どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/07/12

サンディエゴで人気のおすすめ観光地&名所20選!

暖かい気候と美しいビーチが楽しめるサンディエゴ。
アメリカ屈指の観光州、カリフォルニアにあるサンディエゴは、ロサンゼルスやサンフランシスコに負けず劣らず、魅力的な観光地が数多く存在します。
今回は、そんな見所満載のサンディエゴの絶対に外せない観光地を20選紹介します。

Large matthew hamilton 3rlgbpfeoqg unsplash

サンディエゴ観光の基本情報

サンディエゴは、アメリカ屈指の観光地で、日本人観光客が最も多い州、カリフォルニアにある都市です。
日本からの直行便もあり、アクセスも大変便利。

1年中暖かい気候で、青い空、美しいビーチというイメージを持っている人が多いのではないのでしょうか。

カリフォルニア発祥の地としても知られるサンディエゴ。
朝から晩まで、1日中満喫できる観光地です。

サンディエゴの基本情報
時差 -16時間
フライト時間 10時間20分(成田からの直行便有り)
言語 英語
通貨 ドル/(1ドル=107.09円)
ベストシーズン 4月~10月
気候 サンディエゴは1年中暖かく、過ごしやすい気候。1月~3月頃は比較的雨が多いですが、1日中降り続けることは少ないです。
<下に続く>

サンディエゴ観光で人気のおすすめスポット20選

では、サンディエゴの観光地をみていきましょう。
サンディエゴには、以下の観光地があります。

  1. ミッション・ビーチ/Mission Beach
  2. パシフィック・ビーチ/Pacific Beach
  3. オールドタウン州立歴史公園/Old Town State Historic Park
  4. サンセット・クリフ自然公園/Sunset Cliffs Natural Park
  5. コロナド・アイランド/Coronado Island
  6. ラ・ホヤ/La Jolla
  7. バルボア・パーク/Balboa Park
  8. ガスランプ・クォーター/Gaslamp Quarter
  9. リトルイタリー/Little Italy
  10. トーリーパインズ州立自然保護区/Torrey Pines State Natural Reserve
  11. オーシャンビーチ・ファーマーズマーケット/Ocean Beach Farmers Market
  12. シーポート・ヴィレッジ/Seaport Village
  13. ミッドウェイ博物館/USS Midway Museum
  14. サンディエゴ動物園/San Diego Zoo
  15. シーワールド・サンディエゴ/Sea World San Diego
  16. ティファナ/Tijuana
  17. ラスアメリカス・プレミアム・アウトレット/Las Americas Premium Outlets
  18. ファッション・ヴァレー・モール/FashionValley
  19. ソルダット山/Soledad Mountain
  20. ペトコ・パーク/Petco Park

続いて、サンディエゴの観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

ミッション・ビーチ/Mission Beach

ミッション・ビーチでは、日光浴やマリンスポーツが楽しめるのはもちろん、ショッピング、飲食店、バーなどとにかくなんでも揃ったエリアです。

ビーチ沿いの遊歩道「オーシャン・フロント・ウォーク」はパシフィック・ビーチまで伸びていて、全長5キロほどの長さ。
サイクリングやローラーブレード、スケートボードを楽しむ雰囲気はまさしくカリフォルニア。

また、ミッション・ビーチにはレトロで雰囲気満点な遊園地、ベルモント・パークが隣接しています。

インスタ映え間違えなしのスポットです!

ミッション・ビーチ/Mission Beach

パシフィック・ビーチ/Pacific Beach

昼も夜もたくさんの若者で賑わい、地元の人からは「PB」の愛称で親しまれるパシフィック・ビーチ。

昼間はのんびり日光浴をしたり、ビーチスポーツをする人が多いこのエリアは、夜になるとバーやナイトクラブが楽しめます。

昼間のゆっくりとした雰囲気もいいですが、焚き火などの明かりで活気付いた夜のPBも魅力的

周辺にはシャワーやトイレなども完備されているので、とても便利です。

パシフィック・ビーチとミッション・ビーチを1日かけて満喫しましょう。

オールドタウン州立歴史公園/Old Town State Historic Park

オールドタウンは、サンディエゴ発祥の地として有名な場所で、19世紀、メキシコ領だった頃の雰囲気とアメリカの文化が混じり合った、エキゾチックな街並です。

街にはお土産屋さんやレストランが立ち並んでいていて、敷地はそれほど広くありませんが、たくさんの個性的なのお店と、定期的に行われているメキシコのダンスショーで、長時間いても飽きない雰囲気。

まるで映画の中に迷い込んだような気持ちになれるオールドタウン。
サンディエゴの歴史を楽しめるおすすめスポットです。

オールドタウン州立歴史公園観光の口コミ

20代/女性

夜ご飯を食べにオールドタウンに行きました。

夜ご飯はメキシカンのブリトーを食べました。メキシカンのレストランが充実していて、メキシカンを食べるなら、オールドタウンはオススメです。

また、食事中にメキシコのダンスパフォーマンスが始まり、食事しながらパフォーマンスが楽しめ、とても楽しかったです。

小さなお店がたくさんあり、メキシコのお土産などが売っていて、本当にメキシコにいるような気分になりました。

オールドタウン州立歴史公園

サンセット・クリフ自然公園/Sunset Cliffs Natural Park

サンセットクリフは、その名の通り美しいサンセットが見られる崖です。

サンセットだけでなくサーフポイントとしても有名で、サンディエゴに住んでいるサーファーたちが集まるスポットです。

崖の下に降りてビーチで遊んだり、お散歩したりすることはできますが、潮が満ちている時は砂浜がほとんど隠れてしまうので、遊びに行く際は注意しましょう

とにかく綺麗なサンセットが見られるサンセット・クリフ、サンディエゴの最高の思い出ができること間違いなしです。

サンセット・クリフ自然公園観光の口コミ

20代/女性

3月頃に行きました。
まだ肌寒い気温だったので、泳いでいる人などはあまりいませんでした。

サンセットを見に行ったので、夕方くらいに到着したのですが、人が多すぎることもなく、穴場スポットのような感じがしました。

層のようになっている崖がとても幻想的で綺麗でした。

天気も良く、サンセットがとても綺麗に見えました。サンセット・クリフという名前の通り、本当に美しいサンセットが見れて、大満足でした。

サンセットを見てから、潮が満ちて来るのが早かったので、ビーチに降りる時は注意すべきだと思います。

コロナド・アイランド/Coronado Island

ヨーロッパの繊細で美しい街並みを再現しているリゾート地、コロナド・アイランド。

別名「魅惑の島」とも呼ばれるこの島のビーチは、全米のベストビーチTOP10にも選ばれています

また、サンディエゴと島を結ぶコロナド橋は、全長3.4キロの巨大な橋で、全米で最も美しい橋との呼び声が高い。

島のランドマークとなっているのが、ホテル・デル・コロナド(Hotel Del Coronado)。
発明王エジソンが発明した電球を初めて使用したホテルであり、マリリン・モンロー主演の映画「お熱いのがお好き」の撮影地であることなどで有名。

とにかく魅力たっぷりの、まさに魅惑の島です。

ラ・ホヤ/La Jolla

ラ・ホヤは、スペイン語で「宝石」を意味している、高級な住宅地です。

街の中心地にはおしゃれなショップやレストランが立ち並んでいます。
海ではサーフィンやカヤックなど、たくさんのマリンスポーツができ、ショッピングからアウトドアまで様々な遊びが楽しめます。

また、ラ・ホヤ・コーブにはいくつもの洞窟があり、洞窟に行くこともできるので、ちょっとした探検気分も味わえます。

そして、なんといっても有名なのが、ラ・ホヤのビーチに出現するアザラシ
いつ訪れてもたくさんの可愛いアザラシを見られます。

ラ・ホヤ観光の口コミ

20代/女性

アザラシを見るためにラ・ホヤに行きました。

ビーチには聞いていた通り、信じられないくらいたくさんのアザラシがいて、驚きました。
ビーチから階段を登ってきているアザラシもいて、思ってよりも近くでアザラシを見ることができ、楽しかったです。

ラ・ホヤ周辺は、アザラシがたくさんいるだけあって、少し動物の匂いがきつかった気がします。

バルボア・パーク/Balboa Park

バルボア・パークは、アメリカ国内最大の面積と100年の歴史を持つ都市型文化公園で、多種多様な文化とたくさんの自然に出会える場所です。

公園内には、豊かな自然はもちろん、テーマパークのような乗り物や博物館、サンディエゴ動物園などがあり、ひとつの街のような広大さ。
園内を歩いて回るのは大変なので、無料バスを使うと便利です。

1日ではとても回りきれないほど盛りだくさんなバルボア・パーク。
公園内を隅々まで見て回りたいという方には、ツアーがおすすめです。

バルボア・パークで、たくさんの文化や歴史に触れてみましょう。

バルボア・パーク

ガスランプ・クォーター/Gaslamp Quarter

ダウンタウンに位置するガスランプ・クォーターは、若者が集まる賑やかな繁華街。
多くのレストランやバーがあり、ナイトライフを楽しむ場所として人気です。

街の名前にもなっているガスランプとは、ガス式の街灯のことで、数メートルおきに並んでいるガスランプが暖かい景色を作りだしています。

19世紀末のビクトリア様式の建物がそのまま残されている街並みは、まるでタイムスリップしたかのような雰囲気です。

1日の観光の最後に、ガスランプ・クォーターでロマンチックな夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ガスランプ・クォーター

リトルイタリー/Little Italy

アメリカには、外国から移り住んだ人たちがたくさんいます。イタリア人が移り住み、1920年代から50年ほどビジネス街として栄えたのが現在のリトルイタリーです。

現在は、レストランやホテル、ショッピングなど、全てがそろった、イタリアの雰囲気が楽しめるおしゃれな街として、観光客や地元の人から愛されています。

水曜日に行われているファーマーズマーケットの時に行くのがおすすめです。

朝9:00~13:00まで、毎週やっているファーマーズマーケットでは、買い物以外にもライブ音楽を聴け、まるでイタリアにいるかのような気分に。

朝は活気のあるリトルイタリーのファーマーズマーケットに行って、フレッシュな気分で1日の観光を始めてみてはいかがですか。

リトルイタリー

トーリーパインズ州立自然保護区/Torrey Pines State Natural Reserve

トーリーパインズは、1977年に自然保護区として指定された州立公園で、2000エーカー、なんと東京ドーム約174個分の広大な面積です。

トーリーパインズとは、この土地にしか育成しない松の木、トーリーパインが由来となっています。
ここでは、様々な植物や動物が保護されていて、ハイキングをしながら珍しい植物や美しい景色を見られます

また、敷地内にあるトーリーパインズ・ゴルフコースは、ゴルフ好きなら誰もが憧れる、代表的なゴルフコースで、2021年の全米オープンが行われる場所でもあります。

美しくて広大な自然を感じたい方におすすめです!

トーリーパインズ州立自然保護区

オーシャンビーチ・ファーマーズマーケット/Ocean Beach Farmers Market

null
撮影:どこいく編集部

オーシャンビーチのファーマーズマーケットは、ファーマーズマーケットとしては珍しく、毎週水曜日の夜16時から開始のマーケット

ここでは、新鮮な食材やすべて食べ尽くしたくなるような魅力的な食べ物がたくさん売られています。

ライブ音楽もやっているので、音楽を聴きながら食べ歩きをするのも楽しいですよね。

少し小さな規模のファーマーズマーケットですが、ローカルの気分になれる、おすすめの場所です。

オーシャンビーチ・ファーマーズマーケット観光の口コミ

20代/女性

夜ご飯がてら、オーシャンビーチ・ファーマーズマーケットに行きました。
他のファーマーズマーケットよりも規模は少し小さいと聞いていましたが、予想よりも大きく、色々なものが売ってあり、すごく楽しかったです。

ピザやマカロニチーズを食べ、デザートにブラウニーやクッキーを買って帰りました。

日本にはない雰囲気で、食べ物もとても美味しく、大満足でした。

オーシャンビーチ・ファーマーズマーケット

シーポート・ヴィレッジ/Seaport Village

シーポート・ヴィレッジは、サンディエゴ湾沿いにあるショッピングセンター。
小さくて可愛い建物が立ち並び、お土産屋さん、レストラン、カフェなどのショップが入っています。

土曜の朝にはすぐ近くで魚市場が開かれていて、新鮮でおいしい魚が安く手に入ります。
無料でさばいてくれるサービスもあるので、さばけない人でも安心です。

シーポート・ヴィレッジは買い物をしなくても楽しめる場所
海を眺めながら優雅にお散歩を楽しみましょう。

シーポート・ヴィレッジ

ミッドウェイ博物館/USS Midway Museum

ミッドウェイは、1945年から47年間に渡って使用されていたアメリカ海軍の航空母艦で、現在は博物館として人気なスポットです。

港に建つ「勝利のキス」像は見覚えがある方が多いのではないでしょうか。

ミッドウェイは、全長296m、幅34.4mの巨大な母体で圧巻の迫力!
博物館の中には、歴史的な資料や実際に使われていた戦闘機などが展示されていて、乗れるものもあり、子供も大興奮!

ツアーや、フライトシミュレーションが体験できるアクティビティもあり、家族で1日中でも楽しめます

ミッドウェイ博物館

サンディエゴ動物園/San Diego Zoo

約4000頭が飼育されていて、世界でもトップクラスの広大さを誇るサンディエゴ動物園。

その敷地はなんと東京ドームの約8個分!
日本では考えられない規模ですよね。

そんな、とにかく広大なサンディエゴ動物園では、ガイド付きのバスツアーがおすすめ。
ツアーは35分程で動物園をより楽しめます。

また、動物たちによるショーや、4−Dの映画、子供に嬉しいプレイエリアなど、様々なアトラクションがあるので、1日では回りきれないほど盛りだくさんの内容です。

サンディエゴ動物園

シーワールド・サンディエゴ/Sea World San Diego

海洋生物の保護や研究にも力を入れているシーワールド・サンディエゴは、50年以上前にオープンされた非常に人気の水族館です。

園内には、360度見渡せるタワーがあり、海や街並みを見渡せます。
その他にも、動物たちとのふれあい体験、ジェットコースターなど様々な体験ができるのが人気の理由。

中でも、日本では見られない素晴らしい演出がたくさんのショーは見逃せません

シーワールド・サンディエゴ

ティファナ/Tijuana

サンディエゴの南、アメリカとメキシコの国境を超えてすぐの場所に位置しているのがメキシコの街、ティファナです。

アメリカとメキシコ、両方から多くの観光客が訪れるこの街は物価が安く、お買い物はドルでも可能

国境から15分程にあるレボルシオン通りはティファナの中心地で、たくさんのお土産やさんが立ち並んでいます。

治安がよくなってきてはいますが、夜や路地裏などは注意しましょう。

メキシコ特有の明るく陽気な雰囲気漂うティファナ、サンディエゴに訪れた際には絶対に立ち寄りたい街です。

ラスアメリカス・プレミアム・アウトレット/Las Americas Premium Outlets

ラスアメリカス・プレミアム・アウトレットは、サンディエゴから少し南下した、メキシコとの国境近くに位置しています。

車でのアクセスはもちろん、観光客には嬉しい、ダウンタウンからのトロリーも出ているのでおすすめ。

125店舗ものショップが立ち並び、疲れたらフードコートで休むこともできる、カジュアルな家族向けのアウトレット。

国境沿いなので人が多すぎず、買い物しやすい穴場のスポットです。
そしてなにより、安くて質が良い

メキシコの街、ティファナに行った帰りに寄ってみるのもいいですね。

ラスアメリカス・プレミアム・アウトレット

ファッション・ヴァレー・モール/FashionValley

ファッション・ヴァレー・モールは200以上の店舗が集まった大型ショッピングモールです。

高級ブランドからカジュアルブランドまで揃っていて、様々な層から人気を集めています。

ダウンタウンからトロリーで20分ほどの距離とアクセスしやすいこともあり、サンディエゴで最も人気なショッピングモールとの呼び声が高いです。

駐車場代が無料なので、たくさん買い物を楽しみたい人は車が便利。
サンディエゴでショッピングをする時には真っ先に訪れたいモールです。

ファッション・ヴァレー・モール

ソルダット山/Soledad Mountain

ソルダット山は、高級住宅街、ラ・ホヤから車で10分ほど登ったところに位置しています。

ソルダット山の頂上には大きな十字架、マウント・ソルダット・クロスが建っていて、アメリカで最も特徴的な記念碑のひとつです。
この記念碑は、生死に問わず、革命戦争から現在のテロ戦争までに関わった全ての退役軍人のための記念碑となっています。

ここからは、サンディエゴ市内から、天気が良ければメキシコまでの景色を360度臨める、絶景ポイントです。

ペトコ・パーク/Petco Park

ペトコ・パークはサンディエゴ、ダウンタウンにある野球場で、メジャーリーグのサンディエゴ・パドレスが本拠地としている球場です。

この球場は、街と一体化しているのが特徴で、センター後方の丘ではピクニックをしながら試合観戦をすることができます。

また、野球観戦をしながら、サンディエゴで有名なクラフトビールが楽しめるのも特徴のひとつです。

ペトコ・パークには、内部を見て回るガイド付きツアーがあり、球場の歴史をたっぷり知れます。

サンディエゴに来たら、ペトコ・パークで本場のメジャーリーグを観戦しましょう。

<下に続く>

陽気な街サンディエゴを観光しよう

サンディエゴのおすすめ観光地20選を紹介しました。

朝から晩までたくさんの観光地を楽しめるサンディエゴ。

今回紹介した観光地以外にも、魅力溢れる観光地がたくさんあります。
ぜひ、色々な所に足を運んでみてください!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line