どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/12/13

クアラルンプール在住者がおすすめする人気観光地&名所20選!

近年、急激な発展を遂げるマレーシアの首都「クアラルンプール」
近代的な高層ビルもあれば、幻想的なモスクもある東南アジア随一の観光都市です。

今回は、実際にクアラルンプールに行ったことがある方100名に「クアラルンプールで特におすすめしたい観光地」のアンケートを実施!
さらに、現在マレーシア在住のGakuさんや留学経験のある宮下龍馬さんに、現地に在住しているからこそわかるおすすめポイントもお伺いしました!

クアラルンプールに行く予定のある方やクアラルンプール 観光を計画中の方は必見です!

Large azlan baharudin 756441 unsplash  1
本記事のコメンテーター

クアラルンプール観光の前に基本情報を確認!

クアラルンプール②

常夏の国マレーシア最大の都市である、首都「クアラルンプール」はイギリス統治時代の歴史が残る一方、都市開発により近代的な建築物が、次々に建設されています。

2018年に独立60周年を迎え、これまでの歴史から新しい歴史を更新している新旧が入り混じった場所が「クアラルンプール」なのです。

都市開発の一番のシンボルである、高さ452mの「ペトロナス・ツイン・タワー」があり、植民地時代の中核である「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」が今も点在し2020年までに先進国入りを目指し、現在もなお急速に発展を遂げている都市です。

「クアラルンプール」とはマレー語で「濁った川が交わる場所」という意味があり、街の由来になった2つの大きな川は今も「クアラルンプール」にとって欠かせない存在です。

現地の方々は「クアラルンプール」のことを親しみを込めて「KL(ケーエル)」と呼びます。

この2つの大きな川「クラン川」と「ゴンバック川」の合流地点は19世紀半ばに「錫」の集積所として発展し、現在でもマレーシア国内を支える重要な産業を担っています。

未来都市を創り上げるために、モノレールなどの高架鉄道などの新都市交通システム整備に取り組むなど多彩なプロジェクト進行し先進国入りを目指している、今まさに成長しているスポットです。

\簡単にクアラルンプールの基本情報をまとめてみました!/

項目 クアラルンプール観光の基本情報
時差 −1時間
日本からのアクセス 成田・羽田・関西・札幌から直行便あり
観光ビザ 不要
パスポート有効期間 入国時残存6ヵ月以上
持ち出し通貨制限 無制限(USD10,000相当以上は申告:約1,100,000円)
気温 年間通して最高気温平均27度~34度
言語 マレー語・英語
宗教 ムスリム(イスラム教徒)
備考 入国の際、帰路または次の目的地の航空券を所持している事

日本国内の主要都市から直行便が毎日運行し、時差は1時間マレーシアの方が遅れています。

90日間以内の観光の場合ビザは入りませんが、入国の際に出国用の航空券が必要なので注意してください。
また、パスポートの残存有効期間は6ヶ月以上必要なので渡航前にはパスポートの有効期限の確認をしてください。

ちなみに、タバコ200本または刻みたばこ225gや新品の衣類3着、靴1足などの制限があるので渡航前には必ずチェックしてください。

気候は年間通して夏日です。
もちろん雨季はありますが年間通して、最高気温平均33度~34度で最低気温平均24度~25度の、まさに常夏の国です。

言語はマレー語ですが、多くの人が英語を話せるのでコミュニケーションには困らずに観光できます。

\クアラルンプールでは英語が通じます!/

マレーシアで英語は通じる?言語、公用語は?挨拶や会話で使える言葉、単語20選マレーシアの言語、公用語は何?? マレーシアの言語、公用語はマレーシア語です。様々な民族が生...

Q.マレーシア在住のGakuさんだから分かるクアラルンプールの魅力は?

A.物価の安さに驚きますよ!

Gakuさんのコメント
日本と比べて物価がとにかく安い!
日本の3分の1ほどで、日々の買い物が楽しめ、安さを実感しています。
また、近隣諸国への航空チケット代が安いので気軽に海外旅行を楽しめるのは大きな魅力です。

他にも多民族国家なので様々な国の料理が格安で食べられるのも魅力的!
マレー料理、インド料理、中華料理、イタリアンはもちろん、日本料理もあるので日々の食生活も満喫しています。
<下に続く>

クアラルンプール観光に必要な日数は3泊4日

クアラルンプール①

クアラルンプール観光には3泊4日ほどあれば十分観光を楽しめます。
郊外と市街地を合わせて観光できます。

クアラルンプールは見どころが少ないと言われています。
ですが、細かい場所まで観光するなら中心部で2日間は必要です。

それに合わせて、郊外にある「バトゥ洞窟」や「プトラジャヤ」に行くなら、3日間は必要なので、3泊4日ほどあれば十分です。

クアラルンプールに来たなら郊外も観光しなくてはもったいないです!

交通機関が発達しているクアラルンプールでは、とても観光しやすい街となっていますが、常夏で暑く、想像以上に観光には時間がかかります。

なので休みながらゆっくり観光できる3泊4日があればいいです。

他にも、クアラルンプールから約2時間ほどで行ける郊外「マラッカ」も人気です。
ツアーを利用すれば、日帰りで観光できます。
ですが、素晴らしい街並みなので、1泊2日くらいで時間をかけて観光して欲しいです。

なので、クアラルンプール市街と郊外を観光するなら3泊4日で、それにプラスして古都「マッカ」を訪れるなら4泊5日あれば十分観光を楽しめます。

<下に続く>

100名に聞いた!クアラルンプールでおすすめの観光地ランキング10選!

今回、20代〜40代の男女100名を中心に「クアラルンプール観光に行くならおすすめしたい観光地」のアンケートを実施しました!

クアラルンプールで人気の観光地アンケート

1位には世界一の高さを誇るツインタワー「ペトロナス ツイン タワー」がランクイン。
昼間見上げるペトロナスツインタワーも圧巻ですが、ライトアップされた夜の風格たるや!

きらびやかなクアラルンプールの象徴のような存在です。

では、以下でランクインをした観光地を見ていきましょう!

1位:ペトロナス ツイン タワー / 28%

ペトロナス ツイン タワー

提供:@gaku_roan/

ペトロナス ツイン タワーのおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
クアラルンプールを象徴するタワー!
特に夕暮れに行くと美しいクアラルンプールの街並みを一望できます。
これが本当に絶景で1度みたら忘れられません!

それだけじゃないのが、ペトロナス ツイン タワー!
夜のライトアップも美しいので、ぜひ訪れてほしいオススメスポットです。

下層にはショッピングモールがあるので買い物と観光を両方楽しむことも。

「クアラルンプール」のシンボル的存在の「ペトロナス ツイン タワー」は世界一のツインタワーとしても有名です。

タワー1は日本の企業が作り、タワー2は韓国の企業が作ったことで話題になり有名になりました。
高さ452mで88階建ての2本のタワーはイスラムの象徴であるモスクの塔のような形で、新ランドマークとして天にそびえ立っています。

41階のスカイブリッチや86階の展望台から見渡す「クアラルンプール」の街並みは絶景で、心が踊ります。

夜には建物自体がライトアップされ幻想的な空間を演出します。

ペトロナス ツイン タワーのコメント

20代/男性

噴水をはさんだ広場のような所が撮影スポットとして有名です。19時以降は観光客で混雑しますが並んででもタワーの真ん中の位置から撮影するのがおすすめです!
タワーがかなり高いので魚眼レンズを持っていくのがベスト!

20代/女性

ツインタワー自体はオフィスビルですが、その高さに圧巻されます。
チケット代はやや高いですが、展望台に上るとクアラルンプールを一望できます。
私は夜に行きましたが、夜景がとても綺麗でした。
横にモールも併設されているので、食事場所にも困らずとても良い場所です。

30代/男性

近くで見ると本当に大きく迫力があり、きれいに写真に収めようとすると敷地の端の方まで行かないといけません。
展望階も一度登ってみると、高い建物が多い印象のクアラルンプールですが普段とは違う景色が見られます。
商業施設としてもブランドショップ(特に女性物)が充実している他、映画館、水族館、オーケストラホールなどがあるので1日楽しめます。

20代/女性

夜のライトアップがとても綺麗です。
ツインタワーの正面にある噴水で、ツインタワーと噴水のイルミネーションショーが行われます。
また、中に多くのテナントが入っており、1日いても十分楽しめます。
フードコートも、比較的安い値段でマレーシア料理を楽しむことができました。

20代/女性

ペトロナスツインタワーには夜に行きました。
駅を出てすぐ目の前に高くそびえ立っており圧倒されたのを覚えています。
タワーの前には簡易的な庭の様な場所もあり素敵でした。
また、タワー内には少しハイレベルのショッピングセンターが入っており、ショッピングを楽しむことができ大変満足でした。

ペトロナス ツイン タワー
住所:Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan, 50088, Malaysia
電話番号::603 2331 8080
入場料や利用料:RM80.00
URL:ペトロナス ツイン タワー

2位:ブルーモスク / 15%

ブルーモスク

ブルーモスク

ブルーモスク

ブルーモスク
ブルーモスク
ブルーモスク

提供:@gaku_roan/

ブルーモスクのおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
白と青のコントラストがとても美しいモスクです。
クアラルンプールの欠かせない観光スポットといっても間違いなし!

モスクの中には綺麗なステンドグラスがピカピカと光っていて、とっても感動します!

観光の際は無料のガイドツアーがあるので安心して、観光を楽しんでください。
宮下龍馬のコメント
プトラのピンクモスクと対になってKL周辺の二大おしゃれモスクです。

日本人がガイドをしてくれるツワーも存在しますので足を伸ばしてみるとよいでしょう。

最大級の収容人数をほこり、お祈りの時間には多くのイスラム教徒の方が押し寄せます。

「ブルーモスク」は本当に綺麗です。
イスラム教にとってモスクは欠かせない場所ですが、この「ブルーモスク」は観光客にとっても欠かせない場所になります。

本当に綺麗で幻想的で遠くから眺めているだけでも、十分に見応えのある者になります。

クアラルンプールにきたら必ず訪れてほしい観光スポットです。
白と青の外観に美しく豪華な装飾品が並び人々を魅了しています。

夕暮れ時に辺りが暗くなるとより一層、特別感が生まれ、非日常の空間を体験でき、感動します。

ブルーモスクのコメント

20代/女性

2019年3月に訪れました。
青いモスクがあるなんて!とワクワクして行きました。
都心から1時間ほどバスに乗るのでアクセスは少し悪いですが、スタッフの方で日本語が話せる方がいたり、イスラム教やモスクについてガイドを行なってくださったりと、とても素敵な場所でした!!!
お祈りの時間などは現地の方で少し混み合いますが、間の時間であれば待つこともなく中に入れますよ!

ブルーモスク
住所:Persiaran Masjid, 40000 Shah Alam
営業時間:(月-木) 10:00-12:00 & 14:00-16:00 & 17:00-18:30(土日祝)
定休日:金曜日
入場料や利用料:なし

3位:マスジット ジャメ(旧モスク) / 12%

マスジット ジャメ(旧モスク)のおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
ここはクアラルンプール最古のモスク!
最古のモスクだけあって神秘的な雰囲気が漂ってます。
駅からすぐで行きやすいのも観光客に人気の理由!

隣にはクアラルンプールの名前の由来になった川が流れているので観光の際は合わせてチェックしてください!

1909年に建設され「クアラルンプール」でもっとも古いモスクが「マスジット ジャメ」です。

「クアラルンプール」を支える2本の川の合流地点にあり神秘的な空間になっています。

白い建物の周りをヤシの木が囲み南国情緒の溢れる空間になっています。
クラシックなイスラム調の建築物でレンガ作りの外観は、歴史が好きな方にはたまらないスポットです。

古くから「クアラルンプール」の人々に愛され、街の発展を見届けてきたモスクの歴史を感じられ、付近には高層ビルが立ち並んでいるがそんな近代的なビルにも負けず佇んでいます。

モスクなので肌の露出が多い服装は好ましくないので注意してください。
また、女性はスカーフを巻いて入らなくてはいけません。
また、雨の日は入場できないので観光の際には注意してください。

マスジット ジャメ(旧モスク)
住所:Jalan Tun Perak, City Centre, 50050 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
営業時間:10:00~12:30、14:30~16:00
定休日:金曜日
入場料や利用料:なし

Gakuさんのコメント
入場できる時間が決まっているので調べてから行くことをオススメします。

4位:KLCC公園 / 11%

KLCC公園


KLCC公園


KLCC公園

KLCC公園


提供:@gaku_roan/

KLCC公園
のおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
子供も大人も一緒に満喫できるスポット!
KLCC公園は緑豊かな自然が広がりまったりとした時間を過ごせます。
遊具がたくさんあるから、お子さんも含め、大人も子供も関係なく楽しめます!

定期的に行われる無料の噴水ショーはKLCC公園の名物!
噴水越しにツインタワーの写真を撮る方も多く、幻想的な時間を味わえますよ!

「クアラルンプール」の憩いの場「KLCC公園」は観光客だけでなく現地の方にも愛されている公園です。

東京ドーム4個分の広さを持つ広大な公園で常時監視スタッフが常駐しているので公園内の管理の良さには驚きます。
遊べる池があるので着替えはマストアイテムです。

そして最大の見所は噴水ショー「レイク・シンフォニー」です。
毎日19:00~22:00(変更あり)に開催される光と音の大迫力の噴水ショーにっています。

いろんな角度から楽しめるのでぜひ、ショーに合わせて訪れてみてください。

KLCC公園のコメント

20代/男性

15分おきにショーが開催されるので時間が合わせやすいです。
ついでに公園によるくらいの感覚でも楽しめますよ!
ツインタワー側の湖の岸からみる観光客が多いですが、むしろタワーと反対側の岸から見た方が幻想的なショーになるのでおすすめです。

30代/男性

散歩やランニングにもちょうどよい広さで、街のど真ん中にもかかわらず意外と静かでゆっくりできます。
夜になるとライトアップや音楽を伴う噴水ショーがありとても綺麗です。

20代/女性

ペトロナスツインタワーやスリアKLCCというショッピングモールのすぐ横にありながら、沢山の樹木と草花に囲まれた、まさに都会のオアシスといった居心地のいい公園でした。
ショッピングに疲れたら、コーヒー片手にほっと一息つくのには持って来いの場所です。
子供向けの遊具も備わっているため、子供連れの方にもぴったりです。
昼間の居心地の良さは勿論ですが、夜の噴水のライトアップも必見です。

20代/女性

ピクニックなどをするのにぴったりの公園です。
公園内には芝生、遊歩道や、噴水などがあり、家族で楽しめる公園だなと感じました。
夏には、この公園で独立記念日のパレードが行われ、大きなお祭りがあります。
私は、偶然そのお祭りを見ることができましたが、マレーシアの国旗を持った人が大勢いて、花火も打ちあがっていました。

20代/女性

KLCCパークの一番の魅力はなんといっても、すぐ間近にツインタワーを崇められるところです。
また公園内には水で遊べるスペースがあり、年中蒸し暑いマレーシアにおける貴重な涼み場ですし、私もツインタワーを眺めながら足を水につけて涼むことが出来ました。

KLCC公園
住所:KLCC, Kuala Lumpur, 50450 Kuala Lumpur, Federal Territory of Kuala Lumpur, マレーシア
営業時間:なし
定休日:無休
入場料や利用料:なし
URL:KLCC公園

5位:チャイナタウン / 10%

クアラルンプールの観光

チャイナタウンのおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
ご飯を食べるならここで決まり!
飲食店がたくさんあって、夜には屋台も並びとっても賑わいます!ご飯を食べにいくならオススメです。

フルーツ屋が多数あるので東南アジアのフルーツを存分に味わうことができます。

もちろん、お土産屋もあるので、食事のあとに買い物も満喫できますよ!

「チャイナタウン」は中国文化とイスラム文化が融合した空間で、観光客にも人気なスポットです。

2つの文化が融合している空間はなかなか見られない雰囲気なのでぜひ訪れてほしい観光地です。

「ペンタ通り」を中心に無数の路地に多種多様なお店が所狭しと、立ち並んでいる迷路のような場所です。
お土産を購入するならここはおすすめです。

夜には屋台が並び、現地では当たり前な光景が、観光客にとってはお祭りの縁日のような楽しい空間が、広がっています。

マレーシアのB級グルメを食べあるきながら観光を楽しんでください。

チャイナタウンのコメント

20代/男性

日が暮れる頃から食べ物の屋台が本格的に並び始めるのこの時間帯から訪問すると良いでしょう。
日本では味わえないようなゲテモノも多く、話題性もあるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

20代/女性

私はチャイナタウンで食べた料理が一番おいしいと感じました。マレー料理があまり口に合わなかったので、おなじみの中華料理を食べられて安心しました。
日本で食べるよりもたくさんの品数を安価で食べられるのでおすすめです。

20代/女性

チャイナタウンは、日本のものを想像していくととても小さく感じるかもしれません。
もちろんブランドの偽物も多く売られていますが、美味しい食事もたくさん。
軽食やジュースから、お粥や麺料理まで。
一通りの料理はそろっていると思います。
チャイナタウンのホーカーとだけあって、味もかなり美味しかったです。少し裏道に入るとローカルな市場が見られるのも、チャイナタウンの魅力です。

30代/男性

色んな国にチャイナタウンはありますが、マレーシアのチャイナタウンは独特の雰囲気があります。
チャイニーズ以上にバングラデシュなどからの移民の方が多いことに気づきます。
基本はごちゃごちゃしていますが、たまにおしゃれなカフェやバーが隠れ家的にあります。

20代/女性

昼間は幾分落ち着いていますが、夜は露店と人がひしめき合い、コンパクトながらアジアの活気を感じられる場所でした。
周辺には比較的安価な宿が多く、バスターミナルも近いので、一人旅の滞在場所にはとても良い立地でした。
美味しいものが山ほどありますが、朝ご飯には漢記の中華粥、晩ご飯にはビール片手に鴻記のクレイポットチキンライスをお勧めします。

20代/女性

まず、クアラルンプールの中心街から近いのでとてもアクセスが良いです。
屋台やお土産ショップが軒を連ねていて、旅行のお土産を探すのにもぴったりです。
衛生面が少し気になりましたが、神経質な方でなければ十分楽しめることができます。値段もとてもリーズナブルでした。

チャイナタウン
住所:Chinatown Kuala Lumpur
電話番号:各店ごと
営業時間:各店ごと
定休日:各店ごと
入場料や利用料:なし

6位:KLCC水族館 / 8%

KLCC水族館
提供:@gaku_roan/

KLCC水族館
のおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
みんなで楽しめる水族館!
魚やヒトデに触ることができるタッチプールは子供に大人気です。
水中トンネルは普段見ることのない魚の姿を楽しめますよ!

魚だけじゃなくてカワウソや亀などもいて様々な生き物を観賞できました!

ツインタワー下層のモールに直結しているので、アクセスもしやすいです。

「クアラルンプール」のシンボル「KLCCツインタワー」に隣接する「KLコンベンションセンター」の地下一階にある水族館が「KLCC水族館」です。

世界の各地に生息している150種類、5000匹もの魚類や爬虫類などが飼育されています。

中でもみどことは、東南アジア最大の海中トンネルです。
全長90mにわたり、水中トンネルが繰り広げられています。

エイや深海ザメと普段下から見ることの出来ない魚たちを下から眺められます。
迫力のあるダイナミックな泳ぎを楽しんでください。

全体で1828㎡の大きさと雄大な水槽があり、観光客を日々楽しませています。

KLCC水族館
住所: Kuala Lumpur Convention Centre 50088 Kuala Lumpur Malaysia
電話番号:03-2333-1888
営業時間: 10:00~20:00(入場は19:00まで)
入場料や利用料:65RM
URL:KLCC水族館

7位:KLタワー(ムナラKL) / 8%

クアラルンプールの観光

KLタワー(ムナラKL)のおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
開放感のあるスカイデッキからの景色は絶景!
クアラルンプールの街を360度見渡せます。

中でもオススメなのが、空中にせり出した全面ガラス張りのスカイボックス!
そこから撮影した、クアラルンプールの街に浮いている様な写真はとっても思い出になります!

ぜひ!記念に撮影してください。

KLタワーの下には水族館や動物園があるので、タワーを見学した後も観光を楽しめる施設がたくさんあります。

「クアラルンプール」のもう1つのシンボルがこの「KLタワー」です。
4年という歳月をかけ、1996年に完成した「KLタワー」には展望台やレストランなどが入っており、人気のスポットです。

こちらも地上276mの高さから「クアラルンプール」の街並みを一望でき、絶景を楽しめます。

屋外のスカイデッキはスリル満点でぜひ身を乗り出して街並みを眺めてみてください。

KLタワー(ムナラKL)のコメント

20代/男性

スカイデッキなら展望台も合わせて無料で入れるのでこちらがおすすめです。
スカイデッキ入場券を買うと、2箇所あるスカイボックスという全面ガラスのボックスにそれぞれ1回ずつ入れる権利がついて来ます。
ボックスの滞在時間は2分ほど!入る前に自分たちのスマホを渡して「これで撮ってください」と頼んでおきましょう

30代/男性

ちょっと値段は張りますが、回転する展望レストランからの眺めは綺麗です。
タワー建設の過程の映像がドキュメンタリー形式で見れます。
残念な点としては、建物自体が古く寂れた感じがします.

20代/女性

KLタワーにはお昼よりも夜に行く事をお勧めします。
なぜならKLタワーのライトアップはとても美しいからです。
また、タワーは上まで登ることができ、上からの眺めはとても美しいです。
まだまだ栄えてきているといっても、クアラルンプールには東京ほど高い建物は少ないですから、展望台からの見渡しもより美しいです。

KLタワー(ムナラKL)
住所:Kuala Lumpur 50250 Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
電話番号:(03)2020-5444
営業時間:9:00~22:00(最終入場は21:30)
定休日:無休
入場料や利用料:展望台(屋内):大人RM52、子供RM31
スカイデッキ(展望台込み):大人RM105、子供RM75
URL:KLタワー(ムナラKL)

8位:クアラルンプール シティギャラリー / 5%

クアラルンプールの観光

クアラルンプール シティギャラリーのおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
ムルデカスクエアの近くにあるクアラルンプール・シティギャラリーはクアラルンプールの文化を見ることができます。

ここでしか買えないお土産もたくさん売っていて、買い物も楽しめる人気スポット!

また、クアラルンプールで有名な「 I Love KL 」のモニュメントがある場所でフォトスポットとして、とっても有名な場所です。

「クアラルンプール」の観光はここ「クアラルンプール シティギャラリー」から始まります。

ひときわ注目されている「I LOVE KL」のオブジェが特徴的で、「ARCH」がこの「クアラルンプール シティギャラリー」を運営しています。

「ARCH」はマレーシアを代表する木のお土産を販売しているので、ギャラリー内もおしゃれな空間になっています。
おしゃれに「クアラルンプール」の歴史が学べます。

他にも、巨大なジオラマがあり、「クアラルンプール」の街並み体験ができます。
観光のイメージを作って、実際に観光するとどれだけ精密に再現されたジオラマなのかがわかってきます。

ぜひ観光の始まりは「クアラルンプール シティギャラリー」から始めてみてください。

クアラルンプール シティギャラリーのコメント

20代/男性

マレーシアのブランド、ARCHの商品は必見!
マレーシア通おすすめのお土産です!
手触りの良い木の製品が数多く並んでいますが、スマホケースやキーホルダーは日本製と比べるともろくて壊れやすいので注意!栞などの壊れにくい商品やジャム・クッキーがおすすめですよ。

20代/女性

インスタ映えするようなスポットがたくさんあります。
そちらがメインかとは思いますが、多文化の国ということをよく知ることのできる場所でとても良いです。
クアラルンプールのタワーの計画を知ることができたり、お土産もたくさん見ることができたり。
シティギャラリーの近くの地下にはコンビニのようなところもあるため、そこで焼き立てのワッフルをつまんでみるのもローカルな体験ができ良いと思います。

30代/男性

ムルデカ・スクエアに隣接しているので結構賑わっています。
有名な「I LOVE KL」のモニュメントがあるので必ず写真を撮りましょう。
中の展示はギャラリーに慣れている方には物足りないかもしれませんが、マレーシアの若い力強さを実感します。

20代/女性

周辺には雰囲気のある歴史的な建物が並び、街歩きにはぴったりなスポットでした。
館内の展示ではクアラルンプールの歴史を学ぶことができるだけでなく、ギフトショップのお土産もとてもおしゃれで沢山買い込んでしまいました。
表には有名な『I LOVE KL』オブジェもあり、市内観光の起点としてお勧めです。

20代/女性

シティギャラリーの目の前にある「I LOVE KL」のモニュメントが記念撮影スポットになっています。
ギャラリーの中は、展示はもちろんお土産ショップもあり、観光にぴったりです。

クアラルンプール シティギャラリー
住所:Dataran Merdeka, 27, Jalan Raja, City Centre, 50050 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
電話番号:603-2698-3333
営業時間:8:00-18:00
定休日:不定休
入場料や利用料:無料(有料エリアあり)
URL:クアラルンプール シティギャラリー

9位:プトラジャヤの街 / 4%

プトラジャヤの街のおすすめポイント!

宮下龍馬のコメント
モノレールで中心街から少し移動し、神聖で落ち着いた雰囲気を味わうことができます。雲のない綺麗な夜にはライトアップされた街並みと真っ白で綺麗な月を眺めることができます。

2018年に完成した、あたらしい街「プトラジャヤの街」はマレーシアの行政を司る行政都市として「行政」を司る場所です。

「インテリア・ジェンス・ガーデンシティ」と呼ばれ、水と豊かな緑に囲まれた美しい街並みが特徴的です。

「クアラルンプール」市内から30分ほどの距離で雰囲気が、ガラッと変わります。

「プトラジャヤの街」の中にあるピンクモスクも見応えがあり、ブルーモスク同様に美しい場所です。
2010年に完成して以来、観光客の人気な観光スポットになりました。
ぜひ足を運んでいただきたいスポットです。

プトラジャヤの街
住所: Putrajaya
URL:プトラジャヤの街

10位:ムルデカ スクエア(独立広場) / 3%

ムルデカ スクエア(独立広場)

ムルデカ スクエア(独立広場)

提供:@gaku_roan/

ムルデカ スクエア(独立広場)のおすすめポイント!

Gakuさんのコメント
クアラルンプールにある歴史的に貴重な場所!
ムルデカ スクエアはマレーシアが独立を宣言した広場で、周りにも歴史を感じられる建物や博物館があります。

マレーシアの人に聞けば、ほとんどの人が知ってるマレーシアの人たちに愛された観光スポット!

マレーシアの中心にあるのがこの「ムルデカ スクエア(独立広場)」です。
首都「クアラルンプール」の人はもちろんマレーシア全土の人が知っている場所です。

独立広場の名前の通り、1957年にイギリスから独立した際に独立宣言をした場所になります。
広場にはシンボルである、100mの高さを誇る掲揚塔が聳えたち、先端にマレーシアの国旗が掲げられています。

この掲揚塔は世界一高い掲揚塔として知られ、多くの観光客が一目見ようと訪れる場所です。
周りにはイギリス統治時代に建設された歴史的な建造物が建てられているので、周辺も忘れずに観光していただきたいです。

毎年8月31日には独立を祝う祭典「ムルデガ」が開催されるので、このタイミングに合わせて観光するのも楽しいです。

ムルデカ スクエア(独立広場)のコメント

20代/女性

ムルデカスクエアでは、Sultan Abdul Samar Buildingの美しい写真を撮る事ができました。
また、座って休憩できる場所もあり、地面も芝生の場所もありのんびりくつろげる場所となっておりました。

ムルデカ スクエア(独立広場)
住所:Dataran Merdeka, 57000 Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan, Malaysia
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:ムルデカ スクエア

<下に続く>

クアラルンプール観光で人気のおすすめスポット16選!

クアラルンプール

上記でランクインした観光地以外にも、クアラルンプールにはおすすめの観光地が至る所に存在します!
どこいく編集部がおすすめするクアラルンプールの観光地を紹介します!

  1. バード・パーク
  2. チャンカット ブキビンタン
  3. 王宮 イスタナ ネガラ
  4. 国立モスク(新モスク)
  5. マレーシア イスラム美術館
  6. スリ マハ マリアマン寺院
  7. レイクガーデン
  8. ペトロサインス
  9. カンポンバル
  10. サロマ シアター レストラン
  11. ブキッ・ビンタン
  12. ジャラン・アロー
  13. バトゥ洞窟
  14. 旧クアラルンプール中央駅
  15. 関帝廟
  16. マラッカ

続いて、クアラルンプールの観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

バード・パーク

クアラルンプールの観光

バード・パークのおすすめポイント!

宮下龍馬のコメント
全体を回るだけで歩き疲れるほど巨大な施設です。
触りさえしなければ鳥たちも驚くことはなく、すぐ近くで写真を撮ることができますよ。
特にクジャクやダチョウは圧巻で、クジャクとのツーショットは貴重な一枚になること間違いなし!

「クアラルンプール」市内のレイクガーデンの中にある「バード・パーク」は鳥の楽園です。

東南アジアの鳥類を中心に約200種類、3000羽以上の鳥たちが、放し飼いで、植物の中を飛び舞う空間になっています。
色とりどりの鳥が生息し、巨大ゲージの中を自由に飛んでいる優雅さに、息を飲みます。

古代にタイムスリップしたような感覚で、原始時代の地球がこんな場所だったのだろうと錯覚に陥るほど美しい場所になっています。

レイクガーデン自体が観光地として人気なので、一緒に観光していただけるとより一層、「クアラルンプール」観光を楽しんでいただけると思います。

まじかで鳥が観れる非日常を体験しませんか。

クアラルンプールの観光

バード・パーク
住所:920, Jl. Cenderawasih
電話番号:03-2272-1010
営業時間:9:00~18:00
定休日:無休 
URL:バードパーク

チャンカット ブキビンタン

チャンカット ブキビンタンのおすすめポイント!

宮下龍馬のコメント
昼間は閑散としていますが日が暮れるとイルミネーションに彩られた賑やかな街並みに変貌します。
有名ホテルから徒歩圏内にもあるためアクセスもよく、ローカルな屋台からゴージャスなレストランまで幅広く選ぶことができます。

夜の観光スポット「クアラルンプール」屈指のナイトスポットが「チャンカット ブキビンタン」です。
100mほどの通りに車道を挟んで両脇におしゃれなバーやクラブ、イタリアンにスペイン料理と軒並みを揃えています。

旅行客と地元の方で盛り上がる通りは、賑やかで「クアラルンプール」の夜を一層楽しいものにしてくれます。

短期間の旅行で「クアラルンプール」を訪れる人はきっと夜遅くまで遊んでいたいと思います。
そんな夜までたっぷり「クアラルンプール」を楽しみたい方にオススメのスポットです。

チャンカット ブキビンタン
住所:Changkat Bukit Bintang Bukit Bintang 50200 Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

王宮 イスタナ ネガラ

「クアラルンプール」に訪れたら必ず訪れてほしいスポットが「王宮 イスタナ ネガラ」です。

「クアラルンプール」市内から車で15分ほどの場所にあり、2011年に完成した新王宮です。
黄色いドームが特徴的で豪華な造りになっている建物です。

入り口には制服姿の衛兵が常時立っていますが、この衛兵が微動だにせず佇んでいるのは驚きました。
夜はライトアップされ昼とは違った表情をみせ、美しいです。

王宮 イスタナ ネガラ
住所:Bukit Petaling, 50460 Kuala Lumpur, WP Kuala Lumpur, Malaysia
営業時間:なし
定休日:なし

国立モスク(新モスク)

スタンドグラスが美しく輝く「国立モスク(新モスク)」は「クアラルンプール」で気軽に立ち寄れる観光スポットです。

建物の美しさもあり、異空間を演出しています。
現地の文化に触れられるスポットです。

イスラムの教徒の方がお祈りをする場所なので失礼の内容に行動し、鑑賞できる時間が限られているので注意してください。

国立モスク(新モスク)のコメント

20代/女性

モスクの中でもとても広いモスクだと思います。
モスクの中に池があり、また青を基調としたモスク自体もとても綺麗でした。
貸していただくローブは紫色で可愛く、異文化の体験ができます。
お祈りの場所も見られるので、ガイドなどはありませんが、イスラム文化を体験したい方にはぴったりかと思います。

30代/男性

ブルーモスクやピンクモスクに行く時間がない方でも、市街地で大きなモスクを見学できます。
あくまでも宗教施設なので他宗教の方は入れない場所はありますが、ガイドさんがついてくれていろいろ説明してくれるので勉強になります。

20代/女性

ブルーとホワイトを基調とした、現代的で美しいモスクです。
シャー・アラムのブルーモスクやプトラジャヤのピンクモスクと比べて観光客は少ない印象でしたが、その分、静かで荘厳な空気をゆっくりと感じることができ、素晴らしい体験ができました。
観光客の見学時間は制限があるため、事前に確認が必要です。

20代/女性

国立モスクでは、初めてのヒジャブ体験をしました。
中に入れる時間は限られており、お祈りの時間はもちろん入れませんので注意が必要です。
中はシンプルな作りながらも美しい水面があったりととても美しかったです。

30代/男性

市街地にあり駅の目の前にあるのでアクセスがとても良いです。周辺を散策する場合は、突然モスクが現れて日常に溶け込んでいる姿を目の当たりにします。
お祈りの時間でなければある程度中の方まで見学することもできます。

30代/男性

市街地にあり駅の目の前にあるのでアクセスがとても良いです。周辺を散策する場合は、突然モスクが現れて日常に溶け込んでいる姿を目の当たりにします。
お祈りの時間でなければある程度中の方まで見学することもできます。

20代/女性

LRTマスジットジャメ駅のすぐそばで、セントラルマーケットなどほかの観光スポットからも近いため、比較的観光客が多かったように思います。
こじんまりとした居住まいが清々しく、とても美しい白亜のモスクでした。
夜のライトアップされた姿も印象的です。

20代/女性

クアラルンプールにある最古のモスクで、アクセスも抜群です。モスクの中は、大理石でできているようで、暑いクアラルンプールでも小さな避暑地のようでした。
涼みに来ている人も大勢いました。
女性は入場前にケープをかぶらなけらばならず、プチムスリム体験ができて楽しかったです。

国立モスク(新モスク)
住所:国立モスク(新モスク)
電話番号:603-2693-7784
営業時間:ムスリムの方(5:00-11:00)
それ以外の方は、金曜日(15:00-16:00/17:30-18:30)
その他の曜日(9:00-12:00/15:00-16:00/17:30-18:30pm)
定休日:上記の時間以外
入場料や利用料:なし

マレーシア イスラム美術館

日本では味わえない文化を味わえのが「マレーシア イスラム美術館」です。

イスラム美術を目で見て、楽しめる「クアラルンプール」屈指の観光スポットで、周辺は自然に囲まれ静かな空間に佇み時間を忘れながら観光できるスポットになります。

イスラム建築を代表するタイル絵の柱が入り口にあり多くの観光客を魅了しています。
色彩的にも数学的にも美しく洗礼されているイスラム美術の圧倒的な美しさに引き込まれていきます。

世界中のモスクの模型をまとめて眺められるのはここ「クアラルンプール」にある「マレーシア イスラム美術館」だけなので見応えがあります。

どこの国のモスクも特徴的で見応えがあり観光客から素晴らしいと高い評価を受けています。
時より差し込む日差しがこの空間をより一層、神秘的な空間に変えていきます。

マレーシア イスラム美術館のコメント

20代/女性

普段馴染みのないイスラム文化についてよく知ることのできる美術館です。
世界中のモスクの模型や、歴史、洋服まで、さまざまなものが展示されています。
とても広いため、見てまわるのに少し時間はかかります。
併設のレストランでは中東料理が食べられます。
少しお値段は張りますが、ボリュームがあり、とても美味しいので、ぜひ行ってみることをお勧めします。

30代/男性

はじめてのマレーシア、はじめてのイスラム国家への旅行でしたら、ぜひ訪れていただきたい美術館です。
歴史の教科書で見たようなイスラーム美術品がたくさんあってとても綺麗です。
国立モスクと近いので両方行くことをオススメします。

20代/女性

国立モスクのすぐ裏手にあり冷房もかなり効いているため、周辺観光に疲れを癒すのにも、持って来いの場所です。
もちろん美術館として、展示品だけではなく建物の美しさも素晴らしいと感じました。
コーラン、モスクのミニチュア、装飾品や絵画など、様々な展示品が集められており、とにかく見ごたえがありました。
1階のギフトショップも、おしゃれな品が多くてお勧めです。

マレーシア イスラム美術館
住所:Jalan Lembah Perdana, Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan, 50480, Malaysia
電話番号:60 3-2274 2020
営業時間:10:00-17:00
定休日:不定休
入場料や利用料:あり
URL:マレーシア イスラム美術館

スリ マハ マリアマン寺院

1873年に建設された「スリ マハ マリアマン寺院」はマレーシア最大のヒンドゥー教の寺院です。

無料で見学でき、チャイナタウンの近くなので多くの人が訪れる場所です。

極彩色の装飾の像が印象的で、たくさんの神々を表現しています。
なんと全部で228体もの従者や神の姿が彫刻され、全てが違う表情をしているので見応えがあります。

お香の香りが漂い、カラフルな装飾によって特別な場所にきた感じになります。

寺院内は土足禁止なので注意してください。

スリ マハ マリアマン寺院
住所:163 Jalan Tun H S Lee, 50000 Kuala Lumpur
電話番号:(+65) 6223-4064
営業時間:6:00-21:30
定休日:なし
入場料や利用料:なし

レイクガーデン

大都会「クアラルンプール」にある豊かな自然が特徴的な「レイクガーデン」は広大の敷地の中に様々な癒しスポットが点在しています。

色鮮やかな鳥たちの楽園「バード・パーク」を初め、無数の蝶が華麗に舞う「バタフライ・パーク」、1年を通して綺麗な花が咲く「オーキッド&ハイビスカス」と様々なエリアに分かれています。

園内は広いので、自転車等の乗り物を活用して散策してみてください。

おすすめは「インモーション」という、立ち乗り電動二輪車に乗って、園内を散策するツアーがあります。

所要時間は約2時間で要予約ですので注意してください。

正式名称はトゥン・アブドゥル・ラザク・ヘリテージ公園といい現地の方のも愛された場所になります。

レイクガーデン
住所:Jalan Cenderawasih, Tasik Perdana, 50480 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
電話番号:03-2272-1010
営業時間:7:00-20:00
定休日:無休 
入場料や利用料:なし
URL:レイクガーデン

ペトロサインス

KLCCツインタワーの4階にあるのが「ペトロサインス」になります。
ここは科学を体験する体験型科学博物館です。

最新科学を学んだり、体験したりと「見て・触れて・体験」するアトラクションがたくさんあります。

ヘリコプターの「シミュレーター」など、乗り物体験ができるのでドキドキでスリリングな体験が子供も大人も楽しめると、人気急上昇中のスポットです。

約7000㎡の敷地があり広く様々なスポットがあるので長時間遊べるスポットになています。

ペトロサインス
住所:Petronas Twin Towers Level 4 Suria KLCC Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan 50088
電話番号:03-2331-8181
営業時間:9:30~17:30(土日祝日は~18:30)※受付は閉館1時間前まで
定休日:月曜日
入場料や利用料:RM 18.50 (13才−60才)
URL:ペトロサインス

カンポンバル

「クアラルンプール」のシンボルツインタワーやKLタワーのあるエリアから北西に位置するのがここ「カンポンバル」です。

なんとこの場所は120年前からある、マレーシア人集住地区なのです。
現地の人の変わらない本当の生活が見られる場所です。

観光客は少ないので、現地の人ばかりです。
周辺には地元のレストランといったマレーシア料理を提供するお店がいくつか点在しています。

毎晩夜遅くまで賑わいを見せ、観光でもっとも地元の人と近い距離感になれる場所です。

「クアラルンプール」市役所主催の「ウォーキングツアー」が週3回無料で開催されているのでぜひ参加していただきたい穴場スポットになります。

カンポンバル
住所: Jalan Raja Abdullah Kampong Bharu

サロマ シアター レストラン

「クアラルンプール」で唯一伝統舞踊ショーが見学できるレストランが「サロマ シアター レストラン」です。

100種類以上の美味しいバイキングを楽しみながらマレーシア伝統舞踊を見学できるので、とても楽しく食事ができる場所です。

本格的なコロニアル様式の建物が目を引き、夜はライトアップされ、美しく光り輝いています。

特徴的な建物なので近くに行けば、すぐにわかると思います。

サロマ シアター レストラン
住所: Pusat Pelancongan Malaysia (MTC) 139 Jalan Ampang 50450 Kuala Lumpur  
電話番号:03-2161-0122
営業時間:11:00~22:30(ショータイムは20:30PM~21:30)
定休日:無休
入場料や利用料:なし
URL:サロマ シアター レストラン

ブキッ・ビンタン

「ブキッ・ビンタン」はクアラルンプール観光には欠かせない繁華街です。
おしゃれなカフェや巨大なショッピングモールが立ち並ぶ、マレーシアの最新ファッション情報を発信するエリアです。

それでも路地に入れば、クアラルンプール に昔からある「雑貨屋さん」や「屋台街」があってまさに東南アジアといった雰囲気が残っています。
近代的なビルと昔ながらの街並みが融合してなんとも言えない素敵な空間です。

「パビリオン」や「スターヒルギャラリー」という2つの大きなファッションビルがあって、ショッピングするにも観光するにも最適なエリアです。

ブキッ・ビンタン
住所:Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

ジャラン・アロー

クアラルンプール に来たら「屋台街」は堪能したいですよね!
「ジャラン・アロー」はブキッビンタン通り北側にある、アロー通りに立ち並んだ屋台街です。

クアラルンプール随一の屋台街で活気あふれる場所です。
まさにここはアジアの活気を直で感じれるとあって、観光客に大人気!

200mほどの通りに「中華」「タイ」「インド」「マレー料理」などが所狭しと並んでいます。
異国の地で国際色豊かな食事を堪能しながらクアラルンプールの夜を満喫してください。

ジャラン・アロー
住所:Starhill Gallery, 181, Jalan Bukit Bintang, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア

バトゥ洞窟

マレーシアで最も有名なヒンドゥー教の聖地「バトゥ洞窟」
19世紀後半頃にヒンドゥー教寺院として開かれたと言われています。

「バトゥ洞窟」のほとんどは4億年前の石灰岩でできています。

「バトゥ洞窟」観光の一番の見所はヒンドゥー教の神話に基づき作成された「壁画」や「像」です。
カラフルな像や壁画はまさに、異国の文化や雰囲気を味わえます。

洞窟に入るには272段もの長い階段を登っていきます。
登り切った先にある、神秘的な洞窟はまさに圧巻です。

バトゥ洞窟
住所:Gombak, 68100 Batu Caves, Selangor, マレーシア
電話番号:60 3-6189 6284
URL:バトゥ洞窟

旧クアラルンプール中央駅

2001年にクアラルンプールセントラル駅が利用開始されるまで活躍した中央駅が「「旧クアラルンプール中央駅」です。
現在も「クアラルンプール駅」として利用されています。

ですが、停車する列車が少なく、観光の際に利用することはほとんどないです。
「旧クアラルンプール駅」は、白亜の英国風建築の美しい駅舎で、ぜひ一度は見て欲しいです。

美しい駅舎を一目見ようと、多くの観光客が訪れるスポットです。
駅舎は自由に見学できますが、駅のホームは切符がないと入れないので注意してください。

周りには、観光スポットである「国立モスク」や「レイクガーデン」があり、観光の際にはプランに入れやすいのでぜひ、合わせて観光してください。

旧クアラルンプール中央駅
住所:Jalan Sultan Hishamuddin, Kampung Attap, 50050 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur,
URL:旧クアラルンプール中央駅

関帝廟

クアラルンプールで特に有名な寺院が「関帝廟」
三国志に登場する「武将・関羽」が祀られています。

観光客はもちろん、地元の方にも人気がある観光スポットです。
クアラルンプールにいながら、中国文化にも触れられるという、不思議空間です。

赤い建物が印象的で、天井からぶら下がった三角の線香が特徴的な「関帝廟」
門を入ったところから、独特な線香の香りが漂います。

関羽はもともと「商売の神」として、知られていて商売をしている方はぜひ訪れたいスポットです。

関帝廟
住所:168, Jalan Tun H S Lee, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
電話番号:60 3-2072 6669
営業時間:7:00-16:30

マラッカ

クアラルンプール に来たら郊外に出かけてみませんか?
「マラッカ」はクアラルンプールから南に2時間ほどの場所に位置する世界遺産の街です。

まるでヨーロッパに来たような錯覚になるほど美しい建築物が立ち並ぶコロニアルタウン!
観光客に人気の観光地とあって多くのツアーなどがあります。

1400年にマラッカ王国が誕生してから、「ポルトガル」や「オランダ」、「イギリス」などの植民地時代がありました。
その時期に築かれた文化が、今のマラッカと融合し、独特の文化が生まれ増ました。

カラフルでヨーロッパ風の建物が並ぶマラッカの街並みは、クアラルンプールとは大きく違います。
この美しい街並みに惹かれ、クアラルンプールだけじゃなく、シンガポールからの観光客も多くいます。

「オランダ広場」や「セントポール教会」、「セント・フランシス・ザビエル教会」、「ア・ファモサ」が有名で、観光の際にはぜひ訪れて頂きたいスポットです。

クアラルンプールからマラッカへ向かうならツアーで行くのも一つの手段ですが、「バス」や「タクシー」でも向かえるので安心してください。
クアラルンプール観光と合わせて、郊外のマラッカにも訪れてみてください。

マラッカ
住所:Jalan Parameswara, Bandar Hilir, 78000 Alor Gajah, Melaka, マレーシア

<下に続く>

クアラルンプール観光のベストジーズン

マレーシアの水上家屋

せっかく、クアラルンプールを観光するならベストシーズンにしたいですよね。
クアラルンプールは熱帯雨林気候に属していて年間を通して変化が少ないです。

日本のように四季がなく「乾季3月-9月」「雨季10月-2月」に分かれています。
気温も年間通して27度-33度ほどで気候が安定しています。

熱帯雨林気候の特徴は年間通してスコールがあります。
乾季より雨季の方がスコールの時間が長くなっています。

なので、乾季である「3月-9月」がベストジーズンではありますが、年間通して変化が少ないので、いつのシーズンでも観光を楽しめる街となっています。

1年を通してベストジーズンなので、自分の休みに合わせて訪れられるのも嬉しいです。

<下に続く>

クアラルンプールのネットは遅い

SIMカードと携帯

クアラルンプール観光の際に、ネット環境は気になりますよね。
街中にはFree WiFiが飛んでいますが回線の速度は日本ほど速くありません。

東南アジアの中ではネット環境が整っていますがそれでも弱いと感じてしまいます。
そこで、SIMカードを上手に利用すれば街中でも気兼ねに利用できます。

\クアラルンプールで使えるSIMカードをもっと詳しく確認!/
マレーシアのSIMカードを徹底解説!おすすめ会社や空港での購入方法マレーシアでスマホ通信を行うための4つの方法を紹介!SIMカード購入はマスト? マレーシアで...

<下に続く>

クアラルンプール観光で気になる治安情報

マレーシア 空港

Gakuさんのコメント
マレーシアは比較的安全ですが、やはり海外ですので日本に比べると注意は必要になります。
貴重品などはポケットではなくカバンに入れて盗まれないようにすることが必要です。
タクシーのキャッチが多く、乗ると多額の請求をされることがあります。
配車アプリでタクシーを呼ぶことで、決まった値段で乗ることができるので乗車の際は配車アプリを活用するのがオススメです。
食事や買い物で夜遅くなった場合は歩いて帰るよりもアプリでタクシーを呼んだほうが安全です。
マレーシアのタクシー代は日本にくらべて、とても安いので気軽に利用することができます。

他にも、マレーシアはムスリムの方が多いので、事前にマレーシアの文化やマナーを調べておいたほうがお互い気持ちよくコミュニケーションが取れいい思い出になりますよ。

貧富の差が激しいクアラルンプールでは軽犯罪に気をつけてください!
大都市だけあって大きな犯罪は少ないですが、観光客を狙った「すり」「置き引き」「ぼったくり」は多発しています。

また、近年マレーシアでは薬物問題が重要視され取締りが厳しくなっています。
街中で販売されるケースもあって観光の際に知らずに購入してしまうということもあるので十分注意してください。

チャイナタウンや郊外は比較的治安が悪いと言われるエリアです。
観光地としても人気な場所なので行く際には十分警戒してください!

タクシーには気をつけて!

タクシーのサイン

ぼったくり被害の多くがタクシーです。
基本的に交渉制になっていますが、この時に土地勘がないとぼったくり被害に遭います。

そこで、配車サービスなどを活用して現金でのやり取りはせずにアプリですますことをオススメします。
そうすれば必ずメーターを切り、距離に応じた支払いのみなので安心しできます。

深夜の出歩きは控えよう

マレーシアのバス

ここまで軽犯罪が多いと伝えてきました。
観光中の昼までは十分に注意しているが、夜お酒などできを許してしまい遅くまで観光するのは控えましょう。

特に、人通りの少ない場所では強盗犯罪に巻き込まれるケースが非常に高くなります。
夜の移動は必ず配車アプリなどで、安全な移動手段をとってください。

極力人混みの中にいて安全を確保してください。
人混みでは、スリなどに対しては最善の注意を払いましょう。

\クアラルンプールの治安情報をもっと詳しく確認!/

マレーシアの治安はいい?悪い?観光時に注意するべき犯罪や安全点を紹介【治安の前に】マレーシアってどんな国? マレーシアは多民族国家です。
公用語はマレー語と英語...

<下に続く>

クアラルンプール観光に必要な予算は?

マレーシアの屋台

マレーシアの通過は「リンギット」です。
1リンギット=25.98 円(※2019年11月25日現在)なので100リンギットで2,600円ほどになります。

航空券代の平均は4万円代で冬の時期は比較的安く、夏に向けて値が上がる傾向にあります。

物価に関しては日本と比べ3分の1ほどと言われています。
中でもホテルが安く、なんと5つ星ホテルが1万円台で宿泊できます。

宿泊費が圧倒的に低く抑えられ、グレードが高いので安心して宿泊できます。

ですが、食事やその他にかかる費用は3分の2ほどなので平均して3分の1ほどの物価になっています。

3泊4日で13万円ほど!

市街と郊外の観光を楽しめる3泊4日では12万円ほどあれば観光を楽しめます。
クアラルンプールの市街地では、ほとんどのお店でクレジットカードが使えるので安心してください。

ホテルに関しては通常のビジネスホテルのような場所では1泊2千円以下のホテルもあり格安に抑えられます。

それ以外にもタクシーなどの移動費は低いので観光地に向かうのもそこまで高くはありませんが、食事や購入するお土産等は高く感じることもあります。

項目 値段
航空券 ¥55,000
ホテル(3泊) ¥6,000
移動費(タクシー/電車/バス) ¥15,000
観光費(入場料/ツアー) ¥20,000
食費 ¥20,000
お土産代 ¥10,000

5泊6日で15万円ほど!

市街と郊外と合わせて古都「マラッカ」に訪れるプランなら5泊6日で15万円ほどです。

古都「マッカ」や郊外ではクレジットカードが使えないこともあるので注意してください。
郊外に行かれる際は現金があると安心です。

「マッカ」に向かう際はツアーに参加しても行けますし、タクシーでも向かえます。
なので少しだけ移動費と観光費が高くなっていますが、3泊4日とそこまで変わらないので、せっかくのクアラルンプール観光で郊外まで足を運んで頂きたいです。

項目 値段
航空券 ¥55,000
ホテル(4泊) ¥8,000
移動費(タクシー/電車/バス) ¥20,000
観光費(入場料/ツアー) ¥25,000
食費 ¥30,000
お土産代 ¥10,000
<下に続く>

クアラルンプール観光を最高の思い出に。

クアラルンプール

マレーシアの首都「クアラルンプール」は今後ますます発展していく人気観光地です。
2020年に先進国入りを目指し日々新しい建物が建設されていますが、その一方で歴史的建造物が残り見所のある都市に変化しています。

週末にいける常夏の国でもあり、今後日本人が行きたくなるスポットではないでしょうか。

ローカルな伝統料理に普段体験できない文化、そして綺麗に整備されていく街並みと注目度の高い都市でもあります。

物価も安く、5つ星ホテルに格安で泊まれるといった魅力もありぜひ非日常を楽しんでぜひ、素敵な思い出を作ってください。

\観光の思い出に素敵なお土産もいかがですか?/

クアラルンプールで人気のお土産33選【マレーシア名物/服/コスメ】【お土産の前に】マレーシアの首都・クアラルンプールってどんなところ? 東南アジア有数の世界都...

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line