どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/03/08

JALの中長距離LCC「ZIPAIR(ジップエア)」が誕生!2020年から就航

JAL(日本航空)は2019年3月8日(金)、新たに設立する国際線中長距離LCCのブランド名を「ZIPAIR(ジップエア)」と発表した。
2020年夏より、東京(成田)=バンコク(スワンナプーム)/東京(成田)=ソウル(仁川)の就航をスタートさせる予定だ。

Large plane 352720 1280  1

日本を代表する航空会社「JAL(日本航空)」が新たに国際線中長距離LCC会社を設立することを発表した。

ブランド名を「ZIPAIR(ジップエアー)」とし、2020年夏スケジュールから東京(成田)〜ソウル(仁川)バンコク(スワンナプーム)の2路線を開設。

現在JALが所有している「ボーイング787-8型」2機を移管していくプランで席数も横8列から1席増やし、横9席に改修して運行していく。

社名は「株式会社ZIPAIR Tokyo」としJALが100%出資したLCCとして今後多くの旅行客の旅を支える重要な役割を果たしていく。

2018年5月14日にJALは事業領域を広げるに当たってこの「国際線中長距離LCC」設立を発表し、背景に「旅行に対する需要、価値観が多様化していくお客様に対応していく」といった思いから設立を決定した。

実は、この「ZIPAIR」を運行させるにあたって、事前準備として2018年7月31日に「株式会社TBL(ティービーエル)」を設立。

TBLは「To Be Launched(立ち上げ)」の頭文字をつけ活動していたが、この社名を「株式会社ZIPAIR Tokyo」に変更した。

矢が飛んでいく際の擬態語「ZIP」と「フライトの時間が短い」と言う意味を繋げて作られた造語であるとともに、「ZIP CODE(郵便番号)」をイメージし、「どこにでも行ける」意味を込めている。

他にもデジタルファイルフォーマット「.zip」から「いたるところに日本人の創意工夫をつめ込み、計算された移動体験を提供する」といった意味も込められた。
それに対し、「旅客を機内に圧縮するのでは?」と行った声も上がったが、株式会社「ZIPAIR Tokyo」の西田真吾社長は「そう言った意味ではありません」と今後のサービスに期待が膨らむ返答をした。

フルサービスキャリアのJALが「安定した成長性」「高価格帯」の旅客事業領域担い、設立した「ZIPAIR」が中長距離国際線の「高い成長性」「低価格帯」の旅客事業領域を担うことを、2020年度からの旅客事業ポートフォリオで発表した。

今後は環境(ETOSP)などが整い次第、太平洋超えやヨーロッパと行った長距離運行を目指していく予定。

今後ますます、近くなっていく国々の架け橋になっていく「ZIPAIR」に期待が膨らむ。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line