どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/08/08

韓国で人気のおすすめカジノ7選!年齢制限、服装、マナー、予算なども

綺羅びやかでゴージャス、それでいて1千万円以上のジャックポットが魅力的なスロットマシーンなどあるカジノ。
実はラスベガスだけではなく、約2時間で行けるお隣さんの韓国にもカジノ施設がたくさんあります。

今回は韓国の人気カジノ店、おすすめを7選ご紹介していきます。
また、年齢制限はあるのか、ドレスコードはどういった服装がいいのか、マナーや予算は、などもご紹介していきます。

Large gambling 602976 640  1

韓国カジノの魅力

韓国飛行機

韓国は日本からかなり近く、飛行機を使えば2時間弱でいけます。
それに、韓国のカジノは日本のパチンコなどとレートが似ており、意外に庶民的なところもポイントです。

軍資金も5万円~10万円ぐらいで、運が良ければ高額当選1千万円以上の獲得も夢ではありません。
しかも、現地の韓国人は入れない外国人専用のカジノがたくさんあります。

そのため、日本人のスタッフもたくさん在住しており、日本語だけでなく複数言語で対応してくれる場所もありコミュニケーションが取りやすいことも特徴です。

韓国観光の夜の遊び場として、ゲームセンター感覚で気軽に遊べるのが韓国カジノの最大の魅力といっても過言ではありません。
ドレスコードもビチっと決めなくてもよく、カジュアルな服装で楽しめることも魅力的です。

<下に続く>

韓国のカジノの歴史

カジノの看板

韓国のカジノは、アジアの中で最も古い歴史を持ちます。
1967年に観光客誘致や外貨取得を目的として、解禁されました。
韓国初のカジノは仁川オリンポスホテルで、翌年にはウォーカーヒルカジノがオープンしました。

カジノ解禁当初は、韓国人も入場可能でしたが、ギャンブル依存症などの社会問題になり、韓国人の入場は禁止されました。
1994年には「観光振興法」改正に伴い、カジノの管轄は警察から移管され、観光事業に組み込まれるようになりました。

また、2012年の「経済自由区域の指定及び運営に関する特別法」の改正により、海外からの投資が集まるように発程。
そして現在、韓国国内では、全部で17箇所のカジノがあり、そのうちソウル周辺エリアに4箇所あります。

<下に続く>

韓国ソウルのカジノはホテルの中にあって高級感あふれる!

カジノの中

ソウル市内のカジノは、ホテルの中にあります。
そのため、施設内は高級感あふれた雰囲気につつまれています。
ホテルに泊まるには、値がはりますが、カジノで遊ぶだけではお金がかかるどころか、場合によっては増やすことだってできますね。

高級な雰囲気を味わいながら、富豪になった気分でゲームを楽しんだり、食事を楽しんだりすることができます。
実際にゲームをしなくても、他の人のゲーム観戦や飲食サービスを受けることで、十分に場の雰囲気を楽しむことができるますよ。

<下に続く>

韓国ソウルのカジノで遊べるゲームは?

カジノゲーム

ソウルのカジノで遊べるゲームはトランプゲーム、ルーレット、スロットの3種類あります。
ソウルのカジノでは、トランプゲームの中でも、ブラックジャック、バカラ、タイサイ、ポーカーなどが遊ぶことができますよ。

初心者におすすめなのが、スロットです。
日本国内にも「パチスロ」がありますが、同じような要領でスロットマシーンで遊ぶことができます。

トランプゲームはそれぞれのゲームのルールを理解していないと楽しむことができませんし、ゲームに負ける確率が高くなってしまいます。
事前にルールを確認しておきましょう。

ルールを把握できなかった場合でも、スタッフが丁寧に教えてくれます。
日本語対応しているカジノもあるので、気軽に訪ねて下さいね。

<下に続く>

【初心者におすすめ】韓国で初心者におすすめのカジノ2選

では、韓国のスポットを見ていきましょう。
韓国には、以下のスポットがあります。

  1. パラダイスシティカジノ・ウォーカーヒル・ソウル
  2. セブンラックカジノ・ミレニアムソウルヒルトン

続いて、それぞれの「スポット」について詳しく見ていきます。

パラダイスシティカジノ・ウォーカーヒル・ソウル

韓国のパラダイスシティカジノ・ウォーカーヒルというのは、1968年に設立され、50年以上も歴史を誇る老舗カジノです。
ETGといった初心者でも視覚的にわかりやすいタッチパネル式の電子テーブルゲームもありかなり進んでいます。

それに、外国人専用となっており、スロットマシンやテーブルゲームなど、一部のスタッフも日本語で説明してくれます。
そのため、韓国語が苦手な初心者の人でもコミュニケーションが取りやすいです。

しかも、ゲームで遊んだ人には食事が無料というサービスがあります。
ドレスコードもラフすぎずカジュアルな服装でOK!

韓国のソウルでもNO1のカジノ施設で、韓国でカジノデビューを考えている日本人にはもってこいの場所です。

パラダイスシティカジノ・ウォーカーヒル・ソウル

セブンラックカジノ・ミレニアムソウルヒルトン

韓国の明洞駅の近くに位置しており、首都ソウルの中心街にあるのがセブンラックカジノ・ミレニアムソウルヒルトンです。
海外の人専用で、日本人のスタッフがたくさんいます。

また、スロットでは、「SIBERIAN STORM」、「多福多財」、「GOOD FORTUNE」といった人気の機種も揃えています。

カジノのスロットは日本のスロットには馴染みのないフリーゲームがあったりどでかい当たりのジャックポットがあったりします。
そのため、日本のスロットとは違った面白さがあります。
勿論ゲーム解説の説明書なども韓国語ではなく、日本語でも説明してくれます。

セブンラックカジノ・ミレニアムソウルヒルトン
<下に続く>

韓国で人気のおすすめのカジノ5選

韓国カジノ楽しむ

では、韓国のスポットを見ていきましょう。
韓国には、以下のスポットがあります。

  1. マジェスターカジノ済洲新羅ホテル
  2. セブンラックカジノ・ソウル江南COEX店
  3. パラダイスカジノ釜山
  4. パラダイスカジノ済州グランド
  5. パラダイスカジノ仁川

続いて、それぞれの「スポット」について詳しく見ていきます。

マジェスターカジノ済洲新羅ホテル

戦略や戦術、ディーラーとの駆け引きが楽しめるテーブルゲームを遊びたいなら韓国のマジェスターカジノがおすすめです。
バカラの数が豊富でその数28テーブル。

その他には、テーブルゲームやブラックジャックが楽しめます。
ミニマムベットも庶民的で、2,500ウォンから遊べます。

また、韓国のマジェスターカジノでは、「RGX-1000シリーズ」といった派手なグラフィックを楽しめるスロットマシンがあります。
外国人専用ですので、入場するにはパスポートが必須です。

カジュアルな格好でも入場できますが、ロングコートやサングラス、大きなカバンなどの服装は禁止になっているので注意しましょう。
韓国の中でも有名なリゾートアイランドである「済州」に位置しています。

マジェスターカジノ済洲新羅ホテル

セブンラックカジノ・ソウル江南COEX店

格式が高く、敷居が高いカジノは苦手という人なら韓国の繁華街江南に位置するセブンラックカジノ・ソウル江南COEX店がおすすめです。
韓国のコエックス店の店内は韓国伝統スタイルといった感じの雰囲気です。

日本で言う銀座でちょっと豪華なところといったイメージで、ドレスコードも厳格ではありません。
短パンやサングラスなどラフすぎないカジュアルな格好であれば気軽に入場できます。

最新スロット機種など含めたものが120台で、テーブルゲームが全部で89台とスロットの数が多めの構成です。
テーブルゲームのベット数は、ミニマムベッドが最低10,000ウォンですので、庶民的です。

ただ、スロット台数の方が多めですので対人より、機械相手のスロットで遊びたい方におすすめ。

セブンラックカジノ・ソウル江南COEX店

パラダイスカジノ釜山

パラダイスカジノ釜山は、韓国にあるベターなビーチリゾートスポットである「海雲台(ヘウンデ)」と言われる場所に位置してます。
ゲーム台数はスロットマシーンが62台、バカラが38台、電子ゲームのETGが31台となっており、その他少数を含めると全部で148台になります。

スロットやETGエリアでは、日本のゲームセンターと似た配置になっています。
日本のゲームセンターなどに慣れている人は比較的気軽に入りやすく遊びやすい雰囲気になっています。

韓国のパラダイスカジノ釜山は、リゾートホテルも楽しめる韓国で有名な観光スポットです。
そのため、ドレスコードは、ビーチサンダルやTシャツなどラフな格好もOKで、基本はカジュアル向け。

しかも、ヘウンデという韓国のビーチリゾートもあるので、オーシャンビューが見渡しながら楽しめるスポットですよ。

パラダイスカジノ釜山

パラダイスカジノ済州グランド

韓国の観光名所済州島。
済州国際空港から車で約5分の好立地な場所にある韓国のカジノがパラダイスカジノ済州グランドです。

韓国の済州グランドで遊べる台数の構成は、バカラが30台、ポーカーが3台、ルーレットが2台、スロットが43台、そして、その他のテーブルゲームが3台という構成になります。
スロットマシンなども日本のスロット店と似たような配列で、スロットやパチンコに慣れている方ならどこか懐かしさを感じます。

また、カジノフロアには「バー21」というバーがあり、アルコールやノンアルコールの飲み物、フードも注文できます。

ちなみにゲームのプレイ中もメニューを頼めます。
プレイの最中にお腹が減ったら普通に腹ごしらえ出来るのは、日本のパチンコと少し違うところです。

5ヶ国語の同時通訳が可能なホールで、日本語ももちろん対応しています。
ドレスコードもTシャツやデニムなどのカジュアルな服装で大丈夫ですので、気軽に楽しめる韓国のカジノ店です。

パラダイスカジノ済州グランド

パラダイスカジノ仁川

ソウルの玄関」仁川空港かリニアモーターカーで3分のところにあります。
空港近くにあるので、フライトまでの時間にカジノを楽しむことができますね。

日本人のスタッフもいるので、何かわからないことがあれば、安心して聞くことができます。
初心者も安心できるカジノですよ。

パラダイスカジノ仁川
<下に続く>

韓国カジノの年齢制限

日本のパチンコでは、18歳以上の人が入場できます。
韓国のカジノだと年齢は違いますが、日本のパチンコの入場年齢と少し似ています。

韓国のカジノだと年齢制限は、19歳未満は入場できません。
しかし、韓国のカジノは19歳から入場できます。

日本のパチンコでは顔パスでいけますが、韓国ではきちんとパスポートでチェックしています。
顔が若いので19歳未満と思われて入店禁止になったり、顔が老けているからいけそう思われたりといった顔認証で入れないということもありません。

19歳以上で年齢に達しており、身分証明するもの(パスポート)やクレジットカードなど持っていれば、韓国のカジノをバンバン楽しめます。

<下に続く>

韓国カジノの予算

カジノと言えば富豪が大金をど派手にごそっと賭けるというイメージが強いですが、実はミニマムベットなどの最小レートもあるので意外に庶民的です。
韓国でカジノをする場合は、予算に合わせて最小レートで楽しむと、日本円で大体5万円~10万円あれば楽しく遊べます。

勝ってもゴソッと入ってくる場合もなくはないので、基本は最小レートで遊ぶ事をおすすめします。
では、韓国のカジノで通用する通貨や、最小レートはどれくらいなのか見ていきましょう。

韓国の通貨

韓国の通貨は、基本はウォンです。
ウォンは、為替の影響でかわることもありますが、日本円に換算すると約10倍~12倍になります。

例えば、「1円=10ウォン-12ウォン」、「10円=100ウォン-120ウォン」となります。
では、韓国のカジノで楽しく遊べる金額である日本円の5万円をウォンに換算して見積もったらどれくらいになるでしょうか?

大体50万ウォン~55万ウォンぐらいになります。
50万ウォン~55万ウォンあれば、熱くなりすぎずほどよく夜のカジノをなら楽しむのなら十分です。

また、韓国のカジノの中には、米ドルや日本円で中国の元なども使用できる場所もあります。

韓国カジノの最小レート

韓国でカジノを楽しむ場合どれくらいお金を持っていけばいいのでしょうか?
お金をあまり賭けられない人は、主に韓国カジノの最小レートを目安にするといいですよ。

韓国では一般的に最低レートがゲームによって決められています。
最小レートは韓国のカジノ事によって違いますが、例えば、3カードポーカーでは30,000ウォンだったり、ルーレットのミニマムベッドで2,500ウォンだったりします。

ベット数はあなたの心と、財布の中身と相談してほどよく選びましょう。

<下に続く>

韓国カジノの服装やドレスコード

韓国のカジノの服装

ドレスやタキシードやスーツのようなフォーマルでピシっとしたドレスコードが求められることも多いカジノ。
韓国カジノの服装ではどういった格好をすればいいのでしょういか?

韓国カジノに入場できる服装を見ていきましょう。

韓国カジノの服装

実は、韓国カジノに入場するときの服装は特に規定はありません。
ただ、コートやサングラス、半ズボンなどは不正をする人が多いため、多くの場所で禁止されています。

基本の服装はラフすぎず、派手すぎず、フォーマルすぎない格好で大丈夫です。
フォーマルすぎると韓国のカジノでは逆におかしく見えます。

「何か勘違いしていないか」などと思われかねません。
ですので、韓国のカジノはカジュアルな服装で大丈夫です。

パンツでは、紺色の動きやすいデニム、トップスでは肌触りのいいポロシャツやTシャツ、ロンT。
少しこじゃれた軽アウターなどで入場すれば問題ありません。

念のため、少しだけお金持ちアピールをして、服装の有名ブランド物を羽織っておくと完璧です。
高級レストランにディナーデートをするイメージです。

場所によっては例外がある

服装の規定は場所によっては例外があります。
上記でご紹介したビーチの近くである韓国の観光スポットである釜山のパラダイスカジノでは、ラフすぎる格好も許される場所もあります。

近所のコンビニに行くような格好といった、ラフすぎるお客さんも見かけます。
ただ五つ星ホテルのような敷居の高いカジノなどは、ラフすぎる格好をすると入場を断られる可能性もあります。

韓国でカジノをする場合、コンビニやスーパーに行くようなラフすぎる格好は出来るだけ控えた方がいいでしょう。
ドレスコードは、恋人とデートする感覚なカジュアルで小奇麗な格好がおすすめです。

<下に続く>

韓国カジノのルールとマナー

日本のパチンコ店などでも最低限マナーやルールがあります。
例えば、日本のパチンコ店のルールでは、止め打ちをしてはいけないとか、ノリ打ち禁止のお店などあります。

韓国のカジノでも最低限のマナーとルール言うものがあるので、詳しく見ていきましょう。

韓国カジノのルールとマナー:撮影がNG

マナーの1つ目は撮影がNGということです。
周りのお客さんへのプライバシーの侵害にもなりますし、最悪不正を疑われます。

不正の1つにグループ同士でサインを言い渡す「通し」というイカサマがあります。
通しはカメラを使えば安易にできるため、そういった不正を防ぐためのマナーです。

近年ではyoutubeなどで旅行の映像や、インスタグラムでアップするために写真やカメラなどを利用する人がいますが、お店の前でも外から撮影することもNGの場合もあります。

撮影したい場合は、事前に許可を取るようにしましょう。
ただ、よほどのことがない限り撮影の許可は得られません。

レストランや入口あたりでは、撮影許可が下りるかもしれません。

韓国カジノのルールとマナー:タバコがNG

韓国のカジノでゲームをする場所であるテーブルでのタバコはNGとなっています。
これも不正防止や周りのお客さんへの配慮といったマナーです。

タバコの煙でテーブルが見にくくゲーム進行に支障をきたす場合があるため、タバコが禁止されています。
タバコは分煙されている場所もあるので、決められた場所で吸いましょう。

分煙がされているという点では、タバコのルールは韓国も日本と同じですね。

韓国カジノのルールとマナー:1度置いたチップを触ることはNG

ゲーム開始時に1度置いたチップを再び触ることはNGです。
こちらは、将棋で言うと「待った」や「やり直し」という行為に似ています。

韓国カジノの場合は1度張った額でゲームを進行しているのに、途中でチップに触れると、いつでも増やしたり減らしたりできるため禁止になっています。
例えば、結果がわかった後でチップを増やしたり減らしたりして不正する人が出てきても不思議はありません。

そのため、1度置いたチップを触ることはNGとなっています。
1度チップを置いたら、ディーラーの1ゲームの終了宣言が出るまで待ちましょう。

ちなみに1ゲームの終了宣言は「ノーモアベット」といった声がかかります。

韓国カジノのルールとマナー:ディーラーに手渡しすることはNG

これは韓国のカジノだけではなく、ほかのカジノもそうですが、ディーラーにチップやお金など手渡しする行為はNGです。
このルールやマナーも、不正防止のためにあります。

例えば、不正防止ではリストバンドに仕込んだチップを出してきたり、袖口付近に仕込んだチップを出してきたりというイカサマが考えられます。
手渡ししないという事は「私は不正をしません」という意思表示ですので、常にテーブルでやり取りをしましょう。

基本的にチップを置く、両替をする、といった動作はテーブルで行われます。

韓国カジノのルールとマナー:迷惑行為はNG

韓国のカジノだけではなく、他人がたくさんいる遊技場や遊び場では当たり前ですが、迷惑行為などはNGです。
負けが込んでいるからと言って隣の人に暴言を吐いたり、暴力を振るったりする行為は当然NGです。

手札の内容をこっそりと教える、ディーラーにいったクレームを言いつける、暴れて物を壊すなど全て禁止行為となります。
もし以上の行為をした場合では、出禁や入場禁止だけに止まらず、最悪賠償請求や逮捕されることもあるので注意しましょう。

韓国カジノのルールとマナー:通貨はウォン。両替所あり

各ゲームで使用するチップと交換できるのは韓国の通貨「ウォン」のみです。
両替所がありますので、円からウォンに換金する必要があります。

レートがよくないので、事前にウォンに換金しておくと良いでしょう。

韓国カジノのルールとマナー:トイレに立つ際はディーラーに声をかけて

ゲームの合間、トイレに行く際はディーラーに一声かけましょう。
何も言わずに席を離れてしまうと、テーブル上のチップをどかされてしまったり、他の人に座られてしまったりするので注意して下さい。

<下に続く>

【初心者におすすめ】韓国カジノでの心得

韓国のカジノ

韓国でカジノを最大限に楽しむには心得が必要です。
韓国だけではなく、ギャンブルでこれだけは守ってくださいという心得を少しご紹介しています。

  1. 掛け金は自分の分を大きく上回らないようにする
  2. 熱くなりすぎず常に冷静沈着でいるようにする
  3. ギャンブルだと基本は勝てないという事を念頭に置いておく

まず初めに、掛け金は自分の分を大きく回らない賭けをしないようにしましょう。
上限金額を超えてギャンブルをするとにっちもさっちもいかなくなってしまいます。

熱くなりすぎず常に冷静沈着で、上限金額を決めて楽しむといいでしょう。
そして、重要なことですが、ギャンブルというのは基本勝てません。

その日勝てば、あなたは運が良かっただけです。
常に勝ち続けることは不可能なゲームですので、韓国だけでなく日本のギャンブルでも引き際が肝心です。

勝って勢いに乗りたくなる気持ちはわかりますが、一度冷静になって剣を鞘に収めましょう。
このお金で何が出来たかなど、常に考えていると辞めやすいですよ。

<下に続く>

韓国ソウルのカジノで、勝ったら両替証明書を発行してもらおう

両替するコイン

日本では、100万円を超えるお金の持ち込み・持ち出しには申告する義務があります。
もしカジノで大勝ちした場合、両替証明書を発行してもらいましょう。

両替証明書をもっておくことで、カジノで所持金が増えていたとしても、申告する必要がなくなります。
両替証明書は、カジノ内の換金所で作成してもらえます。

入手した証明書は帰国後も大事に保管しておきましょう。
万が一の際に、必要になることがあります。

<下に続く>

【初心者必見!】大富豪じゃなくても楽しめる?韓国で人気のおすすめカジノ6選のまとめ!

カジノ施設内

韓国のカジノはほとんどがリゾート地にあり、賭け額も意外に庶民的ですので普通に働いている人であれば、大富豪じゃなくても楽しく遊べます。
スロット機種においては、ジャックポットの対応のベット数もあるので、ほどよく楽しむのなら5万円~10万円で韓国旅行の夜は十分に楽しめます。

初心者は特に注意しなければいけないのがルールです。
韓国でカジノをする場合でも、きちんとしたマナーやルールがあります。

韓国のカジノでは、上記でご紹介したドレスコードや、ホールでやってはいけない行為などしないように注意しましょう。
また、韓国カジノでの心得もしっかりと守ってください。

使う金額を決めておいたり、常に熱くなりすぎず冷静に判断して賭けすぎないように注意しましょう。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line