どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/06/22

相模原で人気のおすすめ観光スポット25選【デート/買い物/イベント】

相模原は、神奈川県北部にある地域です。
あまり観光地というイメージはないかもしれません。

しかし湖やダム、山があるので、アクティビティが楽しめるレジャー施設があります。
また東京都が近いためショッピングやグルメを楽しめる穴場観光地でもあります。

この記事ではそんな自然と都会の両方のスタイルを楽しめる、相模原観光の魅力を紹介します。
実際に行った口コミや感想を紹介しています!

Large arek adeoye 213476 unsplash  1

【観光の前に】相模原ってどんなところ?

町

神奈川県中央にある、多摩丘陵と相模川に挟まれた台地を「相模原台地」といいます。
その相模原台地の北部に「相模原市」があり、その中心的な町が「相模原町」です。

一般的に相模原というと相模原市を指します。
東京都の町田市や八王子市とも隣接している地域で、観光地と言われてもあまりピンとこないかもしれません。

しかし相模原には相模湖や津久井湖などの湖や相模川があり、旧石器時代から人が住んでいる痕跡がありました。
ダムや丹沢や秩父に連なる山もあり、豊かな自然の中でアクティビティな観光も楽しめます。

一方で市街地にはご当地グルメを食べられるお店や、可愛い雑貨屋さんなどもあり、グルメやショッピングの観光も楽しめるエリアです。
他にも市街地での散策観光や、雑貨巡り観光、歴史観光などいろいろな観光スタイルがあります。

観光に疲れたら温泉もあります。
是非、自分の好きなスタイルで、相模原観光を楽しんでください。

<下に続く>

デートにもぴったり!城山湖や温泉など相模原のおすすめ観光地15選!

車 地図
相模原は、山間部と都市部に分かれています。
それぞれのおススメ観光スポットを紹介します。

  1. 相模原市立麻溝公園
  2. 県立相模原公園
  3. 相模原北公園
  4. 神奈川県立津久井湖城山公園
  5. 城山湖
  6. 相模湖
  7. 弁天橋
  8. 小原宿本陣
  9. さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
  10. JAXA 相模原キャンパス
  11. 相模原市立博物館
  12. 相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら
  13. 相模原市役所
  14. 相模・下九沢温泉 湯楽の里
  15. 青根緑の休暇村 いやしの湯

相模原の観光地①:相模原市立麻溝公園

麻溝(あさみぞ)公園は、クレマチスやあじさいなど、四季折々の花が咲く広い公園です。
アスレチックや大型遊具があり、小学生以下が体験できるポニー乗馬もある、ファミリーで楽しめる観光スポットです。
またふれあい動物園や、丹沢から東京スカイツリーまで見渡せる展望タワーもあり、カップルの観光にもおすすめできます。

相模原市立麻溝公園の口コミ

40代/男性

広い公園でアスレチックが沢山あり、子供達は大喜びです。
庭園も春や夏にはきれいな花がたくさん咲き、大人にもお勧めです。
展望台も登ってみましょう。
周りの景色が一望出来て気持ちが良いですよ。

40代/男性

広い公園で遊具が一杯あります。
アスレチックもたくさんあり、子どもたちも大喜びです。
展望台があり公園の廻り360度が一望できます。
庭園も併設されていますので、大人や年配の方にもお薦めです。一日中居ても飽きないと思います。
ただし、休日に車で行く場合は朝、早めに行くことをお勧めします。
また駐車場は広いですが、すぐに満車になります。

30代/女性

近所なのでよく行っています。無料の小さな動物園や広い芝生広場がある為、土曜、日曜は沢山の人がテントを張って寝ていたり、ピクニックをしています。毎年5月には菖蒲の花、6月には紫陽花の花が咲き、とても綺麗です。相模線原当麻駅から下車徒歩約20分ですが、北里大学やギオンスタジアムも近い為、バスが沢山あります。また駐車場も第5まであるので車で来ても安心です。
魅力としては、ふれあい動物園と広い芝生広場があるので一日家族で楽しめるところです!

相模原観光の際は是非立ち寄ってください。

review_parent:{
10代/男性

昨年の秋くらいにいきました。この公園は非常に大きく緑豊かです。家族連れが特に休日賑わいます。また道もきれいなため毎日運動される方にはちょうど良いかもしれません。そして、この公園にはシンボル的存在のタワーがあり、この公園を一望できます。時間がゆっくり流れるように感じられる落ち着いた場所です。

相模原市立麻溝公園
住所:神奈川県相模原市南区麻溝台2317-1
電話番号:042-777-3451
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/kouenkankou/kouenryokuchi/1003087.html

相模原の観光地②:県立相模原公園

麻溝公園と隣接する「相模原公園」も花と緑が溢れる観光スポットです。
この公園のシンボルは、県内最大級の大温室「サカタのタネグリーンハウス」です。

温室内にシアターやカフェ、ギャラリーがあり、非日常的な空間をじっくり満喫できるでしょう。
麻溝公園と合わせて一日中いれる観光スポットです。

県立相模原公園
住所:神奈川県相模原市南区下溝3277
電話番号:042-778-1653
営業時間:区域・施設による
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp

相模原の観光地③:相模原北公園

相模原北公園は自然の風景が生かされている公園で、山登りは苦手だけど相模原の自然は体験したいという人におすすめの観光スポットです。

園内には森や渓流を再現した川があり、街中でありながらハイキング気分を味わえます。
近くには日帰り温泉もあるので、観光で疲れたら行ってみましょう。

相模原北公園
住所:神奈川県相模原市緑区下九沢2368-1
電話番号:042-779-5885
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/kouenkankou/kouenryokuchi/1003071.html

相模原の観光地④:神奈川県立津久井湖城山公園

津久井湖城山公園は津久井湖にある城山ダムと、津久井城跡の地形を利用した公園です。
丹沢の山々や津久井湖を見渡す展望や、桜やハーブなどの四季折々の花々が観光客に人気です。

自然が好きな人はもちろん、城跡見学で歴史好きの人も楽しめる観光スポットです。

神奈川県立津久井湖城山公園
住所:神奈川県相模原市緑区根小屋162
電話番号: 042-780-2420
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:http://www.kanagawa-park.or.jp/tsukuikoshiroyama/

相模原の観光地⑤:城山湖

城山湖は、津久井湖の北にあります。
ダムのためにつくられた人造湖です。

湖の周囲約9kmには散策路といくつかの休憩所が設けられています。
気軽なハイキングを楽しみたい人にはぴったりの観光スポットです。

城山湖
住所:相模原市緑区川尻
電話番号:042-783-8065(城山観光協会)
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:http://www.e-sagamihara.com/nature/nature_scenery/0289/

相模原の観光地⑥:相模湖

相模湖は相模ダムによってせき止められた人造湖です。
戦後に作られた最初のダムで、「〇〇湖」と命名された日本初のダムです。

遊覧船や貸しボートがあり周辺にも観光スポットがたくさんあります。
花火やお祭りなど、観光客が集まるイベントもあります。

相模湖
住所:神奈川県相模原市緑区
電話番号:042-684-2633(相模湖駅前観光案内所)
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:https://www.sagamiko.info/

相模原の観光地⑦:弁天橋

弁天橋は相模湖付近の相模川にかかる吊り橋です。
渡るには細い散策路を歩く必要がありますが、かながわの橋100選にも選ばれている名橋で、穴場絶景観光スポットでもあります。

弁天橋
住所:神奈川県相模原市緑区千木良1258
電話番号:なし
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7488/p27951.html

相模原の観光地⑧:小原宿本陣

弁天橋の近くには「小原宿本陣」があります。
本陣とは江戸時代の大名行列の時に、大名が泊まる宿のことです。

神奈川県下で唯一現存する本陣で当時のままの姿で残ってます。
現在は宿としては営業していませんが、自由に見学ができ、観光客が集まっています。

11月には大名行列も行われ、歴史好きにはたまらない観光スポットです。

小原宿本陣
住所:相模原市緑区小原698-1
電話番号:042-769-8371(相模原市役所)
営業時間:9時30分~4時
定休日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)12月29日~1月4日
入場料や利用料:無料
URL:https://www.sagamiko.info/miru/post_1/

相模原の観光地⑨:さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト

相模湖畔にある大きなレジャー施設で、地元民だけでなく県外の観光客にも人気の観光スポットです。
遊園地エリアとキャンプエリアがあり、施設内には温泉もあります。

特に人気なのは大人でも足がすくむアスレチック「マッスルモンスター」です。
アクティビティが好きな人には数日かけてガッツリ楽しめる観光スポットでしょう。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの口コミ

20代/女性

2018年3月ごろに利用しました。
イルミネーションを目的に訪問しました。
リフトに乗車している際や観覧車からのイルミネーションの眺めが良く、楽しむことができました。
様々な装飾がされており、特にパディントンとのコラボレーションしている装飾と植物とイルミネーションの景色が綺麗でした。

20代/女性

2019年の11月に訪れました。
2回目でしたが、1回目にはなかったマッスルモンスターを体験しにワクワクでいきました。

しかし、高所恐怖症の私には足がガクガクの恐怖体験になりました。
高い位置にあるのでスリルを味わいたい人にはおススメです。

景色は本当に素晴らしかったです。
夜はイルミネーションも綺麗なのでカップルにもおススメです。

30代/女性

イルミリオンがどうしても見たくて家族で行きました。
まだ子供も小さかったので寒い中連れていくのは悩みましたが、評判もよかったため勇気をだして出発!
結果は大満足でした!!
基本外を歩くので防寒は必須でしたが、途中には暖かい汁物の販売があったりログハウス風の授乳室もあったりと子連れにも優しい設備が整っていました。
3人目が生まれたのでまたぜひ見に行きたい場所のひとつです。

40代/女性

子連れにおすすめの施設。ワイルドクッキングガーデンでは手ぶらで施設が整っており、手ぶらでのBBQも楽しめる。山の斜面にそって建てられており、広い敷地は結構歩きます。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634
電話番号:0570-037-353
営業時間:平日10時~21時 休日9時30分~21時
定休日:一部の水曜・木曜(要確認)
入場料や利用料:大人1700円、小人・シニア1000円、ペット1000円(ペット同伴は注意事項を要確認)*アトラクション・温泉・キャンプ宿泊料は別料金
URL:http://www.sagamiko-resort.jp/

相模原の観光地⑩:JAXA 相模原キャンパス

日本の宇宙研究所Jaxaのキャンパスが相模原にあります。
しかも無料で見学もできてしまうので、宇宙に興味のある人には外せない観光スポットです。

Jaxaの最新情報を知れる他に、宇宙探査機や衛星の原寸大の模型もあります。
また週に何回かスタッフの方による解説ツアーもありますので、観光の際は事前にチェックしてみましょう。

JAXA 相模原キャンパス
住所:神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1
電話番号:050-3362-3540
営業時間:10時から17時半
定休日:毎週月曜日・祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は、翌平日)、12月28日~1月3日
入場料や利用料:無料
URL:http://www.isas.jaxa.jp/visit/index.html

相模原の観光地⑪:相模原市立博物館

JAXAに隣接する相模原市立博物館は、相模原の歴史や自然の他に、宇宙についての展示もあります。
プラネタリウムでは子供向けのものから、大人も楽しめるものまでさまざまなプログラムがあります。

JAXAと合わせて行きたい観光スポットです。

相模原市立博物館
住所:神奈川県相模原市中央区高根3-1-15
電話番号:042-750-8030
営業時間:9時半~17時
定休日:毎週月曜日・祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は、翌平日)、12月28日~1月3日
入場料や利用料:常設展は無料 プラネタリウムは高校生以上500円 4歳以上200円 4歳未満無料(割引や無料になる条件あり) 
URL:http://sagamiharacitymuseum.jp/

相模原の観光地⑫:相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら

相模川のさまざまな生き物を展示している水族館です。
屋内にも屋外にも展示スペースがあり、敷地内の公園には相模川を引き込んだ水路もあって、観光の散策にぴったりです。

海の水族館とはまたちがう雰囲気を楽しめる観光スポットです。

相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはらの口コミ

30代/女性

昔から、ちょっとしたデートに使える場所でした。
何年か前にリニューアルしてから、館内だけでなく外のベンチなどで友人と持ち寄りランチをしたり、ゆっくりのんびり出来て別の利用方法が増え、行く回数が少し増えました。
館内も綺麗で見やすく、ショボさを感じることなく楽しめています。
障害者手帳を持っているので、私は勿論ですが付添人として友人も無料で利用できるのとても有り難いです。

20代/女性

相模原で人気な観光スポットに先月の週末に行きました。
これで、10回以上は行ってるとおもいます。

今回は、魚に直接エサをあげられるスペースが子供たちのお気に入りなので訪れました。
水槽も大きくたくさんの魚がいて、エサを近づけるとたくさんの魚が近づいてくるのが半分恐怖、半分楽しいみたいです。

相模湖に生息する魚を子供にもわかりやすく展示されているので小学生の自由研究にはもってこいですし、大人も楽しめます。
うちの子達はまだ理解できない2才から大好きな場所でした。
魚やザリガニとふれ合えるスペースやぬりえ・工作スペース、展示もいろんなしかけがあるので楽しいみたいです。

相模原駅から水郷田名行きのバスに乗り20分くらいでアクセスでき、外の広場も広々して水遊びもできるので丸1日遊ぶこともできます。

未就学の子供や一緒に行くおじいちゃんおばあちゃんにとってちょうどいい広さだと思います。

相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら
住所: 神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
電話番号:042-762-2110
営業時間:9時半~16時半
定休日:月曜日(月曜日が祝祭日の場合は開館。振替休館無し)
入場料や利用料:高校生以上390円 小・中学生130円 65歳以上190円 未就学児無料
URL:http://sagamigawa-fureai.com/

相模原の観光地⑬:相模原市役所

相模原の町を観光したら、是非寄って欲しい穴場観光スポットが「相模原市役所」です。
外見はなんの変哲もない市役所ですが、屋上に展望台があります。

周囲に高層ビルが無いので、天気の良い日は富士山やスカイツリーも見える絶景観光スポットです。
食堂もリーズナブルで美味しいと評判です。

相模原市役所
住所:神奈川県相模原市中央区中央2-11-15
電話番号:042-754-1111
営業時間:8時半~17時
定休日:土日祝
入場料や利用料:無料
URL:http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/shikanren/shiyakusyo/1002667.html

相模原の観光地⑭:相模・下九沢温泉 湯楽の里

相模原北公園の隣にある天然かけ流しの日帰り温泉施設です。
食事処やマッサージもあり、観光で疲れた体をリフレッシュできます。

30代/女性

温泉施設は色々な所を利用していましたが、ここは小さい子供の利用が少なく(利用する時間帯にもよるかもしれませんが。ちなみに私は昼過ぎから夕方頃に利用が多いです)脱衣所も清潔感が保たれていて不快感はないです。
浴場内も同様に清潔感があります。
食事処も同様に不快感を持ったことはないです。
利用している方もマナーの悪い客層は今のところ出くわした事はないです。
休憩(仮眠所)も、毎回ぐっすり寝てしまうぐらいなので居心地が良いのだと思います。
利用頻度はに三か月に一度ぐらいですが、もう十年ぐらい利用歴があります。

30代/女性

今まで色々な温泉施設を利用したことがありますが、湯楽の里・下九沢は浴場内・脱衣所・飲食スペース・休憩(仮眠室)トータル的に清潔感があり、利用している客層や雰囲気も落ち着いていて10年以上利用させてもらっています。
20代の頃でも気にせず利用していました。
今も2~3ヶ月に一度ぐらいですが、利用しています。
従業員の方も感じが良く、癒しの場として最適です。
利用している時間帯にもよるのかもしれませんが(ちなみに私は昼過ぎ頃かあら夕方に利用)あまり小さなお子さんも居ないのでより静かに過ごせています。
毎回、仮眠室で熟睡してしまいます。

相模・下九沢温泉 湯楽の里
住所:神奈川県相模原市緑区下九沢2385-1
電話番号:042-764-2626
営業時間:9時~24時
定休日:なし
入場料や利用料:中学生以上 平日740円・土休日920円・22時以降540円、小学生以下 平日410円・土休日510円 
URL:https://www.yurakirari.com/yura/sagamihara/

相模原の観光地⑮:青根緑の休暇村 いやしの湯

今まで紹介した観光スポット群からは離れますが、最後におすすめしたいのが「いやしの湯」です。
相模湖よりもさらに山奥にある「奥相模湖」のほとりの休暇村にあります。

その泉質は世界中でも珍しい「カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉」で、観光に疲れた体を癒してくれます。

青根緑の休暇村 いやしの湯
住所:神奈川県相模原市緑区青根844
電話番号:042-787-2288
営業時間:3月~12月 10時~21時、1月~2月 10時~20時
定休日:毎週火曜日(火曜日が祝祭日の場合は翌日)
入場料や利用料:中学生以上 3時間 700円・1日1000円・12月~2月の17時以降500円、小学生以下・障がい者 3時間 400円・1日 600円・12月~2月の17時以降300円
URL:http://www.iyashinoyu.org/index.html

<下に続く>

観光と一緒にグルメも楽しもう!相模原のおすすめ名物グルメ5選!

グルメ

観光スポットが分かったら、次はご当地の名産品も気になりますね。
相模原市の名物は以下のとおりです。

おすすめの名物①:ゆず

相模原の山里ではゆずの栽培が盛んで、市内にはゆずを使ったメニューを扱う飲食店も多いです。

ゆずを加工したお菓子や飲み物は観光客にも人気です。
特に人気なのは「(有)ふじの」の本醸造しょうゆとワインビネガーをブレンドしゆずの果汁を入れた「藤野ゆずの尊」です。

またグルメだけでなくエッセンシャルオイルやアロマオイルも作られています。
女性へ観光土産にいかがでしょうか。

おすすめの名物②:津久井うどん

「かながわの名産100」にも選ばれています。
伝統的な製法で作られた麺はコシが強く、独特な風味があります。

津久井湖畔にある「せき麺」は観光客にも人気のお店です。
本業は製麺ですが「試食」ということで、リーズナブルな価格で提供してくれます。

気に入ったら是非、観光の思い出に麺や麺つゆを買って、自宅でも食べてみましょう。

おすすめの名物③:かんこ焼

津久井に伝わる郷土料理です。
「かんこ」とは雅楽に使われる太鼓のことで、それに形が似ていることから名づけられました。

小麦の生地でキノコや山菜を包んで焼いたもので、江戸時代は昼食によく食べられていました。
現在はおやつとして食べられていて、観光客にも評判です。

津久井湖方面に観光に来たら、是非味わってみてください。

おすすめの名物④:相模灘

相模原市にある酒蔵「久保田酒造」は江戸時代に創業した老舗です。
地元の水をつかった地酒「相模灘」は香りが良く、果実のような酸味もある飲みやすいお酒です。

食事をしながら飲めるお酒を目指して作られています。
観光のお土産に、相模灘と相模原グルメで舌鼓を打ってみましょう。

おすすめの名物⑤:巌乃泉

清水酒造も、江戸時代からある相模原の酒蔵の老舗で国内外の品評会でも高い評価を得ています。
創業250年を誇り、創業当時の「ていねいに作り、ていねいに売る」をモットーに現在も酒づくりを続けています。

自慢の地酒は「巌乃泉」で、梅酒のように甘くて飲みやすく、女性の観光客にも人気のお酒です。

<下に続く>

観光の後はお買い物!相模原のおすすめショッピングスポット5選!

買い物をする人

観光のお土産のお買い物には以下のお店がおすすめです!

  1. オギノパン 本社工場直売店
  2. 津久井湖観光センター
  3. ふじのアートヴィレッジ
  4. 手づくりの店 悠遊
  5. 海福雑貨

オギノパン 本社工場直売店

オギノパンは一口サイズの「丹沢あんぱん」や、神奈川県フードバトルで金賞をとった「あげぱん」が有名なパン屋さんです。
神奈川県内に多数の販売店がありますが、観光ついでに本店でできたてほやほやを食べてみましょう!

オギノパン 本社工場直売店
住所:神奈川県相模原市緑区長竹2841
電話番号:042-780-8121
営業時間:9時半~18時半
定休日:年中無休
URL:http://www.ogino-pan.com/

津久井湖観光センター

津久井湖方面に観光に行ったら、お土産はここで買いましょう!
津久井の名産品や特産品はここで手に入れられます。

工芸品や地酒もあるので、ここに来れば観光のお土産の買いそびれはありません。

津久井湖観光センター
住所:相模原市緑区太井1274-2
電話番号:042-784-6473
営業時間:9時~17時
定休日:年末年始
URL:http://www.tsukui.ne.jp/kankou/center.html

ふじのアートヴィレッジ

9つのギャラリーとレストランがあり、ギャラリーには周辺に住むアーティストの作品が展示されています。
作品の販売や体験・実演もあるので、観光スポットとしても立ち寄ってもらいたいおすすめスポットです。

ふじのアートヴィレッジ
住所:神奈川県相模原市緑区牧野5570
電話番号:050-3791-0999
営業時間:店舗による
定休日:店舗による
URL:http://www.fujino-artvillage.com/index.html

手づくりの店 悠遊

相模原駅近くにあるハンドメイドのお店です。
20名以上の作家の作品が集まっていて、陶器やガラス細工、アクセサリーなどの力作が並んでいます。

ちょっと変わった観光のお土産にいかがでしょうか。

手づくりの店 悠遊
住所:相模原市中央区相模原8-1-8-101
電話番号:042-704-6422
営業時間:10時~18時
定休日:年中無休
URL:https://www.ssz.or.jp/aruaru/archives/1596

海福雑貨

相模大野駅と東林間駅をつなぐ大通りには個性的な雑貨屋さんが集まっています。
その中でも中心的なお店が「海福雑貨」です。

周辺マップや他の雑貨屋さんのチラシも置いてあるので、雑貨巡りの観光なら、まずはここに行ってみましょう。

海福雑貨
住所:神奈川県相模原市南区東林間3-18-3
電話番号:042-705-3392
営業時間:11時~18時
定休日:火・水・祝
URL:https://umick.com/

<下に続く>

相模原観光を楽しもう

旅

相模原は「観光地」と聞いてもピンと来ない人も多いでしょう。
しかし市街地と山間部が近く、自然の中を散策したり、街でショッピングをしたりと、カップルやファミリーだけでなく、1人のきままな観光も楽しめるエリアです。

魅力的な施設やイベントも多く、都心からも近い相模原に行ってみませんか?

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line