱いサウナに入ることは血流をよくする効果があり、肩こりをほぐし、自律神経の乱れを治します。
この効果はデスクワークが多く、肩こりに悩まされる現代人にはうれしい効果です。

2、ダイエットなど美容に良い

サウナに入って汗をかくことは、代謝を良くして痩せやすい体をつくります。
そのため、サウナダイエットは女性を中心に注目されています。

サウナダイエットは、食事制限や運動と違って、ストレスをかけるものではなく、むしろリフレッシュしながら痩せられるため、人気になっています。

3、「ととのう」感覚が快感

サウナ愛好家の間でよく言われることは、サウナによって体が「ととのう」ことが快感であるということです。
「ととのう」というのはサウナ愛好家の間で使われる言葉で、サウナと水風呂を繰り返すうちに、血流が良くなり、ディープなリラックス状態になることをいいます。

一度、「ととのう」感覚を覚えると、サウナの魅力に取りつかれ、サウナ愛好家、通称「サウナー」になると言います。
サウナーは今急激に増えており、SNS上でサウナの情報が交換されたり、サウナ専門誌が出版されるなど、サウナは今アツいスポットになっています。

サウナーの輪は有名人や企業にも広がっていて、コップのフチ子の生みの親のタナカカツキさんはサウナーを自称して注目を集めました。
また、コクヨという会社ではサウナーの社員たちによって「サウナ部」が作られ、サウナを愛好する活動を行っています。

<下に続く>

仕事とサウナが両立できる”コワーキングサウナ”が登場!

そんなサウナーたちによって作られたのが、仕事とサウナが両立できるコワーキングサウナです。コワーキングサウナとは、サウナとコワーキングスペース(いわゆるシェアオフィス)が合体したスポットです。

コワーキングサウナは、サウナと水風呂を繰り返すことで身体が「ととのう」ことにならい、仕事中のストレス状態と、仕事をしていないリラックス状態を繰り返すことで集中力を高めることを目的に作られました。

ワーキングスペースでは集中して仕事をし、リラックススペースではサウナやジャグジーで休憩できます。
コワーキングサウナの登場はサウナーたちの間で話題を集め、サウナで働く「サウナワーカー」の輪が広がろうとしています。

<下に続く>

バスハウス(BathHaus)/代々木上原

2018年11月にオープンするコワーキングサウナとして注目されているのが、バスハウス(BathHaus)です。
バスハウスは『「仕事して、ひとっ風呂浴び、ビールを一杯ひっかける」そんな日々の楽しみを1つの空間で実現できてしまう“ハイパー銭湯”』、をコンセプトにしています。

バスハウスのコワーキングスペースは、プライベートデスク、フリーデスク、アフター6、ウィークエンド、1日利用と各自の要望に合わせた使い方が可能。
高速のインターネットや、顔認証システムを使ったセキュリティが完備された快適なワーキングスペースで、持ち込んだ仕事をに行うことができます。

そして、仕事中や仕事終わりのリラックススペースである、チル・スペースは、1フロアに銭湯とクラフトビールバーを併設。
ビール以外にも、お茶やお惣菜も利用可能で、仕事中、一息つける場所として使えます。

クラフトビールバーでは、グビグビ飲みたいものから、チビチビと味わいたい物まで、全部で6タップのビールが楽しめます。
お風呂上がりに一人でじっくり、もしくは仕事仲間と一緒に美味しいビールを飲むことは最高のリラックスタイムになるはずです。

仕事中のストレスタイムと、休憩中や仕事終わりのリラックスタイムを一体化できることで仕事効率は格段に上がるでしょう。

バスハウス(Bath Hous)
住所:東京都渋谷区西原1-50-18
電話番号:050-5218-0982
営業時間:work:9時~24時 chill:9時~22時
定休日:未定
URL:https://bathhaus.club/

<下に続く>

スカイスパYOKOHAMA/横浜

横浜駅直通という好アクセスな場所に位置する、スカイスパYOKOHAMAは、コクヨのサウナ部の監修のもと、『サウナワーカーによる、サウナワーカーのためのコワーキングサウナ』として2018年11月9日にリニューアルオープンされます。
スカイスパYOKOHAMAのリニューアルのコンセプトは『air(リラックス)&cave(ストレス)』

まさにサウナの「ととのう」感覚と同じく、仕事にメリハリをつけ、集中のサイクルを回すことで、仕事効率を高めることができるスポットとなっています。

仕事に集中する(没:BOTSU)ブースは、あえて暗く狭い空間になっていいるため、そのほかの開放的なブースとのメリハリをつけ、集中のルーティーンを再現できます。
対して飲食ワーキングプレイスは、天板サイズが大きく、ゆったりとした空間で仕事をしたり、仲間との会話を楽しめます。

さらに、ホワイトボードやプロジェクターを完備したスペースもあり、会社のミーティングなども行えるので、ワーキングスペースとして申し分のない場所と言えるでしょう。
入浴スペースは大人数を収容できるフィンランド式のドライサウナ、水風呂、高濃度炭酸泉の檜風呂などが設備され、銭湯としても魅力的。

サウナ室やジャグジーからは横浜港、みなとみらいを一望でき、最高のリラックスタイムを演出してくれます。
仕事空間とリラックス空間、どちらとしても充実した機能を持つスカイスパYOKOHAMAは、最高の仕事場として人気になること間違いなしです。
スカイスパYOKOHAMA
住所: 神奈川県横浜市西区高島2丁目19−12
電話番号:045-461-1126
営業時間:10:30~翌朝9:00(22.5時間営業)
定休日:年中無休
URL:https://www.skyspa.co.jp/

<下に続く>

まとめ

集中時間が8秒以下の現代人にとって、仕事効率は切実な問題です。
仕事効率を高めるためのカギは、仕事とそれ以外の時間のメリハリをつけること。

コワーキングサウナでは仕事をしていない時間にサウナで入浴してリラックスすることで、仕事中の集中を高めることができます。
集中力がない、仕事の効率を高めたい、という方は是非コワーキングサウナを利用してみてください。

Avatar
written by
国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!
関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line