どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/07/19

ドトールのおすすめテイクアウト/持ち帰りメニュー20選!カップや容器も紹介

ドトールコーヒーは、都市部や郊外にも多くあるコーヒーチェーン店です。
リーズナブルな値段の割に、本格的なコーヒーが味わえるとあって、サラリーマン、若い女性、主婦世代など年代を問わずコーヒーや、スイーツが好きな人に人気のカフェです。

カジュアルな雰囲気なので、コーヒーのみのテイクアウトでも入りやすく、朝早くから夜遅くまで開いているお店が中心です。

Large %e3%83%9b%e3%83%8e%e3%83%ab%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f

ドトールは全メニューテイクアウト/持ち帰りできる?

コーヒーとPC

ドトールは、基本的に全ての商品がテイクアウト/お持ち帰り可能です
コーヒー(ホット、アイス)はもちろん、デザートなどのフード類も全てテイクアウトできます。

朝の時間帯は、特にテイクアウトのみのお客さんが多く、コーヒーと併せて、簡単な朝食もテイクアウトしていくサラリーマンなどもいます。
しかしごく稀にテイクアウトできない商品もあるので、注意が必要です。

<下に続く>

ドトールのおすすめテイクアウト/持ち帰りメニュー11選【ドリンク編】

おしゃれなカフェ

ドトールは、コーヒーの種類がとても充実しています
ブラックコーヒー、エスプレッソ、甘い系のコーヒー、ホットやアイスの選択もでき、カフェインレスや豆乳を使ったコーヒーメニューも常時あり、コーヒー好きな様々なニーズに対応しています。

おすすめメニュー①:ブレンドコーヒー【220円〜】

ドトールのブレンドコーヒーは、どの年代にもおすすめのコーヒーです
味はシンプルですが、ドトールオリジナルのコーヒーで朝の時間帯にはテイクアウトしているサラリーマンの人もたくさんいます。

苦いと感じる人は、砂糖やミルクを加えてもいいですね。
ブレンドコーヒーは1杯220円〜と安く、毎日でも気軽に飲めるコーヒーです。

サイズにはS、M、Lがあります。

おすすめメニュー②:カフェラテ【270円〜】

ドトールのカフェラテは、女性を中心に人気のテイクアウト商品
カフェラテは、エスプレッソコーヒーの中でも飲みやすく、苦すぎず、優しいミルクの味わいもたっぷりです。

寒い冬の日にも、是非テイクアウトしたい商品です。

おすすめメニュー③:ロイヤルミルクティー【300円〜】

ロイヤルミルクティーは、とてもリラックスできるドリンクです
少し甘めのミルクティーに仕上がっているので、勉強や仕事で疲れたときにも癒してくれるテイクアウトドリンク。

スイーツ好きには、ケーキとのテイクアウトもおすすめです。

おすすめメニュー④:宇治抹茶ラテ【360円〜】

ドトールの抹茶ラテは、宇治抹茶を使用した本格的な抹茶が楽しめるラテです
苦すぎないのに、抹茶の味をしっかりと感じることができ、ミルクのコクもバッチリ。

360円からとドトールらしいリーズナブルな値段なので、初めて抹茶ドリンクを飲む人でも気軽に試しやすいテイクアウトのひとつです。

おすすめメニュー⑤:アイスコーヒー【220円〜】

アイスコーヒーはホットコーヒーよりもすっきり感があるので、暑い日にもおすすめのテイクアウトです
少し苦めのアイスコーヒーなので、甘味が足りない人はガムシロップを足してもいいですね。

ガムシロップは、無料でもらえます。

おすすめメニュー⑥:アイスカフェラテ【270円〜】

ドトールのアイスカフェラテは、ホットのカフェラテと同じく女性を中心に、テイクアウトする人が多い商品です。
ホットのカフェラテより苦みが少なく、ミルクがたっぷりと入っていいるので、苦いコーヒーがあまり好きではない人にも是非試してみて欲しいドリンク!

週末や、時間がある人には、たまには店内でゆっくりと飲むのもいいねすね。

おすすめメニュー⑦:ハニーカフェオレ【340円〜】

ハニーカフェオレは、ハチミツを使ったドリンクです。
甘さとカフェオレの苦みが、ほど良くマッチしており、ドトールだけでしか味わえないオリジナルのハニー風味のカフェオレです。

夜に、テイクアウトするのもおすすめです。

おすすめメニュー⑧:豆乳ラテ【310円〜】

ここ数年大手カフェチェーン店のスターバックスなどでも、豆乳を使った商品は人気があります。
ミルクの代わりに豆乳を使っているので、カフェラテより値段は少し高くなってしまいますが、それでもドトールならではのテイクアウトしやすい価格です。

ドトールでは、カフェインレスの豆乳ラテもあります

おすすめメニュー⑨:沖縄黒糖ラテ【360円〜】

ドトールの沖縄産黒糖ラテは、黒糖の良い香りと、深い味わいが特徴です
使われている黒糖のソースには、沖縄の西表島産黒糖を使っており、少し甘みが強めのテイクアウトドリンクです。

また同じく黒糖を使った商品で、沖縄黒糖抹茶ラテもあり、こちらは宇治抹茶と沖縄の西表島産の黒糖が使われたコクと、まろやかさが味わえるラテ風味に仕上がっています。

おすすめメニュー⑩:アメリカンコーヒー【220円〜】

アメリカンコーヒーとは、お湯で薄められたコーヒーのことを意味し、アメリカーノとは異なります。
各お店によって作り方は異なりますが、一般的なコーヒーと比較して苦みが少なく、すっきりとした味わいのコーヒー

そのため夜にコーヒーを飲みたくなったときや、夕方の時間帯に仕事に集中したいときにもおすすめのテイクアウト商品です。

おすすめメニュー⑪:ドトールタピオカミルクティー【450円】

7月25日から、ドトールコーヒーでも大流行中のタピオカドリンクが発売されます
種類は、タピオカロイヤルミルクティー、タピオカ黒糖ミルクの2種類で、どちらも450円です。

タピオカロイヤルミルクティーは、ミルク感たっぷりのタピオカ定番の種類。
タピオカ黒糖ミルクは、ドトールの沖縄黒糖ラテでも使われている、沖縄西表島の黒糖が使われています。

450円とタピオカドリンクとしては、リーズナブルな値段で、テイクアウトカップで提供される予定です。
タピオカドリンクは、女子高生を中心に人気のドリンクなので、ドトールで、7月25日以降にドトールに行く機会があれば、是非試してみて下さい。

<下に続く>

ドトールのおすすめテイクアウト/持ち帰りメニュー9選【フード編】

カフェのイメージ

ドトールコーヒでは、フード、スイーツのテイクアウトメニューもたくさんあります
主に、ケーキ類とミラノサンドと呼ばれるサンドイッチ類があり、朝食、ランチ、スイーツ共にぴったりの大きさです。

朝カフェセットという、ドリンクとセットのお得な朝食メニューもあるので、たまには少し早起きしてカフェでドトールで朝食を食べて、気分を入れ替えてから、出勤するのもいいですね。

おすすめメニュー①:ミルククレープ【380円】

ドトールのミルクレープは、長く愛されているスイーツです
小さめケーキのサイズで食べやすく、しっとり感とふわふわ感がたっぷりのケーキ。

見た目は甘そうに見えますが甘すぎず、テイクアウトして子どものおやつとしても喜ばれることでしょう。
夏限定で、上にマンゴーとパッションソースがトッピングされているミルクレープもあります。

おすすめメニュー②:熊本県産和栗のモンブラン【450円】

モンブランは、見た目も可愛らしくおしゃれなケーキに仕上がっています
ドトールでは熊本県産の和栗を使用しており、和風味のケーキです。

コーヒーや紅茶ともよく合うので、友人や知人の家へ行く際の手土産としてもおすすめです。

おすすめメニュー③:キャラメルタルト【420円】

キャラメルタルトは、カスタードクリーム、ポイップクリームを使用した贅沢なタルトです。
上にトッピングされている、アーモンドがアクセントの隠し味になっており、中にはキャラメルソースも入っています。

甘そうに見えますが意外にも甘さ控えめなので、疲れた日や自分へのご褒美として、仕事帰りにテイクアウトして、食後のデザートとしてもぴったりです。

おすすめメニュー④:ジャーマンドック【220円】

ジャーマンドックは、ドトールのフードメニューの中でもベストセラーの商品
素材にもこだわっており、少しお腹が空いたときや、朝食代わりとしても丁度良いサイズです。

自宅では、なかなか作れないドトールだけの自慢品です。

おすすめメニュー⑤:ミラノサンドビーフパストラミ&生ハム【440円】

ミラノサンドビーフパストラミ&生ハムは、ビーフパストラミと生ハムがサンドされたシンプルな商品です
シンプルで食べやすく、ドトールのコーヒーともよく合います。

おすすめメニュー⑥:ミラノサンド エビマヨ 特製オーロラソース仕立て【440円】

ドトール特製のソースを使用した、ミラノサンドエビマヨ 特製オーロラソース仕立ては、新潟名物の香辛調味料かんずりが隠し味としてさらに旨味を感じることができます。
エビはぷりぷりで、ソースともほど良くマッチしたミラノサンド

少し軽めのランチとしても、おすすめのテイクアウトです。

おすすめメニュー⑦:ミラノサンド照り焼きチキンとタマゴサラダ【420円】

照り焼きチキンとタマゴサラダをサンドしたドトールのミラノサンドは、和風なテイストで、大きめにかっとされたレタスが下に挟まっています。
食べやすいチキンとタマゴは、どの世代にもおすすめのテイクアウト商品です

おすすめメニュー⑧:ツナチェダーチーズ【340円】

ドトールのツナチェダーチーズは、チーズ好きな人なら是非試してほしいテイクアウトのひとつです
温かいホットサンドで、この熱さがさらにチーズのコクと旨味を引き出しています。

テイクアウトする場合は、冷めないうちに食べて下さいね!

おすすめメニュー⑨:チーズトースト【250円】

チーズトーストは、朝にぴったりのテイクアウト商品
厚切りタイプのトーストなので、普段はコンビニで朝食を済ましているという人も、たまには気分を変えてみるのもいいですね。

チーズがトッピングされていない、トーストも販売されています。

<下に続く>

ドトールのおすすめテイクアウト/持ち帰り裏メニュー

コーヒー

裏メニューというよりは、ドトールコーヒーでは、リーズナブルな値段だけではなく、お客さんの細かな要望にも親切に対応しいてくれます。
例として、ドトールで行っているサービスを紹介します。

アイスドリンクの氷の量が調整できる

ドトールコーヒーでは、氷なしのテイクアウトも可能となっています。
自宅まで持ち帰って飲みたいときや、冷たい氷が苦手な人にもおすすめの裏メニューです。

ちなみに氷なしによる追加料などは、発生しません。
希望の方は、注文時に店員さんに伝えて下さい。

カフェラテのミルクの量が調整できる

こちらもあまり知られていないのですが、ドトールではミルクの料も調節できます。
料金は、無料です

カフェラテ以外にも、カフェモカ、カプチーノ、ハニーカフェオレ、ロイヤルミルクティー等、ミルクを使っている商品ならどれでも可能。
特におすすめはロイヤルミルクティーで、ドトールのロイヤルミルクティーは、リピーターも多くミルク感がさらに濃くなります。

また、ミルクを減らすこともできます。

<下に続く>

【ドトールのテイクアウト】コーヒーを持ち帰り時のカップやボトル

カップ コーヒー豆

ドトールコーヒーの、ちょっとした秘密を紹介します。
これを知ることで、さらにドトールが好きになるかもしれません。

テイクアウトカップの秘密

ドトールコーヒーのテイクアウトカップを見てみると、一般的なコーヒーショップのテイクアウトカップとは違いがあるのがわかります。
テイクアウトカップが凹凸になっており、この凹凸があることがで、手に持ったときでも熱く感じにくくなっています

これは紙に特殊な加工がされており、コンビニのセブンイレブンでも同様のテイクアウトカップが採用されています。
スターバックスなどのカフェでは、ホットドリンクを持ったときに熱くならないように、段ボールカバーのスリーブが使われています。

テイクアウトマイボトル

残念ながら、ドトールコーヒーでテイクアウト用のマイボトルを持参しても値引きはありませんが、マイボトルを持参すること自体は可能です
洗って繰り返し使えるので、環境の保護にもなりますし、ドトールでは特に、ボトルの大きさやサイズも決められていません。

ドトールのチャージ式カード

ドトールコーヒーには、プリペイドカードのようなチャージ式のカードがあります
日本全国のドトールコーヒー店及び、同じグループ会社のエクセルシオールカフェでも使うことが可能。

100円ごとに1ポイント貯まり、お得なチャージの日といったサービスもあります。
溜まったポイントは、コーヒー豆、コーヒー、フード、ケーキなど、10ポイントを10円単位として使うことができるので、利用すればする程お得なカードです。

カード一枚で購入ができるので、キャッシュレスにもなります。
カードのチャージは、ドトールの店舗の他、インターネットでもクレジットカードでのチャージができます。

ドトールポイントカードと、コーヒーチケットの終了

ドトールには以前、お得なコーヒーチケットとポイントカードがありましたが、現在は終了しています
便利なポイントカードへと変わっておりますが、コーヒーチケットをまだ持っている人は、利用することができます。

<下に続く>

【ドトールのテイクアウト/持ち帰り】ケーキは単品でも可能

ケーキ

ドトールのケーキは、ひとつ単位からテイクアウトができます
ミルクレープ、モンブランが最も人気のあるケーキの種類で、期間限定のスイーツなども販売されています。

もちろん、ドリンクを注文しなくてもケーキやフードのみのテイクアウトもできるので、ケーキ屋さん代わりとしてもおすすめです。

<下に続く>

ドトールのおすすめテイクアウト/持ち帰りメニュー20選!カップや容器も紹介のまとめ

ドリップコーヒー

ドトールコーヒーは、値段も安く日本にしかないコーヒーチェーン店です。
1人でのリラックスタイムや、出勤前、友人とのティータイムなど様々なシーンで使うことができ、コーヒー以外のドリンクメニューがあるのもいいですね。

またどの店舗でも同じメニューなので、あまりカフェに行かない人でも気軽に入ることのできる雰囲気です。
まだドトールに訪れたことがない人は、是非自宅近くや出かけた際に見かけたら、好きなコーヒーをテイクアウトしてみて下さいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line