どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/07/07

缶コーヒー人気おすすめランキング22選!【種類、選び方も紹介!】

缶コーヒーといえば、手軽に、低価格に、美味しく飲めるような印象がありますよね。
ただ、缶コーヒーってどれも似通っていて、違いなんてあるの?という方も多いかと思います。

今回は、自分の好みの缶コーヒーを見つけたい、そんな方に缶コーヒー人気おすすめランキングとして、おすすめの缶コーヒーをまとめました。
どんな缶コーヒーがあるのか、それぞれの缶コーヒーにはどんな特徴があるのか気になる方は参考にしてみてください。

Large beverage cans drinks 3008

【ランキングの前に】缶コーヒーの種類

微糖・低糖

缶コーヒーの大まかな分類として、微糖・低糖という種類があります。
飲んでわかるように、微糖・低糖の缶コーヒーには糖が入っています。

ただ、どれだけの量の糖が入っていれば微糖で、どれだけの量の糖が入っていれば低糖なのでしょうか?
実は、この微糖と低糖には、糖の量に関して違いはなく、どちらを表記しても良いのです。

具体的には、コーヒー100ml中の糖が、2.5g未満のとき、微糖・低糖コーヒーとなります。
また、コーヒー飲料等(7.5g/100ml)に比べて、糖類が2.5g/100ml以上低減されていれば、微糖・低糖コーヒーと表示されます。

ブラックコーヒー

缶コーヒーの大まかな分類として、ブラックコーヒーという種類があります。
ブラックコーヒー、あるいは無糖コーヒーというと、苦いコーヒーというイメージがあるのではないでしょうか。

ただ、実はブラックコーヒー、あるいは無糖コーヒーは、必ずしも糖類0パーセント、というわけではありません。
具体的には、コーヒー100ml中の糖類が、0.5g未満の場合に、無糖コーヒーというのです。

つまり、0.2g、0.3gと微量の糖が入っていたとしても、ブラックコーヒーや無糖コーヒーと表記されます。
また「糖類ゼロ」と表記されていても、人工甘味料を含む場合もあります。

ブレンドコーヒー

缶コーヒーの大まかな分類として、ブレンドコーヒーという種類があります。
ブレンドコーヒーというと、何かと何かが混ざったコーヒーというイメージはあるかと思います。

では、そのコーヒーには、何と何が混ざっているのでしょうか?
簡単にいうと、別々のコーヒーが混ざっているのですが、具体的にいうと、違う産地で採れたコーヒーが合わせられています。

そのため、一般受けするバランスの良い味わいのコーヒーを作ることができます。
また、安い豆に、質の良い豆を少量合わせることで、美味しいコーヒーを、低価格で提供することも可能になるのです。

エスプレッソ

缶コーヒーの大まかな分類として、エスプレッソという種類があります。
エスプレッソというと、濃くて苦いコーヒーというイメージがあるのではないでしょうか。

確かに、飲む分には、濃くて苦いコーヒー、という程度の認識でいいでしょう。
ただ、具体的にいうと、一般的にいわれるドリップコーヒーとは、淹れ方が違います。

エスプレッソとは、高温で、圧力をかけて一気に抽出するという方法で作られています。
そのため、通常の低温でゆっくり出したコーヒーよりも、濃厚で、苦みの強く出たコーヒーになるのです。

カフェオレ・カフェラテ

缶コーヒーの大まかな分類として、カフェオレ・カフェラテという種類があります。
カフェオレ・カフェラテというと、ミルクの入ったコーヒーというイメージがあるかと思います。

では、カフェオレとカフェラテで、言い方が違うのは、どうしてなのでしょうか?
実は、カフェオレとカフェラテでは、使われているコーヒーの抽出の仕方に違いがあるのです。

いわゆるカフェオレは、一般的なドリップコーヒーにミルクを加えたものになります。
一方、カフェラテは、先ほどご紹介したエスプレッソにミルクを加えたものを指しています。

<下に続く>

【ランキングの前に】缶コーヒーの選び方

選び方1:コーヒー豆の質や量

缶コーヒーの選び方として、コーヒー豆の質や量がポイントになります。
最近は、缶コーヒーに使われる豆のクオリティも高いものが多いですね。

基本的には、「アラビカ種100%」と書かれているものであれば、まず一定の美味しさは保証されるでしょう。
また、「スペシャルティコーヒー」の表記があれば、なおのこと、美味しいコーヒーであるといえますね。

豆の量に関しては、あなたが濃いコーヒーが好きなのか、薄いコーヒーが好きなのかで選ぶと良いでしょう。
一般的に140mlあたり10gといわれるので、それを基準に濃いのが好きなら、豆の割合が大きいものを選んでみてください。

選び方2:サイズや容量

缶コーヒーの選び方として、サイズや容量も、大切な基準になります。
コーヒーが飲みたい場合にも色々な場面がありますし、シーンによって欲しい量が変わってくるからです。

一般的な缶コーヒーのサイズというと、190ml前後のショート缶になりますね。
その他少し縦に長くなった250mlのロング缶、300mlのボトル缶、400mlの長めのボトル缶などが主流です。

一般的に、眠気覚ましに一気に飲みたかったり、休憩中に飲み切ってしまったりする場合は、プルトップ式の缶がいいでしょう。
一方、持ち運んだり、少し飲んで残しておきたかったりする場合は、ボトル缶がおすすめですね。

選び方3:カフェインの量

缶コーヒーの選び方として、サイズや容量も、大切な基準になります。
コーヒーを飲む1つの理由として、カフェインを摂取したいというのがあるかと思います。

ただ、健康状態によっては、コーヒーは飲みたいけどあまりカフェインは取りたくない、という方もいらっしゃいますよね。
実は、缶コーヒーの種類によっても、カフェインの含有量が違ってくるのです。

後ほどのランキングでも、カフェインの含有量についても触れていくので、参考にしてみてください。
また、カフェインレスの缶コーヒーも、充実してきているので、そちらも合わせて探してみるのもおすすめです。

選び方4:味の好み

缶コーヒーの選び方として、味の好みも、大切な基準になります。
コーヒーを味の好みで選ぶ場合は、主に、生産国と焙煎度に注目するといいでしょう。

一般的に、コーヒー豆の生産エリアは、アフリカ、アジア、中南米の三つに分けられます。
アフリカは香りと酸味が豊かな傾向が、アジアは苦みとコクが豊かな傾向が、中南米はバランスが良いという傾向があります。

また、焙煎度でいうと、浅煎りほど酸味が豊かで、深煎りになるほど苦みが強くなります。
缶コーヒーには必ずしもこれらの表記があるわけではないですが、目に付いたら気にしてみてもいいでしょう。

選び方5:甘さの好み

缶コーヒーの選び方として、甘さの好みも、大切な基準になります。
ブラックは飲めないけれど、砂糖が入っていたり、ミルクが入っていたりするという方も多いですよね?

そんな方は、先ほどご紹介したように、微糖・低糖と表記されている砂糖を含んだコーヒーを選ぶと良いでしょう。
また、カフェオレ・カフェラテと明記された、缶コーヒーを選ぶのもいいですね。

ただ、微糖や低糖コーヒー、カフェオレ、カフェラテと一言でいっても甘さの程度が変わってきます。
よく分からない、という方は次の缶コーヒーの人気おすすめランキングを参考にしてみてくださいね。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第1位:ドトールコーヒー レアルブラック

缶コーヒーの人気おすすめランキング第1位は、ドトールコーヒーの「レアルブラック」になります。
人気コーヒーチェーンの缶コーヒーが、堂々のランキング1位に入りました。

缶コーヒーのクオリティも、ドトールコーヒーという名に、名前負けしないものです。
香り高い、クリアな苦みのある味わいで、バランスが良く飲みやすいと評判です。

無糖なので、ミルク・砂糖は入っておらず、ブラックコーヒー派の方におすすめです。
苦味がしっかりありながら、すっきりとした味わいは、飲む人を選ばない万人受けする缶コーヒーです。

株式会社ドトールコーヒー
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第2位:タリーズコーヒー バリスタズブラック

缶コーヒーの人気おすすめランキング第2位は、タリーズコーヒーの「バリスタズブラック」になります。
こちらも人気コーヒーチェーンの缶コーヒーが、ランキング2位に入りました。

シアトル生まれのタリーズコーヒーらしい、焙煎が深めの缶コーヒーです。
タリーズの店舗で飲むコーヒーと比べても、遜色なく、深い味わいがあります。

ブラックコーヒーで、焙煎度も深いので、ガツンとブラックコーヒーが飲みたいという場合におすすめです。
キリッとした苦さの楽しめる、非常にアイスコーヒー向けの缶コーヒーです。

タリーズコーヒージャパン
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第3位:ワンダ 金の微糖

缶コーヒーの人気おすすめランキング第3位は、ワンダの金の微糖になります。
微糖コーヒーでは最も有名といってもいい缶コーヒーが、ランキング3位に入りました。

微糖コーヒーですが、しっかりコーヒーの香りと味わいも楽しめると評判の缶コーヒーです。
その質の良い香りと味わいの理由は、ブラジル最高等級高級豆をブレンドしているからなのですね。

甘みがしっかりあり、コーヒーとしても旨いので、コーヒーは好きだけど甘いのが飲みたいという場合におすすめです。
コーヒーの味わいと、砂糖とミルクの甘みが同時に楽しめる缶コーヒーです。

WONDA(ワンダ)
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第4位:ジョージア エメラルドマウンテン ブレンド

缶コーヒーの人気おすすめランキング第4位は、ジョージアの「エメラルドマウンテンブレンド」になります。
缶コーヒー業界の重鎮ともいえるジョージアの缶コーヒーが、ランキング4位に入りました。

ジョージア「エメラルドマウンテンブレンド」ロングヒット商品ですが、日々進化を続けています。
コロンビア最高峰のエメラルドマウンテンをブレンドしたコーヒーは、香りが高く、コーヒー好きには堪りません。

その上ミルクと砂糖もほどよくブレンドされていて飲みやすいので、どんな方にもおすすめです。
さすが長い間愛されている、ジョージアならではといった、飲みやすい缶コーヒーです。

ジョージア
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第5位:神戸居留地 ブラックコーヒー

缶コーヒーの人気おすすめランキング第5位は、富永貿易の「神戸居留地ブラックコーヒー」になります。
まさにこれぞブラックコーヒーというにふさわしい缶コーヒーが、ランキング5位に入りました。

缶コーヒーの缶のビジュアルも、黒地に白文字で統一されていて、王道のブラックコーヒーといった印象を受けます。
味わいもその見た目通り、焙煎による芳ばしさの伴った、ビターな味わいが特徴的です。

苦さが全面に押し出された無糖コーヒーとなっているので、ブラック好きの方に非常におすすめです。
これぞコーヒーの中のコーヒーという、がつんと苦い缶コーヒーです。

富永貿易神戸居留地
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第6位:ボス 贅沢微糖

缶コーヒーの人気おすすめランキング第6位は、ボスの贅沢微糖になります。
渋いおじさんの顔で超有名なボスの缶コーヒーが、ランキング6位に入りました。

ボスのコーヒーらしい豊かな味わいと、ミルクのなめらかさが混ざり合います。
特徴がないのが特徴ともいえる、非常に飲みやすい、バランスのいい味わいです。

クセのないコーヒーに、ミルクと砂糖を加えた微糖コーヒーで、万人におすすめです。
飲む人を選ばないが、コーヒーの旨みとミルクの質感をしっかり味わえる缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第7位:ファイア 挽きたて微糖

缶コーヒーの人気おすすめランキング第7位は、キリンの「ファイア挽きたて微糖」になります。
飲料業界を牽引するキリンビバレッジの缶コーヒーが、ランキング7位に入りました。

「香り高く、後味すっきり」といううたい文句の通り、一口目に、口の中に香りがふわっと広がります。
ただ、後を引くいやらしさがなく、飲み心地はすっきりしていて、後味にもクセがありません。

コーヒーの酸味が感じられないので、酸味系のコーヒーが苦手という方におすすめです。
また、ミルク感が強いので、ブラックコーヒーが苦手な方にも、おすすめできる缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第8位:UCC ブラックコーヒー無糖

缶コーヒーの人気おすすめランキング第8位は、UCCの「ブラックコーヒー無糖」になります。
コーヒーといえばこのメーカー、というUCCの缶コーヒーが、ランキング8位に入りました。

シンプルなブラックコーヒーで、香料も不使用という、純粋なブラックコーヒーです。
薄めに抽出されている印象で、コーヒーっぽさが強くなく、飲みやすくなっています。

味わいはさっぱりしているので、濃いめのコーヒーが苦手という方におすすめです。
長い間愛されている、飲みやすいブラックの缶コーヒーです。

UCC上島珈琲
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第9位:ワンダ モーニングショット

缶コーヒーの人気おすすめランキング第9位は、アサヒの「ワンダ モーニングショット」になります。
CMなどでも有名なアサヒの缶コーヒーが、ランキング9位に入りました。

この「ワンダ モーニングショット」は、朝専用コーヒーとして売り出された缶コーヒーになります。
コーヒーの香りもほのかに感じることができ、そこにミルクと砂糖が加えられ飲みやすく仕上がっています。

ミルクと砂糖も入っていて、コーヒー感も強くないので、どなたにもおすすめです。
朝の通勤時間に一気に飲み干したい、朝専用の缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第10位:神戸居留地 微糖コーヒー

缶コーヒーの人気おすすめランキング第10位は、富永貿易の「神戸居留地 微糖コーヒー」になります。
ブラックコーヒーの評価が高い富永貿易の微糖缶コーヒーが、ランキング10位に入りました。

牛乳100パーセントのミルクと砂糖が含まれ、先ほどのブラックコーヒーとは、対照的な味わいです。
非常にさっぱりした飲み心地が特徴で、飲みやすく仕上がっています。

ミルクと砂糖も加えられているので、さらにさっぱり感があり、コーヒーが苦手な方にもおすすめです。
コーヒー感の強くない、万人が飲みやすいと思えるような缶コーヒーです。

富永貿易神戸居留地
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第11位:ジョージアヨーロピアン 香るブラック

缶コーヒーの人気おすすめランキング第11位は、ジョージアの「ヨーロピアン香るブラック」になります。
ジョージアの大人気のブラック缶コーヒーが、ランキング11位に入りました。

ジョージアからは、他の缶コーヒーも多く出ていますが、こちらの缶コーヒーは特に人気があります。
猿田彦珈琲というコーヒー専門店が監修しているだけあって、その香りは一級品です。

また、ボトルの缶コーヒーなので、一度にコーヒーを飲み切れないという方にもおすすめです。
ジョージアが誇る、香り高いブラックの缶コーヒーです。

ジョージア
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第12位:ボス 無糖ブラック

缶コーヒーの人気おすすめランキング第12位は、ボスの「無糖ブラック」になります。
人気缶コーヒーメーカーの純粋なブラック缶コーヒーが、ランキング12位に入りました。

とにかくシンプルなブラックコーヒーであることが、多くの人から愛されている理由です。
その味わいはもちろん、パッケージも黒で統一されたシンプルなデザインが特徴です。

深煎り、粗挽きで、苦いながらもクリアな味わいで、働くビジネスマンに特におすすめです。
出勤時に、休憩時に、一気に飲めて眠気を覚ませる缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第13位:ジョージア オリジナル

缶コーヒーの人気おすすめランキング第13位は、ジョージアの「オリジナル」になります。
様々な缶コーヒーを出しているジョージアの定番缶コーヒーが、ランキング13位に入りました。

非常に飲みやすく、しかも旨みがあると評判の缶コーヒーの一つです。
飲みやすい味わいのコーヒーに、ミルクと砂糖で甘めに仕上げられています。

缶のサイズが少し大きめですが、飲みやすいので、丁度いいサイズでおすすめです。
長らく愛され続けている理由が分かる、とても飲みやすい缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第14位:タリーズコーヒー バリスタズラテ 無糖カフェラテ

缶コーヒーの人気おすすめランキング第14位は、タリーズコーヒー「バリスタズラテ 無糖カフェラテ」になります。
大手コーヒーチェーンのカフェラテ缶コーヒーが、ランキング14位に入りました。

なんといっても、この缶コーヒーの特徴は、カフェラテなのにキリッと飲みやすいことです。
ミルクが入っていてまろやかになっているのですが、無糖のため、コーヒーの苦みもしっかり感じられます。

ミルクの甘みで十分飲みやすく、ブラックは苦手だけど甘ったるい缶コーヒーは苦手という方におすすめです。
無駄な甘みのない、すっきりまろやかな、カフェラテの缶コーヒーです。

タリーズコーヒー
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第15位:ジョージア カフェオレ

缶コーヒーの人気おすすめランキング第15位は、ジョージアの「カフェオレ」になります。
ジョージアの出すコーヒーの中でもシンプルなカフェオレの缶コーヒーが、ランキング15位に入りました。

ジョージアの「カフェオレ」は、オーソドックスなカフェオレだと評判です。
生乳が22パーセントも含まれていて、ミルクの風味のしっかりあるカフェオレになっています。

一切の無駄がない、昔ながらのカフェオレといった感じで、カフェオレ好きの方におすすめです。
オーソドックスで、シンプルな、カフェオレらしいカフェオレの缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第16位:美山名水 無糖珈琲

缶コーヒーの人気おすすめランキング第16位は、美山名水の「無糖珈琲」になります。
あまり世間では知られていない美山名水というメーカーの缶コーヒーが、ランキング16位に入りました。

美山名水の「無糖珈琲」は、雑味がなく、すっきりと飲みやすい缶コーヒーだと評判です。
厳選されたコーヒー豆を、純粋で抽出しているというこだわりが、キレのある味わいを生んでいます。

缶コーヒーにありがちな嫌な酸味のないクリアな味わいで、コーヒー通にもおすすめです。
ブラックのコクがありながら、キリッとしていて、飲みやすい缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第17位:プレミアムボス ザ ラテ

缶コーヒーの人気おすすめランキング第17位は、ボスの「プレミアムボス ザ ラテ」になります。
缶コーヒー界の大御所であるボスのカフェラテの缶コーヒーが、ランキング17位に入りました。

ノンシュガーラテの中では、かなり質が高く、少し高めの値段設定も納得の味わいです。
しっかりめのコーヒーに、まろやかなミルクが、自然な甘みをプラスしています。

外れのない、どなたも受け入れやすい味わいなので、とりあえずノンシュガーのラテを探している方におすすめです。
缶コーヒーのボスが送る、上質でフレッシュなカフェラテの缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第18位:タリーズ バリスタズ デミタス

缶コーヒーの人気おすすめランキング第18位は、タリーズの「バリスタズ デミタス」になります。
人気コーヒーチェーンタリーズのデミタス缶コーヒーが、ランキング18位に入りました。

濃厚なコーヒーながら、ゴクゴクと飲めてしまうのが、この缶コーヒーの魅力です。
エスプレッソを使用した、濃厚なコーヒーであるデミタスに、ほどよくミルクがブレンドされています。

コーヒー自体クリアで飲みやすいので、濃いめのコーヒーを一気に飲みたいときにおすすめです。
コクがあり濃厚ながらもさらっと飲みやすい、贅沢な缶コーヒーです。

タリーズコーヒー
<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第19位:BOSS レインボーマウンテンブレンド

缶コーヒーの人気おすすめランキング第19位は、BOSS の「レインボーマウンテンブレンド」になります。
ボスが出している、あの虹色のパッケージで有名な缶コーヒーが、ランキング19位に入りました。

「レインボーマウンテンブレンド」の特徴は、しっかり苦みの効いた濃厚な味わいです。
ダブルエスプレッソ仕立てのコーヒーで、ミルクに負けない強いコクがあります。

ミルクと砂糖も入っているので飲みやすく、コーヒー好きの方にはおしなべておすすめです。
苦味と甘さが両立された、濃厚でリッチな缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第20位:BOSS カフェオレ

缶コーヒーの人気おすすめランキング第20位は、BOSSの「カフェオレ」になります。
様々な缶コーヒーをリリースしているBOSSのカフェオレ缶コーヒーが、ランキング20位に入りました。

BOSSの「カフェオレ」は、ブラックコーヒー好きの方にも飲みやすいカフェオレになっています。
カフェオレの中でも、甘すぎない味わいで、軽めの甘さが魅力的です。

185mlのショート缶なので、くどさもなく、全てのコーヒー好きの方におすすめです。
缶コーヒー業界を牽引する、BOSSのカフェオレの缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第21位:キリン ファイア ブラック

缶コーヒーの人気おすすめランキング第21位は、キリンの「ファイア ブラック」になります。
スタイリッシュなデザインがおしゃれなキリンの缶コーヒーが、ランキング21位に入りました。

パケージのクールなイメージそのままの、目の覚めるような味わいが特徴です。
焦がし焼きの製法をウリにしていて、香ばしさを感じるキリっとした苦みがあります。

ブラックコーヒーの中のブラックコーヒーといった味わいで、眠気覚ましにおすすめです。
ブラックコーヒーを求める方にうってつけのブラックの缶コーヒーです。

<下に続く>

缶コーヒーの人気おすすめランキング第22位:ダイドーブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修

缶コーヒーの人気おすすめランキング第22位は、ダイドーブレンドの「BLACK 世界一のバリスタ監修」になります。
ダイドーの人気のブラック缶コーヒーが、ランキング22位に入りました。

様々な缶コーヒーを出しているダイドーの缶コーヒー中でも、この缶コーヒーは群を抜いています。
世界一のバリスタが監修しているとあって、コクと香りが高く、上品な味わいがあります。

ダブルエスプレッソ、高級豆の使用などの特徴もあり、コーヒー好きの方にもおすすめです。
上品なコクと香りを感じる、ダイドーの看板缶コーヒーです。

ダイドードリンコ
<下に続く>

缶コーヒー人気おすすめランキングを参考に缶コーヒーを選ぼう

もしかしたら、缶コーヒーはどれも同じ、というイメージをお持ちの方も多かったかもしれません。
ただ、一言で缶コーヒーといっても、様々な要素があり、それぞれの缶コーヒーに特徴があるのです。

また、それらの要素の組み合わせで、好みの缶コーヒーは変わってくるので、あなたの中のランキングも変わってくるでしょう。
まずは、こちらのランキングを参考に、あなたの好みの缶コーヒーを探してみてはいかがでしょうか?

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line