どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/05

GWのおすすめ過ごし方22選!【一人/カップル/夫婦/家族】

仕事や勉強に追われる毎日を過ごす人にとって、大型連休の予定を考えるだけでもわくわくしますよね。2019年は、カレンダー通り飛び石連休となる予定でしたが、新天皇即位に伴い祝日に挟まれた平日に祝日が設けられることになりました。

このため、4月27日(土)から5月6日(月)まで10連休となります。今回は、ゴールデンウィーク10連休のおすすめの過ごし方を御紹介します。

Large agenda appointment business 1020323  1

2019年のゴールデンウィークは何連休?

2019年のGWは10連休です。当初、2019年のGWは4月27日(土)~4月29日(月)と、5月3日(金)~5月6日(月)が休日となる予定でした。この場合、3日と4日の飛び石連休となります。

ところが、新天皇即位が決定したことで、記念すべき2019年は5月1日を祝日にすると安倍晋三首相が発表したのです。これに伴い、5月1日とその前後の平日についても国民の休日となるので4月27日(土)から5月6日(月)までの10連休となりました。

更に2019年のGWは、最大10連休となるだけではなく新元号が始まる記念すべき年です。当初予定されていた3連休と4連休では、定番の海外旅行に行こうとするにも日本からでは行先の国が限られてしまいます。10連休を利用して記念すべき1年にふさわしいGWの過ごし方を見つけてみて下さい。

2019年ゴールデンウィーク10連休!いつ決まる?【GWの旅行予約】なんで2019年のゴールデンウィーク(GW)は10連休になるの? 新天皇の即位に合わせて、2...

<下に続く>

一人の人向け!GWの過ごし方8選!

朝日に向かうバックパッカー

一人向け!GWの過ごし方①家でゆっくり

10連休も家にいるなんてもったいないという人がほとんどだと思いますが、大人になって10日間もゆっくり過ごせるなんて滅多にありません。仕事を辞めるか、有休消化等をすれば可能でしょうが、上司や同僚に迷惑がかかるので、メンタルが強くないとなかなかできない過ごし方です。

しかし、法律で定められた連休であれば誰にも迷惑はかかりません。10日間気持ちよく思う存分家でゆっくり過ごすことができるのです。

これほどの連休となれば、家族連れや旅行者でどこも混雑することになるので、この機会に家の中の物の断捨離や忙しい毎日で溜まった用事を済ませてすっきりさせるのもいいかもしれません。

一人向け!GWの過ごし方②海外に長期滞在

海外旅行は、毎年上位にランクインするGWの過ごし方です。しかし、これまでの3連休や4連休の飛び石連休では、旅行先も限られてしまいます。

日本から海外旅行となると3日や4日では、韓国や台湾等のアジア圏に行けばゆっくりと過ごすことができますが人気のハワイやヨーロッパ等に行くには日数が足りませんでした。それが、10連休となればハネムーン以上に好きな海外旅行先を選ぶ事ができそうです。

海外に憧れる人なら一度は行ってみたいヨーロッパやアメリカも、旅行プランを見てみるとどれも7日前後のものが多いです。どれも既に充実したプランとなっていますが、延泊をすればもっとその国の魅力を知ることができます。

また、10日間まるまる使った長期滞在であれば流行りのアパルトメントを借りるのもいいかもしれません。日本のアパートの様に風呂やキッチンなどの設備が付いており、場所によっては家具もついているのでまるでその国に住んでいるような体験ができます。

近くにスーパーがあれば食料を調達して自炊したり、好きな時間に外出したりと旅行先での過ごし方の幅も広がります。長期滞在であればホテルよりも料金も安くなる可能性があります。

ただし、レンタルしてくれる不動産を探したりと手続きにも時間がかかるので早めに計画しておくのがおすすめです。

一人向け!GWの過ごし方③国内旅行

海外はもちろんですが、国内旅行でも10連休あれば特別な過ごし方ができます。都内から考えても旅行先が沖縄でも北海道でも4日あれば十分楽しめそうですが、交通手段を飛行機ではなく電車を乗り継いだり、運転が好きな方であれば車でいろんな場所を観光しながらゆっくり行くのもおすすめです。

旅行は、新幹線や飛行機の中から楽しいものです。沖縄にいくのであれば九州を周遊するのもいいでしょう。

一人向け!GWの過ごし方④バックパッカーになってみる

一人旅が好きという人には、憧れのバックパッカーになってみるのもおすすめです。バックパッカーとは国内外をバック一つで旅をする人のこと。

低予算で旅をしますが、あまり計画もせずに気が向いた場所に寄りながら旅をする人が多いので3日や4日の短期間には向きません。10日間だからこそできる旅の仕方といえます。

観光地にはバックパッカー向けの宿があります。相部屋になることが多いですが、知らない人に出会えるのも旅の楽しみの一つです。

一人向け!GWの過ごし方⑤実家に帰省する

一人で暮らす人の中には、もうずいぶん実家に戻っていないという人も多いのではないでしょうか。実家に帰省するのは年末年始というイメージですが、年末年始はいろんな人と会い新しい年を迎える準備等で特にお母さんは忙しいものです。今年は、10連休のGWを利用して帰省し両親とゆっくり話たり実家でのんびりする過ごし方もおすすめです。

一人向け!GWの過ごし方⑥趣味に没頭する

趣味を持っている人は、この機会にとことん没頭するのもいいでしょう。普段は、仕事や学校に追われ、時間に制限されながらやっている趣味も10日間誰にも邪魔されず夢のような時間を過ごせます。いつか実現させたいと構想していたことを実行したり、趣味によってはスキルアップもできるいい過ごし方です。

一人向け!GWの過ごし方⑦資格試験の勉強を始める

1年で資格試験が多いのは秋です。ゴールデンウィークの5月から始めれば、約5カ月あるので1日の勉強量にもよりますが、ほとんどの資格の勉強期間に十分間に合います。

資格勉強へのモチベーションや効率がいい勉強のためにも勉強を始めたばかりの頃は重要です。この機会に、魅力のある資格がないか調べてみましょう。

一人向け!GWの過ごし方⑧何か新しいことを始めてみる

初めてのことや新しいことを始めると慣れていなくて何事も時間がかかってしまうものです。時間の制約がある中で始めてしまうとストレスになってしまうこともあります。

スポーツや音楽を新しく始めてみると道具や場所の準備だけで時間がかかってしまうのです。10連休を利用して新しいことに挑戦して趣味にしてみるのはいかがでしょうか。

<下に続く>

夫婦・カップルの人向け!GWの過ごし方9選!

旅行計画をするカップル

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方①海外旅行でハネムーン気分

共働きの夫婦やカップルは、休みを合わすのが大変です。暦通りの休みが取れる会社なら夫婦やカップルでもGWに海外旅行を計画しやすいでしょう。

憧れのアメリカやヨーロッパも夢ではありません。ハネムーンに行きそびれた夫婦は、この機会に旅行会社のハネムーンプランを選ぶのもおすすめです。

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方②お家デート気分でゆっくり過ごす

ラブラブな夫婦・カップルなら家で一緒に過ごすだけでも楽しいはず。普段、なかなか休みが合わない人や、貯金がないけどデートがしたいという人にはぴったりな過ごし方です。

家の中で料理をしたり、映画を見たり一緒にいる時間を楽しみましょう。特別なお出かけをしなくても工夫次第で経済的にGWを過ごせます。

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方③一緒に趣味の時間を楽しむ

それぞれ違う趣味を持っている場合、2人で過ごす時には不向きだと思えますが、時間がたっぷりあるGWにこそおすすめの過ごし方です。普段、貴重な休日を利用して相手の趣味に付き合うとなんだか損をした気分になりそうですが、たっぷり時間があるGW中に付き合えば、気持ち的にも余裕を持って楽しめるでしょう。

一緒に過ごす時間が長い相手に自分の趣味を否定されると辛いものです。この機会にお互いの趣味の楽しさを理解してもらいましょう。

全く知らない世界でも、新しい経験をすることでスキルアップにもつながります。もちろん、共通の趣味がある人は2人で存分に楽しみましょう。

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方④デート三昧の10日間

夫婦でもカップルでも、デートの日はわくわくしますよね。共働きであれば、休日はお買物や家事が中心になりなかなかデートの様には過ごせません。10日のうち2日程度を家事をする日に決めて、残りの休日でデートを計画してはいかがでしょう。

普段、買い物も済ませられるショッピングモールにばかり行くことが多い二人は、特別な事ではなくても映画やカフェ巡りなどあえてべたなデートを楽しむのも脱マンネリ化のきっかけになる過ごし方です。

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方⑤ツーリングを楽しむ

ツーリングが趣味の2人なら宿泊も含んだ行程で、いつもと違ったツーリングを楽しめます。コースがだいたい決まっている人もこの機会に新たなコースを開拓してみてはいかがでしょうか。

インスタ映えするところで自慢のバイクの写真を撮ればテンションがあがること間違いなしです。泊まりなら夕日や夜景を見るのもおすすめです。

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方⑥パワースポット巡り

子供もおらず身軽な二人だからこそおすすめしたいGWの過ごし方が、何か一つのテーマを決めて巡る過ごし方です。パワースポットは、近年SNSの普及もあり人気の観光地となっているところが沢山あります。

運気が上がると思うと、調べるだけでわくわくしますよ。乗り気ではない男性も、仕事運や金運アップのパワースポットに連れて行けば喜びそうです。

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方⑦民泊巡り

長期の旅行でいろんなところを見に行きたいけど、宿泊費がかさむと心配をしている2人には民泊がおすすめです。ホテル等と比べて安く泊まる事ができる民宿は、近年外国人に人気で数が増えています。

一般家庭の空き部屋に泊めてもらうというイメージがあるかもしれませんが、一見ホテルやコテージの様なお洒落な民宿もあります。ただし、住宅地にあるので小さな子供は泊まれない等、民宿によって制約がある場合があります。身軽に動ける2人だからこそできる過ごし方ではないでしょうか。

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方⑧温泉巡り

日本国内には、約3000か所も温泉があります。それぞれ温泉の質や景観、おもてなしに違いがあり、魅力的な温泉は沢山あります。

通常、1回の旅行につき1か所か2か所いくのが精いっぱいですが10日間もあれば何か所も巡ることができます。泉質や効能の違いなども比べることができそうです。

夫婦・カップル向け!GWの過ごし方⑨ランニングやジムで体力づくり

トレーニングをして体力をつけたいけど休日は仕事の疲れをとるので精一杯という2人は、ランニングやジムに通うのはいかがでしょう。休みがたっぷりあるので、慣れないトレーニングをして筋肉痛になっても家でゆっくり休めます。この機会に2人で始めれば、お互い刺激を受けて続くかもしれません。

<下に続く>

家族向け!GWの過ごし方5選!

子供

家族向け!GWの過ごし方①キャンプ

家族で過ごすならキャンプがおすすめです。いつもは、3日程度という家族もこの機会に5日以上の長期滞在で自然を満喫してはいかがでしょうか。流行りのグランピングなど大掛かりなものも時間をかけて準備できます。

家族向け!GWの過ごし方②テーマパーク

混雑を避けて連休にテーマパークは行かないという家族もいますが、GW中日に行けば思う存分楽しめます。沢山遊んでぐったりという状態で次の日から仕事や学校だと余計疲れてしまいそうですが、前後に家でゆっくりすごす日等を設ければ気にせず過ごせます。

また、遠方の人は移動だけの日を設けるなどいつもと違ってテーマパークの閉園まで終日遊べます。GWだけの特別なイベントをするテーマパークもあります。

家族向け!GWの過ごし方③海外旅行

子供がいると億劫になってしまう海外旅行ですが、10日の休みがあれば余裕をもった行程を組めるのでおすすめです。年末年始等はどの観光地も混雑するイメージですが、GWは日本独自の連休なので比較的過ごしやすいです。何より、年末年始と比べて雪や凍結の心配もありません。

家族向け!GWの過ごし方④子供にとことん付き合う

家族で過ごす休日といえば、ショッピングモール等に行って子供が遊ぶ時間と夕食や日用品の買い物を一緒に済ませるというパターンが多いと思います。しかし、それでは子供はいつもの場所で遊び大人の都合に合わせてしぶしぶ遊び時間終了となってしまいます。

今年のGWは、10日間もあるのでそのうちの2日程度は子供にどこへ行きたいか聞いてとことん付き合ってあげるのもいいかもしれません。

家族向け!GWの過ごし方⑤1人1日ずつ過ごしかたを決める

子供が大きくなると、兄弟で行きたい場所が違うこともあり、GWの過ごし方に迷ってしまいます。そんな時には、1人ずつリクエストを聞いて予定を組んでみましょう。行きたい場所が一緒であればより盛り上がりますし、1日でも楽しみな予定の日があれば10日間を振り返った時に楽しかったと思えるはずです。

<下に続く>

GWのおすすめ過ごし方22選!【一人/カップル/夫婦/家族】のまとめ

GWの過ごし方を一人、カップル、夫婦、家族のタイプ別に22選ご紹介しました。10連休となれば予定を考えるだけでもわくわくしてきますね。

中には有給休暇と組み合わせて、10連休以上休みを取得する予定だという人も居ます。新天皇即位という記念すべき1年にふさわしいGWの過ごし方のヒントにしてみてください。

2019年ゴールデンウィーク10連休!いつ決まる?【GWの旅行予約】なんで2019年のゴールデンウィーク(GW)は10連休になるの? 新天皇の即位に合わせて、2...

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line