どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/03/07

京都のパフェがおすすめの人気店20選!フォトジェニックでインスタ映え!

京都と言うと古都であるイメージからどうしても和菓子の印象が強くはないでしょうか。
しかし実は京都は抹茶を中心としたパフェの人気店の激戦区でもあります。

最近は写真映えする可愛らしい見た目と、本格的な味わいへのファンが多く、京都カフェ巡りも人気です。
そこで今回は京都の人気パフェ店を紹介します。

Large sweets

つじりや伊藤久右衛門!京都で人気のある抹茶パフェ13選!

おすすめの抹茶パフェのお店①:茶寮都路里

京都府内に3店舗、東京に1店舗を構える人気店です。
昭和53年に、「若い人にも正しいお茶の味わい方を知ってもらい、楽しんでもらいたい」というような思いのもとに京都に創業されました。

本来お茶屋さんということで、使われている抹茶も本格的で味わい深いと評判です。
中でも抹茶アイスや粒あん、抹茶ソフトクリームなどがのった王道の特選都路里パフェが人気です。

また他にはない京都都路里祇園本店だけのメニューとして、オーダーメイドパフェというものがあり、好きなものを自分でオーダーシートから選び、のせてもらうというものもあります。
好きなものを好きなだけ味わうことができると大人気です。

その他の店舗にもその場所や季節にちなんだものが数多く提供されています。
是非いろいろなメニューを食べ比べてみてください。

茶寮都路里(祇園本店)
住所:京都府京都市東山区祇園町南側573−3
電話番号:075-561-2257
営業時間:平日10時から22時(ラストオーダー21時)/土日10時から22時(ラストオーダー20時半)
定休日:無
URL:茶寮都路里

おすすめの抹茶パフェのお店②:伊藤久右衛門

京都の地で江戸時代から続けてきたお茶づくりを、もっといろいろな人に知ってもらおうということで近年茶房をオープンさせた京都の老舗お茶屋さんです。
歴史や本来のお茶の楽しみ方を忘れることなく、新しい時代のニーズにも柔軟に対応していきたいという方針が茶房のメニューにも感じられます。

こちらで注文できる抹茶パフェは3種類
抹茶ゼリーや小豆、白玉が入ったオーソドックスなもの、それに宇治抹茶団子やわらび餅を追加した「よくばり」、そしてわらび餅とのセットのものです。

どれも厳選された茶葉のみで作られていて、ほのかな苦みと香りが甘味の甘さと絶妙にマッチします。
栗やさくらを使用するなど季節メニューもあるので何度足を運んでも新鮮です。

伊藤久右衛門
住所: 京都府宇治市莵道荒槇19−3
電話番号:0774-23-3955
営業時間:10時から18時半(ラストオーダー18時)
定休日:なし
URL:伊藤久右衛門

おすすめの抹茶パフェのお店③:和カフェ 季の音

京都の中心地である四条河原町交差点近くにあるカフェで、ショッピングや京都観光の間にふらりと立ち寄ることができると人気のカフェです。
抹茶、玉露、煎茶など多種類のお茶を飲むことができ、それを使ったスイーツを頂くことができます。

こちらの抹茶パフェはオリジナルのほうじ茶アイスと抹茶アイスがのっているのが特徴です。
その他にも自家製のわらび餅、白玉、寒天、自家製プリンなどが豪華に盛り付けられている中、京都に隣接する丹波の大粒の黒豆がぎゅっと甘みを引き締めてくれます。

抹茶パフェですが、白玉や黒豆など抹茶の色一色ではなく見た目にも可愛らしいと評判です。
お茶やあんみつ、季節メニューも充実していて何度行っても飽きることはありません。

和カフェ 季の音
住所:京都府京都市中京区 四条上ル米屋町384番地 くらもとビル4階 河原町通
電話番号:075-213-2288
営業時間:11時半から19時(18時半ラストオーダー)
定休日:火曜日
URL:和カフェ 季の音

おすすめの抹茶パフェのお店④:茶寮翠泉

茶室のような和モダンな店内で、京都で本格的な和の甘味を楽しむことができると人気のお店です。
可愛らしい抹茶ラテアートなど新しい文化も取り入れつつ、お茶本来の変わらない味を楽しむことができます。

そんなお店で頂ける抹茶パフェは翠圓パフェ(秋冬限定)、抹茶ケーキパフェ、翠泉パフェと三種類。
翠圓パフェは秋冬のメニューということで少し小ぶりですがマロンのアイスクリームが入っていて、抹茶のメレンゲとよくマッチする新しい形の甘味です。

翠泉パフェは濃厚抹茶ソフト、三笠、わらびもち、フィナンシェなど豪華な盛り合わせが人気の理由です。
もちろん抹茶ケーキパフェはさらに豪華。

白玉もやわらかくて美味しいですよ。
何度行っても飽きることのないメニューの豊富さと、見た目の美しさから京都カフェ巡りのリピーター続出のお店です。

茶寮翠泉
住所:京都府京都市下京区稲荷町(間之町通)521
電話番号:075-278-0111
営業時間:10時半から18時(ラストオーダー17時半)
定休日:不定休
URL:茶寮翠泉

おすすめの抹茶パフェのお店⑤:無碍山房 サロン・ド・ムゲ

京都の菊乃井という料亭の傍にあるカフェで、本格的な和食をもっといろんな人に楽しんでもらいたいという思いから2017年にオープンした、まだ新しいお店です。
6歳未満の子どもは入店することができないという静かな店内は、予約制のお弁当と甘味を楽しむことができます。

こちらで味わうことができるのは濃い抹茶パフェという、名前の通りとても濃い味わいの抹茶を使用したものです。
見た目は一番上に盛られた抹茶アイスがまるでマカロンのように丸みを帯びていて可愛らしい印象です。

ゆずと生姜のカステラや抹茶ゼリーなどが盛られていて、様々な食感や味が楽しめます。
京都の料亭の甘味処ということでおもてなしも超一流。

高級感のある雰囲気の中、スイーツを楽しむことができるお店です。

無碍山房 サロン・ド・ムゲ
住所: 京都府京都市東山区 下河原通高台寺北門前鷲尾町524
電話番号:075-744-6260
営業時間:13時半から18時(ラストオーダー17時)
定休日:火曜日
URL:無碍山房 サロン・ド・ムゲ

おすすめの抹茶パフェのお店⑥:ぎをん小森

京都宇治抹茶のお茶、わらび餅のわらび粉、十勝産の小豆などこだわりぬいた食材で作る甘味が人気のお店です。
そんな甘味処のパフェは全部で5種類。

その全てに抹茶の要素が詰まっていますが、特に抹茶ババロアと抹茶プリンでは全体で抹茶を楽しむことができる一品になっています。
ババロアはこだわった手作りの食感が、プリンは厳選された美味しい卵の甘みが人気です。

その他にもあずきババロアパフェ、白玉パフェ、わらびもちパフェなどがあります。
白玉もわらび餅も、アイスクリームなどに触れて冷えても固くならないように計算されて作られており、それぞれの食感の違いを楽しむことができます。

京都の情緒あふれる店内のゆったりした雰囲気と和洋の味がよくマッチしたパフェが心を癒してくれますよ。

ぎをん小森
住所:京都府京都市東山区元吉町 大和大路東入元吉町61 新橋通
電話番号:075-561-0504
営業時間:11時から20時(ラストオーダー19時半)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
URL:ぎをん小森

おすすめの抹茶パフェのお店⑦:京煎堂

京都の観光地八坂神社の石段下に店舗兼茶房のあるお店です。
店舗には宇治抹茶を使用したお菓子のお土産がたくさん並んでいます。

茶房には抹茶のぷりんやわらびもちなど本店限定のメニューがあるのも人気の秘訣です。
その中でも一番人気の商品が抹茶パフェです。

宇治抹茶を100%使用した濃厚な一品です。
白玉やあずき、ゼリー、大きく盛られた抹茶ソフトの上には店舗でも人気のお土産商品、茶の葉煎餅が飾り付けられていて、見た目にも美しいパフェです。

抹茶プリンパフェや白玉パフェなどその他のメニューにも抹茶が多く使用されています。
抹茶を味わい尽くしたいという方には抹茶パフェ、抹茶の味も試してみたいという人には白玉パフェなど好みに応じて選べるのも嬉しいですね。

京煎堂
住所:京都府京都市東山区祇園町南側 祇園町南側565−1
電話番号:075-541-1141
営業時間:10時半から20時(ラストオーダー19時半)
定休日:なし
URL:京煎堂

おすすめの抹茶パフェのお店⑧:中村藤吉

1854年創業の京都の老舗お茶屋さんです。
その本店メニューの中でも一番人気なのが「まるとパフェ」

パフェの1番上にラテアートのように抹茶でお店のロゴが描かれている美しいパフェです。
中には抹茶のアイス、シフォンケーキ、ゼリーと抹茶尽くしにも関わらず、食感がどんどん変わっていくので飽きることなく最後まで抹茶の味を楽しむことができます。

一番上のアートの部分の生クリームが甘すぎないため、中の抹茶とよくマッチします。
見た目も器からどんどん上に上にのびていく通常のパフェと異なり、器ぎりぎりにふわふわと盛られた抹茶アートというのが他店とも大きく異なり、写真映えすると人気です。

中村藤吉
住所:京都府宇治市宇治壱番10
電話番号:0774-22-7800
営業時間:10時から18時(ラストオーダー17時)
定休日:なし
URL:中村藤吉

おすすめの抹茶パフェのお店⑨:京はやしや

京はやしやは創業240年の老舗で、抹茶パフェ発祥の店でもあります。
金沢で創業して以来、恵まれた環境にある京都の宇治でお茶を育て始め、お茶をもっと親しみやすいものにしたいという思いの元、「抹茶パフェ」や「抹茶ミルク」など新しいお茶の楽しみ方を常に発信し続けてきました。

そんなお店の抹茶パフェはオーソドックスな見た目をしています。
白玉や抹茶わらび餅、抹茶アイスなどが器に盛られたシンプルなものですが、大人気の理由はやはり「京都の新鮮なお茶の美味しさ」にあります。

お茶の専門店である知識を活かし、抹茶の美味しさを甘味にする方法を模索し続けた結果が生み出した元祖。
京都の甘味巡りの原点に、是非立ち寄ってみてくださいね。

京はやしや
住所:京都府京都市中京区三条通河原町東入中島町105
電話番号:075-231-3198
営業時間:11時半から21時半 (ラストオーダー21:00)
定休日:無休
URL:京はやしや

おすすめの抹茶パフェのお店⑩:家傳京飴 祇園小石 茶房こいし

京飴などの甘味を製造・販売している家傳京飴祇園小石の甘味処です。
本来の京飴の技術を活かした「秘傳の黒蜜」がその美味しさの秘訣で、それを使用したあんみつなどが人気メニューです。

こちらで頂けるのは通常の抹茶パフェ、抹茶シフォンパフェ、そして恋する檸檬の抹茶パフェです。
少し口にするのが恥ずかしいようなネーミングですね。

こちらのパフェは檸檬シロップが外付けで一緒に提供されます。
中には檸檬のプリン、檸檬、白玉、生クリームなどが入っていて、この甘みと檸檬シロップの酸味がよく合い、新しい感覚の甘味で見た目もかわいいと人気を集めています。

是非京都に立ち寄る際はお店に足を運んで、少し気恥ずかしい名前のこちらの一品を頼んでみてくださいね。

家傳京飴 祇園小石 茶房こいし
住所:京都府京都市東山区祇園町北側 東山区祇園町北側286−2
電話番号:075-531-0469
営業時間:10時半から19時(ラストオーダー18時)
定休日:なし
URL:家傳京飴 祇園小石

おすすめの抹茶パフェのお店⑪:京祇園二軒茶屋

京都を代表する観光地、八坂神社の中にある茶屋さんです。
京都の歴史を感じる立地で、観光がてら気軽に立ち寄ることができるのが魅力です。

こちらで食べることができるのは抹茶とミルクのソフトクリーム、抹茶アイス、抹茶ケーキなどの抹茶尽くしの中に、求肥やわらび餅、白玉団子のもちもちとした食感が楽しい一品です。
トップには抹茶サブレが可愛らしくのっていて、写真映えします。

この他にもぜんざいやおしるこ、甘酒など冬場には欠かせないメニューや、わらび餅、抹茶プリンなど京都らしい甘味が並びます。
甘味だけでなくお茶漬けやうどんなどの軽食やお抹茶も頂けるので、ぜひ京都観光の休憩に立ち寄ってみてください。

京祇園二軒茶屋
住所:京都府京都市東山区祇園八坂神社鳥居内
電話番号:075-561-0016〜18 [代]
営業時間:11時から20時
定休日:水曜日
URL:京祇園二軒茶屋

おすすめの抹茶パフェのお店⑫:辻里兵衛

京都のお茶屋さんが提供する本物だけを使用したスイーツが並ぶお店です。
宇治抹茶パフェはソフトクリームや中のゼリーなどにも宇治抹茶を使用した濃厚なものです。

焙煎した宇治焙じ茶パフェは青々とした抹茶の味とは違い、香ばしくさっぱりとした舌触りでこちらも人気です。
何度も行って食べ比べてみたくなりますね。

その他にも季節のモンブランや大福、抹茶ぜんざい、宇治抹茶ゼリーなど抹茶の魅力を様々な形で味わうことができます。
和モダンな雰囲気の店内で味わう抹茶は格別で、雰囲気があると外国人観光客にも大人気です。

京都らしい美しい庭園を眺めながら抹茶を楽しめる「花見席」や子連れでも安心のソファー席など、一緒に行く相手によって合わせられるのも嬉しいお店です。

辻里兵衛
住所:京都府宇治市宇治若森若森41
電話番号:0774-23-1111
営業時間:10時から18時(ラストオーダー17時)
定休日:火曜日
URL:辻里兵衛

おすすめの抹茶パフェのお店⑬:小倉山荘カフェ

京都府長岡京市にあるおかき、せんべいのお店小倉山荘のダイニングファームカフェです。
おかき作りでも大切にされているお米を使用した御膳がヘルシーで女性に人気です。

こちらの抹茶パフェはカステラ、ゼリー、アイスクリームと中身全てに抹茶が使われている抹茶尽くしの一品です。
特にゼリーはその年の一番茶を使用した香りの強いこだわりのものです。

宇治抹茶のほのかな苦みと、白玉や小豆の甘さがちょうどよくマッチします。
このほかにもぜんざいやわらび餅、抹茶のゼリーなど、食後にちょっとだけ甘味を楽しみたい方におすすめの小ぶりなスイーツもあります。

京都の宇治抹茶を使用したものも数多く、好きな形で楽しむことができます。

小倉山荘カフェ
住所: 京都府長岡京市今里蓮ケ糸45番地 小倉山荘竹生の郷 内
電話番号:075-957-7500
営業時間:10時から17時半
定休日:年始のみ
URL:小倉山荘カフェ

<下に続く>

フォトジェニック!カラフルでかわいい京都のおすすめフルーツパフェ5選!

おすすめのフルーツパフェのお店①:TABIYA CAFE & DINING

ランチもディナーも提供しているカフェです。
京都に住む人たちのコミュニケーションの場になればという思いで作られた、というだけあって広い店内は区切りが少ないオープンなスペースで開放感があります。

無料のWi-Fiスペースもあるので外国人観光客も多く立ち寄る人気店です。
珈琲を飲みながら隣の人と異文化交流…というのも京都らしいですね。

こちらのカフェでは季節限定、先着順で提供されるパフェがとても人気です。
春先にはイチゴたっぷりのイチゴパフェ。

夏にはマンゴーと旬のフルーツを使ったものから、京都らしい美しい抹茶パフェなど様々です。
数量限定なので早めの時間に行くことをおすすめします。

TABIYA CAFE & DINING
住所: 京都府京都市下京区足袋屋町329 キョウテクあやごっこビル2F
電話番号:075-354-0300
営業時間:10時から22時
定休日:月曜日
URL:TABIYA CAFE & DINING

おすすめのフルーツパフェのお店②:FUKUNAGA 901

京都駅に隣接する伊勢丹の中にあるアクセスが便利な洋食カフェです。
シンプルなメニューだからこそ丁寧でこだわりぬいたメニューが並ぶ、伊勢丹の人気店です。

そんなカフェが提供するフルーツパフェは季節に合わせてメニューが変わるのも人気の理由です。
春先にはイチゴをたっぷり使ったもの、夏には桃やマスカット、秋にはマロン、いちじく、ブルーベリーなど、メニューが豊富で何度行っても楽しむことができます。

見た目にもこだわった作りのため、フォトジェニックでインスタ映えすると若い女性に人気です。
他にも京都らしい「京の盆栽」という抹茶パフェなど常設メニューも豊富なので一度足を運んでみてください。

FUKUNAGA 901
住所: 京都府京都市下京区東塩小路町 京都市下京区 烏丸通塩小路下ル東塩小路町902番地 京都駅ビル 8F
電話番号:075-342-0082
営業時間:10時から20時(19時半ラストオーダー)
定休日:年末年始のみ
URL:FUKUNAGA901

おすすめのフルーツパフェのお店③:ドルチェパンダ

京都の住宅街にある完全予約制のパンダを愛するお店です。
毎月インスタグラムで営業日が告知されるのと同時に電話予約が可能になります。

その電話予約もすぐに満席になってしまうほど人気の隠れ家的なカフェです。
子育てをされながらオーナーさん一人で切り盛りをされているということでこのような形になっています。

それでも予約が殺到する人気の秘密はやはり、フルーツパフェです。
その季節に合わせた旬の食材を使った可愛らしいパフェがフォトジェニックでもあり、新鮮でおいしいと評判です。

パンダのパフェはメニューにはなく、半年に一度ほどの割合で登場する激レアメニューなのだそう。
いつも会えるわけではないというのは残念ですが、その他のメニューもとても鮮やかで美しいので是非頑張って予約を取ってみてください。

ドルチェパンダ
住所:京都府京都市北区紫野石龍町29−5
電話番号:0754689590
営業時間:不定期
定休日:不定期

おすすめのフルーツパフェのお店④:ドルフ

朝の8時からオープンしているということで朝食にも合うサンドイッチなどの軽食から、スイーツ、珈琲、ディナーにもなる食事メニューまで充実した珈琲レストランです。
珈琲や紅茶の種類が多く、好きなドリンクを味わえることが魅力です。

そんな京都の素敵なカフェで頂くことができるフルーツパフェはとてもフォトジェニックな一品です。
まるで花束のように器からあふれ出すフルーツ。

美しく切られたフルーツは芸術品の様で、フルーツショップのもののように新鮮でみずみずしいです。
その他にもチョコレートパフェやラズベリーパフェなどスイーツメニューも充実しています。

落ち着いた雰囲気の店内なのでゆっくりと時間をかけて味わうことができますよ。

ドルフ
住所: 京都府京都市左京区岩倉東五田町4
電話番号:075-722-2367
営業時間:8時から22時半
定休日:不定休
URL:ドルフ

おすすめのフルーツパフェのお店⑤:菓寮伊藤軒

もともと和菓子を中心とした生菓子や焼き菓子の店舗に、2015年新しくスイーツの魅力を発信しようとオープンした新しいカフェです。
ボリュームがあるのにヘルシーなランチメニューや、京都らしい和菓子のお茶菓子がメニューに並びます。

その中でホームページのメニューには載っていませんが、イチゴやマスカットなど旬のフルーツを使ったパフェがあります。
「いちご畑」という名前のイチゴパフェにはその名の通りふんだんにイチゴが盛られていて、その上には雪がかかったように粉砂糖が降りかかっていてとても可愛らしいです。

また京都山科の観修寺は葡萄の生産地ということで、そこでとれた高級なシャインマスカットを贅沢に山のように盛り、中にも紫ぶどうのシャーベットなど葡萄尽くしの一品も人気です。

菓寮伊藤軒
住所: 京都府京都市伏見区深草谷口町28−1
電話番号:0120-929-110
営業時間:10時から18時(17時半ラストオーダー)
定休日:水曜日
URL:菓寮伊藤軒

<下に続く>

河原町でも!京都で食べてみたい大きいパフェ2選!

おすすめの大きいパフェのお店①:からふね屋珈琲店 三条本店

1972年の創業以来、京都だけでなく京阪神エリアに11店舗を持つ老舗の珈琲店です。
「絵画のようなパフェ」をコンセプトに、パフェクリエーターとパフェを作るパフェシエによって150種類のパフェを味わうことができます。

そのメニューの中でもひときわ存在感を放つのがジャンボパフェメニュー
ジャンボだけでも10種類以上あり、3名分が目安のジョッキに入ったパフェから10名分が目安のジャンボパフェ。

更にはパーティー用の25名分が目安のル・レーヴという巨大パフェまであります。
こちらはなんと5万円という驚愕のお値段です。

しかしこちらの魅力は、「ただ詰め込んだだけ」じゃないというところ。
どんなに大きくなっても見た目の美しさや可愛らしさ、細部までのこだわりは変わりません。

京都観光の際は是非一度立ち寄って、お気に入りの一品を150種類から探してみてください。

からふね屋珈琲店 三条本店
住所: 京都府京都市中京区河原町通三条下る大黒町41
電話番号:075-254-8774
営業時間:祝日前日・金土曜日9時から翌1時(ラストオーダー:フード23時・ドリンク翌0時15分)/日~木曜日9時から23時(ラストオーダー22時)
定休日:なし
URL:からふね屋珈琲店 

おすすめの大きいパフェのお店②:レストランスター京極店

大正14年。
まだまだ日本に国際化の波が来るずっと前に、京都に洋食文化を持ち込んだ老舗レストランです。

ハンバーグやオムライスなど、美味しそうな洋食メニューが並ぶ中でひときわ目立つのが巨大パフェの文字です。
ソフトクリーム1㎏と生クリームが1リットル器の中に盛り込まれ、その他にもイチゴやチョコレート、抹茶などがぎっしりと詰まっています。

その名もクレイジービッグパフェ
高さも30㎝以上とまさにクレイジーな大きさです。

お誕生日パーティーなどちょっとしたイベント毎の際に注文して皆でチャレンジするのも面白いですね。
このほかにも一年中イチゴが食べられることでも有名で、イチゴのパフェの種類が豊富です。

レストランスター京極店
住所: 京都府京都市中京区中之町(新京極通) 通四条上る中之町539−1 新京極
電話番号:075-221-2555
営業時間:11時半から22時(ラストオーダー21時)
定休日:なし
URL:レストランスター

<下に続く>

京都のパフェがおすすめの人気店20選!フォトジェニックでインスタ映え!のまとめ

京都には甘味処やお茶屋など、京都らしいパフェを追求するお店が数多くあります。
見た目にこだわったものや大きさ、ボリュームなどそれぞれにこだわりのポイントも異なります。

是非いろいろなお店に足を運んでお気に入りの一品を見つける旅をしてみてください。
行くたびに京都の新しい魅力を発見できるはずですよ。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line