どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/10/30

由布院と湯布院の違いは?ゆふいん定番の観光スポット20選!

日本人が大好きな温泉、最近では外国人観光客からも人気を集めています。
そんな中でも大分県にある由布院(湯布院)では、広い温泉郷とさまざまな見どころスポットがあると話題です。

今回は、そんな大分県の由布院(湯布院)のおすすめポイントや乗り物、イベントについて細かく紹介していきます。

Large photo 1559260951 84ccf347341e

由布院・湯布院ってどんなところ?

由布院(湯布院)は、大分県由布市にある「豊後富士」と言われている由布岳のふもとに広がっている温泉地帯のことを指しています。
もともと由布岳周辺は盆地で、川などの自然が溢れている場所でした。

今ではいくつもの旅館が建てられており、スイーツショップやアートなど、温泉リゾート地としても人気を集めているのです。
特にJRの由布院駅から続いている「湯の坪街道」は、両端にスイーツなどのグルメ系、雑貨屋さんにアートのお店など、まざまなジャンルのお店が雰囲気たっぷりに軒を連ねており、女性人気も高いです。

今では全国、そして海外からもたくさんのお客さんが集まっており、いつでも賑わっているのです。

<下に続く>

「ゆふいん」は由布院or湯布院どっち?

そんなゆふいんですが、しばしば「湯布院」と「由布院」と表記されることがあります。
では、湯布院と由布院では、どのような違いがあるのでしょうか。

結論から言うと、どちらも間違いではありません。
湯布院(由布院)は、元をたどると昭和30年に由布院町、湯平町が合併してできた地名のこと。

ですので、湯平町を含む土地のことは「湯布院」、含まない土地のことは「由布院」というのです。
ですが、時代とともにこのふたつの地名の差があいまいになっていき、今ではほとんどの人がゆふいん一帯のことを「由布院」とも「湯布院」とも言うようになった、ということです。

<下に続く>

由布院・湯布院観光のススメ

ではここで、由布院・湯布院観光についてご紹介します。

由布院・湯布院観光のススメ①:1泊2日、徒歩でも十分楽しめる

では、ここからは湯布院(由布院)を楽しむポイントについてご紹介します。
湯布院(由布院)は、日本でもかなり有名な観光地のひとつなので規模が大きすぎるのではと考えている人もいるかもしれません。

ですが、湯布院(由布院)は由布院駅周辺に温泉施設や見どころが固まっており、意外にも1泊2日で十分楽しめる観光地なのです。
また、温泉郷では車などを使わなくとも徒歩の移動が可能。

車がない人や運転できない人でも楽しく廻れますよ。

由布院・湯布院観光のススメ②:観光におすすめの時期は?

では、湯布院(由布院)はいつ訪れるのに適しているのでしょうか。
一般的に、湯布院(由布院)はいつ訪れてもそれぞれ異なる魅力を感じられるスポットとして知られています。

例えば、春は湯布院(由布院)の辻馬車からきれいな黄色の菜の花が楽しめるなどおもにお花を楽しむ季節。
夏は湯布院(由布院)峡谷で新緑や神秘的でマイナスイオンたっぷりの避暑スポットとして活用する人もいます。

秋は美しい紅葉が見られ、冬には湯気が湧きたつ金鱗湖を眺めるなど、おもに自然を活かした見どころが四季折々感じられるのです。

由布院・湯布院観光のススメ③:由布院や湯布院で体験できること

また、湯布院(由布院)では湯布院(由布院)でしか楽しめない体験がたくさんできます。
例えば、湯布院(由布院)を代表する観光スポットのひとつ、由布岳では日本らしい絶景スポットとして四季折々の美しい景観を見せてくれます。

自然の魅力が注目されがちな湯布院(由布院)ですが、実はそれだけではありません。
湯布院影木周辺は「食べ歩きスポット」としても知られており、名物のとり天やスイーツ系など、年齢や性別問わず人気の食べ物がいっぱい。

インスタ映えするスイーツも豊富なので、常に若い世代の女性もたくさん駅周辺にいて賑やかな雰囲気が漂っています。
その他にも、由布院駅の駅舎の中にはアートホールがあり、温泉街の中にはたくさんの美術館があるなど、湯布院(由布院)は新アートスポットとしてもじわじわと知名度を上げています。

湯布院(由布院)の地元の素材を使った伝統的な工芸品、アート作品を作っている手仕事をめぐるツアーやワークショップを体験してみるのもおすすめです。
また、湯布院(由布院)には「御三家」と呼ばれている高級旅館が多数あるのも魅力的なポイント。

たまに贅沢な気分を味わいたい人や、日々のご褒美に高級な旅館に泊まってみたいという人に大変おすすめですよ。
ぜひ、非日常を味わいに湯布院(由布院)に訪れてみてくださいね。

<下に続く>

由布院・湯布院のおすすめ定番観光スポット20選

では、由布院・湯布院のおすすめ定番観光スポットをみていきます。
由布院・湯布院観光のスポットには、以下のところがあります。

  1. 金鱗湖
  2. 狭霧台
  3. 湯の坪街道
  4. 湯布院フローラルヴィレッジ
  5. やすらぎの湯の坪横丁
  6. やまなみハイウェイ
  7. 由布岳
  8. 道の駅ゆふいん
  9. 下ん湯
  10. 九州自動車歴史館
  11. 由布院ステンドグラス美術館
  12. 湯布院千家
  13. 大杵
  14. 蛍観橋
  15. 白水鉱泉
  16. 湯布院アートホール
  17. 昭和レトロパーク湯布院昭和館
  18. 宇奈岐日女(うなぐひめ)神社
  19. トリック3Dアート湯布院
  20. マルク・シャガール ゆふいん 金鱗湖美術館

続いて、それぞれの由布院・湯布院のスポットについて詳しく見ていきます。

金鱗湖【季節によって様々な表情を見せてくれる】

まず紹介する湯布院(由布院)のおすすめ定番観光スポットは、春には美しい花々、夏には新緑、秋には紅葉、そして冬には幻想的な朝霧など季節によって様々な表情を見せてくれる「金鱗湖」です。
湯布院(由布院)のランドマーク的な存在でもあり、特に朝霧という現象は、これを見るために遠くから人が訪れるというほど人気です。

この現象は湖の底から温泉が湧いているため、それが湯気になって立ち込めているからなのだとか。
写真を撮ったり周囲を散策したり、周囲のカフェから湖を眺めるなど楽しみ方も色々です。

狭霧台【湯布院全体を見渡せるスポット】

次に紹介する湯布院(由布院)おすすめスポットは、湯布院ICから車で15分ほど走ったところにある「狭霧台(さぎりだい)展望台」という観光スポットです。
金鱗湖の朝霧を上から眺めることができる「阿蘇くじゅう国立公園」の中にある大人気ビュースポットとして知られており、幻想的な景色が堪能できます。

湯布院(由布院)全体の景色を楽しめるのもこのスポットならではで、夏の新緑や秋の紅葉など季節によって様々な表情が見られます。

湯の坪街道【湯布院のグルメが一堂に会する】

湯布院(由布院)で美味しいグルメを食べてみたいという人は「湯の坪街道」がおすすめ。
こちらは湯布院(由布院)観光のメインストリートともいえる場所で、由布院駅から金鱗湖あたりまで続いている通りです。

湯布院(由布院)の地元で採れたもの、つくられたものを使ったグルメや名産品が購入できたり、お土産が購入できたりと70店舗以上ものお店が軒を連ねています。
食べ歩きがしたい人や、湯布院(由布院)ならではのお土産を購入したい人はぜひ湯の坪街道を散策してみてくださいね。

湯の坪街道

湯布院フローラルヴィレッジ【今話題のインスタ映えスポット】

ここはまるでおとぎ話の世界かと目を疑ってしまうほど、まるで異国の迷い込んできたかのような雰囲気が味わえる湯布院(由布院)の新名所、「湯布院フローラルヴィレッジ」は、英国風の複合施設として2012年にオープンしました。
イギリスのコッツウォルズという街を再現した街並みには、ハリーポッターにも登場するフクロウの森も再現されており、小動物たちと触れ合うこともできます。

数あるお土産屋さんの中には不思議の国のアリスやピーターラビット、ジブリ系グッズなどの専門店もあり、そのあまりのかわいすぎるお店の雰囲気に、常に若い女性が写真を撮りに訪れています。

湯布院フローラルヴィレッジ

やすらぎの湯の坪横丁【お散歩コース&グルメスポット】

先ほどご紹介した湯の坪街道のほかにも、湯布院(由布院)のおすすめのグルメを楽しめる場所があります。
それが「やすらぎの湯の坪横丁」です。どこか昭和のような雰囲気が漂うレトロな街並みには、左右に10店舗以上ものお店が並んでいます。

食べ歩き系のグルメはもちろん、湯布院(由布院)の名産品がお土産として購入できたりします。
湯の坪街道よりも少し規模は小さめですが、提灯が灯っていたりとレトロな雰囲気が楽しめるので写真映えもしますよ。

湯の坪横丁

やまなみハイウェイ【湯布院全体を見渡せる】

湯布院(由布院)に車で訪れた人にぜひおすすめしたいスポットが「やまなみハイウェイ」です。
湯布院(由布院)の中心地から車で5分くらいのところにあり、県道11号のことを指しています。

九州の九重連山や温泉もそろい、湯布院(由布院)の最高のドライブスポットとなっています。
車窓からの景色に癒されたり温泉で疲れを癒したりと、くつろぐためにこの場所を訪れる人もたくさんいるのだとか。

由布岳【春夏秋冬いつでも楽しめる】

隣り合わせになっている熊本県と大分県の間にまたがる「阿蘇くじゅう国立公園」に指定されている山、「由布岳」。
標高1583mにもなる山は、頂上からは季節によって様々な表情を見せてくれます。

また、毎年由布岳のふもとでは「牛喰い絶叫大会」というイベントが開催されており、もし湯布院(由布院)に行く時期が重なった場合はぜひ参加してみてくださいね。
由布岳は湯布院(由布院)の中でも有名なビュースポットであり、阿蘇山と九重山なども天気が良ければ一緒に眺められるのでおすすめです。

道の駅ゆふいん【湯布院の名産品がそろう】

日本中にある道の駅ですが、もちろん湯布院(由布院)にもおすすめのみちの駅、「道の駅 ゆふいん」には、湯布院の由布岳を望むことができる場所です。
湯布院(由布院)の名物が食べられる軽食のコーナーや、地元の農家から直送の野菜などが販売されているコーナーなどもあって充実しています。

道の駅ゆふいんは湯布院ICを降りたところのすぐの場所にあるので行きやすいですし、レストラン「岳庵」も人気です。

道の駅ゆふいん

下ん湯【気軽に立ち寄れる足湯スポット】

湯布院(由布院)には高級な旅館がたくさんあり、それに合わせて温泉もたくさんあるのですが、温泉に行く予定がない人や日帰りで湯布院(由布院)を楽しみたい人は、気軽に湯布院(由布院)の温泉が楽しめるスポットがあれば良いですよね。
そんなときには「下ん湯」がおすすめ。

ここは金鱗湖の湖畔にある無人浴場で、旅の疲れを癒したりマイナスイオンをたっぷり浴びられるのでおすすめです。
藁葺き屋根が特徴で、田舎な雰囲気が情緒あふれる温泉施設です。

九州自動車歴史館【自動車好きな人におすすめ】

由布院駅から車で5分ほど行ったところにある「九州自動車歴史館」。
大正時代のレトロな車から現代の車まで、幅広い時代の車が勢ぞろいし展示されています。

特に男性人気の高いレトロな大正、昭和の車は見た目が丸く可愛いので思わず写真に撮りたくなりますよ。
実際に九州で撮影があったドラマや映画などで使われた車が展示されていることもあります。

車好きにはたまらないスポットなので、駅からも近いですしぜひ立ち寄ってみてくださいね。

九州自動車歴史館

由布院ステンドグラス美術館【レトロかわいい外観が特徴】

アートの街である湯布院(由布院)で欠かせない観光スポット、「由布院ステンドグラス美術館」を紹介します。
ヨーロッパの古い洋館のような建物が特徴で、「ニールズハウス」と「聖ロバート教会」という2つの建物に分かれています。

使われている建材やステンドグラスはイギリスから直接輸入したアンティークもので、古き良きヨーロッパの雰囲気を感じられます。
館内にはカラフルなステンドグラスが展示されており、自然光・ライトアップそれぞれの状態で見学できますよ。

湯布院ステンドグラス美術館

湯布院千家【占いができるおしゃれカフェ】

湯布院(由布院)には、最近おしゃれで美味しいカフェがたくさんオープンしています。
その中のひとつが由布院駅から徒歩10分のところにあるカフェ「千家」です。

2018年に移転したという比較的新しいお店で、店内も清潔感にあふれているので居心地も良いですよ。
店内では、大分名物のとり天のワンプレートランチや、福岡名物の焼きカレーなどが食べられます。

また、このカフェには全国的にも有名な占い師さんがオーナーとしていて、15分3,500円でカフェ代とは別に占いが受けられます。

湯布院千家

大杵社神社【大きな杉の木が特徴】

次に紹介する大杵社神社は、由布院駅から1kmほどのところにある幻想的な雰囲気の神社です。
大杵社神社の特徴は、1本の大きな杉の木に見守られているような雰囲気が漂っています。

社殿の脇にある杉の木は樹齢1,000年以上とも言われており、国の天然記念物にも指定されています。
この大杉を守るために保護がしてあるため、杉の木に直接触れることはできませんが、見ているだけでどこか神秘的な気分にさせられます。

大杵社神社

蛍観橋【幻想的な蛍に出会える】

湯布院(由布院)の美しい自然に囲まれた美しい観光スポット、蛍観橋をご紹介します。
蛍観橋のみどころは、ずばり5月~6月にかけての春、初夏です。

なぜなら、ここは夜に蛍が飛び交う超穴場のだからです。
駅からも近いので、この時期に湯布院(由布院)を訪れた際はぜひ蛍を観に行ってみてください。

おすすめの時間は夕食後あたりの20時~21時です。
ちょっとした散歩道にもなりますし、湯布院(由布院)の軽い散策にもおすすめですよ。

白水鉱泉【天然炭酸水が汲める場所】

湯布院(由布院)でおすすめの観光スポット、次に紹介するのは日本では珍しく天然の炭酸水が汲める場所として知られている場所「白水鉱泉」です。
ここではお水を自由に汲めるのですが、現地で飲んだりお土産として持ち帰ることもできますが、有料です。

白水鉱泉のお水は健康水と言われており、きめ細かい泡が入った微炭酸でとっても飲みやすいです。
カルシウムやマグネシウムの量が多いため若干硬水の風味はありますが、健康を保つためにこのお水を汲みに来る人もたくさんいます。

白水鉱泉

湯布院アートホール【アートの街ならではの施設】

湯布院(由布院)の玄関口である由布院駅にある「由布院駅アートホール」。
これは、大分出身のアーティストである磯崎新氏が設計した建物で、駅なのにとってもモダンな外観が特徴です。

由布院駅の構内にはアートギャラリーがあり、絵画だけでなく写真や陶芸作品などさまざまなアート作品があります。
駅全体がアート作品のようになっているので、電車を待っている間でも作品を楽しめるので、アートの街としての湯布院(由布院)が、駅に着いた瞬間に実感できるのです。

湯布院アートホール

昭和レトロパーク湯布院昭和館【昭和レトロな雰囲気がおしゃれ】

昭和30年代の発展途上さなかの日本を描いた映画、「ALWAYS三丁目の夕日」という映画をご存じですか?
東京タワーが完成し、高速道路に新幹線が開業した当初の日本のワクワクとした環境を再現した「昭和レトロテーマパーク湯布院昭和館-ALWAYS-」という施設が湯布院(由布院)にあります。

日本のノスタルジックな昭和の雰囲気を存分に楽しめ、当時のことを懐かしく感じられます。
また、九州出身の画家山下清の作品も常設展示として飾られています。

昭和レトロテーマパーク湯布院昭和館-ALWAYS-

宇奈岐日女(うなぐひめ)神社【湯布院随一のパワースポット】

湯布院(由布院)でパワースポットを訪れたい人はぜひ、「宇奈岐日女(うなぎひめ/うなきひめ)神社」に行ってみてください。
ここは由布院開拓の祖と言われている宇奈岐日女のゆかりの地です。

見どころは平成初期の台風によって一度は倒れてしまったご神木の切り株が3つ飾られていることで、中には樹齢600年と言われるものまであり迫力満点です。
境内には神聖な空気が漂っており、パワーチャージできそうですよ。

宇奈岐日女神社

トリック3Dアート湯布院【家族で楽しめる観光スポット】

家族みんなで湯布院(由布院)を満喫したい人におすすめの湯布院(由布院)スポットがこちら、「トリック3Dアート 湯布院」です。
2017年にリニューアルオープンした比較的新しい施設で、館内では家族みんなで写真を撮りながら遊べる仕掛け絵がたくさんあります。

誰でも本格的なトリックアート写真が撮影できるので、たくさん撮影してSNSなどで共有してみましょう。

トリック3Dアート湯布院

マルク・シャガール ゆふいん 金鱗湖美術館【アートの街ならではのスポット】

アートの街としても知名度の高い湯布院(由布院)ならではのスポットがこちら、「マルク・シャガール ゆふいん 金鱗湖美術館」です。
金鱗湖の湖畔にある小さな美術館で、ロシア人画家のマルク・シャガールによるリトグラフが39点ほど展示されています。

1階がミュージアムショップで、シャガールの作品のほか湯布院(由布院)に住む若手アーティストらの作品を購入できるほか、金鱗湖を眺められるカフェも併設。
2階部分が展示スペースとなっており、シャガールの幻想的で美しい作品を目にすることができます。

外観がシンプルでとってもおしゃれなので、ぜひ写真に収めてみてください。

マルク・シャガール ゆふいん 金鱗湖美術館
<下に続く>

由布院・湯布院の観光名物な乗り物、3つ

ではここで、由布院・湯布院の観光名物な乗り物を見ていきます。
由布院・湯布院の観光名物な乗り物には、以下のものがあります。

  1. 観光辻馬車
  2. スカーボロ
  3. 人力車

続いて、それぞれの乗り物に付いて詳しく見ていきます。

観光辻馬車【なかなかできない「馬に乗る」体験】

湯布院(由布院)は、のどかな温泉郷が広がり、レトロな雰囲気の漂う通りなど見どころがたくさんあります。
そんな空間を移動するのにぴったりの観光におすすめの乗り物があります。

それがまずは「観光辻馬車」で、実際に馬が由布院駅を出発し宇奈岐日女神社など観光の名所を巡るコース、馬と記念写真を撮るコースなどがあり、充実した時間を過ごせます。
馬に乗って観光地を巡る機会は滅多にないため、ぜひ湯布院(由布院)で体験してみてはいかがでしょうか。

スカーボロ【レトロかわいいタクシー】

次に紹介する湯布院(由布院)でおすすめの観光乗り物は、観光乗り合いタクシーの「スカーボロ」です。
インスタ映えする真っ赤でレトロな車はイギリス製のクラシックカーで、定員は約9人です。

こちらは由布院駅に停車しており、乗ると運転手さんのガイド付きで湯布院(由布院)内の人気観光スポットを約50分かけてまわってくれます。
インスタ映えもするかわいい車は女性にも人気が高く、乗るにはもちろん予約が必要です。

人力車【湯布院にもあるんです!】

東京の浅草や京都などでよく見かける乗り物、人力車。
実は、ここ湯布院(由布院)にも観光地をゆっくりと巡れる人力車があります。

湯布院(由布院)の美しい田園風景や神社仏閣など、車夫が楽しいお話をしてくれるのを聞きながら湯布院(由布院)の街を楽しむのもおすすめです。
人力車は決して安いお値段ではありませんが、普通の観光バスではなかなか体験できないような心地良さや特別感が味わえるのです。

<下に続く>

由布院、湯布院の名物イベント、5つ

ではここで、由布院・湯布院の名物イベントを見ていきます。
由布院・湯布院の名物イベントには、以下のものがあります。

  1. 辻馬車開き
  2. ゆふいん温泉まつり
  3. 湯布院映画祭
  4. ゆふいん盆地まつり
  5. 由布川峡谷秋祭り

続いて、それぞれのイベントについて詳しく見ていきます。

辻馬車開き【シーズンの安全祈願】

湯布院(由布院)周辺を巡るのにおすすめの移動手段、辻馬車。
辻馬車は冬には行われず、毎年3月2日から一般の観光客が利用できる日として決められています。

そんな人気の辻馬車のシーズンを安全に走行できるようにと毎年開催されている湯布院(由布院)のイベントが「辻馬車開き」です。
由布院駅前で行われ、安全祈願のお餅つきや神事などが執り行われます。

実際に辻馬車をする馬たちが駅前に来るので、毎年春の風物詩として地元の人たちからも親しまれているイベントです。

ゆふいん温泉まつり【温泉に感謝するお祭り】

湯布院(由布院)の温泉地ならではのイベントとして有名なのが「ゆふいん温泉まつり」です。
湯布院(由布院)は全国3位の湧出量を誇る温泉地ですが、温泉が出ていることに感謝をするという目的のものです。

このイベントは由布院駅や由布見通りという通りを中心に、道中行列パレードや献湯祭、また「お湯かきレース」などのユニークなイベントも開催されます。
老若男女問わず楽しめるイベントなので、団体の観光客などからも多くのお客さんがこのイベントに参加します。

湯布院映画祭【映画ファン必見】

毎年8月に開催されている湯布院(由布院)のイベントと言えば、「湯布院映画祭」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
1976年に開催し始め、日本では最も古い映画祭と言われている湯布院映画祭は、「日本映画の作り手とファンが出会う場所」というコンセプトを掲げています。

映画が上映されるだけではなく、映画のプロデューサーや脚本家と映画ファンが一堂に会するシンポジウムも開催されていて、一般的な映画祭とは一味異なります。

ゆふいん盆地まつり【地元の人も集まる夏祭り】

湯布院(由布院)で花火が見られる夏祭りといえば、8月15日~16日に開催される「ゆふいん盆地まつり」ではないでしょうか。
ゆふいん盆地まつりは、おもに花火大会と盆踊り大会が行われる夏祭りです。

また、前半の15日には「五穀豊穣」を願って、害虫を追い払うための虫追い神事である「蝗攘祭(こうじょうさい)」が行われます。
湯布院(由布院)の盆地で毎年開催されており、多くの人たちが花火や踊りを楽しみます。

由布川峡谷秋祭り【お子さんも楽しめるイベント】

最後に紹介する湯布院(由布院)のおすすめイベントは、由布川渓谷で毎年10月に秋まつりが開催されます。
午前10時からイベントが開催され、地元の団体によるステージイベントや案山子コンテストに飽きグルメの催しなど、紅葉めいた湯布院(由布院)の魅力を存分に楽しめるイベントとなっています。

<下に続く>

由布院・湯布院のお土産、名物、名産品もチェックしよう!

せっかく湯布院(由布院)に訪れたのなら、おいしいお土産や名産品をゲットしたいですよね。
湯布院(由布院)では、観光客におすすめのお土産にはさまざまなものがありますが、中でも有名なものはやせうま本舗の「豊後銘菓やせうま」です。

こちらは大分県で有名な郷土料理で、小麦粉でできた生地にきな粉をまぶした一口サイズのお菓子です。
その他にもお料理に便利なかぼす醤油や伝統工芸品なども、お土産屋さんや湯の坪街道などの通りで簡単に購入できますよ。

楽しい湯布院(由布院)にはお土産は欠かせません。
ぜひお店でチェックしてみてくださいね。

<下に続く>

由布院・湯布院へのアクセス

ではここで、由布院・湯布院へのアクセスについてご紹介します。

空から由布院・湯布院へ

ではまず、湯布院(由布院)へ空から飛行機で行く方法についてご紹介します。
例えば東京方面から湯布院(由布院)に行く場合は、大分空港か福岡空港までの瓶を使うのが一般的です。

福岡空港の場合は空港到着後の交通の便が良く、大分空港の場合は湯布院(由布院)に近いのがメリットです。
フライト時間は福岡空港までが2時間程度、大分空港までは1時間45分程度とあまり差はありません。

東京方面に住む人はほとんどの人が飛行機を使ってまず福岡か大分まで訪れています。

電車で由布院・湯布院へ

では次に、福岡空港と大分空港それぞれから電車を使って湯布院(由布院)を目指す方法を紹介します。
まず、福岡空港からはバスか電車が便利で、バスの場合は福岡空港から由布院駅までの直通の高速バスが出ています(所要時間95分)。

電車の場合は博多駅から由布院駅まで直通の「ゆふいんの森」がおすすめで、モダンでおしゃれなデザインのラッピング車が走っています。
大分空港から湯布院(由布院)へ向かう際は、由布院駅までのバスが便利です。

こちらは所要時間55分となっています。

車で由布院・湯布院へ

最後に紹介するのは、車で湯布院(由布院)に行く方法です。
これは、福岡方面から行く場合と大分方面から行く場合で異なります。

まず福岡から行く場合は、九州自動車道、大分自動車道の「湯布院IC」で降ります。
福岡市内からは1時間半程度で行けるので比較的近いですね。

また、大分方面から行く場合でも大分自動車道の「湯布院IC」で降りれば良いです。
ちなみに空港からは大分空港から日出バイパスを経由して大分自動車道に入ることができますよ。

湯布院ICを降りてからは6分ほどで到着します。

<下に続く>

由布院・湯布院には知られざる魅力がいっぱい!

温泉地として有名な湯布院(由布院)は、1泊2日あるだけで十分に満喫できる大分のおすすめ観光スポットです。
湯布院(由布院)でしか乗れない乗り物やイベントなど、ここでしか体験できない要素もたくさんあるので、ぜひ湯布院(由布院)を訪れた際は今回の記事を参考に楽しい時間を過ごしてみてくださいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line