どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/16

カップルの旅行におすすめ!夏デートで行きたい国内人気スポット30選

四季折々の自然や施設など、日本国内には世界中の人がうらやむような観光スポットが沢山あります。

この記事では、そんな中でも、カップルの皆さんにとって、おススメな夏の国内旅行に行きたいデートスポットを都道府県別に紹介します。
夏しか味わえない限定イベントや、夏ならでは涼感スポットなど、皆さんの夏のデートの参考になったら幸いです。

Large sea 79606 1280
目次

絶対失敗しない!夏のカップル旅行の行き先を選ぶポイント

では、夏のカップル旅行の行き先を選ぶポイントをみていきましょう。
夏のカップル旅行の行き先を選ぶポイントには、以下のものがあります。

  1. 暑くても大丈夫な涼しいスポットであること
  2. 夏しか体験出来ない限定イベントであること
  3. 一生の思い出になるような場所・時間であること
  4. 暑さを吹き飛ばすような刺激的なアクティビティが出来ること

続いて、夏のカップル旅行の行き先を選ぶポイントを、それぞれ詳しくみていきます。

夏のカップル旅行の行き先を選ぶポイント① 暑くても大丈夫な涼しいスポットであること

夏のデートで一番大敵なのが、温度上昇に伴う暑さですよね。
最近では、40℃近く超える地域もあり、少し外に出てしまうだけで熱中症になってしまうなんてこともありうるので、行き先を選ぶ際は、行くだけで涼しくなるポイントを選ぶか、きちんと熱中症対策をしてからお出かけするようにしましょう。

夏のカップル旅行の行き先を選ぶポイント②夏しか大変出来ない限定イベントであること

海、プール、花火大会、お祭りetc・・・夏には夏しか体験できないような限定イベントが沢山あるのも、夏の楽しみの一つですよね。
地域によって、お祭りや花火大会など、約半年前には、日程が決まっていることが多いので、行き先を選ぶ際の参考にしたら良いですね。

夏のカップル旅行の行き先を選ぶポイント③一生の思い出になるような場所・時間であること

これは夏に限ったことではないですが、やはり、どうせ選ぶなら一生の思い出になるような場所・時間を選ぶことをおススメします。
いつか結婚して、子どもが出来た時にその時の思い出を語り合えるようなステキな時間を過ごすことが出来れば、二人の距離もより一層縮まるはずです。

夏のカップル旅行の行き先を選ぶポイント④暑さを吹き飛ばすような刺激的なアクティビティが出来ること

倦怠期やマンネリ化を感じているカップルやご夫婦には、暑さを吹き飛ばすような刺激的なアクティビティをしてみてはいかがでしょうか。
大自然を感じてみたり、マリンスポーツを楽しんでみたり、普段とは違う時間を一緒に過ごすことで、またお互いの新たな一面を見ることが出来るかもしれませんよ。

<下に続く>

夏にカップルで旅行したいスポット:北海道、東北エリアおすすめ5選

では、北海道、東北エリアのおすすめスポットをみていきましょう。
北海道、東北エリアのおすすめスポットには、以下のところがあります。

  1. 北海道・「神の子池」
  2. 北海道・「ファーム富田」
  3. 青森県・「ねぶた祭り」
  4. 秋田県・「竿燈祭り」
  5. 福島県・「裏磐梯」

続いて、北海道、東北エリアのおすすめスポットを、それぞれ詳しくみていきます。

北海道、東北エリアのおすすめスポット①北海道・「神の子池」

北海道のオホーツク管内斜里郡清里町にある「摩周湖」の奥にある池で、摩周湖(カムイトー)=神の湖の伏流水から出来ているという言い伝えから「神の子池」と呼ばれています。
水深5mほどの小さな池には、池に沈んだ倒木が水の底にはっきると見えるほどの透明度で、天候が晴れの時には水面がエメラルドブルーに輝くほどに美しいと言われています。

夏にしては、他の地域よりも気温も低く、非常に過ごしやすい北海道で、神秘的な雰囲気に包まれたロマンティックなデートをしてみてはいかがでしょうか。

神の子池
住所:北海道斜里郡清里町
電話番号:0152-25-4111(NPO法人きよさと観光協会)
営業時間:(夏)午前9時~午後6時(冬)午前10時~午後5時
定休日:年末年始
URL:https://www.kiyosatokankou.com/kaminokoike.html

北海道、東北エリアのおすすめスポット②北海道・「ファーム富田」

ラベンダーで有名な北海道の空知郡中富良野町にある「ファーム富田」は、ラベンダーを中心とした花畑が約15ヘクタールにもわたり、栽培されている大型農園です。
ラベンダーが開花し始めるのは、6月の下旬頃で、見ごろは7月上旬~中旬、遅くとも8月の上旬までであれば、美しいラベンダー畑に出会うことが出来るでしょう。

ラベンターのソフトクリームや、プリン、チーズケーキといった少し変わったスイーツなども併設されているカフェで食べることが出来るため、ラベンダー畑で遊んだ後は、カフェでまったりと過ごすのも良いかもしれませんね。

ファーム富田
住所:〒071-0704 北海道空知郡中富良野町基線北15
電話番号:0167-39-3939
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
URL:http://www.farm-tomita.co.jp/

北海道、東北エリアのおすすめスポット③青森県・「ねぶた祭り」

東北の三大祭りと呼ばれる青森県の伝統の祭りと言えば、「ねぶた祭り」ですよね。
毎年、8月2日~7日にかけて青森県の青森市で開催される「ねぶた祭り」は、200万人以上の観光客が動員されると言われるほど、とても人気なお祭りです。

「ラッセ、ラッセ、ラッセラー」といった掛け声に合わせて、武者などが描かれた扇型の山車燈籠が夜の街中を練り歩く様子は、鳥肌が立つほどの迫力で、初めて参加した人でも一晩で魅了されてしまうほどのお祭りの熱気を、二人で味わってみてはいかがでしょうか。

青森ねぶた祭実行委員会事務局
住所:〒030-0801 青森市新町1-2-18 青森商工会議所会館4F
電話番号:017-723-7211
営業時間:午前8時30分~午後5時15分
定休日:土日祝
URL:https://www.nebuta.or.jp/

北海道、東北エリアのおすすめスポット④秋田県・「竿燈祭り」

同じく東北の三大祭りと呼ばれる秋田県の伝統の祭りと言えば、「竿燈祭り」が有名です。
こちらも毎年、8月3日~8月6日にかけて秋田県秋田市で行われ、動員数は約120万人とねぶた祭りよりは少ないため、穴場かもしれませんね。

竿燈全体を稲穂に、連なる堤灯を米俵に見立てて、豊作を祈る様子は、天の川が降り注いだような光の集団と言われており、
太鼓と笛との競演も見逃せません。
光のハーモニーに包まれた幻想的な夜を二人で一緒にお楽しみください。

秋田市竿燈まつり実行委員会事務局
住所:〒010-8560 秋田県秋田市山王一丁目1-1
電話番号:018-888-5602
営業時間:午前8時30分~午後5時15分
定休日:土日祝
URL:http://www.kantou.gr.jp/index.htm

北海道、東北エリアのおすすめスポット⑤福島県・「裏磐梯」

ワカサギ釣りやスキー場など、冬シーズンの遊び場として有名な福島県の裏磐梯ですが、夏の平均気温は20℃とかなり涼しいため、東北地方の隠れた避暑地としてもとても人気です。
宿泊エリアには、軽井沢を彷彿させるようなオシャレなレストランやペンションが立ち並んでおり、日帰りでも泊まりでもどちらでも楽しめるようになっています。

自然を楽しみたいなら、裏磐梯の深勝路沿いにある「五色沼」のトレッキングや、「中津川渓谷」のお散歩がおススメ。
裏磐梯には、温泉施設も多数あるため、疲れた体を癒すために、帰りがけに日帰り温泉に寄っても良いかもしれませんね。

裏磐梯観光協会
住所:〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093-1055
電話番号:0241-32-2349
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:土日祝
URL:https://www.urabandai-inf.com/

<下に続く>

夏にカップルで旅行したいスポット:関東エリアおすすめ5選

では、関東エリアのおすすめスポットをみていきましょう。
関東エリアのおすすめスポットには、以下のところがあります。

  1. 山梨県・「富士急ハイランド」
  2. 東京都・「神津島」
  3. 東京都・「ナイトプール」
  4. 静岡県・「竜ヶ岩洞」
  5. 茨城県・「ひたちなか海浜公園」

続いて、関東エリアのおすすめスポットを、それぞれ詳しくみていきます。

関東エリアのおすすめスポット①山梨県・「富士急ハイランド」

関東にある絶叫スポットと言えば、山梨県の富士吉田市にある「富士急ハイランド」ですよね。
2018年の7月から料金形態が変わり、入場料が無料になったため、更に行きやすくなりました。

富士山を横目に急降下する「FUJIYAMA」を始め、日本屈指の絶叫マシンに乗って、スリル満点なデートはいかがでしょうか。
ホラー好きなカップルであれば、こちらも2018年7月にリニューアルされた「絶凶・戦慄迷宮~収容病棟編~」にチャレンジしてみて下さい。

富士急ハイランド
住所:〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
電話番号:0241-32-2349
営業時間:(平日)午前9時~午後6時(土日祝)午前8時30分~午後20時
定休日:不定休
URL:https://www.fujiq.jp/

関東エリアのおすすめスポット②東京都・「神津島」

東京都の伊豆諸島の一つである「神津島」は、その昔、神々が伊豆諸島を作る際に、みんなで集まって話し合いをする拠点となったことから「神津島」という名前がついたといわれています。
高速船を使えば、東京からは約3時間半、熱海からは約1時間半、久里浜からは約3時間で到着することができ、その海の透明度は、まるで沖縄に来ているかのような真っ青な海が広がっています。

波が静かな入り江には、ダイビングやシュノーケルも楽しめる遊歩道があり、海辺には水着のまま入ることの出来る大型の露天風呂施設などもあるため、都会の喧騒から少し離れ、時間を忘れて楽しむことが出来ることでしょう。

神津島村役場
住所:〒100-0601 東京都神津島村 904
電話番号:04992-8-0011
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:土日祝
URL:http://vill.kouzushima.tokyo.jp/

関東エリアのおすすめスポット③東京都・「ナイトプール」

Instagramなどの普及により、ここ数年話題になっている「ナイトプール」ですが、その火付け役ともなった「ホテルニューオータニ」にある「POOL by NIGHT THE "O" LOUNGE」は、真夏の夜の大人のリゾートスポットとしておススメです。
毎年、7月中旬~9月上旬までの限定開催ではありますが、人気DJによるBGM演出や、プールサイドにオープンするダイニングでは、夏を彩る限定カクテルなどを味わうこともでき、非常にラグジュラリーな時間を過ごすことが出来ますよ。

バスローブやバスタオルなども全て料金に含まれているので、カップルで水着だけを持って、気軽に遊びに行ってはどうでしょうか。

POOL by NIGHT THE "O" LOUNGE
住所:〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町 4‐1
電話番号:03-3265-1111
営業時間:午後6時~午後10時
定休日:日曜日
URL:https://www.newotani.co.jp/group/pools/tokyo/

関東エリアのおすすめスポット④静岡県・「竜ヶ岩洞」

静岡県の浜松市にある「竜ヶ岩洞」は、2億5千万年前の地層と言われている秩父古生層の石灰岩地域にある大鍾乳洞です。
洞窟内は、常に約18℃に保たれているため、暑い夏でも心地よく過ごせます。

洞窟内は、全てライトアップされているため、なかなか普段は感じることが出来ない神秘的な空間にうっとりすること間違いありません。

竜ヶ岩洞
住所:〒431-2221 静岡県浜松市北区引佐町田畑193
電話番号:053-543-0108
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:年中無休
URL:http://www.doukutu.co.jp/

関東エリアのおすすめスポット⑤茨城県・「ひたちなか海浜公園」

ROCK IN JAPAN FESTIVAL」でも有名な「ひたちなか海浜公園」は、茨城県のひたちなか市にある国営の公園です。
太平洋沿いにあるため、海風を浴びながらレンタル自転車でサイクリングをしたり、バーベキュー広場でバーベキューを楽しむことも出来ます。

公園のすぐ近くには、那珂湊おさかな市場という新鮮な魚介類を食べることの出来る漁港もあるため、併せて行ってみてはいかがでしょうか。

国営ひたち海浜公園 ひたち公園管理センター
住所:〒312-0012 茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
電話番号:029-265-9001
営業時間:午前9時30分~午後5時
定休日:月曜日
URL:http://hitachikaihin.jp/

<下に続く>

夏にカップルで旅行したいスポット:東海、北陸エリアおすすめ5選

では、東海、北陸エリアのおすすめスポットをみていきましょう。
東海、北陸エリアのおすすめスポットには、以下のところがあります。

  1. 三重県・「ナガシマスパーランド」
  2. 岐阜県・「飛騨高山」
  3. 石川県・「千里浜なぎさドライブウェイ」
  4. 福井県・「東尋坊」
  5. 富山県・「クロスランドタワー」

続いて、東海、北陸エリアのおすすめスポットを、それぞれ詳しくみていきます。

東海、北陸エリアのおすすめスポット①三重県・「ナガシマスパーランド」

三重県の桑名市にある「ナガシマスパーランド」は、遊園地と温泉施設、アウトレットが一体化された大型アミューズメント施設です。
6月末~9月末には、ジャンボ海水プールが開かれるため、両方合わせて遊んでも良し、プールや遊園地だけでも1日中遊ぶことが出来ますよ。

神戸や大阪、名古屋からは便利な直行バスも出ているため、西日本に住んでいる方であれば、気軽に遊びに行くことが可能です。

ナガシマスパーランド
住所:〒511-1192 三重県桑名市浦安333 ナガシマスパーランド
電話番号:0594-45-1111
営業時間:(平日)午前10時~午後5時(土日祝)午前9時30分~午後5時30分
定休日:不定休
URL:http://www.nagashima-onsen.co.jp/index.html/

東海、北陸エリアのおすすめスポット②岐阜県・「飛騨高山」

岐阜県高山市にある観光地の「飛騨高山」は、江戸時代から残る古い町並みや、飛騨牛など美味しいご当地グルメが楽しめるスポットとしても非常に人気なエリアです。
映画「君の名は。」のモデルになったスポットなども存在するので、ガイドブックを片手に、恋人と旅行に行かれてみてはいかがでしょうか。

少し離れれば、合掌造りの集落で有名な「白川郷」や、「日本三名泉」とも呼ばれている「下呂温泉」などもあるため、車でのお泊りドライブデートにも最適ですね。

一般社団法人 飛騨・高山観光コンベンション協会
住所:〒506-0011 岐阜県高山市本町1丁目2番地
電話番号:0577-36-1011
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:年中無休
URL:http://www.hidatakayama.or.jp/

東海、北陸エリアのおすすめスポット③石川県・「千里浜なぎさドライブウェイ」

石川県の羽咋郡にある「千里浜なぎさドライブウェイ」は、日本では唯一である砂浜の上を車でドライブできる海岸です。
海も空も身近に感じながらのドライブは、非常に爽快でドライブデートを盛り上げること間違いなしですよ。
車やバイクだけでなく、自転車でも走行が可能で、千里浜インターチェンジを降りてすぐにある「千里浜レストハウス」に寄れば、専用の自転車のレンタルもあるので、是非、行ってみて下さい。

羽咋市役所 地域整備課施設管理係
住所:〒925-8501 石川県羽咋市旭町ア200番地 庁舎2階
電話番号:0767-22-1119
営業時間:午前8時30分~午後5時15分
定休日:土日祝
URL:https://www.city.hakui.lg.jp/kankou/5182.html

東海、北陸エリアのおすすめスポット④福井県・「東尋坊」

福井県の坂井市にある「東尋坊」は、海辺にそびえたつ断崖絶壁が大迫力の観光名所です。
海辺まで続く「東尋坊商店街」には、観光客向けのお土産やここでしか食べられない海の幸などが食べ歩きできるようになっており、駐車場に車を止めてゆっくりと散策しても楽しいですよ。

近くには「芦原温泉」と呼ばれる温泉地帯もあり、旅館の浴衣を着たまま、いろんなところにお出かけ出来たりもするので、温泉旅行と併せて訪れても良いかもしれませんね。

坂井市三国観光協会
住所:〒913-0063 福井県坂井市三国町東尋坊
電話番号:0776-82-5515
営業時間:午前8時30分~午後5時
定休日:土日祝
URL:http://www.mikuni.org/tojinbo/

東海、北陸エリアのおすすめスポット⑤

2007年に恋人の聖地として認定された「クロスランドタワー」は、富山県小矢部市にある観光名所です。
地上100mの展望フロアからは、立山連峰などの雄大な景色を楽しむことができ、ハート型の「恋かぎ」は、恋人たちの想いの証として人気スポットです。

夏は実施されていませんが、冬にはイルミネーションも点灯されるので、冬のデートスポットとしても覚えておくといいでしょう。

クロスランドおやべ
住所:〒932-0821 富山県小矢部市鷲島10番地
電話番号:0766-68-0932
営業時間:午前10時~午後9時
定休日:水曜日・年末年始
URL:http://www.cross-oyabe.jp/

<下に続く>

夏にカップルで旅行したいスポット:中国、四国エリアおすすめ5選

では、中国、四国エリアのおすすめスポットをみていきましょう。
中国、四国エリアのおすすめスポットには、以下のところがあります。

  1. 広島県・「厳島神社」
  2. 島根県・「出雲大社」
  3. 香川県・「直島」
  4. 徳島県・「阿波踊り」
  5. 高知県・「四万十川」

続いて、中国、四国エリアのおすすめスポットを、それぞれ詳しくみていきます。

中国、四国エリアのおすすめスポット①広島県・「厳島神社」

厳島神社」は広島県廿日市にある神社で、海の中にそびえたつ大鳥居を始め、海の敷地の上に立つ朱塗りの社殿は、世界文化遺産にも登録されています。
結婚式を挙げる場所として、キャンセル待ちも出るほどの人気スポットで、近くの弥山にある消えずの火で有名な霊火堂は、恋人の聖地として多くのカップルが訪れているそうです。

厳島神社
住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1-1
電話番号:0829-44-2020
営業時間:午前6時30分~午後5時
定休日:年中無休
URL:http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/

中国、四国エリアのおすすめスポット②島根県・「出雲大社」

縁結びの神・福の神として有名な「出雲大社」は、島根県出雲市にある由緒正しい神社で、縁結びの神としては、日本一であると言われていることから、全国各地から様々なカップルが観光に訪れています。
縁結びの糸」というお守りに、五円玉を結んだり、ブレスレットにして肌身離さず持ち歩くとご利益があると言われているため、訪問した際は、忘れずにゲットしましょう。

出雲大社
住所:〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
電話番号:0853-53-3100
営業時間:(3月~10月)午前6時~午後8時(11月~2月)午前6時30分~午後8時
定休日:年中無休
URL:http://www.izumooyashiro.or.jp/

中国、四国エリアのおすすめスポット③香川県・「直島」

アートの島として有名な「直島」は、香川県の香川郡属し、瀬戸内海上に浮かぶ小さな島々です。
高松港から高速船で約30分、フェリーで約1時間で到着するその島は、建築界のノーベル賞とも例えられ、草間彌生の「赤かぼちゃ」を始め、さまざまなアート作品が島のあちこちに飾られているのが特徴です。

アート好きなカップルはもちろんですが、香川県で有名なうどんの他に、ハマチやのりの養殖業もさかんなため、グルメが大好きなカップルにとってもおススメの観光スポットです。

NPO法人 直島町観光協会
住所:〒761-3110 香川県香川郡直島町2249−40
電話番号:087-892-2299
営業時間:午前8時30分~午後6時
定休日:年中無休
URL:http://www.naoshima.net/

中国、四国エリアのおすすめスポット④徳島県・「阿波踊り」

中・四国を代表する祭りと言えば、徳島県の「阿波踊り」ですよね。
毎年、8月12日~15日に開催される「徳島市阿波踊り」は、踊り子や観客数において国内最大規模のお祭りと言われています。

「エライヤッチャ、エライヤッチャ、ヨイヨイヨイヨイ」や、「ア、ヤットサー、ア、ヤットヤットー」などという掛け声に合わせて踊りながら、街中を練り歩く姿は、その活気に見ているお客さんまでもが楽しい気持ちになれるため、是非、人生に一度は行ってみたいお祭りの一つですよね。

阿波おどり実行委員会事務局
住所:〒770-8571 徳島市幸町2丁目5番地(徳島市観光課内)
電話番号:088-621-5298
営業時間:午前8時30分~午後5時15分
定休日:土日祝
URL:https://awaodori-kanko.jp/

中国、四国エリアのおすすめスポット⑤高知県・「四万十川」

高知県の西部を流れる「四万十川」は、数多くの映画の舞台にもなった知る人ぞ知る清流で、水百選・日本の秘境100選にも選ばれている有名な川です。
アクティブなデートが好きなカップルであれば、川の上でカヤックカヌーSUPなどのスポーツを楽しむことも出来ますし、ゆったりと川沿いを歩きながら散歩をするのも、心が穏やかになってとても良いですよ。

もちろん、かつおのたたき、鰹節、芋けんぴなどの高知県ならではのご当地グルメも味わうことが出来るので、川を楽しんだ後は、美味しいものを食べて帰るのも一つの想いでになりますね。

四万十市観光協会
住所:〒787-0014 高知県四万十市駅前町8-3
電話番号:(0880)34-1555
営業時間:午前8時30分~午後5時30分
定休日:年中無休
URL:https://www.shimanto-kankou.com/

<下に続く>

夏にカップルで旅行したいスポット:九州、沖縄エリアおすすめ5選

では、九州、沖縄エリアのおすすめスポットをみていきましょう。
九州、沖縄エリアのおすすめスポットには、以下のところがあります。

  1. 福岡県・「博多祇園山笠」
  2. 佐賀県・「七ツ釜」
  3. 熊本県・「大観峰」
  4. 鹿児島県・「屋久島」
  5. 沖縄県・「阿嘉島」

続いて、九州、沖縄エリアのおすすめスポットを、それぞれ詳しくみていきます。

九州、沖縄エリアのおすすめスポット①福岡県・「博多祇園山笠」

博多祇園山笠」は、福岡県福岡市博多区で行われる伝統の祭りです。
毎年、7月1日~15日にかけて行われ、その期間は町に飾り山笠が飾られ、ふんどし姿に法被姿の男性が歩いているのをよく見かけます。

15日の朝4時59分から行われる「追い山笠」では、櫛田神社をスタート地点とし、8つの山笠を背負った男たちがタイムを競って駆け出す様子は、何とも言えない緊張感に包まれ、見ている人たちまでドキドキしてしまうほど、スリル満点です。
九州グルメを堪能しつつ、博多の伝統のお祭りを観光するコースはいかがでしょうか。

博多祇園山笠振興会
住所:〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町1
電話番号:092-291-2951
営業時間:不明
定休日:不明
URL:https://www.hakatayamakasa.com/

九州、沖縄エリアのおすすめスポット②佐賀県・「七ツ釜」

イカで有名な佐賀県唐津市呼子町にある「七ツ釜」は、紺碧の海に七つの洞窟が浮かぶ神秘的な観光スポットです。
天気が良く、波が穏やかな日であれば、輝くほどにブルーに光る海と、迫りくる岸壁の不思議な世界が待っていますよ。

お昼ご飯に、美味しい活き造りのイカを食べて、船に乗って七ツ釜をクルージングするコースは、真夏の暑さを忘れる贅沢なデートとなることでしょう。

唐津観光協会
住所:〒847-0816 佐賀県唐津市新興町2935-1
電話番号:0955-74-3355
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:年中無休
URL:https://www.karatsu-kankou.jp/spots/detail/4/

九州、沖縄エリアのおすすめスポット③熊本県・「大観峰」

熊本県阿蘇市にある「大観峰」は、阿蘇五岳からくじゅう連山までが一望できる阿蘇エリア屈指の絶景スポットです。
「悩み事がある人は、大観峰を訪れるといい。」と言われるほど、壮大な阿蘇の風景を360℃パノラマで一望できるため、カメラ好きのカップルなどには絶好のデートスポットではないでしょうか。

周辺には、「ジャージー牛乳ソフトクリーム」が食べられる牧場や、熊本で有名な「馬刺し」を食べられるお店などもあるため、帰りがけに熊本グルメを堪能して帰るのも良いかもしれませんね。

阿蘇市観光協会
住所:〒869-2307 熊本県阿蘇市小里781
電話番号:0967-34-1600
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:年中無休
URL:http://www.asocity-kanko.jp/ja/top/

九州、沖縄エリアのおすすめスポット④鹿児島県・「屋久島」

日本人ならば一度は行ってみたい鹿児島県の「屋久島」は、自然が大好きなカップルにとっては、格好のデートスポットではないでしょうか。
屋久島のシンボルである縄文杉を始め、映画「もののけ姫」の舞台のモデルにもなった「苔むす森」など、1日だけでは周れないほどに魅力的な場所が多数あるため、せっかく訪れるならゆっくりとした日程で過ごしたいものですね。

屋久島観光協会
住所:〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田310-1
電話番号:0997-49-4010
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:年中無休
URL:http://yakukan.jp/

九州、沖縄エリアのおすすめスポット⑤沖縄県・「阿嘉島」

最後に紹介するのは、夏の旅行先として大人気な沖縄県の知る人ぞ知る穴場スポット「阿嘉島」です。
那覇から高速船で約1時間ほどで行ける離島であり、運が良ければ野生のウミガメや、マンタにも会えるダイビングスポットでもある阿嘉島は、映画「マリリンに会いたい」の舞台にもなった離島で、島一面が透き通るほどの青い海で囲まれています。

島の人口のは約300人ほどで、島にはコンビニや信号機もなく、都会とはかけ離れた非常にゆったりとした時間が流れているため、カップルで訪れるのであれば、時間を忘れ、二人だけの時間をたっぷりと味わうことが出来るはずです。
また、島の人たちもとてもフレンドリーで優しい人たちが多いため、旅行するならば日帰りではなくどこかの旅館に1泊して、島の人たちとゆんたくをするのもおススメですよ。

一般社団法人 座間味村観光協会
住所:〒901-3402 沖縄県島尻郡座間味村字座間味95番地 2 F
電話番号:098-987-2277
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:年中無休
URL:https://www.vill-zamami-okinawa.com/

<下に続く>

まとめ

毎年訪れては、あっという間に過ぎ去っていく夏。

暑い夏は、温度の上昇と共に、恋人たちのボルテージも盛り上げてくれる季節でもあります。
この記事が、そんな全国のカップルの暑い夏を、さらに盛り上げるデートの参考になれば嬉しいです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line