どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/03/03

ぷらっとこだまの予約はいつからいつまでできる?方法は?当日もできる?

ぷらっとこだまは、新幹線のこだま号をお得に利用できるサービス。
利用条件に制限はありますが、3000円近く割引になるケーズもありますよ。

この記事ではぷらっとこだまの利用条件や予約の仕方、メリットとデメリットについて解説していきます。
ぷらっとこだまを利用してみたい人はぜひ参考にしてください。

Large japan 974730 1280

【予約の前に】ぷらっとこだまとは?

null

<下に続く>

【予約の前に】ぷらっとこだまとは?

ぷらっとこだまは、あらかじめ指定されている列車を予約することで通常のこだまよりも割引を受けることができるサービスです。
安くお得に旅をしたい人にはおすすめのぷらっとこだま。

まずは予約の前に基本情報を見ていきましょう。

ぷらっとこだま利用可能区間

ぷらっとこだまが走っているのは東京から新大阪駅の間。
利用できる駅は以下の8つ。

  • 東京
  • 品川
  • 新横浜
  • 静岡
  • 浜松
  • 名古屋
  • 京都
  • 新大阪

これらの駅を発着する列車に対して使うことができますよ。
こだまは各駅停車の新幹線なのでその他の駅にも停車しますが、ぷらっとこだまの予約はできないので注意が必要です。

また、東京・品川・新横浜間の移動、静岡と浜松の移動、京都と新大阪の移動には使えませんので注意が必要です。

ぷらっとこだまの対象車両

ぷらっとこだまはこだま号のなかでも限定された一部の車両だけが対象となります。
全部の車両が対象になるわけではないので、あらかじめ対象となる車両をチェックしておきましょう。

下りの列車に関しては1時間に2本が対象となり、朝は東京発6時半、終電は20時26分となります。
終電の列車は名古屋行きになるので新大阪まで行きたい人は19時26分の電車に乗るようにしましょう。

上りの列車はさらに本数が少なくなっており1時間に1本しか対象の列車がないので注意が必要です。
始発が新大阪発7時50分、終電は19時50分となりますがこちらの終電は静岡行きです。

東京行きの列車に乗りたい人は一本早い18時50分発の列車を予約するようにしましょう。

グリーン車も予約できる?

ぷらっとこだまではグリーン車も予約することができますよ。
グリーン車の場合でも のぞみで普通指定席を買うよりもお安いのがぷらっとこだまの魅力です。

のぞみで行くと東京新大阪間が2時間半だのに対しぷらっとこだまでは4時間かかるので到着までが多少ゆっくりにはなります。
正しい時間に余裕がある人にとってはぷらっとこだまのグリーン車を使って、ゆったりと贅沢な旅をするのもいいかもしれません。

<下に続く>

ぷらっとこだまで予約するとどれだけお得?

null

ぷらっとこだまで予約すると実際どれだけお得になるのでしょうか。
ここではぷらっとこだまの利用料金と受けられるサービスについてみていきましょう。

ぷらっとこだまの利用料金(通常期/繁忙期)

ぷらっとこだまの利用料金は通常期と繁忙期で別れています。
通常期は東京名古屋間で 8300円、東京新大阪間は10500円です。

ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィークなどの繁忙期は別途特別料金が設けられています。
繁忙期は東京名古屋間で9500円東京新大阪間は12000円になります。

のぞみの場合東京新大阪間の指定席料金が14500円なので、どちらにしてもお安くなっていますね。
具体的な繁忙期の日にち設定、各区間の料金はJR東海のホームページにて確認できますよ。

1ドリンク引換券がついててお得!

新幹線に乗る時には、飲み物を購入する人も多いのではないでしょうか。
ぷらっとこだまで予約すると嬉しいのか、ワンドリンク引換券が付いていること。

ソフトドリンクだけでなく350ミリリットルのビールにも交換できます。
元々の座席料金だけでもお得なのにドリンクも手に入るなんて嬉しいですよね。

引換券は駅の売店で使うことができますよ。

<下に続く>

ぷらっとこだまの予約方法

実際にぷらっとこだまを使いたいなと思った方のために予約方法について説明していきます。
予約ができる期間に制限があるので、事前にチェックしていきましょう。

ぷらっとこだまの予約方法は?

ぷらっとこだまを予約する方法は3つあります。

  • インターネット
  • 電話
  • JR東海ツアーズの支店に来店

最も手軽なのはインターネットを使う方法です。
会員登録をすることでクレジット決済をすることができますよ。

予約可能時間は5:30から23:30まで となっています。
予約後はチケットが家まで送られてくるので、楽チンですね。

また10時から18時の時間に電話することでも予約が可能です。
こちらの場合はチケットを JR東海ツアーズの支店に取りに行くか、家に送ってもらうか選ぶことができます。

電話で予約をする場合も決済はクレジットカードのみなので注意が必要です。

現金でチケットを購入したい場合は JR東海ツアーズの支店に行くのがおすすめです。
チケットをその場で受け取ることもできるので安心ですね。

ぷらっとこだまはいつからいつまで予約できる?

ぷらっとこだまは利用日の1ヶ月前から予約を取ることができますよ。
予約の期限は方法によって異なります。

インターネットでの予約は出発の5日前まで可能です。
直前の予約はできないので注意しましょう。

電話の予約は2日前まで、 JR 東海ツアーズでの現地予約は前日まで可能です。
直前にぷらっとこだまを使用したくなった場合は、電話でまず席を押さえて JR東海ツアーズの支店にチケットを取りに行くのがおすすめです。

<下に続く>

ぷらっとこだまの予約の空き情報は確認できる?

null

ぷらっとこだまの予約の空き状況はインターネットにて確認することができますよ。
インターネットでは、直近一週間分の予約状況を見ることができます。

JR東海ツアーズが運営している E ぷらっとネットというサイトにて予約状況を確認できるので、特に繁忙期の時期は空席があるか確認してみるといいですよ。
そのままインターネットにて予約もできるので便利ですね。

Jr東海ツアーズのホームページでも予約状況が確認できますが、リアルタイムではありません。
特に売り切れ間近の時はEぷらっとネットでチェックをするのがおすすめです。

<下に続く>

ぷらっとこだま予約から乗車まで

null

ぷらっとこだまを予約してから乗車するまでの流れを説明します。
ぷらっとこだまを予約すると、 郵送もしくは店舗での引き換えでチケットを手に入れることができます。

基本的にはこのチケットを駅まで持っていけば 大丈夫です。
ぷらっとこだまは切符ではないので、乗車の際は乗務員のいる改札口から入る必要があります

乗務員いるの改札口から新幹線乗り場に入って、新幹線のホームに着いたらドリンク引換券を使いましょう。
引換券は車内では使えないのであらかじめ交換しましょうね。

その後は指定された席に座れば大丈夫。
普通の新幹線の乗車とほとんど違いなく利用することができます。

<下に続く>

ぷらっとこだま予約のメリット

null

ぷらっとこだまで予約するメリットについてまとめます。
ぷらっとこだまはメリットは下記の3つ。

  1. 新幹線の移動を安くできる
  2. グリーン車の乗車代金も安い
  3. 前日でも安く席が手に入る可能性がある

それでは順番に見ていきましょう。

ぷらっとこだまのメリット①:新幹線の移動を安くできる

一番大きなメリットはなんといっても安さ。
のぞみを使うのに比べて東京新大阪間の場合片道4000円近く、交通費を抑えることができます。

移動費を抑えたい、でも夜行バスはセキュリティも体力も不安、という方にぷらっとこだまは最高の選択肢ですよ。
またぷらっとこだまには1ドリンク引換券も含まれているので、乗り物に乗る時に必ず飲み物を買う方は実質さらに安くなりますね。

ぷらっとこだまのメリット②:グリーン車の乗車代金も安い

のびのびと新幹線で旅をする時に使いたいのがグリーン車。
ただし指定席に追加料金がかかるので躊躇する人もいますよね。

ぷらっとこだまではグリーン車への追加料金も安いのがメリット。
東京新大阪間でもプラス1500円でアップグレードすることができます。

グリーン車にアップグレードしてものぞみの指定席よりも安く乗ることができるので、のんびりと列車の旅を楽しみたい人はぷらっとこだまのグリーン車を予約するのがイチオシです。
ワンドリンク引換券でビールを調達してほろ酔い気分で、ゆったりと車窓を楽しむのもいいですよ。

ぷらっとこだまのメリット③:前日でも安く席が手に入る可能性がある

新幹線には早めに予約することで割引が利くサービスもいくつかあります。
しかしこのようなサービスの場合1か月前など、かなり早い時期から予約をしなければなりません。

急に決まったお出かけに使えないので、 不便だなと思う人もいるかもしれませんね。
ぷらっとこだまの場合*空席があれば前日まで購入可能なのでお出かけが急に決まった場合でも安心ですよ。

もちろんお出かけが決まった段階で予約をしておく方がよいですが、急な場合でも融通の利くぷらっとこだまは便利ですね。

<下に続く>

ぷらっとこだまのデメリット

null

お得に使えるぷらっとこだまは非常に便利な企画。
ただし利用のデメリットもあるのであらかじめ知っておきましょう。

  1. 乗車できる区間が限られている
  2. 当日の購入ができない
  3. 予約の変更ができない
  4. 利用できる便が限られている
  5. 乗り遅れた時の保証がない
  6. 新幹線の改札口からしか搭乗できない
  7. 移動に時間がかかる

それぞれ具体的に見ていきましょう。

ぷらっとこだまのデメリット①:乗車できる区間が限られている

ぷらっとこだまは、こだま号の停車する区間なら全て乗車できるわけではありません。
使用できる期間が限られているのはデメリットの一つですね。

もちろん該当する区間の人には非常に使いやすいのですが、** 一部の地域の人だけが使える企画**になっています。
こだま号の停車する駅すべてが該当するわけではないので注意が必要です。

予約前に、必ずチェックしておきましょう。

ぷらっとこだまのデメリット②:当日の購入ができない

ぷらっとこだまの利用には事前予約が必要です。
当日急遽利用したいなと思った時に購入ができないので、ここは不便かもしれませんね。

インターネット予約ができるのはいつか前までなので早めの準備が必要ですが、 jr東海ツアーズの支店に行けば前日まで予約ができます。
来店の手間はかかりますが、ギリギリまで予約ができるのでこのデメリットはそれほど気にならない人も多いかもしれません。

前日や前々日に急に異動が決まっても、 まだぷらっとこだま2空席がある可能性があるので、予約を試してみるのもおすすめです。

ぷらっとこだまのデメリット③:予約の変更ができない

早めに予約をしたけれどもやっぱり日にちが変わった、時間が変わってしまった、という時に予約の変更ができないのが少し不便。
日にちを変更するときは一旦元の予約をキャンセルしなければなりません。

出発の10日以内前になるとキャンセル料金がかかるので、気軽に予約の変更が出来ないのは使いにくいですね。
ぷらっとこだまを予約するのは、予定が確定してからにしましょう。

変更のせいでキャンセル料金を取られて、結局割高になってしまっては元も子もないですよね。
時間と予定に余裕があるときに限って使うのもよいかもしれません。

ぷらっとこだまのデメリット④:利用できる便が限られている

ぷらっとこだまはこだま号全ての便で使えるわけではありません。
利用できる便が1時間に1から2便と限られているので、どうしてもこの列車に乗りたいというお目当ての時間がある場合には使えないかもしれません。

余裕のある旅などをするときに使うぶんにはこのデメリットはほとんど気にならないもの。
ぷらっとこだまを使おうかと検討しているときには出発・到着時間の計画に幅を持たせておくと、予約のときに困らないですね。

ぷらっとこだまのデメリット⑤:乗り遅れた時の保証がない

普通の新幹線指定席の場合、予約の時間に乗り遅れるとそれより後の便の自由席に乗ることができます。
ただしぷらっとこだまの場合乗り遅れた場合の保証がありません

もし予定の時間に間に合わずぷらっとこだまに乗ることができなくても、別の便に振り替えることができないのです。
ぷらっとこだまを使う時には早めに家は宿を出て、余裕をもって駅に向かうことをお勧めします。

万が一乗り遅れることが確定した場合には、必ずわかった時点で先にキャンセルしましょう。
事前にキャンセルできればキャンセル料金は50%で済みますが、乗車時間ギリギリでキャンセルをすると100%料金が返ってきません。

半額と全額の違いは大きいので、万が一のときの対応をあらかじめ知っておくと安心ですね。

ぷらっとこだまのデメリット⑥:新幹線の改札口からしか搭乗できない

ぷらっとこだまで予約をすると、自動改札をつかうことが出来ません
駅員のいる有人の新幹線改札口から乗車する必要があります。

つまり、新幹線の最寄り駅まで電車で移動した場合、駅内の新幹線への乗り換え口を使えない可能性があります。
乗り換え口がすべて自動改札だった場合、別の改札からいったん外にでて新幹線改札口にまわり、入場しなければなりません。

特に旅行で大きな荷物を持っているとき、少し大変かもしれませんね。
やや不便ですがそのぶんお安い切符になっているので、少し我慢しましょう。

ぷらっとこだまのデメリット⑦:移動に時間がかかる

ぷらっとこだまの利用できる駅のほとんどは、新幹線のぞみ号の停車駅と同様になります。
東京新大阪間はのぞみ号だと2.5時間に対しぷらっとこだまでは4時間かかります。

新幹線の移動に速さを求める人には、そのメリットを活かして活かしきれていないかもしれません。
急いで移動したい人には不向きですが、途中途中の風景を楽しみながら少しだけゆっくり移動するのもいいものですよ。

<下に続く>

ぷらっとこだまは予約キャンセルできる?

パソコンを使用する男性

ぷらっとこだまの予約をキャンセルする場合は、取消手数料がかかる場合があります。
出発日の11日前までは手数料がかからないので、万が一予約をキャンセルする場合はこの期間までに行うのがおすすめです。

10日前からは 残り日数に応じてキャンセル手数料が発生しますよ。
特に当日急に行けなくなった場合は注意が必要です。

乗車の時間の前ならばキャンセル料は50%ですが、すでに発車後の場合は100%キャンセルチャージがかかります。
体調不良など緊急で行けなくなった場合はできるだけ早く予約キャンセルをしましょう。

また予約を変更する場合は、 一旦元の予約をキャンセルする必要があるので日付変更などを考えている場合も注意が必要です。

<下に続く>

【ぷらっとこだま以外も】エクスプレス予約もおすすめ

null

ぷらっとこだま以外にもお得な予約サービスがあるのを知っていますか。
のぞみの指定席料金を安く抑えることができるのがエクスプレス予約

エクスプレス会員になることで、予約の割引を受けられるサービスです。
年会費は1080円ですが、 東京新大阪間で1040円の割引を受けられるので一回で元が取れてしまいますよ。

特にお盆や年末年始など新幹線が混み合う時期は、指定席を押さえておきたい人も多いのではないでしょうか。
繁忙期でも料金が変わらず割引を受けられるので、 移動時間を短縮するためにのぞみに乗りたい方はエクスプレス予約も便利ですよ。

<下に続く>

ぷらっとこだまを予約して旅に出よう!

null

ぷらっとこだまで予約をすると、安いだけでなくドリンクのサービスまでついてとってもお得。
グリーン車も利用できるのは嬉しいですね。

旅行の際に時間があるならば次はぷらっとこだまを使って少しのんびりと楽しく旅をするのもいいかもしれませんね。
気になる方は是非一度ぷらっとこだまを予約してみてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line