どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/05

池袋のおすすめアフタヌーンティー8選!ホテルやフォション、ラシーヌ

池袋には、本格的な紅茶と、おいしいスイーツを堪能できるカフェがたくさんあります。中でもとくに人気なお店をご紹介。

ホテルのラウンジや、予約数か月待ちという超人気店まで!行きたいお店が決まったら、前もってアフターヌーンティーのマナーや、基本ルールもおさらいしておきましょう。

Large chair christmas coffee 6308  1

【池袋で楽しむ前に】アフタヌーンティーってなに?

デザートタワー

アフタヌーンティーとは、直訳すると「午後の紅茶」。食事やデザートと一緒に紅茶を楽しむ文化で、イギリスで生まれました。

イギリスでは自由に楽しむものとして広く浸透していますが、日本では、礼儀作法やマナーが体系化した、社交的なものとして扱われています。テーブルクロスがピンと張られたテーブルに、3段のデザートタワーが登場したら、アフタヌーンティの始まりです。

繊細な装飾がほどこされたお皿には、かわいらしいスイーツやサンドイッチ、スコーンなどが、美しいディスプレイのように並びます。一番上の段にデザート、中段に温かい料理、下段にサンドイッチなどの軽食、というパターンが一般的です。

<下に続く>

ラシーヌやフォションで優雅に。おすすめのアフタヌーンティー8選!

では、池袋のおすすめアフタヌーンティのカフェをみていきましょう。
池袋のおすすめアフタヌーンティには、以下のカフェがあります。

  1. ラシーヌ ブーランジェリー&ビストロ
  2. フォション パリ ル・カフェ
  3. サンシャインシティプリンスホテル カフェ&ダイニング シェフズパレット
  4. リビエラカフェ グリーンスタイル
  5. ケンジントン・ティールーム
  6. ホテル椿山荘東京 ロビーラウンジ ル・ジャルダン
  7. ホテルメトロポリタン メザニンラウンジ すずかけ
  8. クロスダイン

続いて、池袋のおすすめアフタヌーンティのカフェを、それぞれ詳しくみていきます。

ラシーヌ ブーランジェリー&ビストロ

池袋はアフタヌーンティー激戦区と言われますが、中でも予約数カ月待ちと言われるのがラシーヌ ブーランジェリー&ビストロ。自家製パンやワインで評価の高いレストランですが、こちらのアフタヌーンティーが大人気なんです。

常に焼きたてのパンが並んでいて、店内は香ばしい小麦の香りに包まれています。自家製パンがウリなので、デザートタワーの中身もパンが主力。

そんなラシーヌが人気の理由は、なんといってもコスパ優秀で時間無制限なところです。14時以降がティータイムとなっており、料金はひとり2,500円。

紅茶はおかわりし放題で、ストレート、ロイヤルミルク、ほか様々な種類をそろえています。ただしアフタヌーンティーは2名以上の利用が条件となっているので、ぜひお友達と一緒にどうぞ!

ラシーヌ ブーランジェリー&ビストロ
住所:東京都豊島区南池袋2丁目14−2 ジュンクドウ書店池袋ビルB1
電話番号:03-5944-9622
営業時間:11:00~17:00、18:00~23:00(ティータイム14:00~17:00)
定休日:年中無休
URL:https://racines-bistro.com/

フォション パリ ル・カフェ

まるでデパートのコスメ売り場のような華々しい外観が見えたら、そこがフォション パリ ル・カフェです。池袋東武百貨店の2階にあり、アクセスもバツグン。

フォションと言えば、フランス生まれの高級食料品店。アップルティーを始めとするフレーバーティーが有名で、パッケージデザインの鮮烈さも群を抜いています。

フォション パリ ル・カフェでは、やはりフォションの紅茶や新鮮なスイーツが魅力。アフタヌーンティーと言えばスコーンが定番ですが、フランスのお店なのでスコーンはなく、マカロンやエクレアなどの、見た目にも美しいスイーツが中心です。

センスと遊び心に溢れたティータイムを気軽に味わうなら、どうぞこちらへ。料金はひとり2,160円です。

フォション パリ ル・カフェ
住所:東京都豊島区西池袋1丁目1−25 東武百貨店池袋店
電話番号:03-5985-4822
営業時間:10:00~21:00
定休日:
URL:http://www.rt-c.co.jp/coffee/cafe.html

サンシャインシティプリンスホテル カフェ&ダイニング シェフズパレット

サンシャインシティと言えば、池袋のランドマーク的存在ですよね。地上60階建ての超高層ビル内に、ショッピングモールや水族館、プラネタリウム、博物館など、いくつもの施設が入居しています。

サンシャインシティプリンスホテルも、その中のひとつ。アフタヌーンティーが楽しめる、1階のシェフズパレットでは、季節のフルーツや人気のスイーツを好きなだけ楽しめるスイーツブッフェを開催しています。

開催される期間や内容で料金は変わりますが、大体ひとり3,000円前後です。18時以降はスイーツ&ディナープランになり、アルコールメニューを注文することも可能。

恋人と、友人と、家族と、自由に楽しめるホテルのアフタヌーンティ。いつもよりちょっぴり贅沢なひとときを味わってみては?

サンシャインシティプリンスホテル カフェ&ダイニング シェフズパレット
住所:東京都豊島区東池袋3 丁目1−5 サンシャインシティプリンスホテル
電話番号:03-5954-2254
営業時間:6:30~22:00(ティータイム14:00~)
定休日:年中無休
URL:https://www.princehotels.co.jp/sunshine/restaurant/palette/

リビエラカフェ グリーンスタイル

リビエラカフェグリーンスタイルは、池袋ではかなり有名なカフェ。オンライン予約を受け付けていることから、相当の人気店とわかりますね。

パティシエ渾身のスイーツは季節感たっぷりで、大好評の品々です。フランスからチョコレートを取り寄せたり、軽食のサンドイッチには、自社菜園で育てた新鮮な野菜を使うなど、素材にはかなりのこだわりが。

また、店内はオープンキッチンのスタイルになっており、料理を作っているところが見えるのも、楽しさのひとつ。ライブ感を大切にしています。

アフタヌーンティープランは一人3,000円(税別)で、2名から予約が可能。看板メニューのガレットもおすすめです。

リビエラカフェ グリーンスタイル
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋5丁目9−1
電話番号:03-3981-3264
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎週水曜日
URL:https://www.riviera.co.jp/restaurant/tokyo-cafe/menu/afternoon-tea/index.html

ケンジントン・ティールーム

西武池袋本店の3階にあるケンジントン・ティールームは、JR池袋駅東口に直結しています。気軽に行けてリーズナブルと評判ですが、一方で50種類以上の本格的な紅茶を味わえるカフェでもあります。

日本紅茶協会「おいしい紅茶が飲める店」に認定されており、数年ごとに更新されているというから、その品質はまさに折り紙つき。紅茶の専門家が自信をもって推薦するお店です。

おかわりはありませんが、約3杯分のポットに入って、たっぷり提供されます。ティーコジーをかぶせてくれるので、アツアツの紅茶をゆっくり楽しめますね。

デザートタワーは2段で、少々控えめ。その分、料金もひとり1,944円とお手頃です。

ケンジント・ンティールーム
住所:東京都豊島区南池袋1丁目28−1
電話番号:03-5949-2163
営業時間:10:00~21:00(日・祝前日は20:00閉店)
定休日:不定休
URL:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/diningpark/cafe/kenjinton/

椿山荘東京 ル・ジャルダン

はるか室町時代の頃から、椿の名所として知られた「つばきやま」。この地に建設された椿山荘は、四季の彩り美しい日本庭園に囲まれ、日本だけでなく世界中から利用客が訪れるホテルです。

椿山荘東京のロビーラウンジル・ジャルダンでは、本格的な英国スタイルのアフタヌーンティーを楽しむことができます。「アロマチョコレート」や「ルージュショコラ」など、流行を先取りした最先端のスイーツをいち早く取り入れているのも特徴。

アフタヌーンティーの料金はひとり3,800円で、クッキングレッスンや、ナイトバーなどのプランもあります。池袋駅からは少し歩きますが、都会の喧騒を忘れて優雅なひとときを味わえるのは嬉しいですね。

椿山荘東京 ル・ジャルダン
住所:東京都文京区関口2丁目10−8
電話番号:03-3943-0920
営業時間:10:00~21:00(ティータイム12:00~18:00)
定休日:年中無休
URL:https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/restaurant/jardin/

ホテルメトロポリタン メザニンラウンジ すずかけ

JR池袋駅西口から徒歩3分という、最高の立地ホテルメトロポリタン。ロビーに面したラウンジのすずかけでも、本格的なアフタヌーンティーが楽しめると人気です。

ホテルのシェフやパティシエが手作りしたスイーツやスコーンを、紅茶やハーブティーと一緒に味わうことができます。「すずかけ」はロビーを見下ろす吹き抜けの作りになっており、ゆっくりとくつろげる空間になっています。

1日50個限定のSuicaペンギンケーキも大人気スイーツ。アフタヌーンティーとどちらがいいか、迷ってしまいますね。

ホテルメトロポリタン メザニンラウンジ すずかけ
住所:東京都豊島区西池袋1 丁目6−1 ホテル メトロポリタン
電話番号:03-3980-1111
営業時間:10:00~20:00(ティータイム14:00~17:00)
定休日:年中無休
URL:https://ikebukuro.metropolitan.jp/restaurant/list/suzukake/index.html

クロスダイン

クロスダインも、ホテルメトロポリタン内にあるレストラン。普段はブッフェ形式で、四季折々の料理を提供しています。

平日20食限定来店2日前までに予約が必要という、穴場アフタヌーンティーは、ひとり3,000円。ホテルらしく繊細なスイーツがそろっています。

プラス500円でスパークリングワインをつけたり、ホテルらしく宿泊とセットになったプランもあります。店内は豪華でゆったりとした内装。

たまには贅沢な気分にひたってみるのもいいかも。

クロスダイン
住所:東京都豊島区西池袋1丁目6−1 ホテルメトロポリタン1F
電話番号:03-3980-1111
営業時間:6:30~23:00(ティータイムは14:00~18:00)
定休日:年中無休
URL:https://ikebukuro.metropolitan.jp/restaurant/list/crossdine/index.html

<下に続く>

池袋のアフタヌーンティーは本格的な紅茶が楽しめる!

本格的な紅茶
池袋は、新宿、渋谷とならぶ山の手3大副都心と呼ばれます。池袋駅周辺には、ホテルや百貨店、飲食店などが無数に存在しており、本格的なアフタヌーンティーを楽しめるお店もたくさん集まっている場所です。

紅茶はコンビニや自販機でも買える身近な飲み物ですが、たまには本格的な紅茶をゆっくりたしなむのもいいもの。池袋のアフタヌーンティーなら、本格的な紅茶と一緒に、厳選された旬のスイーツも楽しめちゃいますね。

こちらに紹介したお店はごく一部です。池袋にはまだまだたくさんのアフタヌーンティーのお店があります。

きっとあなたにピッタリのお店が見つかるハズ。一度、池袋へ出かけてみてくださいね。

<下に続く>

【番外編】アフタヌーンティーのマナーを知っておこう!

紅茶の作法
イギリス式のアフタヌーンティーでは、基本的に形式ばった作法は必要ありません。一方、日本でのアフタヌーンティーは、イギリスの一流ホテルや、英国王室の作法をお手本にしたもの。

デザートタワーが運ばれてきたら、ヒョイと手を伸ばしてお料理をつまみたくなりますが、フォークやナイフを使うのがマナーです。味が薄いものから食べるのがよいとされ、最下段から順に取り分けます

一口で入らないものは、ナイフで小さくします。ただしパンやスコーンは別。

キリスト教では、パンやスコーンはキリストの肉体を象徴したものです。刃物を入れずに手でちぎって食べるのが作法なんだとか。

カフェによっては、紅茶だけでなく、コーヒーや、たくさんのドリンクを飲み放題で楽しめるお店もあります。紅茶を飲むときは、ぜひイギリス流に、ソーサーを持ち上げてみましょう。

ぐっと上品でおしゃれに見えますよ。

<下に続く>

池袋のおすすめアフタヌーンティー8選!ホテルやフォション、ラシーヌまとめ

池袋で本格的なアフタヌーンティーを楽しむなら、ホテルのカフェはいかがでしょうか。こだわり自家製パンがおなか一杯食べられて、時間無制限のラシーヌや、フランスのフォション直営カフェなど、話題のお店もたくさん。

ぜひ、池袋で素敵なアフタヌーンティーを満喫してくださいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line