どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/08

相模原周辺で人気のおすすめラーメン屋ランキング10選!

神奈川県相模原市は政令指定都市で、市内にはたくさんの電車が走っています。
そのため駅の数も多く、それぞれの駅周辺にはたくさんの飲食店が存在します。

今回はそんな相模原市に存在する、ラーメン屋の様子を少し覗いてみることにしましょう。

Large matthew hamilton 160833 unsplash  1

相模原周辺で人気のおすすめラーメン屋ランキング10選

相模原のご当地ラーメン

相模原にはたくさんのラーメン店が存在しますが、今回は以下の10店をご紹介します。

  1. 夜鳴き軒
  2. 麺屋 匠堂
  3. 麺屋 歩夢
  4. らーめん山猫亭
  5. 中村麺三郎商店
  6. 拉麺一匠DEAD or ALIVE
  7. らーめんきじとら
  8. ラーメン三浦
  9. ラーメン 貝ガラ屋
  10. 村田屋

では相模原にある、上記の10店の様子を詳しく見ていきましょう。

夜鳴き軒【タイムスリップしたような店構えの相模原のラーメン店】

相模原市にある「夜鳴き軒」は、レトロな雰囲気を醸し出すラーメン店です。
入り口のすぐ上にある看板には昭和を彷彿させる書体で「夜鳴き軒」と書かれており、フリガナまでふられています。

トタンの日よけや表札風の掲示板がよりレトロ感を強調し、ここだけがタイムスリップしたような感覚に陥ります。
お店は相模原市を通る国道16号線沿いにあるために、車やバイクでの来店も容易です。

見た目よりも軽めの「こってりラーメン」

相模原のラーメン店「夜鳴き軒」の「こってりラーメン」はいかにも豚骨といった感じの見た目です。
しかし脂でスープがドロドロしているわけではなく、豚骨の出汁と魚介の出汁が絶妙にミックスされた上品な味わいです。

このメニューにはこってり系にしては珍しく、細麺が使用されています。
それでも固めに茹でられており、スープが良く絡みます。

夜鳴き軒

麺屋 匠堂【ラーメン、つけ麺、そして油そばを食べられる相模原のお店】

「麺屋 匠堂」は相模原市でラーメン、つけ麺、そして油そばを提供しているお店です。
店内は広くて明るい雰囲気を醸し出しており、一人で訪れる女性のお客さんもたくさんいます。

相模原市のこのお店のラーメンのスープは鶏出汁、魚介出汁、そして特製香味油を合わせたものがベースとなっています。
また期間限定メニューなどもあるために、季節の味を楽しめるお店です。

スープの美味しさを実感できる「塩ラーメン」

「麺屋 匠堂」の「塩ラーメン」は見た目が非常にシンプルです。
それでもまず目に入るのが器の表面の3分の2以上の面積を占めているチャーシューです。

薄切りではあるものの、この大きさはお得感があります。
その他にも痛めた青ネギとエシャロット、海苔、そしてメンマがトッピングとしてのっています。

またスープは澄んでおり、鶏出汁、魚介出汁、そして特製香味油の味が口の中に広がります。
麺は細麺、または太麺をチョイスできます。

しかしスープの美味しさを満喫したいという人は、細麺がおすすめです。

麺屋 匠堂

麺屋 歩夢【相模原で本格的な二郎系を食べられるお店】

「麺屋 歩夢」は相模原市で本格的な二郎系ラーメンを食べられるお店です。
野菜、ニンニク、そして脂の増量が可能で、味の濃さもお客さんの好みに調整できます。

一般的な二郎系ラーメン店とは異なり、相模原のこのお店にはトッピングに「豚一本」というメニューがあります。
これはチャーシュー1本のことで、オーダーするとカットされた「豚一本」がラーメンの上にのせられます。

二郎系初チャレンジは「小ラーメン」から

相模原市では二郎系ラーメンを提供するお店が少ないために、ついついボリューミーなメニューを注文してしまうかもしれません。
しかし二郎系ラーメンは野菜の量を無料で増やすことができます。

そのため「小ラーメン」をオーダーし、野菜を増量することをおすすめします。
さらにニンニクの量を増やすことで、かなりインパクトのあるラーメンを食べることができます。

ちなみにスープはこってりですし、チャーシューも厚いために、「小ラーメン」そのものも食べ応えがあります。

麺屋 歩夢

らーめん山猫亭【麺の太さが選べる相模原のラーメン店】

インパクトのある名前の相模原のラーメン店「らーめん山猫亭」は、その店構えも独特です。
お店の入り口上には店名が書かれてあり、その横には波の浮世絵が描かれています。

店内はカウンター席とお座敷があり、レトロな印象を抱かせつつも清潔感があります。
お店の近くには駐車場もあるために、車での来店も可能です。

相模原のこのお店で提供されるラーメンのスープには鶏、煮干し、そして羅臼昆布が使用されています。
これらが優しい味を作り出し、まろやかなスープに仕上がっています。

カニ風味の「香る塩」

相模原のこのお店の「香る塩」というメニューは、塩ラーメンに花咲ガニの出汁を浮かべたものです。
そのためカニの香りがふわりと鼻を通り、豪華な雰囲気を味わうことができます。

スープそのものは鶏ベースのさっぱり塩味です。
このお店では太麺か細麺かを選ぶことができます。

そのため同じ「香る塩」であっても、麺の太さを変えることで異なる雰囲気を味わうことができます。

らーめん山猫亭

中村麺三郎商店【おしゃれなテラスが印象的な相模原のラーメン店】

相模原市の「淵野辺駅」近くにある「中村麺三郎商店」は、その名前がもたらす雰囲気とは裏腹に非常におしゃれなお店です。
お店の入り口前にはテラスがあり、テーブルとイス、そしてパラソルが置かれています。

このお店は食べログのラーメン部門で100名店に選ばれている名店で、相模原市内だけでなく市外からもお客さんが訪れます。

相模原ナンバー1とも言われている「特製醤油らぁ麺」

「中村麺三郎商店」の「特製醤油らぁ麺」は相模原市で一番美味しい醤油ラーメンと言われるほどの美味です。
見た目は昔ながらのラーメンといったところで、具材はチャーシューと煮卵です。

スープの出汁は鶏から取られており、深みがあります。
麺は縮れのない細麺ですが、スープがよく絡みます。

またこのラーメンのチャーシューは鶏と豚の2種類で、どちらも柔らかく煮込んであります。

中村麺三郎商店

拉麺一匠DEAD or ALIVE【相模原で激辛ラーメンを食べたいならここ!】

相模原市にある「拉麺一匠DEAD or ALIVE」は、かなり過激な名前のラーメン店です。
このお店のラーメンは激辛で、「食べても生きていられるか!」という意味合いで「DEAD or ALIVE」の名前が付けられました。

相模原のこのお店のラーメンの辛味は主に唐辛子によってもたらされます。
そのため唐辛子の辛味が好きな人や、激辛にチャレンジしたいという人におすすめのお店です。

ちなみに「拉麺一匠DEAD or ALIVE」は、テレビ番組の激辛完食企画で放送されたことがあります。

「朝天麻辣白湯麺HADES」は20分以内に完食すると無料です!

「朝天麻辣白湯麺HADES」はこのお店の中で最も辛いラーメンです。
スープにはたくさんの唐辛子が使用されており、さらに麺の上には唐辛子パウダーが大量にかけられています。

万人受けするラーメンではありませんが、激辛好きの人にはたまらない一品です。
ちなみにこのメニューを20分以内に完食すると、料金1,450円が無料になります。

拉麺一匠DEAD or ALIVE

らーめんきじとら【相模原風二郎系ラーメンを食べられるお店】

「らーめんきじとら」は相模原風二郎系ラーメンを食べられるお店です。
お店の入り口にはオレンジと黄色の縦じまの模様が入っており、かなり目立ちます。

店内はシンプルでありながらも清潔です。
提供されているのはラーメンとつけ麺で、どちらも人気があります。

味は塩がメインで、スープは一般的な豚骨ラーメンに比べると色が薄めになってるのがこのお店の特徴です。

このお店の二郎系を満喫するなら「塩ラーメン」がベスト

「らーめんきじとら」が提供する二郎系ラーメンを食べたいのであれば、やはり注文すべきなのは「塩ラーメン」です。
相模原のこのお店では一般的な二郎家ラーメン同様、ニンニクと野菜の増量が可能です。

ちなみに野菜は50円プラスとなりますが、ニンニクは無料です。
そしてこのお店では生姜の増量を無料で行ってくれます。

これは一般的な二郎系ラーメン店には見られないサービスです。
そしてスープはあっさりした塩味で、この辺りも相模原の二郎系のオリジナル感が強調されています。

らーめんきじとら

ラーメン三浦【どことなく懐かしさを感じさせる相模原のお店】

「相模原駅」から徒歩で行ける距離にある「ラーメン三浦」は、昭和を彷彿させる店構えです。
黄色地の看板に赤字で「ラーメン」と横書きされており、その横には「三浦」と縦書きされています。

ちなみに「三浦」の文字は手書きの様で、味のある看板です。
このお店で提供されるのは昔ながらのラーメンや炒飯で、価格はリーズナブルです。

懐かしい味を満喫できる「醤油ラーメン」

相模原で懐かしのラーメンを食べたければ、やはり「ラーメン三浦」の「醤油ラーメン」を注文すべきです。
麺は縮れのある細麺です。

スープは豚骨鶏ガラベースで透き通っています。
それほど脂っこくないために、食べやすいメニューです。

トッピングはメンマ、刻みネギ、そしてチャーシューーですが、チャーシューは大きく、食べ応えがあります。

ラーメン三浦

ラーメン 貝ガラ屋【貝の出汁が美味しい相模原のラーメン店】

相模原市にある「ラーメン 貝ガラ屋」は、店名が示すように貝から出汁を取ったスープを使用しているラーメン店です。
お店の入り口に掛かっている暖簾には大きく「貝」と書かれており、お店の特徴が大々的にアピールされています。

ここは相模原市の集合住宅の一角にお店を構えるという、珍しいラーメン屋です。

牡蠣の風味が感じられる「濃厚牡蠣ソバ」

相模原のこのお店では「濃厚牡蠣ソバ」、そして「濃厚牡蠣つけ麺」を食べることができます。
どちらも美味しいのですが、「濃厚牡蠣ソバ」のスープは口に含むとその美味しさに驚かされます。

一見するととろみがあるような外見ですが、脂っこさはなく比較的サラっとしています。
そして飲むと牡蠣の風味が口の中に広がります。

麺は中太で、この牡蠣スープがよく絡みます。

ラーメン 貝ガラ屋

村田屋【細麺が美味しい相模原のラーメン店】

相模原市の中央区に位置する「村田屋」は、かなり目立つ外観のお店です。
店舗には大きな文字で「ら~めん村田屋」と書かれており、遠くからでも目にすることができます。

相模原のこのお店のラーメンは博多ラーメンに近く、こってりとした豚骨ベースのスープに細麺を使用しています。
全体的に価格もリーズナブルで、相模原の中でも入りやすいラーメン店です。

麺の美味しさが最大限に伝わる「らーめん」

上記でも述べたように、「村田屋」の麺は細麺です。
この麺の美味しさをより感じたいのであれば、おすすめはシンプルな「らーめん」です。

スープは豚骨を丁寧に煮出したもので独特な臭みはく、食べやすくなっています。
麺は縮れていませんが硬めであり、スープが程よく絡みます。

村田屋
<下に続く>

相模原はラーメン店の宝庫

相模原のラーメン

相模原市はラーメン激戦区である厚木市や町田市に隣接しています。
その影響もあって、ここでは美味しいラーメンを提供するお店がたくさんあるのです。

しかし厚木市や町田市の存在が、相模原市のラーメン店の存在を薄くしているのかもしれません。
そのような状況ゆえに相模原市はラーメン店の穴場エリアとして、知る人ぞ知る名店がひしめき合うところなのです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line