どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/04/24

スタバの人気カフェインレスメニュー10選!値段は?おかわりできる?

コーヒーや紅茶が好きな人は多いですが、カフェインを避けたい人や体質により合わない人もいます。
でも、そんなときでもコーヒーを飲みたいですよね?

スタバでは店舗に関係なく、カフェインレスのビバレッジが充実しており、お客さん一人一人の要望に丁寧に対応して頂けます。
この記事では実際にスタバでのカフェインレスメニュー、注文方法、値段を紹介します!

Large art blur cappuccino 302899  1

【スタバの前に】カフェインレスの意味とは?

コーヒーの香り

スタバでのカフェインレスメニューを紹介する前に、簡単にカフェインについて触れておきます。
欧米等の外国では、カフェインレスやディカフェという言葉をよくカフェで耳にし、メニューにも記載されています。

さらにマクドナルドなどのファーストフード、フードコート、コンビニ、スーパーマーケット等で簡単にカフェインレスのコーヒーを買うことができます。
反対に日本では欧米と比較して、まだ浸透が低くカフェインレスという言葉を聞いたことはあるけれど、詳しくは知らない人も多いと思います。

以下の解説を参考にして見てくださいね!

カフェインレスとは?

そもそもカフェインとは、化学物質ののひとつのことです。
これはコーヒー以外にも、紅茶、お茶、コーラ、エナジードリンク、ココア、チョコレートにも含まれています。

カフェインの作用として、利尿(トイレが近くなる、何回もトイレに行きたくなる)、眠気覚ましなどがあります。
仕事や勉強等、集中したいときに、コーヒーを飲む人も多いでしょう。

さらに副作用として、腹痛、下痢、不眠、頭痛、震えなどが代表的な例です。
カフェインを摂取するたびに症状が出る人もいれば、時々体調が悪くなる人もいます。

またカフェインレスとは、カフェインが少し含まれている飲み物を指します。

カフェインレスとディカフェの違いは?

どちらとも少しですが、カフェインが含まれています。
ディカフェとはカフェインが含まれている飲み物(コーヒー等)からカフェインを減らしたもののことをいいます。

反対にカフェインレスとは、カフェインがほとんど入っていないという意味です。
レスという意味合いからも分かるように、少量ですが含まれています。

ちなみにスタバを含めた多くのカフェでは、カフェインレスよりもディカフェという言葉で表現されています。

ローカフェインとは?

カフェインレスやディカフェと比べて、普段あまりローカフェインという言葉を聞くことはありません。
意味合いとしてはカフェインが少ないけど、少量で含まれていることを指します。

紅茶やお茶のパッケージに時々記載されており、ローカフェインの例としては、ほうじ茶等になります。

ノンカフェインとは?

ノンカフェインとはそのNonという言葉の通り、カフェインが全く入っていないものを意味します。
同じ意味で、カフェインゼロとも呼ばれています。

体質等によりカフェインを摂取できない人は、ノンカフェンが最適でしょう。
敏感な人は、ほんの少しでもカフェインを摂取するとアレルギー反応が出てしまう人も中にはいます。

市販で販売されているコーヒー、紅茶等もノンカフェンのものがあり、パッケージに記載されています。
通常の商品と比較して50円〜100円程度高いですが、寝る前にコーヒーを飲みたい人にもノンカフェンはおすすめです。

<下に続く>

スタバのカフェインレスコーヒーの作り方や味は?

スタバのカフェインレスは、特別な方法で作られています。
二酸化炭素と水だけでカフェインを除去しており、薬品などは使っていません。

その特別な除去方法により、コーヒー本来の味、風味、香りを味わえるようになっています。
また各お店やメーカーによって、カフェインレスコーヒーの作り方は異なります。

<下に続く>

スタバのカフェインレスコーヒーはアイスやおかわりはできる?

スタバのカフェインレスコーヒーはホットの他、一部のビバレッジを除いてはアイス(コールド)でも提供しています。
カフェインレスの具体的な商品としては、アメリカーノ、カプチーノ、スターバックスラテ、カフェモカ、キャラメルマキアートなどになります。

どれもスタバで人気のビバレッジメニューが、カフェインレス(ディカフェ)で楽しめるのはうれしいサービスですね!
さらにドリップコーヒーのカフェインレス(ディカフェ)もおかわりができます。

2杯目のおかわりの値段は通常なら150円ですが、カフェインレスの場合50円ブラスして200円になります。
通常のドリップコーヒーよりも少し高いですが、それでもこの金額で品質の良いコーヒーを味わえると思うと大変お得なサービスです。

<下に続く>

スタバのカフェインレスコーヒーは注文に時間がかかる?

カフェインレスコーヒーは、通常のコーヒーよりも提供に少し時間がかかります。
その理由としては作り置きはておらず、注文があってから作るからです。

コーヒーは約1時間ほどで劣化してしまうので、作り置きはできません。
時間としては、約5分から8分くらい待つこともあります。

急いでいるときは注文時に、気軽に店員さんに聞いてみて下さいね。
また多くの店舗では店員さんから、●●分くらいかかりますといって頂けるので、とても助かります。

<下に続く>

コーヒー以外にもスタバのカフェインレスドリンクは色々ある!

スタバでは全てのエスプレッソビバレッジにおいて、カフェインレスでの提供をしています。
頻繁に行かれる人はご存知と思いますが、スタバではコーヒー以外のビバレッジメニューも充実しています。

加えてコーヒーフラペチーノなど、カフェインが含まれているエスプレッソビバレッジ以外のドリンクもカフェインレスでの注文が可能です。

<下に続く>

スタバのカフェインレスはこんな人におすすめ!

スタバのカフェインレスコーヒーは、男性よりも女性の人の方が多く注文する傾向にあります。
カフェインが苦手な人はもちろん、夜の遅い時間にコーヒーを飲みたい人にもおすすめです。

さらに朝コーヒーを飲んだけど、午後や夕方に仕事に集中したいときにもカフェインレスコーヒーはぴったりです。

<下に続く>

スタバのカフェインレスドリンクの値段や注文方法は?

カフェインレスビバレッジの注文方法は簡単です!
「カフェインレスのアメリカーノをください」という風に、注文時に好きなビバレッジとカフェインレス、またはディカフェを追加で注文するだけです。

なお、カフェインレスはプラス50円で変更できます。
カフェインレスに変更したドリンクは、カップにDEまたはシールでディカフェという風に分かりやすく記入されています。

下記にスタバでのカフェインレスの代表的なビバレッジをまとめてみたので、参考にしてください。
※全て税抜きで記載しています。

カフェインレスビバレッジ Short Tall Grande Venti
ドリップコーヒー 340 380 420 460
アメリカーノ 360 400 440 480
カフェミスト 370 430 470 510
スターバックスラテ 390 430 470 510
ソイラテ 440 480 520 560
カプチーノ 390 430 470 510
カフェモカ 450 490 530 570
ホワイトモカ 450 490 530 570
キャラメルマキアート 440 480 520 560
<下に続く>

スタバのおすすめカフェインレスメニュー10選!

スタバで、おすすめのカフェインレスメニューを具体的に紹介します。
カフェンレスについて疑問があれば、注文時に店員さんに気軽に質問してみてください。

スタバの店員さんは皆コーヒーに関する知識が豊富で、小さな質問にも笑顔で、丁寧に答えて下さいます。

おすすめのカフェインレスメニュー①:ディカフェ スターバックスラテ

スタバのラテは、たくさんあるエスプレッソビバレッジの中でも人気がある商品です。
カフェインレスでも、ラテ独特のミルクの味わいわそのまま残っています。

またラテはエスプレッソビバレッジの中でも、定番の商品として知られています。
普段はドリップ系コーヒーしか飲まない人や、ミルク好きにも是非おすすめしたいラテです。

苦みが気になる人は、シュガーやハチミツを加えても美味しく頂けます。

おすすめのカフェインレスメニュー②:カフェミスト

カフェミストはスタバの通年レギュラー商品で、隠れた人気があるビバレッジです。
厳選されたコーヒー豆を使い、スチームミルク、フォームミルクがのっています。

ホットできる味わいで、一息つきたいときにもぴったりなドリンクです。
ミルク感たっぷりの優しい味と、コーヒーの高い香りが混ざっています。

※カフェミストはホットのみでの提供となっています。

おすすめのカフェインレスメニュー③:ドリップコーヒー

スタバのドリップコーヒーは、どの世代からも高い支持があります。
会社近くにスタバがある人は、毎日のようにコーヒーを買ってから出勤するという人も多くいます。

おかわりサービスもしているので、休憩中や仕事終わりにさらに同じコーヒーをお得な値段で味わえます。

おすすめのカフェインレスメニュー④:ソイラテ

豆乳で作られたラテは、女性を中心に人気があります。
より優しい味わいになり、ラテが好きな人なら一度は試してほしいビバレッジです。

値段からすると、ソイ(豆乳)とカフェインレスの追加料金で少し割高に感じますが、より健康に気遣う人や、妊娠中の女性にもおすすめの商品です。

おすすめのカフェインレスメニュー⑤:キャラメルマキアート

キャラメルマキアートはコーヒーの苦さが苦手な人や、甘いものが好きな人にぴったりなビバレッジです。
バニラ風味のラテにキャラメルソースをトッピングしています。

このキャラメルソースは無料で増減ができるので、その日の気分や好みによって変更できます。
カフェインレスでも、ほんのりと苦みが残っており、甘いキャラメルと程よくマッチします。

おすすめのカフェインレスメニュー⑥:ホワイトモカ

ホワイトモカシロップ、スチームミルク、ポイップクリームが贅沢にトッピングされたホワイトモカは、濃厚でリッチな仕上がりです。
こちらもミルク好きや、甘党の人から人気のビバレッジですが、甘すぎるといった声もあります。

初めて試してみる人は、シロップや、ポイップクリームを少し減らしてみると甘味も減るので、一度試してみてはいかがでしょうか。
エスプレッソビバレッジですが、クリーミー感が強いため、普段コーヒーをあまり飲まない人にもおすすめです。

おすすめのカフェインレスメニュー⑦:カフェモカ

少しほろ苦いチョコレートシロップに、ミルクとポイップクリームがトッピングされています。
モカというと甘いイメージがありますが、ほろ苦さが残っているため、丁度良い甘みです。

チョコレート好きにはもちろん、少し贅沢なドリンクを飲みたい人や、夏の時期にはアイス(コールド)でもぴったりです。
女性にはもちろん、甘党の男性にも人気があります。

おすすめのカフェインレスメニュー⑧:アメリカーノ

アメリカーノという言葉をあまり聞きなれてない人もいると思いますが、アメリカーノはエスプレッソにお湯を注いだものです。
ドリップコーヒーと比べて、すっきりとした味わいがあり、コーヒー独特の苦みもあまり感じられません。

夏や暑い室内では、氷を加えたアイスアメリカーノもよりすっきり感が強いので、行楽地や外での観光地にも手持ちドリンクとしておすすめです。

おすすめのカフェインレスメニュー⑨:カプチーノ

カプチーノはラテやモカなどと比べて、エスプレッソの苦みが強いビバレッジです。
スタバのカプチーノはきめ細かいフォームミルクものっており、甘いエスプレッソビバレッジが苦手な人からも人気です。

カフェインレスでも苦みはしっかりと残っているので、カフェインを控えたいけど、苦みのあるコーヒーを飲みたいときでも、一度試してみて下さい。

おすすめのカフェインレスメニュー⑩:コーヒーフラペチーノ

スタバで人気のフラペチーノとは、クリーム、コーヒー等に氷を加えてミキサーで撹拌し、フローズン状にしたものです。
冷たいドリンクで、シャリシャリっとした独特の氷と甘味の食感が特徴です。

一年中飲めますが、暑い夏の日には特に人気がある商品です。
コーヒーの他にも、キャラメル、抹茶、バニラクリーム、ダークモカチップ、さらに季節限定商品も時々登場します。

カフェイン抜きでも、フラペチーノ独特の食感と少し苦みもあるため、またクリーミーな味わいも感じられる、ベーシックなフラペチーノです。

<下に続く>

注意!意外とカフェイン量が多いスタバのドリンクとは?

カフェインと聞くと、コーヒーを想像する人が多いと思いますが、紅茶にもカフェインは含まれています。
コーヒーを飲んでも何もアレルギー反応がなくても、紅茶、お茶を飲むとトイレが近くなる人もいます。

ドリップコーヒーは他のドリンクと比較して、ミルク等追加しない限り何も入っていないシンプルなコーヒーなのでその分カフェインが多く含まれています。
またスタバで人気の紅茶ラテ系、一部のフラペチーノ商品にもカフェインが含まれているので、アレルギーがある人は注意が必要です。

<下に続く>

家でも飲める!スタバのカフェインレスコーヒー豆!

スタバのカフェインレスコーヒー豆は、アマゾンでも買うことができます。
また店頭でも直接購入することが可能です。

自宅近くにスタバがない人や、コーヒーメーカーを持っている人は一度試してみてはいかがでしょうか?
この商品は、スタバでも人気のハウスブレンドをディカフェで販売しています。

香り、風味は劣らず、カフェインを気にせずにいつでもスタバのコーヒーが自宅や会社で簡単に作れます。
アマゾンではまとめ買いもできるので、気に入ったら定期的に買うのもおすすめです。

スターバックス「Starbucks(R)」 ディカフェブレンド 中細挽きタイプ(140g)
1188円

<下に続く>

スタバのカフェインレスは他のコーヒー店よりお得?

値段だけで考えてみると、スタバのカフェインレスコーヒーは決してお得とはいえないでしょう。
他のカフェチェーン店と比較しても、スタバは高く、値段を気にして避ける人もいるのが事実です。

しかしその分スタバでは、値段には代えられない付加価値と高い品質を提供しています。
カフェインレスだけではなく、1人1人の要望に対応できる豊富な種類と知識があります。

どの店舗でも対応して頂き、いつ行っても店員さんは笑顔で接客をしている姿に癒される人も多いと感じています。
そして海外でも多くの店舗を持っているスタバでは、同じドリンクを異国でも味わうことができ、ここでも細かな要望にも対応しています。

このことから考えると、スタバは決して高い値段ではないと考えています。
またスタバでは、マイタンブラー持参で20円引きになります。

20円でも頻繁に通うことを考えれば、大きな割引です。
このタンブラーはスタバのものでなくても構いません。

特に大きさや形状も指定されていないので、気軽にマイタンブラーを持って行ってみて下さい。
水筒でも構いませんし、コーヒーの他、クリームがのっている商品や、フラペチーノ等でも持参したタンブラーに入れてもらえます。

店内で飲むのはもちろん、バッグに入れて持ち帰ることもできるので、大変便利です。

<下に続く>

スタバの人気カフェインレスメニュー10選!値段は?おかわりできる?のまとめ

コーヒー豆 焙煎

毎朝コーヒーを飲む人もいれば、たまにしか飲まない人もいます。
カフェ派の人と、自宅派の人にも分かれます。

スタバは店頭ではもちろん、自宅でも気軽に楽しめるコーヒーとしてどの世代からも人気があり、カフェインレス商品も充実しているので、いつ行っても、どの店舗でも同じビバレッジが味わえます。
時代の流れとともに、より健康に気を使う人が増えており、その中でもスタバはコーヒーショップとしてそれぞれのニーズに答えてくれるカフェとして、世界中の人々から愛されています。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line