どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/07/11

大阪で人気のおすすめのお化け屋敷8選!【ホラースポットを厳選!】

大阪で2019年にお化け屋敷を楽しむなら、どこが良いでしょうか。
本格的な最新技術を使ったお化け屋敷から、大阪らしく笑いを取り入れたお化け屋敷等、夏には大阪で様々なお化け屋敷イベントが開催されます。

今回は大阪とその近郊のおすすめお化け屋敷を8点、ご紹介していきたいと思います。
面白そう!と思ったお化け屋敷に是非参加してみてください。

Large toa heftiba 148643 unsplash  1

大阪で人気のおすすめのお化け屋敷8選

では、大阪でおすすめのお化け屋敷スポットをみていきましょう。
大阪のお化け屋敷には、以下のスポットがあります。

  1. くっきープロデュース VRお化け屋敷 マンホール
  2. 怨霊の金縛り屋敷
  3. 闇遊園地でかくれんぼ
  4. よしもとおもろおばけ屋敷
  5. SEGA VR AREA ABENO
  6. 「ゆびきりぴえろ」廃墟ビルからの脱出
  7. ハロウィーン・ホラーナイト
  8. 史上最恐のお化け屋敷

続いて、大阪のそれぞれのお化け屋敷について詳しくみていきます。

くっきープロデュース VRお化け屋敷 マンホール

毎年恒例、大阪・梅田の夏の風物詩となっているMBS本社の「ちゃやまちプラザ」のお化け屋敷。毎年7月から9月の間、様々なテーマで皆を震撼させる新しいタイプのお化け屋敷が企画されています。
なんと今年、2019年は大阪らしくお笑い芸人の野生爆弾・くっきーが完全プロデュースしたVRタイプのお化け屋敷がスタートします。野生爆弾くっきーは、イラスト等の作品がどこかシュールでおどろおどろしいことでも人気を博している芸人。
そんなくっきーがマンホールをテーマに、仕掛けやBGM、衣装やセットなどほぼ全てをデザインし、手がけたVRタイプのお化け屋敷。怖さだけでなく、大阪らしく笑いの提供も兼ねた新感覚のお化け屋敷に是非チャレンジしてみてください。
価格は1200円です。

くっきープロデュース VRお化け屋敷 マンホール

怨霊の金縛り屋敷

大阪の遊園地、ひらかたパークで2019年夏に開催されているお化け屋敷は、「怨霊の金縛り屋敷 VR×リアル恐怖体験」です。
寝て体が動けない状態で体験するVR型のお化け屋敷で、動かないまま恐怖体験ができます。

「厄」と呼ばれる村で起きた厄災を鎮めるために人間の髪・血・心臓を埋め込んで作られた人形が出てきます。
この人形を部外者が一度でも目にすると呪われてしまうという設定で、お化け屋敷体験者はその人形を好奇心から見てしまうことから物語はスタート。

呪いをお祓いしてもらうために村の老婆の家に泊めてもらった晩の丑三つ時に金縛りに合い、恐怖体験が始まります。
大阪でも人気の遊園地が手掛けるVR形式のお化け屋敷で寝たまま存分に怖い思いをしてください。

価格は800円ですが、500円の当日割引チケットもあります。

怨霊の金縛り屋敷 VR×リアル恐怖体験

闇遊園地でかくれんぼ

こちらも大阪の人気遊園地、ひらかたパークで開催されるお化け屋敷イベント、「ひらかたパーク×NTT西日本 闇遊園地でかくれんぼ」
2017年からスタートした大阪でも珍しい、閉園後の遊園地を貸し切ったお化け屋敷です。

普段楽しい場所なはずの遊園地を夜、薄暗い照明の中専用のタブレット端末を持って歩くイベントなので臨場感いっぱいのお化け屋敷イベントを体感できます。
数年前、家族で行った遊園地で妹が行方不明に。

夢の中でその妹が助けを求めて呼びかける様になり、妹を助けるために閉園後の遊園地に忍び込む、というストーリーです。
制限時間1時間以内に、タブレット端末で届く妹からのLINEメッセージをヒントに妹を探し出せたらゲームクリア。

料金は、1グループ(4名まで)14000円です。
大阪のお化け屋敷ではなかなかの高額ですが、広範囲を動き回れる大阪でも珍しいイベントなのでその価値ありです。

ひらかたパーク×NTT西日本 闇遊園地でかくれんぼ

よしもとおもろおばけ屋敷

大阪らしい、吉本がプロデュースするお化け屋敷も、大阪の万博記念公園で開催されます。
2019年に大阪万博記念公園で開催される「万博夏あそび」イベントの一環として開催されるお化け屋敷、「大阪 よしもとおもろおばけ屋敷~恐怖!?よしもとおもろ中学校の七不思議~」

大阪のお笑い芸人がお化けとして登場する、お笑い好きにはたまらないお化け屋敷です。
自分は「私立よしもとおもろ中学校」の中学生という設定で、夜中に学校に忘れ物を取りに行きます。

夜中にお笑い芸人のお化けが出るという噂の中学校で様々なお化けと出会います。
キャスト全員がお笑い芸人で、大阪らしく笑わせてくれたり、怖がらせてくれたりと楽しいお化け屋敷です。

4歳から入場可能で、小学生までは500円、中学生以上は800円です。

大阪 よしもとおもろおばけ屋敷~恐怖!?よしもとおもろ中学校の七不思議~

SEGA VR AREA ABENO

大阪・あべのキューズモールにある「SEGA VR AREA ABENO」
ゲーム制作会社として有名なSEGAが、様々なVR体験イベントを提供している施設です。

そこで2019年現在開催されているのが、「ZOMBIE SURVIVAL(ゾンビ サバイバル)」
VRゴーグルをつけて、仮想世界の中でゾンビに追いかけられる臨場感は、新たなタイプのお化け屋敷と言えるでしょう。

内容は、ゾンビに襲われ廃墟と化した街で住民を救出する部隊を支援するために6人でチームを組み、拠点を守りぬくことが目的です。
VRゴーグルの他に身に着ける装備が重いらしいので、VRお化け屋敷と言えど体力が必要

料金は2000円です。

SEGA VR AREA ABENO

「ゆびきりぴえろ」廃墟ビルからの脱出

大人が思いっきり楽しめる、大阪の謎解きゲーム施設「TokiToki(ときとき)」
通常の謎解きの他に、2019年現在ホラー要素の加わった謎解きゲームも開催されており、お化け屋敷感覚で楽しめます。

「ゆびきりぴえろ」廃墟ビルからの脱出は、実際にチェーンソーを持ったピエロから逃げながら脱出を目指す、お化け屋敷タイプの謎解きゲームです。
子供のころ、ピエロと何かの約束をした記憶があり、大人になってからその約束をした場所に気づけばいた、というシチュエーション。

その場所は廃墟ビルですが、本格的に会場が廃墟ビル内を再現しているので臨場感満点です。
料金は2300円です。

「ゆびきりぴえろ」廃墟ビルからの脱出

ハロウィーン・ホラーナイト

大阪の有名テーマパークと言えばユニバーサルスタジオ・ジャパン(通称USJ)。
USJは、毎年ハロウィンの時期にハロウィーン・ホラーナイトを開催します。

夜、暗くなったテーマパーク内を様々な種類のゾンビが徘徊し、ゲストを驚かせます。
テーマパーク中がお化け屋敷になってしまう、大阪で最大規模のお化け屋敷と言っても良いイベントです。

怖いのが苦手な人や子供の為にセーフエリアもあるので安心してください。
USJではハロウィーン・ホラーナイトの他にも有名なホラー映画やドラマを題材にしたお化け屋敷が開催されるので、大阪で恐怖体験をしたい人はハロウィン時期のUSJへ是非。

ユニバーサルスタジオジャパン ハロウィーン・ホラーナイト

史上最恐のお化け屋敷

大阪から少し足をのばして、昔ながらの和風で本格的なお化け屋敷を体験したい人は是非、京都太秦映画村の「史上最恐のお化け屋敷」へ。
東映映画の撮影所のテーマパークで常設されているお化け屋敷なので、キャストも東映の俳優さんだったり、小道具が本格的だったりと撮影所ならではのリアルさが売りです。

大阪からは少し遠いですが、大阪近郊・関西の怖いお化け屋敷を語る上で欠かせない常設のお化け屋敷なので、とてもおすすめです。
是非、史上最恐の和のホラーを体感してみてください。

料金は太秦映画村の入場料2200円で、お化け屋敷が500円です。

史上最恐のお化け屋敷
<下に続く>

大阪のお化け屋敷は子供でもいける?

これまでご紹介した大阪と、大阪近郊のお化け屋敷は大人しか入れない、本格的な恐怖体験を楽しむ大人向きのものから、子供でも参加できるものまで様々です。
例えば、「大阪 よしもとおもろおばけ屋敷~恐怖!?よしもとおもろ中学校の七不思議~」は4歳からなら参加できる楽しいお化け屋敷ですが、恐怖の感じ方は人それぞれなので、あまりにお子さんが怖がる様でしたらリタイアをおすすめします。

最後にご紹介した「史上最恐のお化け屋敷」も、3歳から体験可能で、キャストさんが子供だと手加減してくれるかもしれませんや、生首や血など、トラウマになってしまいそうなものが多いので様子を見て参加し、無理なら途中リタイアをするのが良いでしょう。
無理なく楽しく大阪のお化け屋敷に参加できると良いですね。

<下に続く>

大阪のお化け屋敷で恐怖体験を楽しみましょう。

今回は、大阪でおすすめの2019年に楽しめるお化け屋敷7つと、大阪近郊のお化け屋敷1つをご紹介しました。
大阪では夏に様々なお化け屋敷が開催されますが、USJでのハロウィン時期のホラー体験もおすすめです。

レトロな常設のものも良いですが、大阪で最新の技術を使ったお化け屋敷に行きたいなら是非、夏に期間限定のお化け屋敷に行ってみてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line