どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/30

在住者が教える!グアムで人気のおすすめ観光地30選!

1年中泳ぐことができる常夏の島グアムは日本からたった3時間半程度のフライトで行くことができる人気のリゾート地です。
グアムには美しいビーチを初めとして大人から子供まで楽しめる観光スポットがたくさんあります。
今回はそんなグアムの観光の魅力やおすすめの観光スポットをグアム在住歴3年のりひゃんさんにお聞きしました!
グアム旅行のご予定がある方やグアムに興味のある方は必見です。

Large guam 3783608 1280
本記事のコメンテーター

グアムの観光の魅力

スペイン広場
提供:@akimiii38

Q.グアム在住歴3年のりひゃんさんだからこそわかるグアムの観光の魅力は?

A.日本から手軽に行ける常夏のリゾート地!   

りひゃんさんのコメント
日本から3時間半で行ける常夏の海外リゾートグアム。
飛行時間が短いので、小さなお子様からご年配の方まで、最小限の移動距離で行ける海外旅行先というのが最大の魅力だと思います。

近年グアムは、様々なアートウォールが出現し、旅の思い出となる素敵な撮影スポットが多数登場しています。
そしてずっと変わらない美しい海、ビーチに魅了される人が後を絶ちません。

1度といわず、何度でも訪れたくなるグアム。
私はそんなグアムの魅力を「グアムマジック」と読んでいます。
ぜひ、グアムマジックにかかりに、グアムに足を運んで下さいね!

<下に続く>

グアム在住者が教える!グアムで人気のおすすめ観光スポット10選

ここではグアム在住歴3年のりひゃんさんがおすすめするグアムの観光スポットをご紹介します。
ここで紹介するスポットは以下の10つです。

  1. スペイン広場
  2. アプガン砦
  3. チャモロビレッジ・ナイトマーケッ
  4. ラッテストーン公園
  5. 恋人岬
  6. チャッキーチーズ
  7. タモンビーチ
  8. グアム・プレミア・アウトレット
  9. ウマタック橋
  10. ソレダット砦

それではそれぞれの観光スポットを詳しく見ていきましょう。

スペイン広場/ハガニア

null
提供:@rihyan_guam

スペイン広場のおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
観光スポット・グアムの首都「ハガニア」は必ず立ち寄りたい!
ハガニア地区にあるスペイン広場は、広々とした原っぱに主要観光ポイントが盛りだくさん。
のんびりとお散歩しているだけで、ガイドブックに登場する観光スポットに次々と遭遇することができます。
近年、インスタ映えするアートウォールやモニュメントも多数登場しているので、カメラ必須の場所でもあります。

スペイン広場とは、スペインがグアムを統治していた時代に、スペイン総督邸や、行政府が置かれていた広場です。
太平洋戦争によって、大部分が壊されてしまいましたが、修復やリニューアルによって整備されており、スペイン統治時代の面影が見られる場所として人気となっています。

特に、スペイン統治時代に社交場として使われていたチョコレートハウスは、建物が綺麗に修復されており、かつての賑わいを想像できます。他にも、スペイン総督邸跡や、大砲のレプリカなど見どころが満載です。

また、広場の中心には「Guam」の文字の大きなモニュメントがあるので、記念写真を撮るのにもピッタリです。

別の目的場所へ行く途中で立ち寄りました。
海沿いから近く、すぐに辿り着けました。

観光地が固まっている場所にあり、立地がよかったです。
リニューアルしたばっかりだったみたいで綺麗な部分などもありました。

行ってよかったです!

20代/女性

スペイン統治時代の建物や、歴史を伝承するモニュメント、大戦時代の慰霊碑など、グアムの歴史に触れることができる場所です。
大砲のオブジェもありました。

定番の観光ルートで、観光客がいっぱいです。

30代/女性

南国かつバカンスを楽しむグアムにおいて、深い歴史を学ぶのに最適な場所です。
グアムはいろんな国の侵略があり、管轄が何回も変わっている場所。

その遍歴を感じられるところです。

30代/男性

白い歴史的建物が素敵で写真が映えます。
戦後の大砲などもありますが、大砲と白い壁が対照的で芸術的です。

ウィディング写真を撮っているカップルも見かけました。
場所も広く是非一度は訪れることをお勧めしたいスポットです!

50代/女性

スペイン広場
住所: グアム 〒96910 ハガニア

アプガン砦/ハガニア

アプガン砦
アプガン砦

アプガン砦のおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
短時間のドライブで行けるビューポイント!
ハガニア(アガニア)のスペイン広場から車で5分ほどにあるアプガン砦は、大砲のレプリカが3基に、グアムの街並みを見下ろせる美しい眺めが魅力です。

ハガニア(アガニア)観光ついでにサクッと立ち寄れるので、時間が限られている方にもおすすめです。

アプガン砦はグアムの高台にある観光スポットで、1800年頃にチャロモ民族の反乱に備えてスペイン軍の拠点となった砦です。
第二次世界大戦時には,日本軍もここを砲台として使用しました。
砦の上には3基の大砲のレプリカがあり、戦争の面影を感じることができます。

また、ハガニアの町とビーチが見下ろせるビューポイントしても人気があり、聖母マリア大聖堂などハガニアの観光スポットの姿も確認できます。 夜景が見られるスポットとしてカップルにも人気です。

スペイン統治時代の産物です。
展望台から見る海は本当にきれいで、また大砲のレプリカは、我々日本人にはかなり珍しいものであるように思います。

景色を見るだけでも十分価値あり!


30代/男性

高台に大砲が三台あり、とても迫力がありました。
景色がよく、綺麗な街並みやハガニア湾が見えます。

そこで椰子の実が売られていて、ジュースを飲んだ後、実を切って醤油と山葵につけて食べました。
ツルツルしていて、お刺身のようでした。

40代/女性

アプガン砦には大きな大砲があり、とても迫力がありました。
本当は怖いものなのだと思うのですが、周りの空気感もあり、暗い雰囲気はなく大砲に乗ったりして写真も撮れました。
周りには屋台などもあり、そこで食べたヤシの実に醤油をつけて食べるお刺身にハマり、それを食べるためだけにアプガン砦まで行ったりしました。

30代/女性

アプガン砦
住所:Tutuhan, Agana Heights, Fort Ct, Hagåtña, 96910 グアム

チャモロビレッジ・ナイトマーケット/ハガニア

null
提供:@saoringo36

チャモロビレッジ・ナイトマーケットのおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
ローカル感も体験できるナイトマーケット。
掘り出し物や手作りアクセサリーなどの屋台がずらりと建ち並び、モクモクと煙を立てながら豪快なBBQやチャモロ料理を楽しむこともできます。
お子様向けのアクティビティも満載なので、家族連れ楽しめる場所です!

チャモロビレッジ・ナイトマーケットは水曜日の夜限定で屋台が立ち並び、まるでお祭りのような賑わいが人気の観光スポットです。

バンドの演奏やダンスショーなどもあり、チャモロ文化に触れることができます。
お弁当やBBQなど食べ物の屋台もたくさん出ていて、ヤシの実のジュースなどもナイトマーケットで飲むのもおすすめです。

昔から一度は行ってみたかった場所!
ナイトマーケット目的でグアムまで行ったほど楽しみにしていました。
チキンの丸焼きがおいしくて印象的です。
お土産などもたくさん売っており見るだけでも結構楽しめました。

20代/女性

若い頃、現地で知り合ったローカル民に連れていってもらいました。
観光客もローカルも、一緒に夜遊びしているような気分になれます。

ただ、水曜日限定ですので、気をつけてください

30代/女性

水曜日の夜のみ開催される夜市です。
食べ物から民族衣装、道具等ありとあらゆるものが売られ、またショーも見ることができます。

専用のバスがタモン地区から出るので、それに乗ることを強くおすすめします。

30代/男性

大変フレンドリーなチャモロ人がいます。
簡単な英語が分かれば楽しい会話も弾みます。

英語が分からなくても彼らは快く笑顔で迎えてくれます。
どこから来たの?なんて聞いてくるので、ジャパンだよ、とか日本でもわかりますよ!

楽しい場所です♪

50代/女性

ナイトマーケットは人が多くて、蒸し暑かった印象。
それでも暑苦しさを忘れるくらいリーズナブルで見ていて楽しいお店がたくさんありました。

お土産を買うにはとても良い場所だと思います!

30代/女性

チャモロビレッジ・ナイトマーケット
住所:153 W.Marine Corps Dr. Hagatna グアム
電話番号:なし
営業時間:毎週水曜日18:00~22:00
定休日:なし
入場料や利用料:利用店舗により異なる
URL:なし

ラッテストーン公園/ハガニア

null
提供:@rihyan_guam

ラッテストーン公園のおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
私が個人的におすすめしたいのが、古代遺跡を間近でみることができるラッテストーン公園。
未だ多くの謎に包まれている古代遺跡なので、辺り一帯は神秘的な雰囲気が漂っている気がします。
高さ2メートルほどもある大きな石柱なので、インパクトも抜群!公園内には旧日本軍が残した防空壕もあるので、ぜひ探してみてくださいね!

ラッテストーン公園は、チャロモ民族の遺跡、ラッテストーンが見られる遺跡です。
ラッテストーンは、棒状の石におわん型の石が乗ったもので、9~15世紀にチャロモ民族によって作られたものです。

しかしながら、チャロモ民族は文字を持たない民族であったため、ラッティストーンが何を意味するものであるのかは分かっていません。

1.5mほどの石が並ぶ様子は、ラッテストーンに謎が多いゆえにミステリアスな雰囲気を感じます。
古代遺跡の謎を感じられる場所として人気のスポットです。

石!石!石!、といった感じでした。
定番の観光ルートなので、ツアー客でいっぱいです。

屋台でココナッツを売っています。
ミルクはもちろん、実をお刺身みたいにして食べられます。

30代/女性

チャモロ文化の代表でもある巨大な石「ラッテストーン」がある公園。
なぜこんなものがあるのか、本当に不思議に感じます。

またチャモロ人の偉大さを知ることができる場所でもあります。

30代/男性

サンゴで出来た石柱。
こけしのような可愛い石が並んでいます。

近くに防空壕がありますが天候がいいので怖い感じがまったくなく、むしろ感謝の気持ちが上がっています。

50代/女性

ラッテストーン公園
住所:1W O'Brien Dr, Hagåtña, 96910 グアム

恋人岬/タモン

恋人岬
恋人岬

恋人岬のおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
グアムに来たら一度は訪れたい場所。
朝、昼、サンセットの時間帯で、異なる景色を見せてくれます。

悲恋伝説が残る恋人岬は、いつ訪れても美しくそして切ない景色が魅力です。
敷地内には展望レストランや見応えあるギフトショップもあり、見どころ満載のスポットです。

「恋人岬」はスペイン貴族出身の父親を持つ娘とチャモロ人の悲恋の物語が残る,恋人たちの聖地と呼ばれており、恋人岬展望台からの眺めが絶景のおすすめ観光スポットです。

展望台の他にも数千個のハート型のカギが付けられたハート・ロック・ウォールはカラフルでインスタ映えする観光スポットとしても人気なので、特に新婚旅行や恋人とのグアム観光では恋人岬をおすすめします。

恋人岬の口コミ

観光本には必ず大きく載っている恋人岬。
同行したのは友人ですが、写真をたくさん撮ってはしゃぎました。

大きな銅像のような物が目立つ場所にあり、遠近法などで写真を撮りました。
景色もよく心が癒されました。

20代/女性

恋人たちのメッカという位置付けになっていますが、そもそもはとても悲しい物語がある場所。
入口のモニュメントはよく見てから岬へ向かって欲しいです。

南京錠をお忘れなく。

30代/女性

下から見ると支えがない展望台なので怖いですが、実際いってみると大丈夫でした。
美しい海の眺めが素晴らしく、グアムにいったら絶対行ってみるべき場所です。

グアムの絶景といえば絶対ここ!

50代/女性

展望台からの景色がとても綺麗でした。
カップルで訪れると結ばれるという噂もあり、ハートの南京錠が沢山つけられていました。

恋人たちの像「アマンテス」が建てられていました。

40代/女性

恋人岬には何度か行きましたが、いつも風が強いイメージ。
恋人同士で行ったことはないのですが、誰と行っても上から見る海が綺麗で迫力があり、魚も見えたりして十分に楽しめると思います。

30代/女性

20代/女性

2017年の2月に初めて渡航しました。
恋人岬まで結構距離があったにも関わらず、歩いて行こうとしていたら行きも帰りも優しい現地の方が送ってくださりました。

写真スポットもたくさんあり、友達で来るにも恋人と来るにも最高なところだと思います。
恋人岬では絶景を見ながら朝食を食べるのもおすすめです。

20代/男性

2019年の3月に訪れました。
恋人岬へは平日のお昼に行きましたが、観光バスで来られている中国人の方が一番多かった印象です。
快晴で綺麗な海を一望できましたし、良い写真が撮れます!
基本的にはバスで向かいますが、私はレンタカーを借りて行きました。
道中のドライブで洋楽を聴きながら運転するのは最高でしたよ!

恋人岬
住所:1375 W. Marine Corps Drive Harmon, グアム
電話番号:+1 671-647-4107
営業時間:7:00~19:00
定休日:なし
入場料や利用料:USD3.00
URL:http://www.puntandosamantes.com/

チャッキーチーズ/タムニン

null
提供:@rihyan_guam

チャッキーチーズのおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
お子様連れにぜひおすすめしたいアメリカのゲームセンター。
10ドルで30トークン(コイン)発行され、1ゲーム1トークンという安さで、思う存分ゲームを楽しむことができます。
小さなお子様からキッズ、そして大人まで遊べる多彩なゲーム機があり、時間を忘れて楽しむことができます。

家族ごとに異なるナンバーが記されたスタンプを腕に押してくれ、退出する際にそのナンバーを確認されます。
迷子や連れ去りなどの心配もなく、のびのびと遊ぶことができるのです。

「チャッキーチーズ」はグアム・プレミア・アウトレットの横にある子供に人気のゲームが集まったゲームセンター兼ピザレストランです。

トークンと呼ばれるゲームコインを購入して遊ぶことができます。
ゲームの点数に応じて景品に交換できるチケットが発券される仕組みです。

おすすめなのが、お店のマスコットキャラクターのチャッキーが登場してからのチケットをばら撒くイベントで子供たちは大興奮!海外ならではのゲームセンターを楽しんでみてはいかがでしょうか。

セキュリティーがしっかりしており、こどもをある程度は自由に遊ばすことができます。
また、アメリカナイズされており、グアムにしては海外に来たことを感じさせられるところが良いです。

30代/女性

ゲームの種類が豊富でした。
アメリカならではの雰囲気が味わえて楽しかったです。

いとこがゲームをしている間、わたしたちはピザをつまめたので良かったです。
ピザは普通に美味しかったです。

20代/女性

英語がわからなくても子供でもチャレンジできるゲームがほとんどです。
メダルも日本より多く還元され、貯めたら観光客でもマグネットやシールに交換してもらえます。

レストランと併設されていて、キャラクターも出演するのでゲームがメインではなくても楽しむことができます。

30代/女性

ゲーム好きにはたまらない施設でした!
楽しいのはポイントに応じてチケットがGETできて数に応じて商品と交換出来るんです。

ゲームは日本には無いものばかりで体を使うものが多いので小さな子供も楽しめます。

40代/男性

場所は、グアム・プレミアアウトレットの隣にあります。
そのため、子供を遊ばせてている間、妻は買い物を楽しめたようでした。

子供も買い物に付き合わされることなく遊具で遊べやよかったようです。

40代/男性

チャッキーチーズ
住所:235 Pas St, Tamuning, 96913 グアム
電話番号:+1 671-647-4544
営業時間:10:00~21:00
定休日:なし
入場料や利用料:メニューによる
URL:https://www.chuckecheese.com/storedetails/gu/tamuning/3233

タモンビーチ/タモン

タモンビーチ
タモンビーチ

タモンビーチのおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
気軽に海水浴やサンセットを楽しむならタモンビーチ!
アクセスが便利なので、滞在中一度は訪れたい場所です。
いつも旅行者の方で賑わっており、安全に楽しめるビーチです。

比較的人が少ない朝の時間帯は、お散歩するのにもおすすめですよ。

タモンビーチは、繁華街の近くに位置し、グアムで一番観光客でにぎわっているビーチです。
タモンビーチ沿いにホテルが並んでいるので、近くのホテルの宿泊客が多くビーチを利用しています。

青いパラソルが並んでおり、そこで休憩したり、ゆっくり読書したりもできます。透明度も非常に高く、泳ぐのにぴったりのビーチです。

イパオと比べると、アクセス面が良好。
また、サービス面ではそん色なく、使い勝手が良いのも良い点です。

日本に比べればましですが、人気の観光地なので人が多く、気になる人は避けたほうが良いように思います。

30代/男性

繁華街に近いので、人の多さが気になりました。
日本人観光客も多数いて、あまりゆっくりできる雰囲気ではありませんでした。

パラソルや浮き輪など、色々なグッズがレンタルできるのは便利だと思います。

20代/女性

水が本当に綺麗で驚きました。
浅瀬でも魚が見れたり、透明度高く感動した記憶です。

時期によるの思いましが海水も暖かく穏やかで遊びやすかったです。
波も大きくなく子供も安全でした。

30代/女性

ホテルやショップが多い中心街からすぐ行けるビーチ。
遠浅で海もきれいでまさにマリンブルー、海に入ると小さなカラフルの魚たちも泳いでいて手軽なリゾート感が味わえました。

日が暮れた後はビーチに面したBBQの店で食事をしましたが、南国の空気に酔ってとても幸せな気持ちになりました
 
30代/女性

シャワーがあるのでホテルが遠くても砂や海水を落として町歩きができます。
アクティビティも豊富。

特に手軽なのは30ドルくらいでロッカーや浮き輪、80ドル払えば2時間くらい水上足こぎバイクやバナナボートがレンタルできるので、クタクタになる程遊び倒せます。

30代/女性

タモンビーチは1日のんびり過ごしたい人には最高。
ホテルから即ビーチですので隣接しているので疲れてもすぐにホテルに戻れます。

いろいろな乗り物もあるので楽しめますし、バーや椅子もあったり、道具も貸してくれますので手ぶらでいけます。

40代/男性

グアムの中心であるタモン地区に位置しているので、タモン地区のホテルに泊まる場合には、ホテルから数分でビーチに行くことができます。
またマリンスポーツのレンタルもすぐ目の前にあり、比較的安い料金で利用できる店もお勧めです。

50代/男性

グアムきっての人気のビーチ。
複数のホテルが面して居るので、利用客は多いです。

アクティビティをレンタルする所もあるので、人が集まるのかも。
遠浅とは言いませんが、波打ち際で赤ちゃんでも浸からせるのも出来ます。

透明度もあり、小魚を浅瀬でも確認できます。

40代/男性

グアムの中心地にありながら、透明度の高い海が楽しめます。
遊具のレンタルも沢山あるので小さい子供も十分楽しめるファシリティーが整っています。

繁華街の近くなので海水浴後はショッピングも楽しめます。

40代/男性

一番メインのビーチで、パラソルもたくさんあるので借りられます。
観光客も多くて賑わってます。

近くにハンバーガーを買える場所があったりと、とても便利!
夜も人がいて、ライトもあるので、夜に散歩にくるのもおすすめです。

30代/女性

タモンビーチ
住所:グアム 〒96913 タムニン

グアム・プレミア・アウトレット/タムニン

null
提供:@rihyan_guam

グアム・プレミア・アウトレットのおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
お得にお買い物を楽しめる!
島内屈指の安さを誇るROSS(ロス)が入っており、1日中ショッピングが楽しめます。

ちなみにROSSはマイクロネシアモールにも入っていますが、規模、商品数共に、GPO店が圧倒的に上です。
シューズのアウトレットも豊富で、靴探しをするならGPOがおすすめです。

「グアム・プレミア・アウトレット」はグアムで唯一のアウトレットモールで、GPOと呼ばれています。

スポーツブランドや靴の店が多く、ほとんどのショップが20%~80%オフで商品を販売しているので観光客にも人気のスポットです。

隣接するチャッキー チーズは子供たちを遊ばせるのに最適で、チャモロ料理が食べられるキングスレストランやパンケーキで有名なI HOPなどのレストランがあるので買い物にもグルメにもおすすめの観光スポットです。

日本のアウトレットに慣れている人であればあるほど、逆に新鮮だと思います。
店を回るのももちろんですが、自分がいつもここにきて感心するのは、フードコート。

昼食を食べると、あ~グアムに来たなぁ~と感じます。

 30代/女性

思ったよりもコンパクトで、ブランドの数も限られていたので見て回るのに時間はかかりませんでした。
また休憩したい時にはフードコートが便利です!

20代/女性

店舗数は少ないですが、アパレルは安かったです。
オモチャ屋さんは日本では売ってないないものもたくさんあり、見てるだけで楽しいくらいでした。

1番はフードコートで、アメリカ旅行に行ったようなラインナップです。

30代/女性

あまり広くないので手軽に利用できるアウトレット。
けれど好きなブランドがかなりの割引率だったので満足でした。

ロスドレスのほうは地元のお客さんが多い印象ですが、こちらも日本ではそこそこの値段になりそうなブランドの品が安く手に入ったりとお得感がありました。
数年前にこちらで購入した服が、今でも普通に着れています!

30代/女性

日本のアウトレットより品数やジャンルが豊富です。
ワゴンセールのようになっているお店が多いですが、簡易包装なので旅行の荷物にはむしろピッタリかと思います。

お昼時はフードコートが混みますが、近くにも飲食店がありあまり並ばなくても入れます。

30代/女性

グアムプレミアアウトレットの一番のおすすめはなんといってもZUMBA。
ラテン系の曲にあわせてインストラクターにあわせて踊るんですがアウトレットの広場で毎日無料でやっているんです。

女性が多いですがラテン系なので皆さんノリも良く観光客も飛び入りで参加して盛り上がっています。

40代/男性

日本では手に入らない安い服などがたくさんあり、ウィンドショッピングをするだけでも楽しい!
またフードコートもありやすくアメリカナイズされた食事を楽しむこともできます。

50代/男性

若干古さを残すアウトレット施設。
しかしトロリーが必ず止まる場所であるので、利用客は多いです。

フードコートはローカルの方が多く集まる場所になってお昼時などはいっぱいになる事も…。
ですが、日本人観光客は回転が早く、席は安易に見つけられます。

40代/男性

グアムで唯一のアウトレット。
有名ブランド店が多く入っており、結構高い値引率で買い物ができます。

移動も巡回バスで簡単に到着出来ます。

40代/男性

ビーチや買い物などで、ヘトヘトになったら、プレミアムアウトレットで休憩できます。
冷房も効いてて、暑さに疲れてきたらちょうどいいです。

買い物も、シューズが少し安く買えました。

30代/女性

グアム・プレミア・アウトレット
住所:Guam Premier Outlet, 199 Chalan San Antonio, Suite 200 Tamuning,
グアム

電話番号:+1 671-647-4032
営業時間:10:00~21:00
定休日:なし
入場料や利用料:利用店舗により異なる
URL:http://www.gpoguam.com/

ウマタック橋/ウマタック

null
提供:@rihyan_guam

ウマタック橋のおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
スペイン統治時代の名残が数多く残るグアム南部。
メルヘンチックなデザインが魅力のウマタック橋は、そんなグアム南部をイメージして当時のウマタック村長が建設したそうです。

この橋はドライブ中に、眺めながら過ぎ去られてしまうことが多い場所ですが、実は塔の中に入ることができ、アーチの上から美しい景色を見ることができるのです。
すぐそばには小さな公園があり、一息するのにもおすすめの場所。

個人的に、ぜひ車を停めて立ち寄ってほしい、グアム南部の観光スポットです。

ウマタック橋はグアムのスペイン統治時代を思わせる赤い縁取りがとてもメルヘンチックな外観を持つタワー付きのアーチ橋です。

ウマタック湾岸のソレダッド砦近くにあるので、ソレダッド砦を巡るオプショナルツアーでは立ち寄りに組み込まれていない穴場スポットです。

30代/女性

時間がなかったため、残念ながらレンタカーで通っただけとなりました。
外観からして古さが滲み出ていましたが、可愛らしい色合いと形に心惹かれました。
日本にはない建造物という感じで、グアムに来たなと実感できるスポットの1つでした。

ウマタック橋
住所:ウマタック, グアム
電話番号:なし
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:なし

ソレダット砦/ウマタック

ソレダット砦
ソレダット砦

ソレダット砦のおすすめポイント!

りひゃんさんのコメント
歴史や戦争の面影、そして美しい景色を一度に体験できるおすすめ観光スポット。
当時の姿がそのまま残る砦の小窓から見える海は、また違った印象を与えてくれます。
スペイン統治時代のグアムの姿を一番肌で感じられる場所かもしれません。

ソレダット砦は、スペインの統治時代に、港を海賊などから守るために作られた砦です。
スペイン統治時代に作られた大砲も残されています。
ウマタック湾を一望できる場所に位置しているので、ビューポイントとしても人気です。

砦の中に入ることもでき、砦からみた景色も絵のようで素敵です。ウマタック湾と、スペイン統治時代の港の名残を残す静かな田舎町の景色は見ていて心が落ち着きます。

タモン中心地からは、車で50分ほどで行けます。レンタカーを借りるか、ツアーで行くのがおすすめです。

30代/女性

有名な場所ですが、静かな田舎にありました。
大砲がマッチする古い場所で、見晴らしが良いです。
自分達の他にも観光に来た人たちがいて、ガイドさんがそこに纏わる歴史について説明していました。

ソレダット砦
住所:2, Umatac, グアム

<下に続く>

グアムで人気のおすすめ観光スポット20選

ここでは先ほど紹介しきれなかったどこいく編集部がおすすめするグアムの観光スポットをご紹介します。
ここで紹介するスポットは以下の2つです。

  1. ハガニア大聖堂バシリカ
  2. グアム ミュージアム
  3. 太平洋戦争国立歴史公園
  4. パシフィック・アイランド・クラブ
  5. ターザ・ウォーターパーク
  6. イパオ ビー
  7. サンドキャッスル・グアム
  8. オンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパーク
  9. ライド・ザ・ダック
  10. アンダー・ウォーター・ワールド
  11. ガンビーチ
  12. デデドの朝市
  13. ファンタスティックパーク
  14. セッティ湾展望台
  15. イナラハン天然プール
  16. グアムインターナショナルレースウェイ
  17. タロフォフォの滝
  18. レーオブラッテアドベンチャーパーク
  19. フィッシュアイマリンパーク
  20. ココス島

それではそれぞれの観光スポットを詳しく見ていきましょう。

ハガニア大聖堂バシリカ(聖母マリア大聖堂)/ハガニア

ハガニア大聖堂バシリカ

提供:@__ksk1004
ハガニア大聖堂バシリカは、スペイン統治時代にグアムで初めて建てられた、カトリック教会です。
何度か破壊と修復を受け、現在の建物は1958年に建てられたものです。

白い外観は大理石によるもので、グアムの青空に映えて美しく佇んでいます。また、中央の窓はステンドグラスでできていて、カラフルな美しさが教会内の厳かな雰囲気を作っています。

入場料はありませんが、1ドルほどの寄付が必要なのでご注意ください。スペイン広場とかなり近いので、スペイン広場と一緒に観光するのがおすすめです。

ステンドグラスが細かく、ブルーとイエローの聖堂がとても美しかったです!
日本にはない配色で、とても南国らしい教会だなぁと感じました。

20代/女性

スペイン広場の近くにあるため少し見に行きました。
映画にでてくるような神秘的な空間でとても魅了されました。

外観も綺麗に保たれていてたくさんの写真をとりました。
いい思い出になりました!

20代/女性

ローカル民が普段の礼拝に訪れていました。
ミサの日には中に入ることはできませんが、何もない日は、併設されているギフトショップで入館料を払えば、教会内も観光できるそうです。

ステンドグラスが美しいらしい!

30代/女性

大聖堂というと、かなり厳かな雰囲気があり、なかなか抵抗があるかもしれません。
しかしここは厳かな雰囲気ではあるものの、割と気楽に入ることができます。

これまで行ったことのない人はおすすめ!

30代/男性

岩場の中に入っていくとマリア像が現れます。
キャンドルなども置かれていてとても神聖な気分になれるとってもお勧めのスポットです。

行くとなんだか良いことが起きそうな素敵な場所。
マリア像の顔の表情も素敵で眺めてしまいます。

50代/女性

スペイン広場の東側に位置し、とても大きな大聖堂。
聖母マリア像が安置されている事から、聖母マリア大聖堂とも呼ばれています。

白塗りでとても綺麗!
ステンドグラスも綺麗でした。

40代/女性

review:[普段、教会や大聖堂に行く機会などなく初めてだったのですが、なぜか気持ちが清らかになった気がしました。
聖母マリアの像があり、その前で写真を撮ったことを覚えています。

大聖堂の前の広場もとても広く空気も良かったので、また行ってみたいと思いました。

30代/女性](reviewer_name=)(star_count=)

ハガニア大聖堂バシリカ
住所:207 Archbishop FC Flores St, Hagåtña, 96910 グアム
電話番号:+1 671-472-6201
定休日:日曜日
入場料や利用料:なし(寄付1$)
URL:http://www.aganacathedral.org/

グアム ミュージアム/ハガニア

null
提供:@saeko_830

スペイン広場のすぐ近くにある2016年にオープンした「グアムミュージアム」は、まだ多くの観光客に知られていない穴場の観光スポットです。
グアム原住民であるチャモロ人の文化と歴史が常設展示されていて、グアムの歴史を学ぶことが出来ます。

島誕生のアニメーションを見られますが、ナレーションはチャモロ語で字幕は英語のみとなっています。
見た目に美しい外観と二階からは聖母マリア大聖堂やスペイン広場、チャモロビレッジなどの観光スポットをみることができます。

周りの建物に比べ、都会的なデザインのイメージでした。
中にはグアムに関しての文書などがたくさんあり、グアムを知ることができたのでとても勉強になりました。

外にも思わず写真を撮りたくなるような文字看板がありオシャレでした。

30代/女性

いわゆる「チャモロ人」というグアムの原住民がどのような生活様式を持っているかを知ることができる施設です。
ルーツを知ることができるので、深く知りたい人は良いかも。

30代/男性

圧倒的な外観です。
真ん中にひし形のガラスが沢山はめ込まれたアーチ状の建物の両側に壁があり、そこに何か英語で文字が書かれていました。

ミュージアムの手前にはヨハネパウロ2世の像がありました。

40代/女性

グアムミュージアム
住所:193 Chalan Santo Papa Juan Pablo Dos Hagåtña Guam 96910, 193 Chalan Santo Papa Juan Pablo Dos, Hagåtña, グアム
電話番号:+1 671-989-4455
営業時間:10:00~16:00
定休日:なし
入場料や利用料:USD20.00
URL:http://guammuseum.org/

太平洋戦争国立歴史公園/ピティ地区

null
提供:@yuchingpyc

太平洋戦争国立歴史公園は、太平洋戦争で、米軍が最初に上陸した場所です。
米軍の大きな魚雷が目印です。
当時の日本軍と米軍の激闘を伝える案内板が設置されていて、戦争の悲惨な様子を知ることが出来ます。

現在は、芝生の公園として整備されているので、週末にはBBQをする地元の人などで賑わっています。

歴史を勉強するならここです。
グアムの様々な国による統治の中でも特に暗い時代の話を知ることができました。

戦争がいかに危険なものか、今の日本人には必要なことかもしれません。

30代/男性

太平洋戦争国立歴史公園
住所:Piti, グアム
電話番号:+1 671-333-4050
営業時間:9:00~16:30
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:nps.gov

パシフィック・アイランド・クラブ/タモン

「パシフィック・アイランド・クラブ」は、子どもと一緒に楽しめるグアムの観光地です。

ホテルに併設された巨大なウォーターパークは海に接しているのでプールだけではなく、ビーチアクティビティも豊富に楽しめるのでおすすめです。
もちろん、宿泊者以外の利用も可能ですので、親の観光に付き添っていた子供たちも楽しめます。

宿泊者以外の入場にはPIC1 日会員券を旅行代理店のオプショナルツアーで予約するか、宿泊ホテルのツアーデスクで相談することをおすすめします。

前を通過したことくらいしかないですが行った人曰く、とても楽しいところ。
アクセスは良好で専用バスもあります。
慰安旅行の団体さんが多いイメージですね。

30代/男性

パシフィック・アイランド・クラブ
住所:210 Pale San Vitores Road Tumon Bay, 96913 グアム
電話番号:+1 671-646-9171
営業時間:9:00~21:30
定休日:なし
入場料や利用料:宿泊者無料(一般は旅行代理店及びツアーデスク経由のみ受付)
URL:https://pic.premierhotel-group.com/guam/

ターザ・ウォーターパーク/タモン

ターザ・ウォーターパークはDFS横のグアムプラザリゾート&スパに隣接した巨大ウォーターパークです。
タモン地区のホテル滞在中に利用しやすいウォーターパークなので観光の合間に立ち寄ることもできます。

11本ものウォータースライダーなど全14種類ものアトラクションがあり再入場が可能なので、午前中早くから入って、買い物やランチに出かけたり、宿泊ホテルが近ければ子供のお昼寝に一度ホテルに戻るもの可能です。

大きなプールのテーマパークがあるとのことで晴れた日を見計らって足を運びました。
想像よりは新しくなく、少し汚く感じました。

横に何本か並んだ長いウォータースライダーを何度も滑りました。
20代/女性

有名なウォーターパークのひとつ。
ホテルに併設されているので、空いた時間に遊びに行けます。

水曜日はお休みです。
近くにビーチもあるのでスラーだーなどいろんな遊び方をしたい時にオススメです

30代/女性

オンワード同様におすすめしたいところ。
こっちはもう少し大人向け?といったところです。

海に飽きてきている人は特に良いです。
グアムはこういった施設があるから、ホント何回来ても飽きません!

30代/男性

とにかくスライダーが楽しく何度でも滑ってしまいます。
くせになる楽しさ!

滝があったりして開放感満載。
しかも浮き輪も使い放題で浮き輪に乗ってのんびりしているだけでハッピーな気分になれます。

50代/女性

グアムプラザホテルに泊まったので、すぐ行けてとても便利でした。
ウエーブプールは小学生の子供達のお気に入りで、ほとんどここで遊んでいました。

プールに入ると少し寒かったので、お風呂のように温かい一角があり、助かりました。

40代/女性

ターザはとにかく大きな滑り台がいくつもありました。
日本のようにすごく混んでいて、スライダーに何十分も並ぶということがないのがいい!

ボディボードをできるスペースなどもあり、何回行っても楽しめます。

30代/女性

ターザ・ウォーターパーク
住所:132 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96911 グアム
電話番号:+1 671-646-7803 ~ 8
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日
入場料や利用料:USD40.00※ンターネットによる予約で割引サービスあり。
URL:https://www.guamplaza.com/jp/

イパオ ビーチ/タモン

null
提供:@megu_lavender

タモンビーチよりヒルトンホテル側にある「イパオビーチ」は透明度の高いビーチとして有名なスポットです。

タモンビーチのように観光客で混んでおらず、地元の人たちの憩いの場としても人気なのでおすすめのビーチです。
パブリックビーチなのでドリンクなどを購入できる場所がありません。

イパオビーチにはコンクリートでできたカバナがあり、それはチャモロヴィレッジにあるオフィスにて予約ができます(有料)
BBQなどは全て持参なので、旅行者向けのBBQメニューなどはありません。
ちなみにカバナは「空いていれば」自由に利用することが可能。
週末はパーティーなどで予約しているローカルが多いですが、平日はほとんど空いています。

また、イパオビーチは、その透明度の高さから、シュノーケリングスポットとしても人気です。透き通った海からみるたくさんの魚を見るのは感動の体験となるでしょう。

これぞ、グアムの青い空と海といった感じ!
グアムは環境的に使えるビーチとそうでない所があるので、特にサービス面でいくなら、イパオのほうが良いように思います。

30代/男性

広々としていてゆっくりとできました。
海の透明感には感動!

友人はシュノーケルを楽しんでいましたが、わたしはビーチで寝転んで過ごしました。
リラックスするにはちょうど良かったです。

20代/女性

イパオビーチはなんといっても無料で珊瑚礁と熱帯魚を楽しめるのが最高!
はじめて南国の海に来た人はタモンビーチに入ると、ナマコと小魚が中心なので「あれっ、南国の海?」って感じで物足りなさを感じますがイパオは最高です。

ライフセーバーが常駐しているのも安心です。

40代/男性

人も少なく雰囲気が良いビーチでした。
少し砂利などが混ざった所もありますが、波も穏やかなので子供さん達に遊ばせるには良いビーチ。

小魚が時折泳ぐ姿も確認できます。

40代/男性

ヒルトンホテルなどが並ぶ通りの近くにありながら、シュノーケルスポットとしては非常に良かったです。
道具のレンタルはないですが、ホテルの近くなので持参も大変ではなかったです。

40代/男性

人が少なくて、静かなのでゆっくりできます。
ケーマートで買った果物とジュースを持って行って、海を見ながらのんひりできました。

水質も綺麗なので、シュノーケリングもできますよ!
遠浅なので、泳ぎやすいし、かわいい魚もたくさんいます。

30代/女性

イパオビーチ
住所:タムニン,グアム
電話番号:+1 671-475-6288
営業時間:7:00~18:00
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:https://www.visitguam.jp/things-to-do/beaches/governor-joseph-flores-memorial-park/

サンドキャッスル・グアム/タムニン

サンドキャッスル・グアム

サンドキャッスル・グアム

サンドキャッスル・グアム

サンドキャッスル・グアム
サンドキャッスル・グアム
サンドキャッスル・グアム

提供:@na._.na927
提供:@yukiko0110

観光客から人気が衰えないグアムの人気ショースポットが「サンドキャッスル・マジックショー」です。

壮大なマジックに美しいショーガール、スリル満点のアクロバットを見られます。
1日2公演開催されますが2公演目はスタートが21時を過ぎるのでホテルから離れている場合は送迎付きのプランを頼むことをおすすめします。

アメリカナイズされたショータイムを味わいたいならここ!
ロケーションも中心地の真ん中に位置しているので、何かのついでも可能ですし、これをメインにして、他のアクティビティーをつけることも可能です。

30代/男性

運悪く雨が続いた旅行の際に急遽予約し行ってみました。
あまり高額ではないプランを予約しましたが食事もお酒もおいしく、スタッフも親切に案内してくれました。

イリュージョンもとても面白く、少女のダンサーたちのパフォーマンスが華麗で友人たちと感心しっぱなし!

30代/女性

日本ではなかなか見られない圧巻のショーが楽しめます!
客席で本格的な食事を楽しみながらのマジックショーもたまりません。

食事もコースですが、This is アメリカ!といった定番の料理ですがとてもおいしいです。
子供もとてもよろこんでいました。

40代/男性

イリュージョン、マジックショーなどが開催されており、グアムのナイトライフが楽しめます。

食事も中々美味しかったです。
大手ホテルからはシャトルバスが出ているので移動も楽でした。

40代/男性

サンドキャッスル・マジックショー
住所:1199 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 グアム
電話番号:+1 671-646-6800
営業時間:18:00~
定休日:水曜日・日曜日
入場料や利用料:予約窓口により異なる
URL:https://bestguamtours.com/shows/sandcastle-guam/

オンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパーク/タムニン

「オンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパーク」はオンワード・ビーチリゾートホテルにあるウォーターパークです。
宿泊者は無料で、宿泊者以外でも旅行代理店やツアーデスクで申し込むとウォーターパークを利用できます。

こちらでは122cm以上の子供から遊ぶことができる日本未上陸の絶叫スライダー「マンタ」が有名ですが、小さな子供におすすめなのが屋根付きプールです。
イルカウォッチングなどのマリンアクティビティーと組み合わせたプランも用意されているのでグアムを満喫できるスポットです。

ファミリーは絶対に来るべき場所!
特にお子様は一日中遊んでられる場所です。

問題はアクセスで、レンタカー等所有して入れば一番楽です。
そうでない場合少しめんどくさいですがシャトルバスも出てるのでそれがオススメ

30代/男性

子供から大人まで楽しめます。
絶叫系の滑り台があり、日本ではありえないようなスリル。

お酒が飲めるところも大人はありがたいです。
日本のプールよりすいてて過ごしやすいです。

30代/女性

海とプールがどちらも楽しめるのでお得な感じ。
アクティビティも豊富で海でのシュノーケリングやカヌーを楽しんだあとはプールに移動し、ウォータースライダーで大はしゃぎ!

流れるプールでしばらくゆったり泳いだ後にプールサイドバーでドリンクを飲みながら休憩したり。
とにかく楽しくて仕方なかったです!

30代/女性

せっかく南国に行ったのに海じゃなくてプール?っていうひともいるかもしれません。
しかしアクティビティが揃っているので子供も大人も楽しめます。

おすすめはマンタ。
12階くらいの高さから浮き袋で落下するのですが落ちるヒヤヒヤ感がたまりません。

40代/男性

海に近いので、ビーチも楽しむことができます。
プールだけでなくカヌーなどの体験もでき、子ども連れにはよいプールです。

敷地も開放感があり広く感じられます。

50代/男性

オンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパーク
住所:445 Gov Carlos G Camacho Rd, Tamuning, 96913 グアム
電話番号:+1 671-647-7765
営業時間:9:30~17:30
定休日:なし
入場料や利用料:宿泊者無料(一般は旅行代理店及びツアーデスク経由で料金変動あり)
URL:https://www.onwardguam.com/hotel/

ライド・ザ・ダック/タムニン

ライド・ザ・ダックは、日本でも観光地でよく見るようになった水陸両用バスで、アガニア地区の観光スポット案内と海上ダイブが目玉です。

ライド・ザ・ダックはサンドキャッスルの前からスタートします。

日本と大きく違うのは、なんといっても海の青さと海から見るリゾート地の風景です。
バスの上から島を一周できるツアーもあります。
子供たちの記憶に残るグアム観光になることでしょう。

日本にも数年前から「水陸両用バス」は存在していますが、まだまだ乗ることが少ない乗り物。
ガイドさんが良い意味でアメリカナイズされているので、テンション上げて楽しみたい人は、より良いと思います。

30代/男性

子連れでも海の上で安全に過ごせます。
水陸両用車で豪快に街を走るのも爽快ですし、アヒルの笛をみんなで吹きながら車ごと海にダイブしたり、遥か彼方の水平線に向かってスイスイ進んでいくので、大人も童心に帰って冒険気分が味わえます。

30代/女性

ハワイにも同じようなアトラクションがあります。
それと同様に船に乗らずに、街から出発し、そのまま海にダイブするような感覚があり何とも言えない新感覚です。

船になってからも普通の遊覧船と同様にグアムの海を楽しむことができます。

50代/男性

初めて水陸両用バスに乗りました。
陸から海へ入っていくときは、周りも盛り上がって、私もテンションが上がりました。

子供やお年寄りにも楽しめると思うので、おすすめです。

30代/女性

ライド・ザ・ダック
住所:1199 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 グアム
電話番号:旅行代理店による
営業時間:複数あり
定休日:なし
入場料や利用料:旅行代理店により変動あり
URL:https://bestguamtours.jp/cruises/ride-the-duck/

アンダー・ウォーター・ワールド/タムニン

null
提供:@yk_1112

アンダー・ウォーター・ワールドはグアムで唯一の水族館で、全長100mもの長い透明トンネルが有名です。
この水族館では海の生き物を見るだけではなく、シートレックヘルメットを使ったダイビングでウミガメなどを間近でみることができ、トンネルの途中でコース料理までも食べることができるダイニングがあります。

子供たちに人気のトレジャーハントは隠されているアイテムを探すために地図を持って歩き回ったり、 疲れた子供たちのためにゆっくり座ってと海の生物のことを学習できるキッズソーン もあります。

また、水族館内のウォーターラウンジでは、水族館の中でお酒を飲むという贅沢な体験をすることも可能です。

サンドキャッスルと二分する施設ですね。
入り口は水族館か?みたいな雰囲気ですが、その奥に進むと、素晴らしいショーがまっているという、ある意味日本的でない部分を感じ取ることができるところ。

ロブスターも高いけどおすすめ!

30代/女性

街の中心地にあり便利です。
買い物のついでや、雨の日に重宝しました。

小さな魚が多く、可愛かったです。
レストランは雰囲気よく、観光気分が味わえました。

子供を遊ばせるには最適な施設でした。

30代/女性

トンネル状のアクアリウムが特徴的。
魚たちの様子が間近に見られて、カラフルな魚がたくさんいてとても綺麗でした。

旅行中雨に降られた日に急遽訪れたのですが、お土産のショップも充実しているので行ってみて良かったです。
その際夜にはラウンジになると聞いたのでそちらも参加してみましたが、昼間とはまた違った雰囲気の中でお酒が楽しめてよりお得な気分になりました

ゆったりと涼みながら魚たちを観察できます。
巨大水槽の横で食事ができるプランもあるので、子供も大人も貴重な食事タイムを過ごせます。

30代/女性

ゆったりと涼みながら魚たちを観察できます。
巨大水槽の横で食事ができるプランもあるので、子供も大人も貴重な食事タイムを過ごせます。

30代/女性

さほど広くない水族館ですが、長いトンネルの中をくぐるといろいろな魚を見ることができます。
いろんな種類の魚がいてゆっくり見るだけでリゾート気分が味わえます。

30代/女性

アンダー・ウォーター・ワールド
住所:1245 Pale San Vitores Rd, Tamuning, 96913 グアム
電話番号:+1 671-649-9191
営業時間:10:00~18:00
定休日:なし
入場料や利用料:大人USD23.00、子供USD12.00
URL:https://uwwguam.com/ocean-safari/

ガンビーチ/タムニン

ガンビーチはホテル日航グアムの正面に開けるビーチです。
タモン湾沿いにありますが、観光客は日航グアムに宿泊している人くらいしか遊んでいない穴場スポットです。

透明度が高く遠浅で水遊びをするのに最適のビーチですが、タモンビーチより足元が悪いので足の甲まで保護できるマリンシューズがあると安心です。
シュノーケリングもできる美しいビーチですが、ライフセーバーはいないので注意が必要です。

定番のビーチに飽きた人が行くべき場所。
南に属するので、いわゆるにわか観光客は絶対に来ないところです。
とにかく静かで、しかし南国ムードたっぷりのビーチ。
南にいくほど治安が悪くなるのでそこには気をつけてください。

30代/男性

ビーチの中で一番、透明度が高くて、シュノーケリングに最適でした。
少し波が高いので、日によっては少し注意が必要です。

足元は岩場なので、マリンシューズを履いていくことをお勧めします。

30代/女性

ガンビーチ
住所:タムニン,グアム
電話番号:なし
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:なし

デデドの朝市/デデド

グアムで土日に開かれる「デデドの朝市」は地元の人と観光客で賑わっています。

KRIS B.B.QやGOTOという御粥、フルーツのスムージーなどの食べ物の屋台から南国らしい雑貨や衣料品を扱うワゴンなどがあります。
グアムの野菜や果物など、見るだけでも楽しい朝市なので、グアム旅行のスケジュールに土日を使っている人はおすすめの観光スポットです。

土日が日程に被ったら是非行って欲しい朝市です。
早起きして7時くらいには到着しておきたいです。
ハンドメイドの雑貨や新鮮なお野菜など、見てまわるのがとても楽しかったです。
スイーツも多く販売されているので、小腹が空いた時にはちょうど良かったです。

20代/女性

一度は行ってみることをオススメするスポットです!
というのも、民族道具みたいなものも売っているし、チャモロビレッジナイトマーケットのような空間でした。

30代/男性

土日が被ったら是非行って欲しい朝市。
早起きして7時くらいには到着しておきたいです。

ハンドメイドの雑貨や新鮮なお野菜など、見てまわるのがとても楽しかったです!
スウィーツも多く販売されているので、小腹が空いた時にはちょうど良かったです。

20代/女性

とにかく見たことないような物がたくさん売っていて驚きました。
グアムの方が、地元の方のために売っているものがほとんどで観光では見れないような食べ物や商品がありました。

30代/女性

ココナッツジュースやアヒポキなどの屋台が出ているので、早起きして朝食前に行くのが醍醐味!
運が良ければ人気のマフィンやサンドウィッチのお店を見つけることができるかもしれません。

キッチン付きのホテルに滞在している方なら野菜や果物を買い、お店の方に地元レシピを教えてもらうのがグアム上級者への道です。

30代/女性

各ホテルからは距離があるので、タモン周辺のホテルからは早起きして行かなければならない朝市。
シャトルバスは別料金で少々面倒な部分でもあります。

レンタカーで行かれる際は、駐車場に停める渋滞を想定する必要があります。
ローカルの雰囲気に浸れる朝市で、朝ごはんも食べる事が出来ました!

野菜や雑貨などがメインで売ってます。

40代/男性

タモン地区にあり、中心地からのアクセスは良いです。
お土産だけでなく、地元の人向けの食料品なども多く販売されており、非常に興味深い場所でした。

買い物せずとも楽しめます。

40代/男性

朝から地元の人や観光客で賑わっています。
朝ごはんはここで食べてるのもオススメ。

バーベキューや、フレッシュジュースなど食べ歩きできます。
味も美味しいです!

ちょっとしたお土産を買うのにもいいと思います。

30代/女性

デデドの朝市
住所:Dededo, ,グアム
電話番号:+1 671-477-7278 x1007
営業時間:6:00~9:00頃
定休日:月~金曜日
入場料や利用料:無料
URL:http://weekly.visitguam.jp/2017/01/post-717.html

ファンタスティックパーク/デデド

買い物だけではなく、観光スポットとしても有名なマイクロネシア・モールの2階には「ファンタスティックパーク」があります。
メリーゴーランドなどの遊具があるチケット制の小さな室内遊園地で、外は暑くて楽しめない子供たちに人気です。

1つの遊具は3ドル程度で遊ぶことができるので、気軽に立ち寄れるおすすめの観光スポットです。

屋内にあるため規模は想像より小さかったです。
でもあまり時間をとらず、ちょこっと遊ぶには最適。
買い物途中にここで子供を旦那に見ててもらいました。
楽しく遊んでいられたようで助かりました。

30代/女性

ファンタスティックパーク
住所:1088 Marine Corps Dr, Dededo, 96913 グアム
電話番号:+1 671-632-8881
営業時間:10:00~21:00
定休日:なし
入場料や利用料:1チケットUSD1.00
URL:https://www.micronesiamall.com/contact-suggestion

セッティ湾展望台/ウマタック

グアムの南西部にある「セッティ湾展望台」は美しいサンセットを見るのにおすすめな穴場スポットです。

タモン地区からは離れた場所にありますが、レンタカーやツアーを利用して行くことできます。

展望台からは群生しているヤシの木や草原を見渡、古代噴火時代に形成された枕状溶岩を見ることができます。

ガイドブックのお勧めスポットにあったので行きました。
青い海に豊かな緑と、写真で見るより余程綺麗で感動しました!
もっと人気スポットで混んでいるものかと思っていましたが、全然混んでいなかったのでゆっくり出来ました。

30代/女性

セッティ湾展望台
住所:2, Umatac, グアム
電話番号:なし
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:なし

イナラハン天然プール/ イナラハン

イナラハン天然プールは、海が岩によってせき止められてできた、天然の海水プールです。
波がないために雄大な自然の中で落ち着いて泳ぐことが出来ます。

熱帯魚や小魚もたくさん泳いでるので、シュノーケリングをして楽しむことも出来ます。
中心部から南に車で40分ほどの場所に位置しているので、ドライブがてら訪れるのがおすすめです。

観光コースから行きやすい場所にあったので、立ち寄りました。
水遊びはしませんでしたが、魚が泳いでたり鳥が近くを歩いていたりと子供たちが喜ぶ天然スポットでした。
のんびりするのに最適な場所です。

30代/女性

イナラハン天然プール
住所:4, Inarajan, グアム
電話番号:+1 671-747-8109

グアムインターナショナルレースウェイ/ジーゴ

グアム最北端のジーゴ村にある「グアム・インターナショナル・レースウェイ」は、モータースポーツのイベントが開催されている施設を利用してレーサーになった気分を味わえるグアムの穴場観光スポットです。

スーパーカーのフェラーリやポルシェ911ターボで爆音を響かせながら激走したり、デコボコの道をオフロードカーやバギーで走るオフロードアドベンチャーや、レーシングカートでゲームの世界を体感するようなスピード感溢れるゴーカートも走らせることができます。

家族や友人たちと順位争いするも楽しいでしょう。

グアムインターナショナルレースウェイ
住所:15, Yigo, グアム
電話番号:+1 671-989-0900
営業時間:ツアーによる
定休日:不明
入場料や利用料:アトラクションによる
URL:http://guamadventures.com/index.php?lang=en

タロフォフォの滝/タロフォフォ

タロフォフォの滝は、高さ9mのグアムで一番大きな滝です。
雄大な滝からは、自然の壮大さを感じられます。

タロフォフォの滝の周りは、公園になっており、周りに遊園地や射撃場などがあって子供から大人まで楽しめる施設となっています。
また、元日本兵横井庄一さんが、30年近く潜伏生活を送っていたことで有名な、横井コーブのレプリカがあるのもタロフォフォの滝の近くです。

タロフォフォの滝
住所:Inarajan, グアム
電話番号:++1 671-828-1150
営業時間:9:00~16:00
定休日:なし
入場料や利用料:大人$20 子ども$8

レーオブラッテアドベンチャーパーク/タロフォフォ

「バレーオブラッテアドベンチャーパーク」はグアムの先住民であるチャモロの歴史や生活を学べるツアーが人気の観光スポットです。
タロフォフォ川を遊覧船で巡ります。

遊覧中は日本語で楽しい観光ガイドと熱帯地方の花や爬虫類や動物などに出会うこともあります。
船から降りてからはチャモロ遺跡を見学したり、ランチを食べることもできてグアムの歴史をたっぷりと知ることができるおすすめのスポットです。

グアム旅行で一番楽しめた場所と言っても過言ではありません。
カヤックは大興奮でしたし、自然の生き物たちも現地ならではの雰囲気を醸し出していて異文化体験させてもらいました。

30代/女性

バレーオブラッテアドベンチャーパーク
住所:Talofofo River, Talofofo, 4, Talofofo, グアム
電話番号:+1 671-789-3342
営業時間:9:00~16:00
定休日:なし
入場料や利用料:およそ7,000円~
URL:http://www.valleyofthelatte.com/

フィッシュアイマリンパーク/ピティ

「フィッシュアイマリンパーク」は海中展望塔やポリネシアンディナーショーで有名なスポットです。

桟橋の先に立てられた展望塔のらせん階段を降りると水深 10m の海中の様子を見る小窓がたくさんあり、そこから海の生き物を観察できます。
海中展望塔以外でも遭遇率90%と高い確率でイルカに会えるイルカウォッチングやシュノーケリングなどマリンレジャーを楽しめます。

オプショナルツアーを利用するとホテルの往復送迎サービスを付けられるのでスケジュールに組み込みやすいでしょう。

見どころはいろいろあります。
ただ、入場料からお金がかかるので注意してください。
シュノーケリングに憧れつつプランには入れませんでした。
しかし美しい海を見たら次回は挑戦しようと思いました。

30代/女性

フィッシュアイ・マリンパーク
住所:818 North, Marine Corps Dr, Piti, 96915 グアム
電話番号:+1 671-475-7777
営業時間:8:00~18:00
定休日:なし
入場料や利用料:大人USD14.00、子供USD7.00
URL:http://www.fisheyeguam.com/index.html.ja

ココス島

ココス島は、グアムの南西にある離島です。
無人島であるため、豊かな自然が味わえる上、海の透明度も、グアム島よりも上です。

ココス島は、ダイビングやバナナボートなど、マリンアクティビティをする場所として大変人気です。
ホテルからの送迎を含んだオプショナルツアーに参加するのがおすすめ。
グアム本島とはまた違った楽しさを味わえいます。

ダイビングやシュノーケリングが好きな人には是非行った方がいい素敵な島です。
その場で用具をレンタル出来るようになっています。
ロッカーは日本のように充実していませんが、あるだけマシかなと思います。

30代/女性

ココス島
住所:ココス島

<下に続く>

常夏のグアム観光でリフレッシュしよう!

日本から3時間ほどのフライトでいける常夏の島グアムは、一年中ウォーターアクティビティが楽しめて、珍しいグルメも観光スポットもたくさんあり、英語がハロー、オッケー、ノー!くらいしか喋ることができなくても気軽に行ける海外です。

初海外旅行先にもおすすめなグアムへ日頃の疲れを癒しに行ってみませんか。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line