どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/01

福島で人気のおすすめイルミネーション20選!開催期間も紹介!

福島のイルミネーションのおすすめ20選をまとめました。
福島に限らず福島エリアでも選りすぐりのものを選抜しています。

喧噪な都会にはない、温かなイルミネーションをぜひお楽しみください。

Large photo 1480223600438 985f45515145  3

福島のイルミネーション:コラッセ福島【楽団の演奏とともにスタート】

福島西口すぐのイルミネーションがこちらです。
福島は寒いですが、暖かなイルミネーションが来る人の心も温めます。

そして、子供にはお菓子のプレゼントもあります。
そのため、どちらかというと家族連れ向けかもしれません。

イルミネーションはベーシックな雰囲気です。
だからこそ、安心して子連れで訪れられます。

あまりアーティスティックなものだと子供は消化不良でしょう。
大人から子供まで楽しめるイルミネーションなので、ぜひ、訪れてみてくださいね。

福島青年管弦楽団が点灯式で演奏してくれるイベントもあります。
そのため、初日からの参加をおすすめします。

コラッセ福島 イルミネーション
開催期間 2019年12月6日(金)~2020年1月15日(水)
開催時間 16:30~21:00
アクセス 福島駅よりすぐ
駐車場 あり
定休日 期間内定休日なし
料金 なし
コラッセ福島
<下に続く>

福島のイルミネーション:光のしずくイルミネーション【しずくが集まり光を放つ】

光のしずくイルミネーションは地域に根ざしたイルミネーションです。
地元企業の協賛で行われるイルミネーションなので温かみがあります。

光のしずくというだけあり、青いイルミネーションが多いのが特徴です。
もちろん、シャンパンゴールドの光などもあり楽しめます。

さらには、フォトコンテストもあります。
インスタグラマーやフォトグラファーなどにもおすすめです。

福島の街が広範囲に電飾で飾られます。
そのため、地元の人のほうが変化が分かって楽しいでしょう。

福島県民の方にこそ訪れてほしいイルミネーションです。
子供から大人まで楽しめること、間違いなしの催し物となっています。

光のしずくイルミネーション
開催期間 令和1年11月20日(水)~令和2年1月31日(金)
開催時間 午後5時~午後11時
アクセス 福島駅前東口広場よりすぐ
駐車場 記載なし
定休日 期間内定休日なし
料金 なし
福島駅
<下に続く>

福島のイルミネーション:ビッグツリーページェント・フェスタ IN KORIYAMA2018【しずくが集まり光を放つ】

GReeeeNゆかりの地である郡山でイルミネーションが盛大に行われます。
GReeeeNのモニュメントがおかれてイルミネーションを盛り上げます。

郡山といえば、福島の中心地ともいえますので規模も屈指のものです。
福島の冬は寒いですが、イルミネーションで心を温めてみてください。

郡山は首都圏からも近いですし、東京からのアクセスも良いです。
そのため、福島旅行を検討している方にもとてもおすすめです。

電飾の数は33万に増えて、例年よりも多くなっています。
そして、コンサートイベントなどもあるので見所満載です。

GReeeeNが好きな人にはとてもおすすめできます。
もちろん、一般的なイルミネーション好きも満足できる内容です。

ビッグツリーページェント・フェスタ IN KORIYAMA2018
開催期間 2018年11月16日~2019年1月14日( 最新情報は公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 17:00~23:30
アクセス JR郡山駅から徒歩1分
駐車場 なし
定休日 期間内定休日なし
料金 なし
郡山駅
<下に続く>

福島のイルミネーション:あかりのファンタジーイルミネーション in おだか【地域のみんなの持ち寄りイルミネーション】

小高区でイルミネーション事業の一環として行われているこちらのイベント。
町並みが一斉に明るくなっていて、とてもおすすめできる町おこしイベントです。

町おこしなので、福島の地域に住んでいる人にこそオススメしたいです。
もちろん、アクセスのよい福島なので首都圏の方にもおすすめです。

地元の高校や小学校がイルミネーションを寄付しています。
そのため、地域性を感じたい方にはとてもおすすめです。

毎年訪れると福島の地域性や変化などを感じられて面白いでしょう。

あかりのファンタジーイルミネーション in おだか
開催期間 2018年11月10日(土)~2019年1月14日(祝)( 最新情報は公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 17:00〜20:00
アクセス JR小高駅よりすぐ
駐車場 あり
定休日 期間内定休日なし
料金 なし
小高浮舟ふれあい広場
<下に続く>

福島のイルミネーション:矢板駅前イルミネーション【イルミネーションがとにかくきれい】

福島の隣接県である栃木県にある矢板駅。
ヒマラヤスギが一瞬にしてクリスマスツリーに早変わりです。

巨大な駅前にある木を中心にイルミネーションが展開されます。
駅前イルミネーションなので、もちろん、無料です。

栃木には自然豊かなところがたくさんあります。
ヒマラヤスギ以外にも、イルミネーションの見所はたくさんあります。

駅前の植え込みがカラフルに電飾されて素晴らしいです。
ヒマラヤスギ以外にも木々が輝いていて見所が満載です。

植え込みイルミネーションに特に力が入っています。
駅前イルミネーションをぜひ、堪能してみてくださいね。

矢板駅前イルミネーション
開催期間 2019年11月29日(金)~2020年1月13日(祝)
開催時間 17:00~23:30
アクセス 東北道矢板ICより約15分
駐車場 あり
定休日 期間内定休日なし
料金 なし
矢板駅前
<下に続く>

福島のイルミネーション:~未来へつなぐ~ “恋人たちのXmas・Happyツリー” 陣屋通りイルミネーション【カップルならここ!】

恋人向けのこちらのイルミネーション。
なんと、333メートルという東京タワーの高さと同じ道のりが電飾されます。

大規模なイルミネーションなので恋人とずっと歩いていけます。
チンチン電車広場のイルミネーションは特におすすめです。

なぜなら、そこには願い事が叶う場所があるからです。
恋人同士で願い事ができる魅力的な場所があります。

イルミネーションで飾られる道のりは長いのでずっと一緒にいられます。
観ているだけで幸せなイルミネーションで工夫もしてあります。

福島に来た際は、ぜひ、恋人同士で訪れてみてください。

陣屋通りイルミネーション
開催期間 2018年11月22日(木)~2019年1月31日(最新情報は公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 17:00~24:00
アクセス 福島飯坂ICより十数分
駐車場 あり
定休日 期間内定休日なし
料金 なし
陣屋通り薬局
<下に続く>

福島のイルミネーション:広瀬町公園【手作り感満載なイルミネーション】

福島の地域ぐるみのイルミネーションがこちらです。
福島はアットホームなイルミネーションが多いですがこちらもそのひとつです。

地元の子供たちや協賛する大人たちが共同で作り上げています。
そのため、地元色が強いイルミネーションを観たい人にはおすすめです。

寒空のもと行われるイルミネーションですが温かみがあります。
やはり、子供たちが一生懸命につくったものだから感じるものがあるのでしょう。

テーマパークのイルミネーションはおしゃれで素敵です。
しかし、手作り感があるイルミネーションもおすすめできます。

テーマパークのような既製品に飽きてしまった方には、おすすめです。

広瀬町公園イルミネーション
開催期間 2018年12月9日(日)~2019年1月31日(木)(最新情報は公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 17:00~23:30
アクセス 阿武隈急行梁川駅よりすぐ
駐車場 なし
定休日 期間内定休日なし
料金 なし
広瀬町公園
<下に続く>

福島のイルミネーション:アクアマリンふくしま【水族館が光を放つ】

展示数が多く面白いと話題なアクアマリン。
福島が誇る随一の水族館でコアなファンも多いです。

ここでも、イルミネーションがとてもきれいです。
夜になるとぱっとイルミネーションされて別世界になっています。

エントランスホールにクリスマスツリーが設置され光ります。
その周辺もきれいに光っていて、幻想的です。

そのため、インスタグラマーなどの方にも大変おすすめです。
お魚たちを観て最後にこのクリスマスツリーでしめくってみてください。

水族館の思い出がより一層、素晴らしいものとなることでしょう。

スノウアクアリウムイルミネーション
開催期間 開催中~2015年1月12日(最新情報は公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 16:00~20:00
アクセス JR常磐線泉駅よりすぐ
駐車場 あり
定休日 期間内定休日なし
料金 1600円から
アクアマリンふくしま
<下に続く>

福島のイルミネーション:四季の里 【コンサートイベントに食事にイルミネーションもある】

福島四季の里で行われたイルミネーション。
こちらは、入場無料なのにいろいろと楽しめます。

コンサートイベントなどもあるので、光以外にも見所があります。
そして、軽食も充実しています。

たとえば、Special ディナーメニューといった食事も楽しめるのです。
寒いなと思ったら、暖かい食べ物で温まることもできます。

イルミネーションも色とりどりでとてもきれいです。
クリスマスといった雰囲気満載です。

そのため、家族連れからカップルまで楽しめます。
ぜひ、訪れてみてくださいね。

四季の里イルミネーション
開催期間 2019年1月12日(土)~2月11日(最新情報は公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 17:00~21:00
アクセス 福島駅より車で二十分ほど
駐車場 記載なし
定休日 期間内定休日なし
料金 無料
四季の里
<下に続く>

福島のイルミネーション:あぶくま洞 イルミネーション 2019【あぶくま洞が光に照らされる】

パワースポットのような場所であるあぶくま洞。
あぶくま洞はとてもきれいにライトアップされます。

福島は自然が豊かなので自然系のイルミネーションが多いです。
こちらは、その中でもミステリーな雰囲気が素敵です。

閉所恐怖症の方には向いていません。
しかし、そうでないのなら一度でいいので訪れてみてください。

自然が生み出した洞窟の中で人工の光が輝きます。
淡い光に包まれた洞窟は本当に不思議な雰囲気になります。

静かに癒やされるイルミネーションを探したい方はこちらがおすすめです。

あぶくま洞 イルミネーション 2019
開催期間 12/1(土)~2/28(木)(最新情報は公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 8:00~16:30
アクセス 田村スマートICより20分ほど
駐車場 あり
定休日 期間内定休日なし
料金 1,200円
あぶくま洞
<下に続く>

福島のイルミネーション:十日町雪まつり【雪国のイルミネーションで心が温まる】

福島県エリアにある十日町。
こちらは雪国であるということを生かしイルミネーションを展開しています。

雪まつり内で行われるイルミネーションはとても有名です。
雪でつくられたオブジェクトにイルミネーションが展開されます。

そして、さらには花火まで楽しめるのです。
北国のイルミネーションなので、寒空のもと行われます。

しかし、心は温かくなるイルミネーションばかりです。
地元や県外関係なく知名度が高いイルミネーションとなっています。

有名な地方のイルミネーションを観てみたいと思う人にはおすすめです。

十日町雪まつり
開催期間 2月16日 - 2月18日(2018年)(最新情報は公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 記載なし
アクセス 関越六日町ICより20分ほど
駐車場 あり
定休日 期間内定休日なし
料金 無料
城之古コミュニティーセンター
<下に続く>

福島のイルミネーション:大内宿雪まつり【大内宿雪まつりでイルミネーションを観てみよう】

日本一団子さしや打ち上げ花火などがある夏祭りのようなイベントです。
しかし、イルミネーションも素晴らしくて見応えがあります。

灯篭約50基がきらきらと輝きます。
和風なイルミネーションを観たい人にはとてもおすすめです。

そば食い競争などもあります。
そのため、賑やかで夏祭り風なイルミネーションを観たい人にはおすすめです。

イルミネーションがギラギラしていて嫌だなと思う人はぜひ、訪れてみてください。

大内宿雪まつり
開催期間 2020年は2月8、日9日
開催時間 13:00-18時15分
アクセス 白河ICより約1時間ほど
駐車場 あり
定休日 期間内定休日なし
料金 無料
大内宿
<下に続く>

福島のイルミネーション:一ノ戸川橋梁ライトアップ【きれいな橋がライトアップ】

喜多方ラーメンで有名な喜多方の橋がライトアップされます。
SLが通るこの橋は、撮り鉄の間でもとても人気です。

そして、山都の鉄橋として地元福島民からも愛されています。
そんな橋なのですが、よるのライトアップがまた逸品なのです。

ライトアップは黄色や紫といった色で照らされます。
イルミネーションの色合いは、主張しすぎません。

大人の上品なイルミネーションを観たい方にはおすすめです。
昼間はSLを観て、夜はきれいな橋を観てみましょう。

鉄道マニアの方にはたまらないイルミネーションです。

一ノ戸川橋梁ライトアップ
開催期間 2019年9月1日~2019年12月2日
開催時間 記載なし
アクセス 山都駅より徒歩十数分
駐車場 記載なし
定休日 記載なし
料金 記載なし
<下に続く>

福島のイルミネーション:2019SENDAI光のページェント【仙台冬の風物詩】

光のページェントは東北随一のイルミネーションイベントです。
仙台の商店街を中心に光が街中にあふれます。

光のページェントのあとには仙台名物の初売りが控えています。
商店街のテナントが一斉に福袋等を出すのでこちらもおすすめです。

そのため、光のページェントでお店の下見をするのも良いでしょう。
そうすると、何度も仙台の街を楽しむことができます。

本当に大規模なイルミネーションで仙台の風物詩ともいえます。
東北は寒いですが、一見の価値ありのイルミネーションです。

2019SENDAI光のページェント
開催期間 12月2日〜31日
開催時間 17時30分~23時00分
アクセス 仙台駅よりすぐ
駐車場 記載なし
定休日 記載なし
料金 記載なし
SENDAI光のページェント(一般(財))
<下に続く>

福島のイルミネーション:サン・ファン・イルミネーション2019【船がイルミネーションでピカピカに】

福島にほどちかい石巻にある船のイルミネーションです。
サン・ファン・バウティスタの復元船が電飾で彩られます。

電飾の数は1万個を超えていますのでかなり壮大なイルミネーションです。
海の上にゆらゆら船がゆれていますので、水面もきらきらになっています。

サン・ファン・バウティスタの館内でも遊ぶことができます。
船が好きな方は船の内外で楽しめるのでとてもおすすめです。

福島エリアに行きたい、そして遊覧船に乗りたいと思う人にはとてもおすすめです。

サン・ファン・イルミネーション2019
開催期間 2019年11月8日(金)~2020年1月5日(日)
開催時間 16:30~20:30
アクセス 波駅より徒歩二十分ほど
駐車場 記載なし
定休日 記載なし
料金 350円
宮城県慶長使節船ミュージアム
<下に続く>

福島のイルミネーション:仙台泉プレミアム・アウトレット ウィンターイルミネーション【アウトレットモールのイルミネーション】

こちらは宝石のような輝きという触れ込みのイルミネーションとなっています。
実際に宝石店などもある仙台のアウトレットモールで行われるので、感慨深いです。

立体感にこだわったイルミネーションを展開しています。
そのため、噴水周りのイルミネーションにも力を入れています。

色はシャンパンゴールドとホワイトで宝石感を出しています。
大人なイルミネーションを探している方はここがおすすめです。

買い物が済んで夜になったらイルミネーションを楽しめます。
デートのプラン等にはぴったりです。

仙台泉プレミアム・アウトレット ウィンターイルミネーション
開催期間 2019年11月8日~2020年2月19日
開催時間 日没~営業終了
アクセス 泉PAスマートICよりすぐ
駐車場 あり
定休日 元旦
料金 なし
仙台泉プレミアム・アウトレット
<下に続く>

福島のイルミネーション:豊里駅前冬の蛍通り【伝統のイルミネーションで癒やされよう】

蛍通りがイルミネーションで彩られます。
200メートルの銀杏並木の杏並木が一斉に輝きを放つのです。

子供たちにはサンタさんからプレゼントがあったりします。
そのため、どちらかと言うと家族向けかもしれません。

お子さんが好きな方や子供連れの方にはおすすめです。
きれいなイルミネーションを観てサンタさんに会えます。

15年以上続く伝統のイルミネーションです。
そのため、古くからやっているイルミネーションを観たい人にもおすすめです。

豊里駅前冬の蛍通り
開催期間 令和元年11月30日(土)~令和2年1月31日(金)
開催時間 記載なし
アクセス 陸前豊里駅よりすぐ
駐車場 あり
定休日 12月31日~1月3日
料金 なし
陸前豊里駅
<下に続く>

福島のイルミネーション:石ノ森章太郎ふるさと記念館2018光のページェント【仮面ライダーゆかりの地でイルミネーション】

仮面ライダーゆかりの地である中田町。
福島からほど近いこの地でもイルミネーションがあります。

石ノ森章太郎ふるさと記念館がイルミネーションで電飾されます。
LEDの数はなんと1万個です。

そして、石ノ森章太郎記念館内では展示も充実しています。
ドラえもん作者のアパートのトキワ荘等も再現されてるのです。

漫画好きにはたまらないイルミネーションなのでぜひ訪れてみてください。

石ノ森章太郎ふるさと記念館2018光のページェント
開催期間 2018年12月1日~2018年12月25日 (2018年の情報なので公式サイト更新をお待ちください)
開催時間 17:00~22:00
アクセス 東北本線石越駅より車で二十分ほど
駐車場 あり
定休日 記載なし
料金 500円
石ノ森章太郎ふるさと記念館
<下に続く>

福島のイルミネーションは最高!

福島のイルミネーションはすごい!

福島には地域性の強いイルミネーションがたくさんあります。
伝統的なものも多いので、福島に旅行に行った際はぜひ訪れてみてください。

首都圏に比べて寒いですが、イルミネーションを観るとほっとします。
福島でぜひ、イルミネーションを観て心を温めてみてくださいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line