どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/11

有楽町周辺で人気のおすすめラーメン屋ランキング10選!

東京都千代田区の「有楽町」は銀座などの高級ブティック街と接しているエリアです。
そのためこのエリアに対し、おしゃれで高級なイメージを抱いている人も多いはずです。

そんなイメージとは対照的に、この「有楽町」にはリーズナブルで美味しいラーメンを提供するお店がたくさんあります。
今回はそのうちの10店をご紹介いたします。

Large 55e5d342425ba814f6da8c7dda79367c143edee352556c4870297ed49045c651b8 640

有楽町周辺で人気のおすすめラーメン屋ランキング10選

有楽町のラーメン屋

たくさんのラーメン店がある有楽町ですが、このエリアには有楽町ならではの個性的なお店も多々存在します。
そんな中から、今回は以下の10店をご紹介します。

  1. 九代目けいすけ
  2. Ramen ドゥエ Edo Japan
  3. 交通飯店
  4. 中園亭
  5. らーめん一郎
  6. らーめん松富
  7. 中華食堂 遊楽
  8. 谷ラーメン
  9. 喜丸
  10. 謝謝ラーメン

では有楽町にある、上記の10店の様子を詳しく見ていきましょう。

九代目けいすけ【鴨そばが美味しいお店】

「九代目けいすけ」は鴨を使ったラーメンが美味しいと評判のお店です。
最寄りの駅は「東銀座駅」ですが、「有楽町駅」からも歩いて11分ほどと、それほど遠くはありません。

お店の外観は歴史を感じさせつつもモダンな雰囲気を醸し出しています。
入り口の上には店名が書かれており、その横には家紋のような模様が入っています。

お店の前にはメニューが掲げられており、入店前にチェックすることができます。

このお店に来たら「芳醇鴨そば」を食べるべき!

このお店のおすすめメニューは、「芳醇鴨そば」です。
スープに使用されている主な出汁は丸鴨と昆布です。

見た目は非常にシンプルなメニューですが、一口食べると手の込んだメニューであることが理解できます。
麺の上にはチャーシューがのっていますが、当然のことながらこれも鴨肉です。

さっぱり味であるために有楽町の居酒屋で飲んだ後に食べても美味しいラーメンです。

九代目けいすけ

Ramen ドゥエ Edo Japan【有楽町でイタリアンシェフが作るラーメン店】

「Ramen ドゥエ Edo Japan」は非常におしゃれなラーメン店です。
最寄り駅は「幸町駅」となりますが、「有楽町駅」からでも徒歩15分ほどでたどり着くことができます。

「有楽町駅」からですと「日比谷公園」の南側にお店があるために、駅から公園を散歩して抜けるような感じで向かうことができます。

生ハムとチーズの「生ハムフロマージュ」

このお店のラーメンを作るのは、イタリアンシェフです。
そのためラーメンは洋風で、一般的なものとはかなり異なります。

そんな中、このお店で人気なのが「生ハムフロマージュ」です。
このラーメンには生ハム、そしてモッツァレラチーズが使用されています。

「ラーメンに生ハムとモッツァレラチーズ?」と思われるかもしれませんが、スープの熱で溶けたモッツァレラチーズがコクを与え、さらに生ハムの塩気がアクセントとなり、非常に美味しいラーメンです。

Ramen ドゥエ Edo Japan

交通飯店【有名人も通う有楽町駅前のラーメン店】

有楽町駅前には「東京交通会館」という複合ビルがあります。
「交通飯店」はこのビルの地下1階に位置しています。

実はこのお店、アメリカで大活躍したイチロー選手が通う有楽町のお店として知られています。
イチロー選手は炒飯と餃子が好みですが、このお店のラーメンも美味しいと評判です。

「有楽町駅」のすぐそばということもあり、お昼時には行列ができることもあります。

もやしがアクセントとなる「醤油ラーメン」

「交通会館」の「醤油ラーメン」は、昔ながらのシンプルな味付けです。
有楽町ではこのようなラーメンを提供するお店が多いのですが、ここ「交通会館」も同様です。

麺は細身のストレートで、その上にはたくさんのもやしがのっています。
このもやしのシャキシャキの歯ごたえがいいアクセントとなり、「醤油ラーメン」の美味しさをより一層引き立てます。

交通飯店

中園亭【有楽町の大衆中華料理店】

「有楽町駅」の東側から1分ほどのところに、かなり渋い表情の「中国料理 中園亭」という大きな看板が見えてきます。
店頭にはショウウィンドがあり、そこにはメニューのサンプルが置かれています。

ここは有楽町に昔から存在する大衆中華料理店で、ラーメンや餃子、そして野菜炒めなどを提供しています。
常連さんも多いのですが、「有楽町駅」を出た後にこの懐かしい外観を目にし、ついつい入店するお客さんも大勢います。

もやしのシャキシャキが最高の「味噌ラーメン」

このお店ではビールのおつまみとして「ニラ炒め」を注文するお客さんがいます。
この「ニラ炒め」はニラともやしがメインの炒め物ですが、シャキシャキのもやしが美味しいと好評です。

そしてこのもやしが入った「味噌ラーメン」は、有楽町のこのお店の人気メニューの1つです。
全体的にあっさりしているために、有楽町で飲んだ後の〆にもふさわしい一品です。

中園亭

らーめん一郎【有楽町のビルの地下にある、おしゃれなお店】

「らーめん一郎」は「有楽町駅」から歩いてすぐのところに位置しています。
白地に黒文字で「らーめん一郎」と書かれた看板の横には入り口があり、階段を下っていくと地下にお店があります。

有楽町のラーメン店の中ではこじんまりとした感じで、店内はそれほど広くはありません。
それでも清潔感があり、非常におしゃれです。

青森産にこだわった「醤油らーめん」

「らーめん一郎」の店主は青森県出身です。
そのため有楽町にありながらも、このお店では青森県の美味しい食材を使用したラーメンが提供されています。

その中でもおすすめなのが「醤油らーめん」です。
具材はチャーシュー、ネギ、ナルト、そしてほうれん草で、その中でもチャーシューが存在感を示しています。

スープには青森シャモロックの丸鶏から取った出汁を使用しており、それに魚介から取った出汁をミックスさせています。
麺は軽く縮れている中太で、深みのあるスープとの相性は抜群です。

らーめん一郎

らーめん松富【有楽町から徒歩7分で行ける路地裏のお店】

「らーめん松富」の最寄り駅は「銀座駅」になります。
しかし「有楽町駅」から徒歩7分で行くことができるために、有楽町でお酒を飲んだ後にこのお店に立ち寄るお客さんもたくさんいます。

店舗は銀座の路地裏にあるために、「銀座は敷居が高い」と感じる人でも問題なく入店することができます。
夜になるとそんな路地裏で「らーめん松富」の看板が光を放ち、そこに書かれた「特性松富餃子」と「名物担担麺」という文字がくっきりと浮かび上がります。

旨さが感じられる「担担麺」

看板にも書かれているように、このラーメン店の名物メニューは「担担麺」です。
スープに使用されているのは秘伝のタレで、それに胡麻やピリ辛のラー油などが加えられています。

このメニューはただ辛いだけでなく、しっかりと旨味を感じることのできるものです。
麺は細めの縮れ麺で、スープがしっかりと絡みます。

らーめん松富

中華食堂 遊楽【お昼時にお客さんで賑わう有楽町のラーメン店】

「有楽町駅前」にある「東京交通会館」には、いくつかの飲食店が入っています。
そしてこのビルの地下1階には「中華食堂 遊楽」があります。

入り口付近には写真付きのメニューが貼ってあります。
お昼になると毎日たくさんのお客さんが訪れるお店で、テーブル席とカウンター席が埋め尽くされます。

濃厚な「四川風担々麺」

このお店の「四川風担々麺」は、見た目が非常に辛そうなメニューです。
しかし飛び切り辛いというわけではなく、使用されている素材の味をしっかりと感じることができます。

とりわけスープに使用されている味噌と胡麻は濃厚で、細めの麺とよく絡みます。

中華食堂 遊楽

谷ラーメン【有楽町の高架下のラーメン店】

「有楽町駅」から歩いて2分ほどのところにある「谷ラーメン」は、誰もが一度は訪れてみたい、高架下にあるラーメン店です。
このお店は50年以上も営業を続けている、有楽町の老舗ラーメン店です。

数年前に耐震補強工事のためにお店を東京駅寄りに移動しました。
看板は新しいものの、白地に赤文字で「谷ラーメン」と書かれたシンプルなもので、古き良き昭和を感じさせます。

シンプルな「ラーメン」は〆に最高!

「谷ラーメン」はお店の雰囲気だけではなく、提供されるメニューも「昔ながら」といった感じです。
人気の「ラーメン」は昔ながらの醤油ラーメンという感じで、見た目は非常にシンプルです。

豚の出汁で取ったスープを使っているものの、現在風の豚骨ラーメンのような濁りはありません。
それでも出汁がしっかりと効ているため、非常に美味しいスープです。

麺は中太で縮れており、モチモチしています。
また具材はチャーシューとメンマでであり、全体的に茶色でまとまったラーメンです。

谷ラーメン

喜丸【有楽町で濃厚豚骨ラーメンを提供するお店】

有楽町にお店を構える「喜丸」は何となく古風な店名ですが、お店は非常におしゃれです。
外観、そして店内は黒を基調としたデザインです。

ここでもラーメンの他にアルコール類が販売されており、有楽町の居酒屋ではなく「喜丸」でお酒を飲むお客さんもいます。
提供されているラーメンは豚骨ベースで、こってりラーメンが好きな人におすすめのお店です。

ベーシックな「醤油とんこつ」

居酒屋の多い有楽町ですが、どちらかというとこのお店のラーメンはお酒の〆というよりは、ガッツリとラーメンを食べたいという人向けです。
その中でも「喜丸」の味をしっかりと感じることができるメニューが一番ベーシックな「醤油とんこつ」です。

このラーメンは誰もがイメージするような豚骨ラーメンで、中太麺とこってりスープ、そして具材にはチャーシューが使用されています。

喜丸

謝謝ラーメン【有楽町で人気の中華料理店】

有楽町に位置する「謝謝ラーメン」は、いかにも中華料理店といった名前のお店です。
ここではラーメンだけではなく、炒飯なども提供しています。

居酒屋が多い有楽町とあり、お酒を飲んだ後に立ち寄るお客さんもいます。
またこのお店自体もアルコールを提供しているために、ラーメンを食べながらお酒を飲む人もいます。

お店は赤と黄色の外観で、「ラーメン」と書かれた暖簾が掛かっています。
ここは有楽町エリアの中でも気軽に入店できるお店です。

さらっと食べられる「タンメン」

有楽町の居酒屋で飲んだ後に立ち寄るお客さんが多いとあり、あっさりしている「タンメン」はこのお店の人気メニューです。
乳白色のスープは豚骨をベースにして作られたものです。

それでも麺の上にのっているたくさんの野菜が脂っこさを感じさせません。
麺は縮れの少ない細麺で、スルっと喉を通ります。

〆の一杯としても最高ですが、普通に昼食や夕食で食べても十分美味しいメニューです。

謝謝ラーメン
<下に続く>

新旧のラーメンを食べられる有楽町

有楽町のラーメン

有楽町には昔からたくさんのお店が存在します。
もちろんラーメン店も例外ではありません。

しかも有楽町には何十年も営業しているラーメン店が多く、昔ながらのラーメンを食べることができます。
しかしそれだけではなく、このエリアには新しいラーメン店もたくさん出店しています。

こうした状況により、有楽町は新旧のラーメンを食べられるエリアへと発展していったのです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line