どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2018/12/30

USJはどんな服装で行く?スカートはあり?春夏秋冬別コーデや持ち物

毎年多くの人がUSJに訪れますが、どのような服装で行けばいいのか悩みますよね。
季節によって服装は異なりますし、快適な服装でUSJを楽しみたいところです。

今回はUSJに行くときの、季節別の服装や持ち物についてご紹介します。

Large %e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%901

USJに行く時の基本的な服装

USJに行く時の服装

USJに行く時の服装は、目的に合わせたコーディネートをしましょう。
例えばアトラクションに乗る場合は、なるべくパンツスタイルが良いでしょう。

スカートやワンピースだと、アトラクションに乗っている間に服装の乱れが気になって、十分に楽しめなくなってしまう可能性があるからです。
一方USJでショッピングや食事を楽しむ場合は、スカートやワンピースなどの服装でも問題ありませんね。

たくさん歩いたり動いたりすることになるので、体温調節をしやすい服装でUSJに行くことをおすすめします。

USJに行く時の靴

USJへ行く時に、高めのヒールを履いていくのは止めましょう。
ヒールは女性らしさを格段に上げてくれるので、履いていきたいという気持ちもわかりますが、長時間歩くUSJではすぐに疲れてしまう事でしょう。

なので、USJに行く時の靴としておすすめなのはスニーカーです。
また普段履き慣れた靴を選ぶとさらに良いでしょう。

USJに行く時のカバン

USJへ行く時のカバンは、リュックやショルダーバッグがおすすめです。
リュックやショルダーバッグであれば両手が空くので、USJの食べ歩きなどにも便利ですよ。

またスマホで写真を撮る際の邪魔になりません。
両手が空いているというだけで出来ることが格段に増えるので、リュックやショルダーバッグを使いましょう。

このことからUSJへ行く時は、動きやすさと利便性を考えて服装をコーディネートしていきましょうね。

<下に続く>

季節別!USJのおすすめ服装

春におすすめのUSJの服装

春のUSJには体温調節がしやすい服装で行くことをおすすめします。
春になったとはいえ、昼の気温と朝晩の気温とでは差があります。

あたたかい昼の気温に合わせて服装を選んだ場合、夕方になる頃には体が冷え切ってしまうことでしょう。
USJは夜になるとアトラクションや建物がライトアップされ、夜にしかしか見ることが出来ない、幻想的な街並みを見ることが出来ます。

このことから日が暮れてもUSJで遊ぶときは、体温調節しやすい服装を選ぶと良いですよ。
特におすすめなのが、カーディガンやストールなどです。

どちらも使わない時はカバンに入れたり、カーディガンなら腰に巻いてコーディネートのひとつとして取り入れたりと、荷物になりにくいのでおすすめです。
春らしいパステルカラーのものを取り入れるとおしゃれ度がアップしますし、写真が華やかになる事でしょう。

せっかくのUSJですし、気温差に身を震わせて楽しむことが出来ない、なんて起きないようにしたいですね。

夏におすすめのUSJの服装

夏のUSJとはいえ、春と同じく上に1枚羽織ることが出来る服装で行きましょう。
「夏だから夜になってもあまり冷えないし、服装なら半そで半ズボンで行けばいいや」と考えがちですが、人によって室内は冷房が効きすぎているという場合もあります。

冷房の効いた室内から、太陽がさんさんと照らす屋外へ急に出ると、疲れがたまりやすくなります。
それを防ぐために、室内ではカーディガンを一枚羽織るような服装がおすすめですよ。

たとえば白のトップスに、有彩色のカーディガンという服装であれば、まとまりのある色のコーディネートになりますし、肩にかけるだけでおしゃれさが増しますよ。
おしゃれな上に室内の冷房から身を守ることが出来るので、カーディガンを一枚持っていくのがおすすめです。

さらに麻を使用したカーディガンであれば、よりよい服装となります。
麻は通気性が良く、吸湿性および吸水性に優れている素材なので、汗をかきやすい夏にはぴったりです。
一方安価で手に入りやすく、さまざまな服装に使われることの多いポリエステルは、乾きやすいというメリットがありますが、吸湿性及び吸水性が低いというデメリットがあります。

以上のことから服装に取り入れるなら麻のカーディガンをおすすめします。
熱中症と服装に気を付けて、USJを楽しんでくださいね。

秋におすすめのUSJの服装

夏の厳しい暑さが引いてきた頃ですが、秋でも体温調節をしやすい服装でUSJに行きましょう。
昼間は夏のような厳しい暑さの日がありますが、朝晩は予想以上に冷えるということがあり、体を冷やす原因になります。

このことから気温が下がってきた頃に体温を奪われないよう、一枚羽織るものを持っていくと良いでしょう。
秋でもカーディガンがあると便利ですが、麻ではなく、ウールを使用したカーディガンをおすすめします。

服装に重ね着を取り入れている場合、蒸れやすさや静電気が心配ですよね。
ところがウールは暖かくて吸水性が高いにも関わらず、蒸れにくい上に静電気が起きにくいという特徴があります。

ウールに近い保湿性を持っており、より安価なアクリルがありますが、こちらは静電気が起きやすい素材なので、服装に取り入れるときは注意をしましょう。

冬におすすめのUSJの服装

冬にUSJへ行く時の服装には、大判のストールやブーツ、手袋を取り入れるようにしましょう。
USJでは待ち時間が長い時もあり、そんな中で冬の寒さに耐えなければなりません。

服装の中に大判のストールを取り入れれば、首に巻いて防寒対策をすることが出来ますし、室内に入ったときはひざ掛けとして利用することが出来るので、ぜひとも取り入れたい優秀なアイテムと言えます。
さらに服装に取り入れることでアクセントカラーとして使うことが出来るので、おしゃれ度がアップすることでしょう。

冬の季節は足や手などの末端から冷えてきます。
そんな時に服装の中にブーツや手袋を取り入れればそれを防ぐことが出来、長時間の屋外でも過ごしやすくなりますよ。

ブーツはローヒールのタイプを選ぶようにし、歩きやすいものを選ぶことがおすすめです。
手袋はスマホを使用できるものを服装に取り入れると、使い勝手がアップしますよ。

<下に続く>

服装だけじゃない!USJに行くときの持ち物リスト10選

USJに行くときの持ち物リスト①:パスポートやチケット

USJに行く時に忘れないようにしたいのが、USJのパスポートやチケットです。
万が一忘れてしまった時は、チケットブースでも購入することが出来ます

しかしUSJのチケットブースは混雑することが予想されるので、忘れないように前日と当日に確認するようにしましょう。
当日着ていく服装をセットして、その上に持ち物リストが書かれた紙を乗せておくと確認しやすいですよ。

USJにはチケットを入れるためのキャラクターパスケースがあるので、それを首からぶら下げておくのも可愛いですし、かばんに取り付けておくのも良いでしょう。
当日の服装をより可愛らしくしてくれますよ。

USJに行くときの持ち物リスト②:財布

USJに行く時はお財布を忘れないようにしましょう。
USJのパスポートやチケットを忘れてしまった時に、最悪その場で購入することが出来るだけでなく、買い物や食事の際にも必須の持ち物です。

USJに行く時はなるべく荷物を軽くしておくと長時間歩いていても疲れにくくなるので、USJでは使わないポイントカードは家へおいてくるようにしましょう
また不要なレシートを処分しておくと使い勝手が良くなりますよ。

ちなみにUSJに行く時にユニバーサルシティ駅を利用する人は、そこのATMを利用して現金をおろすことも出来ますよ。

USJに行くときの持ち物リスト③:スマホ

USJに行く時に忘れてはいけない持ち物としてスマホが挙げられます。
最近はスマホで写真を撮ることが多いので、忘れるとせっかくの思い出が残せなくなってしまいます。

もしUSJで迷子になった際に、スマホがあれば電話やLINEで連絡を取ることができますし、災害に巻き込まれた時の情報収集が可能となります。
自分の身の安全を守るため、そして素敵な思い出作りのためにスマホを忘れないようにしましょうね。

またUSJにあるアトラクションの待ち時間が確認できるアプリもあるので、ダウンロードして活用する際にも、スマホは必須ですよ。

USJに行くときの持ち物リスト④:絆創膏

USJに行くときの持ち物リストに加えておきたいのが絆創膏です。
特にお子さんと一緒にUSJへ行く場合は、転んでしまっても処置が出来るように、数枚でも絆創膏を持っていくのが得策です。

お子さんもUSJを楽しんでもらえるように絆創膏を持っていきましょう。
キャラクターがプリントされた絆創膏ならきっと喜んでくれますよ。

USJに行くときの持ち物リスト⑤:エコバック

USJに行くときの持ち物リストに加えておきたいのがエコバックです。
お土産を買った時に、持ってきたリュックやショルダーバッグに入らない、そんな悩みを解決してくれますよ。

エコバックはお土産を入れる時だけでなく、USJで遊んでいて多くなってしまった荷物を入れてコインロッカーに入れる際にも役に立ちます。
エコバックならリュックやショルダーバッグに入れていてもかさ張りにくいですし、重さも気になりません。

ひとつ持っておくと便利なのでぜひ持ち物リストに加えましょう。

USJに行くときの持ち物リスト⑦:カーディガン

USJに着ていきたい服装でも取り上げましたが、カーディガンを持っていくのをおすすめします。
夏であれば麻のカーディガンを、秋であればウールのカーディガンを服装に取り入れましょう。

カーディガンでも素材によって吸湿性や吸水性が異なるので、季節や気温に合わせて、体温調整がしやすい服装を選ぶことが大切です。
見た目も大切ですが、素材にこだわるともっと快適になりますよ。

USJにいるキャラクターのカラーを服装に取り入れるとより楽しめますよ。
友達や恋人とペアルックの服装にしても楽しいでしょう。

USJに行くときの持ち物リスト⑧:雨具

USJに行くときの持ち物リストに加えておきたいのが雨具です。
いつ天候が急変するか分かりませんし、持っておけば雨の日でもUSJを楽しむことが出来ますよ

雨具でおすすめなのはレインコートと傘です。
パラパラと降る小雨程度の天気や、降ったり止んだりを繰り返すような天気であれば、レインコートや折り畳み傘をおすすめします。

100均に売られているレインコートは袖口がゴムになっており、雨が浸入しない作りになっていたりフードの部分に紐が通されているので、頭の形に合わせてしぼめることも出来ますよ。
強めに降る雨や、一日中雨の場合は傘を使うと良いでしょう。

降り続ける雨を凌ぐには、折り畳み傘ではなく普段の傘を使うようにしましょう。
傘は荷物になりがちで「持っていかなくても何とかなるだろう」と考えがちですが、あるとひと安心ですよ。

USJに行くときの持ち物リスト⑨防寒具

USJに行くときの持ち物リストに加えておきたいのが防寒具です。
冬であれば体を冷やしやすいので、服装を考えると同時に防寒具のことも頭に入れておくと良いですね。

大判マフラーやブーツ、手袋など、末端や冷えやすい場所を温める防寒具がおすすめです。

USJに行くときの持ち物リスト⑩:ウェットティッシュ

USJに行くときの持ち物リストに加えておきたいのがウェットティッシュです。
ウェットティッシュがあれば、食べ歩きの際に汚れた手を拭くことも出来ますし、転んでしまった時に傷口の周りを綺麗にすることも出来ます。

ウェットティッシュはかなり使い勝手が良いので、持っていくとひと安心です。
持ち運び用のウェットティッシュには、アルコールタイプのもとの、ノンアルコールタイプのものがありますが、自分の肌に合ったものを選んで持っていきましょう。

<下に続く>

USJに行くときは季節に合わせた服装で行きましょう

USJの服装は季節に合わせよう

USJに行くときは季節に合わせた服装で行くことの大切さがわかりましたね。
重ね着で体温を調節するだけでなく、ストールや手袋など、小物を活用して保温するのもおすすめです。

またUSJのキャラクターの色を取り入れても面白いですし、素敵な思い出になること間違いなしです。
USJに行くときは服装を適切に選んで、楽しく遊んできてくださいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line