どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/08/28

金閣寺の紅葉の見ごろと見どころは?【おすすめの周辺神社/寺8選も】

金閣寺の紅葉は、京都でも人気のスポットです。
国内外から観光客も多く訪れる、金閣寺の紅葉の見どころや見頃についてご紹介します。

金閣寺周辺には紅葉の美しい神社やお寺も多く、周辺の神社やお寺も一緒に散策するといいでしょう。
紅葉の散策のポイントや時間帯など、詳しい楽しみ方もご紹介していきます。

たっぷりと金閣寺で紅葉を満喫するために、事前にいろいろ知っておくと役立ちますよ。

Large japan 4163792 960 720

金閣寺の紅葉の見どころと見頃

金閣寺は、世界遺産として京都を代表する観光スポットです。
一年中、国内外から沢山の観光客が訪れていて、秋の紅葉シーズンも人気です。

金閣寺の金色に輝く建物とそれが池に映る様子、そして紅葉が味わえるのは贅沢ですよ。
そんな人気の金閣寺の紅葉について、見どころと見頃を詳しくご紹介していきます。

金閣寺とは?

まず、金閣寺について少し詳しくご紹介します。
金閣寺は、足利義満によって建てられた、室町時代後期の北山文化の象徴的な建物で、その美しさが魅力です。

三層の楼閣の上の二層に金箔をはっています。
大きな鏡湖池に、その金色の姿が映し出される様子は、とても見事です。

以前は、衣笠山を借景にしていましたが、今では多くの木々が取り囲むように成長しています。
また、金閣寺の魅力は、舎利殿だけでなく、鏡湖池に石で造られた多くの島々です。

それぞれの島に名前が付いているのも特徴的ですよ。
金閣寺は、庭園も魅力がありますので、ゆっくりと周って見逃さないようにするといいでしょう。

金閣寺

金閣寺の紅葉の見どころとは?

庭園も美しい金閣寺ということで、紅葉も魅力的です。
参道から紅葉が出迎えてくれますので、ゆっくりと見ながら見学するといいでしょう。

総門の鐘楼付近も紅葉が美しく散策におすすめです。
金閣寺では、松の木が多く、全体は紅葉しませんが、赤く色づいた大きなもみじやカエデなどが、鏡湖池に映し出される様子は、何とも言えないでしょう。**

また、鏡湖池に金閣が映りこむ「逆さ金閣」を楽しむ人が沢山です。
金閣寺と紅葉の組み合わせも、とても世界遺産らしい美しい姿ですよ。

手前に紅葉を入れながらの写真などを撮るのがおすすめです。
さらに、鏡湖池の周囲を散策してみると、池の周りに紅葉した木々の美しさも感じられるでしょう。

上に登った所にある茶室「夕佳亭」から見る紅葉もおすすめで、金閣寺の後ろからの紅葉スポットが美しいですよ。
散策最後のフォトスポットとして楽しめます。

金閣寺の紅葉の見ごろはいつ?

洛西に位置する金閣寺は、割と暖かく、11月中旬~12月上旬が紅葉の見ごろです。
最も見ごろは、11月20日頃から12月1週目までと言われています。

洛北に比べると遅いので、ゆっくりと鑑賞してみるといいでしょう。
ただ、毎年、気候によって多少見頃が変わりますので、紅葉の時期をしっかりチェックするといいでしょう。

金閣寺紅葉のライトアップはいつ?

金閣寺の紅葉は、残念ながらライトアップはされていません。
開園が1年を通して17:00までですので、夜の紅葉はあまり見ることができないでしょう。

近くの北野天満宮は、11月中旬~12月上旬にライトアップが予定されたりしますので、予定をチェックして出かけてみるとおすすめです。

<下に続く>

金閣寺周辺の紅葉がおすすめなスポット8選!【神社/寺】

金閣寺周辺の洛西には、紅葉におすすめの神社やお寺が沢山集まっているのも魅力です。
これらを紅葉シーズンは周ってみるのも京都の紅葉の素敵な楽しみ方と言えますよ。

有名な歴史のある神社やお寺がいっぱいです。
見事な庭園が紅葉でさらに美しさを増す姿を見てみるといいですよ。

金閣寺周辺のライトアップが美しい神社/北野天満宮

梅の時期に有名な北野天満宮ですが、秋にはもみじ苑が10月下旬~12月上旬まで公開され、人気です。
11月中旬~12月上旬がもみじの見頃で、ライトアップがこの頃に行われるのも好評ですよ。

境内西側に紙屋川が流れていて、約350本のもみじが続いています。
散歩できるようになっていて、ライトアップされると絶景ですよ。

朱塗りの橋との景色も美しい神社です。

北野天満宮

金閣寺周辺の紅葉が美しい寺/龍安寺

石庭で有名な龍安寺も金閣寺周辺の紅葉スポットとしておすすめです。
特に庫裏(くり)の石段の両脇に大きなモミジがあって、美しい紅葉のトンネルとなります。

また、鏡容池の周りも美しい紅葉スポットです。
11月下旬~12月上旬が紅葉の見頃です。

龍安寺

金閣寺周辺の紅葉が美しい寺/等持院

穴場的な紅葉スポットと言えるのが等持院です。
混雑する時期も、落ち着いて紅葉狩りができておすすめですよ。

等持院の印象的な表門前が、モミジが美しいフォトスポットです。
また、夢窓国師作として知られる庭園も有名で、心字池の紅葉もとても美しいですよ。

11月中旬~12月上旬に紅葉の見頃を迎えます。

等持院

金閣寺周辺の紅葉が美しい寺/仁和寺

広大な境内が特徴の仁和寺です。
中門から金堂までのまっすぐな道がモミジの道となっていて、紅葉時におすすめのお寺です。

重要文化財の「五重塔」と真っ赤なモミジも素敵な紅葉撮影スポットでしょう。
11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。

仁和寺

金閣寺周辺の紅葉が早い寺/神護寺

金閣寺北西の高尾山の懐にある神護寺は、最も早い時期に、京都で紅葉が見られるお寺です。
真言密教の古い歴史のある神社となっていて、樹齢500年以上にもなるタカオカエデと言われるイロハモミジの大きな木が沢山あります。

山門や石段の紅葉が美しくて人気です。
近くに清滝川が流れ、散歩道もあり、そちらでも紅葉を楽しむことができますよ。

見頃は、11月上旬~11月下旬と早く見たい人にはおすすめです。
金閣寺の紅葉がまだな場合は、神護寺に出掛けてみるといいでしょう。

神護寺

金閣寺周辺の紅葉が美しい神社/今宮神社

金閣寺より北東にある今宮神社の紅葉も人気です。
東門に、大きなモミジの木が左右にあり、楽しませてくれますよ。

また、東門の近くには、名物あぶり餅のお店が向かい合っていて、紅葉を見ながら食べるのも風情があるでしょう。
境内には、各所に紅葉が楽しめる場所があり、フォトスポットを探しながら散策してみるといいでしょう。

11月中旬~12月上旬が紅葉の見頃です。

今宮神社

金閣寺周辺の紅葉が美しい寺/光悦寺

金閣寺の北に位置する光悦寺も紅葉が美しくておすすめです。
この一帯の鷹峰は、紅葉で人気のエリアとなっていますので、出かけてみるといいですよ。

江戸時代初期の文化人、本阿弥光悦が草庵を造った後にお寺になっています。
本阿弥庵や徳友庵といった茶室から、鷹峰三山の紅葉を見ることができます。

また、境内の参道も紅葉で燃えるようなトンネルになって人気です。
竹を斜めに組んだ「光悦垣」も風情がありますよ。

11月中旬~12月上旬が紅葉の予定です。

光悦寺

金閣寺周辺の紅葉が美しい寺/高桐院

金閣寺の東にある塔頭の「高桐院」も、紅葉のおすすめスポットです。
「大徳寺」の境内の西側にある塔頭となっていて、山門の先まで歩いていくと、真っ赤な紅葉が見事です。

無料で鑑賞できますので、おすすめですよ。
まっすぐな細い参道の両脇に、散ってしまった落ち葉の散り紅葉も神秘的な美しさです。

有料の境内庭園も客殿南庭に敷き紅葉となって、一面に美しく彩られた様子は一度見ておきたいものです。
台風の倒木被害などのため、2017年より拝観休止中で、2019年秋まで拝観休止です。

2019年の紅葉を見ることができるかもしれません。
チェックしてみるといいでしょう。

高桐院
<下に続く>

金閣寺紅葉の散策ポイント

金閣寺の紅葉は、周辺の神社やお寺と散策するのがおすすめと言えます。
紅葉が美しいスポットが沢山ですので、一緒に周ってみるといいでしょう。

おすすめのコースと効率的な周り方についても詳しくご紹介します。

金閣寺の紅葉のおすすめコースとは?

金閣寺紅葉は、11月中旬~12月上旬が見頃で、周辺の神社やお寺も同時期に見頃を迎える所が沢山です。
ぜひ、一緒に周ってみましょう。

周辺の神社・寺を一緒に周るためのおすすめコースもご紹介します。
まず、金閣寺西側の仁和寺から龍安寺、金閣寺を周るコースがおすすめです。

歩くと50分程度のコースです。
短時間で3つの有名なお寺の紅葉が見れておすすめですよ。

金閣寺から東南の北野天満宮へ行くコースもいいでしょう。
歩いて30分程度で行け、北野天満宮のもみじのライトアップも見れたら最高です。

金閣寺から北東の今宮神社へ行くコースも徒歩40分弱で行けます。
高桐院も見ることができたら周ってみたいでしょう。

金閣寺紅葉は早朝からの行動がおすすめ!

正式には、「鹿苑寺」と言う金閣寺ですが、紅葉時期には一番混雑します。
できれば平日に周るのがおすすめで、混み合っている人気の金閣寺を初めに周るといいでしょう。

できれば早朝から見ると比較的空いていておすすめです。
拝観時間は9:00~17:00ですので、9:00前に着くようにしましょう。

それでも沢山の行列となります。
金閣寺の拝観の平均的な所要時間は、50分から90分程度かかりますので、ゆっくりと時間を取って周ってみましょう。

紅葉シーズンには世界中から観光客が!混雑を避けるには?!

金閣寺の紅葉シーズンの混雑を避けるには他にも方法があるかを見ていきます。
金閣寺の紅葉が混み合うピークは、11:00~13:00です。

特に休日はとても混雑します。
どこかと一緒に周る場合は金閣寺は特にピークの時間帯を避けるのがコツです。

そして、混雑を避けるには、11月上旬の紅葉の初めの時期に訪れるのもいいでしょう。
平日や小雨程度の日に出掛けると少なくてゆっくり見られますよ。

レンタサイクルで周るのもおすすめ

金閣寺周辺の神社やお寺も一緒に周るならば、レンタサイクルで周るのもおすすめです。
混雑しますので、レンタサイクルが便利ですよ。

ただ、現在京都駅や四条烏丸などから借りる方法になりますので、体力が必要です。
金閣寺までは約8kmあり、40分から1時間かかります。

また、電動自転車を借りると30分程度で行けて楽に走れますよ。
紅葉時期の渋滞に合わないので、あちこちと周りたい時に時間のロスがなく周れるのがメリットです。
体力がある人や乗り慣れている人にはおすすめです。

「京都ECOトリップ」などで1日800円~、電動自転車で1,800円程度となります。
また、レンタサイクルショップで自転車用の観光地図をくれたりして便利ですよ。

人力車で周ることも可能?

京都らしいと言えば、人力車で紅葉を見て周ることも可能なのかも気になります。
金閣寺からは出ていませんので、嵐山や東山発になり、周辺の神社・寺を見て回るにはおすすめです。

金閣寺とは距離が離れていますので、人力車で周るのは難しいかもしれませんね。

観光タクシーもおすすめ

観光タクシーは、ベテランドライバーが混雑を避けて周ってくれますのでおすすめです。
貸切観光ツアーなどに申し込んでおくといいでしょう。

3時間コースは、金閣寺~龍安寺~北野天満宮や金閣寺~龍安寺~仁和寺を周ることができて6,000円からです。
紅葉情報なども教えてくれるのがいいでしょう。

京都駅や京都市内の宿泊ホテルから出発してくれるのも、嬉しいですよ。

金閣寺紅葉でのおすすめの服装とは?

金閣寺に紅葉を見に行く際の服装ですが、11月中旬~12月上旬の京都ですので、防寒対策も必要です。
寒暖差が大きく、脱ぎ着できる、冬用のアウターを持って出かけるといいでしょう。

マフラーやストールで調整してもおすすめです。
混雑していて行列することも多くありますので、寒さ対策はしっかりして行きましょう。

夜のライトアップに行く場合は、しっかり着こんで、暗いのでライトを持参するのもおすすめです。

<下に続く>

金閣寺のアクセス方法や周辺駐車場は

金閣寺へのアクセス方法についても気になりますよね。
車で行く場合は周辺駐車場もどのくらいあるのかを知っておくといいでしょう。

どの交通機関を使ったらいいのか、また、車で行っても大丈夫なのかについてもご紹介します。

京都駅からバスで行く方法

金閣寺への京都駅からのアクセスは、バスでアクセスすると直行できるのでおすすめです。
バスの場合、JR京都駅から、市バス101系統、205系統で「金閣寺道」下車し、徒歩5分で行け、混まなければ35分程度で着きます。

土日祝日に京都駅~金閣寺間を運行する「金閣寺ループバス」も走っていますが、紅葉時は、混雑が予想され、バスは渋滞することが多いので、気を付けましょう。

早く行きたいならば、京都駅から電車や地下鉄を利用してバスに乗り換えるのがおすすめです。
JR嵯峨野線で「円町」で下車し、市バスに乗り換えると30分ちょっとで早く着きます。

ただし、電車の時間をチェックしておくようにしましょう。
また、京都市営地下鉄烏丸線で「北大路駅」で下車し、市バスに乗り換える方法も渋滞には巻き込まれず50分程度で着きますのでおすすめです。

周辺駐車場は

まず、金閣寺の駐車場は第4駐車場まであり、250台の駐車スペースがあります。
しかし、それでも紅葉時は、平日でも満車になります。

周辺駐車場も収容台数が少ないコインパーキングです。
龍安寺や仁和寺などの他のお寺の駐車場にとめるのも空いていればおすすめでしょう。

ただ、渋滞しますし、交通ルールも難しいため、できればバスなどの公共機関を使うのがいい方法です。

<下に続く>

金閣寺の紅葉は周辺神社・寺と散策を楽しんで

金閣寺の紅葉の見どころと見頃についてご紹介しました。
金閣寺周辺には、多くの紅葉の美しい神社やお寺があります。

それらと一緒に散策すると紅葉三昧ができておすすめです。
金閣寺に早朝に出掛け、そこからあちこちと見て周ると京都らしい紅葉がたっぷり楽しめるでしょう。

ただし、混みあいますので、対策を考えて楽しんでみるといいですね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line