どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/03/05

ジェットスターの手荷物検査は日本一厳しい!超過料金はいくら?

ジェットスターはLCCで国内シェアNo.1を誇っており、多くの人が愛用するエアラインとなっています。

低価格で利用できることで大人気のジェットスターですが、手荷物検査が日本で一番厳しいことでも有名です。

ジェットスターを利用する際に知っておきたい、超過料金など日本一厳しい手荷物検査についてご紹介します。

Large adult airport arrival 1008155

人気LCC、ジェットスターの手荷物検査は厳しいと評判

国内に格安航空会社、通称LCCはさまざまなエアラインが多く展開していますが、国内で最も知名度が高くシェアNo.1の人気エアラインは、ジェットスターです。
シルバーの機体にオレンジの星がスタイリッシュで印象的な機体を有ており、国内のエアラインでも特に手荷物チェックが細かいことで有名です。

ジェットスターの手荷物検査はとってもきびしい

国内には約15のエアラインがあり、そのうちLCCも3分の1ほどを占めています。
ANAやJALなどと比較すると制限や条件が多いLCCですが、特に手荷物のチェックは他社と比べて厳しくなっています。

LCCだけでなく、誰もが知るエアラインにも手荷物に関する制限はありますが、特に厳しく、定めらるマニュアルをオーバーしたケースでは、追加料金の支払いが必要になることもあり、気を付けなければなりません。

ジェットスターを予約する前にチェックしておくこと

オーストラリアのメルボルンに本社をおくエアラインで、国内にも多く展開しています。
手荷物に関してのマニュアルが他社と比較しても、かなり厳しいということでも周知されているのです。

手荷物の重さやサイズなど、マニュアル内でないとプラスアルファのお金を支払うなど、チケットを予約する前に、自分の荷物をチェックしておきたいポイントがいくつかあります。
予約前に確認しておきたいポイントをご紹介します。

荷物が帰りにどのくらい増えているか

チケットを確保して押さえておくまでには、帰りにどのくらいの荷物が増えているのか考えることがおすすめです。
誰もが知るエアラインを利用する際には、あまりフォーカスを当てず考えないポイントですが、基準が厳しいため、重要なポイントとなります。

往復で利用するケースでは、往路の手荷物が規定をクリアしている場合にも、復路ではオーバーしている可能性があります。
オーバーする理由として、旅先で購入したお土産の荷物など往路に無かった荷物が増えるためです。

このように行きに無かった物が増えるケースも多いため、予約する前には、帰りにどの程度の荷物が増加しているか確認することがおすすめです。

自分のキャリーバッグのサイズは持ち込み可能か

荷物の重さのマニュアルが厳しいだけでなく、キャリーバッグを持ち込む際のサイズにも注意する必要があります。
特にキャリーバッグを機内に持ち込む際には、事前に確認しておくことがおすすめです。

機内に持ち入れる物は、寸法と制限があります。
キャリーバッグは頭上のロッカーに入れるため、規定のサイズ内でなければ受託手荷物となり、持ちいれることが不可能となります。

座席を押さえる前には、自分のキャリーバッグは持ち入れできるサイズか確認しておくようにしましょう。

自分の荷物の重さを把握しておく

元々LCCはでは、受託の荷物に料金が発生するなど荷物に対してシビアです。
せっかく安い運賃で使うため、追加でお金がかからないためにも、事前に自分の荷物の重さを把握しておくことが賢明な利用法です。

同じサイズとスケールの荷物でも、中身の違いで重量は変化します。
予約前には、量りなどで事前に重さを量ることで、制限内に収めておくことができるようになります。

預け荷物は30分前まで。その後手荷物が重量オーバーすると搭乗不可にも

受託として手荷物を有料となり料金が発生しますが、預け入れが可能です。
ポイントとして、荷物を預ける場合には搭乗の30分までに所定のエリアで受け渡す必要があります。

2時間前に荷物の受付が開始され、30分前で荷物の受け付けも終了します。
荷物を預けられず、その後に重量オーバーが発覚した時には、最悪のケースでは搭乗出来ないこともあります。

<下に続く>

ジェットスターの持ち込み手荷物は手回り品を含めて7.0㎏まで(国内・国際線共通)

国内線と国際線の両方が運航されていますが、国内線と国際線共通で手荷物は、手回り品を含めた7.0㎏までと決まっています。

持ち込み手荷物は手回り品を含めて7.0㎏まで

機内に無料で持ち入れできる手荷物は、ハンドバッグなどの手回りを含めた重さ7.0㎏までに規制されています。
全てを合わせた重さは制限である7.0㎏になっており、7.1㎏で0.1㎏でもオーバーしたケースでは、機内に持ち込み不可です。

7.0㎏は中身の荷物の重さだけでなく、キャリーバッグなどの重さを含めた基準になります。
そのため、バッグの重さ、荷物の重さを足して7.0㎏以内にする必要があります。

持ち込み手荷物の数はキャリーバッグと手回り品の2つまで

機内に持ち入れできる手荷物は、7.0㎏に制限されていますが、重さ制限をクリアすれば、何個でも持ち込んでいい訳ではありません。
個数の制限もあり、持ちいれできる数は2点まで。

個数の制限があり2点まで持ち込める手荷物は、キャリーバッグなどの手荷物1点とハンドバッグなど手回り品です。
この2点をオーバーする3個以上の手荷物は、たとえ重量が軽く7.0㎏以内でも持ち入れることは不可能となるため、気を付けなければなりません。

ビジネスクラスでは、手荷物2個と手回り品1個の合計3個、合わせた14kgまで持ち入れられます。

手回り品って何?

機内にはキャリーバッグなど大きな手荷物と、手回り品の2点が持ち入れできます。
手回り品というのは、名前の通り身の回りに置ける小さな荷物になります。

具体的には、ハンドバッグ、財布、ノートパソコン、コート、傘など、身近にある物や身の回りにあるコンパクトなモノが該当します。
手回り品は、比較的コンパクトな荷物が該当しており、マニュアルを超えるケースでは、受託で受け渡す流れになります。

持ち込み手荷物のサイズは56x36x23cmまで

機内に持ち入れられる荷物は、7.0㎏までという重量マニュアルがありますが、重さだけでなく、サイズの制限もあります。
持ち込み可能となるサイズは、高さ56x幅36x奥行き23cmまでです。

持ち入れられるサイズは、キャリーバッグなど本体のサイズだけでなく、ハンドルやキャスター、ポケットも含んだサイズになります。
機内持ち込みサイズでLCC対応と説明のある、キャリーバッグの多くが持ち込みに対応しています。

スーツカバーをかけてスーツを持ち込む場合は例外

機内に持ち込む手荷物のサイズが制限されていますが、ビジネスマンや就活性など欠かせないスーツは、カバーに入れて持ち込めば例外です。
サイズと特例は以下の通りです。

スーツカバーに入れたスーツは、高さ114cmx幅60cmx奥行11cmまでのサイズが持ち入れられます。
場所を取るサイズになってしまうスーツは、カバーに入れておくだけで、特例のサイズ制限になり持ち込みやすくなっています。

<下に続く>

ジェットスターの手荷物検査で7kg超えたら受託手荷物を購入する

持ちいれられる荷物はマニュアルが7㎏に制限されており、超えたケースでは、受託手荷物を購入して預けなければなりません。

ジェットスターの受託手荷物とは

誰もが知る日本航空や全日本空輸など、大手のエアラインでは、一定の重さまで無料で受け付けられる受託ですが、こちらでは基本的に搭乗者すべてが有料となります。
受託にも利用可能な規定や条件があります。

受託は搭乗者1人1人がフライト1便ごとに、ケースバイケースで設定可能です。
例として2人で搭乗するシチュエーションでは、1人だけ有料で受託で預ける、増量が見込まれる帰りの便のみ設定するなど、自由自在に有料オプションとして設定可能となっています。

チェックインや搭乗口での追加受託手荷物(手荷物超過)の料金

国内大手のエアラインでは、受託は普通席で約20㎏まで無料で受け付けられますが、追加する受託の手荷物は料金が発生します。
1個最大32kgまで、15kg~40kgまでプラスでお金を支払うことで受託をプラスできます。

実際に追加で受託手荷物を利用する時の料金を、国内線と国内線それぞれをご紹介します。

国内線

追加受託手荷物の料金は、追加するタイミングによっても異なります。
国内線で当日に追加するケースでは、15㎏まで料金が決まっており、これ以上は1㎏単位で超過料金が発生します。

手荷物をカウンターで預けるケースは3,500円、搭乗ゲートは4,000円の料金がかかります。
この料金は15㎏以内となり、超過した場合には1㎏ごと800円の料金が追加です。

国際線

オーストラリアやシンガポールなど、海外へ行ける国際線も世界中に運航しており、国際線も料金を払えば追加で利用可能です。

15kgまでの手荷物をカウンターで預けるケースは5,000円、搭乗ゲートは1個ごとに5,000円の料金がかかります。
15㎏以内であれば5,000円の追加になり、さらに超過した場合には、1㎏ごとに1,500円を追加で支払うことになります。

100mlを超える液体は持ち込み不可。追加受託手荷物に!

国内線であれば、化粧水やヘアスプレー、飲み物などの危険性のない液体であれば持ち込むことが可能です。
しかし、各エアライン共通して国際線の場合は、液体の持ち込みに制限があります。

液体の持ち込みは、国際民間航空機関のガイドラインに沿って、各国政府の制限が適用されます。
日本では2007年に導入され、化粧水や飲み物など100mlを超える液体の持ち込みが禁じられているのです。

このように政府の取り決めが適用され、機内に液体を持ち込むことが不可能なので、国際線で液体を持って行きたい時は、追加で預けることがおすすめ。

<下に続く>

ジェットスターの受託手荷物は事前にネット予約した方が安い

受託を当日にカウンターや搭乗口で預けられますが、当日に預けるよりも、事前にネットで予約しておいた方が安くなります。

チケットを購入した後に受託手荷物をネットで追加予約した場合の

料金


手荷物は、基本的に搭乗までのタイミングで預けることができますが、予約確定後の手荷物の追加予約は当日よりも、お得に利用可能です。
サイトやセンターでチケットを購入したケースでは、予約の確認変更で追加できます。

追加では、当日と同様に15kg~40kgまで5kg単位で購入できます。
購入した後の料金は、発着地や通常期、繁忙期によって異なりますが、1,890円~3,140円です。

チケット購入時に受託手荷物オプションを付けた場合の料金

当日よりも購入後に追加する方が料金は安くなります。
購入時に、受託オプションを付けておくと、さらに安くなります。

追加は、当日や予約後と同様に15kg~40kgまで5kg単位で購入可能です。
購入時に、受託のオプションを付けると料金は、刃着地、通常期や繁忙期によって異なります。

料金は950円~1,950円となっており、購入時にオプションを付けることで、購入後と比較すると半額ほどお得に利用可能です。

3つのパターンの比較表

タイミング 料金
追加 3,500~4,000円
購入後予約 1,890~3,140円
購入時予約 950~1,950円

受託を追加するタイミングによって料金に大きな差が生じます。
最も高いのは当日、中間は購入後の予約、最もお得なのは購入時のオプションでの追加です。

<下に続く>

ジェットスターのちゃっかりplusで受託手荷物が無料に

リーズナブルな代わりに料金を支払うとサービスを受けられるようになります。
サービスの1つに、ちゃっかりplusがあり、受託が無料になるなど特典満載です。

3種類のオプション運賃

料金 荷物量
フレックスbiz +2,000円 なし
ちゃっかりplus +2,000円 10㎏まで
しっかりmax +4,000円 30㎏まで

通常料金に料金を追加して支払うことで、3タイプのオプションを追加することができます。
フレックスBizはビジネス客向けで、当日のフライト変更、予約のキャンセルなどが可能です。

ちゃっかりplusは、スタンダードシートの指定無料、機内サービス、お見舞金などを受けられます。
しっかりmaxは、全席指定無料、日時、搭乗者名、出発地到着地の変更が無料、払い戻しも可能になります。

ちゃっかりplusがお得でおすすめ

3タイプのラインナップを有料で追加することができますが、中間に位置しているちゃっかりplusがお得に利用できておすすめです。
ちゃっかりplusは、Starter運賃に国内線+2,000円で利用できます。

受託の10㎏が無料になるほか、前方と非常口列付近以外の座席指定が無料になり、500円相当の機内バウチャーが付きます。
提携エアラインのマイルやポイントも貯まり、日時、搭乗者名の変更も無料です。

払い戻しには対応していませんが、遅延や欠航時にはお見舞金として10,000円が支払われるなど、+2,000円とは思えない充実の特典になっています。

<下に続く>

ジェットスターの手荷物、その他の注意点やポイント

手荷物に関して、他にも注意したほうがよい点やポイントがあります。

チェックインをパスしても、搭乗前の再検査に注意

国内エアラインで特に荷物にシビアであるため、制限エリア内での再検査に要注意。
一般的にチェックイン後に荷物検査はあまりありませんが、厳しく入念なチェックが入ります。

チェックインでパスをしていても、搭乗口で荷物が増えるという可能性もあります。
チェックインをパスしても、搭乗口で荷物のサイズや重さがオーバーする時は、プラスで料金を支払い受託手荷物として預ける必要があります。

搭乗前の再検査は免税品も持ち込み手荷物の重量の対象

空港の免税店は、通常の消費税がかからずお得に買い物ができ、日本人でも利用可能です。
消費税がかからないため、ついつい多く購入することもありますが、免税品も手荷物の重量の対象となります。

搭乗前の再検査では、機内持込手荷物の制限内でない場合、受託手荷物で預ける必要があります。
機内に持ち込めるものは、キャリーバッグなどと手回り品1個の2点です。

免税品は手回り品の1点に該当するため、他に荷物を持っている場合は制限を超えるため注意が必要です。

手荷物重量のグループ合算は不可

手荷物は1人7㎏以内である必要がありますが、複数人のグループの場合、気になるポイントが連れで合算ができるのかということです。
2人では14㎏になるため利用しやすくなりますが、グループ合算は不可となっています。

例として3人連れでは、1人7㎏のため合算すれば21㎏の荷物を持ち込める計算になりますが、3人で21㎏の荷物を1つに合算することは不可能です。
そのため、3人でも1人7㎏ずつに分ける必要があります。

受託手荷物の個数制限は無し

機内持ち込みの荷物は、大きなサイズとコンパクトなサイズの2点までとなっています。
有料の受託手荷物は個数制限はないため、荷物を分けることができます。

15㎏~40㎏まで受託手荷物で預けられますが、1個の最大重量は32㎏と決められています。
受託手荷物は個数で料金が決まるのではなく、重さによって決まるため荷物を分けることは問題ありません。

サイズが1mを超える荷物は、サイズの大きな手荷物に該当

ジェットスターでは、受託手荷物の重量範囲内であれば重さに関係なく、サイズの大きな手荷物に該当します。
サイズの大きな手荷物は、1m以上の荷物です。

サイズの大きな手荷物は、** 1辺の長さが1mを超える荷物が対象**
となります。
対象はサーフボード、スキー板、ゴルフバッグなどのスポーツ用品、大きな楽器や家具などです。

大きな手荷物は、1つのアイテムが1予約区間ごとに2,000円の追加料金がかかります。

もし重量が少しオーバーしたら、荷物内の服は自分で着て重量を減らそう

持ち込みの7.0㎏から少しオーバーしてしまった場合には、荷物の服を着てみることもおすすめです。
多くの人はキャリーバッグの中に洋服を入れており、洋服が重さに多少影響していることも考えられます。

パーカーなど重いものは約500g前後になることがあり、入れている状態では7.5㎏でも着るだけで、7.0㎏にすることができます。
規定の重量をオーバーすれば、受託手荷物になりますが、キャリーバッグなどの中に入っている洋服を重ね着しておくことで、バッグの中身と重さを削減することが可能です。

もし重量が少しオーバーしたら、荷物内の小物をポケットに詰め込もう

数百グラムほど減らせば制限内になるという場合には、洋服を着こむのと同様に身に着けることで重さを減らすことができます。
少しオーバーした時には、小物を身に付けることがおすすめです。

保安検査場を抜けて制限エリアに入った後の最終検査では、荷物内に入っているスマホや財布、家のキーやお菓子などの荷物を洋服のポケットに入る分だけ入れることで、一時的に荷物の重さを減らすことが可能です。

ポケットに荷物を入れることで、少しのオーバーを減らすこともできます。

検査が厳しく時間がかかるため、行列を待つ可能性がある

注意点として、検査に時間がかかる場合があります。
時間がかかることで、自分に関係がなくても行列に巻き込まれる可能性も考えられます。

重量など厳しいことで有名で、荷物の重さを細かく調べるなど1人1人に対して時間を要する場合もあります。
厳しい検査は時間がかかってしまうため、検査をする本人だけでなくても、行列を待つ可能性があるというのもデメリットの1つです。

機内で食べる物は持ち込み可能!

機内ではマフィンやクッキー、カレーやラーメン、お菓子など軽食が販売されています。
機内で購入して食べることもできますが、外で購入した食べ物を機内に持ち込んで食べることも可能です。

空港で販売されている空弁、コンビニのおにぎりやサンドイッチなど自由に持ち込みできます。
注意点として、火傷の可能性のある熱いドリンク、アルコール飲料を持ち込みは禁止されており、飲むことはできません。

<下に続く>

ジェットスターが受託手荷物として受託してくれないものがある

ベーシックな荷物であれば、受託手荷物として受け付けてくれますが、ジェットスターでは、受託手荷物として預かってくれない物も存在しています。

受託手荷物として不可なもの

大手エアラインでは問題なく預けられても、ジェットスターでは受託手荷物として預けられないものも多くあります。
テロ対策など保安上の理由から預けられない、危険物などを除いて見ていきます。

大手のエアラインでは可能な犬や猫などのペットは、貨物室に与圧調整設備がないため不可能となっています。
他にも破損が予想されるPC、医薬品、紛失の可能性がある現金やパスポートなどは受託してくれません。

スポーツ用品は別途確認が必要

1辺が1mをオーバーする、サーフボードやスキー板、釣り竿、ゴルフバッグ、自転車などのスポーツ用品は、サイズの大きな手荷物として預けられますが、荷物によっては別途確認が必要です。

通常スポーツ用品は、サイズの大きな手荷物に該当して追加料金が適用されますが、受託手荷物の重量範囲内に収まらないケースでは、認められないこともあります。

受託手荷物の破損、紛失に対して補償はない

ジェットスターでは、受託手荷物の破損や紛失はグループ各運航会社の運送約款と国際条約に基づいて対処されます。

運送約款には、軽い傷や擦れに関しては破損とはみなされないこともあります。
申告には制限があり、日本国内線では一部の損害や破損は3日以内、全ての紛失は21日以内に申告する必要があります。

また、受託手荷物で預けられない物を預けて破損や紛失をした場合は、損害に対する補償は一切ありません。

<下に続く>

ジェットスターの手荷物を攻略するためにおすすめのアイテム3選

飛行機での旅を快適にするには、手荷物がカギを握っていますが、攻略に役立つおすすめのアイテムをご紹介ます。

ラゲッジチェッカー

Luxebell®吊りはかり
1080円

自宅にある体重計でも量ることができますが、正しい重さを量るのに適しているのは、吊り下げ式の量りがおすすめです。
Luxebellのデジタルスケールは、気になる旅行の荷物の重さを簡単に量ることができます。

片手で持てる持ちやすい持ち手、視認性が高いデジタル仕様になっています。
ベルトに通して吊り下げるだけで計測可能となっており、持ち運びやすくなっています。

リーズナブルながらハイクオリティで、ジェットスターを利用する時のトラベルスケールにぴったりです。

超軽量スーツケース

トラベルデパート超軽量スーツケース
5980円

トラベルデパートの超軽量スーツケース は、丈夫で超軽量なABS素材が使用されており、軽く汚れにくくお手入れが簡単です。
LCCの機内持ち込みに対応したサイズも展開されています。

コンパクトながら高い収納能力で、旅行に慣れている方はもちろん、旅行初心者にも使いやすいタイプです。
スムーズな操作性の独立サイレントキャスターが搭載、段階調整、TSAロックも搭載された機能性も優れています。

使いやすく機能性や操作性に優れているだけでなく、カラーバリエーションも豊富です。

リュック

キャビンゼロ]バックパック
6180円

キャビンゼロのバックパックは、トラベルバックブランドとして人気が高く、キャリーバッグほど大きくはありませんが、十分な収納力を発揮します。
最高級の品質の素材が使用されており、軽く操作性が高いリュックです。

大半のエアラインの機内持ち込みサイズの基準を満たしており、LCCで気になる重量の面でも、かなり軽量化されているため安心です。
軽量化されていながらも、最大限の容量規格で設計されているため、多くの物が収納できます。

<下に続く>

ジェットスターの手荷物について、webで最新情報を常にチェックしよう

ジェットスターの手荷物は、無料で機内に持ち込む方法と有料で受託手荷物として預ける方法の2択があります。
荷物の量によって使い分けることで、上手に旅行を楽しむ子ができます。

基本的に一定の期間は料金が変わりませんが、改定などがあった場合には、料金が変わることもあります。
また、機内持ち込みの重量も変化することもあるため、定期的にWebで最新情報をチェックすることがおすすめです。

<下に続く>

ジェットスターは手荷物を上手にまとめよう!

シルバーの機体とオレンジ色の星がスタイリッシュな、国内シェアNo.1を誇るジェットスター。
全国各地に路線を広げており、利用者の多いエアラインです。

ジェットスターはLCCで荷物の持ち込みにかなり厳しいことで知られています。
利用する際には、荷物の削減しコンパクトにして手荷物を上手にまとめることがおすすめです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line