どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/06/17

柏の人気かき氷店「三日月氷菓店」【おすすめメニュー、混雑情報】

夏になると無性に食べたくなるかき氷。
千葉県柏市にある「三日月氷菓店」は、日光の老舗氷室「三ツ星氷室」の天然氷を使った、天然かき氷の名店として評判です。

夏の繁盛期には1時間待ちという混雑情報もあり、本来オフシーズンの冬場でも、週末には多くのお客さんで賑わうと言われています。
そんな三日月氷菓店のおすすめのメニューを、定番メニューと期間限定メニューからいくつかご紹介します。

Large 33697803658 ba1f273bf5 c

柏の人気かき氷店「三日月氷菓店」とは?

夏の風物詩でもある、かき氷。

天然氷から作られるかき氷は、ふわふわでひんやりとした口当たりと、頭が“キーン”とならない食べやすさからここ数年で人気が高まってきています。

天然氷の発祥は栃木県日光市と言われていますが、実は最近、栃木県まで行かなくても天然氷のかき氷を食べられるお店が続々登場しているんですよ!

その中でも特に人気なのが、千葉県柏市に店舗を構える「三日月氷菓店」。
なんとグルメ投稿サイトの食べログで、「食べログ スイーツ100名店 EAST」に2017年から3年連続で選出されているんです!

様々なかき氷を食べ歩く“かきごおりすと”ならば、一度は食べておきたい名店の味。
三日月氷菓店のおすすめのかき氷と、待ち時間・混雑情報をご紹介します。

<下に続く>

柏の人気かき氷店「三日月氷菓店」のおすすめかき氷7選

三日月氷菓店のかき氷は、日光の老舗氷室「三ツ星氷室」の天然氷を使用しています。
その氷で作られるかき氷の特徴は、天然氷を薄く削ったまるで綿雪のような食感。

さらに、シロップと氷を交互に盛ることによってどこから食べてもしっかり味を感じられる作りになっています。

三日月氷菓店は一度の訪問ではその魅力を全て知ることはできません。
というのは、夏と冬では氷の削り方が異なるため、時期によって一味違う食感になるからです。

また、季節に合わせて期間限定のメニューも登場します。
数あるラインナップの中から、おすすめの定番メニューと、毎年人気の期間限定メニューをご紹介します。

おすすめかき氷①宇治金時

京都・宇治の希少な有機抹茶を使用し、お店で炊いた北海道十勝産の小豆をトッピング。
かき氷の中には無添加のミルクアイスが入っています。

抹茶の濃厚な味と香り、小豆の優しい甘さがマッチしたその味わいは、三日月氷菓店に訪れたら是が非でも食べておきたい一品です。

別添えの練乳をかけて、お好みで甘さを調節してお召し上がりください。

おすすめかき氷②宇治抹茶

こちらの宇治抹茶は、宇治金時と同じ抹茶を使用しています。
宇治金時にトッピングされる小豆は付いておらず、濃厚な抹茶の風味をそのまま楽しめます
こちらも練乳が付いているので、甘さをプラスしたい方はお好みでどうぞ。

おすすめかき氷③いちご

カキ氷の定番でもある「いちご」は、市販のシロップを使っていますが、いちごの粒の食感が楽しめる素朴な味わいが特徴です。
天然氷のふわっとした口当たりと、いちごシロップの素朴な味がシンプルでおいしいと評判です。

冬になると甘酸っぱい果肉感を堪能できる、自家製シロップの「生いちご」がメニューに登場します。
機会があればそちらもチェックしてみてください。

おすすめかき氷④黒みつ

黒みつはカキ氷の中に入っているミルクアイスとの相性が抜群!
シロップの黒みつは沖縄産のさとうきびから作る黒糖、無漂白素精糖と合わせて作られているそうです。
メニューには記載されていませんが、こちらも無料で練乳を追加できます。
甘党の方はぜひお試しください。

おすすめかき氷⑤生ぶどう

夏にかけて期間限定で登場する生ぶどうは、鮮やかな紫色がうつくしい見た目。
瑞瑞しいぶどうの果肉が贅沢に入っていて、夏のうだるような暑さを爽やかな甘さで和らげてくれそうです。

おすすめかき氷⑥ピーナッツ

あまり聞き馴染みのないピーナッツシロップのかき氷は、ピーナッツの名産地・千葉ならではのメニューといえますね!
とろりとしたピーナッツソースは香ばしく優しい甘さが特徴的で、「かき氷と意外にも相性良い!」という口コミも多く寄せられています。

おすすめかき氷⑦カシスオレンジ

春先にかけて登場するカシスオレンジは、カシスシロップとオレンジシロップが交互にかけられた色鮮やかなかき氷。
果汁をぎゅっと絞った自家製シロップは、自然な甘酸っぱさ、柑橘の華やかな風味をそのままに堪能できます。

爽やかな香りの主張が強いので、無料サービスでつく練乳で甘さをプラスするのがおすすめです。

<下に続く>

柏の人気かき氷店「三日月氷菓店」の待ち時間、混雑情報

行列

柏駅から徒歩数分とアクセスがよく、夏場になると待ち時間は1時間にのぼることも。
以前まで整理券を配布していましたが、現在は配布していません。
整理券の配布の有無については、公式ホームページで随時確認してみてください。

また、夏と冬では氷の削り方が異なり、冬の方が粉雪のような柔らかい食感を楽しめると評判です。
冬に食べるからこその味わいに、休日になると多くのお客さんで賑わいます。

<下に続く>

柏の人気かき氷店「三日月氷菓店」はパンケーキも人気!

かき氷が人気の三日月氷菓店ですが、実はパンケーキもおいしいんです!
ふわふわとした3cmほどの厚みがあるパンケーキは、優しい弾力と食欲を刺激するバターの香りが特徴的です。

焼くのに15分から20分ほど時間がかかりますが、丁寧に焼き上げられたパンケーキがテーブルに運ばれてくると、暖かく素朴な甘い香りが一気に広がります。

一般的にはメープルシロップやはちみつをかけますが、三日月氷菓店ではかき氷にサービスされる練乳をまわしかけていただきます。
バターの塩気と練乳のクリーミーで濃厚な甘さが合わさった絶妙な味わいは、一度食べたら癖になると評判です。

冬から春先にかけて期間限定で販売しています。

アイスドリンクにも天然氷を使用しているんです!

難波でタピオカドリンクを飲む
かき氷を食べながら小休憩。
お供にはコーヒーや紅茶などのドリンクも頼みたいですよね。

実は三日月氷菓店のアイスドリンクの氷は、すべて天然氷を使用しています。溶けにくい天然氷を使うことで飲み物は薄まりにくく、おいしいままのドリンクでゆっくりとティータイムを過ごすことができるんです。

三日月氷菓店
住所:千葉県柏市柏1-5-5 谷澤ビル2F
千葉県柏市柏1-5-5 谷澤ビル2F
電話番号:04-7162-3404
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:火曜日(ただし、10月~5月は火曜・水曜定休)
URL:http://www.mikazukihyouka.com/

<下に続く>

「かきごおりすと」が認めるかき氷の名店

柏の人気かき氷店「三日月氷菓店」の魅力をお伝えしました。
今やいろんな場所で食べられるようになった天然かき氷ですが、三日月氷菓店の天然かき氷は一線を画していると言えるのではないでしょうか。

柏は都心から電車で1時間弱ほどに位置していて少々遠く感じるかもしれませんが、多くの「かきごおりすと」が絶賛する名店ならば、わざわざ足を運ぶ価値があるかもしれませんね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line