どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/07/22

六甲山で人気のおすすめ紅葉スポット7選!見頃時期や登山方法紹介!

六甲山といえば、兵庫県を代表する山で、豊かな自然やおしゃれな街 神戸を見渡せるスポットとして、地元の人や観光客に人気のスポットです。
特に、秋の行楽シーズンには、六甲山・六甲山周辺の紅葉の名所を訪れる人で賑わいます。

六甲山の登山だけでなく、六甲山中・六甲山周辺にある施設や公園を気軽に散策、施設利用で紅葉とプラスアルファのアクティビティを楽しめるスポットもたくさん。
今回は、そんな六甲山の紅葉を楽しめるスポットをご紹介していきます。

Large fall 1072821 960 720

六甲山の紅葉の時期と見頃

紅葉 葉

六甲山の紅葉の時期

紅葉 木

六甲山では、例年11月上旬頃から紅葉が始まり、11月下旬頃まで、紅や黄色に色付いた美しい六甲山の秋の風景が見られます。
紅葉は、気温が十分に下がらなければ、始まりません。

年により暖かい日が長期間続くと、六甲山の紅葉の時期もやや遅れることも。
連日8度以下が続くと紅葉が始まり、5度以下がやってくると、さらに紅葉が進みます。

「急に冷えたな」と感じたら、六甲山・六甲山周辺で美しい紅葉をお目にかかれる時期です。
六甲山・六甲山周辺の紅葉が見られるのは、約1ヶ月弱。

その期間の、清々しい秋晴れの日が最も紅葉が美しく見られます。

六甲山の紅葉の見頃

かえで 一枚

六甲山で紅葉を楽しめる時期は、上の項目でご紹介した通りですが、見頃として、10月18日から11月24日に開催される六甲山高山植物園のライトアップをおすすめします。
また園内には、アート作品も展示され、「ザ・ナイトミュージアム」と題され、アートのライトアップもあり、六甲山の紅葉の風景をさらに盛り上げてくれます。

秋晴れに映える六甲山紅葉も美しいですが、暗闇でライトで照らされる紅葉も赴きがあり、見惚れてしまうほどです。
六甲山の紅葉を、せっかくなので、イベントも込みで楽しみたい方は、ぜひライトアップのある時期に夜の紅葉をお楽しみください。

<下に続く>

六甲山で人気のおすすめ紅葉スポット10選

黄色い葉 青空

では、六甲山で人気のおすすめ紅葉のスポットをみていきましょう。
六甲山で人気のおすすめ紅葉には、以下のスポットがあります。

  1. 六甲山高山植物園
  2. 神戸布引ハーブ園(ロープウェイ)
  3. 神戸市立森林植物園
  4. 神戸市立相楽園
  5. 鼓々滝公園
  6. 再度公園
  7. 端宝寺公園
  8. 須磨寺
  9. 須磨離宮公園
  10. 奥須磨公園

続いて、それぞれの「スポット」について詳しくみていきます。

六甲山高山植物園

一年中、六甲山の植物を楽しめる六甲山植物園。
秋の紅葉を眺められるのはもちろん、植物園なので、エリアごとに様々な植物が植えられ、観察できるのが楽しいです。

また、園内の歩道である木の回廊も、六甲山の雰囲気に溶け込み、とても絵になります。
六甲山植物園は、春夏は、季節の花で彩られ、秋は紅や黄色に変化した葉に、心が動かされます。

六甲山高山植物園の入場料は、大人(中学生以上)620円、子供(4歳~小学生)310円です。
なお、世界の様々なオルゴールを展示している六甲オルゴールミュージアムとの共通入場券は、大人(中学生以上)1260円、子供(4歳~小学生)620円となっています。

六甲山高山植物園の入場券だけでも、六甲オルゴールミュージアムとの共通入場券でも、前項目でご紹介した、紅葉シーズン(10月18日から11月24日)に開催される六甲山高山植物園の紅葉とアートのライトアップ「ザ・ナイトミュージアム」をみることができます。

六甲山高山植物園

神戸布引ハーブ園(ロープウェイ)

神戸布引ハーブ園は、山の中の広大な敷地にあるハーブ園で、様々なハーブや花を見られるだけでなく、神戸の街を見渡せるおしゃれなカフェで休憩できたり、オリジナルハーブグッズを作る体験などができます。
神戸らしくとてもオシャレなスポットで、年中ハーブを楽しめるスポットです。

山の中にあるので、ハーブと共に木々の葉が紅葉した景色を一緒に楽しめます。
紅葉を楽しみながら、ハーブの香りで癒されます。

また、ハーブ園へは、ロープウェイで行けるのも魅力の一つ。
秋には、ロープーウェイから紅葉を拝むことができ、とても贅沢な気分になれます。

ハーブ園入場兼ロープウェイ料金は、大人(高校生以上)往復1500円、子供(小学生・中学生)往復が750円です。
片道の場合は、大人950円、子供480円です。

神戸布引ハーブ園

神戸市立森林植物園

六甲山の一角にある神戸市立森林植物園。
世界の様々な地域に生息する1200種類もの植物が見られます。

特に、アジサイの名所として知られ、初夏には多くの人が訪れます。
また、秋には3000本の木の紅葉が美しく、六甲山の紅葉を楽しみたい方にはうってつけの植物園です。

園内には、森林植物園に相応しい、木のぬくもりを感じられるカフェや雑貨屋さんも入っているので、紅葉散策の休憩もできます。
森林植物園への入場は、大人(15歳以上)300円、子供(小・中学生)150円と神戸市立運営のためとても安いです。

年間フリーパス(四季トリコロールカード)をゲットすると森林植物園、相楽園、須磨離宮公園の3カ所がまわれます。
年間フリーパスは、大人900円、小人450円とかなりお得です。

また、兵庫県内に住んでいる65歳以上の方で、公的機関が発行する証明書の提示、子供であれば、のびのびパスポートを提示すれば無料となります。

神戸市立森林植物園

神戸市立相楽園

六甲山からほど遠くない、神戸の街にある日本庭園です。
一年中、季節ごとに緑、花、紅葉、雪などで彩られる美しい日本庭園と、敷地内にある、歴史を感じさせられる外国人旧住宅の旧ハッサム邸など重要文化財が3つもあり、見応え抜群です。

特に、秋は手入れの行き届いた美しい日本庭園で、紅葉を見ることができ、とても情緒があります。
日本の秋を感じられる、紅葉の風景がみたい方には特におすすめです。

神戸市立相楽園への入場は、大人(15歳以上)300円、子供(小・中学生)150円。
年間フリーパス(四季トリコロールカード)をゲットすると森林植物園、相楽園、須磨離宮公園の3カ所がまわれます。

年間フリーパスは、大人900円、小人450円。
また、兵庫県内に住んでいる65歳以上の方で、公的機関が発行する証明書の提示、子供であれば、のびのびパスポートを提示すれば無料となります。

神戸市立相楽園

鼓々滝公園

鼓々滝公園は兵庫県の温泉の街、有馬温泉近くにある紅葉スポットです。
滝つぼへ流れる水が、鼓を打つような音に聞こえたことからこの名前がつきました。

鼓々滝公園の滝の水は、六甲山から流れる水で、夏は涼しく、秋は紅葉した木々の間から流れ落ちる風景に心奪われます。
六甲山周辺で紅葉散策を楽しんだら、有馬温泉で汗を流して帰ってみてはいかがでしょう?

六甲山の自然も温泉も楽しめるスポットなので、是非足を運んでみてください。

鼓々滝公園

再度公園

六甲山地 再度山の山頂にある再度公園は、明治~大正に神戸に住んでいた外国人墓地も園内にありながら、国の名勝指定を受けています。
墓地といっても、おどろおどろしい感じはなく、秋には兵庫県の中でも屈指の紅葉スポットです。

園内には修法ヶ原いう池があり、六甲山の紅葉の時期には、池の周りの紅葉した木々が水面に映り、とても綺麗です。
池岸には見晴台があるので、そこから園内を見渡したり、池の周りを紅葉を眺めながらゆっくり歩いてみるのがおすすめ。

また、再度公園内の高台には、展望台があり、ここからだと外国人墓地を含め、広範囲に公園を見渡すことができるので、是非登ってみてください。

再度公園

端宝寺公園

六甲山のふもと有馬温泉街にある端宝寺公園は、秋には美しい紅葉の風景が見られることで有名です。
もともとは、端宝寺というお寺が廃寺になったところを、公園に整備され端宝寺公園となりました。

豊臣秀吉も、端宝寺の紅葉をたいそう気に入っていたことから、「日暮らしの庭」という名前で呼ばれていたり、秀吉が囲碁のために使ったとされる石の碁盤も残っています。
毎年11月2日、3日の六甲山の紅葉の時期には「有馬大茶会」が開かれ、その様子もとても赴きがあり、六甲山麓 有馬温泉街の秋の景色に一役かっています。

豊臣秀吉も愛した六甲山麓の端宝寺公園の紅葉を、一度訪れてみてはいかがでしょう?

端宝寺公園

須磨寺

六甲山周辺の、紅葉の美しいお寺として有名なのが、須磨寺として親しまれている、正式名称福詳寺です。
境内には、本堂や三重塔、八角堂や橋、様々な院や神殿、源平にまつわる展示など、お寺としても見どころが満載です。

秋には、歴史的建造物と紅や黄色の葉のコントラストが、美しく多くの人を魅了します。
六甲山付近で、お寺の紅葉の風景を楽しむなら、須磨寺がおすすめです。

須磨寺

須磨離宮公園

たくさんの品種のバラが植えられたヨーロピアンな庭が美しい、六甲山周辺にある須磨離宮公園。
子供向けにアスレチック施設も併設されていて、子供から大人まで楽しめる公園です。

公園の敷地内の和室のレンタルスペースのある日本家屋周辺は、特に須磨離宮公園の紅葉の見どころとなっています。
また、公園内にはおしゃれなカフェレストランもあり、ごはんやスイーツを食べながら紅葉を愛でるのも、秋の優雅な時間となります。

須磨離宮公園への入場は、大人(15歳以上)400円、子供(小・中学生)200円。
年間フリーパス(四季トリコロールカード)をゲットすると森林植物園、相楽園、須磨離宮公園の3カ所がまわれます。

年間フリーパスは、大人900円、小人450円とかなりお得です。
また、兵庫県内に住んでいる65歳以上の方で、公的機関が発行する証明書の提示、子供であれば、のびのびパスポートを提示すれば無料となります。

須磨離宮公園

奥須磨公園

六甲山周辺で春には桜、夏には蛍、秋には紅葉が楽しめる奥須磨公園。
公園内には、小川やたくさんの池が点在し、木々も多く、六甲山周辺の自然を楽しむことが出来ます。

また、園内には釣りができる池や、子供向けの遊具があるエリア、バーベキュースペースなども。
大人も子供もアウトドアを楽しめる公園になっています。

広大な公園内を紅葉を見ながら散歩するもよし、家族や友達とバーベキューをしながら紅葉を楽しむのもよし。
秋空のもと、紅葉をみながらアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか?

奥須磨公園
<下に続く>

六甲山紅葉の登山のおすすめ服装&持ち物

登山 男

おすすめ服装

ダウンジャケット

六甲山・六甲山周辺の紅葉を山に上ってや、長距離散策で楽しむなら、長ズボンにスニーカー(登山靴)、薄手のダウンなどがおすすめです。
歩いているうちに暑くなったら、脱げるよう、ジッパーのついた上着を重ね着しておくと便利です。

バーベキューなどをお考えであれば、座っている時間も長くなるので、女性は特に、ひざ掛けなどの防寒具を余分にもっていくのがいいでしょう。
スニーカーやダウンジャケットを、秋らしい色合いのものを選ぶと、季節感がありおしゃれに見えます。

おすすめ持ち物

リュック 青いボトル

バッグはバックパック(リュック)が登山や散策には、適しています。
スマートフォンや財布は小さいな斜めかけ掛けバッグに入れて、リュックと合わせて持つと必要な時にさっと取り出せ、また防犯の面からも安全です。

秋の紅葉シーズンはかなら気温が下がっているので、夏に比べて喉の渇きを感じにくいかもしれませんが、登山や散策をすれば汗をかき、身体から水分が失われています。
しっかり、水分補給できるよう飲料は携帯するようにしましょう。

また、登山の程度にもよりますが、一日がかりの六甲山の登山をお考えであれば、雨具やヘッドライト、応急処置グッズや、ビニール袋、タオル、山の地図、非常食などもリュックに入れて、しっかり備える必要があります。

<下に続く>

六甲山紅葉のアクセス方法

線路

六甲山の山上までは、六甲ケーブル下駅から六甲ケーブルに乗って行くことが出来ます。
六甲ケーブル下駅までは、阪神御影駅、JR六甲道駅、阪急六甲駅にて神戸市営バス16系又は106系でアクセス可能です。

六甲山を登山したい方は、何カ所か登山口がありますが、芦屋川駅や岡本駅、有馬温泉、新神戸駅などから六甲山へ向かって登山をスタートさせることができます。
登山口により、見える景色や難易度が変わってくるので、地図などで前もって確認してくおくことをおすすめします。

<下に続く>

六甲山で人気のおすすめ紅葉スポット7選!見頃時期や登山方法紹介!のまとめ

紅葉 神秘的

六甲山の豊かな自然のおかげで、六甲山中・六甲山周辺には、素敵な紅葉の名所がたくさんあります。
六甲山で登山はもちろん、六甲山周辺地域の公園散策や、カフェへの立ち寄り、また紅葉散策あとの有馬温泉でリラックスも素敵です。

また六甲山は、都心からのアクセスも良いことから、秋の週末の紅葉散策や登山に行きやすいことも魅力の一つです。
六甲山・六甲山周辺で、素敵な秋の紅葉を楽しんでみてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line