どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2018/10/21

肉汁溢れる餃子が食べたい!名古屋で人気のおすすめ餃子屋15選!

子供から大人まで万人に愛される人気料理の餃子。
パリパリの皮とジューシーな餡が、想像するだけでも食欲を掻き立てますよね。

餃子といえば栃木の宇都宮や静岡の浜松が有名ですが、名古屋にもたくさんの餃子の名店があることをご存知でしょうか。
今回は名古屋で美味しい餃子が食べられるお店をピックアップしてみました。

Large asian food blur close up 960856

名古屋でおすすめの餃子が楽しめる人気店

色とりどりの餃子

名古屋には定番から変わり種まで様々な餃子のお店があります。
その中で今回ご紹介するのは以下の15店舗です。

  1. 肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場(中村区)
  2. 餃子たつみ(中区)
  3. 名古屋餃子製作所(千種区)
  4. 金山餃子 金(中区)
  5. 餃子酒場 板屋(北区)
  6. 大衆亜細亜酒場64餃子(千種区)
  7. チャオチャオ餃子(西区他)
  8. ホワイト餃子(天白区)
  9. AGO餃子(中区)
  10. 餃子専門店 餃天(北区)
  11. 餃子王(中区)
  12. 百老亭(千種区)
  13. 下町の空(中区)
  14. 餃子バル三代目憲二郎(中村区)
  15. ぎょうざ専門店唐や(中区)

肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場(中村区)

東京や神奈川など関東地方を中心に展開している「元祖・肉汁餃子」のお店です。
2017年12月に愛知県名古屋市に初出店しました。

「餃子とビールは文化です」をコンセプトに、お酒に合う肉汁たっぷりの餃子を提供しています。
全粒粉を使った皮は厚すぎず薄すぎない絶妙なバランスで餡のうま味を逃しません。

そのままでも食べられるように味付けされており、お好みでラー油をつけても美味しいです。
餃子の中からあふれ出る肉汁が食欲をそそり、何個でも食べられそうな気持ちになります。

関東の人気店の味を名古屋で堪能してみてはいかがでしょうか。

肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場
住所:愛知県名古屋市中村区豊国通6-2
電話番号:052-471-1994
営業時間:17:00-24:00(土曜日・日曜日・祝日は11:30から)
定休日:不定休
URL:https://www.dandadan.jp/

餃子たつみ(中区)

売り切れ次第閉店という名古屋の人気店です。
確実に食べたい方は早めに行くことをおすすめします。

もちっとした皮に包まれた小ぶりの餃子がかわいらしいです。
こちらはニンニク不使用で野菜たっぷりの女性に嬉しい餃子となっています。

鶏のうま味もしっかりついており、あっさりながらコクがあります。
ちなみに、こちらは天津飯も美味しいのでセットでの注文がおすすめです。

餃子たつみ
住所:愛知県名古屋市中区新栄2-8-13 シャトー秋月 1F
電話番号:052-261-3011
営業時間:18:00-22:00(土曜日は11:30-14:00)
定休日:火曜日
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23053109/

名古屋餃子製作所(千種区)

名古屋のオシャレが集まるエリア、星ヶ丘。
その雰囲気にしっかり溶け込んだ大人っぽい内装のお店です。

メニューはさほど多くないものの、どれもワンコイン以下で食べることができるので、お手ごろさが嬉しいですよね。
焼き餃子と水餃子が中心のシンプルな品揃えです。

パリッとした皮とぎっしり詰まった餡が王道の美味しさです。
テイクアウトも行っているので、自宅で1杯……という方もぜひお立ち寄りください。

名古屋餃子製作所
住所:愛知県名古屋市千種区井上町128
電話番号:052-734-2272
営業時間:11:00-14:00(日曜日・祝日は15:00まで)・17:00-23:00(金曜日・土曜日は24:00まで)
定休日:無
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230111/23063721/

金山餃子 金(中区)

金山駅から徒歩5分の好アクセスで仕事帰りの方も行きやすいお店です。

こちらでは台湾餃子や金シャチ餃子など、名古屋の名物を取り入れた変わり種の餃子が食べられます。
特に台湾餃子は人気が高く、ニンニクのきいた味付けについついお酒が進みます。
台湾餃子以外はニンニク不使用ですので、食後に予定のある方でも安心です。

丸い形が特徴的でインスタ映えもばっちりの餃子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

金山餃子 金
住所:愛知県名古屋市中区金山3-13-13
電話番号:052-228-8301
営業時間:11:00-14:00・17:00-22:00(祝日・祝前日は夜のみ)
定休日:不定休
URL:https://gyoza-kin.owst.jp/

餃子酒場 板屋(北区)

2018年8月にオープンしたばかりの新しいお店です。
10席ほどのカウンターと控えめなメニュー数が「知る人ぞ知る」という雰囲気を出しています。

餃子の種類は焼き餃子のみ。
羽根つきで、店名の「板屋」の焼き印が入った芸術的な餃子です。

味付けはオーソドックスですが、タレの種類が多く、味を変えながら楽しむことができるというのが特徴です。
餃子の激戦区、浜松で育ったご主人の作るシンプルながらパンチのある餃子を食べてみてください。

餃子酒場 板屋
住所:愛知県名古屋市北区大曽根4丁目16-5
電話番号:052-915-3190
営業時間:18:00-24:00
定休日:火曜日
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230110/23068283/

大衆亜細亜酒場64餃子(千種区)

16時から18時は「ハッピアワー」と銘打ち、なんと餃子が100円で何人前でも注文できるという非常にお得なサービスが行われています。
また、飲み放題もセルフなら1,000円とこれまたお得です。

餃子が全種類食べ放題&セルフ飲み放題で3,000円といったコースもあります。
リーズナブルな価格でベロベロになるまで楽しめるので、お酒好きにはたまらないお店ではないでしょうか。

外観や内装は大衆居酒屋の雰囲気が満載で、サラリーマンにおすすめのお店です。

大衆亜細亜酒場64餃子
住所:愛知県名古屋市千種区池下1-4-19 安藤ビル 1F
電話番号:050-5868-2843
営業時間:16:00-24:00(金曜日・土曜日は25:00まで)
定休日:無
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230106/23037593/

チャオチャオ餃子(西区他)

こちらは全国展開しており、愛知県は名古屋市内に5店舗出店しています。

ご飯ものや麺ものは一切なく、まさに餃子専門店のこちらでは様々な種類の餃子が食べられます。
定番のチャオチャオ餃子や水餃子からカレー餃子や柚子胡椒餃子などの変わり種までその数は20種類以上!

スイーツまで餃子という徹底ぶりに驚きます。
色とりどりの鮮やかな餃子は味もインスタ映えも間違いなしです。

チャオチャオ餃子
住所:名古屋市西区名駅2-17-12
電話番号:052-571-3966
営業時間:15:00-24:00(土曜日・日曜日・祝日は12:00から)
定休日:無
URL:https://www.gyozakeikaku.com/shop/chaochao/

ホワイト餃子(天白区)

こちらは何といってもこのまん丸な見た目が特徴的。
一見するだけでは餃子と気付かないかもしれません。

餃子好きの間では有名なお店ですよね。
全国展開しており、通信販売も行っている大人気の餃子です。
愛知県は名古屋の1店舗のみ。

ボリュームたっぷりで、1人前の餃子だけでお腹いっぱいです。
こんがりきつね色で、焼き餃子というよりは揚げ餃子に近いカリっと食感がハマります。

ホワイト餃子
住所:愛知県名古屋市天白区植田南2-1501
電話番号: 052-805-5616
営業時間:11:30-15:00・17:00-22:00
定休日:水曜日/年末年始
URL:https://www.white-gyouza.co.jp/index.html

AGO餃子(中区)

ジャズの流れる隠れ家的なお店です。
オシャレなBARのような雰囲気で落ち着いた店内となっています。

餃子は小ぶりでかわいらしく、おつまみにぴったり。
しそ餃子やチーズ餃子などの変わり種もあり、様々な種類を少量ずつ楽しむことができます。

「餃子とビール」と聞くとにぎやかな店内で仕事帰りのサラリーマンが集まっているイメージですが、こちらは女性の1人飲みにもおすすめです。

AGO餃子
住所:愛知県名古屋市中区栄3-20-9
電話番号: 052-251-0236
営業時間:18:00-:翌2:00
定休日:不定休
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23022448/

餃子専門店 餃天(北区)

気さくなキャラクターの店主さんがいるアットホームなお店です。
カウンターのみの店内は昔ながらの庶民的な雰囲気が漂います。

こちらの店主さんは名古屋の有名店「百老亭」で修業を積んでおり、その味は間違いありません。
小ぶりで皮は薄め、具はぎっしりとワンタンに似た見た目です。

焼き餃子と水餃子が定番で、他にも名古屋名物の台湾風味付けがされた焼きそばやニラ玉などのメニューが人気です。

餃子専門店 餃天
住所:愛知県名古屋市北区金城町2-2 サンシャイン城見 1F西
電話番号: 052-991-9438
営業時間:17:00-24:30
定休日:火曜日
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230110/23036338/

餃子王(中区)

名古屋市内に3店舗を展開するこちらは、とってもリーズナブルでお財布に嬉しいお店です。

餃子は1皿180円、台湾ラーメンは1杯380円…驚きの価格です。
3時間食べ放題&飲み放題のコースもあり、こちらは3,000円。

餃子は少し形に特徴があり、皮はパリパリで餡はジューシーです。
麻婆豆腐やエビチリなど本格的な中華料理も食べられます。

名古屋で中華料理といえば味仙ですが、こちらも負けていません。

餃子王
住所:愛知県名古屋市中区錦3-13-5 中央マンション1F
電話番号: 050-5589-0407
営業時間:11:30-14:00・17:00-25:00
定休日:日曜日
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23043285/

百老亭(千種区)

名古屋で餃子といえば百老亭ですよね。
「味噌カツといえば矢場とん」と同じ感覚でしょうか。

小ぶりであっさりとした味付けの餃子は何個でも食べられます。
メニューは餃子が4種類ほどとおつまみが数種類のシンプルさでどれも美味しいです。

名古屋市内に3店舗を構え、有名店ということもありいつでも満席です。
早めの来店がおすすめ。

百老亭
住所:愛知県名古屋市千種区今池1-13-14
電話番号: 052-731-4462
営業時間:17:00-21:30
定休日:水曜日・第1/第3火曜日
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230106/23029601/

下町の空(中区)

名古屋を中心に知多や岐阜に展開しているチェーン店です。
半個室もあり、周りを気にせずゆったりと過ごせます。

こちらでは餃子をフランベするパフォーマンスがあり、炎に包まれる姿はSNS映えすること間違いなしです。
写真ではなく動画での撮影がおすすめです。

また、7色のカラフルな餃子も食べられます。
緑やオレンジは見かけますが、水色の餃子(味はイカ)まであるのでぜひチャレンジしてみてください。

下町の空
住所:愛知県名古屋市中区栄4-5-5
電話番号: 052-263-3089
営業時間:11:30-14:00・17:30-25:00(金曜日は翌3:00まで・土曜日は夜のみ)
定休日:日曜日
URL:http://www.shitamachinoku.jp/

餃子バル三代目憲二郎(中村区)

餃子につけるタレのバラエティが豊富で、様々な味付けで食べることができます。
お酒を飲みながらいつもと違う餃子の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ラクレットチーズやゴルゴンゾーラ、トムヤムソースや南蛮タルタルなど、意外な組み合わせですがこの美味しさに思わずハマってしまいます。
他では見かけない珍しいアレンジが印象的です。

ランチ営業もしており、こちらはアジフライなどの揚げ物が中心です。

餃子バル三代目憲二郎
住所:愛知県名古屋市中村区名駅5-31-13 シグマケミカル名古屋ビル1F
電話番号: 052-581-6900
営業時間:11:30-14:00・17:00-24:00(土曜日は22:00まで)
定休日:日曜日・祝日
URL:http://www.mels-group.co.jp/?p=526

ぎょうざ専門店唐や(中区)

夜中でも満席の人気店。
小ぶりでパリパリの一口餃子は誰もが注文する定番メニューで、席に着くとまず「何人前?」と聞かれます。

ニンニク不使用のあっさり味で、飲み会後の締めにも良さそうです。
ニオイの心配をする必要がないので女性でも安心!

お酒にもごはんにも合う食べやすい餃子です。

ぎょうざ専門店唐や
住所:愛知県名古屋市中区錦3-12-5
電話番号: 052-961-4441
営業時間:18:00-翌2:00
定休日:日曜日・祝日
URL:https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23015455/

<下に続く>

名古屋で人気のおすすめ餃子屋のまとめ

美味しそうな餃子

名古屋名物はどれも味が濃いので、食後にあっさりした餃子を食べればお口直しにもなります。
オーソドックスなものから変わり種まで幅広い餃子専門店が立ち並ぶ名古屋。

お店の雰囲気も様々で、いくつか巡ってみても楽しいですね。
ぜひ名古屋でお気に入りのお店を見つけてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line