どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2018/12/31

いきなりステーキのメニューは肉の部位ごと!おすすめの部位を比較

最近流行している有名なステーキ屋と言えば、いきなりステーキです。
全国に店舗を展開しており、20代から40代まで非常に人気で時間によっては並ばないと入れないほど。

そんないきなりステーキではさまざまな部位のお肉を食べることができます。
部位によっておすすめの調味料や味付けは変わります。

今回はいきなりステーキで頼むことのできる各部位のおすすめメニューを紹介します。
おすすめの食べ方やお得なランチ情報も盛りだくさんでお届けします。

Large beef cooking delicious 769289  1

【おすすめメニューを見る前に】いきなりステーキって?特徴や魅力をご紹介!

今話題の、いきなりステーキは株式会社ペッパーフードサービスという大きな会社の中の一つで、全国に366店舗あり海外にも11店舗もある大手のレストランです。
ステーキ店=高級なイメージがありますが、大手の強みを生かし安くボリュームのあるステーキが食べられます。

いきなりステーキの特徴①:オーダーカットシステム

いきなりステーキといえば、大きなブロック肉を注文が入ってから指定したグラム数にカットし炭火で焼き始めるという新鮮な工程が魅力的です。
これをオーダーカットシステムと呼びます。

お肉のグラムは多くが200グラムから500グラムまで、お好きなグラム数でカットできます。
いきなりステーキおすすめ部位のリブは300グラムから、サーロインとヒレステーキは200グラムからお選びいただけます。

いきなりステーキの特徴②:立ち食いスタイル

いきなりステーキは立ち飲み食いスタイルが特徴で、食べたい時にいつでもサクッとステーキを食べられる事が魅力の一つです。
当初、立ちながらステーキを食べるという発想が斬新でメディアでも多く取り上げられ更に店舗数を増やしていきました。

いきなりステーキの特徴②:安くておいしい

いきなりステーキは何グラム注文するかで値段は変わるのですが、おすすめ部位「リブロース」だと1グラム6.9円とお安い値段設定!

300グラムだと6.9×300=2,070円(税抜き)でいただけます。
炭火で焼き上げるステーキは本格的で、トッピングも充実しているので大満足間違いなしです。

いきなりステーキの客層は?

いきなりステーキは、子供からお年寄りまで老若男女に愛されるお店です。
現在では、立ち食いの店舗だけでなくゆっくり座りながらお食事できる店舗も同時に展開されています。
イオンなどのフードコートにも出店され、気軽に入れるステーキ店となってきました。

低価格、オーダーカットシステムからお一人様から子連れの家族、ダイエット中の方から大食いの方まで気軽に利用できます。

<下に続く>

いきなりステーキに行くなら肉マイレージカードを作るのがおすすめ!

いきなりステーキを食べるなら、絶対マイレージカードがおすすめです。
マイレージカードは通称肉カードと呼ばれ、食べたステーキのグラム数がそのままマイレージポイントになるというもの。
マイレージカードと連動して便利なアプリもあります。

アプリ内には、お得情報や食べた人ランキングも見ることが出来ます。
自分がステーキをどれだけ食べたか、近いお店も検索できます。

マネーチャージができるので、ポイントと合わせてそのままお支払できるうえ、クレジット機能もついています。
肉カードは食べれば食べるほどランクアップしていきます。

<下に続く>

【いきなりステーキのおすすめの前に】肉の部位について解説!

いきなりステーキでは、下記の4種類の肉の部位を楽しむことができます。

  1. ヒレ
  2. トップリブ
  3. サーロイン
  4. リブロース

ヒレ

ヒレは脂身が少ない赤身のお肉です。
胃もたれやダイエットをしている方におすすめの部位ですね。

ヒレは他の部位と比較した時に値段が少々高く、牛肉以外でも高級なお肉の位置付けです。
お肉好きや筋トレ好きの方にとても人気があり、ヒレ150gほどで動物性たんぱく質を多く摂取することができるので、1日1食は必ず食べる方も居るほどです。

トップリブ

トップリブはお肉の中でも脂が乗っており、柔らかく噛み応えのあるお肉です。
トップリブはリブ肉の中でも先述したヒレ肉に近い場所に付いているリブ肉です。

そのため、トップリブはリブ肉の中でも柔らかく、ヒレ肉のように脂身も少なく赤身に近いお肉です。

サーロイン

サーロインはお肉の中の王様とも言われるお肉です。
まさにみなさんが想像しているステーキというようなお肉ですね。

脂身が多く脂のうまみやお肉のうまみを味わうことのできる部位のお肉です。
お肉自体が柔らかいのも特徴で、かなり満腹感が味わえます。

リブロース

リブロースは噛み応えのあるコストパフォーマンス抜群のお肉です。
リブロースは先述したヒレやサーロイン、トップリブと違って値段が低いのも特徴です。

噛み応え抜群なのでグラム数が多いと、食べ終わるまでに疲れるかもしれませんね。

<下に続く>

いきなりステーキの注文方法、おすすめのグラム数、付け合わせについてご紹介!

いきなりステーキの注文の仕方

自分が食べたいお肉の部位を選びます。
その後、グラム数やコーンやブロッコリーなどの具材、焼き加減をオーダーすれば注文完了です。

ブラックペッパーやソース、タレは食べている机に置いてあるので、好みに合わせて調味料も使用してみてください。

おすすめのグラム数は?

グラム数に関して言うと男性と女性で差はありますが、おおよそ300g~400gほどを目安に頼むと良いです。
頼むお肉の種類によっても変わるのですが、お肉だけであれば完食する片が多いでしょう。

ご飯も一緒に食べる場合、400gは女性には完食できない人もいるでしょう。
お肉だけで食べる場合とセットで食べる場合で頼み方を変えると良いです。

セットの場合はお肉200gでも腹8割ほどになりますので、お肉の種類や焼き加減、食べ方を考慮してグラム数を考慮しましょう。

付け合わせを選ぼう

いきなりステーキでは付け合わせも自分の好みに合わせて選ぶことができます。
付け合わせには下記のものから選択することができます。

  1. コーン
  2. ブロッコリー
  3. オニオン
  4. インゲン
  5. ガーリックチップ

どれも美味しいのですがコーンとブロッコリーを選ぶ人が多いイメージです。
ブロッコリーやインゲンは、カロリーや糖質が気になる方に人気があります。

オニオンはステーキの下に敷いてあることが多く、ガーリックチップは味を変える調味料のような位置付けになります。

<下に続く>

いきなりステーキのおすすめの部位を比較してみよう!

いきなりステーキで提供されているおすすめの部位を比較してみましょう。

値段 カロリー 柔らかさ 最低注文重量
ヒレ 9円/g 215kcal/100g 普通 200g
リブロース 6.9円/g 447kcal/100g 硬め 200g
トップリブ 7.3円/g 269kcal/100g 柔らかい 200g
ミドルリブ 6.6円/g 269kcal/100g 柔らかい 200g
国産サーロイン 12円/g 498kcal/100g 柔らかい 200g
輸入サーロイン 8.2円/g 498kcal/100g 柔らかい 200g
ワイルドステーキ 5.65円/g 240kcal/100g 柔らかい 200g

最もコストパフォーマンスが良いのは、ランチ時限定メニューのワイルドステーキです。
部位は肩ロースになりカロリーも低く値段も安いため、おすすめのメニューですね。

最もグラム数当たりの値段が高いのはトップリブで、カロリーもワイルドステーキとほぼ変わらないほどです。
カロリーが最も低いのはヒレ肉で、ダイエットをしている方には一番向いているメニューと言えます。

グラム数当たりの値段は少々高めですが、お肉の美味しさやカロリーの低さを考えるとお肉好きの方におすすめのメニューと言えます。
サーロインとリブロースはカロリー数は高いので、ダイエットをしている方や女性の方にはあまり向いていないメニューと言えます。

グラム数当たりの単価も高いのですが、脂身のうまみを味わうことができるので、ステーキ好きの方には是非食べて欲しいメニューです。

<下に続く>

いきなりステーキのメニューは肉の部位ごと!おすすめメニューを解説!

では、いきなりステーキのメニューをみていきましょう。
いきなりステーキのメニューには、以下のものがあります。

  1. リブロースステーキ
  2. ヒレステーキ
  3. Naruoブランド牛サーロインステーキ
  4. 本格熟成国産牛サーロインステーキ
  5. 本格熟成国産牛リブロースステーキ
  6. トップリブステーキ
  7. ミドルリブステーキ
  8. CABアンガス牛サーロインステーキ

続いて、それぞれの「メニュー」について詳しくみていきます。

いきなりステーキのメニュー:リブロースステーキ

リブロースステーキはいきなりステーキを象徴しているメニューです。
がっつり食べたい方や世間一般的な脂身のあるステーキを食べたい方におすすめのメニューです。

グラム数も選択でき、300g~400gほどのボリュームだと大満足だと思います。
卓上のホットステーキソースとの相性もばっちりです。

いきなりステーキのメニュー:ヒレステーキ

ヒレステーキはお腹に重たく溜まらず食べることのできる赤身のステーキです。
脂身が多いお肉はちょっと苦手という方におすすめのメニューです。

ワサビやブラックペッパーとの相性が良く、グラム単価は少し高めですが少々ボリュームがあっても美味しくいただけます。

いきなりステーキのメニュー:Naruoブランド牛サーロインステーキ

サーロインステーキはステーキの中でも王道のメニューですね。
いきなりステーキでは、サーロインは3種類の中から選ぶことができ、まずおすすめするのはNaruoブランド産のお肉です。

Naruoブランドを知らない方もいるかと思いますが、オーストラリア産の有名なブランド牛です。
Naruo牧場で育てられたこのお肉は、脂身のある食べ応え抜群のステーキです。

焼き加減はミディアムレアがおすすめです。
ミディアムレアも焼き加減の性質上、噛むのに疲れてしまうというのがありますが、冷えても食感はある程度保てます。

いきなりステーキのメニュー:本格熟成国産牛サーロインステーキ

国産のサーロイン牛を、20日間も熟成させたステーキ肉
肉の旨味が増した熟成サーロインステーキをお手頃価格で食べられるのは嬉しいですよね!

こちらは店舗限定メニューになります。
取り扱い店舗はステーキのHPでご確認ください。

いきなりステーキのメニュー:本格熟成国産牛リブロースステーキ

こちらも熟成サーロイン同様20日間熟成させたリブロースステーキ。
赤身と脂身の美味しさを一度に味わえるリブロースはおすすめです。

こちらも店舗限定メニューになります。
取扱店はいきなりステーキのHPでご確認下さい。

いきなりステーキのメニュー:トップリブステーキ

リブの中でも特に美味しい部位で、分厚くカットされているので食べごたえもバッチリ!
肉肉しいステーキで、肉を思う存分味わいたい方におすすめです。

こちらは全店共通メニューとなっています。

いきなりステーキのメニュー:ミドルリブステーキ

小さめサイズのミドルリブステーキは、女性や少し大きめのお子さん向けと言えます。
トップリブに比べ脂身少なめで柔らかい赤身が多いのが特徴です。

こちらもリブステーキなので全店共通メニューとなっています。

いきなりステーキのメニュー:CABアンガス牛サーロインステーキ

米国CABが認定したアメリカンビーフがいきなりステーキで食べられます!
霜降り具合が絶妙で、とってもジューシーなお肉です。

取り扱いは、Naruoブランド販売店を除く全店にて販売中です。

<下に続く>

いきなりステーキで肉を美味しく食べるおすすめの方法

いきなりステーキでオーダーするおすすめの焼き加減は?

いきなりステーキではレアを推奨される事が多いですが、焼き加減は好みもあるので自分の好きな焼き加減を選択しましょう。

注文時に、お肉の焼き加減をどうするかを聞かれます。
レア~ウェルダンでというのが通常ですが、いきなりステーキではレアよりもっと生に近いベリーレアや、ウェルダンよりしっかり焼くベリーウェルダンなるものがあります。

順番に並べているので以下参考にお肉のやわらかさを決めてくださいね。
お肉のやわらかさは、食べた時のすべてを決めるほど、悩むところです。

  1. ベリーレア
  2. レア
  3. ミディアムレア
  4. ミディアム
  5. ウェルダン
  6. ベリーウェルダン

ハーフカットでお肉を分厚くおいしく!

いきなりステーキおすすめ部位の中には、分厚いステーキがあります。
こちらは、リブロースを半分に切ってトップリブの部分とミドルリブの部分に分けて、通常よりも分厚くお召し上がりいただけるというメニューです。

今日は分厚いお肉を食べたいと思いの方にはおすすめです。
トップリブは1グラムあたり7.3円、ミドルリブは1グラムあたり6.6円となっています。

いきなりステーキの豊富な卓上調味料で味をカスタマイズ

いきなりステーキの卓上にはたくさんの調味料があるのですが、それらを使って、味に変化をつけながらステーキを食べることをおすすめします。

ステーキにおすすめ調味料は、マスタードとわさびです。
ステーキによく合うだけでなく、ピリッと最後に味が変わるところがおすすめです。

にんにくも、置いてありますので、たっぷり上からかけてもらうとおいしいです。
スタッフ一押しは、にんにくやタバスコをスープに入れること、是非試してみてください。

いきなりステーキをもっと堪能できる裏テクニックがある!

ガーリックライスにしてペッパーランチ風

通常のライスと卓上調味料を駆使してガーリックライスが作れます。
卓上にあるガーリックや醤油、塩こしょうで味付けして、お肉とライスと付け合せのコーンをまんべんなく混ぜ合わせたら、ペッパーランチのできあがり。

※そのままでも美味しく召し上がれますが、再加熱してもらうとより美味しくなるのでおすすめです。

肉野菜炒めを作っちゃおう!

いきなりステーキにはセットメニューの中にスモールサラダがあります。
お肉を食べやすいサイズにカットして、このスモールサラダを一緒に卓上のドレッシングをかけて鉄板で再加熱します。

ドレッシングも種類があるので、毎回違う味が楽しめますよ。

ブルーチーズにディップして味変しよう!

そのまま食べてると、油っぽさが気になるという方には特におすすめの食べ方です。
ブルーチーズソースの酸味で油っぽさが消え、また別の味わいができます。

ブルーチーズソースは税込108円です。

<下に続く>

コスパ最強!いきなりステーキのランチがおすすめ

お肉ランチが食べたいと思ったら、いきなりステーキおすすめ部位のランチがおすすめです。
コスパも最強ですし、ワイルドステーキに関しては1グラムあたり1円以下、ハンバーグに関しても1円以下ですね。

だいたい1000円前後で食べられるというところが、毎日のランチにはうれしいお値段設定ですね。

いきなりステーキのランチの時間は?

ランチメニューの提供時間ですが、営業時間開始から15時までとなっています。
ランチは平日だけ土日祝もやっていると店舗によって異なりますので、公式ホームページでチェックしてからお出かけくださいね。

<下に続く>

いきなりステーキのおすすめランチメニューと値段をご紹介!

ランチメニューのお値段をサラダセットとともにご紹介しておきます。

ワイルドステーキ

ワイルドステーキはランチ時限定のメニューとなります。
ライス、サラダ、スープがセットに付いてくるため、ボリューム抜群でコスパもとても良いメニューです。

お肉の部位は肩ロースになり、結構分厚いステーキが出てきます。

グラム 値段(税抜) 備考
200g 1,130円 ライス・サラダ・スープ付
300g 1,390円 ライス・サラダ・スープ付
450g 1,850円 ライス・サラダ・スープ付

ワイルドハンバーグ

いきなりステーキのハンバーグは、ふんわりハンバーグというより、肉がゴロゴロと食感が楽しめる、本格的ワイルドハンバーグです。
ステーキは食べにくいという小さいお子さんやお年寄りにおすすめです。

ワイルドハンバーグはランチ時限定のメニューとなります。

グラム 値段(税抜) 備考
300g 1,100円 ライス・サラダ・スープ付
200g 900円 ライス・サラダ・スープ付(フードコート限定)

乱切りカットステーキ

いきなりステーキのおすすめメニューで「乱切りカットステーキ」がありますが、このメニューはランチタイムにしかなく数量限定ゆえ裏メニューと言われています。
人気が高いメニューなのであればとてもラッキーです。

食べやすいサイズにお肉がカットされており、200gと300gが選べます。

200gならカロリーもあまり気にする事なく食べられていいですね!
ガッツリは食べられないけれどお肉が食べたい!って人向きです。

グラム 値段(税抜) 備考
300g 1,850円 ライス・サラダ・スープ付
300g 1,750円 ライス無し
200g 1,300円 ライス・サラダ・スープ付
200g 1,200円 ライス無し

ワイルドステーキ&ハンバーグコンボ

ランチで大人気のワイルドステーキとハンバーグの2品同時に楽しめます。
どちらも食べたい欲張りさんにぴったりです。

こちらもランチ限定メニューです。

グラム 値段(税抜) 備考
ステーキ150g+ハンバーグ150g 1,250円 ライス・サラダ・スープ付
ステーキ150g+ハンバーグ150g 1,150円 ライス無し
ステーキ300g+ハンバーグ150g 1,850円 ライス・サラダ・スープ付
ステーキ300g+ハンバーグ150g 1,750円 ライス無し

ディナーメニューもランチだと更にお得に!

リブロースステーキなどディナーメニューがランチに登場です。
ランチの時間帯だとディナーよりお得にいただけます。

ランチの時間では定量カットのみのご案内ですが、通常価格でも安いステーキが更にリーズナブルにいただけるのは嬉しいですね!

<下に続く>

様々な部位が楽しめるいきなりステーキに行ってみよう

いきなりステーキでの注文の仕方やおすすめメニューを紹介しましたが、いざ店に行くと全て美味しく見えてなかなかメニューが選べません。
初めて行った方だとどのメニューを注文すべきなのか、どのメニューが重くないのかなど分からないと思いますので、行く前にあらかじめ調べておくことをおすすめします。

脂身の少ない部位もありますので、体重や体脂肪を気にしている方でも気にせず食べることができますので、是非食べてみてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line