どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/14

東京タワーの料金の割引方法8選!見どころや限定のお土産を紹介

東京タワーは東京の夜景を楽しむことができるスポット。
観光としても人気ですが、夜景だけ楽しむデートプランにもおすすめです。

そんな東京タワーをお得に利用できる割引方法などをご紹介。
お土産や東京タワーの見どころなどと合わせて詳しく見ていきましょう。

Large illuminated tower 2614818

東京タワーとは

東京タワーの正式名称は日本電波塔
その愛称が『東京タワー』です。

電波塔としての東京タワーは、下記の電波を放出しています。

  • テレビ
  • FMラジオ
  • JR東日本の緊急信号

このアンテナとしての役目の他に、東京都環境局の各種測定器も設置されています。

きらびやかなネオンをまとって斬新で美しい東京タワーの竣工は1958年
実は歴史ある建造物の1つでもあります。

東京タワーの高さは333m
東京スカイツリーができるまでの51年ほどの間、東京タワーは日本で1番高い自立式鉄塔でもありました。

<下に続く>

東京タワーの基本料金

東京タワーのフットタウン入場料金は無料です。
アニメ『ワンピース』のアトラクションなどを楽しむことができる東京ワンピースタワーは料金が別途必要になります。

東京タワーで入場料金が必要メインデッキ、トップデッキ、東京ワンピースタワーについて詳しく見ていきましょう。

●東京タワーメインデッキ入場料金

大人(高校生以上) 子供(小中学生) 幼児(4才以上)
1,200円 700円 500円

東京タワーのメインデッキのみ楽しみたいならこちらの料金です。
さらに上のトップデッキまで登りたいなら、ツアーへの申し込みが必要になります。

●トップデッキツアー料金(メインデッキ+トップデッキ)

大人(高校生以上) 子供(小中学生) 幼児(4才以上)
事前予約 2,800円 1,800円 1,200円
当日 3,000円 2,000円 1,400円

●東京ワンピースタワーPARK PASS&メインデッキ入場セット料金

大人 高校生 中学生 小学生 幼児(4才以上)
3,400円 2,900円 2,400円 1,200円 1,000円

こちらのメインデッキ入場とのセット料金では、東京ワンピースタワーのライブ鑑賞は不可ですのでご注意ください。
ライブ鑑賞込みのLIVE & PARK PASSチケットは、フットタウン3階の東京ワンピースタワーでお買い求めください。

<下に続く>

東京タワーの割引料金【団体/障害者】

公式サイトで紹介されている東京タワーの料金割引方法が、団体と障害者の割引料金です。
一般団体の割引料金から見ていきましょう。

●一般団体割引(メインデッキ入場料金)

大人(高校生以上) 子供(小中学生) 幼児(4歳以上)
20名~ 800円 450円 350円
50名~ 700円 400円 300円

2020年2月1日から、団体料金の改正がありますのでご注意ください。
トップデッキツアーの団体料金は、ツアー会社からの申し込みで受付可となります。

●障がい者手帳割引

大人(高校生以上) 子供(小中学生) 幼児(4才以上)
メインデッキ 600円 350円 250円
トップデッキツアー 1,500円 1,000円 700円

2020年4月1日から障がい者手帳での割引には高校生料金が新たに設定されます。
トップデッキでは車いすのサイズ制限がありますのでご注意くださいね。

トップデッキツアーでは、事前に申し込むことでさらにお得に。
障がい者手帳をお持ちの方はWEB事前予約で東京タワーへお出かけがおすすめです。

<下に続く>

東京タワーの料金の割引方法8選

では、東京タワーの料金割引方法について見ていきましょう。
個人や少人数で東京タワー料金が割引されたりお得に入場できる方法が以下です。

  1. LINE割引
  2. 1DAYパス
  3. バースデーパック
  4. Club Off会員割引
  5. ベネフィットステーション割引
  6. セブンイレブンで前売り券購入
  7. デイリーPlus会員割引
  8. 東京タワーセット料金のあるホテルで宿泊

続いて、それぞれの東京タワーの料金の割引方法8選について詳しくみていきます。

割引方法①: LINE割引

東京タワーの公式LINEアカウントを友だちに追加して、東京タワーへ出かけましょう。
LINEで新規友だち追加をすると100円割引クーポンが配布されます。

メインデッキの割引クーポンで、有効期限があります。
期限が切れてしまった後も季節やイベントごとのクーポン配布も。

東京タワーへ出かけるなら、東京タワーの公式LINEアカウントをチェックしておきましょう。

割引方法②: 1DAYパス

東京タワーのメインデッキ1DAYパスなら、購入日に何度でもメインデッキに登ることができます。
メインデッキの通常料金は大人1,200円なんですが、1DAYパスなら大人2,200円。

1日に2回以上東京タワーに登るならお得です。
朝9時のオープンと同時に外階段から登り、夕日と夜景を楽しむために夕方はエレベーターで。

時間帯によって移ろう東京タワーからの景色を満喫できるのが、1DAYパスの魅力です。

割引方法③: バースデーパック

東京タワーに行く日が誕生日、または、その前後1日なら、バースデーパックがスペシャル感が高くおすすめです。
割引ではありませんが、特典が付きます。

  • スイーツプレゼント
  • オリジナルグッズプレゼント

スイーツは、フットタウンにあるマザー牧場カフェや31アイスクリームなど対象商品から選ぶことができます。
オリジナルグッズは他では手に入らない非売品。

スイーツ数百円分とオリジナルグッズを無料で楽しむことができる計算です。

この他にも、ザ・プリンスパークタワー東京内にあるスカイラウンジのチャージ料金サービスや、東京プリンスホテルのブッフェダイニングで10%割引など、選べるサービスも。

誕生日を含む前後3日以内で東京タワーに登るなら、誕生日が証明できる免許証などを持って出かけましょう。

割引方法④: シナジーカード/ENEOSカードCB(JCB)Club Off

旧名のシナジーJCBカードClub Off改め、シナジーカード/ENEOSカードCB(JCB)Club Offの特典で、東京タワーの料金割引を受けることができます。

キャンペーン期間は2019年11月13日~2020年2月16日。
Club Off公式サイトの東京タワーページからクーポンを印刷して持って行きましょう。

期間中、大人料金が100円割引の上、ノベルティグッズももらえます。

割引方法⑤: ベネフィットステーション

ベネフィットステーションは、お勤め先の団体や会社が加入していると利用できる福利厚生を目的としたサイトです。
会員IDひとつにつき毎月10枚利用できるので、家族やお友だちの料金割引もできます。

割引額は大人料金から100円割引になります。
ベネフィットから送られてきたメールから表示できるデジタルチケットを受付で表示して使いましょう。

「利用済み」ボタンをご自分で押してしまわないようご注意くださいね。

割引方法⑥: セブンイレブンで前売り券購入

セブンチケット公式サイトやセブンイレブン店頭で、東京ワンピースタワー LIVE&PARK PASSチケットの予約購入ができます。
LIVEの日時予約も同時にできるので「この日のLIVEに行きたい!」という人にとても便利。

当日券が大人3,300円のところ、3,000円で購入可能です。
東京ワンピースタワーのアトラクションのみ楽しむなら、当日券大人2,300円のところ、2,000円で購入できます。

チケット料金の払戻しができないことと、メインデッキなどへの入場は別途料金が必要ですのでご注意ください。

割引方法⑦: デイリーPlus会員割引

こちらも東京ワンピースタワーの割引チケットのご紹介です。
割引率が大きく、グループや家族で行くならお得。

東京ワンピースタワーLIVE&PARK PASSチケットが、大人2,800円で購入可能。
大人料金で計算すると割引は500円分です。

大人2人以上で東京ワンピースタワー利用なら、デイリーPlusの会員登録に必要な月額550円も回収できる計算になりますね。

注意したいポイントは、当日のLIVEが満席の場合です。
デイリープラスの割引チケットは予約できるチケットではないので、座席の確約にはなりません。

また、東京タワーのメインデッキへの入場は別途必要になります。

割引方法⑧: 東京タワーセット料金のあるホテルで宿泊

東京タワーのメインデッキ入場チケット付きプランがあるホテルを選ぶアイデアもあります。
さらに、東京タワーが見える部屋を選ぶことができるホテルも。

東京タワーを満喫するなら東京タワーチケット付きホテルもおすすめです。
東京タワーからの眺めを楽しんだ後は、ホテルのラウンジで東京タワーのライトアップを眺めながらディナー。

東京タワービューも楽しめるお部屋で素敵な写真を撮って、東京タワー三昧な1日はいかがでしょうか。

<下に続く>

東京タワーの見どころ5選

では、東京タワーの見どころをみていきましょう。
東京タワーには、以下の見どころがあります。

  1. 東京タワーからの眺め
  2. 無料貸し出しの双眼鏡もある
  3. スカイウォークウィンドウ
  4. 東京タワーの外階段
  5. タワー大神宮

続いて、それぞれの「見どころ」について詳しくみていきます。

見どころ: 東京タワーからの眺め

東京タワーのメインデッキは地上150m
地上30階ほどの眺望を楽しむことができます。

タワーをぐるりと一周回ることができるフロアになっています。
東京タワーからの360°の眺望を堪能できます。

メインデッキよりさらに高いのが東京タワー250mにあるトップデッキです。
東京タワーのトップデッキツアーでは、まるで未来都市のようなきらびやかなフロアを体験。

ドリンクサービスやフォトカードのプレゼントなど特典もあります。

見どころ: 無料貸し出しの双眼鏡もある

メインデッキで双眼鏡の無料貸し出しサービスがあります。
双眼鏡貸し出しカウンターは、エレベーターの横。

エレベーターを降りたら左手側です。
繁忙期には順番待ちとなります。

双眼鏡でさらに東京の景観を遠くまで堪能してみましょう。

見どころ:スカイウォークウィンドウ

145メートル真下をのぞき見ることができるスカイウォークウィンドウがメインデッキにあります。
ガラスの上に立つことができる場所なので、高所が苦手な人はそっとのぞき込むだけにしておきましょう。

メインデッキの真下を歩く人や通る車などが、ミニチュアのように見えますよ。

見どころ:東京タワーの外階段

フットタウン屋上から外階段を使って東京タワーのメインデッキに登ることもできます。
料金はメインデッキ入場料金のみ。

ライトアップやイベント時期にはおすすめです。
15分ほどかかりますし、途中でエレベーターに乗ることもできません。

登り切る覚悟は必要です。
途中でクイズや有名人のサインがあったりと、階段ならではの見どころもあります。

外階段を登ることができるのは、土日祝の16時まで。
特別なイベント開催時には、22時まで時間が延長されたり、平日解放されたりすることもありますよ。

見どころ:タワー大神宮

東京タワーには神社があります。
その名もタワー大神宮

1977年建立と比較的新しい神社なのですが、伊勢神宮からの御神霊を祀った由緒正しい神社でもあるんですよ。

東京都23区内で一番高い場所にある神社として、受験生にも人気。
オリジナルの絵馬や恋愛成就・合格祈願などのおまもりもあります。

<下に続く>

東京タワー限定のお土産4選

では、東京タワーのお土産をみていきましょう。
東京タワーのお土産には、以下のものがあります。

  1. タワーズボトル
  2. プラモブロッククリア東京タワー
  3. TOKYO TOWER ミネラルウォーター
  4. タワー大神宮のお守り

続いて、東京タワーのお土産を、それぞれ詳しくみていきます。

お土産名: タワーズボトル

形の可愛さや選べる楽しさからご紹介するのがこちらのお菓子です。
東京タワー型のボトルに、金平糖・チョコ・ラムネなど、小粒のお菓子が入っています

色のカラフルさと中身を色々と選べるのがポイント。
食べた後でも、東京タワーの思い出の1品にもできますね。

1つ510円ですから、お友だちへのお土産などにいかがでしょう。

お土産名: プラモブロッククリア東京タワー

小型ブロックで東京タワーを作るキットがこちらのプラモブロッククリア東京タワーです。
帰宅後に東京タワーの思い出を子供と話しながら組み立てるという楽しみ方ができます。

1つ700円弱ですから、ブロック好きな方へのお土産にもいかがでしょう。

お土産名: TOKYO TOWER ミネラルウォーター

東京タワー型のボトルが素敵なミネラルウォーターがこちらです。
重さがお土産にはマイナスポイントですが、思わず手に取ってしまう可愛さがあります。

1本390円ほどなので、観光中の携帯ドリンク容器にしてはいかがでしょう。
帰宅後はお花を飾ったり、ビー玉を詰めてプリズムを楽しんだり、インテリアとしてお楽しみください。

お土産名: タワー大神宮のお守り

東京タワーにあるタワー大神宮では、お守りの授与もされています。
オフィシャルショップ「THE SKY」で取り扱いがあります。

交通安全・えんむすび・合格祈願から選ぶことができます。
タワー大神宮のお参り記念にお土産に、お守りはいかがでしょうか。

<下に続く>

東京タワーの夜はライトアップを楽しもう

東京の夜景やライトアップを満喫できる夜の東京タワーもおすすめ。
東京の夜景の美しさをヘリコプターやディナー無しで楽しむことができるのも、東京タワーの魅力です。

東京タワーのチケットには1DAYパスもあります。
昼と夜の2回登るなら、1DAYパス利用がおすすめですよ。

メインデッキ1階の窓際にはカフェ ラ・トゥールがあります。
21:30まで営業していますので、ディナーを下町で楽しんだ後に東京タワーメインデッキでカフェタイムなどいかがでしょう。

ゆっくりと東京の夜景を眺めるひと時がロマンチックな思い出になるのではないでしょうか。

<下に続く>

東京タワーの基本情報【営業時間/アクセス/駐車場】

営業時間が23時までなので東京の夜景をたっぷりと楽しむことができる東京タワー。
ただし、東京タワー直結の駅が存在しません。

最寄駅から徒歩5分~15分かかります。

  • 都営大江戸線赤羽橋駅より徒歩5分
  • 日比谷線神谷町駅より徒歩7分
  • 都営三田線御成門駅より徒歩6分
  • 都営大江戸線・浅草線大門駅より徒歩10分
  • JR浜松町駅より徒歩15分

15分かかるJR浜松町駅からはほぼ直線で東京タワーまでたどりつくことができます。
どんどんと近づく東京タワーの景観を楽しみながら、のんびりと東京の下町散歩を楽しみましょう。

また、東京タワーには隣接駐車場があります。
東京タワー地下駐車場は150台収容。

最初の1時間が600円で、その後は30分毎に300円追加で必要です。
駐輪場は東京タワー南側駐車場内にあります。

自転車は、2時間無料でその後5時間ごとに100円。
バイクは、5時間ごとに300円必要です。

東京タワー

※トップデッキは、荒天などの理由で営業中止になることがあります。
※メインデッキは、混雑状況で最終入場時刻が早まることがあります。

<下に続く>

東京タワーは料金がお得な1DAYチケットで日景・夜景の両方を楽しもう!

東京タワー

東京タワーの料金割引はクーポンなどもあります。
1日1回のみ東京タワーに登りたいならLINEの新規友達登録で入手可能な100円割引などを利用しましょう。

東京タワーを満喫するなら、1DAYチケットもおすすめ。
1DAYチケットなら1日に何回登っても追加費用はかかりませんので、日景・夜景の両方をお得に楽しむことができます。

土日祝は外階段からメインデッキへ登ることもできますので、日中は外階段でメインデッキへ。
夜は夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

地図で歩くカンタン東京さんぽ2020
715円

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line