どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/10/09

天神で人気のおすすめ餃子店15選!食べ放題や有名店など!

九州博多の繁華街といえば中洲の屋台街です。
その中州に並ぶのが、那珂川を挟んで中洲の西対岸にある「天神」地区です。

天神地区で特に人気なのが餃子。
博多名物の鉄鍋餃子、一口餃子をはじめとした餃子の激戦区になっています。

今回は天神の中でも特に地元で人気があるおいしい餃子のお店をご紹介していきます。

Large hakata bay 2873774 640

天神で人気のおすすめ餃子店15選

では、天神で人気の餃子のお店をみていきましょう。
天神には以下の人気餃子店があります。

  1. 鉄なべ 中洲本店
  2. 雷餃子
  3. 餃子のテムジン 大名店
  4. とら 博多鉄鍋
  5. あご出汁餃子・ゆでタン さんじ
  6. 旭軒 春吉店
  7. 博多餃子舎603 今泉店
  8. 博多一口餃子 アッカン
  9. 鳥邸(とりてい)天神本店
  10. 炊き餃子 池田屋
  11. 忠助(天神屋台)
  12. 博多っ子純情屋台喜柳(天神屋台)
  13. 餃子屋弐ノ弐大名店
  14. 浪花ひとくち餃子 チャオチャオ 天満宮横丁店
  15. 創作チャイニーズレストランバー HAKATA ONO

鉄なべ 中洲本店【天神の元祖鉄鍋餃子】

鉄なべの中洲本店は中洲とはいいながらも、那珂川の西岸天神よりにあります。
元は屋台で始まり、食事というよりおつまみとして出していたため、冷めにくい鉄鍋に餃子を乗せて出したのがはじまりだといいます。

その歴史は屋台時代から数えれば半世紀以上。
元祖故にシンプルで、シンプルであるが故にそのおいしさがはっきりわかるのが天神の鉄なべの餃子の特徴。

餃子だけでなく福岡名産のごまさばや、九州の伝統食馬刺しなども味わえます。

鉄なべ 中洲本店

雷餃子【天神で焼酎にこだわる餃子店】

雷餃子の餃子は、両端を閉じず長方形をした中国の鍋貼、日本で言う棒餃子に近い形状であること。
餃子が手作りであるのはもちろん、ラー油まで自家製という本格派です。

焼き餃子の他に水餃子や、博多ラーメンを焼きそば状にした「焼きラーメン」なども名物です。
また、天神でも焼酎にもこだわりがあるお店で、焼酎辞典のような焼酎メニューはむしろどれを選べばいいのかわからなくなるレベル。

平日でも即満席となる人気店なので予約をしておいたほうが無難です。

雷餃子

餃子のテムジン 大名店【野菜と牛肉のあっさり餃子】

昭和38年創業、鉄なべとならび天神で半世紀以上の歴史を持つ餃子の老舗です。
テムジンの餃子は餡に豚肉ではなく牛肉を使い、肉は3割野菜7割というあっさり味が特徴。

一口サイズで食べやすく、あっさり味なので飽きがこない餃子。
手作りの柚子胡椒入りのたれで何十個も食べられてしまいます。

そのため、天神のテムジンには餃子番付があります。
60個以上食べると前頭、そして150個以上食べると横綱の称号が与えられます(たくさん食べても無料になるわけではありません)。

餃子のテムジン 大名店

とら 博多鉄鍋【超薄皮パリパリ餃子】

天神の老舗鉄なべやテムジンとは逆に、2018年オープンの新しい餃子居酒屋です。
開け放たれて簡素なテーブルと丸椅子が並ぶ様子は店舗といいつつ屋台の雰囲気も味わえます。

このお店の餃子は超薄皮のパリパリ餃子
餃子の皮は薄くてサクサクしているのが好きという人にはこちらがおすすめです。

真っ赤なスープで餃子を煮たオリジナルメニュー「激辛 鉄鍋餃子」も人気。
他に、A4ランク黒毛和牛を使ったスペシャルなメンチカツも食べられます。

とら 博多鉄鍋

あご出汁餃子・ゆでタン さんじ【オンリーワンのあご出汁餃子】

こちらも天神に2018年にオープンした新しい餃子のお店。
あごというのはトビウオのこと。

うどんや鍋にあごの出汁を使うのは福岡の伝統です。
そのあご出汁を皮の中に閉じ込めたあご出汁餃子を食べられるのがこのお店。

一口かじればまるで小籠包のようにあごの出汁が飛び出ます。
そのあご出汁でじっくり柔らかく煮たタンも名物です。

餃子という外来食文化を博多の伝統を駆使して天神の中でもオンリーワンの博多の味に仕上げたこのお店には一度行ってみる価値があります。

あご出汁餃子・ゆでタン さんじ

旭軒 春吉店【カリカリおいしいひとくち餃子】

天神の中心からは少し離れ、那珂川近くにある餃子のお店。
天神の駅からは遠いにもかかわらず客足が途絶えない人気店です。

おかみさんが一つ一つ手で包む一口餃子はパリパリというよりカリカリ。
なぜか添えられたキャベツの千切りが、ミスマッチと思いきや箸休めにぴったりです。

スナックのように何個でも食べられるこの餃子、最高記録で275個食べた人がいるとか。
おいしさのあまり知らぬ間に記録更新してしまうかも?

醤油のたれが染み込んだ手羽先もおすすめです。

旭軒 春吉店

博多餃子舎603 今泉店【地産地消にこだわる博多っ子餃子】

このお店の名物「博多純情ひとくち餃子」は、店主がある老舗の餃子店の職人さんにお願いした末に秘伝を伝えられて完成したものだとか。
餡には福岡県糸島市産のブランド豚「いきさん豚」を使い、野菜も地元産と、天神でも特に地産地消にこだわる餃子店です。

丸い鉄鍋に詰め込まれ、じっくり焼き上げられた餃子はまさに王道博多鉄鍋餃子。
博多純情ひとくち餃子の他、モツ鍋、赤身馬刺しなども入った飲み放題付きコースも用意されています。

博多餃子舎603 今泉店

博多一口餃子 アッカン【肉汁あふれる牛肉餃子】

国体通り沿い、天神の西の端にある餃子店です。
肉は牛肉100%で野菜もたっぷり、皮は手作りで味わい深い餃子です。

天神の餃子店の中ではちょっと高めの10個450円という値段設定。
でもそのおいしさにはあらがえず、ついつい数十個注文してしまうという人も珍しくはありません。

さらに人気なのが、モツと牛タンまで入った「超肉餃子」
層をなす肉の旨味があふれる餃子は、値段度外視で食べるのが止まらなくなってしまいます。

博多一口餃子 アッカン

鳥邸(とりてい)天神本店【天神で心ゆくまで餃子食べ放題】

とにかくおいしいものが多い博多でも、天神は特においしいお店が集まる地区。
鳥邸は博多の名物料理の一つである鶏料理の専門店です。

といいつつ、鳥邸には餃子激戦区の天神でもあまりない餃子食べ放題コースがあります。
プレーン餃子、おろしネギポン酢餃子、塩ねぎダレ餃子、油淋ソース餃子、チーズソース餃子の5種類の餃子が、1480円(税別)で食べ放題

これは天神でもかなりお得なお値段。
博多の餃子を食べられるだけ食べたいという人にはおすすめ。

さらに1000円プラスすれば2時間飲み放題もつきます。

鳥邸(とりてい)天神本店

炊き餃子 池田屋【もっちり皮の鶏肉餃子】

天神の西側、福岡城近くの餃子店です。
本店は天神より離れた位置にあり、大名のこのお店は2005年に築100年以上の古民家を改装した天神店として開かれました。

「炊き餃子」というのは、鶏ガラと豚骨スープで手作り餃子を煮て食べる餃子鍋
博多名物の鶏の水炊きと豚骨ラーメンの伝統があればこそできた博多ならではの餃子だと思います。

スープで炊いて食べる餃子は煮崩れしないもちもちの皮。
餡も鶏肉で、鶏肉餡の中にさらに炭火焼き地鶏が入っているという念の入れようです。

天神でおいしい鶏肉餃子を食べたかったらこのお店にどうぞ。

炊き餃子 池田屋

忠助(天神屋台)【注文してから包む餃子】

博多といえば屋台文化の街。
中洲と対岸の天神にも屋台の名店が出ています。

そんな天神屋台の一つ忠助の餃子は、注文が入ってから包んで焼くスタイル。
一杯飲みながら目の前で注文した餃子が包まれていく様子を見ることができます。

技があり自信があるからこそ、作り置きではなくその場で包むという手間をかけているのでしょうね。
柚子胡椒で食べるおでんや、なかなか食べる機会がない黒毛和牛のホルモンやニラレバなども人気メニューです。

忠助(天神屋台)

博多っ子純情屋台喜柳(天神屋台)【天神でしか食べられないモチモチ餃子】

もう一つ天神に出ている人気屋台をご紹介。
天神に並ぶ屋台の中でも随一と言っていい豊富なメニューが用意されています。

そんな中でも一番人気なのが、この屋台オリジナルの「モチモチ餃子」
形は餃子というより博多銘菓の梅ヶ枝餅です。

それもそのはず皮は梅が枝餅の生地を使い、梅が枝餅の型で焼くという餃子というよりかなり梅が枝餅寄りの餃子です。
名前の通りモチモチ食感の不思議な餃子を食べられるのは、天神のこの屋台だけ!

博多っ子純情屋台喜柳(天神屋台)

餃子屋弐ノ弐 大名店【熊本から進出して人気店に】

餃子の激戦区である天神にあるのは地元発祥の博多餃子のお店だけではありません。
餃子屋弐ノ弐は、福岡県の隣熊本県から進出してきた餃子専門店

現在では天神を中心に博多市内に数店展開しています。
餃子屋弐ノ弐の餃子は薄皮パリパリで肉汁があふれる一口餃子

博多っ子の好みに合ったのか、今では行列ができる人気店です。
県外からの出店ながら天神で受け入れられ人気店になったのは、それだけ味のレベルが高いという証拠でもあるでしょうね。

餃子屋弐ノ弐 大名店

浪花ひとくち餃子 チャオチャオ 天満宮横丁店【天神でも受け入れられた浪花餃子】

県外から天神に進出した人気店をもう一店。
浪花ひとくち餃子は大阪の梅田に本店をもつ餃子専門店です。

チャオチャオの看板メニュー「チャオチャオ餃子」は、一口サイズの棒餃子が横につながったスタイル。
他にもチーズ餃子やアスパラガスがまる一本入ったロング棒餃子など大阪らしいユニークなオリジナルメニューが多数用意されています。

天神にも3店舗を展開し、その中でも特に人気なのが天満宮横丁店。
天神で人気=それだけでうまいという証明だとも言えます。

浪花ひとくち餃子 チャオチャオ 天満宮横丁店

創作チャイニーズレストランバー HAKATA ONO【オリジナル餃子が天神餃子総選挙で優勝】

このお店のこだわりは、地元産食材を生かした中華料理
シェフは北海道出身で、横浜、東京の中華料理店で修行をした後、福岡に移って腕を見込まれ料理長になったという人物です。

かなり本格的ながらリーズナブルに食べられるということで、開店以来天神の人気店に。
福岡産野菜にこだわった中華はヘルシーで女性ファンも多いです。

さてこのお店の餃子「国勝餃子」は、博多一口餃子とは正反対の大きめでぼってりとしたモチモチ皮。
ところがこの国勝餃子、天神餃子総選挙で優勝したという逸品。

あえて博多スタンダードの餃子スタイルを外しながらも、餃子の味にうるさい天神で優勝してしまったスペシャルな餃子はこのお店でしか食べられません。

創作チャイニーズレストランバー HAKATA ONO
<下に続く>

天神で人気のおすすめ餃子店まとめ

最近では東京進出も目立つ博多グルメ。
特に博多の一口餃子は密かなブームとも言えるほどです。

その本場である天神では、鉄鍋餃子だけではなく、炊き餃子やモチモチ餃子などそこでしか食べられないオンリーワンの餃子も人気。
そこには一つの形に拘らない博多っ子たちのおおらかさも見えてきます。

グルメタウン福岡の中心・天神で、数々の個性的な餃子を食べ歩いてみるのも楽しいですよ。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line